2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 京都2011春 №4 十石舟 | トップページ | 京都2011春 №6 French Cuisine Tiare(フレンチ キュイジーヌ ティアレ) »

2011年6月 1日 (水)

京都2011春 №5 伏見散策

十石舟を下船したあとは伏見の町を少し歩いてみることにしました。

地図を見ると周辺には、月桂冠大倉記念館、長建寺、寺田屋

キザクラカッパカントリーなどがありますが、まずは・・・

月桂冠大倉記念館。開館時間は午前9:30~午後4:30まで。

入館料は大人300円、中学・高校生100円とのことですが、残念ながらタッチの差で

門が閉まっていました。

十石舟に乗船する時点で酒蔵には間に合わないと諦めてはいたものの、外から

覗き込むと中に見学者がいらっしゃるのが見えるのです。気になるわーー。

さて次は「伏見夢百衆」。

大正8年築造の月桂冠旧本店社屋をそのまま使用したカフェ。

入り口付近には伏見の清酒をはじめとするお土産物も販売されています。

店先にきき酒セットが出ていましたので、お店の方にうかがうとこの時間帯でも

喫茶スペースで日本酒がいただけるというお話。さっそく入ってみました。

伏見の清酒、オススメ3銘柄飲みのきき酒セットは5種類。

(京みやこ、酒米、はんなり、まったり、こだわり)各750円、京つけもの付です。

私は古都・京都をイメージしてつくられた「京みやこ」セットをチョイス。

左から鶴正宗「京都五山の四季」(純米酒/やや辛口)

招徳「古都旅情」(純米吟醸酒/やや辛口)

富翁「祇園小町」(純米吟醸酒/普通)     

どれも京都をイメージさせる口当たりのやわらかなお酒でした。

しかしながら、きき酒で一番気にいったのは「はんなり」セットの「慶長小判」

すっきりしていますが繊細な中にお酒の旨みもあって、美味しい!美味しい!と

いただいていたら寝太郎さんのお母様がお土産に購入してくださいました♪感謝。

伏見夢百衆

住  所/伏見区南浜町247
TEL  /075-623-1360
営業時間/午前11時~午後5時(平日)
      午前10時30分~午後6時(土日祝日)
定休日/月曜定休(祝日の場合は営業)

 

伏見のお酒をいただいたあとはやはり「寺田屋」でしょう。

寺田屋は伏見の船宿。薩摩藩の定宿であり、坂本龍馬ゆかりの宿。

慶応2年(1866)1月23日、伏見奉行の捕り方たちが寺田屋に宿泊していた坂本龍馬を

暗殺しようと襲撃した事件はあまりに有名です。

館内見学時間は10:00~16:00(一般400円)

入浴中、周囲の異変を察知したお龍さんが裸で階段を駆け上がり龍馬らに危機を

知らせたという、風呂も階段も、刀傷や弾痕も残されているということです。

三栖閘門資料館で説明をしてくれたおじさんのお話によると寺田屋は現在でも

宿泊可能。 ただし、館内見学がありますからチェックインの時間も遅く設定されて

いるとのこと。素泊まり6500円になります。

期待が大きい分、実際泊まってみると肩透かしをくらったような感懐を持たれる方も

いらっしゃるとのことですが、龍馬ファンにはおさえておきたいポイントかもしれません。

竜馬通り商店街を通り、キザクラカッパカントリー経由で夕飯を予約している

場所へと移動します。

« 京都2011春 №4 十石舟 | トップページ | 京都2011春 №6 French Cuisine Tiare(フレンチ キュイジーヌ ティアレ) »

d-1.旅行・京都」カテゴリの記事

コメント

みにさん
こんにちは!

>館内見学がありますからチェックインの時間も遅く設定されて

そうなんですよねぇ。ここ、泊まらはった人いはるんでしょうか(笑)
チェックアウトも早めにしないといけないから、当時の出来事に想いを馳せている間もないかもしれないですねぇ。

あっそうそう!
志津屋は最近地下鉄の構内にも出店していて、よくカルネを買ったりします。
ここは、カルネも美味しいんですよ~(^Q^)

6月中旬ごろまで雲隠れします。
帰宅しだい、京都旅行記の続きバッチリ拝見したいので、
きばってきじかいておくれやす!(^Q^)♪
いつもは関東にいはるブロ友さんがなぜか、
僕の見慣れた景色を紹介したはるのが、
なんだか不思議な感じがして面白いです!

いつもありがとうございます!

「十石舟」も「伏見散策」もいいですね。
酒の町の風情だね。

京都好きの知人の中にはやっぱり酒呑みが
伏見を支持しており、(とーぜんだね)それ
目当てでだいぶ足を運んでいる様です。

なるほどね。「富翁」というブランドが
いいって言ってたけど、みにさんブログで
しかと目にするとは。

黄ぐまは時たま飲みに行っても、洋酒です。
京都はその筋では有名なオーセンティックバー
の「サンボア」あり、「ケントス」まで祇園
にあるそうですが、ムム、京都行った時は
sakeにハマらなきゃツウとは言わないねー。
うまい、いろんなsakeが見つかるはず。
京都の水が良質だということはよ~くわかって
て憧れだったというに、伏見のsakeにハマらず
して、どーする、だったね~。

ほぷほぷさん^^
こんばんは。
つたない私の京都記録ですがご覧いただけて嬉しいです。
コメントありがとうございます。

「寺田屋」さん、宿泊は電話で申し込むようですが
宿泊希望者はやはり熱烈な龍馬ファンの方が多いのかな。
私はクマピヨちゃんの坂本龍ク馬とおピョうさんのほうが好き。
だって可愛いんだもん( ´艸`)

そうそう!志津屋さんheart
去年、京都駅の地下鉄構内に出店していたけど、
今回見たらなくなっていたの。
どこいっちゃったのぉぉcrying 場所変わったのかな。
また探さなくては!!
カルネ!今度京都に遊びに行ったら購入してみますね。
美味しい情報ありがとうございます♪

雲隠れ(。・w・。 ) 
ちゃんとまた雲の間から戻ってきてくださいね~。
待っていますよ(o・ω・)ノ))

京都記事は残すところあと少しですが頑張りま~す。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

黄ぐまさん^^
こんばんは。コメントありがとうございます。
今回時間があまりなくて京都駅から近く行ける
ところで伏見になりました。
月桂冠大倉記念館には間に合わなかったけど
中で見学者が枡酒でも飲んでいるのではないかと
妄想だけで羨ましくてならなかったわ。

たっぷり伏見の清酒を味わいたかったのですが
このあと夕食。洋食なのでワイン。て、ことはボトルで頼む
(おそらく2本とグラス数杯)という計算がはたらいてじっと我慢しました。
お土産の伏見の酒、今週末にじっくり楽しみます。

「サンボア」( ^ω^)
私も以前木屋町「サンボア」行きました~。
気さくなマスターに立ち寄りココロを刺激されましたよ♪
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 京都2011春 №4 十石舟 | トップページ | 京都2011春 №6 French Cuisine Tiare(フレンチ キュイジーヌ ティアレ) »