2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

日の木 麻布十番

お一人ランチは麻布十番の洋食「日の木

お店は新一の橋交差点(角には永坂更科本店)から都道319号線を

鳥居坂下方面にむかった左手に面しており、「ハーデンタイテン」と同じユニマットビル

に入っています。

まだ新しいウッディな店内は、こてこての洋食屋と言うよりお洒落なカフェ風。

1階はテーブル席とカウンター席。 いつものようにカウンター席を利用。

ランチメニューによると

「1頭買いの洋食屋さん
創業77年の和牛・仔牛問屋である小島商店の直営店。
山形牛・尾花沢牛・雪降り和牛尾花沢牛などの雌牛のみを1頭買いで仕入れています。」

とのこと。 B・C・Dにはライス、スープ、コーヒー又は紅茶(アイス・ホット)付き。

B.霜降り和牛100% 麻布十番ハンバーグ@1280

フォーク、ナイフ、スプーンの他にお箸も用意されています。

自家製スープは牛テールと野菜のスープ。

刻んだキャベツ、にんじん、セロリ、玉ねぎなど。トマトこそ入っていませんが、

ミネストローネのように具沢山で濃厚。 小鉢には菜ものの漬物。

ハンバーグの付け合せは、さつまいも、エリンギ、パプリカ、かぼちゃ、ズッキーニ、

にんじん、キャベツなど。 彩り豊かな野菜たちは、なかなか美味い。

お店の方の説明によると、自家製デミグラスだそうですが、ワインをがっちり

効かせたものとは違い、風味は弱く、甘い。

ハンバーグはしっとりとやわらかく、箸で切れます。

肉質はよいのでしょうが、いまひとつ、このハンバーグに夢中になれない。

付け合せもですが、中途半端に和を感じさせるところがあるので、余計なお世話だが、

ランチもきっぱりと大根おろしなどを使ったソースに変えてもよいのではないだろうか。

食後はアイスコーヒーで。オマケ感がなく普通サイズ。

開放的な店内。ところどころにグリーンが置かれていました。

なんとも微妙なところですが、

本日の利用、ランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。



日の木


〒106-0045 東京都港区麻布十番1-9-2 ユニマットビル1・2F

TEL            03-6277-7328

営業時間/     11:00~23:00

定休日/      火曜日

2011年10月30日 (日)

競馬の話 天皇賞G1

10月30日(日)は、東京競馬場で天皇賞G1が開催されるのです。

予想は・・・

◎  5   ブエナビスタ
○  11  ローズキングダム
▲  12   トーセンジョーダン
△   4    エイシンフラッシュ、7 ダークシャドウ、18 アーネストリー、

今回は予想だけで終わりそうですjapanesetea

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

結果は・・・

1着 ▲  12   トーセンジョーダン(単7人気)
2着 △   7   ダークシャドウ(単2人気)
3着       8     ペルーサ(単6人気)     

配当は3連複22790円、3連単214010円でした。

2011年10月29日 (土)

至高の極 豚工房 どんぐり 自由が丘

某日の緊急女子会は、自由が丘のイベリコ豚専門、創作居酒屋「どんぐり

場所は自由通り沿い。

亀屋万年堂総本店方向に進むのですが、踏切よりずっと手前になります。

薄暗い店内。利用した席は入り口に近いソファ席。

このお席だと、ワイワイ飲むというより、ゆったり語れるという感じかな。

この他にタイプの違うお席もあるので、目的に応じて対応ができそう。

お店のウリのイベリコ豚のしゃぶしゃぶができるよう鍋テーブルになっていますが

鍋を注文しない場合は蓋をしてくださいます。

写真に撮り忘れましたが、お通しはキャベツ。辛味噌をつけていただきます。

ドリンクはぐるなびクーポンでファーストドリンクをサービスしていただき、

次はワインに突入。

同店はワインのフルボトルがリーズナブルなんです。1800円から置かれていましたが

この日は、カベルネソーヴィニヨン@1900を注文。

セロリの浅漬け@300

こちらは箸休めに。

串焼き盛り(ロース・バラ・豚トロ・胃・大腸)@1280

薬味は一味塩、山椒塩、辛味噌付。

塩と胡椒の効いたロース・バラ・豚トロ。タレを使った胃・大腸。

炭火で香ばしく焼かれています。 もちろん、ホルモン部分でも、くさみなし。

イベリコ豚の生ハム(ベジョータ)@1480

塩気の効いた生ハム。ちょびちょびつまむ、おつまみに良し。

お隣の鍋を拝見すると、すごく美味しそう。どうやら和ダシでしゃぶしゃぶするようだ。

ぐるなびによると、お手頃なお値段で鍋のコース料理と飲み放題もセットできるので、

これは忘年会プランによさそう。

後日、忘年会の候補としてお店に電話をかけうかがったところ、やはり土曜日などは

2時間制。 飲み放題は1時間半ラストオーダーということで、断念しました。

 

話が前後しますが、接客を担当してくださったお姉さんは、にこにこと感じが良い。

会計を済ませると私達にキャンディをくばってくれました。

Hand01 3人で、細かいドリンクのお替りなどはひかえていませんが、上記内容で
合計6960円
なり~。

今宵の居酒屋満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。



至高の極 豚工房 どんぐり

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-3-19

TEL       03-3725-0294

営業時間/ 17:00~24:00(L.O.23:30)

定休日     無休

http://www.butakoubou.jp/

2011年10月28日 (金)

漁り弁当

万葉軒、木更津名物「漁り」弁当@1000  東京駅、駅弁屋 旨囲門にて購入。

歌舞伎の演目「与話情浮名横櫛」(よわなさけ うきなの よこぐし)

「え、御新造(ごしんぞ)さんぇ、おかみさんぇ、お富さんぇ、いやさ、これ、お富、
久しぶりだなぁ。 」の名セリフはご存知の方も多いかと思います。

「漁り」弁当のパッケージの一部にも「お富・与三郎見染めの地 木更津」が
使われていました。

蓋を開けるとお弁当は2区画に分かれていました。

あさりの出汁で炊いたご飯は、国産米を使用されているとのこと。

生姜の効いたふっくらと膨らんだ煮あさりからは、素材の確かさを感じられます。

その美味しい出汁を吸い込んだ茶飯とともに、磯の風味が豊かで冷めても旨い。

しば漬けも、この茶飯にはナイスな組み合わせ。

おかずは、鰯の蓮根挟み揚げ、鮪照焼、きんぴらごぼう、ほうれん草ピーナッツ和え、

煮物は竹の子。 と、親しみやすい面々がご飯のお供。

ピリ辛味のきんぴらごぼう、甘く煮付けられた竹の子など。

どれも安心感を持っていただけるものばかりです。

素朴ですが、期待を裏切らないお弁当。 美味しくいただけました。 

http://www.manyouken.co.jp/

2011年10月27日 (木)

とんかつ燕楽 池上

東急池上線、池上駅から程近いとんかつ店「燕楽」(えんらく)

場所は池上通り(柳本通り)沿い。

魔神さんに教えていただき訪問しました。

到着したのは、平日の11時少し前。

お店のご主人は新橋・燕楽にて18年修行されたとのこと。同店は軒分けの店。

最近、美味しいとんかつのお店として、評判が良いんですって。

並んでいる方がいらっしゃるかと思いきやいない♪ ( ̄▽ ̄) らっきー。

なら、あたりを少し歩いてこようかな、久しぶりだし。

しかし、同行の連れはせっかく早くに着いて後になったら嫌だから並ぶんだと頑張る。

仕方ない私も並ぼう。 すると開店前に私達の後ろにもお客様が並ばれました。

入店!一番のりー

1階、白木のカウンター席の一番奥の端に並んで着席。

この他、奥にはテーブル席が1卓。階段を上った2階にも客席はある様子。

厨房には、ホワイトボードで「燕楽のこだわり食材」が記されています。

※詳しくは「ドダン・ブーファンのポトフ」をご覧ください。

卓上にはメニュー。

ここは、魔神さんが召し上がったという「ロース定食」をいただかないと!

連れも譲らず、2人とも「ロース定食」を注文。

まずは自家製ポテトサラダと自家製のぬか漬け(カブ、大根、キュウリ)。

こう見えても私、ぬか漬けが大好きで自分で漬けていたことがあるんです。

同店のものは、漬かりすぎず、浅すぎず、とんかつのお供にいい塩梅。

個人的には、ぬか漬けの理想形。

ポテトサラダは、じゃがいも、にんじん、たまねぎ。 

じゃがいもは粗く潰され、ところどころ食感が残っており、

自家製のマヨネーズに秘密の甘みがあるのか、丸みがあって懐かしい味がする。

双方ともしっかりとしたボリュームも嬉しい。

(ノブロー) これが、魔神さんをうならせたポテトサラダだで!

