2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 飛騨高山・白川郷旅行 №8 宝生閣(朝食) | トップページ | 飛騨高山・白川郷旅行 №10 白川郷 »

2012年2月 7日 (火)

飛騨高山・白川郷旅行 №9 合掌造り民家園

Minnkaenn

白川郷に到着。自由散策時間は90分。

私達は、ツアーのオプショナルで、野外博物館合掌造り民家園の入園を希望しました

ので、こちらから見学を始める事になりました。

民家園では、岐阜県重要文化財指定建造物9棟を含む全25棟の建造物を

保存公開しています。

園内では、技術伝承の記録として、合掌造り民家の解体・移築再建の

記録映像も放映中。

すごい氷柱です。この氷柱で怪我をなさる見学者もいらっしゃるようなので

下には近寄らないようにと添乗員さんから注意を受けました。

さっそくですが、お休処・中野長治郎家(県重文)。木造切妻合掌造り・茅葺。 

囲炉裏の周りに座って、冷えた身体を温めるのだ。

民家園の入園料には、ツアーの特典になるのかな。ぜんざい(善哉)付。

そば茶は無料でいただけます。

ぜんざいは、シャパシャパでございますが、不服なし。

囲炉裏端でいただく行為に意味があるのだ。

ぜんざいを運んできてくださった方はボランティアかな?

中もご覧になっていってくださいね。とのこと。

ここは「ないじん」(仏間)。

テーブルが出ているのは、お休処を利用される方が多いときに対応させるためと推測。

急な階段をのぼって、2階部分には農耕具が展示。ここは、さらに上の屋根の部分。

構造について説明がなされていました。

しおりによると、中野長治郎家主屋は中野義盛家(県重文)の分家であり、同じく

加須良集落の建物。茅葺きの合掌造りの本体に対し、こけら葺き(一部厚板葺き)

の下屋が印象的。

再び外にでました。白川郷は雪が深い。

池の水も凍っているようだ。試しに雪玉を作って投げたところ沈まず辺りに散る。

山下陽朗家(県重文)

雪の重みに耐えれるのか、心配なくらいだ。

山下陽朗家は白川郷に現存する最も古い民家。木造切妻合掌造り・茅葺。

しおりによると、19世紀の建築が多い合掌造りのなかで、書院座敷をもたないなど

古い形式や手法がみられることから、数少ない18世紀(中頃)の建築と推定される。

鳩谷八幡神社

ここから1.5km離れた白川村鳩谷から移築した八幡神社。この建物は神社の酒蔵庫

(御神酒倉)として使われていたそうです。 残念ながら、中は非公開。

雪を踏みしめると、きゅっきゅと音がする。

水車小屋

遠くから見ただけですが、凍ってるのではないかしら。

この日、民家園は空いているほうだったと思います。 

のんびり、じっくりと見学したかったのですが、90分でバスの駐車場まで戻らなくては

なりません。 これがツアーのツライところ。

民家園での時間の割り当ては30分ほどで打ち切り、お目当ての萩町合掌集落に

向かうことにしました。

ところどころ凍っているので足元注意ね。

『白川郷 野外博物館 合掌造り民家園 http://shirakawago-minkaen.jp/』

« 飛騨高山・白川郷旅行 №8 宝生閣(朝食) | トップページ | 飛騨高山・白川郷旅行 №10 白川郷 »

d-3.旅行・東海/関東近郊」カテゴリの記事

コメント

雪の白川郷、素敵ですね。
私も、一度、行きたいと思っています。
でも、寒かったでしょ。
大丈夫でしたか。

ヒーリングタイムさん^^
こんにちは!コメントありがとうございます。
ヒートテックのインナーを着込み、防寒対策バッチリで
向かいましたから大丈夫でした。
心配なのは足元だけで、安いスノーブーツも出発前に購入。
これでもう東京で雪が降っても滑らないわ(≧∇≦)

バスの中は暖房きいていて暖かいし♪
でも、でも、私知らなかったのです。民家園は別として
snow白川郷snowって普通に人が住んでらっしゃるんですね(◎_◎;)
行ってみてわかることもあって、とても勉強になりました。
ヒーリングタイムさんも、機会を作ってぜひいらしてみてくださいね(*^-^)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

「合掌造りを見に行くんじゃangry」 と二代目隊長が騒いでおりますが、雪の白川郷は本当に素敵なところですねhappy01

もし、二代目隊長が行くとしても3月の下旬になるため、もう雪は残っていないと思われますsweat02

残念sign01二代目隊長・・・・・

白熊二代目さん^^
雪化粧した合掌造りも素敵だけど、雪がすごくて(うずもれ状態)
じっくり外の造りを見るには、雪のない時期でも良いかもよcatface
それぞれの家屋の違いがよくわかると思うんだ。
頑張れ!二代目ちゃんhappy01
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

合掌作りの内部は実に計算されて作られてるんですね。

風雪に耐えうる昔の人の知恵が満載ですね。happy01

囲炉裏の切ってある広間は、憧れです。20年くらいたったら、、こんな家に住んでみたいなぁ~smile

tokuchanさん^^
うんうん!囲炉裏のある古い民家って憧れです。
周りに魚とか刺して焼いて、鉤にいろり鍋がかかっていて
中には芋の入った汁ものなどcatface
じっちゃん、ばっちゃんがいて昔話聞かせてくれて♪
一度そうしたお宿、民宿でいいので宿泊してみたいです。
tokuchanさん宅、20年後の大改築が楽しみですね( ´艸`)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 飛騨高山・白川郷旅行 №8 宝生閣(朝食) | トップページ | 飛騨高山・白川郷旅行 №10 白川郷 »