2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 飛騨高山・白川郷旅行 №4 川尻酒造場 | トップページ | 飛騨高山・白川郷旅行 №6 宝生閣(夕食) »

2012年2月 3日 (金)

飛騨高山・白川郷旅行 №5 飛騨高山古い町並み

二木酒造。創業元禄八年。

HPによると、もとは石川県に住していたことから屋号は「加賀屋」 

『二木酒造㈱ http://www.niki-sake.com』

平田酒造場。HPによると、もとは、「打保屋」の屋号でびんつけ油やろうそくを

製造販売しており酒造業は明治28年から。

同酒造場の「熟成古酒 飛騨の華 酔翁」はIWC(国際ワインチャレンジ)

SAKE部門、古酒の部で見事トロフィーを受賞なさっているのです。

『㈱平田酒造場 http://www2.ocn.ne.jp/~hirata43/』

古い町並は、国選定 重要伝統的建造物群保存地区。

観光スポットとしては、先ほどの「川尻酒造場」「二木酒造」「平田酒造場」の

上二之町あたりと上三之町。

次は、上三之町の古い町並みに移ります。

上三之町のほうが道幅が狭いかな?

道の両脇には、古い町並みの景観をそこなうことなく、風情のある造りで

様々な、お土産物屋さんやお店が並んでいます。

通りには旅館もあるのだ。

そして、ついには・・・!

医院もこの通り!ドラマ『JIN-仁-』の世界観。

南方先生や咲さんが出てきそうです。 

この通りには産婦人科の医院もあったのですが、やはりJINしていました。

散策も中盤以降になると

夕飯前ですが、小腹が空いてきました。

そこで、生ビール@500と地酒(久寿玉)@300だ。

酒のアテは、飛騨牛串焼。 霜降り@500と赤身@300

串焼にはロース@800もあるけど、そこまで望まなくてもいいかなと考えこの選択。

赤身も悪くはないけど、やっぱり霜降りが美味いよ。

ここは「じゅげむ」さん。 

私たちの宿泊先のフロントのお姉さんが、おすすめしてくださったので立ち寄りました。

同店では、お土産物も扱っているのですが、入り口脇では気軽にいただけるフードや

ドリンクも販売されています。 

日本酒、ワンカップでしょ。でも、300円にしてはイケルほうなんじゃないかな。

雪化粧をした景色が美しい。

飛騨の中華そばは、昔ながらの細いちぢれ麺、醤油味ベースのスープ。

シンプルなものだと聞きました。興味はものすごくあるのですが、このあと夕飯。

そして飛騨の里、ライトアップの観光に向かいます。

ならば、帰ってきて夜食にGO!・・と思ったのですけど、

市内のお店屋さんは閉まる時間が早い様子。 残念無念。

大のや醸造。

高級天然の味噌と醤油のお店です。店内に入るとまず左手に地方発送をまつ

商品が箱で、ガガガーンと詰まれているのにびっくり。

そして、店内中央のサービス味噌汁(赤味噌と麹味噌のブレンド)をいただいたら、

その美味しさで人気に納得。もちろん、店内でも購入できますから、私も買うのだ!

しかし、家に味噌がまだ残っているわ。

赤味噌500gから買い求めることができましたから、麹味噌は諦め、自宅味噌と

ブレンドしてみよう。 連れにも「これ、絶対美味しいから!」と半強制的に購入。

自宅で同店の赤味噌をブレンドさせ味噌汁をつくったところ、やっぱり風味が高く

コクが豊か。東京のスーパーでよく見かけるタイプのものは硬くて、使いづらい面も

ありますが、こちらの赤味噌はややゆるめ。

それがかえって色々なお料理に使えるのではないかと期待しています。

『㈱大のや醸造 http://www.ohnoya-takeda.co.jp/』

※ほか、参考にさせていたHP

『岐阜県酒造組合連合会 http://www.gifu-sake.or.jp/』

« 飛騨高山・白川郷旅行 №4 川尻酒造場 | トップページ | 飛騨高山・白川郷旅行 №6 宝生閣(夕食) »

d-3.旅行・東海/関東近郊」カテゴリの記事

コメント

うんにゃ~、いい感じですねえ。行きたいなあ。

miwaさん^^
こんにちは!
コメントありがとうございます。
飛騨高山、今まで想像していたよりも素敵なところでした。
町も昔ながらの風情を残しつつ、しっかり生きづいているの(*^-^)
おすすめです♪ 私もまた蔵元めぐりbottleで訪問してみたいなあ。
個人的に「麹」がキーワード♪
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

