2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №5 | トップページ | 南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №7 »

2011年9月27日 (火)

南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №6

なますてー♪「ポンディバワン」です。

この日もソーヴィニヨン・ブラン(白)@1900とパパド(インドの豆粉のせんべい)

から始まり・・・。

チキン65@700

「インドのラッキーナンバー「65」を冠した南インドでは有名なフライド・チキン。

「65」という呼び名は、チェンナイのホテルで1965年に初めて作られたからとの説が

ありますが、定かではありません。」 とのこと。

(モモロー) 「65」は生オニオンと一緒にごっちゃんになるだ。

むっちりとしたチキンはジューシー&スパイシー。 

コレ絶対に!うまいW04!!オススメ指数4.5

パロタ(2P)@600

「北インドのナンをタンドール窯を使わずに、より美味しくなる工夫を施した南インド

のパン。」 ナンの生地をクルクルと巻いて鉄板で焼くそうです。

(ハチロー) 甘みがあって美味しいだ。クロワッサン感覚だで。

(みに) あっ、ほっぺが赤くなったのは気に入った証拠ね。

次回はパロタセットで注文してみる?

チャナ豆のカレーが特別にセットされているわよ。

フッシュカレー@800

「もっと辛い」で注文。

カレーリーフとタマネギ、マスタードシード。

酸味を感じるのはタマリンドが入っているのかな?

酸っぱ辛さがクセになりそうなカレー。

シェフの故郷、ポンディシェリーの独特の味付け。主にメカジキやサバを使用とのこと。

この日はメカジキ。

アントニーさんの奥様が来日中ということでサービスでいただいたお菓子。

「マイソルパック」 お砂糖と豆の粉、ギーを感じる。

しいて言うと沖縄の「ちんすこう」によく似た食感で、ここにコンディンスミルク

しみ込ませたような味わいでした。(相変わらず表現力が乏しくてすみません)

(ノブロー) さくさく、しなっと甘いお菓子だで♪ 奥方さんに感謝だで。

アントニーさんは日本のご飯食べないの?いつも何を召し上がっているの?

とお聞きしたら「ラーメン」がお好きなんですって。

さすが日本に根付いた文化!日本のラーメンはインターナショナルだ♪

あとコンビニパンを窯にはりつけて食べたりと、

やっぱり窯があると何かと便利なのだ!

奥様は1月ぐらいこちらにいらっしゃって、従業員さんを含め皆さんで

ご一緒に観光されるとのこと。お天気に恵まれるとといいネOnegai03t

インド料理満足度数は、★★★★★ 特別です。 だりあばーる♪

 

南印度ダイニング ポンディバワン 

〒146-0093 東京都大田区矢口1-7-9

TEL       03-6715-2888

営業時間/ 11:00~15:00 (L.O.15:00) 17:30~23:00 (L.O.22:30) 

定休日     第1・第3 月曜日 (祝祭日の場合は翌日)

« 南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №5 | トップページ | 南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №7 »

07.エスニック・インド料理・カレー」カテゴリの記事

a-06.品川区・大田区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

この店のチキン65は、美味いですよね。
これで、鶏肉をもっと質の高いのにしてもらえたら、最高なんですけどね。

>酸味を感じるのはタマリンドが入っているのかな?

素晴らしい!
タマリンドの酸味は、南インド料理の特徴ですからね。
タマリンドがなかったら、レモン汁で無理やり酸っぱくするみたいです。

>マイソルパック

このデザートは、北インドではスージハルワ、南インドではケサリバットじゃないかと思いますね。
たしかアントニーは、ポンディシェリの出身と思いましたが、ポンディシェリは狭い地域と言うのに、公用語がタミル語、マラヤーラム語、テルグ語、フランス語!?
ポンディシェリで、マイソルパックって言うんでしょうかね?
覚えていたら、聞いてみて下さい。

魔神さん^^
こんばんは~。
コメントありがとうございます。

シェフの方々で微妙にイントネーションが違うのです(;;;´Д`)
でも、ほんとは??タミル語を使うんだよって言ってました。
だから、「ありがとう」を意味する
「だりあばーる」はタミル語で「なんどりー」だよって教えてくれました。
私の発音が下手なので、こっちのほうが他のシェフにも通じやすいみたい。

「このお菓子何?」とお聞きしたら、アントニーさんが
「マイソルパック」だって。これは何語なのかな?
言語が入り混じってますね。
機会があったら聞いてみますね♪
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


>「だりあばーる」はタミル語で「なんどりー」だよ

調べると、確かにタミル語でありがとうは、「ナンドリー」ですね。
でも、「ダリアバール」は何語なのか分かりませんでした。

ちなみに、タミル語=タミル・ナドゥ州の公用語、マラヤーラム語=ケララ州の公用語、テルグ語=アーンドラ・プラデッシュ州の公用語、フランス語は、昔ポンディシェリがフランスの植民地だから、現在も話されているそうです。
恐らく、マラヤーラム語かテルグ語のどちらかじゃないですかね?

>機会があったら聞いてみますね♪

お願いします。
色が微妙に違いますが、恐らくかつて自分もこの料理を食べた事があり、アントニーに、スージハルワ?と聞いたら、そうだと言っていました。

魔神さん^^
「だりあばーる」は「だにやうぁーど」(ダニヤヴァード)と
おっしゃってるのかもしれませんね。
アントニーさんにはなんとなく通じているようでOKなのですが
もうお一人のシェフのかたに、「立川」のたちかヴァーだと
発音を指摘されたりします。
言語が入り混じっているので、それぞれに差があるようです。
なのでそこに神経質になると、これまた息苦しくなってしまう。
あくまでもコミュニケーションですからね♪

ちなみに「スワディッシュ」はみなさんOKのよう。
美味しかったら使ってみてくださいね(o^-^o)

あと、スージハルワの件♪了解で~す(*゚▽゚)ノ
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

テルグ語は、昔々ムガール帝国のマハラジャ(藩王)がイスラム教徒だったからなのか、どうなのか?ヒンディ語に近いと言われています。
ヒンディ語なら、「ありがとう」は、「ダニヤヴァード」・・・悩みがスッキリ解決しました!

魔神さん^^
さっそく、今日帰りに寄ってきましたよ♪
ポンディシェリではタミル語なんですって。
他のシェフ(ポールさんとマニさん)はタミル語しか
わからないらしいです。
もちろんアントニーさんも本来はタミル語。
でも彼はヒンディー語も喋れるって(o^-^o)

ちなみにアチャールはタミル語だとアチャーラム?だとか。
で、こんにちははタミル語だと難しい!!
「わなっかむ」??ともかく発音が難しいので、私はなますてー♪
で勘弁してもらおうと密かに思いました(;´д`)トホホ…

「みっげなんどりー」がThank you so much.
タミル語のどうもありがとう!だそうです。
で、帰宅後気がつきました・・・肝心のスージハルワを
聞き忘れていました。 ごめんなさい(/□≦、)
次こそは必ず!!
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №5 | トップページ | 南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №7 »