2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 酒の大桝 wine-kan 浅草 | トップページ | 酒の大枡 雷門店 浅草 »

2011年9月14日 (水)

うなぎ 色川 浅草

2日目は、うなぎの老舗「色川」 文久元年(1861年)創業。

浅草には有名なうなぎのお店が他にもありますが、同店を選んだのは予約が

できないという話を聞いたからです。

浅草泊まりは絶好の機会。 朝から並んでやれ!

駒形橋にも近い同店は住宅街の中の一角。

インパクトのある淡い緑色の建物が「色川」さん。

この前にはすでにお客様が数名並んでいました。

えっ!私達11時にチェックアウトしてまっすぐ来たのに。時計を見ると11時15分。

平日なのに、やっぱり人気のお店なのね。

お店のオープンは11時30分ごろ、アバウトらしい。 30分を少し回った頃、お店の

おばちゃんが顔を出し、待ちのお客様ごとに人数を聞いて、席を割り振ります。

私達も第1陣となり入店。ばんざい。

店内はカウンター席とテーブル席。奥には座敷席もあるようですが、入り口に近い

テーブル席に相席となりました。はっきり言って狭い。卓上にメニューはなかったので

お品書きが貼られている後方などを振り返るのも憚られる状態だ。 

うな重@2500 香・吸い物付き。 

こちら私チョイス。

下焼きがされているためか、意外と早くに運ばれてきました。

ふっくらと柔らかいうなぎ、脂も上品。たれはやや甘めですがくどさがない。

吸い物は肝吸いではなく三つ葉ととろろ昆布。ま、ウマイからいいけどね。

うな重@2000 香・吸い物付き。

連れチョイス。

あちゃー!明らかにうなぎが小さい。500円の差ならフンパツしたほうが良さそうよ。

きも焼@500(奥) ゑり焼@400(手前)

きも焼は絶品!ほろ苦さにしっとりとした焼きの加減も上々

あっという間に売り切れ状態になったようだ。

ゑり焼はゴツゴツバリバリと小骨が残り食べ辛いかな。

それはそうと!

「あ・・・あのぉ。瓶ビール注文したはずだけど・・・。」

混雑のためテンションが上がっているおばちゃんのタイミングをみて、

おそるおそる声をかけるとカウンター内でうちわをパタパタ扇いでいる大将が

私達に気づいてくれた。

「お、ビールな、ごめんよー」と小気味よい江戸っ子口調。 

おばちゃんが急いでビールを運んでくると、再び大将が「ごめんなー」と声を

かけてくれた。粋な大将だ。 このお店の魅力は威勢の良い大将だなあ。

愛すべき下町の文化だ。

さて、うなぎですが、老舗ということで、もっとがっちりとしたパンチの強さを想像して

いたのですが、その舌触りと言いデリケートでさっぱりといただけるものでした。 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とビール@500で合計5900円なり〜。

うなぎ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。   ご馳走様でした(*^-^)   

 

うなぎ 色川

〒111-0034  東京都台東区雷門2-6-11

TEL      03-3844-1187

営業時間/ 11:30~13:30 17:00~売切れ次第終了

定休日    日曜・祝日ほか不定休

« 酒の大桝 wine-kan 浅草 | トップページ | 酒の大枡 雷門店 浅草 »

02.和食全般」カテゴリの記事

a-07.台東区・墨田区・江東区・荒川区」カテゴリの記事

b-2.東京・神奈川ランチ」カテゴリの記事

コメント

>さて、うなぎですが、老舗ということで、もっとがっちりとしたパンチの強さを想像して

自分が食べ歩いた限りでは、都内で言うと、高級店、有名店の方が、タレが薄味で、うなぎの味を活かした、デリケートな味わいの傾向です。
しっかり甘辛い味なのは、大衆的な店とか、特に田舎の店が多いですね。

浅草に有名なうなぎ料理屋はありますが、自分的には、オススメ出来る店はありません。
色川は、どっちかと言うと、あの大将のキャラクターが、愛されている感じじゃないですかね?

魔神さん^^
こんにちは~。
コメントありがとうございます。

タレの味は薄味。そう思います。
以前(ブログに記録する前ですが)食べた老舗のうなぎもさっぱり目のタレでした。
蒸しの過程が入る、ふわっとしたうなぎも良いのですが、最近は関西風?
身のしっかりしたうなぎが食べたくてなりません(=^・^=)
東京ではお目にかかれないかしら・・・(ノд-。)
ともかくこれからもコツコツうなぎを食べて記録していきますね!

大将のキャラクターも同感(・ω・)ノ。
チャキチャキの江戸っ子さんですね♪正直、うなぎより印象に残りました(汗)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

>蒸しの過程が入る、ふわっとしたうなぎも良いのですが、最近は関西風?
>身のしっかりしたうなぎが食べたくてなりません(=^・^=)

関西風(または地焼き)の、カリッと焼いたうなぎは、銀座の「備長」で食べられます。
名古屋系の店ですが、静岡県岡崎市以西は、関西風の調理です。

カリッとはしていませんが、銀座の「ひょうたん屋」も、蒸さない地焼きで出します。

他には、新富町の「青葉」も、関西から東京進出した店ですが、カリッとはしていませんし、そもそも味的にオススメではありません。

魔神さん^^
銀座の「ひょうたん屋」
あと、新富町の「青葉」ですねφ(・ω・ )かきかき。
※「備長」は以前ひつまぶしをいただいたことがありました。

教えてくださって、ありがとう!魔神さん^^
機会をみつけて伺ってみます。
お財布の関係上、なかなかいただくチャンスがありませんが
うなぎ、大好物なんです♪ 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

>※「備長」は以前ひつまぶしをいただいたことがありました

記事見ました。
自分と知り合う前ですね。
みにさん、甘いの苦手なんですか!
カレーも辛口食べてますしね。

「備長」の白焼きは、自分も苦手なのですが、味醂を塗って焼いているので甘いのです。
ひつまぶしのタレが、つゆだくなのは、たまたまだと思います。
タレが甘めなのは、名古屋の傾向です。

自分も、うなぎのタレは、辛目が好みです。

そんなみにさんに朗報です。
「ひょうたん屋」は、醤油塗って焼いてんの?ってぐらい、自分の知る限り一番辛口のタレです。

魔神さん^^
えへへ(*´v゚*)ゞ 実は甘いものは得意ではないのです。
なので一応女子ですが、スイーツのレポがないでしょsweat02

中学ぐらいまでは大の甘党で、夕飯前にケーキやデニッシュを
必ずと言っていいほど4個食べていました。
お小遣いはすべてそっちに消えており・・・。
ある日ピタッと喉を通らなくなったのです。
一生分の甘いものの許容量の8割がたを食べてしまったのかな。
(実家の料理も甘い、カレーや焼きそばに大量の砂糖使うんです。
今から思うとそれもきいたかな。)
最近少し回復してきましたが、それでも不得手。
家の近くにケーキ屋さんがあるのですが、どうも甘ったるい
香りも苦手で息を止めて走り去る始末。

料理全般ですが、甘ったるさが表に出ていると箸が止まってしまう。

朗報に感謝(*゚ー゚*)!
「ひょうたん屋」さん、楽しみです。ありがとうございます^^
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 酒の大桝 wine-kan 浅草 | トップページ | 酒の大枡 雷門店 浅草 »