2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

らん亭 向島

押上の友人ご夫妻宅で昼飲み。

すっかり日も暮れたところでそろそろ河岸を変えよう!

と出向いたのは友人宅から程近い「麺・酒処 らん亭

このあたりが地元の友人の話によると同店はもとは置屋さんだったとのこと。

がらがら~と引き戸を開けて中に入ると古き日本の和を感じさせる内装。

記憶の底をまさぐりたくなるような不思議な郷愁にかられます。

「2階いい?」

と友人がお店の方に声をかけ2階にあがると、またまた味のある部屋。

木製のちゃぶ台を友人ご夫妻と4人で囲みます。

少々、酒が入りすぎていてところどころ記憶もあいまいですが

こちらは魚の甘露煮。お通しだと思います。

浅漬け@400

だと思います。

おすすめメニュー。

タラコつまみ@450

刻みネギと一緒にガツンと盛ってくれています。

自家製塩ウニ@650

これ、酒のつまみにもってこいでした。

しっかりと形状が残っていて磯の香りとウニのコク。しょっぱいんですが激ウマ。

タラコと塩ウニが並ぶと、酒だけでなくおむすびが作りたくなりますね。

中華そば(醤油)@600

しかし同店は麺・酒処。 〆にはやはり中華そばを注文。

中華そばは塩と醤油があり最もスタンダードなもので各600円。

チャーシュー2枚、メンマ、ほうれん草、海苔。

ガツガツいろんなものが入っていないシンプルさがお店の雰囲気にもあっています。

(トッピング、味付たまごは+100円。)

なお、麺は縮れ麺と平打ち麺を選べます。連れと私で違えてみました。

まずは縮れ麺。 

中華そば(醤油)@600

そして平打ちタイプの麺。 

スープは屋台の夜鳴きそばでいただいたような味わい。比較的あっさりしています。

個人的には平打ちタイプの麺が美味しかったです。

この他、缶詰も300円で置いてあります。

缶詰を酒の肴に一杯。というのもちょっと面白いかも。

昭和の香りを残す店内の風情も気に入りました。 

押上の友人宅に伺った際には「あそこ行こうよ!」と提案したくなるような、

とても好奇心をくすぐられるお店でした。

お会計はといきたいところですが、お酒と上記つまみの数、中華そばは人数分

注文したと思いますが、詳しく控えていません。一人あたり2300円ほどだったと

思います。

居酒屋満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

麺・酒処 らん亭 

〒131-0033 東京都墨田区向島5-20-4

TEL      03-5722-9889

営業時間/ 18:00~翌1:00(LO)

定休日    日曜・祝日

2011年3月30日 (水)

菊最中 青柳正家

先日、押上の友人ご夫妻宅にて集まりがありました。

その際、地方発送できる下町の味を買い求めたかったところ教えて

いただいたのは東京向島の銘菓「青柳正家」。

ここでの友人のイチオシは菊最中。

しかしお店の方におききしたところ菊最中は日持ちがしないため地方発送には断念。

栗羊羹でお願いしました。 でも、菊最中ってどんなのだろー。

ということで友人宅に買ってきました。個数売りは5個からとのこと。1280円。

小ぶりの可愛らしい最中。

菊の花輪をかたどった皮はしっかりと固く、ぱりっぱりっとした歯ざわりあり。

もりもりと盛り上がった餡は水飴が多いためかと思いますが、かなりねっちり

絡みつく。それでいてしつこさを感じさせない甘さで、やはり上品。 

バランス感の絶妙な最中。なるほど、これは一食の価値がありました。

 

青柳正家(あおやぎせいけ)

〒131-0033 東京都墨田区向島2-15-9

TEL      03-3622-0028

営業時間/  9:00~19:00 

定休日     日曜・祝日

2011年3月29日 (火)

魚家 裏おらい 中目黒

中目黒、もう一軒の寄り道は海鮮居酒屋「魚屋 裏おらい」随分久しぶりの再訪です。

お店はほぼ満席状態。予約なしに、立ち寄ったものですから仕方ありません。

それでも一番奥にかろうじて2名座れるお席がありましたのでラッキーです。

以前は表に向かってカウンター席が配置されていたと思うのですが、テーブル席に

模様替えをした様子。何よりもびっくりしたのは約1年ぶりにもなろうかというのに

スタッフの方が私たちを覚えていてくださったことです。

写真を撮らせていただいたからチェックなさっていたのでしょうか?

それにしても顔が一致するなんてすごい。親近感がわいてくるな~。

本日はタイ料理でお腹もいっぱいなのでつまみを1品。

それとお店のBGM!昭和歌謡があればもう十分。

となると軽くいただけるもので一番のお気に入りを・・・。

ねぎトロのメンチカツ@380

マヨガーリックソース。

おっ、以前は460円だったはずですが、値下げされています。

でも、、微妙に違う。 記憶の中のぽってりソースはもっと艶のあるコクを

感じられたのに。ガーリックが前に出てきたのかしら。

(ヨンクマ) お魚をつまみにお酒が飲めるお店だよー。

(みに) そうそう、お店は小ぢんまりしているけど肩の凝らないところがいいね。

味覚のズレは満腹だったからかもしれませんね。

春はまだまだ中目黒に出没しそう。再チャレンジしましょう♪

 

魚家 裏おらい

〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-15-12 和泉ビル1階

TEL      03-5722-9889

営業時間/ 18:00~0:00(日~木) 18:00~2:00(金・土)

定休日     不定休

※追記 閉店になりました。

2011年3月28日 (月)

イム アロイ 中目黒

2月某日、中目黒のタイ料理「イム アロイ」にお邪魔しました。

場所は目黒川沿いから程近い距離。

タイ料理好きの白熊二代目さんをお誘いするにあたっての下見です。

小ぢんまりとした店内はこってこてにタイ国全開というよりカフェ風でカジュアルな雰囲気。

まずは、チャンビール@650とシンハービール@680

スパイもありますが、ハウスワインのボトルが2520円。

これは酒飲みの私達としては有難い。

またメニューを見るとお料理には唐辛子印がついておりこれが辛さの目安のよう。

イーサン風ビーフサラダ@1200(唐辛子印4)

「乾燥唐辛子を使用したイーサン地方の料理。」

薬味がたっぷり。ビーフの存在感もあってたのもしい。

一口いただき即効辛い。ガツンと響く辛さですが、こりゃあ激ウマ!

タイ風エビのパッネンココナッツカレー@890(唐辛子印3)

「大きいムキエビを使用した一品」

あ・・・あれー?想像していたよりちょっと小さいように感じてしまうムキエビ。

刻んだニンニクが入っていましてココナッツの風味が効いています。

そのためか、唐辛子印3でも難なくOK。

なお、ライスはついていませんので召し上がられる場合は別注文になります。

ハウスワイン(ボトル)@2520

イタリアワインでした。

さて、タイ料理の食べ方と調味料の使い方が記されていたので撮影しておきました。

「そのまま食べれる程の味付け」がなされているためか、同店の卓上には調味料は

置かれていません。

私はイーサン風ビーフサラダで舌先がひりひり。たまらず水をお願いしましたが

水腹になるのでできるだけ我慢したほうがいいのかしら。

ともかく放り込むべし!

ヨンちゃん、どう思う? お父さんに聞いてみようね。

タイ風チキンバーベキュー@890

「鶏もも肉をタイの香辛料で味付けしてオーブンで焼きました。」

つまりはガイヤーン!

しかし、これは温めて出されているように思うのですが、微妙。

スイートチリソース付き。

予約をお願いすると、「リクエストしたいお料理があれば数日前までにおっしゃって

ください。できるだけご要望にお答えします。」 ととても親切。

席の希望なども聞いてくださいました。

もう一軒中目黒のタイ料理屋と比較してからと思っていましたが、気持ちのよい

対応をしてくださった同店で決めることにしました。

その際は、宜しくお願いしますね(*^-^)

お料理はすべてをいただいていないので何とも言いがたいのですが

イーサン風ビーフサラダは本格的のよう。印象に残りました。

たぶん次回もお願いするでしょう。

Hand01お会計は、2人で、

上記お料理とお酒(追加ハウスワイン2520円)で合計9610円なり~。

期待を込めて

タイ料理満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

イム アロイ

〒141-0021 東京都目黒区青葉台1-21-6 2F

TEL         03-5489-8339

営業時間/ 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:00(L.O.22:30)

定休日     無休

2011年3月27日 (日)

寿々喜 蒲田

某休日、母とのランチは蒲田「寿々喜

蒲田では歴史のあるうなぎ屋さん。 

亡父の仕事場が蒲田だったため、うなぎ好きの母と亡父がことあるごとに

利用していたお店です。

もちろん小さい頃、私もよく連れてきてもらいました。

場所は、蒲田西口商店街、サンロードのアーケードを抜け「金春新館」の先に

位置しています。

昭和の香りが残る店内は時計の針が止まったような味わい深さ。

ここでは2階座敷席が気に入ってます。

真ん中に通路を挟み左右が座敷席になっており1階テーブル席よりゆったりと

していて広め。 窓ガラスから射す日の明かりにほっとさせられます。

今回は予め連れが電話で予約。

とここまでは良かったのですが、デジカメを忘れてしまいまして携帯カメラで撮影。

キリンビールはおつまみ付きで@570

本日はきんぴらごぼう。

うざく@550

うなぎをさっぱりと酢の物で。

きも焼き(1串)@270

電話で予約したのには理由があります。

「きも焼き」の確保のため。 

きも焼きは数が少ないので場合によっては売り切れてしまうことがあるのです。

(※電話予約を入れると、たいがい、お店の方からきも焼きはどうするかを聞かれます。)

長年通っている母のアドバイスに従いました。

焼き加減もちょうど良く、ほろ苦さが旨い。

うな重@1850 お吸い物付

その他に小鉢に煮しめ、お新香付きです。うな重は私と連れチョイス。

うな重のお吸い物はきも吸ではありません。

ちなみに母のここでの注文は蒲焼御飯@2480。

うな重と違い、うなぎとご飯は別の器に入って運ばれてきます。

母はあまりタレがしみこんだご飯は好まないようですが、私と連れはタレしみ込み派。

同様に小鉢の煮しめとお新香がつきますが、大きな違いはもう一つ。

蒲焼御飯は吸い物がきも吸なのです。

ふっくらとしたうなぎにタレの加減も甘からず辛からずしつこくならない。

小鉢もセットされこの内容は嬉しい。 美味しくいただけました。

母いわく土用の丑の日には行列もできるとか。

亡父との思い出もたくさんつまった「寿々喜」

彼女にとってはここが東京で一番美味しいうなぎ屋さんとのことです(*^-^)

