2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 京都旅行2011夏 №5 貴船川床(ひろ文) | トップページ | 京都旅行2011夏 №7 朝食は・・・バイキング »

2011年7月12日 (火)

京都旅行2011夏 №6 貴船神社

食後は貴船川沿いに各自貴船観光バス駐車場まで徒歩で戻るのですが

その際、貴船神社とホタル鑑賞の自由時間も設けられていました。

貴船神社(きぶねじんじゃ)は、京都府京都市左京区にある神社である。

式内社(名神大)、二十二社の一社で、旧社格は官幣中社。

日本全国に約450社ある貴船神社の総本社である。

                                                                           -Wikipediaより-

「ひろ文」より近い参道から入り」ました。

貴船神社は古くから水の働きを司る神様として信仰を集める神社。

平安時代の歌人・和泉式部が薄れていた夫の愛を取り戻すために参拝し、

復縁成就したことから、縁結びの神様としても信仰が厚いとのこと。

私たちの訪れた時期は七夕ライトアップ(7/1~8/15)がなされていましたcatface

御祭神はタカオカミの神。

絵馬発祥の地でもあり、祈雨には黒馬、祈晴には白馬または赤馬が奉納され、

時には板立馬が奉納されることもあり、これが絵馬の起源とのこと。

水占いおみくじ@200

箱の中から紙を一枚を選び、境内の霊泉に浮かべると吉凶が解るという

ミステリアスなおみくじ。さっそく購入しました。これをどうしたらいいのかしら・・?

こちらはご神水。この水をかけるの??

周りの状況を見ていると用途が違う様子。

こちらのご神水どうやら無料で持ち帰れるようですが、今の私達の状況では無理だ。

ちなみにオリジナル容器も販売されています。

あっ!あった。水占と書いてあるしここが占いの庭に違いないわ。

ぽーんと水に放つと、んー!文字が浮き上がってきました。

結果は小吉・・・。まあ、今回はこんなところで・・・・。

この水占おみくじ、乾きはじめると徐々に文字も見えなくなります。

あら?ノブローさんはどこかしら?

(ノブロー) オラも金100円ぶっこんで七夕の短冊書いただ。

これでまた京都来れるだで。クマピヨちゃんみせばんちゃん探すだ。

(みに) そうね。今度はクマピヨちゃんやみせばんちゃんゆかりの地を

めぐってみようね。

さあ、時間だわ。駐車場近く、貴船川沿いに観られるというホタルを

見ながらバスに戻ろうね。

夜の闇に映し出される貴船神社の社殿は神秘的で、この地には不思議な力が宿って

いるかのように思えました。霊妙で優美だ。

またの機会には奥宮までじっくりと拝観してみたいな。

貴船神社の参道の石段。

あとから聞くところによると貴船神社は縁切りの神としても信仰されているとのこと。

この、ま逆なギャップがますます人々を魅了するのではないかしら。

このあとホタルを観賞できたのですが、やはり灯りのある場所では難しく

貴船観光バス駐車場近くが周辺の灯りも少なかったためしっかり確認できました。

ツアーのしおりによるとゲンジボタルとのこと。

幽玄な七夕ライトアップと暗闇の夜空に舞いほのかに光るホタル。

初夏の夜、幻想的な風情を楽しむことができました。

« 京都旅行2011夏 №5 貴船川床(ひろ文) | トップページ | 京都旅行2011夏 №7 朝食は・・・バイキング »

d-1.旅行・京都」カテゴリの記事

コメント

貴船のご神水は3年間保存しても細菌が増えなかったという
話もあり、500mlのペットボトルを持って行って、
翌日の水分補給用にすれば良かったのにね。

ノブローくんは七夕の短冊を書いたんだ~
「ワンパターン」と「予想外の事をする」を
組み合わせるのが飽きられないコツだよ。
ノブローくんが七夕の短冊を書いのは
予想外の行動だったね。

蛍も飛び交う水の清らかな神社、「貴船神社」は
神秘的で幽玄ですね!
黄ぐまの周囲でも、貴船さん参りは人気だよ。
「貴船神社」が絵馬発祥だったとは初めて知りました。

明るいうちから参拝し、日が暮れてホタル見物ですか!
貴船さんの魅力が凝縮で、いい旅になりましたね~。

「縁結び」と「縁切り」を両方叶えるとは意外な
気がするよね。「安井金比羅宮」もそうですね。
そちらでは、悪い縁を切ってからいい縁を結ぶと
いう順番があるらしく、それを聞いてからは抜かり
ないことので、最もだと思えるようになったよ。
貴船さんでも「縁結び」してから「縁切り」したら
プラマイゼロということになるかも~。(そんな。)

貴船さん、知れば知る程素敵な神社。
あのイメージが全くないね。(五寸釘!見て帰って
来ちゃった知人がいましたが...)

ご神水は、オリジナル容器で、お土産にしたいです!

pandaさん^^
こんばんは~。
コメントありがとうございます。
えーー!!3年保存で細菌が増えない(=゚ω゚=;)
そうだったんだー。惜しいことをしたわ。
手持ちのペットボトルにいれて顔にペタペタつければ
ご神水の力でアンチエイジングできたかも( ̄▽ ̄)
若返りそこねたわ。

ノブローさんがね。
短冊を書いてつるしておけばみせばんちゃんやクマピヨちゃんに
発見してもらえるかもしんねえ って( ´艸`) お小遣いはたいたのです~。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

黄ぐまさん^^
こんばんは~。
コメントありがとうございます。

ここはパワースポットですね(*^-^)
不思議な気が集まっているように思えたわ。
だから次回はじっくり奥宮まで向かってみたいな。

「丑の刻参り」の起源もこちらなんでしょ?
黄ぐまさんの知人の方が見られた五寸釘って
どのあたりにあったのかな。
怖いような見てみたいような((・(ェ)・;))

いろんな意味で陰と陽の魅力を感じます。

あと、「縁切り」「縁結び」の順番には気をつけないと
いけませんな( ̄▽ ̄) 学習しました!!
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

去年も祇園祭の後に貴船に行っているので
今年も行ってみたいと思っているよ。
でも、たいたいの場所がわかっていれば
見つけやすいけど、数ある七夕の短冊からの
ブローくんの短冊を見つけるのは大変だろうね。
1年前に、Pandaが貴船に行ったレポートのコメントに
みにさんは「川床と水占おみくじを体験したい」と
書いていたから約1年後に実現できたね。
http://miseban-panda.seesaa.net/article/157029418.html

所で、創作和菓子の金魚鉢って知ってる?
この前、買ってきたけど、この暑い時、
みにさんも欲しくなるんじゃないかな~
http://miseban-panda.seesaa.net/article/214245036.html

pandaさん^^
ノブローさんの短冊は社殿側。
2本ある?笹竹のうち、清めの手洗い場の隣の方で右側です。
「絵馬の像」に近かったかな~。
中段ぐらいの位置に結びました♪
ペンのインクがでなくて書くのにごりごりしたわっ。
でも確かに短冊を見つけるのは大変だぁ。

創作和菓子見ました~!!
すごい涼しげだね。たしかに食べてしまうのはもったいない。
金平糖などで作ったお弁当のお菓子は以前見かけて
感心したことがあったけど、その上をいきますね。
ちょっとあの金魚をいただくには心がちくっとするわ(u_u。)
観賞用に冷蔵庫に保存したいな~♪o(*^▽^*)o
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

みにさん、こんばんは。
京都、いいですね~。
一昨年の7月に出町柳から電車~バスに乗って貴船神社に行きました。夕立にあって大変でした。
ホタル良かったですね。素敵~☆
水占いもしたけど、結果は、どうだったけなぁ?忘れちゃいました(^^;忘れるぐらいだから良くも悪くもなかったと思います(笑)
川床はいつか体験したいです。
あと、去年の秋に三千院に行きました。コスモスの季節でした。三千院に行く途中のお店が並んでる通りをちょっと右に行ったところにコスモス畑があって綺麗でした。三千院の中はまだ紅葉の見頃ではなかったですけど、いたるところでマイナスイオンが出てる気がして深呼吸しまくりました(^^)
新緑の季節もいいし、あじさいも紅葉もいいし、三千院最高ですね。

マリモさん^^
こんばんは~。
マリモさん!コメントいただけて嬉しいです♪
貴船へ行かれたのですね(*^-^)
なんとなくミステリアスな土地。
突然の雨さえ何かのお告げではないかと考えられちゃいます。
個人的には気になる場所。また行きたいです。

三千院の途中のコスモス(*゚ー゚*)
観てみたいな~。
清楚でたおやかでさぞ綺麗だったのではないでしょうか?
実は私の今後の観光も花です。
記事にするにあたってはしっかり参考文献を読まなくてはと整理中。

情けない話ですが最近というかここ数年パソコンの調子が悪い(ノ_≦。)
なので30分ごとにブラックしてしまうので記事の更新も難航中。
休み休みです~。買い換えなくちゃ。

マリモさんもきっとまた三千院にいらっしゃるのでは?
こちらも苔むした庭の陰陽が魅力ですね。
四季折々に表情を変えてくれる素晴らしいところだと思います。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 京都旅行2011夏 №5 貴船川床(ひろ文) | トップページ | 京都旅行2011夏 №7 朝食は・・・バイキング »