2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

愛知・滋賀旅行 №1 湘南トロトロオムレツ(幕の内弁当)

Omuraisu

2011年11月27日から1泊2日ですが、ツアーで紅葉狩りに行ってまいりました。

今回は紅葉狩りを企画したのが遅れ、人気の京都はすでにふさがっていたことも

ありまして、別の景勝地になります。

今回は新幹線で向かいその後バスに乗り換えます。

東京駅集合なのですが、途中乗車が可能なので私達は品川駅から、

こだま637号に乗車します。

添乗員さんから予め連絡を受けておりますので、ホームまでは自費で入場券を購入。

指定されている座席に着席し、ツアーの皆さんと合流する形になっています。

おっ!こだま637号がやってきました。 では、旅のはじまりはお弁当から。

湘南トロトロオムレツ@1000

先日、TVで紹介されていたことが記憶にありまして、品川駅構内の駅弁屋にて

買い求めました。漫画「アクション」の駅弁ひとり旅とのタイアップ駅弁のようです。

蓋を開けると、小洒落たことにお品書きが入っています。

トマトケチャップはハインツだわ。

裏面にはオムレツの「おいしい食べ方」が記されていました。

残念ながら、新幹線の中なので電子レンジは無理。

チキンライスの上にのったオムレツを「おいしい食べ方」に習って、

真ん中あたりから開いてみました。

ん!トロトロの登場です。たのしーYahho01

おかずは、鎌倉ハムのハムカツ(ソース付き)、ハンバーグデミグラスソース和え、

ガーリックパスタ、ブロッコリー・ニンジン・パプリカのオリーブオイル炒め

(表記にはオリーブOL炒めとなっていますが、オリーブoilの間違いでは?)、

ポテトサラダ、福神漬け。

個々の味つけがしっかりしているので、洋風弁当としてかなりの出来で

まとまっているのではないでしょうか。

冷めていても・・・ですが、やっぱりチキンライスは、電子レンジで温めたほうが、

もっと美味しくいただけると思う。 ああ、チンしたいっ。

この駅弁、かなりボリュームを感じました。 

ご馳走さまでしたW04  

※ しばらく、「みにの夢色探索」は愛知・滋賀旅行の記事が中心となります。

2011年11月29日 (火)

プレイスインザサン (place in the sun) 芝公園

Place_in_the_sun  

お一人ランチは、「プレイスインザサン」 (place in the sun)

場所は、芝公園駅と三田駅の中間あたり。日比谷通りから脇道に入ります。

 

こちらはサンドウィッチとハンバーガーのお店になります。

コンクリート打ちっぱなしの内装。1人である旨を告げると2階のカウンター席にどうぞ、

とのこと。 らせん階段をのぼり、カウンター席の端に着席。

店内は吹き抜けになっており、自然採光をうまく取り入れています。

この2階カウンター席から見下ろすオープンキッチンは、お仕事ぶりを拝見できるので

楽しい。 テーブルや椅子は木製、ところどころにグリーンが置かれ、BGMは森を

イメージさせる癒しのメロディ。 マイナスイオン環境が、脳波に働きかけてくるようで、

しばらく聴いていると、頭の中がぼーっとして、力が抜けていくよう。

あっ・・・私、昼間からリラックスしすぎかな?

我に返って注文をせねば!メニューの一部です。

ちょっと見にくいのですが、1日数量限定のプレミアムバンズにすると値段が

割増で右側のお値段になります。

このプレミアムバンズはメゾンカイザーのものだそうです。

チーズ、アボカド、ベーコン他のトッピングは+100円。

さらに、サンドウィッチまたはハンバーガーを注文の場合、割増で、フレンチフライ

スープ、ドリンクを付けることができます。

ベーコンチーズバーガー

ベーコンバーガー+チーズ@1330+100

プレミアムバンズでお願いしています。

チーズはチェダーとグリエールから選べますのでチェダーをチョイス。

バンズは片面をこんがりとトーストし、マスタードが塗られているようだ。

パテ、ベーコン、チェダーチーズ、トマトケチャップ、折りたたまれたサニーレタス、

クリームチーズのような口あたりで風味豊かなマヨネーズ、生オニオン、トマト、ピクルス。

+150円でドリンク(アイスコーヒー)をセット。

ハンバーガーにはチップスも付いているのだ。

バーガー用の包み紙、お使いになりますか?と聞いてくださったのでお願いしました。

卓上には置かれていません。 ようやく実食!

食べかけで失礼しますが、

パテ自体はそれほど大きくはなく、肉を食べてるっと言うワイルドさもない。

また、ベーコンに望みたいスモーキーな香りも弱いかな。

ですが、野菜がたっぷりでコクのあるマヨネーズソースがとてもリッチ。

そして、さすがにプレミアムバンズ、もっちりとして甘い。最後にはトマトなどの水分で

くたっとなりますが、それでも負けない品の良い旨みがある。

ナチュラル感を漂わすハンバーガー。 

これは女性好みかもしれません。上手にまとまっています。 

このテイストならば、サンドウィッチに期待が持てそうです。

食事をとりながら、拝見していると、おそらく、ランチのデリバリー注文が大量に

入られているのでしょう。 スタッフ一同で、仕上がったサンドウィッチを、せっせと

ランチボックスに詰めてらっしゃいました。 

これらは、何気に作業工程を眺めていたもので、実に美味そうなのだ。

どこに行っちゃうのかな。 私も、そのランチボックス欲しい!!

あー、美味しかったW04 

癒しの空間が作り上げる優しい味わいのハンバーガー

ひとときのランチタイムにヒーリング効果も期待できそうです。

グルメバーガーランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。



プレイスインザサン (place in the sun)


東京都港区芝2-20-3

TEL     03-3451-2133

営業時間/月~金 11:00~21:00(L.O.) 土 11:00~17:00(L.O.)

定休日   日曜・祝日

大きな地図で見る

2011年11月28日 (月)

あべや 神楽坂

1117_4339

神楽坂、水炊き・焼鳥の「あべや

場所は早稲田通り(通称、神楽坂通り)、肉まんでも有名な中華料理「五十番」の

角を曲がり本多横丁に入ります。お店は、この本多横丁から脇道に右折した立地。

同店は秋田比内地鶏生産責任者のお店。

入店し、予約で案内されたのは、外観からは想像できなかったスタイリッシュな

1階テーブル席。

HPを見て、予め、お鍋を食べる方にオススメの、「米代(よねしろ)コース」@3500を

比内地鶏きりたんぽ鍋でお願いしておきました。

※お鍋は、比地鶏きりたんぽ鍋、又は比内地鶏水炊き鍋を選べます。

まずは、ぐるなびクーポンで、お店オススメ焼酎or日本酒or果実酒から日本酒をゲット。

これがけっこう量が入っていて嬉しいスタートになりました。

<先附> 手前。HPによると比内地鶏の小鉢ということですが、素材の持ち味を生かした

上品な野菜の炊き合わせが2種。 大根と青菜、さつまいも。

お料理は、お鍋を除き、各自銘々にお皿に盛り付けて運んできてくださいます。

<造り> 比内地鶏お造り

ささみと胸肉。美味いですねーー。鮮度と言い、肉質と言い全然違う。

淡白な中にしっとりとした旨みがあって。 私は鶏肉の生は、あまり好んで注文しない

のですが、これはもっといただきたくなります。

<野菜> 秋田産直有機野菜

アンチョビソースでいただきます。 いわゆるバーニャカウダ?とお店の方に

お聞きしたら、バーニャカウダーはソースを温めながらいただくので一応、

分けていますとのこと。なるほど、勉強になります。

<焼物> 手羽串

焼き場を見ると、真っ白い煙がもうもうとあがる中で、寡黙にお兄さんが鶏を焼いて

くれています。 うわぁ、きつそう。「がんばれ!未来の巨匠!!」

某人気番組同様、そう声をかけたくなります。

肉厚の手羽はむっちりと力強い食感。 かぶりつくと、健康な肉の旨みがじゅわじゅわ

溢れ出てきます。加え、香ばしさが食欲を刺激するのだ。

<箸休め> 秋田美人豆腐

秋田美人豆腐。大豆の旨みが濃縮した滑らかな絹ごし。塩でいただきます。

HPでは記載されていませんでしたが、ハーブ野菜の塩昆布サラダもついてきました。

こちらは、似て非なるものかもしれませんが、蒲田「レバーランド」でいただいた

お通し、お茶漬けの素をサラダにかけたような味わい。(失礼ですみません)

限定白レバー串@500×2

個人的に塩昆布サラダをいただいたからでしょうか、あとから考えると無意識のうちに

「レバーランド」を思い出してしまったらしく、別注文は白レバーです。

くさみもなく、ねっとりとした白レバー。 いいお値段ですが美味い。

<鍋物> 鍋はお店のお姉さんが作ってくださるんですって。

その前にお写真撮らせてくださいね♪ 写真は2人前。

セリ、糸コンニャク、ネギ、ささがきゴボウ、舞茸、ニンジン、鶏肉(ムネ、モモ)、

鶏つくね、きりたんぽ。 全体的に量は少なめ。

卓上のカセットコンロでグツグツしとります。

鍋の火を調整しながら、きりたんぽ鍋をつまみ、手元で、芋焼酎きろく@3600を

ロックで飲るわけです。ボトルセット(ミネラル・天然ロックアイス・お湯・ソーダ)@300

天然ロックアイスの追加は別途@100

お姉さんが給仕に来てくださいますが、自分のペースでいただきたい場合は

お断りして、自分でもできます。 冬はお鍋に限るよなあ。

<飯物> 米はあきたこまち。お姉さんが玉子を溶いて雑炊を作ってくれるのですが

ちょっと汁が多くないかな。それにご飯の量も上品すぎ。

あと、欲を言えば、浅漬けのような漬物も欲しいっ。(贅沢ばかり言ってすみません)

<水菓子> 柚子アイス。表面には見えませんが細かい柚子がたっぷり入っていました。

鍋でほかほか身体が温まったところで、冷たいアイスを口に運ぶのは至福の喜び。

これから長い帰路に向かう前の、力水ならぬ力デザートといったところでしょうか。

(何言ってるのか、わからなくなりましたね・・・)

化粧室は階段を降りた地下1階。

さて、そろそろお開きにしましょう。

Hand01お会計は、2人で、

上記お料理とお酒のほか、サントリーモルツ@580で合計12480円なり~。

1人あたり3500円というお値段で品数もある。

しかも、どれも味に外れはなく、平均以上に納得できたものをいただける

コース鍋はそうないかもしれません。

比内地鶏のきりたんぽ鍋。スープにぐぐっと旨みが出て、文句なく美味しかった。

しかし、量がなあ、どうにも物足りない。きりたんぽも一人半分ですし。

色々迷うところなのですが、

きりたんぽ鍋満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。



神楽坂 あべや


東京都新宿区神楽坂3-2-40 co&coビル B1F・1F

TEL     03-5225-2664

営業時間/ ランチ月~金     11:30~14:00(L.O.13:30)
            土・日・祝  11:30~16:00(L.O.15:00)
                   ディナー           17:00~23:00(L.O22:00)

定休日    なし(年末年始)

http://www.honkeabeya.com 

2011年11月27日 (日)

本日はお休み

111029_3111

(ノブロー) ニイハオ!