 

蒲田の誇れる老舗のうなぎ屋さんはCPもよく地元の方々に長く愛されているお店。

うなぎ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

また母を誘って行こうっ( ^ω^ )

 

寿々喜

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-63-2

TEL     03-3731-5239

定休日/   火曜日

2011年3月26日 (土)

やきとん新橋店

なにかとお世話になっている「新橋 やきとん」蒲田店。

その店長さんが新橋に異動になったので、久しぶりに顔をみようと手土産持参で

駆けつけました。この新橋店が「新橋 やきとん」の1号店。

新橋駅SL広場から新橋駅日比谷口前の交差点を越え進行し左折。

お店はビルの裏に隠れていました。

ホッペの唐揚げ@399

てんちょー!いたいた♪ 焼き場で串ものを焼いてました。

蒲田店には椅子があるのだけど、新橋本店は完全、立ち飲み制。

焼き場の前のいい感じのカウンターで軽くいつもの黒ホッピー@315×2を飲る。

メニューを見ると、蒲田ガード下のやきとんにはないメニューが豊富。さっそく注文。

なかなかうまい。つまみになる。

ハラミポン酢@157

これは蒲田店にもあるね。でも刻んだネギがかかってるわ。

やるね~。小技効いてます。

アスパラ巻き@157×2

おぉ、野菜の焼き物も嬉しい。こんな巻き物、蒲田のガード下にはない。さすが本店。

レバー(タレ)@105

これはまぁ、普通。 タレだからかな?からしがついてないわ。

 

久しぶりに店長の焼いてくれた串物をいただきました。嬉しい。

節電のため提灯や看板照明も落としてますが同店は営業中。

聞くところによるとまわりはオフィス街なので、電車の運行が懸念され

最近は急いで帰られるお客さまが多いとか。

通常は6人いらっしゃるスタッフも、この日は店長含め3人でした。

また同日は大規模停電のおそれというニュースが飛び込んだので

私達もこのあと予約の2軒目を急遽キャンセル。

店長、またね。また来るね(*^・^)ノ 忘れないでね。

ぎゅうぎゅうパンパンのJRに乗り帰途を目指しました。

蒲田店は地域密着型というか地元ファミリーの方々も多いのですが

新橋本店はやはりサラリーマンが圧倒的に多い様子。

店長も今はすっかり新橋のお客様達と馴染み嬉しいような、でも私達と距離が

できちゃったようで寂しいような複雑な心境。 今度はいつ行けるかなぁ。

こちらも営業時間は16時から、17時45分までにお店に入れば、
ドリンク1杯サービスです。

居酒屋満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

新橋 やきとん

〒105-0004  東京都港区新橋1-14-8 有信ビル1F

TEL     03-3539-4838 

営業時間/ 16:00~24:00

定休日    日曜日

2011年3月25日 (金)

いち尾 麻布十番

お一人ランチは麻布十番、和風居酒屋「いち尾

場所は麻布十番駅、4番出口から徒歩1分。

二の橋に向かう東京都道415号高輪麻布線に面した右手側のビル2階。

以前訪問した「DEVI BISTRO」の手前に位置します。

重い扉を開けて明るい店内に入ると、まずレジにて前払い制。

カウンター席と中央に数名掛けの細長いテーブル席、他に半個室もあるようですが

一人なので数名掛けのテーブル席に相席状態で利用しました。

表の看板に記されたようにサラダ、惣菜はブッフェスタイルで食べ放題。

写真は皿に盛っている途中であります。

取ってきました。小鉢には予めタクワンだけ用意されていましたから、すき間に

惣菜を相乗りさせました。サラダのドレッシングも2種類あり。

お茶は各卓上にポットで置かれていますからセルフです。

アジフライ定食@800

ご飯、味噌汁も食べ放題。 そうそう、入店時前払いする際に

「ご飯の量はいかがしますか?」と聞かれました。

大盛り、普通、少なめ とお好みでお願いできて、もちろん大盛りをお願いして

その後のお替りも可ですよ。

ご飯はやや柔らか目、味噌汁はワカメとネギ。タルタルは特筆なし。

厚めのアジフライ2枚。ソースは一緒に持ってきてくださいましたので

1枚はソース、1枚は卓上の醤油でいただきました。

11:30頃、入店してくるのはなぜか男性のお一人様ばかり。

しかも比較的お若い方々が多かったように思います。

がっつり、魚でご飯をいただくには良いお店。満腹感を得られます。

私も満腹、満腹。

フライといえど和食は食後に胃が重たくならない気がするこの頃です。

ランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

炭処 いち尾

〒106-0045  東京都港区麻布十番2-20-5 2F

TEL      03-3769-1313 

営業時間/ 月~土 11:00~14:30 17:30~23:00

定休日    日・祝日

2011年3月24日 (木)

シノワ 渋谷

渋谷のフレンチ・ワインバー「シノワ」。 1月某日、仲良しの女子と再訪です。

今回はお席が決まっていましてテーブル席。まっ、いいか。

(アミューズ) フレッシュグリーンオリーブ

前回同様、シャンパンブランチ(3980円)にグラスワインのフリードリンク(1900円)

をつけて一人5880円の予算。 まずは最初の一杯はグラスシャンパン。

(パン) オリーブオイルと塩がついてきます。

※ワインのフリードリンクは赤・白ともにまず3種類ご紹介していただいて、
そのあとはその中から気に入ったものを選んでお願いするというシステム。

前回カウンター内にいらっしゃったソムリエールが、この日はホールに出ていらして

数ヶ月ぶりに訪れた私のことを覚えてくださっていたのです。

嬉しい!やっぱりノブローさんO0020002010488805500 が一目惚れをしただけのことはある。

彼女がいてくれれば安心だわ。 まずは・・・

(白・1杯目) EDELZWICKER  MEYER-FONNE  ピノブランなど

フランス アルザス地方。 花のようなふわっとした香り。ミネラル豊富。

(前菜) 厚岸カキとホウレン草 銀杏のグラタン 

クリーミーで素材の旨味を生かした熱々グラタン。

まわりの焦げ目が食欲をそそります。

(前菜) オマール海老とホタテ冬野菜のテリーヌ 枯木柚子ドレッシング 

彩り鮮やかなテリーヌ。 ボイルキャベツで巻いています。

シャキシャキとしたフレッシュな冬野菜との食感も楽しい。

この上品な前菜は女子のオーダー率が高い様子。

ここでご紹介していただいた他の白ワイン2種は・・・

(白・2杯目) SILENI  ソーヴィニヨン・ブラン  ニュージーランド

前回もいただきました。パッションフルーツのような香り。

ソムリエールのご説明によると魚介との相性も良いとのこと。

そうそう、すっきりしています。

(白・3杯目) VINUS  シャルドネ  南仏ラングドック地方

こちらもいただきました。ヘーゼルナッツ、バター、パイナップルの香り。

すっきりとした辛口、ミネラル分も豊富です。 白ではコレが好き♪

合う料理としては、舌平目のムニエル、ムール貝のワイン煮、ブルーチーズなど

と記されていました。

(主菜) 和風フォアグラ丼

フォアグラ好きの友人チョイス。

丼ものですが量は少なめ。甘辛いタレがかかっています。

いただいた感じとしてはご飯がもっちりしていました。

もち米でもはいっているのかしら?

(主菜) シャラン産鴨肉と自家製ソーセージ 白インゲンのカスレ

私、チョイス。

しかし、おしゃべりに花が咲いて無意識のうちにお肉を切ってしまったわ。

友人の「写真は?」の一言で我に返りました。

弾力のある肉々しいソーセージ、旨味のある鴨肉、表面にパン粉をがかけられ

オーブンで焼かれています。下に敷かれているのがカスレです。

さて、主菜をいただきながらご紹介していただいた赤ワインは・・・

(赤・1杯目) OMRAH  ピノノワール  西オーストラリア

ベリー系、果実もしっかり。かろやかなワイン。

こちらは前回もいただいてます。

(赤・2杯目) TERRE DE MISTRAL 

グルナッシュ、シラー、サンソー、ムールヴェードル

フランス  コート デュ ローヌ地方

しなやかなタンニン、スパイシー感もあるミディアムボディタイプのワイン。

(赤・3杯目) VOLVER SINGLE VINEYARD テンプラリーニョ  スペイン

力強さのある辛口。フルボディですが、口あたりが柔らかくふくみのある美味さ。

これ!気にいった♪

ということで、私も友人も赤の3杯目をリクエストしたところ

残念なことになくなってしまってました(u_u。)がくっ。 

美味いものはなくなるのが早いのか・・・。

しかし、ソムリエールのお計らいで

ANDELUNA MERLOT  メルロ、マルベック  アルゼンチン

同じくフルボディのワインをいただきました。

果実やスパイス、スモークな香り。タンニンも感じられバランスが良し。

(デザート) 苺のタルト ピスタチオ風味

友人チョイス。

フレッシュです!キュートでエレガント。

(デザート) キャラメルと洋梨のパフェ

私、チョイス。やっぱりパフェ最高~~Yahho01

夢中になって、混ぜ混ぜしていただきました。

パフェもこちらに来る楽しみの一つになってしまってます。

最後はエスプレッソで。 大満足。

ソムリエールにお見送りいただき店をあとにしました。

後日、連れにソムリエールが連れの名前も覚えていていてくださったよ。

という話をしたらやっぱり驚いていました。

笑顔の素敵な彼女はスーパーソムリエール♪

ノブローさんは私が「シノワ」に行ったことを知ると

「ひでえ、オラおいてけぼりくらっただ O0020002010409335452 」と悔しがっていました。ごめんね。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計11760円なり~。

満足度数は、★★★★★ 特別です。   

次回はノブローさんも連れて必再訪(*^・^)ノ

 

