2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 京都旅行2011夏 №2 さくらえび弁当 | トップページ | 京都旅行2011夏 №4 芹生茶屋 »

2011年7月 8日 (金)

京都旅行2011夏 №3 三千院

初日の観光は大原からになります。

バスの駐車場に到着したのは15時頃。このエリアで90分の自由時間をいただきました。

ツアーには三千院の拝観料がセットされているため、さっそく拝観させていただきましょう。

三千院は2009年秋以来の拝観になります。

ツアーの添乗員さんのしおりによると三千院は

伝教大使が比叡山に開いた小堂を始まりとする門跡寺院。

あの奇跡のように美しい庭園の初夏の姿を観て見たい。

はやる気持ちが抑えられず足早に外に出てしまいました。

いらっしゃいました!杉木立の中に凛と佇まれるお姿。ため息がでるほどお綺麗です。

往生極楽院(おうじょうごくらくいん)の阿弥陀三尊像(国宝)。

秋に訪れたときは、拝観に訪れた方々でいっぱいでしたが初夏のこの時期は

落ち着きを取り戻しているようです。

苔むした庭に遊ぶお地蔵さまたち。

再び合掌(-∧-)

ほっこりします。 またお会いできて嬉しいわ。

三千院のお地蔵さまは大好きです。

どのお地蔵さまも柔らかい笑みをたたえいるように思えてなりません。

もう少しお地蔵さまを眺めていたいのですが

今回の三千院拝観の目的の第一は阿弥陀三尊像やお地蔵さまではないのです。

あじさい苑。

2011年6月12日~7月10日迄あじさい祭りが開催中。境内には約三千株以上の

紫陽花が咲いているとのことで、ツアーではあじさいの鑑賞が予定に含まれていました。

添乗員さんからうかがったのですが、お寺などに青い紫陽花が多いのには理由がある

とのこと。土壌がアルカリ性であるか、酸性であるか、骨にふくまれるリンと関係する

ようです。 つまり青いと下に埋まっている??この話本当なのでしょうか。詳しくは不明。

添乗員さんも小声でお話なさっていました。

私は青い紫陽花が清涼感があって最も好きなのだけど。

沙羅の樹。

「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響あり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理を
あらはす 驕れる者久しからず ただ春の夜の夢の如し 猛き人もついには滅びぬ 
偏に風の前の塵に同じ。」

白い沙羅の花は一日花とも呼ばれ、花びらを散らすことなく落ちるそうです。

« 京都旅行2011夏 №2 さくらえび弁当 | トップページ | 京都旅行2011夏 №4 芹生茶屋 »

d-1.旅行・京都」カテゴリの記事

コメント

みにさん
こんにちは!

前回の京都訪問は桜やツツジがちょうど終わったところで、紫陽花にはまだ早かったから、今回は最高のタイミングで紫陽花を見ることができてよかったですね!

>青い紫陽花

そうそう!三千院には青い紫陽花がたくさん育っているんですよね!
紫陽花の定番といえば真っ青な紫陽花のイメージがあるけど、
最近は中間色の紫陽花が増えてしまって、
(京都では)青い紫陽花をすっかり見かけなくなってしまいました。
定番ものがレアものになってしまったような(笑)
実家が道端で自生している青い紫陽花をみつけたと喜んでいましたが、
それは市の緑地課が管理しているものだから、
くれぐれも変なことを考えないようにと釘をさしたらしょんぼりしていました(笑)

さて、次はどちらに行かれるのでしょうか(^^)♪
ワクワク♪

いつもありがとうございます!

ほぷほぷさん^^
こんにちは~。
コメントありがとうございます。

はい(*^-^) 紫陽花を目的にツアーを申し込んだわけでは
なかったのですがこの時期でも紫陽花は観れるのですね。らっきー♪
家の近所に玄関先に紫陽花を植えてらっしゃるお宅があって
すでに枯れているのでまさか京都で観ることができるとは思いませんでした。

駐車場から三千院までの道も秋とは一変して空いていたわ~。
スイスイのぼることができました( ̄▽ ̄)快適!
帰りも同様です。
なんせツアーだと時間との勝負。最後のラストスパートで
自力で駐車場に戻らねばなりませんから。この差はデカイ。
道沿いのお土産物屋さんも閉まっているところがあって
びっくりしました。

添乗員さんのミステリアスな話にいっそうワクワク感がたかまって
アルカリ性が赤い紫陽花、酸性が青い紫陽花とリトマス試験紙と逆!
と頭にたたきこんで見学したわ。
調べてみたら青い色の紫陽花にするには肥料に硫酸アルミニウムを
与えることなどによって青くすることもできるとか。

京都でも青い紫陽花がレアものになってしまったのですか~。
う~ん残念。やっぱり私は青い紫陽花が好きです(o^-^o) 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

三千院の紫陽花とはかなりの変化球だね。
三千院は京都東ICからも京都南ICからも遠いし、
乗用車なら栗東ICで降りて琵琶湖大橋を渡って
途中越えというルートもあるけど、バスはあまり
走っていないと思うしね。
「紫陽花見学」までは当たっていたけど、
藤森神社か三室戸寺かと思ったよ。

次のポイントはどこかな?
京都の暑さと涼しさを体験してもらう為に
鴨川か貴船か川床をコースに入れたい所だね。
Panda がプランを考えるとしたら・・・

シーズンが一段落した大原も、また違った魅力が有りますね。

三千院のあじさい苑は静かで趣が有り、二代目隊長もお気に入りです。

しかしながら、高速道路を降りてからが遠いのでなかなか訪れる機会が有りませんでした。

みにさんの写真で楽しませて頂きますね~happy01

いきなり「三千院」とは、黄ぐまも少々びっくりでした。
「三千院」というと、混んでいると何度も聞かされたので、
すいている時期があると聞くと、ホッとします。
(ツアー会社も考えていますね。)

紫陽花の下にも色々あるんだね。(ほとんどは肥料?)

そういえば、そういうドラマがありました。
紫陽花の下になんか埋めて、花の色が変わり、犯行がバレる
というミステリードラマだったけど、そんなに色がくっきり
変わるかい、と、ついダメ出ししたくなりましたが、そこ
突っ込まれると苦しいと言うよりないのでしょうね。
目をつぶりましょう。

90分「三千院」でゆっくりできて、これから京都の市街地に
連れてってもらえるってことなら、楽でいいですね。

panadaさん^^
こんにちは~。
コメントありがとうございます。

今回、紫陽花が目的で初夏の京都を訪問したわけでは
ないので、得をした感じです。
藤森神社、三室戸寺行ってみたいわ。
スケールが違うのかな
この日蒸し暑さに三千院の紫陽花はぐったりしている
ようにも観えました。

このときの添乗員さんが御朱印マニアでね。
自分の御朱印帳を見せて下さったわ。
京都ではなかったけど中にはすごい御朱印(絵も描かれているの)
もあってびっくりしちゃった。

私も集めてみたいな~(*^-^)
pandaさんもどう??
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

白熊二代目さん^^
こんにちは~。
2009年、白熊さんに大原に連れていっていただいたんですよね。
寂光院、あの楚々とした佇まいのお寺は忘れられません。
本当にありがとうございました。
紫陽花で何で大原なのかな~なんて思ったのですが
三千院のお地蔵さまにまた会えたのでOKです^^
あまりの暑さに三千院だけで自由散策、残りの時間
(といっても10分ほどしか残りませんでしたが)
茶屋に入ってしまいました( ̄▽ ̄)

バスツアーは時間厳守が鉄則。
つくづく白熊さんや職員さんのご厚意に感謝でした。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

黄ぐまさん^^
こんにちは~。
コメントありがとうございます。
空いていましたよ~。
お土産物屋さんなども閉まっているところがあって
秋と比べるとちょっと寂しい感じもしたわ。

紫陽花の下には何かが・・・!
大判小判がざっくざく(≧∇≦)♪なんて妄想をしながら見学。
ミステリアスなところも紫陽花の魅力ね。

黄ぐまさんもミステリードラマとか見られるの?
ここではなかったけど京都バスツアーの際、ガイトの方が
京都はご存知のとおり日本で一番殺人事件が多いところで
朝がたあたりによく刑事さんが来てるって、
この前は小林稔侍さんがうろうろ??していたって( ´艸`)
船越栄一郎さんもきっといるわね。

このあとはバスでまた移動。雨に降られず良かったです^^
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この時期の紫陽花は、とてもキレイですね~。

三千院には行ったことはないのですが、とても、雰囲気がありますね。

超有名観光スポットでも、空いている時期があるんですね。

秋は、観光客で一杯でしょうから、自分もこの時期を狙って、京都に行ってみたいです。smile

tokuchanさん^^
こんばんは~。
コメントありがとうございます。
三千院のお地蔵さま(゚▽゚*)素敵よーー。
私、ファンなのです。
tokuchanさんも機会があったら、会いにいらしてください。
秋のムチャ混みを考えると夏は空いてま~す。

だけど夏の京都は、あ・・・暑いsunsun
予期しない汗が流れだすの。なんなんでしょう。
最も涼しい服装でお出かけくださいね(*^-^)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 京都旅行2011夏 №2 さくらえび弁当 | トップページ | 京都旅行2011夏 №4 芹生茶屋 »