2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

和の食 いがらし 恵比寿

お一人ランチは恵比寿「和の食 いがらし

場所は恵比寿四丁目の交差点を曲がりすぐのビルの2階。

目立たない感じですから注意していないと通りすぎてしまうかもしれません。

11時28分、板前さんがビルの前をほうきで掃いていらっしゃいました。

すると通りかかった他店のシェフが「筑前煮観ましたよ!」とお声をかけてくるでは

ありませんか。

どうやら先頃放映された「チューボーですよ!」に「筑前煮」がとりあげられ

恵比寿の巨匠として五十嵐明良さんがご紹介されたようである。 

するとこの方が五十嵐さんなのだろうか、残念ながら私は番組を観ていないので不明。

そうこうしている間に11時30分になった。

「お店もういいですか?」とお聞きすると実直そうな笑顔で「どうぞ」とお答えくださいました。

店の扉を開け、入るとすぐ右手側にカウンター5席。ほかはテーブル席。

小ぢんまりしています。

シンプルにまとめられた店内はガラス窓が多く採光良好。明るく清潔感あり。

卓上にはセルフでいただける小梅と葉唐辛子の辛煮が置かれていました。

親子丼@900

蓋を開けた瞬間に目に焼きつくのは、はっとするほど鮮やかな玉子の色味、

オレンジの色合いが強く、艶々と光り神々しく見えます

親子丼はシンプルに鶏肉と玉子のみ。味噌汁は豆腐とネギ。香の物付。

一緒に運ばれてきた薬味は七味唐辛子でした。

鶏肉は炙ってはいません。食べやすいように一口サイズに切られており、適度な

弾力を持ちつつ柔らかい。

割りしたよりも玉子の濃厚な甘みが優っており半熟加減も申し分のないものでした。

丁寧に作られた割烹料理店の目にも美しい親子丼、品の良いお味で

たいへん美味しゅうございました。

 

後から知ったのですが、同店はお魚を中心とした定食も好評とのこと。

私自身、何かの情報で美味しい親子丼がいただけるという話を聞きつけ、店に入るなり

迷うことなく注文してしまったので、再訪の折にはぜひお魚をいただきたいと思います。

しかし、今回私が口あけの客だったのですが、あれよあれよ言う間に満席。

人気の高さをうかがい知ることができました。

ランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。



和の食 いがらし

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-9-15 HAGIWARA BLDG.5 2F

TEL      03-3447-9893

営業時間/ 月~金曜 11:30~13:30(L.O)土曜 11:30〜13:00(L.O)
         月~土曜 18:00~22:00(L.O)

定休日/  日曜・祝日

2011年6月29日 (水)

レバーランド 蒲田№4

蒲田、立ち飲み居酒屋「レバーランド」のその後

本日はL字型カウンターにて立ち飲み。

レバ唐てんこ盛り@300

ついつい注文してしまうレバ唐。衣のカリッとした食感も心地良いのだ。

カウンター内はフライヤー、コンロなどがコンパクトにまとめられ

店長の動きにも無駄がない。(とっても暑いそうですけど)

そんな厨房で目についたのがたまにしか出せないというメニュー。

とりもつ煮@300

なんでもB級グルメからヒントを得たとのこと。

味付けはみりんと醤油で紹介されていたようですが

ここに生姜を加えることによって「レバーランド」の艶やかなとりもつ煮は完成。

濃い目の食味ですが、お酒のつまみにもぴったり。

これだけしっかりと味がしみているならお弁当にも入れたいぐらいだわ。

店長さん、お料理がお上手ね。

店長、そろそろ帰ろうかな。お会計お願いしまーす。

(店長) なに?今日は撮ってかないの??

おー!カメラ目線決まってますね。ネギを持ったポーズも妙にサマになる。

いや、ネギにも愛されているわ。

やるなあ、男のダンディズムを感じるよーー。

お茶目な店長(店主)さんはご自分でもおっしゃっていたけどカメラ好きなんですって。

(化粧室前のお写真も店長さんの作品!!)

ご協力ありがとうございました~。



レバーランド

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-49-12 辻村ビル 1F

TEL      03-6715-9618 

定休日      不定休   

 

2011年6月28日 (火)

マンハッタンデリ 東京ミッドタウン店 (Manhattan Deli) 六本木

お一人ランチは、六本木、東京ミッドタウンガレリアB1階のデリカテッセン

マンハッタン・デリ」(Manhattan Deli)

お店にはテイクアウトの他にイートインスペースあり。

白を基調としたすっきりとした店内。

席数はさほど多くはありませんし通路の人通りがあるためゆっくりと

落ち着いて食事をするには不向き。

しかし、さくっとランチを取るには十分ではないかと思います。

ランチタイム、お好みのデリを合わせたプレートランチもありましたが

私のお目当てはハンバーガー。

そうそう、個人的に最近、ハンバーガー欠乏症気味なのです。

卓上の籠にはナイフ、フォーク、スプーン、ナプキン類がセットされていました。

ザ・チーズバーガー@1300

レタス、パティ、厚切りトマト、スライスした生オニオン、たっぷりのとろ~り

チェダーチーズミックスに黒胡椒。 

バンズは切り口面に香ばしい焼き目あり。ピクルス付。 

ハンバーガー用の包み紙も用意されます。

フライドポテト用にハインツのトマトケチャップをいただきましたが

バーガー用のソースは脇の小鉢に入っているトマトの酸味の効いた

ソースでして、使った印象としてはさっぱりとしていますが

アラビアータに近いものでした。

大き目のパティは力強さはありませんが肉汁たっぷり、

周りが香ばしく焼けていますので表面かりっと、噛み締めると中はじゅわわー。

なんといってもパティをしっかりコーティングしたチェダーチーズが

コクをつけ美味しさを一層引き上げてくれます。

セットドリンク@200

セットできるドリンクは数種類ありますが、アイスティーのみお替り可。

(アイスティーの種類も選べます)

写真はアールグレイ。茶葉の香りが漂う。これは対価以上の価値あり。

接客担当のスタッフさんの対応にも好感を持てました。

ビックなボリュームに満足感を得られたザ・チーズバーガー。

グルメバーガーランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。      

 

マンハッタンデリ 東京ミッドタウン店

東京都港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン ガレリア B1F

TEL      03-5413-1200

営業時間/ 11:00~21:00

定休日   不定休(東京ミッドタウンに準ずる)

2011年6月27日 (月)

金田 自由が丘

金田」自由が丘の老舗の居酒屋。

随分と久しぶりの訪問。今回は2008年同様、友人との集まりに予約しました。

普段からお世話になっているお姉さまご両名のお誕生月祝いです。

友人の仕事の関係で19時で予約していたのですが、「なるべく早くにいらしてください」

とのこと、先に入って一杯飲っていようかと18時30分には店の前に到着。

すると時間の都合のつくメンバーも考えは同じ。店の前で合流です。

金田の急な階段をのぼり3階座敷席。

注文は紙に書いて、お店のおばちゃんに渡すのですが、この日3階を一人でまわしている

ので大忙しです。 

そうそう、金田はこのくらいの時間からお料理の売り切れがでてきます。

ある程度まとめて注文しておこう。

雲丹の煮こごり

私達の定番!変わらず美味い。

濃厚な煮こごりが舌のうえでとろけていく過程を楽しめます。

焼酎ボトルでとお願いするとでてきたのはこちら。

神戸焼酎らんぷ。2本注文。

穴子白焼き@900

貝盛り合わせ@950 (赤貝、とり貝、平貝)

鮮度良し、貝独特のくさみなどはまったくなし。

肉豆腐

豚細切れ肉、絹ごし豆腐、溶き玉子。(写真は2人前)

出汁がきいていて優しい味わい。メンバーのみなさんにも好評。

(ノブロー) カズ、後ろむくでないだよ。スキンさんにみつかるとからかわれるだ。

(カズロー) スキンさんて凶暴なんだべか?緊張するだ。

(ノブロー) おもしれえおっちゃんなんだけんど、酒はいると頭のテカリつけようと

するで用心だ。

かぶと焼き

スキンさん、ご指名の魚。

サクラエビのかきあげ@750×3

ボリューム感たっぷり。

ごくたまにですが、揚がり方がいまひとつのときもあるのですが、本日は良好。

さっくり揚がっています。

豆アジ唐揚げ

個人的にはもうちょっと揚がっていたほうが嬉しい。身が柔らかい。

お蕎麦

〆のお蕎麦は予約必須!飲みの前半の時点には押さえておきましょう。

魚の身、三つ葉、たっぷりの万能ネギ、わさび。

酒宴の〆にこれがあるとないとでは満足感がちがう。

メニューにのっていなくても、お蕎麦だせます?と聞けば予約という形でお願いした

数量分残しておいてくださいますよ。

なお、本日打り切れでいただけなかったものは、あん肝とウナギクリカラ焼き。

また3階はビールは瓶のみで生は出せないとのこと。

お蕎麦も集まりのとき座敷席でしか注文をしたことがないので、1階カウンター席

同様にだしていただけるかは未確認になります。


楽しい時間はあっという間に過ぎます。

ふと、まわりを見ると3階席最後の客になっていました。

そろそろお開きにしましよう。

お会計はといきたいところですが、細かく数量などを控えていません。

一人あたり4000円から4500円ほどだったと思います。

居酒屋満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。



金 田

〒152-0035  東京都目黒区自由が丘1-11-4

TEL  
 03-3717-7352

営業時間/ 月~金  17:00~22:00(LO21:30)
         土    17:00~21:30(LO21:00)   

定休日    日祝

2011年6月26日 (日)

競馬の話 宝塚記念G1

6月26日(日)は、阪神競馬場で宝塚記念G1が開催されるのです。

予想は・・・

◎  8     ブエナビスタ
○  11   ダノンヨーヨー
▲  10    ドリームジャーニー
△   3     ルーラーシップ、4 エイシンフラッシュ、7 ハートビートソング

 単勝、3連単のフォーメーションでまいりますOnegai03t

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

結果は・・・

1着      2   アーネストリー(単6人気)
2着 ◎  8   ブエナビスタ(単1人気)
3着 △   4  エイシンフラッシュ(単3人気)

配当は3連複2020円、3連単17480円でした。

しばらく競馬の話は放牧に出て気力を充実させようと思います。

みなさま、御機嫌ようBye03

徳福 蒲田

毎度のことにありますが、蒲田の徳島中華そば「徳福」。

中華そば@680

酒の〆だけでなく小腹が空いたときもサクッと食べれるお手頃さが良い。

(ノブロー) みには宝塚記念G1が気になるようだで。そわそわしてるだ。

ラーメン満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。



徳 福

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-67-7 ミハルビル1F

TEL      03-3730-8801

営業時間/  月~金 11:00〜0:00(L.O.23:30) 土・日・祝 11:00〜23:00

定休日/   無休

2011年6月25日 (土)

喜多園 田町

お一人ランチは、田町の中華料理「喜多園」。

場所は芝税務署の側面に沿った通りを桜田通りに向かい進行。

近くにはかしわ天の美味しい「滴屋」さんがあったのですが、今もお店は健在でしょうか。

久々に訪問してみたいので次の課題にします。

さて、喜多園の店内に入ると節電モードなのか薄暗い。流れているBGMは中国音楽。

入り口を入って右手脇に階段がありましたから上の階にもお席がある様ようですが

私は1階のテーブル席に着席。

昼のピーク時をすぎていたためか先客は3組のみ。なぜか全員お一人さまです。

しかも男性ばかり。

メニューを見るとリーズナブルなランチが豊富に取り揃えられています。

お替り自由のごはんは嬉しいし、麺類を単品で注文できるのもありがたい。

本日はお腹の空き具合から考えて、あっさりと麺のみをいただきたいのです。

天井を見上げると空調機についた茶色いヤニが気になる。

(1階フロアは13時まで禁煙) 

そのため室内が暗く感じるのではないでしょうか。

ねぎそば@750

杏仁豆腐もセットされて運ばれてきました。

レンゲもねぎそばの器の中に問答無用で投入されている状態です。

たっぷりのネギとチャーシューの細切りに白ゴマ。麺は平べったくボリュームあり。

スープですが、ラー油が効いていてピリ辛い。

その中にチャーシューなどからの甘みも加わるのです。

私のイメージしていたお醤油ベースのさっぱりとしたねぎそばとは異なるものでした。

ライトな口当たりの杏仁豆腐。いただこうとレンゲを使うとラー油が混じるので

もう一つスプーンを出してほしかったな。

ぐるなびによるとお店はご家族経営のよう。

家族仲が良いのは喜ばしいことですが、厨房の方とホールスタッフさんは、

まだお客様がいらっしゃるのに中国語でガンガン私語をとばしています。

はいはい。私には何をお話なさっているのかわかりませんよ。

どうぞどうぞ。 内輪だけで盛り上がられた置いてきぼり感がある。

食器をガチャガチャ洗う音がフロアにまで響く。

なんか虫の居所がわるいのかしら・・・。

つっこみどころ満載。

お味自体は悪くないのですが、モチベーションがあがらないなあ。



喜多園

〒108-0014 東京都港区芝5-12-10

TEL     03-3451-3983 

営業時間/ 月~日 11:00~15:00 月~土17:30~23:00(L.O)

定休日    無休

2011年6月24日 (金)

紅花別館 日本橋

お一人ランチは日本橋、鉄板焼・洋食の「紅花 別館

場所は地下鉄日本橋駅 B11出口より徒歩1分ほど。

小洞天」や「さくら井」の並びになります。

本日のお目当てはカレー。

入り口にてスタッフの方に洋食希望であることを申し上げると2階へどうぞとのこと。

奥の広々としたテーブル席に案内していただけました。

どうやら1階は鉄板焼のスペースのよう。

ココットカレー@1575

激辛いっ!と評判の同店のカレーはスリランカ産30種類のスパイスを使用した

チキンカレーになります。 なんだか不必要にデカイ壷ではないか。

平皿にライスはたっぷり、グリーンサラダ、薬味は福神漬けにらっきょう。

激辛カレーのお供にとテーブルに並んだ面々はごく平凡。親しみさえ感じます。

覗き込むとサラッとしたカレー。

とうていこれが激辛とは思えないのですが。

ころんとした揚げジャガイモ、タマネギ、マッシュルームなど。

もちろんチキンもしっかり入っています。

カレーをいただくと、一口目はくちびるがピリピリ、次第にビリビリ。

食べ進めるにしたがい胃がジンジンからカッカと熱くなってきました。

いたたっ!イタタタッ!

たまらず卓上のセルフの水を飲むと辛さが倍増。

ライスもたっぷりありますからカレーが減った感じがしない。

というか、あまりの辛さに一口食べては、また水をガブガブ飲んでしまうので

腹がふくれ、水っ腹状態です。

苦しいーー。だれかぁー。

途中でギブアップしたくなったカレーははじめてです。参りました。

胃粘膜刺激しすぎ。。

カレーの量も少しかと思いましたがしっかりありました。

なんのかんの、ふうふう言いながらも完食。 

食べ終わった時点ではもうココットカレーはいいわ。と思ったのですが、

日にちがたつに従いあの進行形の辛さを胃袋が欲するのです。

実に不思議。 やみつきになります。

会計時、ココットカレーのスタンプカードをいただきました。

10個集めるとカレーの無料券をいただけるものです。

そのときは胃粘膜の熱さにいらないと思ったのですが、とっておいてよかった。

どうやらこれからも役立ちそうです(*^・^)ノ。

ランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。



紅花別館

〒103-0027 東京都中央区日本橋1-2-15 

TEL      03-3271-0600 

営業時間/ 月~金 11:00~22:00 土・日・祝 11:00~21:00
         ランチ 11:00~15:00

定休日     無休

 

2011年6月23日 (木)

月心 祐天寺

祐天寺、石臼挽き手打蕎麦「月心

場所は祐天寺駅から向かうとロータリー側の東口から祐天寺商店街を直進、

駒沢通りを右折し次はスーパー三和を目印に曲がります。

住宅街の中の一角でして、祐天寺駅からは徒歩15分ほどかかりますが

東急バスで「水道局目黒営業所前」で下車すると目の前です。

同店は「東京 土山人」で修行を積まれた店主が独立してはじめられたお店とのこと。

店内は奥がカウンター席、手前がテーブル席でおよそ8席ぐらいでしょうか。

小ぢんまりとしています。私たちはカウンター席の一番奥に案内していただけました。

まずは、ひと口生@210、キリンクラシックラガー中瓶@700

軽く塩胡椒されたそばチップス付き。

焼きみそ@390

「干し海老、くるみ、葱、カツオ節などを西京味噌に練り込み、香ばしく焼いています。」

くるみの食感なのでしょか、挽肉のようにも感じられ、カツオ節とネギの風味も効いて

素朴な味わいが酒の合間の箸休めにもなります。

だし巻き玉子(2コ玉)@650

だし巻き玉子は2コ玉と3コ玉がありまして3コ玉はお値段が840円。

出汁がたっぷり効いた甘さ控えめのふわっふわの関西風。

(ノブロー) ピンガさんの好きな玉子だで。大根おろしと刻みネギもついてるだ。

(カズロー) ノブ!オラも食レポに参加するだで。仲間にいれてほしいだ。

日本酒のお値段は700円台から。

日本酒

刈穂(山廃純米 辛口)@790

 口当たりは良いのですが、もう少しふくみがあっても良いかな。

百楽門(特別純米 冴 辛口)@780×2

海老天ぷら盛合せ@1450

海老二貫と野菜。 天つゆと塩をお好みで使えます。

野菜はナス、しいたけ、サツマイモ、ソラマメ、ジャガイモ、ヤングコーン、

レンコン、いんげん。薄い衣で軽く揚がっています。

私だけの見解ですが、ややお値段が高く感じるのですが、連れは妥当だろうと

申しておりました。

(カズロー) お蕎麦で〆るで、メニュー見てみて。

温かいお蕎麦のお出汁は関西風の仕上がり。

これに対して冷たいお出汁は江戸前風の辛口になるそうです。

お蕎麦は、細挽きせいろ・玄挽田舎蕎麦のどちらかを選べ玄挽田舎蕎麦は100円増し。

大盛は細挽きせいろ250円、玄挽田舎300円増しです。

以前、土山人で注目していた「冷やかけ すだち」の季節が到来しています。

ここはだんぜん・・・!

冷やかけ すだち@1150+細挽きせいろ大盛り@250

輪切りにしたすだちをたっぷり乗せた冷たいかけそば。

土山人でいただいたときには、殻をむいたそばの実を細かく挽いたのどごしのよい

生粉打せいろが好みでしたので、同様に丸抜き(玄蕎麦の黒い殻を剥いた)の実を

細かく挽いた細挽せいろでお願いしました。

薬味は原了郭の黒七味!ナイスですYahho01 

つるっつるっと喉ごしが良いそば、啜り上げるたびにすだちの効いたが出汁が

上品に口の中へ広がる。後味も実に爽やか。

評判どおりのゲキウマーーW04!!

目の覚めるような清涼感にしばし陶酔。 季節感のあるお蕎麦です。

大盛りの量も適正!きちんとありました。

(ノブロー&カズロー) うめえだぁぁー。

こりゃ、夏のかけそばは冷やかけ すだちで決まりだで。天下一品だで!

オラ、お替りしてえだ。

白濁したそば湯は濃厚でありながらもあっさり。その中にしっかり甘みがあります。

冷やかけ すだちの出汁と合わせた時、鰹節の香がかえりました。

全体を通して品が良い。

お店はご夫婦とそのお母様でしょうか?3人で切り盛りなさっていました。

幾分、女性陣は接客なれをしていないと感じる場面もありましたが、些細なことです。

お昼間からこうして美味しい肴と蕎麦で一杯飲れるお店が増えたことは喜ばしい。

Hand01お会計は、2人で、上記、お料理とお酒で合計7150円なり〜。

今回の訪問、

日本蕎麦満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。 



蕎や 月心

〒153-0065  東京都目黒区中町2-44-15

TEL      03-3791-1173

営業時間/ 12:00〜15:00(L.O.14:30) 18:00〜22:00(L.O.21:30)

定休日    水曜日・第3火曜日

 

2011年6月22日 (水)

レバーランド 蒲田№3

こんちは。オラ、いまガード下の「やきとん」に居るだ。

これからオラの愛しの彼女の店へ行きてえだで、営業してるか影武者ピースケに

ちょいと偵察してこさせようと思うだ。

そのお目当ての「レバーランド」に到着。

珍しくカウンター席が空いていましたが、テーブル側で立ち飲み。

レバ唐てんこ盛り@300

酒のつまみにもってこいの1品。 衣にガーリックが効いていて

揚げ物ってお酒にあいますね。

(影武者ピースケ) トコトコ・・・・。 いたいた。

ノブローは鳥使いが荒くてこまりますわ。

(影武者ピースケ) げげっ!ピースサインでんがな。 店主優勢!ノブローのピンチや。

(ノブロー) オラの愛しの彼女がかっ! はよ行かねばなんね。ピースケ勘定頼むだ。

(影武者ピースケ) ・・・・・sweat01

笑顔の素敵なお二人の接客も魅力の第2の我が家「レバーランド」。

お近くにお越しの際は、お立ち寄りくださいませ。

(お写真の承諾をいただきまして公開させていただきました。

ノブローさん愛しの彼女、イメチェン前です。)



レバーランド

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-49-12 辻村ビル 1F

TEL      03-6715-9618 

定休日      不定休   

2011年6月21日 (火)

サーラ アマービレ (№2) 銀座

(ノブロー) お店の人や他のお客様に迷惑になるといけねえで控えていただ。

後半戦に行くだ。

Fegato d'Anatra e purea d'indivia 

フォアグラのポアレ ワイルドライスのクロッカンテ添え(写真奥)

・Piatto del Giorno 本日のお楽しみの小皿(写真手前)

桜肉の赤ワインソース ルッコラとパルメザンチーズ

スプーンに乗っているのがフォアグラ様でございます。

そして、桜肉。 肉の質感といいそのものの旨みも絶品。赤ワインソースも上品Crown04

美味しいものは少しで満足とは言うものの、食べ終えるのが惜しいぐらいです。

・アンディーブのサラダ

(スズロー) 前回同様のお口直しだで。

パルミジャーノ・レッジャーノのスライスとともに出されるだ。

Spaghetti con Calamaretti 蛍烏賊のスパゲッティ

蛍烏賊のうまみが浸透。自家製のセミドライトマト、バジル添え。

(ノブロー) お約束の奥義。兄弟愛だで。

オラの、でこのってパスタごっちゃんになってくるだ。

(タクロー) ありがとだ。ノブ!!毎度だけんど、世話かけるだ。

Pappardelle al Ragu di Maiale パッパルデッレ 豚バラ肉のラグーとえんどう豆

佐賀豚のバラ肉とフレッシュえんどう豆。パッパルデッレは手打ちです。

塩加減も良し。さすが「サーラ アマービレ」パスタでは期待を裏切りません。

(タクロー) わぁ、これも美味そうだで。

(みに) ふふ、タクちゃん、食べたいのね。可愛いわね。

さて、このお皿が出るのと同時にフリードリンクは終了です。

・Dolce e Caffe お好みのデザートとカフェ

連れチョイスはチョコレートのムース

メロンのセミフレッタ

・・・だったと思います。詳しくは失念。

ムースのような舌触り、まわりには透明のライムのジュレ。

マスクメロンにミントの香りも爽やかです。

2006 Pomino Vendmmia Tardiva,Frescobaldi 

優しい甘味の遅摘みワイン@700×2

美味しいドルチェにはデザートワインも欲しくなります。

お誕生日ということもあり別注文しました。

焼き菓子

Happy Birthdayの文字が!お店の方の心遣いです。

エスプレッソ

シングルかダブルかを聞かれましたので、シングルで。

ハーブティー

(しずか) お連れさんは、ハーブティー派ね。ライムとミントよ。

お口がさっぱりするわ。

(ノブロー&ニジロー) ええ誕生日になっただな。寝太郎。

長生きして、またオラたちの食レポのアシスタントしてほしいだ。

(寝太郎) えっ・・・僕はアシスタントなのかい。(汗)

 

今回、お店のフリードリンクのシステムも変わり、少しばかりお得感が薄れてしまった

ことは否めませんが、接客もスマート。

銀座での非日常のひとときは気持ちに潤いを与えてくれるように思います。

満足度数は、★★★★★ 特別です。 また来ます(*^・^)ノ


Sala AMABILE (サーラ アマービレ) 

〒104-0061  東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャス12F

TEL      03-3535-6669 

営業時間/ 11:30〜15:00 (L.O 13:30) 17:30〜翌2:00 (L.O 翌1:00)

定休日     日曜日

http://www.aromafresca.com/

2011年6月20日 (月)

サーラ アマービレ (№1) 銀座

5月の某日、銀座のイタリアン「Sala AMABILE 」(サーラ アマービレ)に再訪。

前回訪問時にはフリードリンクにスパークリングが含まれていたのですが

お聞きしたら、システムは5月から変わり有料になったとのこと。

今回は入り口から左手側の窓際の席に案内していただけました。

生憎の薄曇の空が恨めしい。

スパークリングは残念ね。

この日ドリンクの別メニューでは、スプマンテは一番リーズナブルなもので600円から。

白ワインは1300円~。赤ワイン1700円~。デザートワインが700円でした。

そんな身分じゃないから、フリードリンクの白からにしようか。

(ノブロー) おめ、今日は寝太郎のお誕生日つうことで予約して来ただで。

ちいとぐらいフンパツしたらどうだ。

Bagna Cauda 季節野菜のバーニャカウダ(写真奥)

カブ、カステルブランコ、キニンジン、キュウリ、ビーツ、オランダパプリカ、紅芯大根。

Schiacciata e Affettato 

スキアッチャータと生ハム サラミ グアンチャーレ(写真中・左)

・Capellini al Pomodoro Fredda フルーツトマトの冷たいカッペリーニ(写真中・右)

Carpaccio del Giorno 本日のカルパッチョ フレッシュトマト風味(写真手前・左)

シマアジ、ホースラディッシュ。

Anguilla e Caviale うなぎとキャビアとジャガイモのフィルム(写真手前・右)

うなぎへの塩胡椒の加減も良い。

前回訪問は2月ですが、冷製パスタとカルパッチョ以外はほとんど内容が変わりません。

美味しいので良いのですがね。

ある程度お料理も出てきたところで、やっぱりスプマンテを注文しました。

N.V Prosecco di Conegliano e Valdobbiadene,Manzane 

フレッシュタイプのプロセッコ@600×2

ここまでの中で、お気に入りはフルーツトマトの冷たいカッペリーニ!

トマトのジェラートにモッツァレラチーズ。

フルーツトマトの爽やかな甘みと酸味がソースに絡み、清涼感のある一皿でした。

パン

三宿のパン屋さん「シニフィアン・シニフィエ」のものと自家製のミックスも変わらず。

(ハチロー) やっただぁ!「シニフィアン・シニフィエ」さまさまだでぇーLove

Capesante Gratinate 姫帆立と金針菜のグラタン

これは、はじめて。香草のバターソースを使われているようです。

(ノブロー) かわええ貝だな。オラにちょうどええか?

・Gamberetti Fritti 春の苦味と車海老フライ

春の苦味はフキノトウのフリット。ソースは甲殻類にクリームを合わせたものとのこと。

Gnocchi con Bambu 筍とリコッタチーズのニョッキ

これも、はじめて。 リコッタチーズ、バター、筍、マジョラム。

シンプルですが優しい味わいで美味しい。

(タクロー) オラ、担当だで。ごっちゃんになれるはずだで。

(みに) ごめん、ごめん。忘れていたわけじゃないのよ。

赤ワイン

フリードリンクのワインは赤・白ともにサンジョベーゼ種を主体としたマルケ。

(モモロー) オラ、ここんちのお肉好きだ。甘さが口にとどまって命の継承を感じるだ。

(ノブロー) ほぉぉーー、モモ、おめも食レポ板についてきただ。

オラ、おめの成長を感じるだで。

                                        -№2に続く-  

 

2011年6月19日 (日)

金春新館 蒲田№3

蒲田「金春新館」(コンパルシンカン)。 またもちょいと飲みにお立寄り。

(ノブロー) こんちは。金春はざっくばらんで親しみの持てる店だで。

TVも観れるでちょいちょい寄っちまうだ。

やはり世間の情報は知っておかにゃならんでな。

(ノブロー) 店のおばちゃん、オラのことシュンマオだかスンマオだか言うてただ。

中国語でパンダのことらしいだ。 

気さくなおばちゃんだで、中国語いろいろ教えてくれるだ。

五目あんかけ焼きそば@700

700円でこのボリューム感は嬉しい。

毎度毎度同じものばかり取り上げて申し訳ありません。

(ノブロー) これは揚げパンだで。3個380円だ。

おばちゃん曰く、揚げ饅頭。ヤンマントゥだが言うだ。発音難しいだ。

中にはなんも入ってねえで、揚げたての熱々を練乳につけごっちゃんになるだよ。

明天見Ojigi


金春新館(コンパルシンカン)

東京都大田区西蒲田7-63-2

TEL      03-3733-8798 

営業時間/ 11:00~14:00 17:00~23:00

定休日      無休 

2011年6月18日 (土)

かつや 田町

お一人ランチは、田町のとんかつ「かつや」田町店。

場所は都営三田線三田駅A3出口をあがり「豚骨醤油らーめん学虎」側に

出て、通りを左手側に進行。 

本日はランチの時間があまりとれませんので、ささっといただける同店に入店。

店内はカウンター席の他にテーブル席。女性一人でも気軽に入れます。

お値段もそこそこリーズナブル。

パートのおばちゃんに注文を通して心静かに待ちましょう。

カツ丼(梅)80gロース@514

卓上にはセルフの漬物。

いっただきま~す!

濃い目の割りしたがぐぐっとしみたタマネギ。

溶きたまごは少なめですが、お肉も柔らかいし、中途半端なものをいただくより

アリなお味。 チェーン店ですが、このお値段の範囲内で十分満足できました。

ランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

会計をすませると、お持ち帰り・店内共通全商品100円引券をいただけました。

 

かつや 田町店

〒144-0051  東京都港区芝5-27-13 Y・A三田ビル1F

TEL       03-5730-3535

定休日    無休

2011年6月17日 (金)

ビストロK 中目黒

中目黒「ビストロ K 」(bistro K)

目黒川に架かる「日の出橋」を渡りそのまま直進。店舗の入っているビルは左手。

クルン・サイアム」中目黒店と同じビル、2階の手前側です。

同店はクルン・サイアムにお邪魔したときから気になっていました。

お店の前を通過する形でクルン・サイアムに向かいますから、はじめわからず

「ビストロK」を覗き込んでしまっていたのです。

そうしたいきさつもあり、今度中目黒に来るときは寄ってみたいと思っていました。

某日のディナーに予約のうえ来店。

暗めの店内は細長い造りで、厨房前にカウンター席5つ。

テーブル席は14席ほどでしょうか。私達は入り口に近いテーブル席を利用。

まずは生ビール@600×2

静岡県産黒鯛白子のフリット@600

きめの細かい衣でさっくり揚がっています。中はとろ~り。

エリンギもフリットで添えられてます。

ロイックレゾン ボレ・ダルモリック (フランス 辛口)@2900

一番搾り果汁のみで仕上げたリンゴのワイン。食前酒。

シードルです。やはりディナーにあわせるには物足りなさがありました。

なお、テーブル席は隣との間隔も狭いのでワインはお店側で管理されます。

兵庫県淡路島産スミイカと香味野菜のイカスミトマトソース@1300

マイタケ、ブナシメジ、タマネギ、上には小さくカットされたトマト。

濃厚ソースに絡んだパスタはもっちもち。

せっかく美味しいパスタですから、もっとがっちりいただきたいのが本音。

香味野菜はかさまし的に感じられてしまうのでいらないかもしれません。

(タクロー) でもな、お店の兄ちゃん、細けえとこまでサービスがええんだ。

みにが写真写してたから、どうぞって最初テーブルに置いてくれたけんど、

そのあとでお店の人が、きれえに取り分けてくれただ。

イカスミになるでフォークだって代えてくれるだよ。

パン

(ハチロー) サービスといえば、このパンもそうだで。

召し上がりますか?と聞いてだしてくれただ。モチモチしてて最高にうめぇだよ。

オラ、ごっちゃんになれてラッキーだで。

 

お聞きしたところ、パンは毎回あるというわけではないそうです。

そのときにできるサービスを出来る限り提供してくださるとのことで、

他にもFIJI(フィジーウォーター)をいただけましたので、お値段をお聞きしましたら

これらはサービスとともにチャージ(500円/人)の中に含まれております。

とのこと。良かった。

イゾラ ネロ ダーヴォラ (シチリア産)@2900

果実味たっぷりのフルボディ。美味い。

やはりこれぐらいでないとワインを飲んだ気にならないわ。

メバチマグロホホ肉のグリル@1200

長崎県産メバチマグロのホホ肉と春キャベツのグリル バジルとトマトのソース。

ワイルドにガツンとした料理をイメージしていたためボリューム的に寂しい。

味としては問題はありません。

同店はシェフが直接築地で仕入れる新鮮な魚介類、自家製の手打ち麺を使った

生パスタがウリ。最近はマスコミに紹介されて問い合わせや予約も増えているようです。

確かに接客の良さなど魅力の大きいお店ですが、チャージ(500円/人)はいい

お値段だと思います。たまたまパンなどをいただけた私たちは良かったのですが

不確定な要素があるのは不安。ところどころに本来のもののボリュームに

物足りなさを感じる面も心もとない。

(私たちの訪問したのは5月ですので現在システムが変わったかは不明です。)

 

ですが、ソフトな接客等女子には好感度の高いお店かもしれません。

パスタは美味しかった。 もっともっと展開次第では良くなる要素は大。

生意気を言ってすみません。

ビストロ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

ビストロK

〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-6-5 森ビル2F

TEL      03-6452-2356

営業時間/ 月~金 11:30~15:00(L.O 14:00) 17:30~23:00(L.O 22:00)

         土 12:00~16:00(L.O 15:00) 18:00~23:00(L.O 22:00)

定休日    日曜・祝日

2011年6月16日 (木)

カイバル 東銀座

東京メトロ、有楽町線 銀座1丁目駅下車。

東銀座、昭和通り沿いのインド・タンドール料理「カイバル」。

同店は「グルガオン」の姉妹店。

美味しさには定評が高いということで予約の上、訪れました。

白を基調としたすっきりとシャープな店内。

天井も高いので空間にゆとりを感じられます。

意外なことに、お客様は私たちの他には数組だけ。

この日が日曜だったということも関係しているのかもしれません。

インドワインは各種取り揃えられています。

グローバー カベルネシラーズ@3200

ミディアムボディ。

その中でもお手頃なお値段のもので注文しました。

(パスタ) ワンワン!

(ノブロー) おっ、ワンころ。おめも来ただか。

チーズクルチャ(ハーフ)@420

ゴルゴンゾーラ入りのチーズナン。

(ハチロー) ふっくらええ焦げ目もついて運ばれてきてるだよ。

はよ、ごっちゃんになるべよ。

(ノブロー) パスタ、おめ、ラッキーだで。 チーズクルチャごっちゃんになれる

ワンころなんてなかなかいねえだよ。

(パスタ) ワン・ワワワワン!(ノブローだってパンダじゃないかっ!)

同店のチーズクルチャはゴルゴンゾーラ全開! お好きな方には喜ばしいことかも

しれませんが、独特の香りがあり、「グルガオン」のそれと比べてどしっと重め。

ハーフで十分に楽しめます。

チキンティッカプレート@950 唐辛子印

2種のマサラの骨なしタンドリーチキン。

白色と赤色の2種類。 好みによるものですが、私は色のついていない白いほうが、

ダイレクトに鶏肉のジューシーさを感じられて良かった。

色のついた赤の方も、悪くはないのですが特にインパクトなし。

やはり私自身、「デリー」の印象が強いせいかもしれません。

(モモロー) お肉はオラの担当だで。

ミントのソース

これは強烈。

「グルガオン」のイメージをもっていただいたところ、すっきり辛いというより

青くささが口の中に残る。

個人的な偏好と思いますが、チーズクルチャもチキンも「グルガオン」の方が

良かったなぁ。 

しかしです!カイバルと言えば『ビリヤニ』。

これをいただかずに撤収はあり得ないのです。

ラム肉のビリヤニ@1370

スパイスの香り高いビリヤニ。 ローリエ、シナモン、カルダモン、他など。

注文を受けてから炊き上げるそうで、スパイス好きにはたまらない逸品。 

上にはカシューナッツが粗く砕かれのっています。

このビリヤニ、添えられたヨーグルトソースをかけてもOK。

ソースに甘みはなく、さっぱりとしていただけます。 私は使う派かな。

スパイシーさと酸味のバランスが絶妙。これはウマイっ!

本日注文した中で一番うまーいW04 オススメ指数4。

食べ進めるごと不思議ですが懐かしささえ感じられ馴染みやすい味でした。

(ノブロー) 来店した甲斐があっただな。

(みに) そうね♪ ここのビリヤニまた食べにこようね。

インド料理も奥が深い。姉妹店「ダバ インディア」を次回の課題にしたいと思います。

 

Hand01お会計は、2人で、

上記、お料理とお酒(追加ワインボトル3200円)で合計9140円なり~。

インド料理満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。



カ イ バ ル


〒104-0061 東京都中央区銀座1-14-6 銀座1丁目ビル

TEL      03-5159-7610

営業時間/ 月~金 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:00(L.O.22:00)

        土・日・祝 12:00~22:00(L.O.21:00)

定休日/   無 休

2011年6月15日 (水)

かぶら屋 蒲田

蒲田西口ガード下、居酒屋「かぶら屋」。

同店も「くいだおれ横丁」に並ぶ一軒であり、「なかね屋」の隣。

もともとこのガード下に店を構えていたのですが、当時は立ち飲みスタイル。

鉄道高架の耐震補強工事の後、改装されてからは椅子も置かれ、

現在は座れる居酒屋として連日繁盛しています。

(ノブロー) 今日は居酒屋担当のカズがお休みだで。

オラーズ、センターのオラがピンチヒッターだ。

まんず、かぶら屋さんと言えば「黒おでん」と「モツ焼」だで。

今日はメニューと一緒にレポするで見てほしいだ。

黒おでん

大根@105、糸こん@84

仕上げにダシ粉と青海苔とがかかっています。

「かぶら屋のこだわり」によると・・・

「黒おでん、その名の通りつゆがまっ黒です!まっ黒ですがしょっぱくありません。

醤油をたくさん入れた色ではなく、出汁を煮詰めるとこうなります。

飲むためのつゆではなく、煮込むためのつゆに仕上げております。」

黒おでんは静岡名物。 聞くところによるとオーナーは静岡の方だとか。

フランチャイズ店でして、蒲田だけでも2店舗あります。

1つ84円からのおでんは注文しやすく、連れは好物のようです。

串焼

串焼も84円から。

写真には収め忘れていますが、辛味噌のようなタレがありますので

これをつけていただくのもオススメ。

野菜串揚げ

たまねぎフライ@84

同店にお邪魔すると必ず注文してしまうたまねぎフライ。

ソースが付けられた状態で運ばれてきます。 シャキシャキとした食感が心地よいのだ。

野菜串揚げ、野菜串焼

手前はしいたけフライ@84、奥がさといも@84

串揚げ、串焼も84円から。

肉屋のメンチカツ@126

小さな紙包みに入って出されます。

肉々しいメンチカツではありませんが、昔懐かしい味わい。

肉屋の牛肉コロッケ@105

これも同様に紙包みで。ホクホクです。

鳥唐揚げ串@157

157円の鳥唐揚げ串ならば上出来。(えらそうですみません。)カラっと揚がっています。

上ねぎタン塩@294

リーズナブルなおつまみが豊富な「かぶら屋」さん。問答無用のお通しもありません。

ただ一つ、私たちにとって大問題なのはホッピーは置いていないのです。

したがって、294円のサワー類をガンガンお替りすることになります。

これじゃあ、私ら飲んべえにはきかんわ。

(ノブロー) そういうでねえだ。かぶら屋さんはさくっと飲みにはありがてえだよ。

(みに) 同感! 接客も感じがいいのよね。


「くいだおれ横丁」には、様々なタイプの居酒屋さんが立ち並んでいますので

各人の目的や好みに応じたお店を探しにガード下を巡るのも面白いかと思います。

居酒屋満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。



かぶら屋 蒲田店

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-69-1

TEL      03-5744-4710

営業時間/   16:00~23:00

定休日/     無休

 

2011年6月14日 (火)

鉄板酒場 鐵一 蒲田店 №2 蒲田

蒲田西口ガード下、鉄板酒場「鐵一」。

平日16時~18時限定 ドリンク全品200円。

これも飲んべえには見逃せない嬉しいキャンペーン(*^-^)

同店の椅子はクッションのついたペール缶タイプ。

中に荷物を入れれるようになっています。

からあげ(ハーフ)@320

メガ盛り@980、てんこ盛り@640、ハーフ盛り@320と選べます。

ハーフから注文できるからあげも、色々とおつまみを頼みたい時には有難い。

けっこうジューシーです。

鶏つくね(2本)@280

つくねと言うと焼いたものを想像しがちですが、同店の鶏つくねは

「特製和出汁仕込み」でおでんのように煮込まれたもの。

美味しいスープと一緒に運ばれてきます。

(カズロー) ふっくら鶏つくねがたっぷりの出汁を吸い込んでうめえんだ。

オラもオススメするで食べてみて。

大阪キャベツ焼き@480

熱々の鉄板にのせられて登場。上にはマヨネーズとかつお節がどっさり。

小麦粉主体の薄い生地に中にはキャベツの千切りと玉子、豚肉。

余熱でキャベツがしんなりしてきます。こりゃ、なかなかウマイ。

ホルモン焼うどん@680

関西で大人気だというホルモン焼きうどん。

ホルモン、キャベツ、もやし。

特製のタレはやや甘め。ホルモンの旨味も絡み、つまみにもなる味わい。

欲を言えばもう少し量が欲しい。

(フジロー) カズ、出番が多くてええだな。オラ、お魚担当のお仕事もらったけんど

なかなかお呼びがかからねえだー。

(カズロー) フジ、元気だすだ。今日のレポは終わりだで一緒にホルモン焼うどん、

ごっちゃんになるべ。 甘味と旨味のクセになりそうなうどんだで。

 

蒲田ガード下、活気のある居酒屋さんが軒を連ね、しのぎを削っています。

その中で同店はちょっと控えめな存在。

ホッピーあり、つまみも豊富、問答無用のお通しはなし。

本来持ちえている集客力は大きいはずです。

蒲田店はまだ新しいのでこれからの頑張りに期待したい。

このガード下に長く定着してくれることを希望して

居酒屋満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。



鉄板酒場 鐵一 蒲田店

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-69-1

TEL      03-5711-7500

営業時間/ 月~木 16:00~23:30(L.O.23:00) 金・祝前日 16:00~26:00(翌1:30)
          土 12:00~26:00(翌1:30)  日 12:00~22:30(L.O.22:00)

定休日/  無休

2011年6月13日 (月)

鉄板酒場 鐵一 蒲田店 №1 蒲田

蒲田西口ガード下、鉄板酒場「鐵一」。

「くいだおれ横丁」に並ぶ居酒屋のうちの一軒であり、「なかね屋」の隣。

明るめの店内にはところ狭しとお品書きが張られています。

席はカウンター席とテーブル席、わりに小ぢんまりしています。

(カズロー) こんちは。オラ、居酒屋担当のカズだで。

今回はオラが「鐵一」さんのレポするでよろしく頼むだ。

(カズロー) まんず、酒だけんど、「鐵一」さんにはどでかシリーズがあるだよ。 

左が、辛口モスコ(焼酎+辛口ジンジャエール)@360

こいつに比べて右の、どでか下町@680はでっけえべ。

ちなみに下町のハイボールが焼ハイだで、どでかはこいつの親分だと推測するだ。

牛もつ煮込み@340

モツはいろんな部位入り。

肉の存在感あり、出汁がきいていて大根、コンニャクもしっかり味がしみています。

牛もつ煮込みは、「特製和出汁仕込み」なんだな!

お店のオススメだで。食べてみて。

あっ!アレ食べたい。

鶴橋キムチ@320

私が目をつけたのは鶴橋キムチ。水っぽくなくコクと辛みもガツンと効いている。

まだ大阪の鶴橋に行ったことがないのです、一度行ってみたい。

本場の味もこういう感じかな~?

ホッピーセット(白/黒)@400 

(カズロー) 写真は黒だで。ちなみに中焼酎は200円。

ここんちにはホッピーがあるで、飲んべえにはポイント高けえだ。

でな、1時間980円の飲み放題プランもあるだ。こいつはビール党には嬉しいだな。

詳しくは店の人に聞くとええだ。

豚カルビ串焼き@380

からしはついていませんが、お願いすれば出していただけます。

(カズロー) 久々にみっしり肉のついた串焼きごっちゃんになれるだ。

(みに) うう・・・。カズローさん、それは言わない約束よ(p_q*) クロウカケルネ。

ハムカツ@380

懐かしさがこみあげてくるハムカツ。厚めで衣もサクサク。

チープさも愛おしい、想像どおりの味でした。

(ノブロー) カズ、居酒屋レポがんばってるだな。 オラ、様子見にきただよ。

(みに) あらー、ノブローさん、兄弟思いな面、あるんだ♪ 感心・感心。

とろとろ煮豚@480

こちらも「特製和出汁仕込み」。美味しいのですがこのお値段でこの量とすると

いささか物足りなくもあります。

フィッシュ&チップス@580

がっしりボリューム感あり。ポテトは業務用タイプ。

衣に独特の味がついており、細身でサクサク、カリッと、おつまみには嬉しい。

フィッシュは5ピース。スレンダーですが、ポテトの量を合わせるとこのお値段は

許容範囲内。

店長さんのお話によると同店はピザーラの傘下。

事業部が「鐵一」さんを担当なさっているとのこと。

大阪の美味しい味を広めたいと努力なさっているようです。

                                    -続きは後日-

2011年6月12日 (日)

三田屋本店 やすらぎの郷 新宿

お一人ランチは、新宿駅南口のタカシマヤ タイムズスクエア14Fの

三田屋本店 やすらぎの郷

能舞台のあるステーキレストランとして有名です。

同店に入るのは2回目。

前回、ここでの予期せぬ事態に直面し、急遽「むぎ万」さんにお世話になったのです。

三田屋さんといえば、ロースハムが美味しいことでも定評があります。

しかし、私の訪問した4月の時点では、震災等の影響かと思いますが、ロースハムを

提供することは出来ず、ランチタイムのメニューは牛スジカレー@500か

ビジネスランチ(ステーキ、ビーフコンソメスープ、ご飯と香の物)@1260のみ。

この説明を入り口のレジにて受けます。

なお、牛スジカレーはデザートをセットすると@999。

前回も牛スジカレーを注文して、こうして待っていたのです。

着席後数分すると、女性スタッフの方が「牛スジカレーは時間がかかります。」と

伝えに来てくださいました。

「どのくらいかかりますか?」と聞くと20~30分との回答。

「お急ぎでしたらビジネスランチでは?」とも言われましたが

「それぐらいの時間なら待てます。」とお答えしました。

そのまた数分後、男性スタッフの方が

「一番最後の味つけの時点で失敗したので本日は出せません。」とおっしゃったのです。

がががーーん( Д) ゚ ゚!! 

なら、最初のレジでの説明は何だったのでしょう。

まだ客に出せないものを説明しないでいただきたい。時間のロスだ。

こうしたいきさつがありましたが、一度いただいてみたいと思ったものは

止められない性分。 性懲りもなく、後日またやってまいりました。

同様にレジで説明を受け着席。

前回は単品@500で頼もうとしたから厄介払いされちゃったのかしら??

今回はセット@999で注文しよう。 申し訳ありませんが、妙な気をまわしてしまいました。

牛スジカレー

ほとんど待つこともなく運ばれてきました。

ライスは型抜きを使い、周りを囲むようにカレーがかけられ、脇には漬物。

スプーンはすくいやすいようにカーブしています。

野菜類はみじん切りにして、煮込まれているようで、やや甘口。レトロな味わい。

500円であれば無難であろうという印象。 

抹茶アイス、コーヒー

セットのデザートはバニラアイス、抹茶アイス、抹茶のゼリーから、

ドリンクはコーヒーか紅茶を選べました。

正直なところ食事後に同伴者とおしゃべりをするなど時間の使い方に余裕がない限り、

セットは割高に感じてしまってお一人さまには不必要かも。

なにはともあれ、ようやくお目当てのものをいただくことができました。

ご馳走様でした。

 

三田屋本店 やすらぎの郷 新宿店

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤ タイムズスクエア14F

TEL      03-5361-1870

営業時間/  ランチ 11:00~16:00(L.O 16:00) ディナー 16:00~23:00(L.O 22:00) 

定休日    無休(タカシマヤ タイムズスクエアに準ずる)

※追記 閉店になりました。

2011年6月11日 (土)

登川 №3 恵比寿

お一人ランチは、恵比寿のうなぎ「登川

何度か立ち寄らせていただいて気になるメニューがありました。

それは、常連さんが注文なさる登川弁当、このお店の日替り弁当です。

よし!次はお弁当を頼もう♪と心に決めていました。

某日、お昼時、お店の前に立つ。

引き戸にはクッション材が貼られてまして、そのためか少しだけお店の中が見えました。

あっ、カウンター席に空きがあるわ。入れそう。

登川弁当(日替り弁当)@700

カウンター席の端に着席。やはりここが私には落ち着く。

いつものとおり大将に「今日は何にいたしましょう。」とお声をかけていただき、

お母さんに「本日はいい鰻が入っていますよ。」

と教えていただいたけたのですが、ごめんなさい、初志貫徹。

「お弁当で。いいですか?」と答える。 

日替り弁当はお昼時にあわせ、予めカウンターの上段に9割型完成した形で

積んである。

吸い物は三つ葉、麩。

お新香はたくわんと大根、お弁当の器の中に入ってますが変わりません。

レタスの上に大き目の鶏の唐揚げ2つ、やっぱりジューシー。

塩焼きの魚はスライスレモン付き、焼き目も香ばしい。

煮物はさといもに油揚げ、冷奴、玉子焼き。ご飯の上には梅干。

茄子の煮浸しはぐだぐだになっておらず、しっかりと食感が残っています。

一品ずつ手作り感のあるおかずに、懐かしささえ漂う。好感度。

お値段700円の日替りは、ハートを感じさせる楽しいお弁当でした。

ランチ満足度数はもちろん、★★★★ 積極的に好き。

 

「お姉さん、いつもどうも。」大将とお母さんの笑顔と温かい声が耳に残る。

うなぎまであと少し、「また来ます。」

 

登 川

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-15-4

TEL      03-3477-0223

営業時間/ 昼11:30~

 

2011年6月10日 (金)

登川 №2 恵比寿

お一人ランチは、恵比寿のうなぎ「登川

あまりの居心地の良さにランチに再訪です。

引き戸を開けると大将の「いっらっしゃいませ。いつも、どうも!」の

歯切れの良いよく通る声。 

私が勝手に決めた所定の位置。カウンター席の端に着席。

「今日は何にいたしましょう。」

威勢の良いお寿司屋さんのよう。小気味良い。

好きだなぁ。この店。

やきとり重(上)@1000

「やきとり重の上で。」

今日も小さく見栄をはってしまいました。

お母さんがにこにこお茶を運んできてくださる。

そのお茶をすすりながら、右上のTVを見あげます。

この時間も決して退屈ではありません。

TVだけではなくカウンター内の厨房に立つ、大将の仕事ぶりを拝見できるからです。

吸い物は三つ葉、麩、柚子の吸い口。 熱々で美味い。

お新香はたくわんと大根。

ご飯の上に刻み海苔、やきとりはダイナミックに一枚肉で焼いています。

上にはちょこんと紅生姜。程よくタレが効いた鶏肉はむっちりとしてジューシー。

ご飯とやきとりの余熱で刻み海苔はところどころ海苔ご飯のようになり、

これもまた楽しい。

しかし同店の一番の魅力は大将とお母さんだと思います。

彼らの温かみのある対応に気持ちがほぐれるのだ。

それを裏付けるように常連さんがひっきりなしに入ってきます。

ランチ満足度数はもちろん、★★★★ 積極的に好き。

 

「またお待ちしております。ありがとうございました。」

私も常連とまではいかずともファンの末席に座りたいものです。



登 川

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-15-4

TEL      03-3477-0223

営業時間/ 昼11:30~ 

2011年6月 9日 (木)

登川 №1 恵比寿

お一人ランチは、恵比寿のうなぎ「登川

場所は場所は恵比寿西口。駒沢通り沿いのケンタッキーフライドチキンを右折。

この通りには飲食店が並んでいますが、わき目もふらずにそのまま道なりに直進。

左手側にお店は位置しています。

がらがら~と引き戸を開けると、「いつもありがとうございます!」と大将の

歯切れの良いよく通る声。 

あ・・・私、初めてだけど。照れくさいような、でもなんとなく悪い気はしない。

それは大将の温厚なお人柄がお顔にも表れているからだと思います。

店内は入って右手側にカウンター席、左手奥が小あがりの座敷席。入り口付近に

テーブル席も1卓あったのですが、ここには荷物が置かれており、私は入り口に近い

カウンター席の端に着席。右上を見上げるとTV。昼の時間帯の番組が流れていました。

「あら、こちらでよろしいんですか」

とお声をかけてくださったのはお茶を運んできてくださった年配の女性。

大将のお母さんだろうか。やはりとても感じがいい。

「今日は何にいたしましょう。」と大将から再び声をかけられる。

きじ焼重(上)@1000

うな重(きも吸・新香付)はリーズナブルなところで竹の1500円から。

うなぎ屋さんに来店しておきながら申し訳ないのですが、最近懐具合が寂しい。

それでも、並ではなく、きじ焼重の上を頼んだのは、少しばかりの私の見栄なのだ。

ご飯の上に刻み海苔、真ん中に玉子焼きを置きその上に紅生姜、両脇を

タレをぬってふっくら香ばしく焼けた鶏肉が固める。

吸い物は三つ葉と麩。 お新香はたくわんとキュウリ。

卓上にあった七味唐辛子を少しかけてみました。

焼き上げまで少し時間はかかったものの、柔らかさと弾力を兼ねそろえたきじ焼き。

タレは甘からず辛からず、とてもジューシー。

先客は1組。常連さんのよう。 うな重とグラスに注いだビールを飲りながら

時々、大将ともお話をなさっていました。

ほどなく、「大丈夫かしら?」とお一人で来店なさる地元の女性、作業現場がお近くの

お兄さん達、付近のサラリーマンと次々に常連さんがお店に入ってらっしゃいます。

大将やお母さんはお客様お一人お一人にお声をおかけになり言葉を交わすのですが、

その対話もお愛想ではなく自然体。

食レポをしていますので、色々なお店に行ってみたいとは思うもののランチの時間帯に

なるとついつい立ち寄りたくなる魅力あり。

アットホームな雰囲気が居心地の良さにつながって、ほっとさせられてしまうのでしょう。

帰り際も、大将とお母さんの「毎度ありがとうございます!」の声と笑顔に送られました。

 

どことは申しませんが気の抜けた居酒屋さんのランチより格段ハートのある飯を

食べさせてくれました。

ランチ満足度数はもちろん、★★★★ 積極的に好きです。

私も常連さんになりたいな~♪ と自発的に思わせてくれるお店。

登川さんのランチ編は続きます。

 

登 川

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-15-4

TEL      03-3477-0223

営業時間/昼11:30~ 

2011年6月 8日 (水)

レバーランド 蒲田№2

蒲田、立ち飲み居酒屋「レバーランド」 続編、再訪になります。

前回はノブローさんO0020002010488805500 が、あまりにハイになってお料理やお酒について

記せませんでしたので、こちらも記録しておこうと思います。

店内はすべて立ち飲み。

入って左側が厨房を囲むL字型カウンター(8人ぐらい)。

右手側にテーブルが3つ(2人が向かい合って立てる小テーブル2つ、奥に2~5人程度

のテーブル1つ)。

今回もテーブル側で立ち飲みですが

メニューはホルモンだけにとどまりません。 鶏あり、

スタンダードなおつまみもとてもリーズナブル。100円からある逸品も嬉しいのだ。

お酒もホッピー以外に焼酎、日本酒あり。

レモンサワー@400×2 

私達はこのあと、ヤカンのおかわり焼酎@200を5杯ほど。

けっこうたっぷり目でいただきました。

お通しサラダ

断ることも可能。 

レタスや水菜に梅干茶漬け(永谷園のお茶漬けの素)をかけたものですが

どなたのアイデアかは知りませんが、これが意外とイケる。

さて、そのお通しサラダ、ほどよくおかわり可。

決して食べ放題ではないのだ。

セルフサービス。 店内のテーブル側に設置されています。

レバー刺し&コブクロ刺しMix@500

うずら玉子、ゴマ油、大葉、ニンニク、ショウガ。

これを混ぜ合わせていただきます。ユッケ風。

レバーはさっくり、コブクロはシャキシャキとした歯ごたえ。

もちろん臭みなどもなく、タレも旨い。

白レバーの鉄板焼き@400

私もお気に入りの一品。

中はレア状態。バター醤油が効いてねっとりと口に広がるレバーの旨み。

もう最高!レバーばんさいっ。 お酒が進んでしまうよ。

厚揚げ@150

自家製っぽいのですが、詳細は不明。 カリフワっです。心地よい食感。

ホルモンメニューの中にこうしたあっさり系のつまみが置けれているところも

同店の魅力なのだ。

なお、お二人でお店を切り盛りなさっているからだと思いますが、取り皿は

ありませんでした。

Hand01お会計は、2人で、

上記お料理とお酒のほか追加でおそらくレモンサワーを注文したと思うのですが

控えわすれました。 合計3450円なり~。

この蒲田「最後の楽園」 レバーランドの続々編はまた後日。

居酒屋満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。


レバーランド

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-49-12 辻村ビル 1F

TEL      03-6715-9618 

定休日      不定休   

2011年6月 7日 (火)

京都2011春 やよいのちりめん山椒

京都のお土産、ほぷほぷさんもご推奨のやよいのちりめん山椒(*^-^)

偶然ですが、私もやよいのファン。なのでご紹介します。

帰りの新幹線に乗る前、ジェイアール京都伊勢丹のB1で購入しています。

ちりめん山椒 おじゃこ紙箱入(100g)@1050と京麩しぐれちりめん(80g)@630

賞味期限はおじゃこのほうが短いのだ。

温かい白ご飯にちりめん山椒。贅沢にドカンとのっけたれ!

うんま~いW04  味が強すぎず上品。山椒がぴりりと効いてだんぜん好み♪

ほぷほぷさんは祇園の本店を教えてくださいました。

残念ながら私は時間がなくて祇園にはいけませんでしたが、HPの店舗紹介を

拝見するとすごく趣があります!いつの日か本店にlovely

と画面をスクロールさせていくと、な・なんと!新宿の伊勢丹にも入っているじゃあ

ありませんかっ!   ・・・ ・・・ いえ、いいんですけどねsweat01 嬉しいですよ。

 

またジェイアール京都伊勢丹のB2には、以前ご紹介したように老舗の料亭・

仕出屋さんのお弁当を購入できるコーナーがありますので、事前に

お電話をおかけになって、希望にあうお弁当を予約されるのも良いかと思います。

ジェイアール京都伊勢丹 老舗弁当

TEL  075-342-5630(直通)

                                京都記録おしまい102614

2011年6月 6日 (月)

京都2011春 №9 伊豫又 (いよまた)

京都の台所、錦市場。

お土産物と新幹線でいただくお弁当を購入しに立ち寄りました。

伊豫又 (いよまた)

お店のご紹介のしおりによると

「現在の錦の本店は、元禄九年に買い入れたという古文書が残されており、

当主は二十代目に当たります。」とのこと。元禄といったら江戸時代です。

同店は「錦市場にテイクアウトできる老舗の寿司店あり」という話を聞き、

かねてから候補にしていたお店。実は東京から電話をかけていました。

テイクアウトできるものは何かということをお聞きし、場合によっては「いづ重」のように

予め予約しておいたほうがスムーズなのではないかという不安があったからです。

すると、「当日お店で実際に見ていただいてからの方が良いですよ。

お時間は15分ほどいただければ大丈夫ですから」との回答。

店頭で各自好みのお寿司を選び、出来上がりの時間まで連れ達は錦市場の

お土産物を購入しに、私は店内に入り待たせていただくことにしました。

カウンターの中では職人さんが2名。

私達のテイクアウトのお寿司を作ってくださってる間、店内を見回すとカウンター席に

テーブル席と奥には座敷席。 昔ながらに市場にあるという雰囲気がしっくりとはまる

お寿司屋さんでした。

鯖寿司(半分)@2000と小鯛の笹寿司@310

新幹線が動いたよ。さあ、開こう♪

鯖寿司半分は六切れ。いづ重と比べても形状も表面の昆布も明らかに違う。

寿司屋の鯖寿司!という存在感あり。

ねっとり旨みがある品の良い酢飯。 鯖は厚くてしっかりしています。

血合い部分でさえ、イヤミな生臭さがない。脂がノリノリで、もう激烈美味い

ダイレクトに鯖寿司の美味さを味わえます。

小鯛の笹寿司は可愛らしい一口サイズ。

小鯛の下には木の芽が敷かれています。これも、うんまい!

食べ終え鯖寿司と別れるのがつらい。

未練たらしく三切れ残しました。自宅に着いたら自己責任のもと、夜食にしたいです。

がっしりと鯖寿司がお好きな方には「伊豫又」さんの鯖寿司オススメです。

私もまたいただきたいと思います。

旅先ですが、
鯖寿司テイクアウト満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。

 

伊豫又 (いよまた)

〒605-0073  京都府京都市中京区錦小路通麩屋町西入ル東魚屋町197

TEL      075-221-1405

営業時間/ 10:00~19:00

定休日     水曜日

2011年6月 5日 (日)

競馬の話 安田記念G1

6月5日(日)は、東京競馬場で安田記念G1が開催されるのです。

予想は・・・

◎  8   アパパネ 
○  13  ダノンヨーヨー
▲  10  リディル
△   1   ストロングリターン、3 スマイルジャック、   

3連単の軸1頭の流しでいきます。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

結果は・・・

1着      14 リアルインパクト(単9人気)
2着 △   1 ストロングリターン(単5人気)
3着 △  3  スマイルジャック(単3人気)

配当は3連複44090円、3連単335600円でした。

アパパネは6着でした(/□≦、) 撃沈!

2011年6月 4日 (土)

京都2011春 №8 麩屋町三条

京都市役所前駅、麩屋町通りの割烹・京料理「麩屋町三条

昨晩は麩屋町通りの「French Cuisine Tiare」にお邪魔しましたが、御池通りを挟み

反対方向になります。「俵屋旅館」や「柊家旅館」を越えて三条通り手前。

2009年秋に「馳走いなせや」さんにお邪魔しましたが、同店は柳馬場通り。

このすぐ近くです。「馳走」とつくと言うことは、両店は何か関係があるのかしら?

と思ってのちにお店の方に訪ねたところ全く関係はないそうです。

白地の暖簾をくぐりまず右手には待合所?でしょうか。お香が焚かれていました。

そのまま直進。するとやはり気配がするのかしら、笑顔の可愛らしいスタッフの

女性が古民家の引き戸を開けてでてきてくださいました。

お忍びで、という言葉が似合うような、ここが玄関。

ちょっと低いので背の高い方は頭をぶつけないように頭上注意です。

中に入ると和モダン。古い町屋が改装され落ち着きのあるしっとりとした

空間が広がっていました。

予約の旨を伝えると、本日は奥のテーブル席をご用意させていただいています。

とのこと。 席からは手入れのなされた坪庭を眺めることができます。

京都での今回最後のランチ。

毎度のことになりますが、町屋造りのお店でのお食事を意識して予約しました。   

お昼の献立は2種類。

◆皐月の御弁当コース@3150 

◆おまかせコース@5250    

皐月(5月)の御弁当コースでお願いしました。×3

甘ぎつねのにゅうめんに九条ネギ

厚めのお揚げにほんのり甘い味付け。にゅうめんも太めなのですがお出汁が

きいていて美味しい。

ヨコワのお造り

ヨコワとは本マグロの幼魚。

見た目は3切れと寂しいですが、水っぽくもなくきちんとしてます。

大根のツマはいりませんが、薬味が添えられていてもいいかな。

お造りがあると日本酒が飲みたくなってしまう。リーズナブルなものでも900円から。

お猪口を選ぶことができます。私はすぐ決まりました。

お母様からどうぞ!と言いながら、コレはダメよビームを発し、連れも押しのけ

ゲットしました 

あとから聞いたところ皆さん、このお猪口が良かったんですって。

お先に失礼~(´0ノ`*)オーホッホッホ!!

うんうん、京都って感じ。素敵Yahho01

日本酒は片口で供されます。 京冷酒 徳次郎(城陽・純米)@900

口取りは籠に入って運ばれてきました。演出効果大。

色の濃い桜が映えますなあ。 はんなりします^^

オープン! 色味も美しいし、少量ずつ楽しめるところは女性好みね。

一寸豆、キャベツと新ゴボウの白和え、炭火で焼いた万願寺唐辛子にかつおぶし、

ホタテのベーコン揚げ、サーモンの幽庵焼き、カボチャコロッケ、

ホタルイカの生姜醤油和え。

粟麩に柚子味噌、赤こんにゃく、イカの南蛮漬け。

写真左の赤いおかか梅干のようなのが赤こんにゃくです。

このビジュアル、関東の私はてっきりおかか梅干かと思いましたよー。

京冷酒 まつもと(城陽・純米)@900 

お猪口も変えてくださいます。

小鮎の唐揚げ ふきのとうのあんかけ

カリッと揚がった小鮎に塩加減の良いふきのとうのあんかけ。

白髪ネギをあしらった温かいお椀です。

(ノブロー) また美味そうだで。オラにも京料理食レポさせてほしいだ。

(みに) しー!ダメよ。ノブローさんがおしゃべりして食レポしてたらお母様が

卒倒しちゃうわ。

(ノブロー) オラ、つまんねぇだ・・・。つまんねぇ。

(みに) 東京帰ったらまた出番があるわよ。ごめんね。

鯛とクレソンの釜飯

炊き上げは厨房で行われ出来上がった時点でテーブルに運んできてくれました。

小さい釜でして3人だと2つの釜で準備されます。

接客担当のお姉さんが、こちらのほうで仕上げてまいりますか?と聞いて下さるので

釜飯は1つだけ自分で混ぜ合わせたいと希望。さっくりふっくらかき回さないとね。

以前、中目黒の居酒屋「魚家 裏おらい」で教えられたわ。

大丈夫!まかせなさいって 心配そうな連れたちを横目で見ながら、やはりちょっと

だけムキになってかき回してしまった自分がおりました。・・・習性だ。

出し巻き玉子と香ノ物

ふっくら舌触りの良い出し巻き玉子、この場面で出していただけるのは有難い。

赤だしは湯葉となめこ。

クレソンを炊き込みご飯に使うとは新発見。

こちらの釜飯はご飯は出汁で炊いて、鯛の切り身は表面を軽く焼き

あとのせしているのではないかしら。ところどころ身に焼いた香ばしさがあります。

美味しいので先でも後でも良いのですけどね。

1つの釜でお茶碗に軽く3杯~3杯半ほどいただけました。

水物

黒糖シャーベット。

ちょこちょこのお料理と侮ってはいけません。

ここまでくるとボリュームもたっぷりで満足感がありました。

3150円でこれ以上希望は言えませんが、水物とともに和のテイストの効いた

デミカップに抹茶を一口出していただけたらもっともっと素敵なのにな。

とまたもいつもの独り言。

接客のお姉さんは、癒し系。

笑顔を絶やさず、会話にもテンポがあって、お客様をリラックスさせてくださいます。

この日は幸いと言って良いのか、他にお客様がいらっしゃらなかったので、

すっかり彼女を独占してしまいました。 

彼女でこのお店の価値はあがっているわね。と連れのお母様の印象。

私も同感。まだお若い女性ですが、ホスピタリティのある接客に好感度。

居心地が良すぎて、時計を見るともうランチは終了の時間。

せかされることもありませんでしたが

Hand01お会計は、3人で、上記お料理とお酒(他には瓶ビール@800)で

合計12050円なり~。

私たちの担当についてくれたお姉さんの他に板さん、男性のスタッフの方も

店の外まで出てきてくださり、丁寧なお見送りをうけました。

旅先ですが、町屋ランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

京都最後のランチ、お母様は町屋でのお食事をとても喜んでいました。

この時間は旅の良い思い出になることでしょう。ありがとうございました。

 

麩屋町三条(ふやちょうさんじょう)

〒604-0934  京都府京都市中京区麩屋町三条上ル東側下白山町310

TEL      075-241-1100

営業時間/ 11:30~14:00 17:00~22:30

定休日     日曜日

http://www.kaland.co.jp/

2011年6月 3日 (金)

京都2011春 №7 元離宮 二条城

翌朝、ホテルの窓を見るとしっかり雨。

最終日、観光をしようと思っていたのですが肌寒い。

今日は一日こんな感じかな。 遠出の観光を諦め京都のランチを充実させようと

旅の疲れも出始めたところで宿のチェックアウトはぎりぎりにしました。

この間ランチのお店を予約しようと悪戦苦闘するのですが、当日の朝です。

口コミで人気の高いお店はもう予約でいっぱい。

法事で荷物も多いためパソコンも持っていない。

頼りになるのは旅のガイド本(るるぶ)しかありませんでした。

次々に電話をかけ何軒目かでようやく予約を入れることができ一安心。

ランチの前に世界遺産二条城を見学しよう。

修学旅行のバスも多く停まっていまして、学生さんたちに交じり二の丸御殿を見学。

国宝二の丸御殿は桃山時代を代表する書院造り。

写真撮影は禁止。靴を下駄箱に入れてめぐるのですが、床が鳴るのです。

「うぐいす張りの床」だそうですが、ホーホケキョとは鳴きません。

キュッキュッというという音が近いかしら。優美な音色の響く廊下を渡り、

大政奉還が行われたという大広間や狩野派の襖絵を鑑賞。

なかでも心を奪われたのは欄間の透かし彫りです。車寄せにも見られましたが、

三の間の欄間も見事!厚さ35センチの桧を両面から透かし彫りにしているのです。

片側から見ていると牡丹、もう片側から見ると孔雀。

立体的で3Dを見ているよう。その美しさにしばらく立ち止まってしまいました。

また、老中の間も目を惹きました。老中が執務をした部屋とのことですが

他と比べると質素に造られているのです。

次は、二の丸庭園。

特別名勝に指定。

ガイドブックによると家康時代に造られた書院造りの庭園。

神泉蓬莱の世界を表したといわれ、八陣の庭とも呼ばれている。

二の丸御殿の大広間・黒書院などから眺められるように設計されているとのこと。

本丸御殿。

国の重要文化財に指定。御殿内は非公開。

屋根が丸みをおびて先端はそっているように見えます。

現在のものは明治期に移築された旧桂宮御殿で、創建当時は二の丸御殿に匹敵

するほどの規模だったとか。

清流園。

角倉了似の屋敷の一部や庭石などを譲り受け、小川治兵衛が完成させた昭和の名庭。

洋風、池泉回遊式の和洋折衷庭園。

清流園にはお茶席もあり(有料・京茶菓子付)、抹茶をいただきながら庭園を

眺めることもできるようですが、私達はランチがあるので素通りでした。

駆け足でめぐってしまいましたが、

二条城、桜の時期に訪れてみたいスポットです。

                            参考文献:るるぶ京都、まっぷる京都

 

2011年6月 2日 (木)

京都2011春 №6 French Cuisine Tiare(フレンチ キュイジーヌ ティアレ)

京都市役所前駅、

麩屋町通りの「French Cuisine Tiare」(フレンチ キュイジーヌ ティアレ)

ディナーの予約は18時30分。まずは無事到着。

いつものとおり入店前に表で店の外観を撮っていると気配を察知したのでしょうか、

中から満面の笑みをたたえたマダムがさっと扉を開けお出迎えくださいました。

予約の旨を伝えると入り口近くのテーブル席に案内していただけました。

オレンジのテーブルクロスはペーパーだったように記憶していますが詳しくは失念。

お店のHPで拝見するよりカジュアルに映る店内。

小ぢんまりとして暖かみのある雰囲気、女性受けの良さそうなインテリア、それぞれが

心落ち着く空間へと繋がっています。

 

着席すると本日のお料理の説明を受けます。同店はコース料理のみ(3900円~7500円)

私達は一番リーズナブルなディナーA@3900でお願いしました。

内容構成は

・アミューズブーシェ
・本日のオードブル
・本日のスープ
・本日の市場よりのお魚料理又は本日のお肉料理
・デザートの盛合せ又はお好きなチーズ盛合せ
・パン
・コーヒー

先ほどのメニューよりメインとなるお魚料理又はお肉料理を選びます。

(アミューズブーシェ) ズワイガニのフラン

みそと身がしっかり入っています。濃厚ですがくどさはない。

カクテルグラスなので一見すると冷たいのかいのかしら?

と思ったら温かいアミューズブーシェ。意外性があって面白い。

(パン) 自家製ライ麦パン

焼き立てをオリーブオイルを添えて出してくれます。ナチュラルな味わい。

しかもお替り可。

(本日のオードブル) サーモンのヴァヴロア スモークしたマグロのジュレ

フレンチキャビア付。周囲はキュウリのコンコンブルソース、えぐみもなくまろやか。

スモークしたマグロのジュレとのサーモンは香りと舌触りを楽しめ相性も良好。

後ろはジャガイモのガレット、繊細で美しく仕上がっています。

(本日のスープ) えんどう豆のポタージュ

中央には松の実。 濃さが美味しい口あたりの良いポタージュ。

このままパンがどんどんいただけそう。

(本日のお魚料理) オニカサゴのムニエル ソースサフラン

私チョイス。

ソースにはオマール海老とラタトゥイユを使い、イタヤ貝のグラチネ、空輸の

アスペル・ジュ・ソバージュをあしらっています。

(本日のお肉料理) 牛かいのみのステーキ 赤ワインソース

連れチョイス。

メインはお連れさんチョイスの方が好みでした。

一口いただきましたが、脂肪の少ない赤身の旨さが味わえました。

ワインを写していませんがボトルワイン、メゾン・アラン・パレ ヴィオニエ(白)@3300と

Ventoux 2009 ヴァンドー(赤)@2500を注文。

少し残っているので、お好きなチーズ盛合せをチョイス。

ご紹介で私達のテーブルまでチーズを運んできてくださいました。

ご説明くださったのですが、あまりチーズに馴染みがないせいかメモしきれない。

覚えているところで、

ココット皿に入ったチーズはシェフのオリジナルでクリームチーズにハーブ。

上のチョコレート色のチーズはスキクィーン、ノルウェーのヤギのチーズで

キャラメルのような味とのこと。

自分でチーズを削らせてくださるものもあります♪

この中から何種類でもOKということなので、それじゃぁ・・・お言葉に甘えて

全種類お願いしました。

(お好きなチーズ盛合せ) 全種類ですからチーズによっては量も控えめですが

こういうお心遣いは嬉しいものです。

(デザートの盛合せ)

ココナッツミルクのプリン、パパイヤ、イチゴのソルベ、バナナのタルト。

(ハーブティー) ハーブティーはハイビスカスとローズピップ。

ちょっぴり、がくーー!ティーバッグは寂しいわ。

 

食事を終え会計の頃になると接客上手なマダムと連れのお母様はいつの間にやら

歓談中。 帰り際にはお店の方々のお名刺まで頂戴いたしました。

すると、オーナーシェフはマダムのご主人様のよう。

シェフとマダム、スタッフの方の3人でお店の外まで長くお見送りくださいました。

少し歩き、振り返るとマダムがまだそこに立っていらっしゃるのです。

私達が振り返るたびに頭を下げていらっしゃいました。

メインのお料理については双方ともにビストロ的で庶民風な印象もありましたが、

お客様に楽しんでいただこうとお料理のどれもに一つ一つ力を注いでおり、

作ってらっしゃっていることは伝わってきます。

それに、あのチーズ盛合せは嬉しい。これなら繁盛しているのも納得です。

Hand01お会計は、3人で、上記お料理とお酒(ボトルワイン@3300+@2500、
グラスワイン@600、@700、@900)で合計19700円なり~。

すっきりさっぱり明朗会計。

あっぱれ!あれだけの接客対応であってもにサービス料などはかかっていません。

旅先ですが、フランス料理満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

マダムの愛に包まれたお店。 ありがとうございました。

(ノブロー) おめ、せっかく寝太郎のおっかぁと一緒だでに飯のウンチク語るでねえだ。

もう、宿までけえるだ。車ひろってくれだよ。 

(みに) あっ、ごめんcoldsweats01 そうね、明日お天気はどうかしらね~。 

 

French Cuisine Tiare(フレンチキュイジーヌ ティアレ)

〒604-0934  京都府京都市中京区麩屋町通押小路上ル尾張町234 アマデウス1F

TEL      075-253-4733

営業時間/ 12:00~14:00(L.O.13:30) 18:00~22:00(L.O.21:00)

定休日     水曜・第3火曜

http://www.tiare358.com/

2011年6月 1日 (水)

京都2011春 №5 伏見散策

十石舟を下船したあとは伏見の町を少し歩いてみることにしました。

地図を見ると周辺には、月桂冠大倉記念館、長建寺、寺田屋

キザクラカッパカントリーなどがありますが、まずは・・・

月桂冠大倉記念館。開館時間は午前9:30~午後4:30まで。

入館料は大人300円、中学・高校生100円とのことですが、残念ながらタッチの差で

門が閉まっていました。

十石舟に乗船する時点で酒蔵には間に合わないと諦めてはいたものの、外から

覗き込むと中に見学者がいらっしゃるのが見えるのです。気になるわーー。

さて次は「伏見夢百衆」。

大正8年築造の月桂冠旧本店社屋をそのまま使用したカフェ。

入り口付近には伏見の清酒をはじめとするお土産物も販売されています。

店先にきき酒セットが出ていましたので、お店の方にうかがうとこの時間帯でも

喫茶スペースで日本酒がいただけるというお話。さっそく入ってみました。

伏見の清酒、オススメ3銘柄飲みのきき酒セットは5種類。

(京みやこ、酒米、はんなり、まったり、こだわり)各750円、京つけもの付です。

私は古都・京都をイメージしてつくられた「京みやこ」セットをチョイス。

左から鶴正宗「京都五山の四季」(純米酒/やや辛口)

招徳「古都旅情」(純米吟醸酒/やや辛口)

富翁「祇園小町」(純米吟醸酒/普通)     

どれも京都をイメージさせる口当たりのやわらかなお酒でした。

しかしながら、きき酒で一番気にいったのは「はんなり」セットの「慶長小判」

すっきりしていますが繊細な中にお酒の旨みもあって、美味しい!美味しい!と

いただいていたら寝太郎さんのお母様がお土産に購入してくださいました♪感謝。

伏見夢百衆

住  所/伏見区南浜町247
TEL  /075-623-1360
営業時間/午前11時~午後5時(平日)
      午前10時30分~午後6時(土日祝日)
定休日/月曜定休(祝日の場合は営業)

 

伏見のお酒をいただいたあとはやはり「寺田屋」でしょう。

寺田屋は伏見の船宿。薩摩藩の定宿であり、坂本龍馬ゆかりの宿。

慶応2年(1866)1月23日、伏見奉行の捕り方たちが寺田屋に宿泊していた坂本龍馬を

暗殺しようと襲撃した事件はあまりに有名です。

館内見学時間は10:00~16:00(一般400円)

入浴中、周囲の異変を察知したお龍さんが裸で階段を駆け上がり龍馬らに危機を

知らせたという、風呂も階段も、刀傷や弾痕も残されているということです。

三栖閘門資料館で説明をしてくれたおじさんのお話によると寺田屋は現在でも

宿泊可能。 ただし、館内見学がありますからチェックインの時間も遅く設定されて

いるとのこと。素泊まり6500円になります。

期待が大きい分、実際泊まってみると肩透かしをくらったような感懐を持たれる方も

いらっしゃるとのことですが、龍馬ファンにはおさえておきたいポイントかもしれません。

竜馬通り商店街を通り、キザクラカッパカントリー経由で夕飯を予約している

場所へと移動します。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »