2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 浅草演芸ホールへ | トップページ | 千束通り商店街~ »

2011年10月21日 (金)

蕎亭 大黒屋 (きょうていだいこくや) 浅草

予約のお店は「蕎亭 大黒屋」 (きょうていだいこくや)。

前回、浅草に訪問した折、ヨンクマがつぶやいていた裏浅草の蕎麦の名店です。

場所は、千束通り商店街、ドラッグストア(マツモトキヨシ)の角を曲がります。

すぐ目についたのは、「喜美松」。 その先に「蕎亭 大黒屋」が見えてまいります。

ちょいと風情のある外観。お店の中も、ちょうどいい塩梅にシブさがある。

予約の時間は19時30分。 席はテーブル席と小あがり席で、私達は小あがり席を利用。

先客は2組(4名様と2名様)。

まずは、エビスビール中ビン@580

お店は、お年を召されていますが、小柄で可愛らしい女将さんとご主人様の

お二人で切り盛りなさっています。

お品書きは扇子に書かれています。味があるぅWink01

扇子の両面に記されていました。

あれ?これだけ? もうちょっと何かないの? 店内の壁に額に入っている

お蕎麦のお品書きが飾られているよ。 あっちは昼のものなのかしら・・・。

接客担当の女将さんのお話によると、あれは以前使われていたようで

今は見るだけだとか。 たいへん失礼しました。

地酒は各自、店内奥の冷蔵庫まで向かい、好みのものを選びお願いするシステム。

一升瓶には正一合の値段がかけられています。

八海山 (正一合)@500×2

お店によっては一合といっても、徳利が上げ底で量が少ないと感じてしまうのですが、

同店の場合は、正しく一合、180ml分あると納得しえるものでした。

この他に選んだのは白瀑 (正一合)@500×2。

リーズナブルなお値段のものが取り揃えられているので、酒飲みとしては嬉しい限り。

天ぷらちらし@1400

海老2尾、かぼちゃ、茄子、大葉、茗荷、舞茸、しし唐。

あれれ?大根おろしとか薬味はないのかしら。塩も見当たらない。

つゆしか置かれていかなかったけど。

女将さんが来たら聞いてみようと思ったのですが、なんせ、お一人で注文を聞き、

お料理を出して、お帰りになったお客様のお皿も厨房に下げられず、ひとつの

テーブル席にまとめられている状態なのでお声をかけづらい。

まあ、いいか。食べてみよう。 ネタは小ぶりですが、軽い衣でさくっと揚げられた

天ぷらはとても上品。つゆも出汁がしっかり効いていて美味い。

ネタでは、舞茸が香りが高くて好評!(私の中では・・・)( ̄▽ ̄)

おせいろ大もり@1800

特に何もお願いしてはいないのですが、薬味とそば猪口を2つ持って来てくださいました。

薬味は辛味大根とネギ。

風味のあるそばの美味しさもさることながら、つゆが激美味い 

カツオ出汁が効いていて旨みが濃厚。 

どちらかというと辛口なのですが、とがったところがなく香りも上々。

(スズロー) どんれ、オラもごっちゃんになるだよ。

(みに) 辛味大根が、このつゆにあうのよねー。

玉子やき(1人前)@650×2

玉子やきは2人前から受け付けてもらえます。

辛味大根付。キュートな小鳥の醤油刺しは頭を押さえてあげるのだ。

玉子やきは、甘さ控えめでしっとり。 焼きたてのほんわりとした食感もいい。

そば湯。わりにあっさり系。

今回、寝太郎さんがお店の予約をしてくれていたのですが、その際、

「鍋はどうなさいますか」と聞かれたそうです。 

寝太郎さんは、私がそば屋さんでうどんは食べないだろうと予約はしていません。

しかし、私は入店してすぐに、先客の4名様と2名様の卓上に「なべ」が出ていたのを

発見して、ずーっとこだわっていました。

だって、ものすごくいい香りなんです。クラクラするほどにW03

同店の激ウマ出汁に鴨ですよ。これは注文しないと!

でも、もう遅いか・・・下調べをしておけばよかった。失態だわ。

お店も21時過ぎになると、女将さんとお話をする時間がありましたので

鴨すきうどんなべについて、予約でないと注文できないのかお聞きしました。

「余裕があればなんですが、当日でもお店に来られる前に電話をくだされば

お受けできます。」とのこと。 もちろんこの日はもう無理。

この鴨すきうどんなべ@3600は、一人前から注文可。

私がくいさがっていたからでしょうか、

「鴨すきうどんなべをいただいてからそばで〆る方も多いので、次回はどうぞ、

なべも召し上がってください。」 と女将さんのお言葉。

そうだ!そうだ!隣の4名様も、常連とおぼしき2名様も「なべ」食べて「そば」で

〆ていたぞー(o`Θ´)ノ これぞ、裏浅草「蕎亭 大黒屋」の味わい方に違いない!!

 

宿題が残ってしまったわ。。

あっ、正月、自分のお誕生日にこようかな。 ピンガさん、お誘いしよう♪

年末年始の営業をお聞きすると、年末は持ち帰り用のおそばを販売するのみで

年始は5日からとのこと。

残念。やっぱり、正月三が日生まれは損だわ(u_u。) 

私達は酒があれば、お料理が遅くともあまり気にならないのですが、

クチコミサイトを見るとやはり時間がかかるので、いらっとされる方もいるようです。

ご主人様もお忙しいときなど、女将さんを怒鳴られる場面があるとのことですが

私達が利用したときはそうした場面はありません。

むしろ、帰り際ご主人様も厨房からでていらして、ご夫妻で

「本日はお料理が遅くなってすみません。またいらしてください。」

と笑顔で丁寧なご挨拶をいただき好印象です。

「こちらこそ遅くまで、ご厄介おかけいたしました。ご馳走さまでした。」

 

宿までの帰り道に、「鴨すきうどんなべー!」といつまでも私がしつこかったせい

でしょうか、私こそ寝太郎さんに叱られたことは言うまでもありません。反省。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計7080円なり〜。

おそば屋さんで一杯飲むとなると、日本酒のお代が高くつくのですが、同店は

とても良心的なお値段で正一合を提供してくださる。

個人的にですが、この点を考慮すると☆加算になります。

現時点での

日本蕎麦満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。 要再訪(*^・^)ノ



蕎亭 大黒屋 (きょうていだいこくや)


〒111-0032  東京都台東区浅草4-39-2

TEL        03-3874-2986

営業時間/    月                 17:00~22:00 
         火~土12:00~14:00 17:00~22:00

定休日     日曜

« 浅草演芸ホールへ | トップページ | 千束通り商店街~ »

03.蕎麦・うどん・寿司」カテゴリの記事

a-07.台東区・墨田区・江東区・荒川区」カテゴリの記事

e-3.お出かけ・浅草、その他」カテゴリの記事

コメント

この店のそばは美味いですよね。
天ぷらも、天ぷら専門店に、ヒケを取らないと思います。

玉子やきは、昼だと受けてもらえませんでした。
食べられて、うらやましいですね。

夜の名物が、「鴨すきうどんなべ」と言うのは、知りませんでした。
良い香り・・・香りは嘘をつきません。きっと美味いでしょう。

自分は昼に行って、そばがき、天ぷらちらし、せいろうを注文して、出て来るまでに1時間半かかっていました。
自分が食べてた時には、ご主人が奥様を怒鳴っていて、気分が良くなかったですね。
夜のように、時間に余裕があると、ご主人の機嫌が良いんですかね?

魔神さん^^
こんばんは~。
コメントありがとうございます。

私、入店したときから「鴨すきうどんなべ」の香りにノックアウトされてしまってlovely
人様の注文しているお料理なのであまりジロジロみれなかったのですが、
盛り付けも綺麗だし、カセットコンロむき出しでなく木枠に入っているの。
あれは絶対いただくべきですよ!

天ぷらちらしも玉子やきも良かったですが、もう「なべ」が食べたくて食べたくて(;;;´Д`)
そばがきも、そばやきみそも頭からすっ飛んでしまいました。

ご主人様、厨房でテンパってはいる様子でしたが、客席に聞こえるような
怒鳴り声はなかったですよ。
あんなに可愛らしくて、よく働く女将さんを怒鳴っては可哀想だわ。

昼で1時間半はキツイですね。でも私達も19時40分ころ注文した
玉子やきが出てきたのは21時30分頃かな(o^-^o)
お酒だけは、そんなに遅れず持ってきていただけたから、
両隣の「鴨すきうどんなべ」の香りで酒を飲めたわ(*≧m≦*)

予約をまかせているくせに、あまりに「なべ」「なべ」私が言うものだから、
寝太郎さん不機嫌になっちゃって下調べをしない私が悪い!と叱られたわ(´・ω・`)
悪いことしちゃった。 でも、それほど、魅惑的な香りなのです。

人気店ですね。
予約なしで来られた男性3名様は、やむなくお断りになられていたみたい。
また、行きたいです。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

上品な良い感じのお店ですね。
扇子に書かれた、お品書きが、洒落ています。
夜は、ともかく、昼に、待たされるとなると、ちょっと、考えちゃうところですね。

みにさん こんにちは~

玉子焼きが美味しいそうですね~、私も行ってみたいです。

大もり@1800ってお高いですね?
二枚分くらいの量があるなら一枚900円と考えれば妥当ですが・・

鴨すきは私も食べに行きます、絶対!

またも浅草情報をみにさんに教わり有難うございましたー。

ヒーリングタイムさん^^
下町らしい趣のあるお店でした。
魔神さんのお話からしてみても、仕事日のランチなどには向かないし、
あとに予定のない夜がベストですね。

個人的に浅草も東京都の中で、好きな町です。
全然ストレスを感じないし、ここなら住める!住みたいな♪と思うものの、
やはり親も高齢になってきたので近くを離れることはできないわ。残念。
今は交通も便利になってきたので、頑張って浅草まで通います^^
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ピンガさん^^
こんにちは~。
コメントありがとうございます。
ピンガさんは、まだこちらにはいらしたことがなかったですか?
裏浅草も楽しいところですね。

「喜美松」「蕎亭 大黒屋」♪こんなに近距離に素敵なお店がlovely
私にとってお宝ザックザクという感じです。

ぜひぜひ、予約して、ご主人さまといらしてみてください。
お年を召されたご夫婦で回されているので、お料理が遅いのは
まあ、仕方ないかな。 
 (※でも!・・・のんべえには「塩」( ´艸`) 
  ピンガさんのご主人さまのお話楽しかったなあ。)
話がそれましたが、「鴨すきうどんなべ」で最後に「おせいろ」ですよー。
常連のおばちゃん!いや、粋なマダムもそうされていました。
召し上がったら感想教えてくださいねー。

そして、ピンガさんやご主人さまのお好みに合いましたら
小あがり席は何気にぬいさんが置けそうなので
ぬいさんオフ会しましょうよo(*^▽^*)o
ゆるりと「なべ」つついてビール飲みたいです♪
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

みにさん こんばんわ(かな?17時15分現在、外はもう暗いです)

私達も(主人には塩があればなおさら)飲み物さえあれば遅いのは全然気になりません。

>裏浅草
地元では「観の裏」と呼ばれています。(観音様の裏あたりの地域だから)

このエリアで私のお勧めは讃岐うどんの「こんぴらや」さんです。
美味しいですよー(実は店主が中学の先輩なのです)

ピンガでしたpenguin

ピンガさん^^
「観の裏」素敵な呼び方ですね~heart04
地元の方の呼び方を聞くとまたドキドキします。
さっそくメモだ!

「こんぴらや」さん、ノーマークでした。
これは、お邪魔しないと(≧∇≦)
先輩さんにもお会いしたいです(陰からこそっと♪)

浅草って、好きです。
人情が合って気負わず接することができる
おおらかな魅力が人にもお店にもいっぱい♪
貴重な情報、ありがとうございます。
また、行く気まんまんなので寄らせていただきますね(*^-^)

ご主人さまにも、どうかよろしく(o^-^o)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

なかなか雰囲気の良いお店ですね・・・扇子のお品書きにグッときます。

昔、東京にいた頃、新宿のおそば屋さんでアルバイトしていたので、そば屋で一杯やる事に郷愁を感じます・・・・

玉子焼きで一杯bottle 鴨すきうどん鍋で一杯bottleとお酒が進みそうです・・・・・

あっsign01 最近は寒くなったので夕食は家で一人鍋が多いですが、〆に和そばを入れていますよ~happy01

白熊二代目さん^^
風情のある良いお店でしたheart 
そろそろ、お鍋が楽しい時期になりますね。
我が家でも先週、鍋がはじまりました。
〆にそばですかhappy01 さっそく家でも真似してみます!!
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 浅草演芸ホールへ | トップページ | 千束通り商店街~ »