シノワ 渋谷店

〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町28-4 A2ビル 8F

TEL       03-5457-2412

営業時間/  月~土 18:00~02:00 日・祝 18:00~翌0:00        

        ランチ 土・日・祝 12:00~16:30

定休日     無休

2011年3月23日 (水)

金春新館 蒲田№2

蒲田「金春新館」(コンパルシンカン)。

再訪、というより最近何かとお立寄りしています。

紹興酒@1600円。

少々クセありと思ったこちらにもすっかり慣れてしまっています。

五目あんかけ焼きそば@700に焼き餃子(5コ)@320

いまや私たちの定番メニュー。

一度気に入ってしまうとこれでもかっ!と飽きるまで変えない性分。

五目あんかけ焼きそば、本日も具沢山でボリュームたっぷり。

甘めですがこってりと絡んだ餡の加減が気に入っておるのです。

スタッフの方もマイペースというか、ゆるりとした雰囲気が町場の中華屋さん

という感じで、気負わずに通えるのも魅力。

中華料理満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

また行くよ( ^ω^ )

 

金春新館(コンパルシンカン)

東京都大田区西蒲田7-63-2

TEL      03-3733-8798 

営業時間/ 11:00~14:00 17:00~23:00

定休日      無休   

2011年3月22日 (火)

フジロー登場

オラーズの新人さんを紹介します。

だいぶ前から行動は一緒なのですが、名前は「フジロー」8番目の子です。

(フジロー) オラ、フジローだ。宜しくお願いするだ。

昨日、みにと寝太郎からお仕事もらっただ。オラ、お魚担当するだで♪

 

そうそう、みんな平等に食レポ参加したいのよね(*^-^)

ちょっぴり涙目顔のフジローさん。活躍を期待しているわよ。

2011年3月21日 (月)

家鍋

正月にきりたんぽ鍋ごっちゃんになって、1月の話だけんどみに宅でもまねっこ鍋しただ。

酒は国士無双(北海道)、みにが好きな日本酒だで。

相変わらず年季のはいった鍋だで。ええかげんに新しいの買ってほしいだ。

鶏肉は表面を軽くあぶってから投入。

ゴボウ、大根、里芋、舞茸、油揚げ、水菜、ねぎ なんど冷蔵庫にあるもん

ぶっこんだだ。 肝心のスープはちいと大型のスーパーで比内地鶏スープを入手。

400円くれえのスープだけんどなかなかウマイだよ。

〆は稲庭うどんをごっちゃんになるだ。

しこたま飲んでやるだ~。ここ泊まりだでな。

2011年3月20日 (日)

寝太郎餃子

三連休だで、みなどうしているだ?

最近はつれえこと、悲しいこと、不安なこといっぱいあるだが、力合わせて

乗り越えていきたいだ。 

今日は、随分と前の話だけんど、寝太郎が餃子にはまって家でオラたちに

作ってくれた手作り餃子の話をしてえだ。

これが、寝太郎餃子だで。皮も手作りしただと。けっこうもちもち旨かっただ。

寝太郎のレシピ紹介するだ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【餃子レシピ】

基本的には、インターネットで見たタモリ流餃子のレシピを参考にして、
自分なりにアレンジした。

参考にしたサイト→http://zannyo.lolipop.jp/archives/000090.shtml

■材料(約60個分)
・皮
強力粉:400g
薄力粉:100g
塩:大さじ1
お湯:300cc

薄力粉:適宜(打ち粉として)

(※オリジナルのタモリレシピでは、強力粉のみで500g。
そのほうがもっちりした弾力のある仕上がりになる。
少し柔らかさを出し、皮を厚くしすぎないように薄力粉を加えた)

・具
豚ひき肉:400gくらい
白菜:400gくらい
ニラ:半束

(※肉・白菜ともオリジナルより多め。
オリジナルだと皮が50個くらいの設定なのだが、
もう少し多くできるので。あとなるべく具沢山にしたいので、
オリジナルのままだと確実に足りなくなる
※オリジナルだとニラは入らない)

・調味料
中華スープの素:小さじ一を60ccのぬるま湯でとく
にんにく:ひとかけ(みじん切り)
日本酒;大さじ一
ごま油:大さじ二分の一
醤油:大さじ一
塩こしょう:適宜
オイスターソース:小さじ一

(※オリジナルだと、さらに鶏ガラスープの素が入る。
※オリジナルだと、日本酒じゃなくて紹興酒。
※オリジナルには、にんにくとオイスターソースは入らない)

■作り方
・皮
1.材料を混ぜ、よくこねる。熱い湯で練るので、最初は菜箸で。
こねたら常温で30分以上休ませる。

2.たたいて空気を抜き、棒状にする。

3.同じ大きさになるようちぎり、団子状に丸めて、延ばしてゆく。
 薄力粉を打ち粉にする。
 (以前は片栗粉でやっていたが、薄力粉にすると、具を包むさい水をつける
 必要がなくなることに気づいた)
 団子の大きさは、直径2.5センチくらいの目安かな。
 これを延ばすと、だいたい直径10センチくらいの皮ができる。

・具
1.豚挽き肉を自作。肩ロースやバラ肉を適当に混ぜて。包丁で切り、叩いて
 ミンチにしてゆく。
 面倒臭いけど、このほうが買った挽き肉より旨い気がする。

2.白菜を湯がき、水を絞ってみじん切りにする。
 茹ですぎるとかさが減るし、水分が出すぎるのでざっと。固く絞りすぎると
 ジュースがなくなるのでその辺を按配。
 ニラもみじん切りにする。

3.肉を混ぜる。軽く塩を振って、大きなボウルのなかで、熊手状に広げた
 指で攪拌する。
 ここはしっかりやるのが大事。ぷりぷりの食感の助けにもなるし、
 よく練られた挽き肉はより多くの水分をとどめる力を持つ。
 つまり、スープをしっかり入れても分離してびちゃびちゃにならない。
 =ジューシーな餃子を作れる。
 最低でも5分。粘り気が出て肉が白くなるまで。けっこう疲れます。
 どこかで見たレシピでは、同じ方向にぐるぐる回すといいとあった。

4.3に上記の調味料を加えてよく混ぜ、さらに2の白菜とニラを加えてよく混ぜる。

5.4を冷蔵庫で30分以上休ませる。

・焼く

1.具を皮で包む。

2.温めたフライパン(テフロン)に餃子を並べる。
  (※オリジナルだとここで油を引く指示はないけど、自分は焦げつくのが
 不安でいつも少々引く)

3.お湯を入れる。
 餃子が三分の二程度つかるくらい。焼くというより煮て具材にしっかり火を通す
 イメージ。強火にして蓋をする。

4.4~5分ほど待って蓋を開ける。
 水分は餃子の皮に吸収され、あるいは蒸発し、白い粘性の大きな泡がぶつぶつ
 しているようになる。
 水を切ってもいいが、たぶんその必要はない。
 火を弱めてフライパンに油を流し入れる。
 この油によって表面をカリカリに仕上げるので、少し多めでもいい。
 お好みで香りづけのごま油を足してもいい。
(※オリジナルではサラダオイルのみ)
 表面がカリカリになるまで、もう少し焼く。
 オリジナルだとまた蓋をすることになってるけど、そうすると水分がばちばち
 はぜるので、蓋を開けたままでもOK。
 鍋底に張りついていた餃子に少しずつ油がなじんで焼け、はがせるように
 なってくるので、ときどき様子を見る。
 中火なら、だいたい4~5分でしょうか。いい感じの焼き目がついたら完成です。

2011年3月19日 (土)

コカレストラン 上野

JR上野駅直結、アトレ上野2階。

タイ料理レストラン「コカレストラン」にお邪魔しました。

私達が案内されたのは入り口から右手側のテーブル席。

壁の一部には大きなガラス、床はタイル、そして高い天井。

すっきりしているのですが大衆的で、レトロな雰囲気を持っているように感じました。

(しずか) 今日はシンハー@650からだね。

(みに) お連れさんは、キリンラガー生(グラス)@580だよ。

キリンラガー生にはピッチャーもあってお値段は@2380、人数の多いときは

ピッチャーがあると嬉しいね。

クンパッナンプリックパオ(海老のチリペースト炒め)@800

お店のメニューには唐辛子マークと青い葉のマークがありそれぞれ辛さと

パクチー入り料理であるかどうかを記してありました。

(唐辛子マーク1つは辛い、2つは大辛、3つは激辛)

またセットものが豊富。クンパッナンプリックパオもセットだと@1300ですが

今回は単品でお願いしました。唐辛子マークは1つ(辛い)

海老、フクロタケ、赤ピーマン、タマネギ、赤唐辛子など。

ぷりぷりの海老の旨味と濃厚なコク。始めは甘いのでは?と感じたのですが

じんわり攻めてくる辛さです。

バンコク(ムーガパオとゲーンのセット)@1800

タイフードコラボメニュー、人気の2品をワンプレートで楽しめます。

さらに前菜5品とスープ付き。 

スープはすっぱ辛くて甘い!なんじゃそりゃ?ですが、

トムヤンクンか??複雑な味わい。

ムーガパオ(豚挽肉のバジル炒めご飯)

唐辛子マーク2つ(大辛) 唐辛子入りナンプラー付き&目玉焼きのっけです♪

タイの屋台名物でもあるムーガパオ。一口めからジンジン攻めてきます。

辛いけど美味しい。美味しいけれど辛い。

テーブルをガンガン叩きながら・・・ご飯が進みます。

ゲーン(タイカレー)

唐辛子マーク2から3(大辛~激辛)

メニューではグリーンでしたが、本日はレッドとのこと。

チキンカレーです。ココナッツミルクが効いているので始めはまろやかだと

思ったらどんどん攻めてくる辛さ。 油断大敵です。

あっ!そういえば私、スタッフさんにゲーンはちょっとだけ辛めでお願いします、

なんて生意気なこと言ったわ。飯がなければこの辛さは癒えない感じ。

 

前菜

1.ハルサメと干し海老、キクラゲの入ったサラダ。

2.野菜スティックには甘酸っぱいタレ。

3.ボイルした海老。

4.骨付きのチキンの揚げ物。

5.爪楊枝に刺さっているものはデザートなのかと最後まで残していたら

魚のボールだそうです。ふむふむ、カマボコのような食感、表面を炙ってあります。

サンタヘレナカベルネソーヴィニヨン(チリ)@2500

ボトルワインは2500円から。

ワインを注文する際、常温で良いか否かを聞いてくださいました。

また、取り皿もこちらからお願いするまでもなく「持ってまいりましょうか?」と

声をかけてくださるし、気配りのきく女性スタッフさんに好感度(*^-^)

(ノブロー) しずか、ヨンの父さんにご紹介できるタイ料理あるだべか?

(しずか) お父さん、タイ料理はたくさん食べてるよ。現地の味も知っているんだ。

ノブロー味見してみて。

(ノブロー) うぅ・・バンコクにやられただ。オラにはキョーレツだっただ。

(しずか) そんなへたれじゃ、食のアイドル死守できないよ。

上野動物園にほんまもんのジャイアントパンダ来るしね。

ノブローの天下も短かったねーー。あっ、天下あったかな。

(ノブロー) ・・・しずか、おめ、かわええ顔して言ってくれるだな(涙)

 

お料理ですが、辛さはありますが後味に砂糖を強く感じました。

そのためか個人的には少しくどさが残るよう。

しかしながら欲張りに楽しめるセットものと言い、駅直結の利便性の良さ、

お料理も日本人向きにアレンジされていると思いますので、安心感ありです。

大はずれはないのではないでしょうか?

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計6330円なり~。

タイ料理満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

コカレストラン

〒110-0005 東京都台東区上野7-1-1 アトレ上野2020

TEL       03-5826-5825

営業時間/  11:00~23:00(L.O.22:00) 

定休日/  無休

http://www.restaurant-mrs.com/

2011年3月18日 (金)

3月18日の日記

「東北地方太平洋沖地震」と命名された2011年3月11日の大地震から
1週間が経過。
東京で感じる余震は徐々に小さいものになってきたように思うが
計画停電、買占めによるもの不足、緊張のとけない日々が続く。

昨日、仕事帰りに連れと立ち飲み屋の某店に向かう。
たまたま近くまできていたので立ち寄ってみた。
ここは馴染みの店の店長さんが異動になった店舗。
一度顔を出したかったのだ。
2軒目に周囲で一番人気というバルを予約。
しかし、突然、大規模停電のおそれがあるという知らせが入る。

電車が止まる??11日の徒歩帰宅が脳裏をよぎる。
帰ろう! キャンセルよ!
あたりのオフィス街からも人が出てきて帰途を急ぎ始めている。
電車はパンパン。それでも乗れただけありがたい。
まだまだ、遠出は油断するな ということなのかな。。

本日の夕飯は蕎麦を茹でた。
棚の後ろに隠れていたタコ足配線を確認し、節電コンセントタップに変える。
ほこりだらけで危なかった。

インターホンが鳴った。
佐川急便さん。 白熊二代目さんが東京の買占め騒動を
心配してくださって荷物を送ってくださったのだ。 
ありがたい、ありがたい。 
私など被災地の方々を思えば何千何万倍も幸せなのに弱音を
吐いていたから、心を痛めてくださったのだ。
じーんと熱い涙。目が霞んでいた。

長い1週間が終わった。

猿のしっぽ 麻布十番

お一人ランチは麻布十番、比内地鶏を中心とした鶏料理・居酒屋の「猿のしっぽ」。

場所は麻布十番商店街、大通り。

麻布十番駅からだと「更科堀井」さんを越えた先の右手側。

ここまで来ると六本木ヒルズはすぐ近くです。

1階が掘りごたつ式のカウンター席。靴を脱いであがります。

お店のHPを拝見したところ、波を打ったようにゆるくカーブしているこのカウンターが

猿のしっぽに似ていることが店名の由来とか。

意識はしなかったのですが、なるほどーです。

そして2階はテーブル席になっている様子。私は猿のしっぽの端に着席。

ひるの猿と記されたランチメニュー。

「鶏はこだわり秋田比内地鶏を使い、全品に鶏スープ付き」

特製親子丼@900

具材は鶏肉と玉子、上には三つ葉。

特製親子丼はモモ肉使用ということで肉はむっちりしていました。

漬物はさっぱりと赤カブの漬物。 

鶏スープはしっかり出汁がとれて熱々濃厚。こちらも三つ葉がちらされていました。

やや塩がきついかも?と思いましたが、これは各人のお好みでしょう。美味しいです。

卓上には原了郭の粉山椒と黒七味!! 嬉しい♪

親子丼の割りした(タレ)は甘すぎず良い塩梅。

しかし、私は原了郭の黒七味でぴりりっと引締めていただきたくなる性分。

お米の炊きかたとしては柔らかめ。

米、一粒一粒をとろーり玉子がコーティング。汁だく状態は大好きなのですが

もう少し半熟部分があってもよかったかな。と独り言。

古民家をイメージさせる雰囲気のある内装。夜の時間帯が気になるお店でした。

ランチ満足度数は、黒七味による味のコントラスト効果で 

★★★☆ 消極的に好きです。

 

猿のしっぽ

〒106-0045 東京都港区麻布十番1-5-27 岡崎ビル1F 

TEL         03-3746-3039 

営業時間/ 月~土 11:30~14:30 / 18:00~23:00

定休日    日曜日(月曜日が祝日の場合は日曜営業+月曜休業)

2011年3月17日 (木)

那々苑 六本木

お一人ランチは六本木、ホルモン・焼肉の「那々苑

場所は六本木交差点から向かい外苑東通りを東京タワーの方向へ進行。

飯倉片町交差点手前を左折。

細長い造りの店内は新しくて綺麗。

入り口で自分で下駄箱に靴を入れ座敷席にあがります。

ランチメニュー。なんと500円から用意されています。

ライス大盛無料、味噌汁おかわり自由も嬉しいな。

焼肉ランチ@1000

卓上焼き肉コンロがあるので自分で焼けるのかと思った方、ごめんなさい。

こちらでは区切りのある器にすでに焼かれた牛カルビ、キムチ、ナムル、

サラダ、ご飯が入って出てくるのです。 味噌汁はやや薄め。

ご飯の味わいは個人的にいまひとつ。

タレに漬け焼かれたカルビ肉の枚数は6枚。柔らかい。

ナムルとキムチ。キムチは水キムチタイプで赤くないキムチでした。

発酵が効いて酸味あり。

女性のお客様には、サービスの一口アイス。

ほんとだわ、一口でほうりこめます。

 

今回、おかずっ食いの私としてはそれぞれの量が物足りなく、ご飯は

大盛ではありませんでしたが、残ってしまいました。

印象としては1000円でこの内容は寂しかったな。

しかし、肉の大盛(30g)は+100円でお願いすることができます。

また座敷席、ホットカーペット完備。

居心地の良いお店づくりに工夫なさっているようです。

ご馳走様でした。

 

那 々 苑

〒106-0032 東京都港区六本木3-17-2 MF六本木 2F

TEL     03-6426-2929

営業時間/ 11:30~14:00(土・日・祭日休み) 17:00~24:00

定休日    日曜日

2011年3月16日 (水)

日高屋 蒲田

酒の寄り道、お二人ラーメンは蒲田南口の「日高屋

同店でお願いするものは毎度「野菜たっぷりタンメン+餃子セット」@670

単品価格より10円お得とのこと。

野菜たっぷりタンメン

炒め野菜からでた旨味と親しみやすい化学調味料の塩梅もよく、

野菜も歯ざわりを残してシャキシャキ。

このお値段でいただけて、一日分の野菜350gが摂れてしまうというのだから文句なし。

餃子

スレンダー。 かるーく、ぺろりといただけてしまいます。

レモンサワー@260×2

ドリンクは緑茶ハイ、ウーロンハイともに260円と辺りの居酒屋より安いのだ。

酒の〆というよりもさくっと2軒として使い勝手よし。

なお、焼酎ダブルは100円増し。 

チェーン店ですが安心感があって明るい店内。

単品料理もありますのでお食事だけでなく私達と同様に居酒屋使いの

お客さまも見かけます。

中華食堂満足度数は★★★ 日常的なら満足です。

 

日高屋 蒲田南口店

〒144-0051 東京都大田区西蒲田8-1-6エノモトビル

TEL      03-3734-4019

営業時間   10:30~深夜2:00

2011年3月15日 (火)

俺のハンバーグ山本 恵比寿

お一人ランチは、恵比寿の「俺のハンバーグ山本 恵比寿はなれ」 再訪

前回同様お一人さまは気兼ねのないカウンター席の端に着席です。

俺のハンバーグは前回で卒業! 今回はホクホクグラタンな気分。

自家製生しぼりジュースとサラダが運ばれてきました。

この日のジュースは、マンゴ、セレベス、オレンジ、トマト、かぼちゃ。

飲みやすい。

ハンバーググラタン@1200

ご飯はお替り自由。味噌汁は具沢山のけんちん汁。

他のお客様とのやりとりでお聞きしたのですが、こちらのお米は茨城産コシヒカリ

だそうな。 炊き加減は柔らかめでしたが、なかなか美味いご飯です。

あつあつグツグツ! ミニサイズのハンバーグは3つ。

表面の焦げ目がいっそう食欲をそそります。

おぉ!ワンダフル!!スパゲッティ入りなのね♪

炭水化物×2だけど、ホワイトソースとデミグラスソースの絡まったスパゲッティは

ご飯のおかずになるわ。野菜はブロッコリー、しいたけ、ほうれん草など。

ご飯がどんどん進みます。

濃厚ハンバーググラタン、

ハンバーグ自体には特筆はありませんが、全体に味のバランスが良く

ランチをがっちりいただけた充実感あり。

個人的には前回の俺ハンよりこちらの方が好み。

ランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

また来ようっと(*^・^)ノ

 

俺のハンバーグ山本 恵比寿はなれ

〒150-0011  東京都渋谷区東3-26-1 中村ビル1F

TEL          03-6419-8991

営業時間/  11:00~15:00 17:00~23:00

定休日/   日曜                  

※追記 閉店になりました。

2011年3月14日 (月)

3月14日の日記

3月14日、無事に帰宅。
朝、通勤に部分運休している区間があり徒歩。
昼間余震を感じたことは数回。
夕方に近づくにつれ、今日は無事に帰れるだろうかと
不安がつのり胸がドキドキ。
ホームで待つと電車がやってきた。
かつてこれほどまで帰りの電車に乗れることにありがたみを
感じたことはなかった。

最寄駅のスーパーに寄り道、すごい混雑でレジは行列。
相変わらず水やお米、トイレットペーパーは売り切れ。
インスタント食品やお肉の棚も空っぽ。

朝、冷蔵庫の食品の間に保冷剤をいれておいたのだが
今日は私の住む地域の計画停電は見送られたようだ。

断水に備え風呂に水をはった。
夕飯はパスタ。 炊飯器は使わない。

明日はどうなるのだろう。
よく買い物に行くお店のおばちゃんの話によると
関東大震災の時も1週間ぐらいは余震で不安が続いたそうだ。

原発の問題も心配。

徳福 蒲田

酒の〆のお二人ラーメンは蒲田の徳島中華そば「徳福」。再訪です。

前回来たのが去年の夏。懸念していたこの場所で続いてくれてるわ。良かった。

自動販売機で発券。 

中華そば@680

値上がりなし。やはりラーメンはこれ位のお値段でいただけるものがいいな。

麺は極太ストレート。もちもちとした歯ざわりに存在感あり。

(ノブロー) 赤いののっかってると思ったら特製ラー油を使っただな。

(ノブロー) オラ、豚バラ肉ごっちゃんになりてぇだよ。。

ラーメン満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

徳 福

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-67-7 ミハルビル1F

TEL      03-3730-8801

営業時間/  月~金 11:00〜0:00(L.O.23:30) 土・日・祝 11:00〜23:00

定休日/   無休

2011年3月13日 (日)

看板消灯について

こんばんは。みにです。

地震報道のニュースが続いています。
東京のスーパーでは主に米、水、パン、トイレットペーパー
などが購入しづらくなっています。

こんな中ですが本日馴染みの居酒屋に顔を出してみました。
飲食店が並ぶ通り。
これから電力供給も心配です。
まず外部の派手な看板を消灯してくださっていたのは
目に付くところ、馴染みの居酒屋ではなくマクドナルト、和民でした。
もちろん営業はしています。
表の目立つ看板の電源をきってくださっているのです。
大きいグループこそ意識が高いのでしょうか??

私もできることからとブレーカーを落としています。
熱いときの冷房には自信ありませんが寒いのは厚着すれば
耐えられる性分です。
大地震後、これから自分にできることを積極的に考えて
いきたいところです。

これから輪番停電によりブログのアップも場合により
計画どおりいかなくなるかもしれません。 何とぞご了承下さい。

鶏ゆう 自由が丘

自由が丘、鶏料理「鶏ゆう」。

場所は自由ケ丘駅正面改札を出て、左手踏切方面へ。

踏切手前角には鉄板焼きレストラン「海山」がありますのでここを東急大井町線に

沿う形で右折。駅から徒歩2分ぐらいの利便性の良い立地です。

表にはタイムサービスメニュー。 お疲れ生コースが魅力的。

お店はビルの3階。奥のエレベーターで向かいます。

小ぢんまりとした店内は細長い造りでカウンター席にテーブル席、奥の左手に

個室使用の掘りごたつ式小あがり席が一つ。

私たちはこの個室にあたるお席の前の窓際テーブル席を使用。

先ほどの19時までのタイムサービスメニュー、

サクッとお疲れ生コース」を串焼き5本と水炊き鍋で注文。

1人前から鍋が注文できるのはありがたい。

お通しはかぼちゃを甘く炊いてマッシュ状にしたものです。

なかなか家庭的なれど業務用を感じさせないところが好感もてます。

注文は卓上のオーダーシートに記入します。

水炊き鍋は卓上カセットコンロを使用。

白濁したスープの中には手羽先、鶏団子、水菜、ぶなしめじ、キャベツ、豆腐、ネギ。

ポン酢、もみじおろしも持ってきていただけます。

この他、薬味は塩、にんにく、柚子胡椒となかなか揃っています。

お店の〔水炊き鍋の召し上がり方〕によると

スープ自体がおいしいためスープに味をつけていません。器にスープを入れて
一口味わってみてください、お好みで塩・薬味でお味をつけてください。
<肉>ポン酢、ゆずこしょう、もみじおろしをつけてお召し上がりください。
<野菜>スープと一緒にお好みで塩・にんにく・ゆずこしょうでお味をつけて
お召し上がりください。             
                                 とのこと。

確かに白濁したスープはまろやかな甘みがあって美味しい。

串焼き5本は左からつくね、レバー、皮、ネギマ、シシトウ。

つくねにやや物足りなさはありましたが、ほか肉自体がしっかりしているため

がっちり串焼きをいただいているという充実感あり。

地酒飲みくらべ3点セット@840

すべてお任せでなく好みの地酒を選べるかをお聞きしたところ

出せるものもあるとのこと。

八海山、黒龍を入れて欲しいとお願いしたところ

結果、八海山、黒龍、会津娘の三種で出していただけました。どれも美味い。

また、こちらからお願いするまでもなくチェイサーでお水を持ってきてくれたりと

細やかな配慮もあり。

(ノブロー) 今宵は日本酒だで。飲みくらべは日本酒だけでねえ。

芋又は麦焼酎飲みくらべ3点セットも梅酒飲みくらべ3点セットも各840円であるだ。

追加注文はハツと砂肝 各@94

このお値段でいただけるものとしてはなかなかです。

(スズロー) 肉はむっちり弾力があるだよ。

鶏ゆう(芋焼酎)@2940 お湯@300

日本酒のあとは焼酎、ボトルキープは3ヶ月。 今回はお湯割りでいただきました。

葉わさび漬け@367

箸休めに注文。大根おろしが添えられていました。

アスパラ肉巻@199×2

(ララ・メイ) けっこういろんなお料理楽しめてるね。

鍋の〆に追加でラーメン@420

<ラーメン>

①スープに塩・少量のしょうゆでお好みで味をつけます。
②スープを沸かしてラーメンを入れます。焦げつくため必ずかき混ぜながら火を
入れてください。
③約1分30秒火を入れたら止めてください。
④お好みで万能ねぎ、のり、糸がきを入れて召し上がりください。

                                 とのこと。

焦げつくというのは

麺が粉っぽいので投入するとスープにとろみがつくからのようです。

これが狙いかな?

私は柚子胡椒を使っていただきました。

煮詰まった最後はチキンクリームシチューのような濃度。

ヨンちゃん、お店のPRをしてくれているのね。

兵庫のお父さんの教えに従ってよく気がつく良い子だわ。

19時前にはほぼ満席に近い状態になり盛況でした。

全体としてはリーズナブルにいただけるようですが、席料が一人350円(税別)、

税込で367円かかります。

先ほどの「サクッとお疲れ生コース」しかり税別表記と税込表記が混同しています

のでこのあたりを考慮していないとボディブローのようにじわじわとお財布に

響いてきます。

しかしホットペッパークーポン提示(2名様以上のご来店)で500円引きに!!

お会計は、2人で、上記、お料理とお酒(追加については控えわすれました)

合計8425円なり〜。 

 

実は私、自由が丘の串焼き鶏料理が鬼門になっていました。

私にとって心のしこりとなる事がありましてそれ以来避けていたのです。

今回はそうした思いを払拭して記録させていただいてます。

 

鶏 ゆ う

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-11-7 La Tour Can-dela 3F

TEL      03-3717-7898

営業時間/ 月~木・日・祝    17:00~01:00(L.O.24:00)

         金・土・祝前    17:00~02:00(L.O.01:00)

定休日    無休

http://www.reirou.co.jp/

2011年3月12日 (土)

山利喜 森下

森下の老舗居酒屋「山利喜

せっかく森下まで来たのですからよって行こう。久々の再訪です。

山利喜 新館、タイミングよく1階カウンター席に2席空きがありましたので

スムーズに入店できました。

(ノブロー) ほぉ、これが東京三大煮込みが入ってるフロ釜だな。二つ並んでいるだ。

(みに) ノブローさん、見学中?お通しがきたわよ。

和風ポテトかな?マッシュポテト、ツナ、かつおぶし、タマネギ。

アレンジされています。

お酒はボトルワイン@3000をお願いしたところきらしていて、お店の方が大急ぎで

本館まで取りにいって出してくださいました。 ほか、酎ハイ(レモン)@380

うん、やっぱここの酎ハイは美味い。レモンもシワシワじゃないよ。新鮮。

煮込み玉子入り@630

お客様皆様が注文なさるといっても過言ではない煮込み。

煮込みだけだと580円ですが、玉子を入れてもらうと630円なのだ。

ぷりっぷりとろ~りのもつ!変わらず美味い。

ガーリックトースト(煮込みにどうぞ)@300

このガーリックトーストがまた煮込みに合うのだ。

ギネスビール(1pt)@1000

さすがに「みや古」のあとなのでお料理の入る余地なしだったけど、お酒が

進んでしまうなぁ。またいつ来れるかわからないのでこの時間を大事にしよう。

なお、1階は厨房を囲むカウンター席のみなので化粧室は2階になります。

Hand01お会計は、2人で、

上記お料理とお酒のほか追加で(酎ハイ@380×数杯)で合計6570円なり~。

居酒屋満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

みの家」もあるし森下っていいな~~。

 

山利喜(やまりき)新館

〒135-0004  東京都江東区森下1-14-6

TEL      03-5625-6685

営業時間/   17:00~22:00

定休日/      日曜・祝日

http://www.yamariki.com/

2011年3月11日 (金)

東北・関東大地震!

(ノブロー) 今日はえれえ地震があっただ!!みな無事だか??

東北はすげえことになっているだ。悲しいだ。

東京では交通がマヒしちまったもんで、みには約4時間かけて歩いて

帰ってきてくれただ。

おっかねえ。 オラ、余震がこわいだよ。

みや古 森下

深川めし本家「みや古

森下の住宅街に店を構える同店は大正13年創業の老舗割烹料理屋。

この店の前に来るのは2回目です。

年明け3日にお誕生日のディナーで訪れたところお店は真っ暗で灯りがついて

いませんでした。 あれ?事前に電話で確認していたはずなのに。

再び店の前から電話をかけたところ3日はランチのみで夜の営業は4日よりとのこと。

勝手に3日から通常営業しているものだと思い込んでやって来ていたのです。

その時は、急遽「あらまさ」に切り替えたのですが、やはり一度行ってみたいと

思ったからには諦めきれない。まだ正月気分の残る某日にトライしました。

がらがら~っと引き戸を開けて中に入ると左手に鍵のついた下駄箱。

なんというか銭湯などで見かけるタイプの下駄箱です。

靴を自分でしまいお店の方の案内で1階入り口に近い大広間に入りました。

照明のせいでしょうか?まだお客様のいない広間は殺風景というか灯りが冷たく

空気を包みこんでいるかのようでした。

広間は畳ではありません。籐ロールのような床敷きに座布団。

窓際に座った影響もあるかもしれませんが少し腰のあたりが冷える。

お店の方が暖房をきかせて部屋を暖めてくださいました。

 

さて、ドリンクメニュー(左)。ビールは瓶ビール。

けっこういいお値段に思えます。

 

こちらは一品料理。平均すると千円は超えています。

この中でリーズナブルな酒の肴、自家製いか墨造りをお願いしたところまだ

墨が集まっていないとのこと。残念。

壁にもメニューが貼ってあります。白子なべ!いいねぇ。

でもせっかく「みや古」に来たのだから、あさりだあさり!!

名物の深川づくしでいかないと。鬼の平蔵も食べたと記された深川なべ。

お江戸を感じさせるこちらからまいりましょう。

深川なべ@1600×2

2人前から注文可。 油揚げ、木綿豆腐、あさり、ネギ、水菜、エノキ。

薬味は四万十川の青のりとのこと。

七味はやげん堀??かどうかは不明ですがぴりっと辛い。

卓上でカセットコンロ使用。

南部鉄器の小鍋にはった合わせ味噌のだし汁はちょっと甘め。

先にネギなどの野菜から煮ます。

あさりは最後に。煮すぎると硬くなりすぎてしまうからです。

2人前ですがボリュームは控えめ。

この鍋の〆に作る雑炊またはうどんなどがあるのかとお聞きしたところ

そうしたものは置いていないとのこと。 ・・・平蔵様、私が無粋でした。

お通しは松前漬。

醤油の風味が効いています。

菊正宗(二合)@1300×2

(ノブロー) うぃ~、お燗してごっちゃんになってるだよ。おにへ~さん。

めごち天@1500

しゃこをきらしているとのことでめごちに変更。

めごち、サツマイモ、ピーマン。天つゆでいただきます。

からっと揚げっています。めごちの食感としてはむにゅっと柔らか。

深川めしセット@1500

「みや古」の名物。

米の加減は柔らかめ。

出汁のとれたしじみの味噌汁(甘口)と漬物、玉子焼き付き。

玉子焼きはほんわりというよりしっかり目、やや甘い。

「深川めしが誕生したのは江戸時代。漁師たちが愛した船上料理だったという。

ご飯にアサリとネギのみそ汁をかけて豪快にかきこむもの」だったそうです。

同店では汁掛けめしでは寂しいので炊き込みご飯に改良して提供されています。

「昆布出汁に醤油やみりん、酒なので味付けをして、まずは大粒のあさりをさっと煮る。

白米をガス釜であさりの旨味が染み出た煮汁を使い炊き、蒸らしたら具のあさりを

戻し混ぜ合わせ、余分な水分を取ってくれる秋田名物の曲げワッパに飯を詰め

再度蒸気で蒸しなおす。」という工程を経るようです。

磯の旨味を吸いこんだ炊き込みご飯と青のりはベストマッチ。

ヨンちゃんはまた兵庫のお父さんにオススメしたいお料理を探しているのかしら?

江戸の味、下町を巡る観光バスツアーにも組み込まれているという「みや古」

観光客プライスというかお酒などを含めるといささか割高感が否めない。

ここは深川めしセットあたりで引き揚げたほうが無難かもしれませんが

一度は訪問しておきたいお店です。

Hand01お会計は、2人で、

上記、お料理とお酒のほか瓶ビール@850で合計10250円なり~。

(逆算するとお通し代は一人300円と推測します。)

深川めし満足度数は、★★★ 非日常的ですが満足です。

 

〒135-0006 東京都江東区常盤2-7-1

TEL            03-3633-0385

営業時間  11:30 ~ 14:00 16:30 ~ 20:30(日曜~ 20:00)

定休日   月曜日

2011年3月10日 (木)

海栄 恵比寿

お一人ランチは恵比寿の広東料理「海栄

場所はJR恵比寿駅西口から徒歩3分ほど。

駅を背にして恵比寿銀座通り商店街から進行すると

左手側に創業1962年、昭和の香りが漂う「喫茶 銀座」があります。

「海栄」はその手前の道を左折。「喫茶 銀座」とは道を隔てた

対面になり、「築紫樓 恵比寿店」もこの近くです。

明るく小奇麗な店内は大衆的な雰囲気を持ち合わせています。

テーブル席の総数は「ぐるなび」によると35席。

卓数では11卓ありました。

着席するとまずお店の方から日替わりメニューについてのご説明。

また、ランチタイム混雑時は相席になるそうです。

ランチメニューは各種あり選べます。

角煮そば@900を注文。

チンゲン菜、白菜、角煮。小皿にはザーサイ、塩の抜き加減良好。

八角の香る柔らかい角煮そばは思ったほどしつこくなくあっさり目。

麺は縮れ麺。

麺に関しては特筆はないのですが、角煮とスープの加減を含め

総合的にみるとまとまっていると思います。

デザートにはアンニン豆腐。

風味がライトすぎて物足りない。でもセットされているだけありがたいです。

お店にはしっかり常連さんもついていらっしゃる様子。

注文の仕方も慣れていらっしゃって、日替わりを頼まれていましたが

ボリュームもたっぷり。働き盛りの男性の方には喜ばれそうです。

私もお腹を空かせて一度チャレンジしてみたい。

次回へ期待の意味も含め

ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

海 栄

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-10-11 美矢川ビル1F

TEL       03-5725-0790

営業時間/ 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:30~24:00(L.O.23:10)

2011年3月 9日 (水)

インディゴ(クリスマスコース)№6 学芸大学

学芸大学、カリフォルニア料理「インディゴ 」(INDIGO)

クリスマスコースのレポートです。

前回ニジローさんが口にしていた「支配人さんからお便りきただ。」はこの

クリマスコースのご案内でした。

クリスマスコース料理がいただけるのは24日と25日。

支配人さんのお話によると24日は時間制になるということでしたので

25日に予約をしていました。

クリスマスリースが飾ってある扉を開け中に入ると、そこは私たちにとって

はじめての夜の「インディゴ」 

薄暗い店内は昼間とは違った雰囲気をかもし出していました。

(ノブロー) 随分と記事が遅れて恐縮だで。

今回は奥の禁煙席の利用になるだ。オラの椅子も健在だで、よかっただ。

卓上にはナイフレスト、スプーン、フォーク、お箸、ナプキン、キャンドル。

クリスマスコース料理のお値段は自家製パン、食後のお飲み物が付いて

お一人様\8000+TAXになります。

グローヴ ストリート プライベート キュベ ブリュット@4500

いつものようにフリードリンクというわけにはまいりません。

普段からお世話になっているのです。ここはグラスではなくボトルで頼みましょう。

 グローヴ ストリート プライベート キュベ ブリュットは果実味のあるみずみずしい
甘さに爽快感のある酸味をもったスパークリングです。

(ハチロー) 自家製パンはライ麦のくるみパンだ。

で、今日はバターではなくてオリーブオイルだで。

(前菜) 築地、黒瀬さんが見立てた魚介のパーフェクトサラダ  
                              テリーヌ仕立て

表面を軽くグリエした帆立、ズワイガニ、サーモン、オマール海老。

まわりをキャベツで巻き、ソースはイクラを使ったヴィネグレットソース。

紅芯大根をあしらい中央にはウニです。

色味も鮮やか、ローズマリーもアクセントに効いていますし、ウニとイクラの

コクと塩気も合わさって充実感たっぷりの贅沢な前菜です。 

(前菜) たっぷり100gベリゴール産フォアグラのクリスピーソテー 
                     フレンチトーストと赤い果実を添え

ブルーベリー、キイチゴ、ラズベリーなどの果実のソースに皿の手前はバルサミコ。

フレンチトーストはかなり漬け込んだのでしょうか、ふっくらしています。

クリスマスを意識させる色どりに香ばしくソテーされたフォアグラ、ベリー系の

果実味がよくマッチしています。

(スープ) 濃厚な渡り蟹のスープ バタークルトンを浮かべて 

カイエンペッパーかな?エスニックなスパイスが効いています。

写真右脇がバタークルトン。

私はスティックタイプなのでちぎって浮かべるというよりスープをつけながら

いただきました。

(ハチロー) 赤ワインはいつものペインターブリッジ@3500をお願いしただ。

いっちゃんリーズナブルなとこで選んでいるだ。 で、パンお替りくれただよ。

(パスタ) シンプル イズ ベスト! キャビアの冷製パスタ 

ソースはオリーブオイルとレモンでシンプルに作られているようです。

刻んだエシャロット入り。パスタはフェデリーニ。

シンプル イズ ベストなだけにさっぱりといただけます。美味しい。

(メイン) 20日間熟成 西田氏の大山黒牛イチボ 120分炭火焼き 
                           秘伝の赤ワインソース

上にはルッコラ。赤身のレアな旨さを噛み締めるほどに味わえます。

お連れさん大喜び!完成されすぎてるわ。

(デザート) サヴァラン ラムレーズンのアイスクリーム添え  
                   ヴァンテージカルバドスと御一緒に

こちらも大人のデザートで激ウマです。たっぷりシロップをしみこませたスポンジに

大粒のラムレーズンの入ったアイスクリーム。美味しさに酔いしれてしまいそう。

なかみの濃いクリスマスコース料理をいただけました。

しかし、残念なことが一つ。クリスマスコースということでお店は満席。

その中でシェフお一人とホールの支配人さんのお二人だけでお店をまわしているのです。

当然、お客様の料理もスムーズに提供できる余裕はありません。

このあと食後の飲み物が付いていたのですが、時計を見ると10時近く。

このような状況で食後のドリンクを催促するのも恐縮です。

辞退させていただいて帰途につくことにいたしました。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒(追加ウイスキーIWハーパー@650数杯)
合計28613円なり~。

帰り際、お忙しいにもかかわらず、シェフと支配人に表までお見送りいただき

食後のドリンクについて気にかけてくださったのでしょう

「今日はすみません。」とおっしゃってくださいました。

いえいえ、またの機会がありますからね。 良いクリスマスを・・・。

カリフォルニア料理満足度数は、★★★★★ 私にとってやっぱり特別です。

 

インディゴ (INDIGO) 

〒152-0001   東京都目黒区中央町1-12-6

TEL       03-3710-3399

営業時間/ ランチ (火~金) : 11:30~15:30 (L.O.14:30)

                   ブランチ (土・日・祝日):  11:30~16:30 (L.O. 15:30)

                   ディナータイム :火~木・日/ 17:30~24:00 (L.O. 22:30)

                   金・土・祝前日 / 17:30~25:00 (L.O. 24:00)

定休日    月曜日(祝日は営業)

http://www.restaurant-indigo.co.jp/  

2011年3月 8日 (火)

若寿司 田町

お一人ランチは、田町センタービル地下1Fの「若寿司

開店間もなくだったため私が口開けの客。

同店はご家族で経営なさっている様子で接客担当のおかみさんに

「どうぞ、テーブル席をお使いください。」と

入り口から右側のテーブル席に案内されました。

バラちらし丼@1000

ワカメの味噌汁付き。

豊富なネタがびっしり盛られた丼に歓喜雀躍。胸がドキッとしました。

マグロ、サーモン、子持ち昆布、タコ、かまぼこ、キュウリ、玉子焼き、

イカは生のものとボイルされたゲソと2種類

帆立、コハダ、穴子、はまち などなど。もうこれでもかっという感じです。

酢飯の量は普通なのですが、少なく思えるほどにネタの量が多い。

お昼時、店内のTVに目を向けるとこの日は時代劇が放映されていました。

気軽に足を運べそうな雰囲気。

なによりあのネタの宝箱を目の当たりにした高揚感がたまらない。

このバラちらし丼による

ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

若 寿 司

〒108-0014 東京都港区芝5-34-7 田町センタービル ピアタ B1F

TEL      03-3451-8531

営業時間/ 月~土11:30~13:30 17:30~23:00

定休日    日曜・祝日

2011年3月 7日 (月)

グルガオン 銀座

銀座のインド料理専門店「グルガオン」にお邪魔しました。

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅6番出口より徒歩2分。

お店は地下1階。

通りには看板も出ているのですが、注意していないと見落としてしまいそうです。

入り口周辺はガラス張りのため自然光も取り込める明るい店内。

予約の旨を伝えると厨房近くのテーブル席に案内していただけました。

隣との席の間隔は広くはないのですが、ウッディなテーブルや椅子を使い

カジュアルな雰囲気の中でお食事を楽しむことができます。

お連れさんが珍しくビールを飲まないということで

私はサッポロ生ビール小グラス@350から。

連れは白ワイン。

リーズナブルなグローバー ヴィンヤーズ ソーヴィニヨン ブラン(インド)

をグラス@630から。

やや甘口とも思えましたがなかなかです。

お店のメニューには唐辛子印がついています。これは辛さの目安のよう。

まずは前菜から。

チーズクルチャ(S)@380

某グルメサイトでも高評価の同店のチーズクルチャ。

お試しの意味もあってSサイズで注文。

ふわふわもっちもっちのクルチャ生地が香ばしく焼きあがっています。

割ってみると中からたっぷりのチーズがお目見え。モッツァレラ系かな?

コシのあるチーズがとろ~りびよよ~ん!激ウマだわ。

しまった!Lサイズでもよかったなぁ。

タンドール料理。

地鶏半羽のタンドリーチキン@1260

ミントとコリアンダーのソース付き。このソースがすごく美味しいっ。

ピリっと辛くて後味もすっきり。はじめていただいた味なのですが癖になりそう。

デリー」のタンドリーチキンとは違うタイプの味わいですが、肉もふっくらジューシー。

唐辛子印は無印なもののソースにつけていただくと辛さ&美味しさ倍増でした。

こう美味しいお料理が運ばれてくると、今日はビールいいや、と体調の不調を

口にしていた連れも復活したようです。赤ワインに突入!飲もう、飲もう!!

グローバー ヴィンヤーズ カベルネ シラーズ(インド)@2800

口あたりが良いので、結局お店を出るまでに2本飲んでしまいました。

(ノブロー) テーブル席がちいと狭いだべ、ちょこちょこ注文していかねえと

ならねえな。 肉がむっちり美味そうだで。オラにもくれろ。

チキンカラヒ@1370

ピーマンとトマトの入った辛いカレー。唐辛子印2つ。

チキン、トマト、ピーマン、ブラックペッパーホール、針ショウガ、ローリエ、

ココナッツミルクなど。 バランスの取れた美味しさ。

チキンもいただきやすい形。旨みのある辛さです。

カルカッタのフィッシュカレー@1470

マスタードを使用、魚料理で有名なベンガルの味。唐辛子印2つ。

フィッシュは何かわかりませんでしたがパクチー、青唐辛子も入り、

何よりダシが良くでています。

マスタードも効いていてともかく美味しい。

個人的にはフィッシュカレーの方が好み。 ナンを浸して食べたいな。

ナン@360

タンドールで焼かれた北インドのパン。でかい!むっちり甘みもあって美味しい。

これだけ大きいのに楽勝でいただけちゃいます。

(ハチロー) 北インドのパン、焼きたてだでええ香りするだな。

(モモロー) うんうん、ふわ~っとええ香りするだね。

(ハチロー) ごっちゃんになるだよ。

(モモロー) ハチロー、身ぃのりだしてきただね。やる気満々だ。

グルガオン、日本人にも好まれるようにアレンジはされていると思いますが

どのお料理も満足度の高いものでした。

Hand01お会計は、2人で、上記、お料理とお酒で合計11520円なり~。

インド料理満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。要再訪(*^・^)ノ


グルガオン

〒104-0061 東京都中央区銀座11-6-13 銀座106ビル B1F

TEL      03-6228-6077

営業時間/ 月~金 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:00(L.O.22:00)

        土・日・祝 12:00~22:00(L.O.21:00)

定休日   年末年始

2011年3月 6日 (日)

麻布永坂 更科本店 麻布十番

お一人ランチは麻布十番の「麻布永坂 更科本店」。久しぶりの再訪です。

開店は11時。この周辺のお店のランチタイムは11時30分からが多いので

もう少し早くからランチを済ませてしまいたいときなどには重宝です。

11時オープン間もなくでもお客様はけっこう入っていらっしゃいます。

お店には、お一人様は1階奥の右手側からご案内という決まりがあるのかと思い

ますが、このお一人様推進コーナーともいうべき3卓並んだテーブル席には

早くも先客がいらっしゃってお食事中です。

私は真ん中の席を利用することになりました。

おっ、久しぶりの訪問で新しい昼限定メニューを発見。

確かに温かいそばにすべきか冷たいそばにすべきか悩むこと、あります。

こうした渇望を満たすのがこちら土用・寒そばセットですかっ!

土用・寒そばセット@1260

おそばを自分の欲望のままにお腹一杯いただくのだ。

出汁巻きととろろ以外にも揚げ玉がついています。 らっきー!

出汁巻きたまごはわりにしっかりとした食感ですが、味付けが控えめすぎて

インパクトなし。

三つ葉と柚子皮入り。ここに揚げ玉ON!

うーん、前回も感じたけどそばは茹でおきかしら?

コシが弱くてのびている風にも思う。おそばのつゆに香る出汁も弱い。

せめてここに原了郭の黒七味があれば、味が引き締まるのだけど、残念ながら

卓上には普通の七味。

刻みネギとわさび、とろろは冷たいおそばに使おう。

やはりそばのコシが弱いものの、こちらの方がメリハリがついていただけます。

そば湯は熱々、あっさりすっきり系。ぐんぐん飲めちゃいます。

しかし、いただいてるときから思っていたのですが、メニューには

「数に限りがございます。」と記されていたけど、、

これは売り切れ御免ということなのかな?

温かいそばと冷たいそば、そばがメインのメニュー。

これに「数に限り」だとおそば屋さんとして成り立たなくなっちゃうのではなかろうか?

などという出口の見えないもやもやとした疑念を持ちながら完食。

本日もご馳走さまでした。

 

麻布永坂 更科本店 (あざぶながさか さらしなほんてん)

〒106-0045  東京都港区麻布十番1-2-7

TEL   03-3584-9410

営業時間/ 11:00~21:00

定休日    毎週月曜日

2011年3月 5日 (土)

肉屋の台所 飯田橋

2010年12月某日は、グルメ専用日替わりクーポンサイト『ぐるなび×Piku(ピク)』

で購入したクーポンを使用。

内容は、

飯田橋「肉屋の台所」の食べ飲み放題120分 山盛り和牛コースが、なんと1800円で

味わえちゃう!55%OFFのクーポンでした。

飯田橋東口徒歩1分。駅近の利便性の良い立地。

営業時間が17時からでしたので仕事帰りに連れと待ち合わせ。

飯田橋プラザの8階に入っていますが、まず目についたのは

「セクシー居酒屋ふじこちゃん」 なんとなく秘密めいています。。

ふじこちゃんに後ろ髪を引かれる連れの尻をたたき「肉屋の台所」へ入店。

こちらのお店がそうだということではないのですが、共同購入のクーポンについては

いろいろなリスクもあるようなので、早めに消化しないとという思いもあります。

クーポンでの予約の旨を申し上げると入り口に近いテーブル席に案内して

いただけました。卓上には120分食べ飲み放題のメニュー。

まずはシステムについてのご説明を受けます。

最初に本日おすすめの肉を持ってきてくださるとの事。

それをいただいてから他の肉の注文が受け付けられる様子で食べ残し厳禁。

ドリンク、ご飯、スープ類はセルフです。

セルフコーナーでドリンクを取り野菜を選び皿に盛ります。

グラスも冷やされています。

カクテキ、白菜キムチ、ナムルを取ってきました。少々キムチが水っぽい。

生ビール。アルコールについてはカクテルレシピもありましたのでビールを数杯

いただいたあとはシークワーサーサワーに変更。

濃い目薄めも各自のお好み次第です。

本日おすすめの肉。

肉の部位他、説明なし。

まぁ、いいか。お店はクーポンの影響もあってか盛況。

お忙しいのかもしれない。それより時間制だからね、食べなくちゃ。

セルフコーナーからとってきた野菜。ピチピチ鮮度良し。

(ノブロー) 肉厚なシイタケ、うまそうだな。オラごっちゃんになりてえ。

焼いてますよ~。しばらくお待ちくださいね。

(ノブロー) ありがとだ。ちいと焼きすぎて干しシイタケになっちまったか??