(一同) ほぉぉぉーー! このいも、やるでねえか。

ロース定食@2000

ロース定食!整いました♪ 待つこと20分です。

肉は平田牧場から仕入れた三元豚。揚げ油はラード。

こだわりのパン粉はきめ細かく、厚いロース肉は薄い衣をまといサクッと美しく

揚がっています。

またキャベツも注文を受けてから切られていました。

味噌汁は豚汁。大根、ゴボウ、ニンジン、豚肉。ざくざくと具沢山。

味噌はやや甘め。 味が濃いわけではないのですが、ぬか漬けのように

もう少し控えめの方が良いかも。 とは言え、ぬか漬けと具沢山の豚汁だけで、

ご飯がいただけちゃうぐらいの充実感があります。

どうしたの?ヨンちゃん、ガン見してるわね。

わかった!こんな綺麗なとんかつ見たことないのね。

ほらほら、脂だってあまーーいのよ 

ご主人がオススメしてくださったローズソルトでいただきましょうね。

上質なお肉には、塩が一番よー。

(モモロー) お肉だでー♪

(みに) 噛むほどに、肉の旨みをしっかり感じられるわねW04 

(ワタロー) 米は、ちいと炊きかたが柔らかい感じもするけんど、オラOKだよ。

(みに) 始め、ライスが運ばれてきたとき、私の方がレディース盛りなのか、

少なかったのよね。 連れ(寝太郎さん)のと交換しちゃったわ。

12時前には、1階席は全て埋まり、お客様は2階席に通されていました。

また、お客様の中には、ご近所の常連さんと思われる老夫妻も来店。

お年を召した方もいただけるくどさを感じさせない、とんかつなのだ。

この日、お店はご主人と女性2名で切り盛りなさっていました。

ご家族経営なのかな?詳しくは不明。

 

お店を出た後、連れは大感動。

丁寧な仕事。とんかつの美味しさに加え、セットされているポテトサラダ、お新香、

豚汁、どれをとっても少しもケチくさくないのだ。納得。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理と瓶ビール(中)@500×2で合計5000円なり〜。

満足度数は、★★★★★ 特別です。 といきたいとことですが、

とんかつの経験値が少ないため、まだまだ未知数の残るジャンル。

今回の利用は控えめに、★★★★☆ とってもお気に入りです。

魔神さん、ありがとうございました(*^・^)ノ


とんかつ燕楽

〒146-0082 東京都大田区池上6-1-4

TEL       03-3754-8243

営業時間/ 11:00〜14:30 17:00〜21:30

定休日     毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌火曜日)

2011年10月26日 (水)

南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №10

わなっかむ♪ 「ポンディバワン」です。 夜にやってまいりました(*^-^)

ソーヴィニヨン・ブラン(白)@1900とパパド(インドの豆粉のせんべい)。

チキン65@700

サンバル、チキンキーマと並びお気に入りのチキン65。

本日も、むっちりジューシー&スパイシーWink01

今日はどのカレーをいただこうかな。コンプリートまでには、まだまだ時間がかかりそう。

野菜カレー@750

このリーズナブルなお値段。有難いです。

「野菜・ココナッツ系は甘く感じられます。」ということを目安に「めちゃくちゃ辛い」で注文。

お客様の中には、めちゃくちゃ辛いより、さらに辛くして欲しいという方もいるので

「もっと辛くできるよ。」とのこと。 おお!チャレンジャーがいるものだ。

アントニーさんは、どれぐらいの辛さで召し上がるの?とお聞きしたら、「もっと辛い」。

味がわかるのは「もっと辛い」までで、それ以上だとわからないだろうとのこと。

また毎日いただく場合にはあまり辛くてもね。たまにならいいよ。とのこと。

ううむっ。サンバルなど、ついつい「めちゃくちゃ辛い」で注文してしまう自分は未熟者?!

カリフラワー、インゲン、ニンジン、ジャガイモ。

マイルドそうな色をしていて、「めちゃくちゃ辛い」は、やっぱりジンジン辛い。

いちじくナン@400

いちじくが惜しみなくどっさり入っています。

この甘さが辛いカレーにもワインにも合うのだ。

チャイ。

サービスでいただけました。ほんのり生姜がきいているかな。

甘さも控えめで美味しい。 今宵も満足 満足W04

インド料理満足度数は、★★★★★ 特別です。 みっげなんどりー♪



南印度ダイニング ポンディバワン
 

〒146-0093 東京都大田区矢口1-7-9

TEL       03-6715-2888

営業時間/ 11:00~15:00 (L.O.15:00) 17:30~23:00 (L.O.22:30) 

定休日     第1・第3 月曜日 (祝祭日の場合は翌日)

2011年10月25日 (火)

南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №9

わなっかむ♪ は、タミル語のこんにちは。

某日は、はじめてランチに訪問。

ドリンクは、生ビール@300×2とソーヴィニヨン・ブラン(白)@1900×2 を注文。

今回は、お手頃なお値段でいただけるランチ・ミールス狙い。

ランチ・ミールス@1200 の内容は (メニューより)。

(サンバル) 南インドを代表する野菜と豆を煮込んだやさしい味のカレー
(ラッサム) トマトペーストにタマリンドフルーツの酸味をプラスしたちょっと辛い
                定番スープ。
(クートゥ) 野菜の煮込み料理。このままで混ぜても美味しい。日によって内容が
                変わります。
(プリイェル) 野菜の炒め料理。やっぱり美味しいから混ぜてしまいます。日によって
                   内容が変わります。
(マサラワダ)
 豆粉を丸めて油で揚げたクリスピーなスナック。チャトニをつけてお召し
                    あがりください。
(チャトニ) シェフ特製のニンジンベースの野菜たっぷりチャトニ。ご飯やプーリーとも
                合います。
(ウルカイ) レンコン、いんげん、ニンジンをスパイシーなピクルスにしました。
(パパド) 薄い豆粉の揚げせんべい。パラパラと割り混ぜてお召し上がりください。
(プーリー) 無発酵の全粒粉をふっくらと揚げたパン。袋の間にいろいろはさんで
                食べます。
(ライス)※ シェフおすすめ白米。日本のお米も美味しいです。
(チャイ) お腹の調子をおちつかせる作用のあるチャイを食後にお飲みください。

※+300円で、バスマティに変更できます。

なお、手食をされる方のはフィンガーボウル(ぬるま湯+レモン水)をだして

いただけるので申しつけてください。とのことですが、

何もお願いぜずともセットしてくださいました。

ランチ・ミールス@1200

写真だと右手前から時計回りに

パパド、ウルカイ、チャトニ、マサラワダ、ラッサム、サンバル、クートゥ、プリイェル、

プーリー。 中央が割増料金で変更したバスマティライス。

ミールスの経験値が低い私たち。

大森の「ケララの風」でいただいて以来だ。

ともかく何でも自分の好みで混ぜていただけばOKと記憶しています。

プーリーは最初ぷっくりと膨らんでいたのですが時間の経過とともに萎んできました。

プリイェルはジャガイモとタマネギ、汁気のないカレー炒めのような感じ。

素朴な味わいなので馴染みやすい。

ココナッツの効いたクートゥは大根かカブではないかと推測。

(ハチロー) オラは、大根だとおもうだ♪

本日の日替わりランチ@700

チキンとオクラ。

ウルカイ、サラダ、ナンがセットされ驚きの700円!!

チキンもオクラもごろごろ入っていました。

本日はランチと言うことなので、在宅ぬいさんを連れてきちゃった( ̄▽ ̄)

傍若無人だ。メルヘン全快だ。

ぷくぷくほっぺの「ぴんくたん」は寝太郎さんのお膝が大好き。

今日は一緒に、ご飯食べれてよかったね。

食後はチャイ。アントニーさんが高い位置から注ぎ入れ、上手に泡立ててくれます。

昼間は日差しが店内に入り込むのね。ブラインドを下ろされておました。

ランチの利用は初めてでしたが、感想としては、微妙に夜と味が違う。なぜだろう。

お気に入りのサンバルもいつもと違うように感じられるのは体調のせいなのか?

もちろん、このお値段でいただけるものとしては、何ら不足はないのですが、

夜にアラカルトでいただいたお料理が素晴らしすぎるためか、ランチは普通。

そう言えば魔神さんもインド料理屋さんの昼と夜について、味が違う場合があると

教えてくださっていたわ。 勉強になりました。

しかし、私にとっては休日、在宅ぬいさんと訪問できる利便性の良さも大きな魅力。

やっぱりインド料理満足度数は、★★★★★ 特別です。 みっげなんどりー♪



南印度ダイニング ポンディバワン
 

〒146-0093 東京都大田区矢口1-7-9

TEL       03-6715-2888

営業時間/ 11:00~15:00 (L.O.15:00) 17:30~23:00 (L.O.22:30) 

定休日     第1・第3 月曜日 (祝祭日の場合は翌日)

2011年10月24日 (月)

南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №8

なますてー♪ №7から続き「ポンディバワン」8回目です。 

この日もソーヴィニヨン・ブラン(白)@1900とパパド(インドの豆粉のせんべい)

から始まり・・・。

オニオンパコラ@500

「オニオンに豆粉をまぶして高温でサッと揚げたパコラの源流」

パコラはインド風の天ぷら。

さくっさくっとした食感で、ほんのりスパイシー。ビールのおつまみには最適。

冷めても嫌な油っこさがありませんでした。

この美味しいパコラは、マニさんが上手に揚げてくれました(*^・゚)ノ

チキンキーマカレー@800

「だいぶ辛い」で注文。

色を見るとさほどパンチは効いていないのでは?思ったのですが、

一口食すと、びっくりだ。いきなり激ウマ!

粗めのひき肉にスパイスの加減も絶妙。辛みと旨みが余韻を残す。個人的に好みの味。 

連れと意見が一致し、オススメ指数5

同じキーマでも北と南では違うとのこと。ココナッツでコクを出すそうです。

バスマティライス@500

「主に北インドやネパールなどの寒い地方で収穫される長粒種で、香り米とも呼ばれる

世界の高級米。」 メニューによると「南インドではイベント等で振舞われる特別な米」

とのこと。パラパラとしたバスマティライスに、先ほどのキーマカレー♪最高です。

はふはふ、ひーひーsweat01

(みに) そこで、汗かきながら食べてる子はだあれ?エスニック担当のフジローさん?