オラ達、紅葉狩りに行って来るだ。 

だもんで、今日は当たらねえ「競馬の話」も休みだで。

写真は、「慶福楼」でかろうじて写したオラと上海蟹のラブラブショットなんだな。

panadaさんに、教えてもらうまで、管理人はけろっと忘れていただ。困ったもんだ。

だで、ちょっくら行ってくるだ。また会うだでよー。 明天見Ojigi

2011年11月26日 (土)

Bar Stone Pavement 神楽坂

Bar Stone Pavement」(バー ストーンペイブメント)

某日は、神楽坂での食事会の前に一人飲み。

俊ちゃん(マスター)の顔が見たくなりました。

「こんばんは。いい?」

オープンしたばかりのカウンター席の端に座る。

「どんな感じにする?」

「これから、ご飯食べに行くからさっぱりとしたものがいいな、おまかせ!」

出していただいたのは、辛口シェリーのラギータ。

これをトニックウォーターで割ったもの。

いつもは、ここにお通しでナッツが出るのだけれど、これから食事ということで

さらにラギータをチェイサーがわりにストレートで出してくれてます。

「シェリーと言えば、昔飲みに行ったよね・・・」

「あれは、どこだっけ?」

少しばかりの昔話をしていると私の携帯が鳴った。

食事会の友人が神楽坂に到着したのだ。

「じゃ、行ってくる」

会計を済ませると私が入店したあと、すぐにいらしたお客様も1杯飲んで、

どこかお食事に流れるのか会計を申し出ていた。

神楽坂の石畳、一人飲みに立ち寄りたくなるBarがあります。



Stone Pavement 

〒162-0825  東京都新宿区神楽坂3-1

TEL      03-3267-7778

営業時間/ 月~金 18:00~1:00 (L.O)0:30

定休日    日・祝日

※BAR満足度数は、つけれません。個人的に別格なのです。

2008年 ・2009年

2011年11月25日 (金)

インディゴ(11月)№9 学芸大学

学芸大学、カリフォルニア料理「インディゴ 」(INDIGO)11月のレポートです。

某日は、おせち料理の発注に訪問させていただきました。ちなみに№8はこちら。

(ノブロー) こんちは! 「インディゴ」さんのオラの椅子も健在だで♪

だで、みに達の狙いはおせち料理の発注だけでねえ、フリードリンクで

ズブズブぶらんちしようって魂胆だ。

(みに) あのね、オラの椅子でもないし、それに魂胆って・・・・見抜いたのねsweat01

(ハチロー) マフィンはバナナだで、最近は1種類だけになって選べねえだか?

でも、ええだ。オラには自家製ライ麦パンがあるだで。

オリーブオイルと塩でごっちゃんになるだよ。

本日は

COURSE B@2000(前菜、メイン各1品のプリフィクス形式
COURSE C@2800(前菜、パスタ、メイン各1品のプリフィクス形式
にブランチタイムのフリードリンク(¥2000)をセットして注文。

(前菜) レアに仕上げた中トロマグロのコロッケ 
                         黒胡麻のソース

さっくりとした衣が剥がれてしまってます。

お味は良いのですが、まだまだこのあたりに改良の余地ありかな。

たたいた中トロを使って、丸い形で提供してくださるのかと思っておりました。

最近とんかつをいただいてわかりましたが、揚げ物は難しいですね。

(前菜) 長野、千代幻豚の自家製ソーセージ    シュークルート添え

№4でもいただいた千代幻豚の自家製ソーセージ。

カレー系のスパイスが効いたエスニックな風味。超粗挽きでしっかり肉の

歯ごたえを感じます。 自家製のためか、いやらしい味がしないのだ。  

(モモロー) 皮がバリッと、お肉ムキムキだで♪ ここんちはお肉がうまいで。

次はパスタをでシェアしていただきます。

(パスタ) 北海道から届いた真鱈の白子とバジルのソース 
                       モチモチパスタのキターラ   

白子は潰した感じでバジルと絡み合っています。

バジルの香る濃厚ソース。

ちょっぴり赤唐辛子も使っているので、のっぺりしたものではなく辛さがアクセントと

なっているのだ。

(タクロー) オラ、パスタ好きだで。モチモチっとした自家製のキターラがうまいで。

白ワインは、ワシントンヒルズ シャルドネ(左)と

メインの肉料理の前にと、サービスしていただいたリースリング アン・アミー(右)

リースニング アン・アミーは、私の表現だとフルーティだけど変な甘さがなく、凛として

美味しいワイン。 支配人いわくオイリー。

メインは各自で

(メイン) 北海道、蝦夷鹿モモ肉のわさび焼き   
                    金山時味噌ヴィネグレットソース 

マッシュポテト、しめじ、クレソンが添えてあります。焼き加減も絶妙。

金山時味噌をヴィネグレットソースとしてお使いになるのが、お得意のようですが、

これはこのままソースを使わずともいただいけちゃいます。美味 

このブランチの値段で、ここまでのものを提供してくださるのだからすごい。

(モモロー) オラとおんなじ「モモ」肉だでー。

(みに) モモローさん、接近戦でアピールしてくるわね。いいよ、積極的で。

(メイン) 大山黒牛100%インディゴバーガー

連れ(寝太郎)の目当ては照り焼き。

前回、私が友人(Mさん)と来店し、照り焼きに感動したという話に、どうにも

気になっているようです。 お店ご推奨の焼き方はミディアムですが、私も

ちょっと食べたいよ。

なので、今回もミディアムウェル。 でも中はピンク色でしょ。

写真を撮ったあと、お店の方が半分に切ってきてくださいました。

私自身の感想は№8と同じく、コクがあってスモーキーな香りをまとう大人の照り焼き 

連れも「メチャクチャ美味い!同店のハンバーガーの中でダントツ!気が付いたよ。

マヨネーズというよりビーツ入りのタルタルなんだ。酸味が効いてるよ」と熱弁をふるう。 

すっかり気にいったようです。

わーい、また照り焼きファンが増えたぞ。頑張ってるぞW04 

赤ワインはキャッスル ロック シラー。 カザー ピノノワール(ソノマ)。

フリードリンク、いつもありがとうございます!お店に感謝Onegai03t

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で8800円、この他にサービス料440円が

(小計の5%)加算され、合計9240円なり~。

さて、おせち料理も無事、注文できましたし、年越しは自宅でインディゴさんの

お料理をじっくり味あわせていただくことになります。楽しみだ。

カリフォルニア料理満足度数は、★★★★★ やっぱり特別です。



インディゴ (INDIGO)
 

〒152-0001   東京都目黒区中央町1-12-6

TEL       03-3710-3399

営業時間/ ランチ (火~金) : 11:30~15:30 (L.O.14:30)

                   ブランチ (土・日・祝日):  11:30~16:30 (L.O. 15:30)

                   ディナータイム :火~木・日/ 17:30~24:00 (L.O. 22:30)

                   金・土・祝前日 / 17:30~25:00 (L.O. 24:00)

定休日    月曜日(祝日は営業)

2011年11月24日 (木)

六鳳居(ろくほうきょ) 横浜中華街

Rokuhoukyo

横浜中華街、中山路の中華家庭料理「六鳳居」(ろくほうきょ)

同店も、このシーズン上海蟹を取り扱っているのです。

本日は仲良しの女子と同行。

ドリンクメニュー。この他に中国ワインも置いています。デキャンタで1575円。

グラスで525円ぐらいだったと思います。

同店のビールは瓶ビール。

まずは瓶ビール@525で乾杯。

そのあとは中国紹興花彫八年老酒(350ml)@1575を注文。ハーフボトルですが

飲みきれない場合は持ち帰ることが可能です。

予約の電話時の対応は丁寧。お店の1階はテーブル席のみで、その卓数も

少ないため予約時間に遅れる場合には連絡を下さい。必ず取っておきますから。

とのこと。 予め「蒸し蟹ミニコース」4500円をお願いしておきました。

到着すると、ちゃんと予約席の札が出ており、電話で対応してくださったのは同店の

ママさんだと思いますが、お陰で難なく着席。

しかしです。その後、「本日は予約をされているお料理を出しますから」

という説明もなくメニューも渡されません。昼時の時間帯、お忙しい様で放置状態。

友人と中華街に来るまでの道のりで、酔っ払い蟹も別注文しようと話をしていたので

このままだと困ります。声をかけ、「蒸し蟹ミニコース」のオーダーが厨房に通って

いるのかを確認し、メニューもいただきました。

酔っ払い蟹があることは、後ろに座られているお客様のお席にでているので

わかりましたが、当日でOKなのか、またお値段も確認しないとなりません。

メニューには、時価なのか不明確。 これではおいそれと注文できない。

こちらにも予算がある。ママさんをつかまえてお聞きすると、本日は170gの

女の子(メス)。 さらにくいさがってお値段をお聞きすると、3150円とのこと。

注文ついでに、蒸し蟹は男の子(オス)かを確認すると、ちょっと面倒くさそうに

コースの場合は男の子(オス)と女の子(メス)でお出しします。との回答でした。

電話での対応はいい感じだったけど、なんか違うな。。

・ふかひれスープ

2人前。 蟹の身も入っています。

安価なランチに登場しがちな「かたくり かたくり」したものではなく、とろみの加減も

塩の塩梅も良し。口当りの優しいふかひれスープです。

・季節野菜と海鮮の炒め

自分で取り皿に分けてから撮影。

柔らかいイカと季節野菜の塩炒め。生姜を少し効かせています。

★酔っ払い蟹

別注文。

一楽」と比較すると、足先までついてきます。

(足先には身がほとんど入っていないのですが・・・)

また若干、紹興酒だれも皿に入ってきてます。

ママさんより、「蟹を活きたまま老酒に漬けこんだもので、音をたてて召し上がって

けっこうですから」 との説明あり。フィンガーボウルをセットされる。

ですが、ハサミもなければカニスプーンもなし。

あるのは、フィンガーボウルと紙おしぼりのみ。

ちゅぱちゅぱ吸い付くにしても、足のあたりはハサミを入れないと関節技を決めても

不慣れだし、限度があるわ。

もう一人ホールに女性がいらしたので、ハサミをお願いすると、なんとか探して

持ってきていただけました。 ママさんはそれが気に入らないのか、怪訝な様子。

一組の客に出すと、他の客も要求してくることを懸念しているのかな。

ともかく感じは良くない。

友人は、酔っ払い蟹、初チャレンジ。

ねっとりと甘くて、濃厚だわー と喜んでくれましたが、先日いただいた酔蟹の

漬けだれのほうが、私には好みに合いました。少々キツイ。

・上海蟹シューマイ

甘みのあるシューマイ。好みでお使いくださいと、からしも持ってきてくれました。

・上海蟹の姿蒸し

男の子(オス)と女の子(メス)のセット。

お腹の形を見れば男の子か女の子かわかるんですよ。

10月半ばくらいから上海蟹の季節が始まり、11月あたままでは女の子(メス)。

11月半ばすぎから12月にかけては男の子(オス)の美味しい季節になるんですって。

写真、左が男の子(オス)、右が女の子(メス)です。

11月半ば過ぎですので、もうメスの内子(卵)が少ないかも。

10月末に「慶福楼」で女の子(メス)をいただいたときと比較すると差がわかる感じです。

蟹の身をつける酢は1種類。細かく刻んだ生姜も別皿に付きます。

私達は、せっかくの甘い身なのでこのままいただく感じです。

しかし、この時点でも小さいスプーンを出してくれないので、ホールに出てきた女性に

お願いしていただきました。甲羅の奥に詰まっている美味しい部分だって

卓上の爪楊枝じゃあ取りきれない。

(あとは刻んだ生姜をすくうのについていたもので、蟹の身をほじりました)

スプーンをゲットし知恵を駆使して、やはり、今回も無言で蟹を解体作業♪ 

・広東粥

2人前。 説明はありませんでしたが、たまごのお粥だと思います。

「六鳳居」は、お粥が美味しいと定評があります。

塩控えめで優しいふんわりたまご粥。 やはり美味しいです

・デザート

マンゴープリン、アプリコットソースがけ。

まったりとした甘みのマンゴープリンにさっぱりとしたアプリコットソースが

よくマッチしていました。 

 

「蒸し蟹ミニコース」 出していただけたお料理の味としては、全体的にまとまっており、

大きく期待を外すものはありませんでした。

しかし、上海蟹をいただく時に、ハサミとカニスプーンがセットされないとなると

私には困難を極める。 上海蟹と格闘し、紙おしぼりはボロボロになったので、

(変えてくださいとお願いしないと新しいものは持ってきません)

化粧室で手を洗ったのですが、タオル類は置かれていません。

指先にしみこんだにおいが、このときは、なかなか取れない。

細かいところになりますが、気にかかる。

ハサミ、カニスプーンはもとより、「一楽」のように親切に解体してくださる

ところもあれば、このようなケースもあるので、中華街はいろいろだと

また勉強になりました。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒(ほか、ワイン、デキャンタ1とグラス1)で

合計16560円なり~。 

接客等、個人的には疑問点がありましたので、申し訳ありませんが

横浜中華街満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。



六鳳居(ろくほうきょ)


〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町146-2

TEL      045-681-0664

営業時間/ ランチ 11:30~15:00 ディナー 17:00~21:00(L.O.)
             土・日 11:00~21:00(L.O.)

