2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 京都旅行2011夏 №9 嵐山嵯峨野(竹林の道・野宮神社) | トップページ | 京都旅行2011夏 №11 嵐山通船(屋形船) »

2011年7月16日 (土)

京都旅行2011夏 №10 大河内山荘

「竹林の道」は大河内山荘付近まで続いています。

大河内山荘は「丹下左膳」をはじめ数々の時代劇に出演、人気を集めた昭和を

代表する映画俳優大河内傳次郎が百人一首で有名な小倉山からの雄大な風景に

魅せられ、30年の歳月をかけて造りあげた別荘庭園。

正式名称「大河内山荘庭園」は国指定文化財。

開園時間 9:00~17:00(年中無休) 大人1000円、中小学生500円。

入山料にはお抹茶が付いています。

中門から入り順路に従い巡ってみることにしました。

約2万平米の広大な回遊式庭園には山荘や茶室が点在しています。

まずは右手側。

大乗閣。 笛吹嘉一郎作。

ここで振り返-る!・・・貸切状態。観光客はどこに集まっているのだろう?

しかし落ち着いて見学ができることはお得感あり。

持仏堂。

関東大震災(1923年・大正12年・27歳遭遇)からの念願だった持仏堂。

撮影の合間にここで念仏し、瞑想し、静寂を得て映画創りから芸術性を

見出し、以降庭の創作にあけくれたようです。

滴水庵に続く前庭。

まだ青い紅葉が清々しい。

紅葉のシーズンにはまた違った風情を感じられることでしょう。

滴水庵。茶室です。

山の中腹に観えるのは千光寺(大悲閣)のようです。

この上は展望、月香亭。

桜や楓が多く植栽された園内。

嵐山に保津川の清流、比叡山や京の町並みなども眺められます。

また敷地内には「大河内傳次郎記念館」があり写真などが展示されていました。

ぐるりと巡ったあとは、お抹茶席に移動しました。室内には扇風機も♪

窓の外には清涼感のある竹林が広がっています。

(ノブロー) 茶菓子は「大河内山荘」のモナカだで。

(ノブロー) ヨン、兵庫の白熊さんに挨拶するだよ。

おめも選抜メンバーで京都に来てること知らせにゃならんだで。

(ヨンクマ) ・・・お抹茶、冷たくて美味しいよぉ。

(ノブロー) ヨン、おめホームシックになっただか?

「大河内山荘」を出たあとは「嵐山公園亀山地区」を通り渡月橋方面に戻ることにしました。

小高い丘の公園でして、その中には広場や展望台、児童広場もあり、

古今和歌集小倉百人一首の詩碑も観られました。 

自然が豊かで静けさが似合う。 これは穴場かもしれないっ!

のちに、野生の猿に注意してくださいという看板を見つけました。

猿には会わなかったけどな~。

注意事項として記されていたのは

  • ○猿に近寄らない。
  • ○相手にしない。目を合わさない。
  • ○猿に食べ物をやらない。           こと。

大堰川沿いの茶店の脇にでてきました。

この先には近衛文麿の別邸を改修して作られた京料理の有名店、松籟庵

(しょうらいあん)があります。

« 京都旅行2011夏 №9 嵐山嵯峨野(竹林の道・野宮神社) | トップページ | 京都旅行2011夏 №11 嵐山通船(屋形船) »

d-1.旅行・京都」カテゴリの記事

コメント

みにさん
こんにちは!

>野生の猿

嵐山はモンキーパークがあるくらいですから、実は猿がたくさんいるところなんですよね。
山をつたって、松尾の実家にもよく出没して被害にあったこともあります。
親父と居間でテレビを見ていたら、目の前を猿が走っていったこともありました(笑)
昔はツキノワグマもよく出ていたけど、最近は聞かないなあ。
うちのクマクマが出没するようになってから遠慮しているのかなww

>滴水庵に続く前庭

僕のこの撮影ポイントは好きです。
ここでみんな写真を撮ろうとするから、
他の観光客は遠慮して中々滴水庵に進めない(笑)

いつもありがとうございます!

ほぷほぷさん^^
こんにちは~。
コメントありがとうございます。

えっ!猿が目の前を( Д) ゚ ゚
こちらから何もしなければ攻撃してこないんでしょ。
でもちょっとびっくりです。

そうね、京都にはクマクマちゃんやうちのノブローさんや
ほか、いっぱいお友達が出現するからさすがのツキノワグマも
場所をかえたのかもしれないわ(≧∇≦)

滴水庵に続く前庭、美しいですね。
ほぷほぷさんも好きなポイントなんだ♪
1000円の入山料はちょっとお高めでランチ代ぐらいに
なってしまうけど、この美しい庭園の維持費と思えば
ありがたく納めさせていただきまする(*^-^)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

「大河内山荘」の庭園、思う存分凝らした感じです。
きれいな庭を見ると、お金掛ってるんだろうな~
とも思いますが、どんな庭師さんの仕事なのだろうと、
お顔を見たくなります。そういう庭ですね!

冷たい抹茶とお菓子、竹林の庭が見える部屋での
一服、なんともいえないね。

「嵐山」では猿が出没?不覚にも初耳でした。
(熊も降りて来てたんですね~、うわあっです。)
地元のお猿さんと人との距離が、ちゃんとケジメ取ら
れてるみたいで安心です。

最近では、京都も例外なく外来種が出没するように
なったと聞きました。
去年のニュースで、「平等院」や「二条城」、お寺が、
引っ掻き傷の被害に遇うと言ってました。
どいつがやっとるんじゃ~って思ったら、犯人は
アライグマだって。世界遺産は修復NGだし、
お寺では生き物に殺生できないってことで、
やられっ放し?!って危機感を感じたのですが...
(心配です。)

野性な動物達とも、ちゃんと共存したいものです。

大河内山荘、こちらも、一度は、行ってみたい所です。
みにさんの記事で、勉強になりました。
それにしても、昔のスターさんは、素敵な生活をしていたのですね。
私は、今回の神戸出張、ちょっと、疲れました。

黄ぐまさん^^
こんにちは~。
コメントありがとうございます。
お猿がいたとはびっくりだわ。
遠くから私たちを見ていたかも??

修復NGな世界遺産に引っ掻き傷は痛いですね
後世に残したい財産ですから(´_`。)
可哀想だけど捕獲するしか手はないかな。。
黄ぐまさんの言うとおり平和に共存したいですね。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ヒーリングタイムさん^^
こんにちは~。
コメントありがとうございます。

往年のスターはスケールが違うって感じですね。
素敵な生き方をなされたわ。

京都の旅は駆け足でめぐり終了。
いろいろあって少々バテ気味なのでブログも
夏は更新を不定期にしようと思っています。
ヒーリングタイムさんの神戸出張、お疲れとのこと
大丈夫でしょうか??
この時期、疲れも抜けにくいかと思うので心配です。
あとで拝見しにうかがいますね。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 京都旅行2011夏 №9 嵐山嵯峨野(竹林の道・野宮神社) | トップページ | 京都旅行2011夏 №11 嵐山通船(屋形船) »