ネギ塩牛タン。

ネギ塩飯田橋カルビ。

けっこう厚みがあります。 ネギ塩双方ともにですが塩があまりきいていません。

卓上には塩、ポーションのレモンあり。

バラカルビ(タレ)

うーん、もう少しタレとかかかっていてもよいのではなかろうか。

ちょっと私が想像していたものと違っていました。

タレの味としては万人受けできそうな味です。

チョレギサラダ。

甘いです!! 

もうお肉はいいかな。カレーがあるのでいただいてみよう。

スジ肉のカレーといっていいのかな。甘口のカレーです。

懐かしくて、駅カレーでありそうな味です。

ノブローさんもいただいてみる?辛くないからキミにも大丈夫よ。

 

正直お肉の質としては微妙。さほどではないと思いました。

また、個人的には一方的にでてくる説明なしの本日のおすすめ肉もいらない。

なにか処理したい肉があるのではなかろうかと変な気をまわしてしまいます。

私たちの席は幸い扉の開いた入り口近くで換気に関しては大きな影響はなかった

のですが、セルフコーナーの奥のあたりは煙がこもっていましたので、

換気扇について改善の余地もあるのではなかろうかと気になりました。

制限時間の前にはお店の方が一声かけてくださいます。

周りを見回すと若い方々を中心にいつの間にやら満席状態。

がっちり食べて飲む大勢の集まりには良いかもしれませんね。

Hand01お会計は、2人で、クーポン前払い(1800円×2)してありますので0円です。


肉屋の台所

〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-9-8 飯田橋プラザ8F

TEL     03-3556-1109

営業時間/ 月~金 17:00~24:00(L.O23:30)  

        土・日・祝 17:00~23:00(L.O22:30)

定休日    無休

2011年3月 4日 (金)

わたみん家 蒲田西口店

蒲田西口。先日ガード下の「なかね屋」を記事にいたしましたが、築地銀だこ

ハイボール酒場から始まるこの通りを「くいだおれ横丁」と言います。

2010年12月、忘年会のお二人2次会に「わたみん家」。

海老勝」の並びでもあります。

同店には随分と久しぶりにやってまいりました。

確かお席は地下と2階にもあるのですが、忘年会の予約でもはやいっぱい。

1階入り口近くのカウンター席でしたらご案内できるとのことでした。 

よい、よい。ちょっと〆に鍋つつきたいだけだからね。お願いします。

ということで、黒ホッピー&焼酎。ソト、ナカともに税込208円。

味噌ちゃんこ鍋@523

1人前から注文可。しかも卓上カセットコンロで思う存分鍋奉行ができるのだ。

(ノブロー) 寒い日にはやっぱ鍋つつきたるなるだ。 これ自然の摂理だべか?

ちーずインつくね(1本)@313

香ばしく焼かれたぷっくりつくねに甘辛いタレ。

(スズロー) 中からとろーりチーズだで。美味しいだよ。

さて、鍋の〆にはラーメン玉を投入(別注文)。

Hand01お会計は、2人で、合計2712円なり~。

ナカのお替りの数とラーメン玉の金額は控え忘れてしまいましたが実にリーズナブル。

わたみん家は、お通しを断ることができる点も気に入っています。

 

わたみん家

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-67-10 ワショービル

TEL   03-5703-6000

営業時間/17:00~翌3:00 金・土・祝前日17:00~翌5:00 

定休日   無休

2011年3月 3日 (木)

なかね屋 蒲田

2010年12月、蒲田西口、串揚げ厨房「なかね屋」。

鉄道高架の耐震補強工事の為お店が撤退していたガード下ですが徐々に

お店が戻ってきています。 ばんざい!

同店は対面の「とり薪」の姉妹店。

忘年会真っ盛りということもあってお店は団体様で盛況。

入り口近くに2人掛けのテーブル席がぽつんと空いていましたので、利用させて

いただくことにしました。

ザ・プレミアムモルツ生@390×2 

お通しはキャベツ。

個人的な偏好なのですが、問答無用のキャベツのお通しって苦手。

しめ鯖@480 

旬の刺身として紹介されていました。この日はしめ鯖。

特筆すべき点はなし。

(ノブロー) ガード下に店が戻ってきてよかっただな。

今日はオラ達が軽く食レポするだよ。

(タクロー) ボトル焼酎は、いいちこ・玄黒(麦)2000円から置いてあるだ。

今回は芋焼酎の黒丸(黒)@2600を頼んだだよ。氷代は300円だ。

串揚セット@500(バラ、とりもも、野菜三種)

軽い衣でさっくり揚がっています。あれ?1本足りないぞっ。

ちゃーんと後から運ばれてきました。

こうした串揚げは100円からです。もちろんソースは二度漬け禁止。

(モモロー) お刺身についてる海草もごっちゃんになるだよ。

手羽先ピリ辛揚げ@380

ぷっくり手羽先。ピリ辛のうちでもマイルドなのでは?

昭和レトロな雰囲気を意識して造られた店内。

まだ新しい為、しっくり落ち着くまでには至っていませんが、リーズナブルに串揚げで

1杯飲るにはよいお店なのではないかと思います。

Hand01お会計は、2人で、

上記、お料理とお酒で合計5440円なり~。

逆算するとお通しのキャベツは200円×2という計算です。

なお、残った焼酎ボトルはキープできます。

 

串揚げ厨房 なかね屋

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-69-1

TEL      03-3730-3330

定休日      年中無休 

http://www.torisin.net/          

2011年3月 2日 (水)

七重の味の店 めじろ Symphony店

川崎駅東口の駅ビル「川崎BE」の地下1階にはラーメンシンフォニーという

各地のラーメン店を集めたコーナーがあります。

この中から、七重の味の店「めじろ」に入ってみることにしました。

食券は店舗脇の券売機で購入。半暖簾越しに見える店内はカウンター席のみ。

休日のためか?本日大盛り無料。 実はこれから映画なんです。

お腹がいっぱいになって眠たくなってしまっては危険。

食券を渡す際、お店の方から麺の量についてどうするかを聞かれましたが、

ぐっとこらえて普通でお願いしました。

塩煮干しらーめん@850

私チョイス。

基本は魚介系スープベースですが、煮干らーめんはスープに煮干を

効かせているようです。

わりにあっさり。個人的な偏好ですが、もう少しコクがあってもよいかな。

竹醤油らーめん@1000

連れチョイス。

松と竹の違いは煮干らーめんとらーめんへのトッピングのよう。

松が、煮干らーめんにチャーシュー3枚、メンマ、だし玉、海苔、白髪葱、青葱、

焦がし葱なのに対して

竹が、らーめんにチャーシュー2枚、メンマ、だし玉、海苔、青葱、焦がし葱。

一口いただきましたが、まろやか。

塩煮干らーめんも竹醤油らーめんも、細麺ストレートで

お店の特徴である焦がし葱入り。

いただいた感想としては醤油らーめんの方が好みでしたが、これも何かを

主張するほどの個性は感じられず、気になってしまったのは双方ともに

化学調味料の味が強く残ることでした。残念。

ラーメンシンフォニーにはこの他にもグルメなラーメン屋さんが4店舗

入っています。

 

七重の味の店 めじろ Symphony店

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町26-1 川崎BE B1

TEL      044-246-2157

営業時間/11:00〜22:30   

定休日   無休

※追記 閉店になりました。

2011年3月 1日 (火)

櫻木 麻布十番

お一人ランチは麻布十番の日本料理「櫻木」。

場所は麻布十番商店街、綱代通り沿い。

以前記事にした豚しゃぶ炭火焼き「みろく」と同じビル。

1階と2階で営業なさっていますが、ランチタイム、懐石コース以外は

1階のカウンター席でのご案内になる様子。

店内に入るとそこは洗練された和モダンな空間。 

先客は女子4名様。 一見するとお勤めの方というより時間を合わせてランチに

立ち寄られている感じでした。

このカウンターは、はっとするほど鮮やかな朱色。

席数としては10席ほど。

目の前がオープンキッチンになっていますので職人さんのお仕事ぶりを

拝見しながらお食事をいただけます。

ホールスタッフ2名、オープンキッチン内に入ってらっしゃる職人さんも2名でした。

うなぎ湯葉丼@1000 

野菜炊き合わせ、赤出汁、漬物付き。

赤出汁はワカメ。出汁がしっかりとれており香りも良い。

お茶はほうじ茶。

とろりと柔らかい湯葉の下には栄養価の高いうなぎ。

やや甘めの餡がかかっていますので山葵で微調整。

野菜炊き合わせは、かぶ、かぼちゃ、パプリカ、青菜、上には柚子の皮の千切り。

素材一つ一つを丁寧に扱い上品に炊き上げられたという印象。

漬物はしば漬け、昆布。 

品良くできたうなぎ湯葉丼は、漬物でアクセントをつけながらいただいても

美味しかったです。

接客は行き届いていらっしゃると言うか

お客様の一挙手一投足をご覧になってらっしゃる感じで少々窮屈。

大口あけて食べているところをみられちゃいました。

贅沢なボヤキです。 今度は他のランチメニューもいただきにあがろう。

ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

櫻 木

〒106-0045  東京都港区麻布十番3-7-4 麻布六堂1F・2F

TEL         03-6435-1490 

営業時間/ 11:30~13:30 17:00~24:00(L.O.22:30)

定休日    日曜日

http://azabujyuubannsakuragi.jimdo.com/

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »