2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

大晦日イブ ノブローより

IMG_0243

(ノブロー) 2010年ももう終わるだな~。

最後のページはオラのほろ酔い顔でしめくくるだ。

今年はほんにお世話になったで、ありがとだ。 みんなで良い年を迎えてほしいだ。

正月はちくとお休みするだが、来年もよかったら様子見に来て欲しいだよ。

また会うだでよー。

 

それでは皆様、よいお年をお迎えください(o^-^o)

卯夢 恵比寿

仲良し6人組との忘年会は、 恵比寿の居酒屋「卯夢」(うむ)

IMG_8446

場所は恵比寿西口、ケンタッキーフライドチキン恵比寿駅前店を目印に右折して

向かいました。徒歩2~3分くらいの距離です。 

IMG_8457

ぐるなび宴会コースで予約。(11月後半) 

現在は12月・1月の繁盛期だからでしょうか、まったく同じ利用時間と金額の
ものは見当たらないようです。このときは、
3h飲み放題付き一人4500円でした。

お店は全室個室とのこと。私達の利用は6名半個室。

IMG_8464 

(前菜) 3点盛り

3名分ずつ一緒に大皿に盛り付けられてでてきます。

エシャレット、切干大根、出汁巻玉子、トマト、小鉢に入っているものは
クリームチーズ。

IMG_8479   
(活魚) 旬の天然魚3点盛り

お刺身以降は各々に小皿で料理が出されます。

シメサバ、ブリ、シマアジ。なかなか鮮度よし。

IMG_8484 

(ノブロー) オラも宴の仲間に入れてほしいだ。

姉さんやおっちゃん達に挨拶するだ。

IMG_8491    

(揚物) アジとサワラの唐揚げ 

からりと揚がって、ピリ甘のソースが美味しい。

IMG_8504

(焼物) 地鶏の岩塩焼き

表面は香ばしく、しっかりとした肉質。塩加減も程よくいただけました。

IMG_8513

(紙鍋) 6名様なので紙鍋は2つでご用意します。鍋を変えて出せますよ。

という事なのでトマト鍋と軍鶏鍋を。

まずはトマト鍋。

ちょっとびっくり。 紙鍋ではなく食材の上にかかっているサウザンアイランド

ソースのような色の濃度あるスープベースにです。

IMG_8521

軍鶏鍋 

煮こごりが半分解凍されたようなスープベースがかかっています。

IMG_8538   

IH対応。紙鍋は籠ごと加熱、ぐいぐい蒸気があがっているように見えます。

IMG_8549 

(ノブロー) オラも飲むだよ♪

訪問した日は土曜日、混んでいました。そのためかお願いしているドリンクが

でるまで時間がかかる場合がありました。グラス交換制かはわかりませんが

ある程度まとめてお願いしても出していただけました。

IMG_8550 ランちゃんの好きな日本酒だ。

IMG_8553 飲むだー。 

IMG_8557 おー!うめぇ。

仲良しのスキンさんが、ノブローさんにちょっかいをだしています。 

IMG_8570 

(ノブロー) あたま、てかってるだー。

お店の方のお話によるとトマト鍋にはチーズリゾット。

軍鶏鍋にはラーメンがオススメとのこと。 

IMG_8567

紙鍋は残念ながら、双方ともいまひとつでした。 

IMG_8451

〆に満足感が薄かったせいか不完全燃焼。

しかしリーズナブルに3時間、飲み放題を利用でき仲良しさんと集合できた

ということに着目し、

居酒屋満足度数は、★★★ 日常的なら・・・で記録しておきます。

 

卯夢(うむ)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-13-9 グランベルエビス1F

TEL     03-3463-8030

営業時間/ランチ  月~木 11:30~14:00

                ディナー 月~木 17:30~01:00  金 17:00~02:00 土 17:00~01:00

定休日   日・祝

2010年12月29日 (水)

インディゴ(12月)№5 学芸大学

学芸大学、カリフォルニア料理「インディゴ 」(INDIGO)Aicon339

12月のレポートです。

IMG_1033

いつものようにブランチメニューにフリードリンク(¥2000)をつけています。 

IMG_1036

(ノブロー) オラの椅子が復活しただ。前回オラが「椅子がなくなった」って

つぶやいたから支配人さんが気ぃ使ってくれただかな。

んー?どうかな。でもノブローさんの椅子かどうかはわからないけど良かったね。

IMG_1022

今回、メニューがだいぶ変わっていました。 

IMG_1029

ハンバーガーをいただこうと思っていたのですが、こうなるとジビエです。

ブランチメニューを拝見して 
COURSE B@2000(前菜、メイン各1品のプリフィクス形式
COURSE C@2800(前菜、パスタ、メイン各1品のプリフィクス形式
でお願いしました。

IMG_1045

マフィンはトマトとバジル。相変わらず甘さと塩気のバランスが良いのです。 

IMG_1051

ちょっとしたことがあり、シェフからピクルスの盛り合わせを頂戴いたしました。

これはメニューのサイドオーダーにある三浦野菜のピクルスかしら?

