2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 愛知・滋賀旅行 №13 金剛輪寺2 | トップページ | 愛知・滋賀旅行 №15 とりめし »

2011年12月17日 (土)

愛知・滋賀旅行 №14 西明寺

Sainyouji

「西明寺」

平安時代、仁明(にんみょう)天皇の勅願により三修上人が開山した天台宗の

仏教寺院。 山号は龍応山(りゅうおうざん)。ご本尊は薬師如来。

バスガイドさんの説明によると、名勝庭園「蓬莱庭」内は本堂へ一方通行。

したがって、庭園を先に観る形で本堂に向かいます。

山門を入り、まずは「不断桜」を観賞。

例年9月上旬に咲き始め、11月には満開になり、紅葉の時期には季節はずれの

花見を楽しむことができるとのことですが、今年はどうしたことでしょう?

見頃を過ぎてしまったのかな。 

不断桜がいまひとつということもあって、ツアー一行は足早に次に向かいます。

苔は西明寺が好きなんですって。 そうよ、苔の持ち帰り厳禁だ(o`Θ´)ノ 

苔たちは、ここに居たがっているのだ!尊重しよう。

添乗員さんのお話によると、西明寺は苔が美しいことでも有名のよう。

たしかに、参道のまわりには、ふかふかの苔。

紅葉たちもこの苔が大好きだわね。心なしか、気持ち良さそう。

長い石段をのぼって

西明寺本坊「蓬莱庭」に到着しました。西国薬師四十九霊場第三十二番札所。

湖東三山集印色紙。

さて、国指定の名勝庭園は、鶴亀の「蓬莱庭」と名付けられており池泉回遊式庭園。

こちらの不断桜は咲いているようですな。

江戸時代延宝元年(1673年)、望月越中守(友閑)の作庭です。

薬師如来・日光・月光の三尊仏をあらわす立石、十二神将等をあらわす石組があり

心字池には折り鶴の鶴島と亀島がある。園内に石屋弥陀六の作 燈籠がある。 

                                     -西明寺のしおりより-

池には小さいけど鯉かな。スイスイ泳いでいます。

この子たちは、観光客相手にお口パクパク攻撃より、藻をたべてるのかな。

おかげさまでメタボとは無縁、スレンダーです。

一方通行ということもあり、この時期立ち止まってじっくり鑑賞することが難しかった

のですが、調和のとれた美しい庭園でした。

本堂。

鎌倉時代初期建立。(国宝第一号指定)

織田信長は比叡山を焼き討ちしてその直後に、西明寺も焼き討ちをしたそうです。

幸に本堂、三重塔、二天門が火難を免れ現存。

二天門(重要文化財)。

室町時代の建築。 本堂側からの写真。

大失敗しちゃいましたーー。

庭園から本堂に入ってますので、二天門の表側を拝見し損ねてしまいました。 

あとで調べたところ、やはり二天門には草鞋が下げられ、左右には、「金剛輪寺」

同様に四天王のうちの増長天・持国天がお寺を守っておられたとのこと。

凛々しいお姿を観たかったなあ。 違いも写真に収めたかった。。

庭園側から入るとき、ここは見逃さないよう注意しましょう。 

そして、なんと三重塔(国宝)は再生活用事業中。残念。

しかし、一階屋根の近くに見学用通路が設けられ、修理現場を見学できるように

なっています。

こうしたチャンスは滅多にないので見学。

修理のための事業期間は、平成23年4月1日~平成24年3月31日だそうです。

鐘楼。

めずらしく空いていたので、さっそく連れと一緒に。

ぉぉぉ--ん!! まわりがびっくりするぐらい大きい音。騒音にも近いわ。

今回は力が入りすぎてしまいました。 煩悩払拭ならず・・・。

鐘撞きが失敗して、ショックを受けこの下り坂を降りたのがいかんかった。

ここは二天門に戻る場面だろー、は後のまつり。

なだらかな下り坂。

十一面観音像。

鮮やかな紅葉の中に佇まれるお姿が美しい。

表参道付近で添乗員さんと遭遇。

「提出のお写真ですか?」

「苔が美しい・・・」

「添乗員さん??」

「百済寺」の苔と紅葉のコラボレーションと言い、添乗員さんは苔フェチ?

一応、私も撮っておこう。

西明寺、紅葉も美しいとは思いましたが、苔の美しさも目を惹きます。

梅雨の時期にも訪問してみたいと思うお寺でした。

そして次こそは、増長天・持国天さまにお会いしたいなあ。

さて、湖東三山巡りもこれにて終了。

« 愛知・滋賀旅行 №13 金剛輪寺2 | トップページ | 愛知・滋賀旅行 №15 とりめし »

d-2.旅行・近畿/中部」カテゴリの記事

コメント

紅葉の季節、素晴らしい旅行を楽しみましたね。
羨ましい限り。
このところ、なかなか、コメントが、入れられず、すみません。
ちゃんと、拝見していますからね。
今年は、人生最悪の年でした。
正月は、一人で、誰も、来ない山奥の温泉にでも、行きたい気分です。
それじゃ、かえって、気分が落ち込んじゃって、まずいですね。
ともかく、どこか旅行へ行きたいです。

ヒーリングタイムさん^^
こんにちは!コメントありがとうございます。
紅葉の時期、前から行ってみたいと思っていた
場所にようやく行くことが叶いました。

ご旅行、あまり東京を離れているわけには
いかないかと思いますが、ほんと気分転換に
1泊2日ぐらい観光を兼ねて出かけてみるのもよいかと思います。
ともかく、じっとしていて、考え込んでしまっては
余計気分が落ち込んでしまうのではと、心配です( ´;ω;`)

旅行で美しい景色に温泉。心を休めて栄養をあげてください。
ヒーリンさんのことオラーズも心配して見守っていますよ。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 愛知・滋賀旅行 №13 金剛輪寺2 | トップページ | 愛知・滋賀旅行 №15 とりめし »