とても風情のある街並みですね。

そして、いろいろと惹かれるお店が一杯sign03

飛騨牛串焼も凄い迫力で美味しそうですねheart04

二代目隊長、飛騨高山に心が傾きつつあります・・・・・

白熊二代目さん^^
もしも、飛騨高山に向かわれたら「大のや醸造」
ぜひ、お立寄りください。
ここの味噌、激ウマです。お店では500gから購入できました。
私は赤味噌だけしか購入しなかったのですが、
すっごくまろやかで風味があるの。
連日、この赤味噌で味噌汁を作って飲んでいます。
自宅味噌がなくなったら、麹味噌と赤味噌をお取り寄せしようと思ってるわ。
我が家の定番にしたいと惚れこみました。
日本酒に味噌(◎´∀`)ノ 愛すべき食文化!さいこだーshine
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

「国際ワインチャレンジ SAKE部門」聞いたことがあります。
詳しくはないけど、自分が知ってるっている位だから、権威
ある賞だろうね!
コンテストのために、はるばるヨーロッパ(イギリスかな?)
まで運んで審査されて賞を取るとは「平田酒造場」さん
黄ぐまには説得力ありました。素晴らしい~。

「国選定 重要伝統的建造物群保存地区」、美しいですね。

なにっ!「飛騨牛串焼。 霜降り@500と赤身@300」
おいしそうですね。

そういえばみにさん、酒とか味噌って、激ウマを口にして
しまうと、なかなかフツーのものに戻れないと聞きましたが、
家にまだ残ってる味噌の立場、危うし...。

飛騨高山で食べた中華そばは、確かに醤油ベースのちぢれ麺で、ちょっと甘めのスープだったと記憶しています。

あれは、美味かったなぁ・・。good

あと、わらび餅の美味しいお店が、あったと思うのですが・・。coldsweats01

ここの町並みは、倉敷同様、昔の佇まいで雰囲気抜群ですよね~。

また行きたくなっちゃいました。happy01

黄ぐまさん^^
こんにちは!コメントありがとうございます。
蔵元めぐりは、とても楽しかった。
美味い酒は違いますねーー。
自分が普段飲みしている日本酒が寂しくなっちゃいました。
蔵元めぐりをテーマに旅をしたくなりました(▼-▼*) エヘ♪

そう言えば、家の自宅味噌・マルコメちゃん
かなりピンチですねーー
冷蔵庫の取り出しやすい位置からかなり奥に移動になりました。
このままひっそりと余生を過ごすのかしら(゚ーÅ)
いやいや、なんとか活路を見出そうと思いまーす。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

tokuchanさん^^
醤油ベースのちぢれ麺lovely
現地で食べてみたかったです。
美味しそうなラーメン屋さんがあったので何時までやってますか?
とお聞きすると17時。
えっ!!そんな早くに終わっちゃうの?
この辺りは店仕舞いが早いようですね。
わらび餅、チェックしそこねましたー。残念。

倉敷、なまこ壁の土蔵や古い家屋がならぶ小京都なんですよねcatface
小さい頃、親との家族旅行でいったことがあるような、ないような
あまりに小さすぎて記憶がないの。
大人になって近くを通過したことはあるみたいだけど、これもはっきりしない。
日生の牡蠣とともに、倉敷は行ってみたいと思っていますー。
そのときはgoomailの方にお便りしたいなあ。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 飛騨高山・白川郷旅行 №4 川尻酒造場 | トップページ | 飛騨高山・白川郷旅行 №6 宝生閣(夕食) »