定休日/  木曜日 

2011年11月23日 (水)

大三元酒家 肉まん 横浜中華街

横浜中華街、上海料理「大三元酒家

場所は南門シルクロード、横濱媽祖廟(よこはままそびょう)並び。

一時は、皇朝の一口サイズの肉まんにはまっていたのですが、店舗が増えすぎた

ためか、残念ですが、味に陰りがでたように思います。したがって完全に皇朝離れ。

最近は「大三元酒家」の中華まんじゅうがお気に入り。お土産に購入しています。

肉まんの大きさは、大・中・小。 

個人的には、飽きるほどにデカイ肉まんより、もう少し食べたいと思うぐらいの

小さいサイズが好き。

お値段的にも160円とお手頃なので購入しやすいのです。

自宅で蒸してみました。まんまるだよ。ツンツンとつっつきたくなるね。

(蒸し器で8分、電子レンジで30秒) 賞味期限は冷蔵3日、冷凍1ヶ月。

餡は、しっかり下味がついており、何もつけずそのままでも十分にイケル。

この点は皇朝と同様なのですが、違いは海老などの具材が形状と食感を残し

入っていることかな。皮も甘みがあって美味しいのだ。

お土産にいかがでしょう。

横浜中華街、中華まん満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。



大三元酒家

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町136

TEL      045-641-4402

営業時間/11:00~22:00(L.O.21:30) 

定休日   不定休

2011年11月22日 (火)

一楽 横浜中華街

Iriraku

横浜中華街、中華街本通りの中国料理「一楽

広東料理や四川料理を中心としたお料理が楽しめます。

また同店では、このシーズン上海蟹を取り扱っているのです。

11月某日、上海蟹の男の子(オス)をいただきにやってまいりました。

はじめ上海蟹を予約しようとお店に電話をかけたところ

「たくさん用意しているから大丈夫!」とのお返事。

したがって席だけの予約をしましたが、時間に到着しても席が空いていない。

空席がある場合にはお客様を入れちゃう感じです。私たち普通に待っていました。

しかし、幸いお帰りのお客様が出ましたので、待ち時間は短かった方かな。

着席すると、お店のおじさんが「丸蒸し」と「酔っ払い蟹」!

と奥に声をかけるではありませんか。

あっ、確かに電話をかけたとき「丸蒸し」と「酔っ払い蟹」について確認したんですけどね。

ちゃんと男の子(オス)でだしてくれるのかしら。 

と不安になっていたらお店の娘さんでしょうか?接客担当のお姉さんが、上海蟹に

ついて再度確認に来てくださいました。よかった。

「丸蒸し」は、男の子をリクエスト。 

「酔っ払い蟹」は、女の子(メス)で準備していますとのこと。

その前にちょっと何か酒菜が欲しい。

店の入口にチャーシューのお土産も置かれていましたので、試してみよう。

炭火焼チャーシュー(お試し5枚)@500

ほんのりとした甘みがあって、噛むほどに旨みが出ます

これはおつまみにうってつけ。 ※写真の値段とは違います。

酔っ払い蟹@2350

魔神さんが丸蒸しよりお好きだと言う酔っ払い蟹。初チャレンジです。

実は、これもいただきたくてやってきました。

女の子(メス)です。味噌と内子があるね。

(ノブロー) 新人を紹介するだよ。

(みに) あらら、キミは「一楽」にちなんで、ラクタローさん?

(モンタロー) ワンシャンハオ(晩上好)! オラはモンタローって言うだ。

モンちゃんって呼んでほしいだよ。

(フクタロー) ハサミもついてきただが、こりゃ、ちいと安価な気がするだ。

もっとがっちりしたハサミのほうが安心だで。

さて、酔っ払い蟹は、ねっとりとして旨みが濃厚。ともかく甘みがすごい

紹興酒だれに漬け込むことによって、蒸し蟹より繊細な甘みが花開いているようです。

特に、この内子の部分、ウニのような味わい。 

そして、酔っ払い蟹は、お行儀よくいただけません。

全身全霊を傾け、ちゅぱちゅぱ吸い付くように身をいただいていくのです(大げさ?)

甘みが余韻となって長く残る、酔っ払い蟹(酔蟹) 美味すぎるW04

魔神さんが、お好きだという理由がわかりました。

活け上海蟹の丸蒸し@2350

男の子(オス)です。

こちら向きも撮ってくださいね♪とお店のお姉さんが協力してくれました。

同店ではいただきやすいように、お姉さんが上海蟹を解体してくれるのです。

なんでも本日は40匹以上捌いているとのこと。手際も良い。

温かいうちにどうぞっと、甲羅の中に、白子と味噌を取り分けてくれました。

蒸し蟹用には、赤酢と黒酢が用意されます。

でも、せっかくの上海蟹、このままで十分、必要ないわね。

こちらもねっとりとへばりつくような白子の美味さが鮮烈だ。甘美です

苦戦する足も、お姉さんがここまでやってくださるから楽だわーー。

あとは、むにゅっと押し出し、残りをバキッとベキッと、ほじくりだすだけよね。

無言で蟹を解体作業♪

(レンタロー) ワンシャンハオ(晩上好)!オラも仲間入りしただ。

(みに) わっ、キミは??もう、どの子がどの子かわからなくなってきたわ。

(ノブロー) こいつは、レンタローって言うだで。

(みに) ・・・そう、レンちゃんねsweat01

(ノブロー) 新人歓迎会だで!紹興酒は、いつもの青ラベル@2100だで。

今日はぐるなびクーポン印刷してきたで、ボトルが500円引きになっただ。嬉しいだ。

(しずか) 美味しいところは大事らしくて、めめっちくお皿によけちゃったわね。

(ノブロー) これで、紹興酒飲むだ。酒のアテに最高だべよ!

活け上海蟹の丸蒸しを解体してくださったお姉さんのお話によると、同店はもともとは

広東料理だったそうです。自分達で食べたいがために上海蟹をやっているそうです。

なんでも輸入された中国のモズクガニが都内に放されて大繁殖。外来危険種として

許可(免許)がなければ買えなくなってしまった(流通が規制された)とか。

それはさておき、もう一品何か注文しようと思っていたので、もともとは広東料理

だったというお話なのでして広東名菜を。

えびの巻き揚げ@1260

ぷりっぷりのえびが、みっしり入った巻き揚げ。

さっくりと上手に揚がっていて油っこさもありません。これは美味しい。オススメW04

ケチャップ、山椒塩、カットレモン付き。

(しずか) 巻き揚げって、エキセントリックな「楽園」でいただいてない?

(みに) ・・・・うん。見比べてねsweat01

(しずか) あっ、大事な上海蟹、ついに完食したね。空っぽだ。

(しずか) まだ、巻き揚げがあるし、紹興酒が足りなくなって2合@1050を追加ね。

上海蟹の最後には

上海蟹味噌の土鍋煮込み麺@1400

あ・・・あれ写真と微妙に違うような。見た目がいけませんな。

白菜、タケノコ入り。

甘みもあって確かに蟹味噌のような味もしますが、化調も強く感じます。

これは想像したものとズレがありました。 

初めての酔っ払い蟹、楽しく美味しく堪能できました。

丸蒸しも美味しかったのですが、酔っ払い蟹の甘みが衝撃的。

思いきっていただいてみてよかったと、私も連れも同意見になりました。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒(ほか、キリンラガー中瓶630円)で

合計11140円なり~。 

※ なお、同店には500mlですがワイン(赤・白)@2300あり。

酔っ払い蟹との出会いに着目し

上海蟹味噌の土鍋煮込み麺は、除いて記録させていただきますが、

横浜中華街満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。

(ノブロー) モンとレンの、歓迎会にもなっただ!シエシエ(謝謝)Ojigi



一 楽


〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町150

TEL      045-662-6396

営業時間/ 11:30~21:30(L.O.)

定休日/  第3火曜日

2011年11月21日 (月)

ネパールの居酒家 マーダル 目黒

11月、仲良し6人との忘年会は目黒のネパール居酒家「マーダル

幹事の私がお店選びをするのに利用したのは、ぐるなびの「スーパーらくらく幹事さん」

というシステム。ネットで来店日時、希望エリア、人数、1人当たりの予算、利用目的、

要望、受け取り希望店舗数などを記載し送信して待つだけです。

エリアは3つまで指定可能でしたので

  1. 自由が丘・三軒茶屋・二子玉川
  2. 恵比寿・中目黒・目黒
  3. 渋谷・原宿・青山      を指定。

人数→6人、予算→6000円(飲み放題込)、利用目的→忘新年会
要望→3時間の飲み放題で対応してくださるお店を希望
受け取り希望店舗数→40で設定しました。

すると、私が設定してあるアドレスに、予算・条件内で出来ます!というお店からの
スカウトメールが届く 届く。

これは楽チン♪自分で条件に合うお店調べて個々に電話をかけて確認しなくて
済むからです。

メールには、どのようなコース内容で対応してくださるのかも記してくださっているので、
その中から比較して、ここっ!と思ったお店に質問事項などを送信し、最終的に
決定します。

メールは希望店舗数に達するまで届いてくるので、ちょっと遠慮しようと思う
お店の場合は、スカウトメールを削除します。
するとその店舗からは、もうメールは届きません。

また、お店が決まり(「スーパーらくらく幹事さん」以外の方法で決めてもかまいません)
それ自体を削除した場合もメールは来なくなります。

おそらくですが、「ぐるなび」にお店の方がご覧になれる掲示板のようなものがあり
「ぐるなび」を経由して転送されてくるのでしょう。 決定や取り消し削除した場合、
その掲示板からも消えてしまうのではないかな。

さて、メールは約40通近くやってきました。最終的に絞ったのは3店舗。

その中で「マーダル」を選んだポイントは、最初のスカウトメールのコース内容紹介も

丁寧でしたが、何よりも質問事項を送信したときのレスポンスが早い。 

やる気を感じさせてくれました。

お店も私達、中高年にはいい具合に落ち着いていてくつろげる雰囲気。
(ぐるなびの写真で確認)

そして、ネパール居酒家ということで、料理内容に目新しさがあり、

いただいたことがない「ギャコック」(鍋)が入っていたことにあります。

(ノブロー) 予約は19時だで。オラ達も参加するだ。

(フジロー) するだ するだ。ぼーねん会だで♪

場所はJR目黒駅、東口方面へ出て横断歩道を渡り左折。

「海鮮三崎港 目黒店」の先を右折し、雑居ビルの5階。

このビルがちょっと目立たないので、同じビルに入っている「ホップワン」という

洋食屋さんを目印にすると良いかと思います。

「マーダル」への入り口は洋食屋さんの脇です。

エレベーターが古くて、あれ?ちゃんと動いている?と不安に思いつつ5階に到着。

店内には、下駄箱に自分で靴を入れてあがるようになっています。

「宴会のお客様ですね」

「スーパーらくらく幹事さん」で決定送信をしたあと、念のためお店に電話をいれ

ましたので、お声をかけてくださった方がすぐに電話口にでられた担当の女性だと

わかりました。

「お世話になります!」

エスニックにまとめられた内装は、大人がくつろげる空間。

私達の席は店内左奥にセッティングされていました。

おー、いい感じ。まるで友人宅にお呼ばれされたみたい。居心地良し。

19時、メンバーが集まったところで飲み放題スタート。嬉しいことにビールはエビス生。

毎回お店の方を呼ぶのも大変だし、ピッチャーで頼んでしまえ。

お料理は、11月からの「忘年会 鍋コース」の中の

チベット鍋『ギャコック』5000円コース。料理10品・飲み放題付き(2時間)

ここに+500円で1時間の延長をつけ、一人あたり5500円。

ぐるなびにも記されているとおり、明確です。

◆マーダル特製サラダ

自家製ドレッシングがかかっています。 (以下、写真はどれも3人前)

◆車海老の衣揚げ

写真では衣が厚そうに見えますが、実際は薄い衣で揚がっており、海老のプリプリと

した食感を存分に楽しめます。 美味しい。グリーンのソースはピリ辛味。

◆うま辛チベット鍋『ギャコック』

お目当てのギャコック!

