2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« ブラッスリー・ポール・ボキューズ 大丸東京 | トップページ | 金春新館 蒲田№5 »

2011年11月 3日 (木)

とんかつ燕楽 千鳥町

東急池上線、千鳥駅のとんかつ店「燕楽」(えんらく)

場所は千鳥町駅を降りると、駅前に中華屋さんの「錦」があります。

同店を目印に線路沿いに、池上駅方面に進行し踏切を左折。(渡りません)

魔神さんから、教えていただいた池上の「とんかつ 燕楽」の姉妹店ということで

お邪魔しましたが、あたりは完全に住宅街。並びには会社もポツリとあって。

この立地で大丈夫かと思うぐらいです。

南印度ダイニング ポンディバワン」同様、徒歩圏内ですので、休日、二度寝のあと

いきなり起床。

「カ・・・カツカレーが食べたい!!」

池上の燕楽で、地元のご常連さんに、ご主人が「カレーの仕込がまだできていない」と

お話になっていたいたのを小耳にはさみ、それから頭はカツカレーモード一色。

お年を召された方でも、難なくいただけるくどさのない「とんかつ」と言うことでも

素晴らしいのに、その方々はカツカレーが注文の定番の様子。パワフルだ。

きっと美味いに違いない。

取るものも取り敢えず、向かい、店の前で時計を見ると11時。

暖簾がでていたので入ると、お爺さんが厨房に立ったばかりのよう。

それでも、どうぞ、ということなので遠慮なく、カウンター席の端に着席させて

いただきました。 休日の、お一人ランチ一番のりです

席はこの他に、掘りごたつ式の小あがり席が2卓とテーブル席。

どちらも6名ほどが座れるもので、相席スタイル。

池上同様、「燕楽のこだわり食材」が記されています。

※詳しくは「ドダン・ブーファンのポトフ」をご覧ください。

まだ、早いから無理かなと思いつつ「カツカレーできますか?」と、お爺さんに

お聞きすると「できますよ」とのこと。 ばんざいっ!

間もなくお婆さんが2階から降りてこられ、次は若夫婦。

お爺さんをサポートするように、ご主人は厨房に入られ、奥様は接客を担当。

ご家族経営なのだろうか。不明。 

ご主人は、他のお客様のカツランチの注文が入ると、キャベツを切られはじめました。

カツカレー@1200

カツカレーの見た目は家庭的。福神漬け付き。

自家製ポテトサラダ、小鉢(冷奴)、豚汁がセット。

カレーは冷蔵庫の中から取り出し、温め直されてました。

とんかつの揚げ油はラード。お爺さんが、袋からパン粉を取り出し肉に衣をつけ、

じっくりと揚げてくれます。

豚汁は大根、ゴボウ、ニンジン、豚肉。ざくざくと具沢山。味噌はやや甘め。

自家製ポテトサラダ。じゃがいも、にんじん、たまねぎ、グリンピース。 

この日のポテトはやや固かった。味付けも微妙に池上とは違う。

カレーは粘度が高く、タマネギとゴロリンとした肉が入り、甘め。 

カツカレー用のお肉のためか、衣は厚く感じてしまいますが、カレーがかかって

いない部分を一口いただくと、さくっと心地よい音がしました。

しかし、これはヘビー級のボリューム。 重たい。

ただでさえ、粘度が高いカレーなのだ。ここに肉も入っていては、ひとたまりもなく

次第にスプーンを口に運ぶ回数がスローになり、やがて止まってしまいました。

ボリュームありまくり、もう、だめ、ギブアップ!!私、苦しいです。

私には、無謀なチャレンジに終わった今回のカツカレー。

自身の体調も考えなくてはいけなかった。

お会計時、お店の方に残したことを謝りました(u_u。)

すると、ご主人から「また、お願いします」と気持ちの良い挨拶がかえってきました。

 

池上では、激ウマな自家製のぬか漬けがついていたのですが、この日はなかった。

まわりは土曜出勤のサラリーマンと地元の常連のご夫婦。いずれもカツランチと

カツカレーで「ロース定食」を召し上がっている方はいませんでしたので

自家製のぬか漬けは、「ロース定食」クラスにならないと出されないものなのだろうか、

はたまた、出し忘れか、漬物が漬かっていなかったのか、謎の残るところです。

あの、ぬか漬けがあるとないとでは大きく違う!

この謎を解明するためにも、また休日の朝、いきなり、とんかつモードに入ったときに

確認してこようと思います。

今回の利用、敢え無く撃沈はしましたが、ボリュームと近距離に着目し、

ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。



とんかつ燕楽

〒146-0083 東京都大田区千鳥1-15-14

TEL      03-3755-5641

営業時間/ 11:00〜15:00 17:00〜22:00

定休日     毎週月曜日(祝日は営業、翌日を定休日)

大きな地図で見る

« ブラッスリー・ポール・ボキューズ 大丸東京 | トップページ | 金春新館 蒲田№5 »

02.和食全般」カテゴリの記事

a-06.品川区・大田区」カテゴリの記事

b-2.東京・神奈川ランチ」カテゴリの記事

コメント

リンクありがとうございます。

ロースかつ定食と比べ、衣がずいぶん厚く感じますね。
これだと、衣の味が強くなって、とんかつとしてはバランスが悪いですね。

写真から推測するに、カレーも市販のカレールゥを使ったものですかね?
写真から受ける印象は、自分的には、このカツカレーは微妙な感じがしますね。

さらに、かつ丼も、同じくらいの値段。
使っているとんかつも一緒だとすると、このバランスが悪さでは、微妙な感じがしますね。

>自家製ポテトサラダ。じゃがいも、にんじん、たまねぎ、グリンピース。 
>この日のポテトはやや固かった。味付けも微妙に池上とは違う。

自分は、料理は主役食材をどれだけ活かして、美味く調理するかだと思っています。
池上のポテトサラダは、明らかに、ポテトが主役になっていて、味付けも素晴らしいと思いました。
この店のは、ジャガイモを潰しているのが中途半端で、マヨネーズの味が強く、主役のジャガイモを邪魔しているとさえ思えました。
しかも少々、味がクドい・・・と思ったら、自サイトに書き忘れてますね(笑)。
追記しよ。

漬物は、負けず劣らずの美味さでした。
次は、漬物に出合えると良いですね。

魔神さん^^
こんにちは~。
コメントありがとうございます。
こちらこそ、千鳥町まで勝手にリンクをしてすみませんでした。

カレールゥ、おそらくですが、市販くさい。
しかし、このヘビー級のカツカレーが池上と同じだとしたら
これを定番で召し上がっている、池上のご常連の老夫妻はただものではない!
ものすごいと思います。
私もあと一口あと一口で頑張りましたが、ついにはスプーンが
止まり、残りのカツカレーとにらめっこ状態になりました(/_<)

ポテトサラダ、そうですね。
自家製のマヨネーズの味が明らかに勝っていました。
じゃがいもも、ところどころ潰したというより、包丁を使った感があって
しかも固かった。

漬物は美味しかったのですか・・・。
ぬか漬けは大好物なので、食べれなくて残念です(ノω・、)
気負わず、また挑戦してみます♪
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

はじめまして。カズと申します。自分も千鳥町のカツカレーを食べたことがあります。その日は、ロースを食べる気満々で伺ったのですが、ご主人がカレーの仕込みをされていて、店内はカレーのいい香りが。思わず、ロースを忘れ、カツカレーを注文した次第です。カレーは、粉から、ご自分で、仕込んでいらっしゃいましたよ。自分が拝見した時は、粉を火にかけ、力を入れて、混ぜておられました。市販のものではないにしろ、カレールーみたいなのを使っていると思いきや、粉から! カレーにまで、情熱をかけているんだと、正直驚きました。味は、好みがあると思いますが、自分は好きな味でした。漬物は、やはりなく、残念に思い、店員さんに聞いたところ、定食と、ヒレカツ丼に付いているんだそうです。別に注文できますか?と聞いたら、200円です。と言われ、食べることにしました。感じ方はそれぞれあるかと思いますが、自分は、好きな店のひとつです。

カズさん^^
はじめまして。
コメントありがとうございました。

カレーは粉から作ってらっしゃいましたか。
これは、大変失礼いたしました(。-人-。)

そうですね。やはり来店されたお客様の中でも
私がカウンター席でカツカレーをいただいていたからでしょうか?
カツランチをやめて、カツカレーになさった方もいらっしゃいました。
カレーの香りは食欲をそそります。

漬物は定食とカツ丼について、他は別注文でしたか。
すると、やはりカツランチにもついていないのですね。
これで謎がとけてすっきりしました。
いろいろ教えていただきありがとうございます。
私は、お漬物が好きなので、今度訪問する機会があれば
定食で注文してみます!
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

みにさん おはようございます。

カツカレーは、高速道路のS・Aなどに必ず置いてある定番メニューでお出かけの度に心ひかれていますが、とんかつ屋さんのカツカレーは本格的で見た目も違いますね。
写真を観ただけでボリュームがただものではないと感じられますhappy01

カレールーも手作り感が満ち溢れていて美味しそうですが・・・・・・重たいですねsweat01

今はダイエットの為カツカレーは固く禁じられていますが、大好きでした・・・・・crying

白熊二代目さん^^
こんにちは~。
たくさんコメント寄せていただいて嬉しいです!
ありがとうございます。
とんかつ屋さんのカツカレーというだけでご馳走ですよね(o^-^o)
このビックなボリューム♪
無謀な挑戦に敗れたときは、もういいか~、と思ったのですが
自宅でとんかつを揚げて、カレーも作っては、なかなか出来ないわ。
また食べたくなっていますpig じわりじわり肥えていくのだ。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« ブラッスリー・ポール・ボキューズ 大丸東京 | トップページ | 金春新館 蒲田№5 »