2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №11 | トップページ | 南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №13 »

2011年11月15日 (火)

南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №12

わなっかむ♪

アントニーさんは奥様を送ってインドに帰省中。お店はポールさんとマニさんで大忙し。

日本語がまだ流暢ではないポールさんが、がんばってホールに出てお客さんの

注文をうけています。

お店からのサービス。 プリィエル(キャベツ、ヒヨコ豆、ココナッツなど)

いいよ、いいよ(*^-^) お料理急がなくても。私達ワイン飲んでるから。

本日、注文したのは

ミックス バジ@500

オニオン、ナス、ピーマンなど。

豆粉を衣にしてあるので、見た目はからりと揚がったフリッターのよう。

これはナス。スパイスが効いた玉子たっぷりの衣。

外側は、さくっと軽い食感。

トマトベースのスイートチリかな。ほんのり甘い。

好みですが、何もつけなくても衣の味がしっかりしているので十分なのだ。

そして

マサラドーサ@1200

サンバルとチャトニがセットされています。

比較は申し訳ないのですが、「シリ バラジ」と比べるとやはり皮が弱い。

「シリ バラジ」のドーサをいただいた後となっては、外側のかりっと感より、

幾分か内側のもっちりとした食感が印象に残ってしまう。

不得意というわけではないのでしょうが、ライスの種類などは豊富なのですが、

ドーサの種類は、エッグドーサとマサラドーサの2種類しかなかったと思います。

中にはプリィエル(南インドの野菜炒め)。ポテトのスパイス炒めが入ってます。

でも、これはこれで、全然美味しいのですがね(*^-^)

 

さて、お隣のお客様が召し上がっていたミールスを拝見したところ、ランチとは

風体が違う。ものすごく美味しそう。・・・やっぱりインド料理は夜かあ。

これは一度試さないと!と思っていると

人懐っこいのか?ただの酔っ払いなのか寝太郎さんは、ちょっと目をはなした隙に

他のテーブルのお客様と歓談。 

「失礼だよ、他のお客様のお食事を邪魔しちゃダメだよ」と間に入ると、

そのお客様はお店のメニューを作った方だったのです。

なんでも、アントニーさんはしばらく戻って来られないと言うので、

ご夫妻はポールさん達のSOSを受け、留守中様子を見に来店されているとのこと。

私達がドーサをいただいていたので、教えてくれたのかと思いますが、同店には

大きい鉄板はないらしいのです。 うむ、納得。

ご夫妻は、古くからお店に関わってらっしゃいますが、他のお客様に対して

排他的なところは少しもありませんし、とっても親切で感じの良い方々でしたcat

最後にチャイをいただき、今宵も満足 満足W04

インド料理満足度数は、★★★★★ 特別です。 みっげなんどりー♪



南印度ダイニング ポンディバワン
 

〒146-0093 東京都大田区矢口1-7-9

TEL       03-6715-2888

営業時間/ 11:00~15:00 (L.O.15:00) 17:30~23:00 (L.O.22:30) 

定休日     第1・第3 月曜日 (祝祭日の場合は翌日)

« 南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №11 | トップページ | 南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №13 »

07.エスニック・インド料理・カレー」カテゴリの記事

a-06.品川区・大田区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

美味いドーサは、ドーサ生地自体が何もつけなくとも美味く、表面はパリッと、内側はしっとり焼きあがったものです。
インドでは、専門店で、専用の料理人が焼きます。
ですので、ドーサを焼くのが得意な料理人がいる、シリバラジと比べると、かわいそうですよ。
しかもシリバラジは、ドーサを焼くために、鉄板焼きの設備があります。

日本では、南インド料理店と言うくくりで、ドーサを焼き、ワダを揚げ、ミールスを作り、ビリヤニ、カレーと何でもアリ状態ですね。
おまけに、インド人はナンはめったに食べないのに、インド料理屋に行ったら、必ずナンを注文する日本人のため、わざわざタンドール窯まで作って、ナンも焼きます。

これって日本の料理に例えると、1つのレストランで寿司、すき焼き、天ぷら、とんかつ、お好み焼きのメニューがあるようなもんです。
まあ、日本では、南インド料理屋が少ないんで、現段階では、どうしようもないですけどね。
1品でも、気に入ったメニューがあればOKって事で、良いと思います。

魔神さん^^
おはようございまーす!
コメントありがとうございます。

もちろん、設備の整っていない中、これだけのドーサが
できるのだから、なんら不足はないのですよ。
すごいことだと思います(*^-^)

ポンディさんには、他にもいくつも秀でているお料理がありますので
やはり、率直なところを記しておいたほうが、ご利用になる方々に
有益になると思い記しました。
夜のアラカルト、予約のミールスしかり、
知っていて、いただくのと、まったく知らないのとでは、同店に対する
心象が変わってきてしまいますし。

>1つのレストランで寿司、すき焼き、天ぷら、とんかつ、お好み焼きのメニュー
これもまた楽しいレストランですが、個人的にはお好み焼きは
あまりいただかないので、焼鳥か鰻、またはラーメンがいいなあ( ̄▽ ̄)
あっ、冗談です。

いつかは予約のミールスに挑戦してみたいと思っているのですが
男の方(体育会系?)2人が召し上がっていて、お腹いっぱいだー。
とおっしゃってたので、体調を整えて挑戦しないと無理かな(Θ_Θ;)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

みにさん、魔神さん、ナマステ~、ワナッカム~
また出た、黄ぐまです。

今、再戦を終えて帰りました...
フフフ、今日は光栄です、にみさんと同じくジャガイモ入りの、
「マサラドーサ」いっちゃっいましたからー!

>美味いドーサは、ドーサ生地自体が何もつけなくとも美味く、
>表面はパリッと、内側はしっとり焼きあがったものです。

ムムっ、そうなんですか。我がご近所の店のプレーンドーサは
パリパリでありました。(先週。)
「マサラドーサ」はポテトが入ったところはさすがに柔らかいけど、
あとの生地はバリンバリン。スナックぽかったですね。
でもおいしく頂きました。

感動的だったのは...
店員さんが「チキン・チェティナドゥ」でできます!って
言ってくれました~。覚えていてくれたんです!そうとう変わった
客だと思われたんでしょうか。

そして、この「チキン・チェティナドゥ」が、ウマウマ~でした~
そう、こういうカレーが食べたかったんです。
今まで食べたインド料理のカレーでは一番おいしかったですよ!
魔神さんには感謝です。知らなかったらこのような出会い、
永遠になかったですから。今日は嬉しい惨敗です。

ラッサム、今日もおいしい。今日もセットにしちゃったんですけど、
サンバルもついて量は多いのです。ドーサにたっぷり付けても、
カレー、サンバル、3種類のチャトニーが余るので、ナンを追加
しました。ライスがよかったんですが、チャトニーも余っていたのでね。

「ポンディバワン」さんはさすがは、みにさん行きつけだけあって
色々な南インド料理のメニューがありますね。
近所の店は、ドーサだけなのかな。バジとかワダとかミールスは
なかったね。ちょっと試してみたいです。
今日はこの前より混んでいたので、スタッフさんを引き留めて話し
相手になってもらうの、遠慮しちゃいました。でもジェナイはチャンナイ
のことでしょう、きっと。「マドラス?」って聞けばバッチリですね。

今日は抵抗むなしく、足が勝手に店に歩いていってしまったんですよ。
あ~あ、癖になりそうです。超ヤバっ...です。

黄ぐまさん^^
お帰りなさーい!(*゚▽゚)ノ
再戦思ったより早くいかれましたね。

「チキン・チェティナドゥ」召し上がられたんですね♪
うーーん。黄ぐまさんが感動するほど美味しいお店とは・・・
気になるぞっ。
今日も楽しまれたようでよかったわ。
今度はいつ足がむくかな( ´艸`) 
ハマったから、きっと近いわね~。抵抗は無理よーー。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

みにさん、黄ぐまさん、ワナッカム!

チキン・チェティナドゥは、自分も好きなカレーの1つです。
南インド料理のカレーの特徴は、カレーリーフが入る事、タマリンドなんかで酸味がある事です(例外多数あり)。
ラッサムの酸味も、タマリンドで出すのが、ポピュラーです。

チェティナドゥは、タミル・ナードゥ州のちっぽけな片田舎のなのですが、南インド料理では珍しく、スターアニス=中華料理の八角を使います。

チキン・チェティナドゥでは、唐辛子の他に、胡椒で辛味を付けることが多く、スターアニス、カレーリーフ、タマリンドが入ります(ただしシェフ次第w)。
それで独特のスパイシーさ、美味さがあります。
もし、個々の香りが分からなければ、店の人に、スパイスを嗅がせて下さいと言えば、忙しくなければ応じてくれます。

シェフがチェンナイ出身だと仮定して、タミル料理に、コランプと言うカレーがあります。
・カーラ・コランプ
・フィッシュ・コランプ
・チキン・コランプ

予め、予約すれば作ってくれるかも知れません。
みにさんも、アントニさんはポンディシェリ出身で、ポンディシェリは、タミル・ナードゥ州の中にあります。
同様に、コランプを作れるかも知れませんので、確認すると良いです。

コランプについては、拙著を確認下さい。
http://majin.myhome.cx/pot-au-feu/dataroom/cooking_method/india/kuzhambu/kuzhambu.html

みにさん こんにちは。

ううっ、私もカレー好きなので、みにさん魔神さん黄ぐまさん達の輪にまぜて頂いて
カレー談議したいのですがレベルが高すぎてついていけませーん(。>0<。)

皆さん凄いです。

魔神さん^^
わなっかむ♪
拝見しました! すごい魔神さん。
よく調べてここまでまとめていますね。
私の知らぬ南インドの世界がたくさんだ。
このあたりは、私が知らないだけかと思いますが
一般にあまり見かけないものでしょうか?
フィッシュ・コランプ、いいですね(゚▽゚*)
さらに下のほうに記載されているゴージュheart
お写真だけでも自分の好みのものではないかと推測。
酒に合いそうだなあ( ̄▽ ̄) 
リクエストしてみたいわ。

コランプ、チャンスがあったら聞いてみますね。
いつもありがとうございます。
また定期的に南インド料理講座を開いてください。

※「丸一」、拝見しました。残念です(ノ_-。)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ピンガさん^^
わなっかむ♪わなっかむ♪
ピンガさん(*^-^)
マサラを教えてくれたのはピンガさんだよーー。

それに、台東区には「アーンドラ・キッチン」や「ヴェジハーブサーガ」が
あるではないですかっ(≧∇≦) 訪問してみたいとメモしてあるんだ。
http://andhra-kitchen.com/
http://www.vegeherbsaga.com
なので今度、浅草・上野方面におでかけしたときピンガさんに
「ヴェジハーブサーガ」をお誘いしようかと思っていた。
HPを見たところお料理のお値段も注文しやすいし。
あと気になるのはドリンクの値段だーー。
ピンガさん!機会があったら偵察おねげえしますだ!!ヽ(*≧ε≦*)φ
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

あっ、ビンガさん、こんにちは。
黄ぐまも先週まではカレー難民でしたよ。ビンガさんの方が
全然レベル高そうで、色々知っておられる!

コランプ、これでまた対戦できそうです。また、教えてもらった
って、カンのいい敵はわかっちゃいますが、応戦してくれるかも
しれませんね。また聞いてみよ~っと。
(フィッシュのカレーもよさそうですね~。)

実のところサンバルはこの店の場合、う~ん、主張してない様な。
みにさんが大好き、おいしいサンバルとはなんか違うかも。
野菜はどっさり入っていますが(健康的です)、味がそんなにしま
せん。でもそれもご愛嬌ですね。
全部がおいしかったら、たまらないよ。毎日行っちゃいますから。

印度料理のカレーはちょっとだけ贅沢と思ってましたが、今まで
の(北)インド料理のカレーも、お手頃に進化を遂げてるみたい
なので、果敢に冒険してみます!

この記事へのコメントは終了しました。

« 南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №11 | トップページ | 南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №13 »