2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 謹賀新年2012 | トップページ | INDIGO A Happy New Year2012(おせち料理) »

2012年1月 2日 (月)

南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №20

(ノブロー) 新年、食べ歩き1回目のは去年のクリスマスだで。

どうにも、この記事が積み残したようで気になるでな。

わなっかむ♪ 「ポンディバワン」では、12/23(祝)・24(土)・25(日)の3日間

クリスマススペシャルメニューで、ビリヤニ・ミールスがいただけたのだ♪

ビリヤニ・ミールスは2種類。 

  1. マトンとラムのビリヤニ・ミールス @3200
  2. ベジタブル・ビリヤニ・ミールス @3000

私達は、マトンとラムのビリヤニ・ミールスでお願いしていました。

マトンとラムのビリヤニ・ミールス

このビリヤニ・ミールスにはインドのグラスワインがついていて赤・白・ロゼを選ぶ

ことができます。 しかし、4名様ごとにグラスワインからボトルワインに変更が可能。

と言うことで、まろちんパパとママの計らいで、お声をかけていただき4人でのお食事。

ちゃっかりボトルワインをいただいちゃったのです♪ (^人^)感謝♪

お料理は中央に、ビリヤニとパパド、左がライタ、そこから時計周りに

上がマトンマサラ、ラドゥ、クートゥ(大根)、ウルカイ、プリィエル(インゲン・インド豆)、

ラッサムとチキンサラナがセットされます。

(ノブロー) 何が4人だでIkaru オラ達がいるでねえかっ!

それにだ、今日はオラの友達、まろちんも来てくれただよ。みなでごっちゃんになるだ。

(ノブロー) バナナの葉っぱは、アントニーさん家に生えてるだ?!

(みに) こらっ!聞きかじっていい加減なこと言わないの。

フィンガーボウルを出していただいたし、手食のお作法はわからないので

まろちんパパさんに習っていただくわよ。 

基本ミールスは手食、バナナの葉でないと爪があたるからなんだって。

(もちろんスプーンやフォークも必要か聞いてくれる)

それとね、パパドは砕いて、ビリヤニに散らすと食感の変化を楽しめるのよ。

手食は右手で、自分の好みでいろいろ混ぜる(指を回すようにくるくると)

そうして親指を使って、押し出すようにして口に運ぶんですって。

(写真は寝太郎さんです) 

ラドゥ 

これはデザート。はじめわからなくて、チーズボールかと思っちゃった。

バナナの葉っぱの上でたたくとゴンゴン!硬いではないかっ。

パクっかじると、中は適度にやわらか。 素朴な味で美味しいのであった。

この日は、タミル州の「ポニィライス」でビリヤニを作っていただけました。

アントニーさん曰く、バスマティライスよりも美味しいんですって。 らっきー♪

このお米、小さいのです。

はじめこのように器に入れて見せてくれていたのですが、私はうっかりしていて

見落としてました。 というか、あっ、なんだろ。粉チーズかな?と流してしたんですね。

お隣に座られた常連さんへ、ミールス説明で再び出されていたので、しっかり確認。

去年のクリスマスメニューにも来店なさっている方々のお話によると

今年のビリヤニミールスも大好評。 これは毎年楽しみだわ。

ミールスは、わんこそば状態で足されるので、寝太郎さんは嬉しいお替りで

お腹がパンパン。それでも完食。

食べ終えたらバナナの葉を、手前から半分に折り合わせるように重ね、

ラッサムなどが入っていた銀器をのせるのが、ご馳走さまのサイン。

私はビリヤニが食べ切れなかったので、お土産に容器に入れていただきましたよ。

チキンサラナはタミル地方の濃厚煮込みカレーなんですって。

これも美味かったーーW04

メニューにご興味がある方は、お店のHPをごらんになってくださいね。

最後にチャイをいただいてお食事は終了。 満腹・満足。

クリスマス、スペシャルなミールスに気持ちも高まるポンディナイトnight

インド料理満足度数は、★★★★★ 特別です。 みっげなんどりー♪

 

南印度ダイニング ポンディバワン 

〒146-0093 東京都大田区矢口1-7-9

TEL       03-6715-2888

営業時間/ 11:00~15:00 (L.O.15:00) 17:30~23:00 (L.O.22:30) 

定休日     第1・第3 月曜日 (祝祭日の場合は翌日)

« 謹賀新年2012 | トップページ | INDIGO A Happy New Year2012(おせち料理) »

07.エスニック・インド料理・カレー」カテゴリの記事

a-06.品川区・大田区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

最新日記から誘導で拝見♪

これは美味そうです!
南インドの人ってポニィライス好きですよね。
バスマティーライスより丸っこくって、外見は日本米に近くなるけど、味は全然違いますね。

南インドでラムとマトンって事は、羊と山羊のビリヤニなんですかね?

Muminさん^^
こんばんは!コメントありがとうございます。
正直なところ、ミールスはいまひとつ馴染めなくて
回避する傾向があった私でしたが、
このクリスマススペシャルのミールスは激うまっ。
ミールスに対する見方がだんぜん変わりました。

全てに、シェフの気合の入ったお料理であることを
ジンジン感じさせてくれ、予約してよかったと思う一食ですshine
特別にと言って出していただけた「ポニィライス」私は
はじめての経験。
ビリヤニについて細かい違いはわからないのですが
美味でありましたーー(*^-^)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 謹賀新年2012 | トップページ | INDIGO A Happy New Year2012(おせち料理) »