2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« とり薪 蒲田 | トップページ | 南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №6 »

2011年9月26日 (月)

南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №5

南印度ダイニング 「ポンディバワン」 前編に続き特集です。

なますてー♪

まずはソーヴィニヨン・ブラン(白)@1900とパパド(インドの豆粉のせんべい)

シークカバブ(2P)@700

「スパイシーに味付けされたチキンとマトンのひき肉を串(シーク)に握り固めて炭火で

焼きあげたタンドールの定番。」

(モモロー) 細長ぇお肉だで♪ 串は、はずされているだ。

(ノブロー) ほぉほぉ。スリリングな形してるだな(汗)

噛み応えあり、スパイシーで旨みがぎゅぎゅっと濃縮されたような味わい。

次は「玉子を塗って焼き上げたドーサ」をお願いしよう。

エッグドーサ@1000

ドーサは南インドの代表的なお料理の一つ、インド風のクレープになります。

外側はかりっと内側はもっちり。万人受けしそうな優しい味。

サンバルとチャトニがセットされています。

今回、セットのサンバルの辛さは特に聞かれなかったので、いただきやすい辛さに

なっています。 チャトニは、何かを聞くのを失念。

表現力が乏しくて申し訳ないのですが、食感はツナをゆるくしたような感じ。

味わいとしてはココナッツチャトニだと推測しているのですが、次回聞いてみます。

(ハチロー) 黄身つぶして広げちまっただ。ワクワクするで。

(みに) さっ、早く食べよう。しなしなやわやわになっちゃうわよ。

医食同源!本日はオリジナルなカレーにも挑戦してみよう。

ミネラル美肌カレー@900

数ある中からえらんだのはミネラル美肌カレー。「もっと辛い」で注文。

海水浴、紫外線で疲れたお肌を癒すのだ。 

トマト、インゲン、ジャガイモ、カリフラワー。

野菜の食感が残っており、辛さの中に感じる旨みと甘みあり。

アントニーさんにお聞きしたらココナッツミルクも入っているんですって。

黒い粒はマスタードシード。

(ノブロー) オラも海水浴したで回復してえ。美肌取り戻すだ。

(みに) 食べて綺麗になるなんて、お手軽だわーー。

チャパティ(2P)@500

「イースト菌未使用の全粒粉のヘルシーなパン。発酵しないので膨らまずペタッとして

いますが、素朴な味わいで噛むほどに美味しいパンです。」

ナチュラルな美味しさが魅力。個人的にはナンよりこっちが気にいっちゃいました。

(ハチロー) お店のメニューには

「淡白なので、油を使った料理や濃い味付けの料理と合わせるのがおすすめ。」

つーことで記されてあるだ♪ 

(みに) ハチローさんもインドのパン、気に入ってくれたかな。

噛むほどにほんのりとした甘みを感じるね。

(ワタロー) オマケだで。ポンディバワン№3のとき紹介したレモンライスのメニュー

写真だで。

(みに) ご丁寧にありがとうございます( ̄◆ ̄;)

インド料理満足度数は、★★★★★ 特別です。 だりあばーる♪

 

南印度ダイニング ポンディバワン 

〒146-0093 東京都大田区矢口1-7-9

TEL       03-6715-2888

営業時間/ 11:00~15:00 (L.O.15:00) 17:30~23:00 (L.O.22:30) 

定休日     第1・第3 月曜日 (祝祭日の場合は翌日)

« とり薪 蒲田 | トップページ | 南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №6 »

07.エスニック・インド料理・カレー」カテゴリの記事

a-06.品川区・大田区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

>エッグドーサ

ドーサは、ベジタリアンの方も良く食べるため、ノンベジのドーサは、あまりポピュラーじゃないのです。
ポピュラーなのは、プレーンドーサ、マサラドーサ、オニオンドーサ等。
もちろん、ベジタリアンじゃないインドの人は、エッグドーサを食べるようですが。
南インドのドーサ専門店では、あまりないメニューなんじゃないですかね?
勘違いだったら、ごめんなさい。

インド料理にハマったのでしたら、インド料理には素晴らしいベジタリアンの文化がありますので、意識してみてはいかがですか?
自分も、ベジタリアンを食べるまでは、物足りないんじゃないかと思っていましたが、食べてみると全然そんな事はなく、今では積極的にベジタリアンを食べているくらいです。

薬膳カレーとチャパティ美味そうですね。
またこの店に行きたくなります。

魔神さん^^
こんにちは~。
コメントありがとうございます。
ベジタリアンを意識して、ドーサも食べてみますね。

薬膳カレーをいただいたら、肌にポツポツができてぽろっと取れたの(・Θ・;)
これってデトックス??などと勝手に解釈しています。
魔神さんも、ぜひまた、こちら方面にいらしてくださいませ^^
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« とり薪 蒲田 | トップページ | 南印度ダイニング ポンディバワン 武蔵新田 №6 »