ギャコックがどういうものか知らなかったので調べたところ、チベットの宮廷料理

だそうです。 忘年会の幹事として、これは見逃せない。メンバーの皆さんに押せる!

鶏がらでだしを取ったスープに、数種類のスパイスを加え、鶏肉、マトン、ハルサメ、

きのこ、ニラ、豆腐、ブロッコリー、ニンジン、キャベツなどが入ってます。

ショウガ、黒胡椒も効いて、ほかほか温まるピリ辛スパイシー鍋。

カセットコンロを使い卓上で楽しめます。

これはマーダレ。

好みで鍋にも使うそうですが、どのお料理に使ってもOKな万能スパイスだれ。

◆タンドリーチキン(骨なし)と◆カジキマグロのかまど焼き

双方ともかまどで焼き上げられたスパイシーなお料理。

◆蒸し餃子『モモ』

羊と鶏の合挽き肉を使用。皮も手作りだそうです。下のソースはぐるなびによると

トマトソースとのことですが、とてもマイルド。

(モモロー) オラとおんなじ名前の料理だで。肉汁たっぷりで美味しいだよ。

モモローさん達の目線で「モモ」をみてみました。

しばらくするとギャコックはこのようになります。

スパイス鍋ですが、やみくもに辛いわけではなく、旨辛。

◆ジャスミンライス(タイの高級米)

香り米の登場です。

日本の雑炊のように鍋に投入するのではありません。

鍋の〆に、ジャスミンライスにギャコックのスープをかけ、お茶漬け感覚で

サラサラといただくのです。

(ノブロー) コース料理はまだ終わらねえだよ。

◆かまどで焼いた自家製ナン 

食べやすいよう、カットされて運ばれてきました。

◆本日のおすすめカレー

チキンときのこ。マイルドです。

◆ぷるるん杏仁豆腐

フルーツも入ってました。

(ノブロー) 杏仁豆腐は、自家製だそうだで♪

3時間の忘年会。

ビールの他にワインをお願いしたところ、デキャンタで出していただけました。

また、お客様がひけたときに、お店の方と少し雑談。

「スーパーらくらく幹事さん」で集まった40軒の中から、私達のニーズに一番合うと

思い「マーダル」を選んだ とお話したところ、とても喜んでくださいました。

なんでも予約の「成立」までは、お客様の電話番号をはじめ個人情報は店側には

伝わらないそうです。

(幹事代表者名は、やりとりの過程で必要ですからわかってらっしゃいます)

そして同店は目黒で14年の歴史があったのです。

以前、目黒勤務時代、1階の洋食屋さんには何度か来たことがあったのですが

灯台下暗し。同じビルに、このような大人がくつろげるネパール居酒家があったとは。

(ノブロー) スーらくさんのお陰で、楽できただな。時間は貴重だで。

(タクロー) スキンさんやおっちゃんも目先が変わって喜んでいたで。

シェフはネパールの方だそうです。

接客対応してくださった女性も感じが良かった。駅からは近いのですが、決して

目立つお店ではないので、知らないとお客様は入ってこられないと思います。 

そんな中、大事にお店を育ててきたんだろうなあ。応援したいよ。

お腹も一杯、満足 満腹。  幹事としての顔もたちましたW01

ネパール居酒家 宴会満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

新年会も「スーパーらくらく幹事さん」でお店探しをしよう!っと( ̄▽ ̄)



ネパールの居酒家 マーダル


東京都品川区上大崎2-15-2 目黒ビジネスマンション5F

TEL          03-3442-3566

営業時間/ ランチ       月~土    11:30~14:30(祝日を除く)
                ディナー    月~金    17:30~23:00
                                   土・祝    18:00~23:00(L.O.22:30) 

定休日    日曜日 (連休の場合は、連休最終日が休み)

http://www.madal.jp

ネパールの居酒家 マーダル
[駅から1分寛ぎの隠れ家]
ネパールの居酒家 マーダル
JR目黒駅 徒歩1分
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-15-2 目黒ビジネスマンション5F(地図
ぐるなびで ネパールの居酒家 マーダル の詳細情報を見る
※2011年11月23日現在の情報です
ぐるなびぐるなび

2011年11月20日 (日)

競馬の話 マイルチャンピオンシップG1

11月20日(日)は、京都競馬場でマイルチャンピオンシップG1が
開催されるのです。

予想は・・・

◎   8 リアルインパクト
○  17  リディル
▲   2 ダノンヨーヨー
△   5 エイシンアポロン、10 スマイルジャック、12 ミッキードリーム、

3連複BOXで勝負します!

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

結果は・・・

1着 △   5 エイシンアポロン(単5人気)
2着      1 フィフスペトル(単11人気)
3着      13 サプレザ(単4人気)

配当は3連複38920円、3連単279410円です。(u_u。)

2011年11月19日 (土)

神戸らんぷ亭 三田店

東京は雨の土曜日になりました。本日は食レポも省エネモード。

某日、時間の関係で掻き込んだお一人ランチは「神戸らんぷ亭 三田店

場所は都営三田線三田駅A3出口をあがり「豚骨醤油らーめん学虎」側に

出て左折し、進行。道に面しています。

味噌牛丼並@420

単品で注文。 着席しても同店ではお茶は出されず、水である。

味噌牛丼は、パートのおばちゃんが、てきぱき運んできてくれた。

味噌の味付けもさることながら、一番の難点は米の質。

420円が割高に感じてしまったのでした。 



神戸らんぷ亭 三田店


東京都港区芝5-31-3

TEL          03-3769-1439

大きな地図で見る

2011年11月18日 (金)

驀仙坊 (ばくざんぼう) 中目黒

中目黒、「驀仙坊 」(ばくざんぼう)。

お昼からアイドルタイムなく営業している、ちょっと洒落たお蕎麦屋さんが

あるという話を聞きつけ休日に訪問しました。

場所は山手通りを大橋方面に進行し、途中を右折。目黒川にもほど近い距離です。

外観は雰囲気があったのですが、店内に入ると可もなく不可もなくそれ相応。

席はテーブル席のみ。4人掛けのテーブル席を利用。

ドリンクのお値段も同様に、比較的、注文しやすい価格帯になっています。

瓶ビール(ハートランド)@550×2

(ノブロー) スズ!おめ、蕎麦担当だで。今日はたんとごっちゃんになって食レポするだ。

(スズロー) オ・・・オラ、久々の登場だで。緊張するだあ。

鴨鍋@3000

同店のメニューを拝見したところ、鴨鍋がありました。

喬亭 大黒屋」で食べ損なっていたので、お店の方に聞いたところ、卓上で

カセットコンロを使用できるとのこと。 

それじゃあ、自分で好きに出来るのかなと思い、お願いしたところ、具材は全て

鍋の中に入った状態で運ばれて来ました。 

のおぉぉーーーBikkuri01 違うーー。 

私の求めているものは、自分で別皿に盛られた具材を投入する形なのーー。

(私の心の中の叫びです。) しかし後の祭り。よくよく確認しない私のミス。

薬味は、刻み青ネギともみじおろし。

鴨肉、鴨つくね、葱、エノキダケ、豆腐、クレソン。上には山椒。

つゆのコクは残念ながらいまひとつ。

柚子皮が入っているのですが、その香りも少ない。

大きい鴨つくねはゴロゴロ入っていましたが、鴨肉は少し、そして硬いです。

鍋自体の量にもボリュームを期待していただけに、物足りなさがありました。

身欠きにしんと茄子の炊き合わせ@1050

白髪ネギ、からし、クコの実。

圧力鍋で煮たかと思うぐらい柔らかい。それとも生干しのものを使われているのかな。

私は堅い本干しを戻して炊いたものが好き。 適度な歯ざわりが欲しい。

やや甘め、味自体はさほど問題はないと思いますが・・・。

せいろ(汁なし)@520

汁なしせいろ、通常はどのようにしていただくのか知りませんが

(スズロー) オラ達は、鴨鍋の汁につけてごっちゃんになっただーー。

(みに) こうなったら、せいろ自由人だ(o`Θ´)ノ

夢呆@940

「夢呆」と言えば、有名な学芸大学のお蕎麦屋さんだ。

その店名がついた蕎麦があるということは、同店は「夢呆」の流れを汲んでいる

のでしょうか。気になったのであとで調べてみると、やはりこちらは「夢呆」で

修行された方が出されたお店なんだとか。

私も連れもずいぶん昔に1回だけ友人夫妻と一緒に、年越しの蕎麦を

食べにいった記憶があります。

そのときは、せいろと玉子焼だけで「夢呆そば」はいただいていません。

細切大根、胡麻、大葉。 つゆは甘口。

細切大根をそばに絡め合えてあるスタイル。見た目も涼しげ。

せっかくの蕎麦の香りや食感がもったいないとも思いますが、

ようやくと言うか、この場面では、熱烈歓迎。

先ほどのせいろとは味も違うし、しゃっきりと冷たくて美味しい。

(スズロー) オラもこれで安心しただ。

そば湯はあっさり系。 まあ、普通でした。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒のほか日本酒(白岳仙 @700×3)で
合計8710円なり~。

ところで、土・日・祝は閉店時間が早いためか、私達が最後の客。

帰る前に化粧室を使わせていただこうと、向かったときに、たまたま見てしまいました。

厨房では待ちきれなかったのでしょう。 スタッフのお一人が中でビールをぐびり。

もう料理はでないし、片付けだけだものね。

わかるけど・・・あとちょっとだけ、緊張感を保てないのかな。

今回の利用、最後の一品「夢呆」に重点を置き

日本蕎麦満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。 


驀仙坊 (ばくざんぼう)

東京都目黒区青葉台1-22-5

TEL      03-3792-8823

営業時間/ 月~金 12:00~21:30(L.O)土・日・祝 12:00~20:00(L.O)

定休日     火曜・第3水曜

大きな地図で見る

2011年11月17日 (木)

鰤門 (しもん) 銀座

仲良しの友人(Mさん)とお寿司を食べに行こうという案がでました。

お寿司となると私達の予算で行けるのはランチかな。

「どこいこー。」

近場のお店もいいけど、女どうしで銀座でお寿司も、気持ちリッチだよね。

ちょっと思いついたのは、ずい分昔ですが(ブログを始める前)、寝太郎さんと

訪問したことがある並木通り沿いの「鰤門」 (しもん)。

私から、Mさんに提案。 「鰤門」 なら行った事があるのでわかる。

スタイリッシュな女性受けの良い内装。

2人掛けのテーブル席もあるし、緊張せずにいただけるよ。

お寿司屋さんのカウンター席で大将と差し向かいで寿司をつまむのも素敵なのだ

けれど、銀座のお洒落な寿司屋さんである。

いつの間にか気が大きくなって身の丈に合わぬ追加をしかねない。危険だ。

ここは、テーブル席からカウンターのあたりをウォッチングしていたほうが安全。

女は身の危険を察知するのが早いのだ( ̄▽ ̄)

ということで、2名用の個室タイプのテーブル席を予約。※室料はかかりません。

お料理は、昼のおまかせ5000円(5250円)をお願いしておきました。

まず、箸休めとして出されたのは、ワカメと茗荷。

前菜は3品 

前菜1.栗と春菊の白和え。上には焼き穴子。

前菜2.生牡蠣

着席時、苦手なものはと?聞いてくださいました。

生牡蠣をご用意していますがとのこと。私は基本、何でも食べるのでOKなのですが

Mさんは生牡蠣はダメとのことで変更。 

私だけ生牡蠣をいただきました。冷えてちゅるりん。この喉越しがたまらん。

鰤門の生ビール@840×2

をいただいていたのですが、飲み終わってしまったので日本酒に。 

清泉 雪 特別本醸造【新潟】@1050

焼酎は、1000円以下のものが置かれてますが、やっぱり日本酒がいいな。

前菜3.ズワイガニと白菜の銀餡かけ

お造り

ヒラメと〆サバ  

2名用の個室タイプのテーブル席はカウンター席の後ろに位置しています。

仕切りもありますが、閉めたら息苦しい。

寿司職人さんたちは修行僧のようないでたち。写真は一段落して空いた時に

撮ったものですが、入店時、カウンター席は満席状態。ほどんどがカップル。

ホールを担当するのは黒のベストスーツを着用した女性スタッフ。

膝丈なのでちょっとした動作にどっきりするのです。このあたりは昔と変わらない。

同店に昔、来店したときも休日ランチ時ですが、その時はカウンター内に

出ていた職人さんもお一人だけでしたし、常連さんが1~2組ぐらいで

落ち着ける雰囲気があったのですが。 

はっきりと記憶していないのですが、調理衣は紺色だったかな?

女性のベストスーツ姿に銀座のお寿司屋さんって、お洒落なんだと認識を新たに

したのですが、私が年をとったのか、なんだか、いろいろ狙いすぎな気がする。

お店で漬けたガリはさいの目状にカット。けっこう酢が効いてます。

握り10貫

1.墨烏賊 2.海老の昆布締め

お寿司には、煮切りが塗られているのでこのままでいただけるとのこと。

3.サワラ 4.鮪赤身ヅケ

こちらは友人と一緒のお皿で盛られてきました。

鮪赤身おいしー お魚とは思えぬ、ねっちり感。さすがです。

5.中トロ

中トロは、単独でやってまいりました。

味わいが深いのに、くどさがないW03  悔しくなるぐらい美味しいわ。

6.ブリ 7.アジ

8.イクラごはん

これは、ちょっと寂しい。個人的にはお寿司屋さんの海苔が大好きなので

軍艦巻きがいい。 せめて刻み海苔が散らされていてほしいのであった。

9.穴子

しっとりふっくら柔らかな穴子。ツメが塗られてます。

口の中でほんわり溶けていってしまいました。 さようならーー。

10.干瓢巻と玉子焼

海苔はいまひとつかと思うのですが、 

干瓢は日なたくささもなく上品な味わいに仕上がっています。

お椀

特筆なし。

デザート

ほうじ茶とともに葛餅。この葛餅と蜜も自家製とのこと。

葛餅の滑らかな食感と蜜の濃厚さのバランスもよく、純粋に美味い。

ところどころ、気になる点や物足りなさはあるものの、銀座で安心感をもって

利用できる女性でも入りやすいお店です。

お昼のおまかせも、ちょこちょこ出てきますので、ゆっくりいただいていると

お腹も満足できました。 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒(追加清水@1050)で合計14994円なり~。

寿司満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。



銀座 鰤門 しもん

東京都中央区銀座5-5-13 坂口ビル6F

TEL      03-5537-0010

営業時間/ 月~金 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:00(L.O.22:00)
               土 11:30~15:30(L.O.15:00) 17:00~23:00(L.O.22:00)
          日・祝 11:30~15:30(L.O.15:00) 17:00~22:00(L.O.21:00)

定休日/  年中無休 (元旦を除く)

http://www.seamon.jp/

大きな地図で見る

2011年11月16日 (水)

南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №13

わなっかむ♪

アントニーさんは、まだ帰省中。

したがって、ポールさんとマニさんでお店を切り盛りしているのだ。

チキンチャートサラダ@750

小口切りのタンドリーチキン、タマネギ、ニンジン、キャベツ、キュウリ、レタス。

ポールさんよりスパイシーと説明を受けましたが、確かにすごくスパイシー。

ティファン(軽食)セットから

キチディ@1000

「ウプマに色々な野菜を入れてスパイシーに味付けしたもの」とのこと。

しっとりとした食感。 スパイシーと言っても、程よくで、いただきやすい。

順番としてはウプマから入るべきだったかな。

ウプマについては、魔神さんが詳しくご紹介してくださっているので、ご興味の

ある方は「ドダン・ブーファンのポトフ」を参照なさってくださいね♪

サンバル、チャトニ、ウルカイがセットされています。

セットのサンバルは辛さ控えめ、カルダモンとシナモンを感じました。

また、今日のウルカイは一味違う気がするなあ。

アントニーさんのお留守を守ろうと、団結して気合が入ってるのかな。美味しいわ。

カブリナン@400

中にはアーモンドとレーズンが挟み込まれています。

ほのかな甘みのあるナンです。

サンバル@700

定期的に注文したくなる、お気に入りのサンバル。

もっと食べたいので「だいぶ辛い」でお願いしたのですが、「めちゃくちゃ辛い」を

飛び越え、今日は今までで一番辛かった!はひーー。ふーーー。

本日もご夫妻がいらしていたので、お話をさせていただいたのですが、

ポールさんの作るカレーはちょっと辛めなんですって( ´艸`) なるほど。

最後にチャイをいただき、今宵も満足 満足W04

インド料理満足度数は、★★★★★ 特別です。 みっげなんどりー♪



南印度ダイニング ポンディバワン
 

〒146-0093 東京都大田区矢口1-7-9

TEL       03-6715-2888

営業時間/ 11:00~15:00 (L.O.15:00) 17:30~23:00 (L.O.22:30) 

定休日     第1・第3 月曜日 (祝祭日の場合は翌日)

2011年11月15日 (火)

南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №12

わなっかむ♪

アントニーさんは奥様を送ってインドに帰省中。お店はポールさんとマニさんで大忙し。

日本語がまだ流暢ではないポールさんが、がんばってホールに出てお客さんの

注文をうけています。

お店からのサービス。 プリィエル(キャベツ、ヒヨコ豆、ココナッツなど)

いいよ、いいよ(*^-^) お料理急がなくても。私達ワイン飲んでるから。

本日、注文したのは

ミックス バジ@500

オニオン、ナス、ピーマンなど。

豆粉を衣にしてあるので、見た目はからりと揚がったフリッターのよう。

これはナス。スパイスが効いた玉子たっぷりの衣。

外側は、さくっと軽い食感。

トマトベースのスイートチリかな。ほんのり甘い。

好みですが、何もつけなくても衣の味がしっかりしているので十分なのだ。

そして

マサラドーサ@1200

サンバルとチャトニがセットされています。

比較は申し訳ないのですが、「シリ バラジ」と比べるとやはり皮が弱い。

「シリ バラジ」のドーサをいただいた後となっては、外側のかりっと感より、

幾分か内側のもっちりとした食感が印象に残ってしまう。

不得意というわけではないのでしょうが、ライスの種類などは豊富なのですが、

ドーサの種類は、エッグドーサとマサラドーサの2種類しかなかったと思います。

中にはプリィエル(南インドの野菜炒め)。ポテトのスパイス炒めが入ってます。

でも、これはこれで、全然美味しいのですがね(*^-^)

 

さて、お隣のお客様が召し上がっていたミールスを拝見したところ、ランチとは

風体が違う。ものすごく美味しそう。・・・やっぱりインド料理は夜かあ。

これは一度試さないと!と思っていると

人懐っこいのか?ただの酔っ払いなのか寝太郎さんは、ちょっと目をはなした隙に

他のテーブルのお客様と歓談。 

「失礼だよ、他のお客様のお食事を邪魔しちゃダメだよ」と間に入ると、

そのお客様はお店のメニューを作った方だったのです。

なんでも、アントニーさんはしばらく戻って来られないと言うので、

ご夫妻はポールさん達のSOSを受け、留守中様子を見に来店されているとのこと。

私達がドーサをいただいていたので、教えてくれたのかと思いますが、同店には

大きい鉄板はないらしいのです。 うむ、納得。

ご夫妻は、古くからお店に関わってらっしゃいますが、他のお客様に対して

排他的なところは少しもありませんし、とっても親切で感じの良い方々でしたcat

最後にチャイをいただき、今宵も満足 満足W04

インド料理満足度数は、★★★★★ 特別です。 みっげなんどりー♪



南印度ダイニング ポンディバワン
 

〒146-0093 東京都大田区矢口1-7-9

TEL       03-6715-2888

営業時間/ 11:00~15:00 (L.O.15:00) 17:30~23:00 (L.O.22:30) 

定休日     第1・第3 月曜日 (祝祭日の場合は翌日)

2011年11月14日 (月)

南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №11

わなっかむ♪ 不定期に続くポンディバワン」です。

ラムチャップ(2P)@900

秘伝のタレに浸けて長時間寝かせた骨付きの大きなラム肉を

1mくらいの長さの串(シーク)に刺して、タンドール窯で炭火焼きにするそうです。

これが、ラム?大げさかもしれませんが、牛肉みたいよ。

ラム肉独特のくさみを感じさせず、香ばしくてジューシー。

しっかりとした旨みがある。これはお値打ち!!

(ノブロー) アントニーさん、シークみせてくれただ。

ハリガネのでっけえのみてえだった。だで、ラムにはシークの穴があいてるだ。

(みに) これはシェフのお得意料理一つなんですって。

お行儀を気にせず、はむーってかぶりついちゃおうね!

ココナッツナン@400

あまーい香りのココナッツナン。

(オラーズ一同) むっしゃむしゃ。甘くて、うめえだー。

(ノブロー) こいつは、普通のナンとは一味違うだよ。

(ノブロー) ほれっ!中にはたっぷりのココナッツパウダーが挟み込まれているだよ。

このサクサク感がたまらねえだ。 寝太郎も気にいったみてえだ。

エッグカレー@700

「だいぶ辛い」で注文。エッグカレーの中には、ゆでたまごのみ。

「野菜ではありませんが、ベジタリアンメニュー」 

シンプルですが、カレーがしっかりしているからこそ成り立っているのかも。

最後にチャイをいただき、今宵も満足 満足W04

インド料理満足度数は、★★★★★ 特別です。 みっげなんどりー♪

 

南印度ダイニング ポンディバワン 

〒146-0093 東京都大田区矢口1-7-9

TEL       03-6715-2888

営業時間/ 11:00~15:00 (L.O.15:00) 17:30~23:00 (L.O.22:30) 

定休日     第1・第3 月曜日 (祝祭日の場合は翌日)

2011年11月13日 (日)

競馬の話 エリザベス女王杯G1

11月13日(日)は、京都競馬場でエリザベス女王杯G1が開催されるのです。

予想は・・・

◎  1 アヴェンチュラ
○   4 アパパネ
▲   5 ワルキューレ
△   3  ホエールキャプチャ、8 レーヴディソール、18 スノーフェアリー

今年は、何年ぶりかで、年越しを自宅で過ごそうと思っています♪

おせち料理の発注をしに、これから外出してきます。

馬券!買えるかな~?? BOXです。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

結果は・・・

1着 △  18 スノーフェアリー(単1人気)
2着 ◎  1 アヴェンチュラ(単2人気)
3着 ○   4 アパパネ(単4人気)

配当は3連複2520円、3連単9430円! 

