2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 京都2011春 №6 French Cuisine Tiare(フレンチ キュイジーヌ ティアレ) | トップページ | 京都2011春 №8 麩屋町三条 »

2011年6月 3日 (金)

京都2011春 №7 元離宮 二条城

翌朝、ホテルの窓を見るとしっかり雨。

最終日、観光をしようと思っていたのですが肌寒い。

今日は一日こんな感じかな。 遠出の観光を諦め京都のランチを充実させようと

旅の疲れも出始めたところで宿のチェックアウトはぎりぎりにしました。

この間ランチのお店を予約しようと悪戦苦闘するのですが、当日の朝です。

口コミで人気の高いお店はもう予約でいっぱい。

法事で荷物も多いためパソコンも持っていない。

頼りになるのは旅のガイド本(るるぶ)しかありませんでした。

次々に電話をかけ何軒目かでようやく予約を入れることができ一安心。

ランチの前に世界遺産二条城を見学しよう。

修学旅行のバスも多く停まっていまして、学生さんたちに交じり二の丸御殿を見学。

国宝二の丸御殿は桃山時代を代表する書院造り。

写真撮影は禁止。靴を下駄箱に入れてめぐるのですが、床が鳴るのです。

「うぐいす張りの床」だそうですが、ホーホケキョとは鳴きません。

キュッキュッというという音が近いかしら。優美な音色の響く廊下を渡り、

大政奉還が行われたという大広間や狩野派の襖絵を鑑賞。

なかでも心を奪われたのは欄間の透かし彫りです。車寄せにも見られましたが、

三の間の欄間も見事!厚さ35センチの桧を両面から透かし彫りにしているのです。

片側から見ていると牡丹、もう片側から見ると孔雀。

立体的で3Dを見ているよう。その美しさにしばらく立ち止まってしまいました。

また、老中の間も目を惹きました。老中が執務をした部屋とのことですが

他と比べると質素に造られているのです。

次は、二の丸庭園。

特別名勝に指定。

ガイドブックによると家康時代に造られた書院造りの庭園。

神泉蓬莱の世界を表したといわれ、八陣の庭とも呼ばれている。

二の丸御殿の大広間・黒書院などから眺められるように設計されているとのこと。

本丸御殿。

国の重要文化財に指定。御殿内は非公開。

屋根が丸みをおびて先端はそっているように見えます。

現在のものは明治期に移築された旧桂宮御殿で、創建当時は二の丸御殿に匹敵

するほどの規模だったとか。

清流園。

角倉了似の屋敷の一部や庭石などを譲り受け、小川治兵衛が完成させた昭和の名庭。

洋風、池泉回遊式の和洋折衷庭園。

清流園にはお茶席もあり(有料・京茶菓子付)、抹茶をいただきながら庭園を

眺めることもできるようですが、私達はランチがあるので素通りでした。

駆け足でめぐってしまいましたが、

二条城、桜の時期に訪れてみたいスポットです。

                            参考文献:るるぶ京都、まっぷる京都

 

« 京都2011春 №6 French Cuisine Tiare(フレンチ キュイジーヌ ティアレ) | トップページ | 京都2011春 №8 麩屋町三条 »

d-1.旅行・京都」カテゴリの記事

コメント

「二条城」も京都で代表されるお城(っていう
かやっぱり庭だね)だから、京都の拠点にして
巡ったことあるよ!
二条城に泊まった...のではなく、真向かいの
「京都国際ホテル」が本陣だけどねー。
部屋から二条城の門がきれいに見えて、正解
だったんです。夜の照明にも感激しました。

自分が訪れた時も同じ天気で、少し寒かった
です。そのお陰でしょうか、お客も少ない
時間帯ができ、「清流園」でお茶を頂いた時は
なんと貸し切り状態で、庭を満喫させて
貰えたんだよ。(時間測ってたんだけど、
10分後に人が数人入ってきた)

京都の名勝地のよきお庭で一瞬でも貸し切り
なんてこの時だけだけどね。
10分間、静かな上質な時間が流れたよ。
(黄いクマが京都の名庭で、お上品にお抹茶
を頂く姿、想像して。吹いちゃいそう??)

二条城はなかなか見ごたえがあるお城ですね。

内部もそうですが、お庭が広くてゆっくり巡るとなかなか楽しいです。

桜も見事でここに来ると春爛漫を満喫できますよ~cherryblossomcherryblossomcherryblossom

またぜひご一緒したいですねhappy01

黄ぐまさん^^
こんにちは。コメントありがとうございます。
お城のライトアップって幻想的に映るよね。
それをお部屋から眺められちゃうとは贅沢だー。
いい思い出になりましたね。
私、京都の定宿がなくなってしまったので
次からはどこを本陣にさだめようかまよっています。
お城のライトアップが見える「京都国際ホテル」
これはメモしておきます!

それと清流園の10分貸切状態もやったね♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪
お茶席の貸切状態なんて遭遇しないわ。
京都ツウの黄ぐまさんならでは
京都観光の女神様が微笑んでくれたのかも。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


白熊二代目さん^^
こんにちは。コメントありがとうございます。
お城に桜って合いますね~。
時間の関係で駆け足でめぐってしまいましたが
季節が変わり、ゆっくりと観賞してみたいポイントがたくさんありました。
春爛漫!素敵だ。
でもその前に秋燦々と~♪?!京都に行きたいですぅ。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 京都2011春 №6 French Cuisine Tiare(フレンチ キュイジーヌ ティアレ) | トップページ | 京都2011春 №8 麩屋町三条 »