大根、ニンジン、カブ、きゅうり。

酢の加減が柔らかく野菜のもつ自然の甘みがでています。美味しい。

IMG_1065 

(前菜) 銚子沖、皮ハギの昆布〆カルパッチョ 紅芯大根のサラダ添え 
                              肝入りバルサミコソース

彩り鮮やかなお皿です。

肝入りのソースには野菜を刻んだものも入っているように思います。

せっかくなので、もう少し肝のコクは欲しくなりましたが

IMG_1068   

紅芯大根のシャキシャキとしたみずみずしさに酸味と塩の加減も良いため

爽やかにいただけてしまいます。

IMG_1072      

自家製パン。 

IMG_1082 

白ワインは、ペドロンチェリ ソーヴィニヨン。 

IMG_1091 

(前菜) 天使の羽根を付けた北海道 マダラの白子のポワレ 
                              ブイヤベースソース

香辛料の香るブイヤベースソース。

カイエンペッパーやあさりの出汁もきいていてオリエンタルで奥深い味わい。

IMG_1096 

これが天使の羽根で~す。 いわゆる羽根つき餃子系?

IMG_1104    

(ノブロー) スープのように飲めるだよ。旨みたっぷりでコクがあるけんど

さっぱりしているだ。 神秘的だで。

IMG_1109 

(パスタ) 猪バラ肉のパンチェッタと、とろとろ里芋のトマトソース 
                                 トルフィエ

トマトソースが良い塩梅に濃度をもって滑らか。

とろとろの里芋ともちもちとしたショートパスタの食感のバランスも面白い。

IMG_1115

鷹の爪も入っています。

似て非なるものですが、素人的な表現だとアラビアータにひねりを加えた感じで

お酒のつまみになります。 

IMG_1124

(ハチロー) オラ、ここんちのパン好きだで。温ったけえだ。

(モモロー) うん、さっきのパンと違うだね。 

IMG_1155

赤ワインは、シー・リッジ シラー。 

IMG_1137

(メイン) 北海道、蝦夷鹿モモ肉の炭火焼 ラズベリーピノノワールソース 

付け合せはオニオンリング、マッシュポテト、赤カブ、芽キャベツ、椎茸、舞茸。

IMG_1142

美味しいっW04!! 

焼き加減も申し分ありません。まわりは香ばしくて、脂肪のない鹿肉は赤身の

淡白な旨みに溢れています。噛み締めるのだー。ついつい食べちゃうわ。

IMG_1166   

(メイン) スコットランドより届いた山鳩のロースト 大麦とレンズ豆のリゾット 
                            金山寺味噌ソース (+1000)

割増料金がかかります。

連れがメチャうまと絶賛!野生の味に狩猟本能をかきたてられる様子。

肉の繊維がとてもきめ細かく上品な旨みが凝縮とのこと。

IMG_1180   

私は山鳩デビューでして、羽根を見て少しびびりました。

肉としては少々クセを感じましたがしっとりとしていて確かに旨みがエレガント。

このブランチのお値段で、このジビエがいただけるなんて嬉しい。

IMG_1189

デザートとハーブティーのセット@500

本日はモンブラン。 ラムレーズンのアイスクリームと苺つき。

IMG_1197

(オラーズ一同) デザートだで、集合するだ~。 甘いの好きだで。

ちいと、内装の老朽化が気になるけんど、どうにも情のわく店だで。

IMG_1218

(しずか) アタシ、ユーカリの葉のお茶が飲みたいな。

しずかちゃん、ごめんね。それは無理かも。今日はミントとレモンよ。

IMG_1183

(ニジロー) 支配人さんからお便りきただ。何だろー??