(ノブロー) オラだで。 中華料理もええけど、インド料理もうめえだな。

今日はポールさんに、携帯でオラたちの写真とってもらっただ。

オラたちもインターナショナルになっただよ♪ でへへ。

ポンディはお手頃な値段で美味いで、不定期だけんど、これからもレポが続いていくだ。

よろしくたのむだ。

 

※前回は、タミル語の「ありがとう」(なんどりー)を教えていただきましたが、

「どうもありがとう」「Thank you very much」は「みっげなんどりー」とのこと。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計3700円なり~。

インド料理満足度数は、★★★★★ 特別です。 みっげなんどりー♪



南印度ダイニング ポンディバワン
 

〒146-0093 東京都大田区矢口1-7-9

TEL       03-6715-2888

営業時間/ 11:00~15:00 (L.O.15:00) 17:30~23:00 (L.O.22:30) 

定休日     第1・第3 月曜日 (祝祭日の場合は翌日)

2011年10月23日 (日)

競馬の話 菊花賞G1

10月23日(日)は、京都競馬場で菊花賞G1が開催されるのです。

予想は・・・

◎ 14   オルフェーヴル
○   5   フェイトフルウォー
▲  11  サダムパテック
△   1    トーセンラー、17 フレールジャック

3連単の軸1頭で流します!

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

結果は・・・

1着 ◎ 14   オルフェーヴル(単1人気)
2着     13  ウインバリアシオン(単2人気)
3着 △   1    トーセンラー(単3人気)

配当は3連複1050円、3連単2190円でした。

(/□≦、) 撃沈!

イクラ丼(内飯)

某休日の一人内飯はイクラ丼!

仲良し女子のご実家から、イクラのお裾分けをいただきました

イクラの醤油漬けになってますので、酢飯の上に刻み海苔、キュウリの千切り、

そしてイクラを、どさーっとぶっかける。で、出来上がり。

お好みでワサビ醤油を足す感じかな。 

なんとも贅沢な一人内飯。 Kさま♪ご馳走さまでした~Gomen01

2011年10月22日 (土)

千束通り商店街~

「蕎亭 大黒屋」をあとにした私達は再び、千束通り商店街へ向かいます。

連れは、飲みが足りないのか、もう1軒はしごしたい様子。

「喜美松」が気になりますが、今日のところは宿の近くまで戻ったほうが楽かな。

千束通り商店街の、このお店も前から気になっています。「菜苑」(サイエン)。

けっこう遅くまで営業しているんです。

カニタンメン、純レバ、とんかつを自在に操る「味の工房」!この看板にシビレル。 

しかも長男って何だ( ´艸`) ミステリアスな店だわheart 立ち寄りココロをくすぐります。

宿の近くのこちらは、浅草演芸ホールでいただいた十月中席(10月11日より20日迄)の

プログラムの表紙絵、美人画とともに描かれていたお店「ピッツェリア・FUKUHIRO」。

表紙絵は三笑亭笑三師匠が書き続けていらっしゃるとのことですが、すごくお上手。

いつも感心しているんです。

そう言えば「色川」でも師匠の表紙絵を見かけました。

「色川」をバックにした美人画ですが、浅草の各店も紹介してくださっているんですね

それはそうと、某店の、はしご酒のお通しはおでん。

レモンサワーを1杯飲んで宿に戻り就寝。ぐぅぅ。。。

翌日は、連れの仕事の関係で、昼には帰宅となりました。

横浜中華街から浅草までの小さな旅の記録はこれにて終了。

お付き合いありがとうございました(*^-^)

2011年10月21日 (金)

蕎亭 大黒屋 (きょうていだいこくや) 浅草

予約のお店は「蕎亭 大黒屋」 (きょうていだいこくや)。

前回、浅草に訪問した折、ヨンクマがつぶやいていた裏浅草の蕎麦の名店です。

場所は、千束通り商店街、ドラッグストア(マツモトキヨシ)の角を曲がります。

すぐ目についたのは、「喜美松」。 その先に「蕎亭 大黒屋」が見えてまいります。

ちょいと風情のある外観。お店の中も、ちょうどいい塩梅にシブさがある。

予約の時間は19時30分。 席はテーブル席と小あがり席で、私達は小あがり席を利用。

先客は2組(4名様と2名様)。

まずは、エビスビール中ビン@580

お店は、お年を召されていますが、小柄で可愛らしい女将さんとご主人様の

お二人で切り盛りなさっています。

お品書きは扇子に書かれています。味があるぅWink01

扇子の両面に記されていました。

あれ?これだけ? もうちょっと何かないの? 店内の壁に額に入っている

お蕎麦のお品書きが飾られているよ。 あっちは昼のものなのかしら・・・。

接客担当の女将さんのお話によると、あれは以前使われていたようで

今は見るだけだとか。 たいへん失礼しました。

地酒は各自、店内奥の冷蔵庫まで向かい、好みのものを選びお願いするシステム。

一升瓶には正一合の値段がかけられています。

八海山 (正一合)@500×2

お店によっては一合といっても、徳利が上げ底で量が少ないと感じてしまうのですが、

同店の場合は、正しく一合、180ml分あると納得しえるものでした。

この他に選んだのは白瀑 (正一合)@500×2。

リーズナブルなお値段のものが取り揃えられているので、酒飲みとしては嬉しい限り。

天ぷらちらし@1400

海老2尾、かぼちゃ、茄子、大葉、茗荷、舞茸、しし唐。

あれれ?大根おろしとか薬味はないのかしら。塩も見当たらない。

つゆしか置かれていかなかったけど。

女将さんが来たら聞いてみようと思ったのですが、なんせ、お一人で注文を聞き、

お料理を出して、お帰りになったお客様のお皿も厨房に下げられず、ひとつの

テーブル席にまとめられている状態なのでお声をかけづらい。

まあ、いいか。食べてみよう。 ネタは小ぶりですが、軽い衣でさくっと揚げられた

天ぷらはとても上品。つゆも出汁がしっかり効いていて美味い。

ネタでは、舞茸が香りが高くて好評!(私の中では・・・)( ̄▽ ̄)

おせいろ大もり@1800

特に何もお願いしてはいないのですが、薬味とそば猪口を2つ持って来てくださいました。

薬味は辛味大根とネギ。

風味のあるそばの美味しさもさることながら、つゆが激美味い 

カツオ出汁が効いていて旨みが濃厚。 

どちらかというと辛口なのですが、とがったところがなく香りも上々。

(スズロー) どんれ、オラもごっちゃんになるだよ。

(みに) 辛味大根が、このつゆにあうのよねー。

玉子やき(1人前)@650×2

玉子やきは2人前から受け付けてもらえます。

辛味大根付。キュートな小鳥の醤油刺しは頭を押さえてあげるのだ。

玉子やきは、甘さ控えめでしっとり。 焼きたてのほんわりとした食感もいい。

そば湯。わりにあっさり系。

今回、寝太郎さんがお店の予約をしてくれていたのですが、その際、

「鍋はどうなさいますか」と聞かれたそうです。 

寝太郎さんは、私がそば屋さんでうどんは食べないだろうと予約はしていません。

しかし、私は入店してすぐに、先客の4名様と2名様の卓上に「なべ」が出ていたのを

発見して、ずーっとこだわっていました。

だって、ものすごくいい香りなんです。クラクラするほどにW03

同店の激ウマ出汁に鴨ですよ。これは注文しないと!

でも、もう遅いか・・・下調べをしておけばよかった。失態だわ。

お店も21時過ぎになると、女将さんとお話をする時間がありましたので

鴨すきうどんなべについて、予約でないと注文できないのかお聞きしました。

「余裕があればなんですが、当日でもお店に来られる前に電話をくだされば

お受けできます。」とのこと。 もちろんこの日はもう無理。

この鴨すきうどんなべ@3600は、一人前から注文可。

私がくいさがっていたからでしょうか、

「鴨すきうどんなべをいただいてからそばで〆る方も多いので、次回はどうぞ、

なべも召し上がってください。」 と女将さんのお言葉。

そうだ!そうだ!隣の4名様も、常連とおぼしき2名様も「なべ」食べて「そば」で

〆ていたぞー(o`Θ´)ノ これぞ、裏浅草「蕎亭 大黒屋」の味わい方に違いない!!

 

宿題が残ってしまったわ。。

あっ、正月、自分のお誕生日にこようかな。 ピンガさん、お誘いしよう♪

年末年始の営業をお聞きすると、年末は持ち帰り用のおそばを販売するのみで

年始は5日からとのこと。

残念。やっぱり、正月三が日生まれは損だわ(u_u。) 

私達は酒があれば、お料理が遅くともあまり気にならないのですが、

クチコミサイトを見るとやはり時間がかかるので、いらっとされる方もいるようです。

ご主人様もお忙しいときなど、女将さんを怒鳴られる場面があるとのことですが

私達が利用したときはそうした場面はありません。

むしろ、帰り際ご主人様も厨房からでていらして、ご夫妻で

「本日はお料理が遅くなってすみません。またいらしてください。」

と笑顔で丁寧なご挨拶をいただき好印象です。

「こちらこそ遅くまで、ご厄介おかけいたしました。ご馳走さまでした。」

 

宿までの帰り道に、「鴨すきうどんなべー!」といつまでも私がしつこかったせい

でしょうか、私こそ寝太郎さんに叱られたことは言うまでもありません。反省。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計7080円なり〜。

おそば屋さんで一杯飲むとなると、日本酒のお代が高くつくのですが、同店は

とても良心的なお値段で正一合を提供してくださる。

個人的にですが、この点を考慮すると☆加算になります。

現時点での

日本蕎麦満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。 要再訪(*^・^)ノ



蕎亭 大黒屋 (きょうていだいこくや)


〒111-0032  東京都台東区浅草4-39-2

TEL        03-3874-2986

営業時間/    月                 17:00~22:00 
         火~土12:00~14:00 17:00~22:00

定休日     日曜

2011年10月20日 (木)

浅草演芸ホールへ

横浜中華街から浅草に移動してきました。

またも福利厚生を使って宿を手配。今回の宿は「ホテル京阪 浅草」

「浅草ビューホテル」と道をはさんで、斜め前あたりになります。

手配できたのは、ツインルーム。

チェックイン15時、チェックアウトは10時。 お部屋の広さは15平米とコンパクトですが

圧迫感があるほどではありません。

2009年11月にオープンの同ホテルは「安全」「安心」「清潔」「バリュープライス」が

コンセプト。 室内には予め、加湿空気清浄機も設置され、スタイリッシュに

まとまっているのですが、収納用の引き出しは欲しいところでした。

今回、浅草に移動をしてきたのには理由があります。

お世話になっているピンガさんから、寄席の平日夜のご招待券を頂戴したのです。

ありがとうございますOnegai03t

有給消化を兼ねて休みの届けを出していたので絶好のチャンス!

宿に荷物を置いて、急いで向かうのだ。

目的の浅草演芸ホール近く、浅草公園六区に六体のブロンズ像を発見しました。

なあに?これ。 「六芸神」って芸の神様なの?

Wikipediaによると

    ・演神(えんじがみ)…榎本健一
    ・話神(はなしがみ)…古今亭志ん生
    ・唄神(うたいがみ)…東海林太郎
  ・踊神(おどりがみ)…水の江瀧子
  ・奏神(かなでがみ)…田谷力三
  ・戯神(おどけがみ)…大道芸人
                    をイメージして作られたものだとか。

浅草らしい可愛らしい神様たちばかりですheart

夜の開演は16時40分から。寄り道もほどほどに、さくさく並ばないと!

いやその前にコンビニで、アレコレ調達しないと。ご利用はローソン♪

20分前に到着していますが、同じく招待券の諸先輩方が並んでらっしゃいました。

時間どおりに開演、入場できました。

ひょっとしたら、座れない?と言った心配もあったのですが、そこは平日のためか

難なく着席でき、ビール片手に落語に漫才、マジック、曲芸を味わえました。

また、ここに来ないと出会えない噺家さんや芸人さんも多いのだ。

思いっきり笑って、眠たくなったら少しうとうと。 このゆるい雰囲気も大好き。

自分ペースで寄席を楽しみ、ストレスを発散させたあとは、予約のお店まで移動です。

2011年10月19日 (水)

重慶飯店 別館 横浜中華街

ランチは四川料理の老舗、「重慶飯店」(ジュウケイハンテン)

重慶飯店は本館・新館・別館など数店舗ありますが今回の利用は別館。

場所は関帝廟通りと長安通の交差する一角。横浜中華学院も目印になります。

ランチタイムは11:30から。

中華街を観光する団体バスのお客様でしょうか?

旗を持ったガイドさんの誘導でお店の中に入られます。

私たちも入店。 1階のずずっと広い大広間に案内されました。

奥を見ると、先ほどの団体さんが着席している。

推測ですが、バスの団体さんは奥から、フリーは中ほどから詰めていくのかな。

さて、昨晩は四川料理の「水煮・・」狙いで「謝朋酒樓」にしましたが

もちろん重慶飯店にも「水煮・・」はあります。

じつは、お店を決める際に「重慶飯店 別館」にも立ち寄り、店先に出されている

メニューを確認したのです。

すると水煮料理は2000円以上。そして紹興酒のボトルもいいお値段。

泣く泣く断念したのです。

ちょっと足が遠のく高級店。そんなお店はランチでお邪魔してみよう。

しかも本日は平日。土・日・祝日とはまた違ったリーズナブルなランチがあるかも

しれない。 すると、ありましたよ。平日のサービスランチかな♪ 

満足・満腹ランチ@980

①から⑧の中からお好きな料理1品+本日のスープ+白飯+デザート。

写真を撮るのを失念しましたが、白飯はおひつで出していただけるので

自分に合った量でいただくことができます。

(※私は連れと2人での利用でしたが、お一人でいらしている方でも同様に

白飯はおひつで出されていました)

まずは、キュウリの漬物と本日のスープ。 2人前を一緒盛り。

キュウリの漬物ですが、色は赤いのに甘い。てっきり辛いのではと思ったのに意外。

この日のスープは、鶏肉やシイタケ・ニンジン・白菜・冬瓜などの野菜が入った

ぽってりととろみのある塩味ベース。

⑦四川風 牛バラそば

私チョイス。

タケノコ、シイタケ、牛バラ肉。

ゴロゴロと惜しみなく入った牛バラは、八角が効いていて口の中で

ちょうどよく、ほどけるやわらかさ。

ラー油が入っていますが、それほど辛くはありません。 旨みがあって美味しい。

⑧本家のマーボー豆腐

連れチョイス。

荒挽きの挽肉がたっぷり。ぴりぴりジンジンと舌がしびれるように、花椒が

効いたものではなく、昔懐かしさのある味わい。

マイルドですが、その中に辛さもあり安心感をもっていただけると思います。

そのためか、他のお客様のオーダーを見ていると「四川風 牛バラそば」より

「本家のマーボー豆腐」が多くでていたように思えます。

個人的には、「四川風 牛バラそば」の方が好みですがWink01

デザートはフルーツ入り杏仁豆腐。これは各1人前ずつ運んできてくれます。

つるんとした杏仁豆腐ですが、ボリュームあり。

お茶はポットで置かれていきます。ジャスミン茶でした。

このお値段で、一定の味のクオリティーを保ってくれており、かつボリュームもある。

確かに「満足・満腹ランチ」 納得できました。 もう、私達、お腹いっぱいです。

私は中国に行ったことがないのですが、団体旅行にセットされている現地の

中華レストランの昼間はこんな雰囲気なのかもしれないなあ。

 

ランチでいただいた本家のマーボー豆腐は、万人に好まれるような味わいだった。

同店の四川料理は全体的に穏やかなものなのだろうか?

いつかは覚悟を決めて夜に利用し、もう一度四川料理を確かめてみよう。

Hand01お会計は、2人で合計1960円なり~。

今回のランチ利用

横浜中華街満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。



横浜中華街 重慶飯店 別館

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町142

TEL      045-641-8386

営業時間/ 月~金 11:30~15:00(L.O.14:00) 11:30~14:00(ランチ)      
                  17:00~22:00(L.O.20:30)    
              土・日・祝 11:30~22:00(L.O.20:30)

定休日/  無休

2011年10月18日 (火)

江戸清(ふかひれ焼餅) 横浜中華街 

翌朝、「ホテルモントレ横浜」11時のチェックアウト後、再び中華街に向かいました。

初日にお土産物の発送は手配したのですが、ランチ時間まで小腹が空いた。

土・日・祝日には賑わいを見せている「江戸清」も平日の午前とあってか空いている。

ふかひれ焼餅@500

店先で紹介されていたふかひれ焼餅に目が留まりました。

ほんと?このサンプルみたいに、とろーっとふかひれ餡がでてくるのかしら。

店内で召し上がれますよ。とのことで味のお試しをすることにしました。

熱々のふかひれ焼餅。 平べったくて、見た目は「おやき」のよう。

「生煎包」(焼き小籠包)で行列の「王府井」(ワンフーチン)に応戦すべく「江戸清」も

こうして頑張っているのだ。

(ノブロー) 熱々だで、ドリンク片手にごっちゃんにならねえと、口ん中剥けるだよ。

(みに) はふはふっ!あちちっ!それを早く言ってよ。剥けたわよー。

両面香ばしく焼かれた「焼餅」の中からは、お醤油味で整えられたねっとりとした

ふかひれ餡がでてきます。 この、ふかひれ焼餅は、皮の外側がかりっと、

内側はしっとり。 食感は、たこ焼き!風W04 (表現が乏しくてすみません)

口内の火傷には注意ですが、親しみやすい味で軽くいただけちゃいます。

「江戸清」と言うとベタなお土産屋さんという感じがして、今まで避けていたのですが、

創業明治27年という歴史あるブタまんのお店です。

次回のお土産はコレにしようかな(*^-^)



ブタまんの江戸清(エドセイ) 大通り店

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町185

TEL      045-681-1182

営業時間/ 9:00~20:00 土 9:00~21:30 日・祝 9:00~21:00

定休日/  無休(1/1のみ)

2011年10月17日 (月)

横浜中華街№2

「謝朋酒樓」(シャホウシュロウ)を出たのは21時30分ぐらい。

中華街では早く閉まるお店も多いので、灯りもポツポツとしてきました。

通りは、先ほどの中華民国(台湾)建国100年の双十節(建国の記念日)の賑わいが

嘘のように静まりかえっています。

夜道は寂しい。 自然と足が向くのは灯りのついている方向です。

市場通り。あっ!「福萬園」はまだやっているわ。

香港路に入りました。「牡丹園」はさすがにもうやっていない。

東光飯店」は明かりがついているけど、そろそろ閉店の時間では・・・。

久しぶりに東光炒飯が食べたいなあ。

おっ!なんだ なんだ。

水餃子で有名な「山東」の別館が「海員閣」の隣にできているではありませんか。

やっぱり定期的に横浜中華街にパトロールに来なくてはいけませんね。

このあと山下公園の氷川丸がライトアップされていたので、向かったのですが

その途中で消灯の時間となりました。時計を見ると22時でした。

2011年10月16日 (日)

競馬の話 秋華賞G1

10月16日(日)は、京都競馬場で秋華賞・G1が開催されるのです。

予想は・・・ 

◎ 12 ホエールキャプチャ
○ 4 アヴェンチュラ
▲ 8 デルマドゥルガー
△ 1 キョウワジャンヌ、16 カルマート、18 マルセリーナ

3連単の軸1頭で流します!

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

結果は・・・

1着 ○ 4 アヴェンチュラ(単2人気)
2着 △ 1 キョウワジャンヌ(単7人気)
3着 ◎ 12 ホエールキャプチャ (単1人気)

配当は3連複1720円、3連単12680円でした。

ホエールキャプチャ は3着。したがって配当ナシ(/□≦、) 撃沈!

2011年10月15日 (土)

謝朋酒樓 横浜中華街

夕飯は、横浜中華街、関帝廟通りの四川料理「謝朋酒樓」(シャホウシュロウ)Aicon339

訪問した10月10日は中華民国(台湾)建国100年の双十節(建国の記念日)ということで

横浜中華街ではパレードやさまざまなイベントが催されていました。

夜には中華街で慶事恒例とも言える爆竹や中国獅子舞がでて、見物客で賑わい、

ドラや太鼓の音が聞こえ、街全体がエキゾチックな雰囲気に包まれていました。

さて、こうしたイベントを楽しまれたあとに流れてくるのか、お店もなかなか盛況。

1階の奥のテーブル席に空きが出ましたので、お店の方のご案内により着席。

花彫紹興酒@2500

昼間、ちょっとビールを飲んでいましたので、紹興酒からスタート。

「慶福楼」市場通り店でもいただきましたが、青ラベルです。

今回、中華街では、四川料理をいただこうと決めていました。

魔神さんに教えていただいた「水煮・・」をいただくのだ。

辛いのは大好きYahho01 楽しみなのだ。

牛肉の薄切り山椒辛子煮@1680 唐辛子印は

水煮牛肉。 上にはパクチー、かなり香るかな。

下には、たっぷりの白菜が敷かれています。

(パスタ) ワンワン! 

(ケンタロー) おっ、ワンころ。オラ、建国記念の日に仲間入りしただ。

だで、ケンタロー言うだで、よろしくな。 どれ、頭なでてやるだ。

(パスタ) ワン・ワォーン!(新人のくせに、いきなり四川飯食う気か!態度でかいぞっ!)

中国山椒と四川唐辛子だけでなく生姜も入っています。

ほかほか、じわーっとぴりりっ! 生姜の効果なのか体が温まっていきます。

やたら辛いばかりではなく旨みも濃厚、スープはライスや炒飯、焼きそばに

かけても美味しいかも。

一皿にしっかりボリュームがあるので、お値段以上に楽しめるものでした。

初の「水煮・・」は成功! 魔神さん、ありがとうW04

次はお店の名物とされている「そば」を。

謝朋酒楼特製四川風味付けそば@1050 唐辛子印は

四川然麺。つまりは汁無し担々麺! とは言っても、器の中に多少の汁はありますよ。

スープは、ラー油の効いた朱色の部分と白濁したクリーム色の部分の二層になって

いてます。 この白濁スープはとろみもあって、旨みが濃縮されている感じ。

豚骨や鶏ガラなどの出汁かなあ。マイルドです。 

ひき肉は八角が効いてます。

刻んだザーサイやナッツもふんだん散らされており、味わい豊か。

後半戦、先ほどのうまうま「水煮牛肉」のスープを少しかけたりして楽しみました。

(中国獅子舞) ズンズン!!!

(みに) あっ、中国獅子舞が店に入ってきたよー。

(中国獅子舞) グリグリ!!!

(みに) 寝太郎さん!中国獅子さん、ご祝儀って言ってるんじゃないの?!

(中国獅子舞) ゲッ!!!

(ノブロー) なんだべ、おめ。 騒々しいだよ。

オラたち、新人歓迎会で飯の最中だで、邪魔するでねえだよ。

(ヨンクマ) でもね、中国獅子舞に頭噛まれると縁起がいいんだよ。

「福来る」なんだ。

(みに) 中国獅子舞さんも、キミ達を見たら、後ずさりでひいていってしまったわね。。

黒胡麻プリン@550

食後は甘いスイーツで落ち着こう。 ムチムチしたプリン。

味わいとしては、いまひとつ。

Hand01お会計は、2人で、

上記お料理とお酒(追加は紹興酒2500円)で合計8280円なり~。

中国獅子舞がお店を出られると、店先で「パパパパンッ!!!」と爆竹の嵐!

店内に煙が入ってくるので少し煙たい。

でも、こんなに間近で中国獅子舞を見れたのははじめてで、ちょっと得した気分。

エキゾチックな横浜中華街の夜を堪能できました。

金春新館」で教えていただいた中国語でお店の女性に話しかけると通じた!

「中国語、上手ね」と言われた寝太郎さんはさらに上機嫌。

日頃の中華飲みも役にたったのだ( ̄▽ ̄)

中華街では接客にあまり期待はしていなかったのですが、そういうお店ばかりでは

ないんだなあ。

黒胡麻プリンは除いて記録しますが

横浜中華街満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。 

 

謝朋酒樓(シャホウシュロウ)

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町188

TEL      045-662-9113

営業時間/月~金 11:00~23:00 土・日・祝 10:30~23:00

定休日/  無休

2011年10月14日 (金)

横浜中華街№1

三連休後半は、横浜中華街にお出かけしました。

福利厚生を使って宿を手配。今回の宿は「ホテルモントレ横浜」

山下公園前に立地する同ホテルは中華街にも徒歩圏内。

客室は海側と街側に分かれますが、今回の利用は街側ツインルーム。

チェックイン14時、チェックアウトは11時。 お部屋の広さは27平米。

主に観光に出てしまいますから、街側で十分なのですが、同ホテルの海側のお部屋は

なかなか眺めが良いはずですよ。 

私はかつてこのホテルが「ザ・ホテルヨコハマ」時代に海側に宿泊したことがあります。

横浜港を一望できるので、カップルにはお勧めです。

さて、荷物を宿に置いて向かったのは、横浜中華街。

食事の前に、ノブローさん達の新しい兄弟をスカウトしなくちゃ。

それにしても、あちこちにパンダのぬいぐるみが販売されています。

この子じゃ、大きすぎるわね。

あっ、これはpandaさんのお仲間になれそうなサイズかも。

しかし、ちょっとボディが太めね。

これは・・・?愛嬌がありすぎだわ( ´艸`)

帯に短し襷に長し。 やはり、いつもの店に行くか。。

横浜大世界、1階2階のダスカマーケットには、お菓子や雑貨などの他、

パンダグッズのお土産店「PANDA STORE(パンダストア)」があります。

日の暮れは早い。10人目(匹目)のオラーズを迎えたあとは、夕飯の時間です♪

2011年10月13日 (木)

CABE(チャベ) 目黒

某日の夕飯に、目黒のインドネシア料理「CABE」にお邪魔しました。

場所は目黒駅方面からだと、目黒通りと山手通りの交差する大鳥神社を越え

そのまま直進し右手側。 このあたりはお洒落なインテリアのお店が並んでいます。

多摩大目黒高校と道を挟んで前あたり、ようやくお店が見えてきました。

目黒通りの見える窓際のテーブル席を利用。

雰囲気のある内装はカフェ風。カジュアルに使えそうです。

まず私は、ビンタンビール(インドネシア)@630

連れは、エビス樽生ビール(日本)@520 を注文。

このあと、ワインは全品2500円(スパークリングを除く)の中から、

ウンドラーガ ラソ・シャルドネ(チリ)@2500 爽やかな辛口タイプを選びました。

インドネシア炒飯@940

つまりはナシゴレン。エビせん付。

好きなものは、さっさと注文したくなるこの頃。

お腹いっぱいになる前に食べておいたほうがいいもの。

しかし運ばれてきたとたん、ハートの型で焼かれた目玉焼きに拍子抜け。

味付けは、マイルドでおとなしい。このままでは物足りなくもある。

(フジロー) エスニック担当してるで、最近出番が多くて嬉しいだ。

ハート形の目玉焼きとは、これまたラブリー&メルヘンだで。

お米は日本米を使用されているものと思われます。

ジャパンナイズされたチキン・ナシゴレンかな。

自家製サンバル。

一般には甘辛いソースですが、私には同店のサンバルは、旨みと辛味のバランスが

程良く思えました。 先ほどのナシゴレンも、これで復活! ぴりっといこうぜぃ。

野菜入り揚げ豆腐(1個)@360

厚揚げ豆腐をくりぬいて、野菜を刻んでつめ、揚げたものになります。

屋台料理という感じでこれは美味い。

鶏肉のココナッツ煮@900

無難なお味。 骨付きの鶏肉だけでなく厚揚げも入っています。

もう少し鶏を煮てもいいのではないかしら。

身離れが悪いし、骨を入れる器もほしいところでした。

 

全体を通じて、おとなしく上品に作られたお料理というイメージでしたが

食事を終える頃に、男性スタッフの方から、味付けのオーダー

(ココナッツ濃い目、辛くして欲しいetc)ができるというお話を聞けました。残念。

こうしたオーダーが出せれば、もう少し印象も変わったかもしれませんね。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計5850円なり~。

インドネシア料理満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

インドネシアンレストランcabe 目黒通り店

〒153-0063 東京都目黒区目黒3-12-7 パルビゾンビル48

TEL      03-3713-0952

営業時間/ランチ 11:30~15:00 ディナー 18:30~23:00
           土・日・祝    11:30~23:00

定休日/  無休

2011年10月12日 (水)

烏森神社(からすもりじんじゃ) 

「末げん」のあと、お店の裏手にあたる烏森神社に御参りしました。

ビルの谷間にひょっこりと現れる同神社は

御祭神は倉稲魂命(うがのみたまのみこと)・天鈿女命(あめのうづめのみこと)・

瓊々杵尊(ににぎのみこと)。 別名は烏森稲荷。

「心願色みくじ」 色によって願いごとが分けられています。

赤/恋愛・良縁
黄/金運・幸福・商売繁盛
青/厄年・厄祓・仕事・学業
緑/健康・家庭・交通・旅行安全

初穂料500円。社務所にて買い求めることができます。

参道脇の路地裏には、ちょっと風情のあるお店が軒を連ねていました。

1軒、お昼の時間帯に開いてるお寿司屋さんがありましたが、なかなかランチも

いいお値段。 常連さんと思われるお客様が、カウンター席に座りお一人様で貸切状態。

寿司職人さんと差し向かいで、お寿司をつまみながら一杯飲ってらした。 実に羨ましい。

烏森神社までの参道。

平日の夜には、ほろ酔い気分のお父さんたちも参拝に向かわれているのでは?

この烏森神社は、新橋駅の「烏森口」の由来になっています。

2011年10月11日 (火)

末げん 新橋

某土曜日のランチに連れと新橋の鳥割烹「末げん」にお邪魔しました。

場所は新橋SL広場、ニュー新橋ビルの裏手あたり。

ぐるなびによると、

同店は明治42年創業の老舗、三島由紀夫さんが愛した鳥料理店とのこと。

ランチですので、彼の最後の晩餐『わ』のコースまではいただけませんが、

本日、私たちのお目当てはお昼の逸品「かま定食」(親子丼)になります。

下駄箱に自分で靴を入れ、お店の方の振り分けで右手のテーブル席に着席。

(左手には座敷席がある様子) 部屋の造りのせいか少々圧迫感あり。

かま定食(親子丼)@1050

名物「とりのひき肉をつかった親子丼」 吸い物、香の物、小鉢付。
大盛りは+105円増。

最初のお茶は、ほうじ茶。

吸い物は、白髪ネギとなめこの鶏スープ、生姜が効いており美味。

香の物は、壬生菜とタクワン。

小鉢は、昆布やニンジンの入った和え物。

連れは酢が効いてるのではと言ってましたが、詳しくは不明。

かま定食は、とりひき肉、三つ葉。汁ダク状態。

想像していましたが案の定、甘いわ。卓上には薬味がありませんが、お店の方に

お願いすれば、一味と山椒を持ってきてくれますよ。

なお、スプーンがセットされていないので、いただくのにちょっと苦心しました。

(ワタロー) 飯だで~。オラ、米がっつり食える丼もん好きだな。

(みに) あら、ワタローさん。背が伸びたのかな。

柔らかなお味の親子丼ですよ。どうぞ、召し上がれ。

(ノブロー) いつもながらの兄弟愛だで。ワタ!オラの分もしっかりごっちゃんになるだ。

(みに) ノブローさん、えらいね。兄弟思いのキミにもご褒美よ。

文豪、三島由紀夫さんの愛したお店の「かま定食」

普通盛りでお願いしましたが、ボリュームあり。

個人的には、ひき肉ということで食感が乏しくパンチが弱い。味も単調なため、

途中で飽きがきてしまいましたが、話のタネに一度は食してみるのも良さそう。

テーブル席では、かま定食の他に「たつた揚定食」も多くでていました。

私も連れと違えて注文すれば良かったなあ。

しかしながら、今回の利用、老舗&文豪!このキーワードで

ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

鳥割烹 新橋 末げん

〒105-0004 東京都港区新橋2-15-7 エスプラザビル1F

TEL      03-3591-6214

営業時間/ 11:30~13:30 17:00~22:00

定休日/  日曜・祝日

2011年10月10日 (月)

体育の日

10月10日、本日は体育の日。連休でお休みの方も多いかと思います。

「みにの夢色探索」の食レポも本日はお休み。

写真は、そんなお休みの日の朝食。

スモーキーで旨みが濃厚なベーコンは「サロベツファーム」のバラベーコン。

ブロックタイプのものなので自分でカットします。

素材の美味しさがストレートに伝わり、とても奥深い味わい。

食べ終わったあとでも、口の中に長く、旨みの余韻が残るのです。

私ののお気に入りですW04 オザシンさん、ありがとう。

 

2011年10月 9日 (日)

競馬の話 京都大賞典G2

秋のG1シーズンが始まっています。

長らく放牧にでていた競馬の話。

放牧ボケか、不覚にも先週のスプリンターズSを逃してしまったので、

本日はG1に備えウォーミングアップ!

京都競馬場の京都大賞典G2を予想してみるのです。

予想は・・・

 ◎  4   オウケンブルースリ
 ○   7  ローズキングダム

3連単のフォーメーション(全通り)で購入します!

・・・・相変わらず、せこい買い方。
どこがウォーミングアップなんだという気もしますが、これも8頭立てだからできるのだ!

いけいけ!京都大賞典。 飯代を稼ぐのだ!  当たるのか~(~д~*)?

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

結果は・・・

1着 ◎  4   オウケンブルースリ (単1人気)
2着      8   ビートブラック(単4人気)
3着 ○   7  ローズキングダム(単3人気)

配当は3連複1140円、3連単4360円でした。

ウォーミングアップ♪肩慣らしのつもりが、とんだ肩はずし・・・
まっ、自分こんなもんでしょう。

ほどよく?温まったところで秋のG1始動です( ̄▽ ̄)v

2011年10月 8日 (土)

同源楼(どうげんろう) 赤坂

お一人ランチは赤坂の四川料理「同源楼」(どうげんろう)

場所は、赤坂BIZタワーの玄関通りにあたる一ツ木通り沿い。

そうです!あの名曲「ちょっぴり寂しい乃木坂 いつもの一ツ木通り~♪」

by ロスインディオス&シルヴィア 「別れても好きな人」に登場する

一ツ木通りなのですYahho01

鼻歌を歌いながらエレベーターで2階まで。扉が開くともうそこは店内です。

ランチタイム11:30分オープンの同店。私もこの日は早めに食事をとることが

できまして、余裕をもって入店したのですが、店内には先客が7名も!!

人気が高いんだなあ。

小ぢんまりとした細長い店内、奥は厨房になっています。

この厨房に近い2人掛けのテーブル席に着席。

卓上にはポットで冷茶が置かれてました。セルフです。

本日のお目当ては、表の看板にでていたランチの「四川坦々麺」。

注文を通すと、まず運ばれてきたものが、小皿2種。

お店の方から特に説明はありませんので、私の主観で記録すると

左が、中国野菜なのか?麺のように細長く、何かに漬け込んだのか色が茶色。

大根を干したような食感でぴりっと辛い漬物。

右が、ニンジン、もやし、エノキダケ、ジャガイモ。シャキシャキとした食感が残る

さっぱりとした和え物でした。

四川坦々麺@800

スタイリッシュな器で、深さがあります。 ですから、実際いただくと見た目より

ボリュームあり。 スープは二層に分かれていて、芝麻醤(チーマージャン)の効いた

クリーミーな部分とラー油や花椒などの効いたぴりっとした部分が混在しています。

レンゲで下の白濁したスープかきまわすようにしてスープを一口。 

鼻から香りも吸いこんだのか、うっぷ、とむせた。

刺激的な辛さとゴマの風味、なかなか美味しい兆しがする。

麺はやわらか、ストレート麺。

たっぷり入った肉そぼろ、ネギ、チンゲン菜、ナッツ。

これらは麺をいただいているうちに器の底に溜まっていくので、なにがなんでも

レンゲで救出しましょう。美味しいです。

最初は、小鼻のあたりの毛穴がかっと開いた感じで勢いよくいただいていたのですが、

後半戦、ペースが落ちました。このボリュームのせいかな。

杏仁豆腐。

食べ終わる頃になると、杏仁豆腐が登場。ぽってりとした舌触り。

この甘さにほっとさせられます。


会計を済ませる頃には、店内は満席で、待ちのお客様も並んでいました。

さて、私、外に出たら、頭皮まで開いていたようで、頭のてっぺんに汗をかいていました。

なかなか本格的で美味しかったし、800円でこの内容はかなりCPが高い。

やはり一ツ木通りは「別れても好きな人」ですなあ。

スープ分かれた四川坦々麺! 分かれても~美味しいね♪

・・・おあとがよろしいようでヾ(´ε`*)ゝ

ランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。 

 

同源楼

〒107-0052 東京都港区赤坂3-18-8 エムプレスビル 2F

TEL      03-3589-0533

営業時間/ 11:30~14:30 17:00~23:30

定休日     日曜日

2011年10月 7日 (金)

音威子府そば(おといねっぷそば) 

ブログ友達のオザシンさんから頂戴した「音威子府そば」(おといねっぷそば)

オザシンさんの地元ではスーパーでも売られているようなのですが、私は初めて。

なので、この黒いそばに、興味津々でした。

袋の裏に記された説明を読むと

「亀山製麺、北海道産「大角和そば」を原料とし、百六十メッシュの精粉として

自家製粉し多年の経験と独特の秘法とにより作られている北海道の名物きそば。」

茹で上げ冷水でしめると、黒光り状態になりましたheart

風味があって、ブツブツと切れるようなこともなくコシも強い。

それでいてつるつると喉越しも良いのだ。 

うん、うまい。やっぱり北海道は、そばも美味しいなあ。また行きたいなあ。

オザシンさんは北海道にお住まいのブロともさん。

いつもお世話になっています。 

ありがとうございました。 美味しく完食いたしましたGomen01

 

2011年10月 6日 (木)

岡半 本店 銀座

お一人ランチは銀座、鉄板焼きの「岡半 本店

場所は銀座並木通り。

「ルイ・ヴィトン銀座並木通り店」の並びに位置しています。

昭和28年創業の「岡半 本店」は、有名な金田中グループのお店ですが、ランチは

リーズナブルなお値段でその味を堪能できるとのこと。

雑誌かネットかは失念しましたが、見事な「寿喜焼丼」(すきやきどん)の写真に

一目惚れしまして、ここまで流れてまいりました。

「おっ!あったぞ。このビルだ。」

昼間の並木通りは、やはり人通りも多くない。

ビルの前にはランチメニューがでていましたが、丼ものなど載っていない。

店内に入り案内されたのは鉄板前のカウンター席。

ここでもメニューを渡されましたが、やはりない。 

高級店だけあって、少し張り詰めた雰囲気が、私から丼の存在を確かめる気力を

奪っていく。 まあ、ないものは仕方ないでしょう。 諦めよう。

現在のランチメニューでは、一番リーズナブルなもので「和牛切り落とし 生姜焼」

@1300から。 私が目をつけたのは「和牛リブロース 薄焼」@1500です。

和牛リブロース 薄焼@1500

煮込み温野菜とミートボール、きし麺・もやし添え。(サラダ、御飯、赤出汁、飲み物付)

お醤油ベースのたれは2種類。スタッフの方から説明がないのは残念でしたが、

私の印象ではニンニクの効いてるものとゴマの入っているもので、

双方ともさっぱりとしていますが、旨みのあるたれ、でした。

さて、和牛リブロース 薄焼ですが、目前の鉄板でシェフが調理してくださいますので

ライブ感はたっぷりです。

色艶やかな薄切り肉に塩をふって片面を焼き、ヘラでくるくると巻いて食べやすい

大きさにカット。付け合せのきし麺はバター醤油でからめ、もやしはさっと炒める程度。

ここに先ほどのお肉をのせて提供してくださるのです。

上質なお肉だけに脂も甘く、もたれない。それはそれは美味です 

煮込み温野菜とミートボール。

小玉葱、人参、じゃが芋、ミートボール。マイルドで優しい味わい。

安心感をもっていただけます。 私は、ここに先ほどのきし麺をさらに絡めて

ご飯のお友達にしてしまいました。

サラダは器の形のせいか、ドレッシングが底にたまり、つけづらく、

赤出汁は、出汁がしっかりと効いていて美味しいのですが、具はない。

また、御飯は上品盛りです。 

したがって、たくさん召し上がりたい方には物足りないかと思います。

食後のお茶は別室で、と通されたのは、中央に鉄板が置かれている部屋。

卓上には砂糖とポーションミルクあり。

ドリンクはコーヒー(アイスorホット)又は抹茶とのご説明だったので・・・。

抹茶には和三盆がついてきました。これはいい♪

さすが岡半!上品な味わいと食後感も良好。

ですが、スタッフの方は一挙手一投足に気を配られているようで、食事の間も

何度もお茶を足しにこられたり、空いたお皿をサクサク片付ける動作も目について、

私にはいささか窮屈。 アウェイ感を持ってしまった。

ランチ満足度数は、とってもお気に入りといきたいところですが、

やっぱり、私にはボリュームも少ない。

☆一つ控えめに、★★★★ 積極的に好きです。

 

岡半 本店

〒104-0061 東京都中央区銀座7-6-16 銀座金田中ビル 7F・8F

TEL      03-3571-1417

営業時間/ 11:30~14:00(L.O.13:30) 17:30~22:00(L.O.21:30)

定休日/  日曜・祝日

2011年10月 5日 (水)

インディゴ(9月)№8 学芸大学

久しぶりになりますが、学芸大学、カリフォルニア料理「インディゴ 」(INDIGO)

9月のレポートです。

某日、無性にハンバーガーが食べたくなり、ご近所のMさんをお誘いして訪問。

事前に予約の電話を入れたところ、支配人さんが電話口にでていらして、

私は名前を告げただけなんですが、

「あの、みにさんですか?」と覚えていてくれたのには感激でした。

・・・ひょっとして、フリードリンク警戒警報発令?!( ̄◆ ̄;)

「インディゴ」と言えば!私、同店のハンバーガーのコンプリートを目指していたのよ。

チーズハラペーニョアボカドフライドエッグ

残すは、照り焼きのみ!女の一念 岩をも通す!!

写真は念願成就の照り焼きになります。

ワンダフル♪びゅーてほーYahho01

本日の経緯を記録すると・・・。

今回予約するにあたって、お店のHPを確認したところ、記されてなかったようですが

ブランチタイムのフリードリンクは健在(¥2000) よかったW04

COURSE B@2000(前菜、メイン各1品のプリフィクス形式
COURSE C@2800(前菜、パスタ、メイン各1品のプリフィクス形式
でお願いしました。

マフィンはトマトとバジル。これ1種類のみ。

そして、自家製ライ麦パン。オリーブオイルに塩を入れるか聞いてくださいました。

(前菜) 長崎より穴子と焼き茄子のモザイク仕立て 
                         デラウェアのソース

№1№2でも注文した穴子と焼き茄子のモザイク仕立て。

本日は穴子の小骨の処理がうまくなされていない様子。

味わいもですが、全体的に雑に仕上がっているように思えました。残念。

(前菜) 本日入荷、お魚のカルパッチョ 

魚は真鯛、三浦朝取りのオクラ、ソースはライムヴィネグレット。

ソースとのバランスがうまくまとまっていました。

フリードリンクで提供していただけた白ワインはワシントン・ヒルズ。

赤ワインは同店の定番という印象のあるペインターブリッジ。

(パスタ) 生ハムとキノコのクリームソース

「モチモチパスタのキターラ インディゴシークレットミートソース」が売り切れになって

しまったということで、代替でご提案いただきました。2人でシェアしていただくのです。

あとから確認したところ、こちらも№2でいただいていますね。

もっちりとした力強いパスタは変わらず美味い。

新しく接客につかれたホールの方のお話だとパスタは全て自家製だそうです。納得。

(メイン) 大山黒牛100%インディゴバーガー

Mさんチョイスはチーズ。

他のお客様がハンバーガーをオーダーする際、お店の方のオススメの焼き加減は

「ミディアムレア」。 中が赤いのはちょっと苦手という彼女は、ウェルダンでと思って

いたようですがお店のオススメ具合を聞いてミディアムに変えていました。

やっぱりチーズ美味しそう。私もチーズが・・・いやいや初志貫徹。

(メイン) 大山黒牛100%インディゴバーガー

私、チョイスは照り焼き。

厚切りトマト、パティ、レタス。ビーツ、ピクルスを絡めたソースはどれも同じ。

焼き加減はミディアムウェル。しかし、Mさん同様お店の方のオススメを聞くと

ミディアムでもいいかな~なんて思って、すぐに変更できるかとお聞きしたのですが

もうすでに炭火にかけられている様子。 えっ!そんな早くから取り掛かっちゃうの。

まあ、いいか。私は№4ぐらいの火の通り方で満足です。

肝心の味ですが、これむちゃっ美味いですよ 

何で今まで一番最後にしていたのかしらと後悔しました。

照り焼きというと某ファーストフード店のテカテカべとべと甘ったるいそれをイメージして

しまいがちですが、しつこさを感じさせないスモーキーな香りをまとう大人の照り焼きです。

超粗挽きのミンチの肉々しいワイルドな食感も変わらず、噛み締めるごとに大きな

満足感を得られるバーガーでした。

来店なさっているお客様の大半がバーガーを召し上がっているので、お店の方に

どれが一番出ますかと尋ねたのですが、やはりチーズ、フライドエッグ、アボカドとの回答。

なんでだ??この照り焼き美味いじゃん!!

個人的にはチーズと互角。その日の体調によって決めたいぐらいだわ。

私もでしたが、一般に甘ったるいチープなものを想像なさっているのではないかしら。

頑張れ!照り焼きW04  私は応援するよ。

さて、まずはインディゴバーガーのコンプリート終了。ばんざい。

お店の方にも「おめでとうございます!」とお声をかけていただけました( ̄◆ ̄;)

次にここでは何を目標にしよう。 これからの課題だ。

 

なお、久しぶりに来店したら厨房に入ってらっしゃる方が3人に増えていました。

きっと繁盛なさって厨房にシェフお一人だけでは、厳しくなったのかもしれません。

そのせいかはわかりませんが、今回、前菜などは少々味に陰りを感じました。

私の気になっていた老朽化した椅子も新しいものになっていたのですが、

何故かカウンター席の椅子だけは古いまま。まだ交換の最中なのかな。

周りを見回すとフリードリンクをセットしているのは私たちだけのような・・・。

フリードリンクも頑張れ! 私はこのプランの存続を願うよOnegai03t

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で8800円、この他にサービス料440円が

(小計の5%)加算され、合計9240円なり~。

カリフォルニア料理満足度数は、★★★★★ それでも特別です。

 

インディゴ (INDIGO) 

〒152-0001   東京都目黒区中央町1-12-6

TEL       03-3710-3399

営業時間/ ランチ (火~金) : 11:30~15:30 (L.O.14:30)

                   ブランチ (土・日・祝日):  11:30~16:30 (L.O. 15:30)

                   ディナータイム :火~木・日/ 17:30~24:00 (L.O. 22:30)

                   金・土・祝前日 / 17:30~25:00 (L.O. 24:00)

定休日    月曜日(祝日は営業)

2011年10月 4日 (火)

Peter/ザ・ペニンシュラ 日比谷

ザ・ペニンシュラ東京は、皇居外苑と日比谷公園の向かいに位置しており、

世界で8番目のペニンシュラホテルとしてオープンしたラグジュアリーホテルとのこと。

先日、「花山椒」同様、一休のレストランでまたも興味深いプランがありましたので

予約いたしました。 しかし、時間より早く着いてしまったわ。

エントランスを入り、ロビーフロアにあたるこちらにはダイニング「ザ・ロビー」があり

天井には、1313個のライトが点灯するシャンデリアがありました。

見上げていると夜空に開く大きな花火を見ているようだ。

正面には不思議な竹のオブジェ。なんだこれ?ナマコ?かたつむり?

臥龍の門 -トッキーここにいる- 濱恵泉さん作 だそうです。 

失礼しました。結局、私には何かはわかりませんでしたが、芸術なのです。

重厚な中に和の癒しが融合する洗練された空間になっていました。

さて、そろそろ予約の時間だよ。同行の女子Mさんも私もちょっぴりおめかししてきました。

だって!ホテルでディナーなんて久しぶりだもんね。履きなれないヒールだって履くよ。

今回のプランは、

同ホテル24階のPeter (ピーター)利用。

【一休限定】通常11000円→6600円!24階で食す心を潤すディナー+シャンパン・

白・赤ワインをお好きなだけ Webで予約 (消費税・サービス料込)。

つまりは大好きなフリードリンクプランですYahho01

するとお店の方から、予約の確認と苦手な食材はありませんかといった電話が

入りました。 さすがペニンシュラ・・・。

さあ、専用エレベーターで24階までレッツゴーヽ(^◇^*)/

入り口で本日の利用が、お食事かバーかを聞かれます。

食事で予約の旨を伝えると、ご案内いただけたのは奥の窓際のお席。

ちょとバブリーにも感じますが、いやらしさがない。

大人のための贅沢な空間と言えるかもしれません。

着席すると、この日の私達の接客担当になってくださったイケメンさんから

予め、お酒とお食事の説明があります。 

うふふ、イケメンさんだ( ´艸`) 私もMさんも、でれっと頬がゆるむ。

そういえば、さっきもロビーで顔が小さくて背の高いイケメンさんとすれ違ったね。

韓流スターみたいにカッコよかったよね~。銀座エリアはイケメンの巣なのかしら。

接客担当のイケメンさんは、笑顔がキュートで会話も自然体。スタイルもいい。

東京スカイツリーや東京タワー、

窓から見える景色を説明してくださったりと何かと親切だ。

(ノブロー) つぶつぶ言うてねえで、飯の紹介するだ。

(みに) ふぁーい( ̄▽ ̄) ノブローさんも来てたのね。

まず最初は、シャンパンから。

F1のシャンパンファイトに使われるマムのシャンパーニュです。

お食事を運んで来て下さった時、再度お料理の説明があるのですが

なかなかメモをとるのは難しい。

ハマチのホワイトオムレツ添え。

ふわふわメレンゲムース状のものがホワイトオムレツ。

魚の出汁を使っているので、うまく味が馴染んでいます。

鮮やかなブルーはブルーチーズ。

バゲットとカンパーニュには、オリーブオイルにバルサミコが入ったものが用意されます。

スズキのグリル。

ういきょうのカルパッチョ、バジルのジュレ、バスク風ソース。

(ノブロー) イケメンがカレーだ、ココナッツだ言うてただよ。

(みに) そうね、エスニックなソースもプラスされているらしいけど

見聞きしたことだけで記録しているから手が遅れて正確さにかけてるわね。

(ノブロー) イケメンにでれでれしてるから、メモがおろそかになるだ。

ガトーオペラ。

ノブローさんの話はあながち間違っていないようで、ガトーオペラ一口食べてしまいました。

危ない、危ない。急いで撮影。

(ノブロー) みにもオラのMさんも困ったもんだで。

だで、オラが記録するだ。ワインは南フランスのシャルドネ産のものをいただけただ。

シャンパンもワインも、あのイケメンが、よう気がついて、ぐいぐい注いでくれるで

2人してどんだけ飲んだか、オラおっかねえだ。

(みに) うぃーっく!フリードリンク最高!!(* ̄0 ̄)ノ 

完全に勝ってしまった気がする・・・。

ここ楽しいね~。と上機嫌で帰宅後、ペニンシュラから電話がはいりました。

ま・・・まさか!飲みすぎだ!!という苦情の電話かっ( ̄Д ̄;;

一瞬酔いもさめ、「な・・何ですかsweat01」とつっけんどんに受け答えしてしまいましたが

領収書をテーブルに置き忘れたとのことでした。 

たいへん、ご迷惑をおかけしましたGomen01

割引での利用、正確なフリードリンク満足度数は記せませんが、イケメンパワー炸裂!

気持ち的には、★★★★ 積極的に好きです。 うししheart

 

Peter(ピーター)

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京24F

TEL        03-6270-2763

営業時間/ 11:30~14:30(ランチ)14:30~17:00(土日祝のみアフタヌーンティー)
         17:30~22:00(ディナー)

                 12:00~24:00(バー/日~木)12:00~1:00(バー/金土)

定休日   無休

2011年10月 3日 (月)

シディークパレス 麻布十番

お一人ランチは麻布十番のインド・パキスタン料理「シディークパレス

場所は麻布十番駅方面からだと、一の橋から二の橋に向かう東京都道415号

高輪麻布線に面した 左手側に位置しています。

この通りには、お一人焼肉でお気に入りの「草の家」さんもあるのですが、たまには

目先を変えないと。それにね、こちら某クチコミサイトでは評判が良いらしいのです。

一見するとゴージャスな外装にひるんで、今まで素通りしていたのですが

職場にも近いし、最近インド料理にハマっている身としてはぜひとも食べてみたい。

ランチタイムのオープンは早めで11時より。

女性限定という言葉に惹かれてレディースターリーを注文しよう。

カレーも2種類選べることだし、味のお試しには良いかな?

前品サラダ付。チャイ又はコーヒー付。

1階窓際のテーブル席を利用。

お隣に座られていた女性は、何を注文されているのか興味津々だったのですが

テイクアウトのカレーをお待ちでした。

さて、カレーはA~Jまでの中で選ぶことが可能。

本日のカレーは何かをうかがうと、カリフラワーと鶏肉だったかと思いますが、

うっかりメモをとり忘れました。

レディースターリー@1300

カレーはチキンコルマとチキンスピナッチをチョイス!

スモールナンとのことですがボリュームあり、ほんのり甘い。

しかしランチタイム、このナンは焼きたてというより微妙に作り置き感がしました。

ミニライスは日本米。

あれ?クチコミサイトによるとバスマティライスでいただけるようなのですが、

注文時、何もお話がなかった、残念。

あとから、よくメニューを見ると「ライスはバスティマライスにも出来ます」と

記されており、何も言わないと出てくるのは日本米になるのでしょう。

次回はこの点を留意しよう。

サラダ。

ぽってりとしたドレッシングがたっぷりかかっているのですが、味がしない。

とってもマイルド。

チキンコルマは、お店の基本のチキンカレー(左)

チキンスピナッチは、グリーンが鮮やかなほうれん草ソース(右)

チキンコルマ 唐辛子印

さらっとしたカレーは口当たりも軽い。チキンがごろんと入っています。

チキンスピナッチ 唐辛子印は

こちらの方がチキンコルマより、ニンニクをより感じ粘性あり。

スパイスにほうれん草のコクと旨みが調和されてます。好みだ。

双方ともチキンはほろりと柔らかく煮込まれており、唐辛子印がついていますが

私には程よくマイルドに感じられました。いい塩梅に洗練された上品なカレーです。

本日のアイスクリーム

マンゴー。 うまい。

食後はチャイ(アイス)

「シディークパレス」、ホール接客は日本人。とてもソフトな対応。

夜のお値段はお高いようなので私にはどうやら縁遠い。

テイクアウト弁当も1000円以上(5個以上注文で1個当たり1000円)

昼のメニューは限られ、弁当の値段をみても、さほどお得感までは感じないものの、

近くなのでまた寄ってみたいと思っています。

なお、夜、地下1階ではベリーダンスのショーもあり。

私が写真を写していたためか、お店のちらしをいただけました。

その中には、パーティー・ケータリンクでもベリーダンサーの手配を受け付けると、

記されていました。色々、展開しているんだなあ。。

ともあれ、満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

シディークパレス 麻布十番店

〒106-0045 東京都港区麻布十番4-3-1 1号棟 3号

TEL      03-6435-3515

営業時間/ 11:00~15:00 17:00~23:00

定休日    年末年始を除き無休   

2011年10月 1日 (土)

登川 №5 恵比寿

お一人ランチは恵比寿のうなぎ「登川

間が空いてしまいましたが、本日がランチメニューの制覇になります。

きじ焼重やきとり重日替わり弁当親子重 最後はお店の看板でもあるうな重。

いいお値段になりますから、さすがにスペシャルまで見栄をはることは無理。

うな重(松)@2500

きも吸・新香付。下焼きされたうなぎに、たれをくぐらせ浸し焼かれて出されます。

とろけるように柔らかいうなぎは舌触りも滑らか。

たれはやや辛めで、しつこさを感じさせません。

きっちり、きも吸い。 熱々のものをお母さんが運んできてくれます。

いつものカウンター席。 大将の歯切れの良いよく通る声は、威勢のよいお寿司屋さん

のようですが、雑な挨拶はしません。

また、大将はお母さんとも一線を画して対話なさっており、なあなあではないとことも

感じが良いのです。

私は、このお店の大将とお母さんのやりとりを聞いているのも好きだったな。

ランチメニューの最後であるうなぎを食べ終わると急に肩の力が抜けてしまいました。

ここが気に入って、ここのランチを制覇しようと決めて、達成できたのに。


会計を済ませると、いつものように

「毎度ありがとうございます。又お待ちしています。」と声が返ってきました。

そうだ、また来ればいいんだ♪

ここには私の好きな空気感がある。食レポだけがすべてじゃないんだから。

「また来ます。」自然とそう答えていました。

登川さんのランチ。

私個人の贔屓目になりますが、全体を通して満足度数は★★★★ 積極的に好きです。

ありがとうございました(o^-^o)

 

登 川

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-15-4

TEL      03-3477-0223

営業時間/ 昼11:30~ 

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »