2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 菊最中 青柳正家 | トップページ | 鮨 水谷 銀座 »

2011年3月31日 (木)

らん亭 向島

押上の友人ご夫妻宅で昼飲み。

すっかり日も暮れたところでそろそろ河岸を変えよう!

と出向いたのは友人宅から程近い「麺・酒処 らん亭

このあたりが地元の友人の話によると同店はもとは置屋さんだったとのこと。

がらがら~と引き戸を開けて中に入ると古き日本の和を感じさせる内装。

記憶の底をまさぐりたくなるような不思議な郷愁にかられます。

「2階いい?」

と友人がお店の方に声をかけ2階にあがると、またまた味のある部屋。

木製のちゃぶ台を友人ご夫妻と4人で囲みます。

少々、酒が入りすぎていてところどころ記憶もあいまいですが

こちらは魚の甘露煮。お通しだと思います。

浅漬け@400

だと思います。

おすすめメニュー。

タラコつまみ@450

刻みネギと一緒にガツンと盛ってくれています。

自家製塩ウニ@650

これ、酒のつまみにもってこいでした。

しっかりと形状が残っていて磯の香りとウニのコク。しょっぱいんですが激ウマ。

タラコと塩ウニが並ぶと、酒だけでなくおむすびが作りたくなりますね。

中華そば(醤油)@600

しかし同店は麺・酒処。 〆にはやはり中華そばを注文。

中華そばは塩と醤油があり最もスタンダードなもので各600円。

チャーシュー2枚、メンマ、ほうれん草、海苔。

ガツガツいろんなものが入っていないシンプルさがお店の雰囲気にもあっています。

(トッピング、味付たまごは+100円。)

なお、麺は縮れ麺と平打ち麺を選べます。連れと私で違えてみました。

まずは縮れ麺。 

中華そば(醤油)@600

そして平打ちタイプの麺。 

スープは屋台の夜鳴きそばでいただいたような味わい。比較的あっさりしています。

個人的には平打ちタイプの麺が美味しかったです。

この他、缶詰も300円で置いてあります。

缶詰を酒の肴に一杯。というのもちょっと面白いかも。

昭和の香りを残す店内の風情も気に入りました。 

押上の友人宅に伺った際には「あそこ行こうよ!」と提案したくなるような、

とても好奇心をくすぐられるお店でした。

お会計はといきたいところですが、お酒と上記つまみの数、中華そばは人数分

注文したと思いますが、詳しく控えていません。一人あたり2300円ほどだったと

思います。

居酒屋満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

麺・酒処 らん亭 

〒131-0033 東京都墨田区向島5-20-4

TEL      03-5722-9889

営業時間/ 18:00~翌1:00(LO)

定休日    日曜・祝日

« 菊最中 青柳正家 | トップページ | 鮨 水谷 銀座 »

04.居酒屋・ラーメン」カテゴリの記事

a-07.台東区・墨田区・江東区・荒川区」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。