2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 愛知・滋賀旅行 №12 金剛輪寺1 | トップページ | 愛知・滋賀旅行 №14 西明寺 »

2011年12月14日 (水)

愛知・滋賀旅行 №13 金剛輪寺2

金剛輪寺の本坊、明寿院(みょうじゅいん)

これから、その明寿院庭園を拝見します。

池泉回遊式庭園。桃山、江戸初期、中期の三庭からなり、作者不詳でありますが

老杉蒼松の自然を背景とし、灯籠泉石樹木の配置等、素晴らしく、

江戸初期庭山腹には仲むつまじい夫婦松がそびえ、境内のもみじは

「血染めのもみじ」と広く知られております。

観音様のやさしいお心が満ち、湖東三山一の名園古庭であり、

国の名勝にも指定されております。

                             -金剛輪寺のしおりより-

護摩堂。

護摩堂に接する茶室「水雲閣」。

江戸中期の庭。

池の中には舟石。これは七福神の宝船を表わしているとのこと。

赤く染まったもみじ。

時計を見るとバスに戻る時間が近くなってきたため、少し早足で駐車場に

向かうことにしました。

豆の木茶屋。

軽食が取れるようになっています。いいなあ、こういう場所で、おうどん食べたいよ。

再び参道にでました。

金剛輪寺は、ありがたい仏様に出会えると同時に、お寺全体の雰囲気にも

親しみやすさを持てる、訪れる私達との距離感が絶妙な魅力あふれるお寺でした。 

気持ちがほっこり。 ここは、もっと時間をかけて散策したかったなあ。

さて、お迎えのバスは本堂下駐車場ではなく、総門「黒門」前の駐車場まで

移動してくれています。

黒門。大きな赤い提灯が目印にもなりますね。

« 愛知・滋賀旅行 №12 金剛輪寺1 | トップページ | 愛知・滋賀旅行 №14 西明寺 »

d-2.旅行・近畿/中部」カテゴリの記事

コメント

本当だね。「金剛輪寺」、いいお寺です。長く散策して
いたいですね。紅葉も美しく、素晴らしいね。
「豆の木茶屋」では関西のうどんが食べれて美味しそう。

観光客はやはり多いみたいだけど、めちゃめちゃ混んで
いるようではないみたいだね。(って、あまい?)

提灯は灯る時間では、どんな景色になるんでしょう。

黄ぐまさん^^
黄ぐまさんは、湖東三山ではどこがお気に召したかな??
もっとも、写真下手の私の記録では素晴らしさを伝えきれて
ないと思うんだけど(涙)

お寺の守護神(増長天・持国天さまなど)や草履の形も
各寺ごとに違いがあるし、見学していてほんと勉強になるし楽しかったーー。
金剛輪寺では、しゃがんでお地蔵さまとお話してみたくなったわ。
観光時間がもっと欲しかったーーー(p´□`q)゜o。。

提灯は灯る時間、きっと幽玄な世界が現れるのでは?!
お寺めぐりっていいねっ♪
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 愛知・滋賀旅行 №12 金剛輪寺1 | トップページ | 愛知・滋賀旅行 №14 西明寺 »