やった♪小さく520円プラスです。 最近、自分、万馬券取れないなあ。。

でも、ひとまず、G1全敗はまぬがれました、お馬さん、ありがとう!

 

2011年11月12日 (土)

金春新館 蒲田№6

蒲田「金春新館」(コンパルシンカン)。ちょこちょこ登場して今回で6回目です。

やっぱり気軽に行きやすいんですね。

これからも不定期更新しそうなので、「№」をつけました。

先日、ちょっと飲みに利用したところ、お通しが変わっていました。

以前は、甘めの家庭的なキムチでしたが、今度はザーサイ。

塩抜きしたザーサイにキュウリやニンジンを混ぜてゴマ油を加えているのかな。

(ノブロー) ワンシャンハオ(晩上好)!金春だで。

ここには、紹興酒ボトル キープしとるだよ。姉さん達が面倒みてくれてるだ。

「榨菜」は「チャーツァイ」ていうだよ。

いつもの焼き餃子(5コ)@320

羽根つき餃子です。

ちょっと小声で物申す、ですが、

餃子の出来が良いときと、いまひとつのとき、バラつきがあるのだ。

私達にとっては、もう、さほど気にならないのですがね。今日は良いかな♪

あっ、ノブローさん、餃子のたれには注意だよ!

(ノブロー) 困っただぁーKowai  オラ、酢豚注文しちまっただょ(汗)

魔神さんのアドバイスを、もうちいと早く聞くべきだっただー。

(みに) 大丈夫よ。魔神さんは無邪気なキミたちにいじわるは言わないわ。

(ノブロー) だな Unnunn  シエシエニー(謝謝你)!

黒酢酢豚@800

ニンジン、タマネギ、ピーマンなどの野菜も入ってます。

こってりとした、あんがからまったテカテカ酢豚、

変な甘ったるさはありませんが、庶民的。

お通しのザーサイと餃子と酢豚で残っていた紹興酒をぐいぐい飲み、空けた。

会計は2人で1200円ほど。 この安さ!いつもいつも、お世話になっています。

今宵は、お店のママさんもいらしたので、ご挨拶。

(ノブロー) ワンアン(晩安)Ojigi



金春新館(コンパルシンカン)

東京都大田区西蒲田7-63-2

TEL      03-3733-8798 

営業時間/ 11:00~14:00 17:00~23:00

定休日      無休 

2011年11月11日 (金)

礼華 新宿御苑前

お一人ランチは、新宿御苑前の中国料理「礼華

新宿御苑脇の道を進行。このあたりは緑豊かなロケーション。

この並びには、やはり同じ中国料理の「古月」があります。

実は「古月」のHPを拝見し、ランチの「四川正統マーラー豆腐」に惹かれて

やって来たのですが、11:30を過ぎてもお店には「CLOSED」の札が出たまま。

あれ??よくよく確認すると定休日は毎週水曜日。やだ!今日、水曜日だ。

一瞬、頭の中が真っ白になったのですが、新宿御苑には何度となくピクニックに

来ていますので、「礼華」がすぐに頭に浮かびました。

11:30のオープン間もなく入店したのですが、すでに先客は4人。

入り口に近い席は埋まっており、奥のテーブル席に案内していただけました。

シックで落ち着いた店内。

お隣の席との間隔は広くはありませんが、不思議な居心地の良さがあります。

ランチメニューの一部。

学習していないので何を注文してよいのか悩む。

週替わりの定食(A・B・C)@1000~@1500ものもありましたが、麺もいいなあ。

こうして悩んでいる間にも、どんどんお客様が入ってこられますから、さっさと

注文を決めて通さないと、先に座っていても、お料理は後になっちゃう。

蟹肉とフカヒレのスープ麺@1500

私にとって新宿で平日お一人ランチは滅多にありません。

蒸し鶏と青菜の土鍋入り煮込み麺 と迷いましたが、最終的にはフカヒレで大フンパツ。

しかし、ごめんなさい。私の想像を超えていました。

フカヒレと言うことだけで、「筑紫樓」のふかひれ入り煮込みつゆそば

のような醤油味ベース、蟹肉ということで「楼蘭」の蟹肉入りつゆそばのような

丸みのあるナチュラルなスープをイメージしていたのですが、こちらは塩味。 

私の完全な誤算です。

そして、このお姿は・・・!!再び目の前、真っ白!

まるで白菜のクリーム煮がのっているような・・・いや、表現が直接的すぎるので

粘度の高い淡雪状!で。

中華麺は滑らか。餡の中から持ち上げるのに力がはいります。

蟹肉、白菜、フカヒレは・・・少しだけ。(ごめんなさい)

餡がかたいので、なかなか冷めません。激あつあつ。

口内の火傷は避けられそうにないです。 

これだけの激あつ料理。お水はお願いすれば出してくれるのでしょうが、

卓上にはポットのお茶がセットされるので、ついてきません。

見事、べりっと剥けました。

味は淡白で、品が良いと言えば良い!のですが、なんとなくぼやけた印象。

お隣に着席された近隣サラリーマンに習って、私も週替わりの1000円の定食に

しておけばよかった。

 

同店にはテラス席もあり、ベビーカーのご家族も利用。

12時前には店の前に待たれるお客様もできていた様子。

同店の人気の高さをうかがえました。

今回の利用、私の勝手な思い込みによる誤算でしたが、

他のメニューに期待できそうなことと、お店の雰囲気などは、だんぜん好み。

ここは夜に訪問してみたいなあ。

ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。 



礼華(らいか)

東京都新宿区新宿1-3-12 壱丁目参番館 1F

TEL      03-5367-8355

営業時間/ 11:30~14:30(L.O.14:00) 17:30~23:00(L.O.21:30)

定休日    無休(夏期・年末年始は休業)


大きな地図で見る

2011年11月10日 (木)

韓日館 麻布十番

お一人ランチは、麻布十番の焼肉・韓国料理「韓日館

場所は雑式通り沿い。

小奇麗な店内は、小あがり席とテーブル席。

本日の利用は窓際のテーブル席。

贅沢に4人掛けの席を使用させていただきました。

韓日館にはボリューミーな「選べる定食」があります。

7つの料理の中から2つをお好みでチョイスできるのです。

この他に、おかず3品(日替り)・ライス・スープ・コーヒー付。

私は石焼ビビンバと冷麺をチョイス。

まずは、おかず3品。

細長いお皿に、左から、ムクの和えもの。ネギとタレ付き。
食感は葛餅のような舌触りで、まったりとした味わい。

中央は白菜キムチ。

右は鶏肉のピリ辛煮物。ぴりっとした中に、こってりとした甘みもあり
馴染みやすいものでした。

このおかずのボリュームも魅力。

主役の石焼ビビンバと冷麺 登場。

次いでワカメスープが運ばれてきて「選べる定食」@1250 整いました!

冷麺には、お好みで酢とマスタードを使います。 ワカメスープも、しっかり牛からの

ダシが出ているので、シンプルに塩のみの味付けでも、美味しいのだ。

ナムル(豆もやし、ほうれん草、人参、ゼンマイなど)、韓国海苔、卵黄、コチュジャン。

ざくざく混ぜましょう♪

石鍋のまわりにへばりついた部分には、香ばしいおこげも出来ました。

肉、キュウリ、果物、ゆで卵、トマト。

運んで来ていただいたときに、「長いので切りましょう」と、お店のお姉さんが麺を

ハサミでカットしてくれました。 歯ごたえ、しっかりの麺。

爽やかな酸味と甘さのスープが、また後を引くのです。

食後のコーヒー。

麻布十番界隈の焼肉ランチだと「草の家」さんの利用が多かったけど、

「韓日館」さんも、なかなか良いではないか。

石焼ビビンバ、冷麺、双方ともに、ミニサイズということではなかったので、

お腹が減っているときは、欲張りに楽しめる「選べる定食」は嬉しい。

今度は、焼肉のほうを試してみよう(*^-^)

今回の利用、ちょこちょことしたおかずのボリュームにも着目し、

ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。 

我ながらよく食べた!お腹パンパン!



韓日館

東京都港区麻布十番2-9-7 ディオーネ8ビル2F

TEL      03-5232-9322

営業時間/ 11:30~翌3:00

定休日    無休

2011年11月 9日 (水)

中国菜老四川 飄香 銀座三越店

休日のランチに銀座、「中国菜老四川 飄香」(ピャオシャン)

ある日、ずいぶん古い記事の様ですが、All Aboutの「新生!銀座三越 レストラン街」

で、代々木上原に本店のある「老四川 飄香」(ピャオシャン)が銀座三越に登場

していることを知りました。

なんでも、「老四川 飄香」(ピャオシャン)は予約がとりずらいと言うことで有名のよう。

百貨店の店舗ということで予約もとりやすいのでは?という点に着目して

さっそく電話をしたところ、昼でも予約が可能でした。

やった~ 洗練された四川料理をいただけるわ!

銀座三越12階、店内奥の2人掛けのテーブル席に案内されました。

着席後、お店の方にうかがったところ、ランチの時間帯はランチの「コース」のみ、

又は「コース」に記されているものなら、その中で単品で注文できます。とのこと。

「よだれ鶏」などがいただきたかったんだけど、まっ、仕方ないか。

『孔子の教え』公開記念 サービスランチセット 2730円 Eは+735円

内容は、

  • 季節の前菜 3種
  • 本日のお料理 1品
  • 手作り点心 2種
  • 選べるお食事 A~F     ※A・Fは辛さ調節ができます。
  • 選べるデザート          B~Eは辛くないお料理です。

選べるお食事

  • A 本場四川の汁なし担担麺  唐辛子印
  • B 秋野菜と海鮮のあんかけ焼きそば
  • C タラバガニとシャキシャキレタス炒飯
  • D ザーサイと細切り豚肉炒めのスープ麺
  • E 今が旬!!上海蟹ミソ入りフカヒレあんかけご飯
  • F 四川の花山椒入りピリ辛マーボー豆腐  唐辛子印

連れ(寝太郎さん)と2人で、お食事とデザートを変えて、サービスランチを注文する

ことにしました。

・季節の前菜 3種

左からクラゲの赤酢あえ、蒸し鶏のニンニクソースかけ、小いものネギソースあえ。

どれも一つ一つ丁寧に仕事がなされ、満足度の高いものばかりです。

(ノブロー) ほお、こりゃあ、お洒落だで。

こういうのをヌーベルシノワと言うだべか?

(みに) この中で一番を選べないわね。みんな美味しいんだもん♪

ザ・プレミアムモルツ(生) 一口サイズ500円(525円)×2

甕出し紹興酒 古越龍山 2合2100円(2205円)

めずらしく最初はストレート。やっぱり良い紹興酒は違うなあ。

(ノブロー) 香りもええだ♪

・手作り点心 2種

シュウマイ、スティック春巻。 美的センス溢れる点心だ。

どちらも下味がしっかりついているので、このままで、いただけます。

(ノブロー) ほぉー!春巻がスティックだでか、上品だで。

(みに) 皮がさっくさっくで、エビの身みっしり。少しも油っこさを感じさせないね。

なかみはエビ、カニ、干し貝柱、干し椎茸、タケノコなど。

贅沢が、ぎっしり詰まったシュウマイです。美味い。

・本日のお料理 1品

黒酢の酢豚。

つやつやテカテカ。黒酢の加減が絶妙。美味すぎる

これ、もっと食べたいわーー。

(モモロー) お肉の後ろに何か隠れているだよ!

そうそっ!これは長芋ね。シャキシャキよ♪

・四川の花山椒入りピリ辛マーボー豆腐

注文時、辛めでお願いしました。ライスと塩味ベースの玉子スープ(三つ葉入り)付き。

マーボー豆腐は花山椒がざっくり効いていて、ニラと豆鼓入り。

見た目どおりです。 私には辛くない。

味は良いのでしょうが、品が良すぎて物足りないのです。

(ノブロー) おめ、銀座三越に入ってる名店の味に舌がおいつけねえだな。

(みに) ふん、失礼なーー(≧ヘ≦)!!

・本場四川の汁なし担担麺

こちらも辛めで注文。 ふんだんにナッツが散らされています。

肉そぼろはやや甘め、八角を効かせ、黒酢の香りが、ややきつかったのですが

一番の難点は麺がほぐれにくかったことでしょうか。

お茶。

葉っぱが入らないように、蓋を押さえながら飲んでくださいとのこと。

蓋を開けてみると、こんな感じです。

デザートは

  • 1. 2種類の「杏子の核」を使用した贅沢な杏仁豆腐
  • 2. カボチャプリン ココナッツソース緑豆あん添え
  • 3. 桂花陳酒の香り 白きくらげのコンポートとイチジクのグラニテ

から、選ぶことができました。

・カボチャプリン ココナッツソース緑豆あん添え

連れチョイス。 濃厚でクリーミー。

・桂花陳酒の香り 白きくらげのコンポートとイチジクのグラニテ

私チョイス。わーい

上品な甘さと爽やかさ。めちゃくちゃ美味いよ♪ 

寝太郎さんのより、こっちがいいわ!

・・・・・・。

ところで、私達と通路を挟んで先に座られていた年配のお客様ですが、ランチメニュー

の他、グランドメニューから単品を注文されているではないですか。 

リッチにフルボトルのワインをあけ、腕には高級時計。銀座三越の上客なのかしら。

いや、そうとも言えないかもしれない。

それにしても、あからさまな区別は気分が悪いものです。

さらに、私達のデザート時、トラブルがありまして、お店の方を呼んだところ、

はじめ「すみません」だけで、立ち去り、その対応も遅かった。 

どうしたんだろうと連れと顔を見合わせていると、ようやく店長(呼び止めた方が

店長さんでした)が名刺とお詫びの品(台湾のウーロン茶葉)を持ってこられ、

丁寧にお詫びの言葉も受けました。

また、帰り際には店長とシェフもお見送りに出てこられましたので、結果、対応は

できていると思いますが、もろもろのことが重なり私にとって心象はよくありません。

お料理は、総合的に考えても、品よくいただける美味しいもの

(星4つ以上は確実でしょう)だっただけに、とても残念です。

本店の代々木上原にお邪魔することはあっても、こちらにはもう足がむかない

ことと思います。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計8715円なり~。

残念ですが、満足度数は、見送りです(u_u。) 



中国菜老四川 飄香 銀座三越店

東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 12F

TEL      03-3561-7024

営業時間/ 11:00~23:00(LO21:30)

定休日/  銀座三越に準ずる

大きな地図で見る

2011年11月 8日 (火)

慶福楼 本店 横浜中華街

某休日、横浜中華街に向かいました。

日が暮れてがキラキラとライトアップされた横浜中華街は大好き。

異国のノスタルジックな雰囲気を感じることができるからでしょうか。

さて、夕飯は、福建路の中国料理「慶福楼 本店」 

市場通り店にはお邪魔したことがありますので、今回は本店へ向かいました。

隣は北京料理の「東林」になります。

利用は1階のテーブル席。

(フクタロー) ワンシャンハオ(晩上好)! よう迎えにきてくれただ。

オラ、「慶福楼」にちなんで、フクタローって言うだで。よろしくだ。

(みに) あっ・・・どもsweat01 これで11人(匹)目になるわね。

まずは、お酒ね。市場通り店同様、花彫りには赤ラベルと青ラベルがあります。

青ラベルをお願いしたところ、残念!

売り切れということで、紹興酒(花彫 赤ラベル)@2100×2

(ノブロー) よう来ただ!フク。今宵は新人歓迎会だで♪飲むだ。

さて、連れ(寝太郎さん)がぐるなびを見たところ、「慶福楼」の売れ筋と言うことで

「海鮮鉄板焼き」が紹介されていたそうです。

一応、いっとく?? この時期だとカキになります。

海鮮鉄板焼き(カキ)@1890(税込)

うーーん!やっぱりな・・・。 写真で観たとおりで、

カキに衣をつけ、スライスしたニンニクでこんがりと焼いたものです。

味付けはおそらくですが、軽くバター醤油。今度、家でもおつまみに作ってみよう。

こりゃ、家庭料理になっちゃうわ。このお値段だと割高に感じます。

この時期は上海蟹のシーズン。本日の本命です。

上海蟹(雌)@2000

つつましく、1匹。 小さいのぉ。でもいいの・・・。

しっかり内子(卵)があるね。よかった。

蟹の身をつける甘酸っぱいタレは、砂糖が少し多めかな。生姜も微量感じました。

美味しいのですが、せっかくの上海蟹の甘みがもったいない。

お好みですが、使わなくても十分です。

(ノブロー) ハサミ持ってきてくれたで、足チョッキンしてっごっちゃんになるだ。

(みに) まかせて!蟹の処理は得意中の得意よ。普段は、渡り蟹で鍛えてるからね。

いい!寝太郎さん、関節技をびしっと決めるのよ。無言で蟹を解体作業♪ 

美味しく完食

あっ!またあったわ。

酔仙麺:老酒(紹興貴酒)を練りこんだ中華街オリジナルの麺。と、やらが。

市場通り店で酔仙麺を使った「鉄板牛肉絲炒麺」をいただいたけど、特筆なかった。

個人的な見解だけど、観光客用になのか、こうした店独自のもの作りあげようと

大きくアピールしてくるけど、これはトラップなり。

私は、壁に貼ってあるこっちが、正解だと思うな。

鴨の舌辛味揚げ@1260

八角、山椒、塩、胡椒が効いてます。

ハサミ状の部分をつまんで、むにゅーっと引っ張るようにかぶりつくのです。

脂じゅるじゅる。見た目はドキッとするかもしれませんが、美味いですよ。

青い菜ものは、わけぎ。やっぱり鴨にはネギなのだね。

これは家庭では出来ない料理!食してみる価値ありです。

こうした、「当店すすめ」 は、ぎっしり壁に貼られています。

いつもとは違ったお料理にチャレンジしたい場合には、ここから選ぶのも良いかと

思いました。

とりそば@735

たっぷりの蒸し鶏、チンゲン菜、ネギ。

塩味ベースのスープに、鶏からの脂も加わります。

マイルドな美味しさ炸裂!うまーいW04

さらに!鴨の舌辛味揚げの、わけぎを投入しちゃったよ。

スパイスの香りと香ばしさがプラスして、1つのとりそばで、二度美味しいのだ。

お店の方は、お料理ごとに新しく取り皿を変えてくれたりと、接客に関しても

問題はありませんでした。

紹興酒2本で、夜もふけた。 

目先の変わった料理も楽しめたし、なかなか楽しい夜でした。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒(ほか、生ビール525円)で

合計10610円なり~。 

海鮮鉄板焼きは、除いて記録させていただきますが、

横浜中華街満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。 

(ノブロー) フクの、ええ歓迎会になっただ!シエシエ(謝謝)Ojigi



慶福楼 本店

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町221

TEL      045-681-5256

営業時間/11:00~22:00(L.O.21:55) 

定休日   木曜日

2011年11月 7日 (月)

南インド料理 シリ バラジ 中目黒

某日の友人(Mさん)との会食は、中目黒の南インド料理店「シリ バラジ

場所は、東急東横線中目黒駅より山手通りを大鳥神社方面に進行し左手側。

懐かしい記事ですが「BAR EXILES」と道を挟んで斜め前あたりに位置します。

ピンク色を基調とした店内。お店に到着したのは19時頃ですが、貸切状態。

私達の予約の札がポツンとテーブル席に置かれていました。

やはり、駅からの距離が長いのかな。

ここら辺までふら~っと来る方は、なかなかいらっしゃらないかもしれません。

なんでも、平日昼は比較的リーズナブルなお値段でランチがいただけるとのこと。

ですが、残念ながら平日昼の利用は無理。

Mさんとインド祭りと称した、ただの飲食会ですが、近場の「ポンディバワン」の有難みを

知るためにも、良い子は旅をせねば。安穏としていてはいかん。

GOBI 65 (ゴビシックスティーファイブ)@700

私はチキンシックスティーファイブ@1300を注文したつもりだったのですが、

メニューではチキンシックスティーファイブの上にゴビシックスティーファイブが

記されていましたので、どちらがとはいえませんが、間違えて注文。

はじめ、やったら小さいチキンだなあと思ったら

インド風揚げカリフラワーのマリネです( ̄○ ̄;)! 衣はぴりっとスパイシー。

これでは味がかぶってしまいますから、チキンシックスティーファイブは

見送りになりました。

MASARA DOSA (マサラドーサ)@1500

ポテトのスパイス炒めドーサ。

サンバル(南インドの豆と野菜のカレー)と日替わりチャトニー(ピクルス)がつきます。

かなり大きな鉄板をお持ちなのでしょう。びっくりするほどデカイ。

同店はこのドーサの種類が豊富。

焼き物もカレーも全体的にお値段はお高めですが、この大きさのドーサなら食べ応え

十分なので納得できます。

しかも、ウマイんだW04 特に皮だね。

外側はパリッと内側は程よくしっとり。口にもさもさとした、もたつき感が残らないのだ。

お見事です 

はじめは、アサヒ生ビール@500を飲んでいたのですが、激うまドーサにワインが

飲みたくなりました。でもね、日頃「ポンディ」で、ゆるーく生きてる私達にはびっくら

するぐらいボトルワインが高い。一番リーズナブルなもので3500円。

あと300円足したら、「ポンディ」で2本飲めるわ。

と言う事で、グラスワイン@600にしました。 すると嬉しいことにたっぷりだYahho01

CHICKEN PALAK (チキンパラク)@1400

チキンとほうれん草のカレー。 フライドオニオン、生姜、などが散らされ

がっちりガーリックが効いていてものすごく濃厚。

一口目は美味い!!と思ったのですが、後半になるとしょっぱくなってしまった。

PRATHA (パラタ)@700

厚焼きバターナン。こちらもバターがきつすぎて、ちょっとベタベタ。

結果、ドーサが一番私達には好評でした。

写真を撮るのを失念してしまいましたが、このあと、Mさんはマサラチャイ@500を注文。

目前で、高い位置から上手に注いでくれました。

どうして、そんなに高いところから注ぐの?とお聞きしたら泡立てるためなんですって。

ところで、店内のTVにはインドのドラマなのかな。ずっと放映されてます。

これが見ているだけでもなかなか面白い。歌あり、ダンスあり、アクションシーンありで、

それで登場する女性は、なかなかぽっちゃり系が多いのだ。 

私達もインドでは美人体型かも。などと、よもやま話に花が咲くのだ。

 

さて、接客に当たってくれた男性は、やはり南インドの方のよう。

お料理を運んできてくれたとにき、タミル語の「ありがとう」→「なんどりー」と

お礼を申し上げるとびっくりなさっていました。

お陰で注いでくれたワインの量がさらに増えたかもしれない・・・とこれは冗談ですが、

会計を済ませ「みっげなんどりー」と申し上げるとまたもびっくり。

「また来てください」とおっしゃってくださいました。

Hand01お会計は、2人で、
上記お料理とお酒(生ビール@500×4、グラスワイン赤・白 各@600×7)で
合計11000円
なり~。

うーん、やはり普段使いには高い。 が、いい勉強になりました。

ドーサの美味しさに着目して

インド料理満足度数満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。みっげなんどりー♪



南インド料理 シリ バラジ


〒153-0061 東京都目黒区中目黒2-7-14

TEL      03-5724-8995

営業時間/ 11:00〜15:00 17:00〜23:00

定休日    無休

大きな地図で見る

2011年11月 6日 (日)

本日はお休み

皆さま、楽しい休日をお過ごしでしょうか?

オラーズKurukuru も、この子たちのように個性豊かな子たちが増えてきております。

そろそろ、独立したお部屋が必要かな Unnunn

本日はブログのお休みをいただいて、ハウスを探しにいってまいります。

 

2011年11月 5日 (土)

薬局パンダ

商店街、某薬局でみかけたキュートなこいつ。

この上目使いがムチャクチャ可愛い。手先もピンとそってアイドルチック。

我が家のノブローさんも、こいつには、かなうまいJitabata

薬局の看板パンダは、なんとも言えずコケテッシュなのだ。 LOVEheart

2011年11月 4日 (金)

金春新館 蒲田№5

蒲田「金春新館」(コンパルシンカン)。

(ノブロー) ニイハオ!

また、オラ、店のおばちゃん、いや、姉さん達に会いにきただ。

前回は9月だで。そう日はたってねえで安心だ。

(ノブロー) スンマオパワーで、恩返しだで。今回は、オラが紹介するだ。

金春さんでは、3名様から、オーダー式の食べ、飲み放題(120分)やってるだ。

厨房見てると、すんげえボリュームで出されているだ。

基本、食べ残し、飲み残しはNGだけんど、我こそはと思ったら挑んでみるだよ。

(ノブロー) ちなみに、料理と飲み物の内容はこんなだで♪

(みに) ノブローさん、いつもの「五目やきそば」がきたわよ!

・・・ ・・・・げっ!!( Д) ゚ ゚

この日、ノブローさんは、はしゃいで、つまずいて、

羽根つき餃子のたれ(ラー油&醤油&酢)の中にドボン。

急いで、WCに駆け込みシャボンで水洗い。応急処置。一命を取り止めました。

人形は顔が命、ぬいさんも同様でござる。゜゜(´□`。)°゜。。肝が冷えました。

(ノブロー) 不好意思,让你担心了(心配かけてごめんなさい)Ojigi



金春新館(コンパルシンカン)

東京都大田区西蒲田7-63-2

TEL      03-3733-8798 

営業時間/ 11:00~14:00 17:00~23:00

定休日      無休 

2011年11月 3日 (木)

とんかつ燕楽 千鳥町

東急池上線、千鳥駅のとんかつ店「燕楽」(えんらく)

場所は千鳥町駅を降りると、駅前に中華屋さんの「錦」があります。

同店を目印に線路沿いに、池上駅方面に進行し踏切を左折。(渡りません)

魔神さんから、教えていただいた池上の「とんかつ 燕楽」の姉妹店ということで

お邪魔しましたが、あたりは完全に住宅街。並びには会社もポツリとあって。

この立地で大丈夫かと思うぐらいです。

南印度ダイニング ポンディバワン」同様、徒歩圏内ですので、休日、二度寝のあと

いきなり起床。

「カ・・・カツカレーが食べたい!!」

池上の燕楽で、地元のご常連さんに、ご主人が「カレーの仕込がまだできていない」と

お話になっていたいたのを小耳にはさみ、それから頭はカツカレーモード一色。

お年を召された方でも、難なくいただけるくどさのない「とんかつ」と言うことでも

素晴らしいのに、その方々はカツカレーが注文の定番の様子。パワフルだ。

きっと美味いに違いない。

取るものも取り敢えず、向かい、店の前で時計を見ると11時。

暖簾がでていたので入ると、お爺さんが厨房に立ったばかりのよう。

それでも、どうぞ、ということなので遠慮なく、カウンター席の端に着席させて

いただきました。 休日の、お一人ランチ一番のりです

席はこの他に、掘りごたつ式の小あがり席が2卓とテーブル席。

どちらも6名ほどが座れるもので、相席スタイル。

池上同様、「燕楽のこだわり食材」が記されています。

※詳しくは「ドダン・ブーファンのポトフ」をご覧ください。

まだ、早いから無理かなと思いつつ「カツカレーできますか?」と、お爺さんに

お聞きすると「できますよ」とのこと。 ばんざいっ!

間もなくお婆さんが2階から降りてこられ、次は若夫婦。

お爺さんをサポートするように、ご主人は厨房に入られ、奥様は接客を担当。

ご家族経営なのだろうか。不明。 

ご主人は、他のお客様のカツランチの注文が入ると、キャベツを切られはじめました。

カツカレー@1200

カツカレーの見た目は家庭的。福神漬け付き。

自家製ポテトサラダ、小鉢(冷奴)、豚汁がセット。

カレーは冷蔵庫の中から取り出し、温め直されてました。

とんかつの揚げ油はラード。お爺さんが、袋からパン粉を取り出し肉に衣をつけ、

じっくりと揚げてくれます。

豚汁は大根、ゴボウ、ニンジン、豚肉。ざくざくと具沢山。味噌はやや甘め。

自家製ポテトサラダ。じゃがいも、にんじん、たまねぎ、グリンピース。 

この日のポテトはやや固かった。味付けも微妙に池上とは違う。

カレーは粘度が高く、タマネギとゴロリンとした肉が入り、甘め。 

カツカレー用のお肉のためか、衣は厚く感じてしまいますが、カレーがかかって

いない部分を一口いただくと、さくっと心地よい音がしました。

しかし、これはヘビー級のボリューム。 重たい。

ただでさえ、粘度が高いカレーなのだ。ここに肉も入っていては、ひとたまりもなく

次第にスプーンを口に運ぶ回数がスローになり、やがて止まってしまいました。

ボリュームありまくり、もう、だめ、ギブアップ!!私、苦しいです。

私には、無謀なチャレンジに終わった今回のカツカレー。

自身の体調も考えなくてはいけなかった。

お会計時、お店の方に残したことを謝りました(u_u。)

すると、ご主人から「また、お願いします」と気持ちの良い挨拶がかえってきました。

 

池上では、激ウマな自家製のぬか漬けがついていたのですが、この日はなかった。

まわりは土曜出勤のサラリーマンと地元の常連のご夫婦。いずれもカツランチと

カツカレーで「ロース定食」を召し上がっている方はいませんでしたので

自家製のぬか漬けは、「ロース定食」クラスにならないと出されないものなのだろうか、

はたまた、出し忘れか、漬物が漬かっていなかったのか、謎の残るところです。

あの、ぬか漬けがあるとないとでは大きく違う!

この謎を解明するためにも、また休日の朝、いきなり、とんかつモードに入ったときに

確認してこようと思います。

今回の利用、敢え無く撃沈はしましたが、ボリュームと近距離に着目し、

ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。



とんかつ燕楽

〒146-0083 東京都大田区千鳥1-15-14

TEL      03-3755-5641

営業時間/ 11:00〜15:00 17:00〜22:00

定休日     毎週月曜日(祝日は営業、翌日を定休日)

大きな地図で見る

2011年11月 2日 (水)

ブラッスリー・ポール・ボキューズ 大丸東京

某日の友人とのランチは「ブラッスリー・ポール・ボキューズ 大丸東京」の

フリードリンクプラン。

今回も「Peter/ザ・ペニンシュラ」同様、一休のレストランで Web予約。

内容は、スパークリング+赤・白ワインはフリーで!アミューズ+前菜+メイン
+デザート!1名様 5,000円(消費税・サービス料込)。

お席は土日祝ランチ席(禁煙)になります。窓際のお席でした。

お品書きは、席に用意されていました。

・アミューズ 

鶏の胸肉を使ったリエット。カレー風味。 オリーブオイルも一緒にセットされましたが、

パンにつけて召し上がってくださいとのこと。

・前菜

甲殻類の軽いムースとヴィシソワーズスープ 鶉の卵と銀杏のブロシェットと共に

たらば蟹を使っているそうです。ジャガイモと洋ネギを裏ごしをしてスープでのばす!

というところまでは覚えたのですが、あまりに、ご説明が丁寧なので、途中で忘れて

しまいました。 口当たりなめらかなムースは、たらば蟹の旨みを含み、柔らかな

甘みが余韻として残る。女子受けの良い一皿です。

・メインデッシュ

お魚とお肉から選べましたので、私はお魚をチョイス。

カジキマグロのプランチャー焼き フォアグラのフラン添え 爽やかなオレンジの

ソース・ヴァンブラン

フォアグラのフランは濃厚ですが、全体的に単調な味わい。無難にまとまっています。

・デザート

“ムッシュ ポール ボキューズ”のクレーム・ブリュレ

表面はパリッパリ。

スプーンを入れると、中にはバニラビーンズがたっぷりのとろりとしたクリーム。

食感の違いも楽しい。お店の看板となっているデザートですね。 

万人に愛され形のデザートかも。 

写真を撮り忘れていますが、コーヒーもセットされていました。

ちなみに友人はメインをお肉でチョイス。

柔らかい胸肉 フォアグラのフラン添え ほうれん草のムースリーヌソース。

やはり、味は単調だったかな。

 

大丸東京店に入っているレストランということで、特別感は持てませんでしたが

気心が知れた友人と、気負わず利用するぶんにはいいのかな。

一休プランでの利用、正確なフリードリンク満足度数は記せませんが、

気持ち的には、★★★ 日常的なら満足ということで。



ブラッスリー・ポール・ボキューズ 大丸東京

東京都千代田区丸の内1-9-1 グラントウキョウノースタワー 

                          大丸東京店12F

TEL        03-5218-2211

営業時間/ 11:00~23:00(21:30 L.O.)

定休日   不定休

2011年11月 1日 (火)

中華香彩 ジャスミン(JASMINE) 広尾

明治通り沿いの「中華香彩 ジャスミン」。 場所は恵比寿と広尾の中間あたり。

表にはランチメニューが紹介されており、全品に自家製野菜ジュースと

小鉢・デザートが付きます。

開放的な店内。スタイリッシュな内装。

夜に一度訪問しただけですが、この雰囲気には確実に覚えがある。

接客にあたってくれたお姉さんにお聞きしてもわからなかったようですが、

同店は2010年12月末日に閉店した広尾の「カーディナス・シノワ」さんのあとに出来た

お店になります。

特製胡麻みそ担担麺@1000

自家製野菜ジュースは、ニンジンを主体としたミックスジュース。

えぐみもなく、とても飲みやすい。

小鉢は、レンコンの中に詰め物が入っている一品。こちらは普通。

デザートは、口当たりの良いまろやかな杏仁豆腐。

もやし、肉そぼろ、ネギ。

芝麻醤(チーマージャン)が優勢した優しい味の担担麺。

特色があるようで、いまひとつ弱いのですが、

この味は万人受けするのではないかな。

卓上には、短冊状に切られた大根の漬物あり。八角の香りが効いてます。

ポリポリと箸休めのつもりが、けっこういただいちゃいますね。

フライドガーリックを粗く砕いた、いわゆる食べるラー油。

カリカリとした食感と香ばしさは、担担麺の力強い助っ人になりました。

町のお洒落な中華料理店「中華香彩 ジャスミン」

次回は別メニューを試してみよう。

本日の利用、ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。



中華香彩 ジャスミン (JASMINE)

〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-22-3 広尾西川ビル 1F

TEL     03-5421-8525

営業時間/ 11:30~15:00(L.O.14:00) 18:00~23:00(L.O.22:00)

定休日   無休

http://www.jasmine-hiroo.com/

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »