2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 京都2011春 №7 元離宮 二条城 | トップページ | 競馬の話 安田記念G1 »

2011年6月 4日 (土)

京都2011春 №8 麩屋町三条

京都市役所前駅、麩屋町通りの割烹・京料理「麩屋町三条

昨晩は麩屋町通りの「French Cuisine Tiare」にお邪魔しましたが、御池通りを挟み

反対方向になります。「俵屋旅館」や「柊家旅館」を越えて三条通り手前。

2009年秋に「馳走いなせや」さんにお邪魔しましたが、同店は柳馬場通り。

このすぐ近くです。「馳走」とつくと言うことは、両店は何か関係があるのかしら?

と思ってのちにお店の方に訪ねたところ全く関係はないそうです。

白地の暖簾をくぐりまず右手には待合所?でしょうか。お香が焚かれていました。

そのまま直進。するとやはり気配がするのかしら、笑顔の可愛らしいスタッフの

女性が古民家の引き戸を開けてでてきてくださいました。

お忍びで、という言葉が似合うような、ここが玄関。

ちょっと低いので背の高い方は頭をぶつけないように頭上注意です。

中に入ると和モダン。古い町屋が改装され落ち着きのあるしっとりとした

空間が広がっていました。

予約の旨を伝えると、本日は奥のテーブル席をご用意させていただいています。

とのこと。 席からは手入れのなされた坪庭を眺めることができます。

京都での今回最後のランチ。

毎度のことになりますが、町屋造りのお店でのお食事を意識して予約しました。   

お昼の献立は2種類。

◆皐月の御弁当コース@3150 

◆おまかせコース@5250    

皐月(5月)の御弁当コースでお願いしました。×3

甘ぎつねのにゅうめんに九条ネギ

厚めのお揚げにほんのり甘い味付け。にゅうめんも太めなのですがお出汁が

きいていて美味しい。

ヨコワのお造り

ヨコワとは本マグロの幼魚。

見た目は3切れと寂しいですが、水っぽくもなくきちんとしてます。

大根のツマはいりませんが、薬味が添えられていてもいいかな。

お造りがあると日本酒が飲みたくなってしまう。リーズナブルなものでも900円から。

お猪口を選ぶことができます。私はすぐ決まりました。

お母様からどうぞ!と言いながら、コレはダメよビームを発し、連れも押しのけ

ゲットしました 

あとから聞いたところ皆さん、このお猪口が良かったんですって。

お先に失礼~(´0ノ`*)オーホッホッホ!!

うんうん、京都って感じ。素敵Yahho01

日本酒は片口で供されます。 京冷酒 徳次郎(城陽・純米)@900

口取りは籠に入って運ばれてきました。演出効果大。

色の濃い桜が映えますなあ。 はんなりします^^

オープン! 色味も美しいし、少量ずつ楽しめるところは女性好みね。

一寸豆、キャベツと新ゴボウの白和え、炭火で焼いた万願寺唐辛子にかつおぶし、

ホタテのベーコン揚げ、サーモンの幽庵焼き、カボチャコロッケ、

ホタルイカの生姜醤油和え。

粟麩に柚子味噌、赤こんにゃく、イカの南蛮漬け。

写真左の赤いおかか梅干のようなのが赤こんにゃくです。

このビジュアル、関東の私はてっきりおかか梅干かと思いましたよー。

京冷酒 まつもと(城陽・純米)@900 

お猪口も変えてくださいます。

小鮎の唐揚げ ふきのとうのあんかけ

カリッと揚がった小鮎に塩加減の良いふきのとうのあんかけ。

白髪ネギをあしらった温かいお椀です。

(ノブロー) また美味そうだで。オラにも京料理食レポさせてほしいだ。

(みに) しー!ダメよ。ノブローさんがおしゃべりして食レポしてたらお母様が

卒倒しちゃうわ。

(ノブロー) オラ、つまんねぇだ・・・。つまんねぇ。

(みに) 東京帰ったらまた出番があるわよ。ごめんね。

鯛とクレソンの釜飯

炊き上げは厨房で行われ出来上がった時点でテーブルに運んできてくれました。

小さい釜でして3人だと2つの釜で準備されます。

接客担当のお姉さんが、こちらのほうで仕上げてまいりますか?と聞いて下さるので

釜飯は1つだけ自分で混ぜ合わせたいと希望。さっくりふっくらかき回さないとね。

以前、中目黒の居酒屋「魚家 裏おらい」で教えられたわ。

大丈夫!まかせなさいって 心配そうな連れたちを横目で見ながら、やはりちょっと

だけムキになってかき回してしまった自分がおりました。・・・習性だ。

出し巻き玉子と香ノ物

ふっくら舌触りの良い出し巻き玉子、この場面で出していただけるのは有難い。

赤だしは湯葉となめこ。

クレソンを炊き込みご飯に使うとは新発見。

こちらの釜飯はご飯は出汁で炊いて、鯛の切り身は表面を軽く焼き

あとのせしているのではないかしら。ところどころ身に焼いた香ばしさがあります。

美味しいので先でも後でも良いのですけどね。

1つの釜でお茶碗に軽く3杯~3杯半ほどいただけました。

水物

黒糖シャーベット。

ちょこちょこのお料理と侮ってはいけません。

ここまでくるとボリュームもたっぷりで満足感がありました。

3150円でこれ以上希望は言えませんが、水物とともに和のテイストの効いた

デミカップに抹茶を一口出していただけたらもっともっと素敵なのにな。

とまたもいつもの独り言。

接客のお姉さんは、癒し系。

笑顔を絶やさず、会話にもテンポがあって、お客様をリラックスさせてくださいます。

この日は幸いと言って良いのか、他にお客様がいらっしゃらなかったので、

すっかり彼女を独占してしまいました。 

彼女でこのお店の価値はあがっているわね。と連れのお母様の印象。

私も同感。まだお若い女性ですが、ホスピタリティのある接客に好感度。

居心地が良すぎて、時計を見るともうランチは終了の時間。

せかされることもありませんでしたが

Hand01お会計は、3人で、上記お料理とお酒(他には瓶ビール@800)で

合計12050円なり~。

私たちの担当についてくれたお姉さんの他に板さん、男性のスタッフの方も

店の外まで出てきてくださり、丁寧なお見送りをうけました。

旅先ですが、町屋ランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

京都最後のランチ、お母様は町屋でのお食事をとても喜んでいました。

この時間は旅の良い思い出になることでしょう。ありがとうございました。

 

麩屋町三条(ふやちょうさんじょう)

〒604-0934  京都府京都市中京区麩屋町三条上ル東側下白山町310

TEL      075-241-1100

営業時間/ 11:30~14:00 17:00~22:30

定休日     日曜日

http://www.kaland.co.jp/

« 京都2011春 №7 元離宮 二条城 | トップページ | 競馬の話 安田記念G1 »

02.和食全般」カテゴリの記事

d-1.旅行・京都」カテゴリの記事

コメント

いかにも、京都といった風情のお店ですね。
まだ、こういったお店で、お食事をした事が有りません。
行ってみたいです。
ノブローさんも、出番が少なく、ちょっと、がっかりしてるかな。

「町屋造りのお店」ちょー賛成!!

奥深い、京のおもてなし。
料理もさぞ、奥深い味わいだったのでしょうね。
意外にモダンな内容だという感じがしました。

「麩屋町三条」、お店の名前が住所になって
ますね。チェックさせてもーらおっと。

「口取り」の鮮やかなことsign03
これだけでも十分お酒が進みそうです。happy01

それに「鯛釜めし」の美味しそうなことsign03 これはぜひいただいてみたいです。shine
三条通りは近辺は二代目隊長よく出没するので、近いうちに訪れてみようかと思います。happy01

ヒーリングタイムさん^^
こんにちは。コメントありがとうございます。
その後ご体調のほうはいかがでしょうか。
ノブローさんも心配しています。

お店ですが事前下調べもなく当日決めたにしては
大当たりだと思います。
ノブローさん、京料理の食レポをし損ねちゃいましたが
ヒーリンさんにも召し上がっていただくだ!元気になるだ!
と申しています。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

黄ぐまさん^^
こんにちは。コメントありがとうございます。
黄ぐまさんも町屋造りのお店派ですかっ

私は観光客マル出しなのか、イタリアン、フレンチ、中華、
割烹etc ともかく町屋造りのお店LOVE。
普段が荒削りな生活なので町屋の雰囲気に憧れています。
京都に入ると観光重視でランチは、おうどんや行き当たりばったりで
済ませてしまうことも多かったのですが
同店を訪れ、もっともっと京都のお店開拓に力を注ぎたくなりました。
チェックよろしくです。
この内容で3150円はなかなかリーズナブルだと思いますよ~。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

白熊二代目さん^^
こんにちは。コメントありがとうございます。
口取りの色鮮やかさ、どれも少しずつ味付けを
変えてくださっていますので
楽しくいただけることと思います。

鯛釜飯もですが、この食事のタイミングで出される
出し巻き玉子に星4つ!
ぜひともランチにご訪問ください。
二代目ちゃんも満足いただけるはずだで!とノブローさんも
申しております。
私も近かったら・・・また行きたいわーー。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

みにさん
こんにちは!

>割烹・京料理「麩屋町三条」

店の前はよく通るので、存在は知っていましたが、
中を見るのは初めてだったので、興味津々で拝見しました!
へぇ!わりとモダンな内装なんですねぇ。
かっこいいと思いました!

>待合所?でしょうか

ここにはお茶室があるみたいなので、
「外腰掛(腰掛待合)」だと思います(^^)
お茶事に招かれた客が茶室に席入りするまでここで待機する場所ですね。
(違ってたらゴメンナサイ・・・w)

京都最後のランチ、とても満足されたようなので、とてもよかったと思います!
僕も行ってみたいぞぉ!(>▽<)/♪

いつもありがとうございます!

ほぷほぷさん^^
こんばんは!
コメントありがとうございます。
お店の前を通られる♪
あー、ほぷほぷさんやっぱり京都の方なんだと実感(゚▽゚*)
日常の景色にこうした風情のあるお店が
普通にあるのが羨ましいわ。
店内の写真、左側の扉が閉まっているところは
カウンターです。板さんのお仕事ぶりを拝見しながら
お食事できるようになっています。

外腰掛(*^-^) うんうん。そうですね。
実は私も用もないのに腰かけてみましたよ( ̄▽ ̄)ドッコイショ。

京都、夏にまたお邪魔する予定です。
今度は弾丸バスツアーなので自由行動が取れないのが残念。
四季折々に京都は楽しめますね♪
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 京都2011春 №7 元離宮 二条城 | トップページ | 競馬の話 安田記念G1 »