2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 愛知・滋賀旅行 №7 コンチネンタルレストラン フィレンツェ(朝食) | トップページ | 愛知・滋賀旅行 №9 永源寺2 »

2011年12月 6日 (火)

愛知・滋賀旅行 №8 永源寺1

今年の私の紅葉狩りの大本命は

臨済宗永源寺派 大本山 永源寺。山号は瑞石山。

紅葉の美しさでも名高い「永源寺」は、近年人気のスポット。

愛知川にかかる旦度橋からの眺めも美しい。

-永源寺の歴史-

室町時代はじめ康安元年(1361)に近江の領守佐々木氏頼が寂室元光禅師の高徳を

慕い、風光明媚なこの地に伽藍を創建し、禅師を迎えて開山されました。

禅師の亡き後も4人の高弟により大いに隆昌しましたが、明応(1492)永禄(1563)と

度重なる兵火によって寺院堂宇ことごことくを失いました。以後寺運は衰退。

第79世空子和尚は名声高い一 絲文守禅師(仏頂国師)に懇願し、寛永20年(1643)

禅師は第80世として住山、後水尾天皇や彦根藩井伊家の帰依を得て伽藍が再興され、

再び法燈が輝いたのです。

明治以来、臨済宗永源寺派として孤立し、一派の本山となりました。

-開山-

寂室元光禅師(正燈国師)

禅師は正応3年(1290)藤原実頼七世の孫として岡山県勝浦に生まれ、13歳で出家、

18歳鎌倉の約翁禅師のもと大悟され、31歳から7年間中国に渡られ、天目山の

中峰和尚につき修行。晩年72歳で永源寺に入寺開山されました。

                                (永源寺のしおり等より抜粋)

大歇橋を渡り参道の120段の石段(羅漢坂)を登りつめると、

左の岩山に釈迦・文殊・普賢像と十六羅漢の石仏が奉安されています。

総門。

(ヨンクマ) ここの紅葉綺麗だねっ。

(みに) ヨンちゃん、記念写真ね。ほら、下には愛知川が見えるわよ。

山門。

楼上には釈迦三尊と十六羅漢が奉安されています。

鐘楼。

方丈(本堂) 明和2年(1765)

本山古例の法要を行う道場。屋根は国内屈指の葦(よし)葺き。

芭蕉の句碑(こんにゃくのさしみもすこし梅の花)

« 愛知・滋賀旅行 №7 コンチネンタルレストラン フィレンツェ(朝食) | トップページ | 愛知・滋賀旅行 №9 永源寺2 »

d-2.旅行・近畿/中部」カテゴリの記事

コメント

みにさん こんばんは~

紅葉がとても美しいですね~maple

二代目隊長、今年はじっくりと紅葉を眺めることが出来なかったので非常に悔しがっていますsweat01

白熊二代目さん^^
こんにちは!
嬉しいなあ。たくさんのコメントありがとうございました(^人^)
今年は天候がおかしかったから、紅葉も赤く色ずくか心配していました。
色づかないうちにシワシワしてしまったら悲しいですものね。
かねてから行きたかった香嵐渓と永源寺、そして湖東三山
それぞれに美しい紅葉を見ることができて良い思い出になりました。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 愛知・滋賀旅行 №7 コンチネンタルレストラン フィレンツェ(朝食) | トップページ | 愛知・滋賀旅行 №9 永源寺2 »