うふふ、それは次回のお楽しみで記録するわね。

 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計10815円なり~。

カリフォルニア料理満足度数は、★★★★★ やっぱり特別です。

 

インディゴ (INDIGO)

〒152-0001  東京都目黒区中央町1-12-6

TEL       03-3710-3399

営業時間/ ランチ (火~金) : 11:30~15:30 (L.O.14:30)

                   ブランチ (土・日・祝日):  11:30~16:30 (L.O. 15:30)

                   ディナータイム :火~木・日/ 17:30~24:00 (L.O. 22:30)

                   金・土・祝前日 / 17:30~25:00 (L.O. 24:00)

定休日    月曜日(祝日は営業)

http://www.restaurant-indigo.co.jp/       

2010年12月28日 (火)

igrec (イグレック)学芸大学

学芸大学のイタリアン「igrec 」(イグレック)にお邪魔しましたAicon339

IMG_7524

場所は学芸大学駅の西口から線路に沿って左にへ進み、三井住友銀行を右折。

駅から至近距離です。

IMG_7526

こちらへはお店のHPよりインターネットで予約。返信を確認できなかったので

予約確認のお電話をさしあげたところ、留守電。

翌日お店の方から電話あり、感じの良さそうな男性が丁寧に対応してくださいました。

(あとから気がついたのですが、留守電になっていた日はお店の定休日でした)

本日は仲良しの女子と2人で食事会。 アラカルトで試してみましょう。

IMG_7548

HPで拝見するよりも意外にカジュアルな雰囲気を持つ店内。

窓際のテーブル席に案内されました。

お通しは、グリーンオリーブ

IMG_7545

パン。 オリーブオイルと塩がつきます。

これらがコベルト(パン・お通し)@300として加算されます。(×2)

IMG_7552   

ヴィション シャルドネ(フランス)@3150

まずは白ワインから、価格は3000円台より。

一番リーズナブルなものを選んでいます。

IMG_7555

うっかりしてメモを失念しましたが、鴨フォアグラのテリーヌ@1575だと思います。 

トーストされたパンと無花果が添えられています。

しっとりとして舌に絡むように広がる滑らかな濃厚さ、それでいて嫌らしさを

感じさせない後味の良さ。グレードの高さを感じます。

IMG_7540

お料理はそれぞれにシェアしたいとお願いしたところお店の方で取り分けて

出してくださっています。

IMG_7566

フランス産秋トリュフと西洋キノコのタリオリーニ@2100 

黒いのはなに?これ岩海苔?ワカメ?と思いきや、お聞きしたところこれが

トランペット茸。香り高くトリュフとの相性も良いのです。

一方手前の明るい茶色の茸がジロール茸。その香りからアンズ茸とも呼ばれている

とのこと。柔らかくてクセが強くないように思いました。

タリオリーニがやや物足りなく感じましたが、秋満載のパスタに舌鼓。

IMG_7588

十勝牛ほほ肉の赤ワイン煮込み@2415 

下に敷かれているのは茄子。 ほろほろに柔らかいほほ肉。

赤ワイン煮こみのソースは濃厚ですが、品良く仕上がっています。

IMG_7586   

チュザネーゼ デル ピグリオ(イタリア)@3990

2本目は赤。 

IMG_7608

キャラメルづくしの一皿@900 

お店の方、イチオシのデザート。人気のようです。友人チョイス。

IMG_7609

ヌガーグラッセ@700

私チョイス。滑らかな食感とふんわりとした口溶けが素敵なデザートです。

IMG_7523

この日もお店は満席状態でした。

Hand01お会計は、2人で、上記、お料理とお酒で合計15430円なり~。

お料理も美味しくいただけましたが、私の好みとしてはもう少しぬくもり感の

あるお店が好み、決して居心地がわるいということではありませんが

初回訪問のイタリア料理満足度数としては、★★★☆ 消極的に好きです。 

またの機会の訪問が楽しみなお店でもあります。

 

igrec (イグレック)

〒152-0004  東京都目黒区鷹番3-6-16 ケンジントン第7ビル 1F

TEL      03-5768-2567 

営業時間/ 11:30~14:00(L.O) 17:30~21:30(L.O)

定休日    水曜日       

http://www.igrec-y.com/

2010年12月27日 (月)

なっぱjuicy 川崎

川崎で映画の帰りにダイニングバー「なっぱjuicy」にお邪魔しました。 

IMG_7614 

JR川崎駅東口、新川通りをまっすぐ第一京浜の交差する新川橋方面へ

向かいます。  新川通りに面した雑居ビルの地下1階です。

IMG_7673

店内はアジアンテイスト の入った不思議な異空間。

ソファ席、テーブル席、壁に向かい横並びに座るカウンター席とありましたが、

座敷席を利用。こちらは入り口に近い座敷席。玩具や雑貨が置かれています。

お子様連れのご家族使用のお席なのかしらと思いましたが、どうやらそれだけでは

ないようです。

IMG_7615

メニューの一部。   注目したのは右下の音楽。

使われている曲なのか、選んでリクエストできるものなのか、また不思議。

IMG_7620

アサヒスーパードライ(ジョッキ)@550   

お通しは塩漬けした豆腐にとんぶりをかけたもの。

IMG_7622

ビールをベースにしたドリンクもあります。   ホッピーもありますが

中をお替りすることを考えると割高になっちゃうかな。

IMG_7634

シーザーサラダ ブルーチーズドレッシング@880 

上にかかっているのは大豆原料のベーコン風ビッツ。   

素揚げしたレンコンはクルトン代わりに混ぜる際に砕きました。

IMG_7647

中には温泉玉子が隠れています。

ドレッシングが控えめでしたので崩してよーくかき混ぜます。   

IMG_7658

鶏唐揚げ ネギソース@680 

メニューによると

「厳選したジューシーな鶏モモ肉を1枚そのまま唐揚にしました。 

決め手は自家製のネギだれ。コチュジャンや豆板醤をはじめとした数種類の味噌と

スパイスを混ぜ合わせた特製のタレにたっぷりのネギを加えました。」      

IMG_7661

唐揚げ肉はザク切り状で家庭的な感じもありますが、ぶ厚くジューシー、

熱々をホフホフ頬張れば、いつの間にやらお皿は空いてしまいます。

またぴりっと甘辛いタレに強いクセはありません。

IMG_7674

かわさきスカイボール(オリジナルカクテル)@730 

ウイスキー+ホッピー(ウイスキーダブルもあり)   

連れが興味本位で注文。 私もいただきましたが大丈夫。   

IMG_7688

サンタヘレナ グランビーノ@2900 チリ カベルネ 

「ラズベリーやチェリーの果実味豊か。」

酒代が高くつくので、ワインのフルボトルに変更。

IMG_7692 IMG_7693

(ノブロー) 注文があるときは、このコードレスチャイム押すだ。 気長に待つだよ。

IMG_7701

穴子と大葉のチーズピザ@980 

煮穴子、大葉、ネギ。 全体的に甘め。 ちょっぴりミスマッチにも思える。

五香粉が使われているのかな?詳しくは不明ですが独特の香りを感じました。

IMG_7710

ノブローさん、どおしたの。ごっちゃんしないの?   フリーズ?!

IMG_7713

(ノブロー) タバスコが遠いだよ。くれだ。

なんだ、視線はタバスコにむけられていたのね。はいはい。

IMG_7632

コース料理を注文すると3時間の飲み放題が500円でつけれます!

これはちょいメモ。   

IMG_7669

店内はアジアンな布が間仕切り代わりに使われていたりもします。   

IMG_7664

ビーズクッション、ブランケット、旅行本やら、おりがみまで。

遊び心たっぷりの不思議空間。他のお席にはファミコンまである様子。

内装や雰囲気を含め好き嫌いの分かれるお店かもしれません。 

IMG_7715

私は古いタイプの居酒屋が好みなので、こうした雰囲気に馴染めず

いまひとつ浮き上がった感じになってしまうのですが、お会計の際に

よろしかったらいかがですか?お持ちになってください。

と、中古本をサービスしてくれたのには嬉しかったなぁ。

飴やガムや割引券をいただくことはあっても、飲食店で中古本のサービスは

はじめてです。 ちなみに選んだのは、山本文緒さんの「恋愛中毒」 

IMG_7717

場所がわかりにくいので再度記録。1階には貸衣装「森野」

この看板も目立たないのです。   

IMG_7719

作業服「WORK LAND」川崎駅前店、この間の入り口を入り階段を下ります。

ちょっと不思議感覚のダイニング、遊び心を持っておこしくださいませ。

 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計8170円なり~。

ダイニングバー・居酒屋満足度数は★★★ 日常的なら満足です。 

 

なっぱjuicy

〒210-0015 神奈川県川崎市川崎区南町16-7 かわさきスカイビルB1

TEL            044-276-6087    

営業時間/  火~日 17:00~24:00

定休日     月曜日(祝日の月曜は営業)

http://www.nappa-juicy.com/

2010年12月26日 (日)

競馬の話 有馬記念 G1

12月26日(日)は、中山競馬場で有馬記念G1が開催されるのです。

予想は・・・

◎  7   ブエナビスタ
○  14  ペルーサ
▲  13  オウケンブルースリ
△   1    ヴィクトワールピサ、5 ルーラーシップ、12 ドリームジャーニー

買い方は3連単のフォーメーションでまいります。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

有馬記念G1、結果は・・・ 

1着 △   1    ヴィクトワールピサ(単2人気)
2着  ◎  7    ブエナビスタ(単1人気)
3着     11    トゥザグローリー(単14人気)

配当は3連複11610円、3連単60770円でした。 撃沈。

独り言ですがブエナビスタ、よく頑張った。

ともあれ、2010年の競馬も終わりました。

しばらく「競馬の話」は放牧に出ます。

Antica osteria gondoletta (アンティカ・オステリア・ゴンドレッタ) 蒲田

蒲田のイタリアン・バール「アンティカ・オステリア・ゴンドレッタ

IMG_8304

随分と遅れた記事で申し訳ありませんが、ボージョレー・ヌーヴォー解禁日

無性に飲みたくなって立ち寄っております。 

IMG_8305

今回は常連さん使用の店内奥のカウンター席をお借りしました。

モメサン ボジョレー・ヌーヴォー2010(樽だし グラス)@750×2 

今年は前年より話題になりませんでしたね。

それでも、程よい酸味とフレッシュなだけでなくスケール感のある香りで

美味しくいただけました。

こう言っては失礼かも知れませんが、蒲田でヌーヴォーを置いてありかつ気軽に

訪問できるお店も少ないので、やはり

ありがとう!「アンティカ・オステリア・ゴンドレッタ」なのですYahho01

そのあとはいつもの

樽出し!!ハウスワイン飲み放題(赤 白)2時間@1380×2

IMG_8326    

黒オリーブ肉詰めロースト@450

ワインのつまみに嬉しい一品。大のお気に入り。

IMG_8332   

イタリア兄貴の牛モツ塩煮込み@680

寒くなったので最近はじめられたということですが、すでに人気メニュー。

ハチノスも入っており、他に野菜はプチトマト、たまねぎ、キャベツなど。

くさみなどはまったくなく、ぷりっぷりの脂肪がとろ~ん、ガーリックが効いていて

煮つまり具合が調度良し。野菜に優しい甘さが浸透しています。

これはたまらんのぉW04

IMG_8358   

自家製チリオイルも出していただいています。 

IMG_8349

骨付ソーセージのグリル(1本より)@400 

皮は香ばしくてバリッ!かぶりつくとはねっかえってくるような力強い弾力、

肉の食感と溢れ出る肉汁が魅力的。 

IMG_8354

ジューシーな旨みを存分に味わえ、マスタードもマイルドで美味い。 

IMG_8364   

ビアンカ(ガーリック・ローズマリー)@650

ピザ生地は正直いまひとつですが、プレーンなタイプのものを1枚注文しておけば

他の料理のソースにつけていただくこともできるのだ。

IMG_8387   

お魚のカルパッチョ@600

この日のお魚はアジ。ダイナミックな大き目の切り身で供されます。

もったいぶったところがないのが好き。 もちろん美味しい。

推測ですがオリーブオイルもちょっとだけ良いものを使ってらっしゃるのでは

ないかしら。このお値段以上の香りをいただけました。

 

Hand01お会計は、2人で、上記、お料理とお酒で合計7000円強なり~。

イタリアンバール満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

また行こうっと( ^ω^ )

 

Antica osteria gondoletta (アンティカ・オステリア・ゴンドレッタ)

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-50-4 ルミエール西蒲田 1F

TEL      03-3733-4515 

営業時間/ 11:30~14:00(L.O) 16:30~26:00(L.O)

定休日     日曜・第2月曜   

2010年12月25日 (土)

ブログの盗用問題について・3

12より続きます。
12月24日の深夜、読者のランちゃんさんから、盗用ブログが削除されている

というコメントをいただきました。

あわてて見てみると……ほんとだ!

「お探しのページを表示できません」のエラーメッセージ。

現時点でアメブロさんからはこの件についてご連絡をいただいておりませんし

私も5通目のメールをいただいてからはまだレスポンスを返しておりませんでした。

これがブログ管理者による自主的な行為なのか、それとも、アメブロさんによる

強制的なものなのか(まあ、それはあまりありそうにありませんが)

わかりませんが、どうやらブログ自体が閉鎖されたようです。

ほっとして肩の力が抜けた、というのが最初の反応です。

私としては、ご訪問いただいた皆様に不愉快な思いをおかけすることに

心苦しい気持ちがありました。

でも、コメントにも書きましたが、皆様から思いがけずたくさんの励ましやお知恵を

いただき、盗用記事に受けた不愉快さをはるかに上回る善意に触れて、

落ち込んでいた気分がまるで嘘のように勇気づけられ、そうするとしだいに落ち着いて

この問題を受け止められるようになりました。

ブログをやっていれば、こういうこともあるのかもしれない。

そう思えるようになったときに、くだんのサイトの閉鎖を知ったのです。

これはきっと、ひとえに皆様のご厚情の賜物だと信じております。

この件について温かく見守ってくださった皆様、励ましのお言葉をくださった皆様に、

まずは取り急ぎご報告とお礼を申し上げたいと思います。

本当にありがとうございました。

シェフルール横濱

小雨降る横浜、ランチにお邪魔したのはフレンチ「シェフルール横濱」   

IMG_0539

場所は横浜駅西口から川沿いを歩き、 途中を右折するのですが徒歩10分

ほどが目安。

お店のHPを拝見したところ和フレンチとのこと、食材にこだわった創作料理に

着目して連れが予め数日前に電話を入れておいてくれました。

席の予約?

それもありますが、飲んべえの私達、いつも2本はいただいてしまいます。

お店のHPに記されている最もリーズナブルな3000円のワイン「その他の白」

「その他の赤」についての確認です。 

「あります」ということなので安心して席を予約、料理についてはお店へ到着して

から決めることにしました。

IMG_0543

ランチコースメニューです。

ブルゴーニュ(平日限定)@1890
コルトン @2625
シャンベルタン@3675
モンラッシュ@5250

本日のお魚はヒメジのポワレ、お肉は鴨のロースト、

パスタは渡り蟹のトマトクリームソースとのこと。

 

美味しそう、シェアしてお肉もお魚も食べたいわ。ボリューム的には

どうでしょうかとお聞きしたところ、それほどではありませんとのこと。

ならばパスタは各自必食としてシャンベルタン@3675×2に決定。

IMG_0561

(ノブロー) 早めのクリスマスからの帰りだでオラ達も一緒だで。

コース内容をあらためて記録するだ。

シャンベルタンは

  1. アミューズ
  2. シェ・フルール風オードブル
  3. 魚料理・パスタ料理・肉料理 三種より。二品お選びください
  4. パン
  5. コーヒー
  6. デザート      

 になっているだよ。 

IMG_0567

ワインリストをいただいたところ4000円以上からのワインのみ。
3000円のワインが記されていませんでいた。

女性スタッフの方に3000円のワインがあるということを電話で確認したのですが

と申し上げると、他の男性スタッフの方?がいらしていま入荷がありませんとの話。

えっ?! そんなぁ・・・。さらっとおっしゃられても・・・。

IMG_0625

パスカル・トソ@4000

コース料理も注文してしまいましたし、ないものはもう仕方ない。

結局先ほどのワインリストから、サイクルズ・グラディエーター・シャルドネ

@4000を選んだのですがこれも在庫ぎれ。いささかテンションが下がります。

こちらの白ワイン、フルーティーな中にナッツの風味を感じさせるものでした。

IMG_0571

アミューズ。

トマトを使ったコンソメのジュレ。 ほんのりとした甘さも爽やか。

ちょっとだけご機嫌なおったぞYahho01  

IMG_0593   

シェ・フルール風オードブル。

細長い木製のトレイに並べられたオードブル。このあたりが和でしょうか。

同店にはお箸も用意されておりまして、こちらはその箸でお召し上がりください

とのこと。

IMG_0590

・大山地鶏のサラダ 生姜ドレッシング

大山地鶏はしっとりとして旨みあり、美味しいのですが、少々見た目が寂しく

感じるのは盛り付けられた器の影響かな。

IMG_0598

・大山地鶏のガランティーヌ 

きんぴらを大山地鶏で巻いた筒状の冷菜になります。

・パテ・ド・カンパーニュ(くるみ、干しぶどう)はニンニクの風味が効いてます。

・ひとみ五寸人参のムース、人参独特のくさみはなく、とても甘い。

・スモークサーモン

・ピクルス

IMG_0591

・ 聖護院大根のスープ

素材の持ち味を生かしたさらりとした冷たいスープ、美味いW04

・オマール海老とジャガイモのタルタル

IMG_0627

(ノブロー) ハチ、そんなにパン好きだか。おめ見てると憎めねえな。

(ハチロー) むしゃむしゃ・・ウマイだ、ノブも食うてみるだよ。

パンにバターはねえけど、なくなるとパンお替りくれるだ。嬉しいだ。

IMG_0653

ペッパー・ウッド・カベルネ@4000 

IMG_9349

鴨のロースト。

ソースにはエシャロットと黒胡椒を使われている様子。

食欲をそそるルックスですが、やや硬く旨みの深みもいまひとつ。不思議。

IMG_0619

(タクロー&カズロー&スズロー) フレンチ、オラ達もごっちゃんになりてえだー。

IMG_9358

ヒメジのポワレ。

お皿を彩るのはカブの葉のソース。ヒメジの上にはタマネギとケッパー。

しっとりとした魚の身、旨みも十分。

個人的な偏好によるものですが、ヒメジの方がタイプ。


どちらも野菜は有機野菜を使用なさっているとのこと。(大根、カブ、ブロッコリー、
カボチャ、人参、カリフラワー、はつか大根など) 

IMG_0616

(ノブロー) 野菜が直球勝負って感じでうめえだな。 

IMG_0639 

渡り蟹のトマトクリームソース。

ちょっと想像していたものと違いました。 

IMG_0645

もっと濃厚で絡みつくようなものが好み。味わいは普通。 

IMG_0659   

デザート。

リンゴのジェリー、ブランマンジェ、チョコレートケーキ、八海山の酒粕で作った

自家製のアイスクリーム。 

IMG_0673 

(ノブロー) 酒粕アイス、ランちゃん好きだべか?

うーーん、どうかな。

でも、この酒粕アイスは私も気にいっちゃったし、お薦めしたいねっ。

IMG_0681

コーヒー。

(ノブロー) ブラックで飲むだ?オラはミルクたっぷりがええだなー。

IMG_0665

お店は女性客を中心に盛況でした。

ちょこちょことした前菜の提供、有機野菜使いなど、女性に好まれそうな要素が

たくさんあります。

しかし、私が意識してしまったのはお客様がお帰りになってもなかなかテーブルを

片付けないことです。  また、ゆっくりさせていただいて私達がランチタイム最後の

客になってしまいましたが、閉店前15分に空調が切られてしまいました。

雨の日なのに寒いです。

良いところも多々あるのですが、しっくりいかない印象が残ってしまって

残念でした。 夜に訪問させていただけばまた別のお店の素敵な一面を発見する

ことができるのでしょうか。 これは、今後の私の宿題にします。

 

Hand01お会計は、2人で、上記、お料理とお酒で合計15350円なり〜。

フランス料理満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

※追記(H23.3/9) 当該記事は食べログに投稿していたのですが
「冬に空調・暖房を切ったことは一度もありません。」
との同店からお問い合わせが寄せられたそうです。
不本意なトラブルを避けるという意味で食べログからは
写真を含め全文削除いたしました。

 

シェフルール横濱

〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-12-26 Felice横浜 1F

TEL       045-342-6292

営業時間/ 平日・土日・祝日 11:30~15:30(L.O.)14:00

                                          17:30~23:00(L.O.)21:30

定休日    水曜

http://www.chaifleurs.net/ 

2010年12月24日 (金)

早めのクリスマス・3

IMG_9338

クラブラウンジでの朝食時の景色。 

今朝も横浜の空は薄曇り、午後からは雨の予報がでています。 

IMG_0526

ノブローさんが気に入ったツリーはラウンジ前にあった可愛らしいツリー。   

IMG_0529

こちらはクイーンズスクエアのシンギングツリー。 

去年とはまた違っていました。

IMG_0518

皆様、素敵なクリスマス・イヴをお過ごしください。 

(オラーズ一同) メリクリだでー。

2010年12月23日 (木)

早めのクリスマス・2

クラブラウンジから戻ったあとはインルームダイニング。

IMG_9205

今年はあまりに早い時期だったせいか?

クリスマスの特別なコース料理は出ていません。従って注文できるものを

メニューから選んでお願いしました。

IMG_9216

(ノブロー) 今宵の宴はオラ達がしきるだよ。   

IMG_9244

(モモロー) 冬の洋定食、3465円だでー。

(ハチロー) スモークサーモンとエビのニース風サラダ
コーンクリームチャウダー、じっくり煮込んだ牛バラ肉のシチュー 温野菜添え、
パンまたはライス になっているだ。パンで頼んだだー。

(ノブロー) モモもハチも最近、食レポに興味もっているようだな。

おめらも、オラの控えのポジションから、そろそろ育てねえとならんだな。

IMG_9253

じっくり煮込んだ牛バラ肉のシチュー 温野菜添え。

上品に仕上がっています。

しっかりと貝の風味のするコーンクリームチャウダーと多目のスモークサーモン

とエビのニース風サラダで冬の洋定食はまずまずの充実感あり。 

IMG_9270

(ノブロー) ララ、肉がほろほろに柔らかいでごっちゃんになるとええだ。

(ララ・メイ) このお料理には赤ワインね。

IMG_9285    

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ@1890 

メニューに載っていないものでも相談によってはお作りいただけます。

しかし、のびているような印象。残念。

IMG_9247

ご紹介は、はじめてでしょうか?オラーズの新人。

ちょっぴりネズミさん顔のカズローさんです。

IMG_9252

(ノブロー) おい、カズしっかりするだよ。ほうけてねえか?

(カズロー) メンバーと一緒のホテルクリスマスイベント、感激だでー。

IMG_9298

(モモロー) さっき、買ってきたケーキ食べたいだー。

そうそう、これはワールドポーターズ1階に入っている「ガトーよこはま」の

よこはまチーズケーキと季節限定の栗チーズケーキね。各367円。

IMG_9307

(タクロー) プレゼントも開けたいだー。

いいわよ、あら、むこうで転んじゃっている子はだぁれ?お酒の飲みすぎ?

IMG_9332

(タクロー&ニジロー) ごっちゃんになりまーす。

ナチュラルな味わいのチーズケーキ、美味しかったね。

IMG_0501

こうして、2010年クリスマスイベントの夜は更けていったのでした。

早めのクリスマス・1

去年は「クラブ インターコンチネンタル」として記録したクリスマスイベント。

今年も利用させていただいております。あまりに早い時期でしたので

一昨年と同様「早めのクリスマス」で表記します。

IMG_9183

ヨンちゃんは去年参加したよね。オラーズとしずかちゃんは今年がはじめて。

小さなクリスマスツリーとプレゼントをみんなで囲んでいます(*^-^)

お部屋の紹介などは過年度のものと同様ですので省略しますね。

IMG_0399

今年はちょと曇りがちな横浜港。 

IMG_9165

しかし、お部屋から見る景色は例年どおり静けさを持っています。 

IMG_0428

17:00よりクラブラウンジで簡単なオードブルとドリンクをいただきます。

写真はカレー風味のチキン。

(これらが料金の中にセットされているのです。)

IMG_0432 

野菜スティック。

ディップ3種類、それぞれ味噌、オリーブ、アボカドをベースにしたもの。

IMG_0433

乾き物やオリーブもあります。 

IMG_0438

マグロとサーモンのマリネ、白身魚を使ったカルパッチョ。

パンも3種類。 

IMG_0436

こちらは横浜グランドインターコンチネンタルに入っているレスランからのオードブル。

フランス料理の「アジュール」はパテ(きのこ入り)。

イタリア料理は「ラ ヴェラ」豆とツナを使ったアンティパスト。

IMG_0430   

一番右は中国料理の「驊騮」(かりゅう)

見た目も美しい貝のゼリー寄せ。

IMG_9190

ちょこちょこ、ひととおり持ってきました。

毎年記事にしておいて恐縮ですが、最近このクラブラウンジ混んでいます。

以前はラウンジの時間帯、軽い利用のお客様が多かったのですが・・・モゴモゴ。

オードブルの品揃えも豊富。ドリンクもフリーでいただけますからね。

かく言う私達もその一人であります。たいへんお世話になっております。

IMG_0451

一番のお気に入りはこちら。「驊騮」、一度、訪問してみたいです。 

IMG_0457

(ノブロー)  ランちゃん、オラ、Come back してきただよ。

冬のイベントに参加しただ。こんないっぱいオードブルあると、どれから

ごっちゃんになるだか迷っちまうだな。

1

(ハチロー) そりゃ、イカスミのパンからだで。

(ノブロー) ハチ、おめ前に前にでてくるだなーー。

2010年12月21日 (火)

ブログの盗用問題について・2

1よりの続きとなります。

11月25日を皮切りに、アメーバカスタマーサービスのご担当者様からは

12月15日までのやりとりで5通のメールをいただきました。

 

結論から言うと、被害者である当方の個人情報を開示しないかぎり、

問題となっている盗用ブログの記事は削除できない、

というのがアメーバさん側の回答でした。

順を追って説明します。 

 

<1> 11月25日に届いた1通目のメールでは、まず、謝罪のお言葉とともに、

著作権の侵害があった場合に可能なアメーバさん側の対応について

書かれていました。   

【著作権侵害について】    
著作権侵害などの権利侵害行為による削除要請につきまして、      
弊社はプロバイダ責任制限法に      
基づき対処させていただいております。      

恐れ入りますが著作権者からのご指摘である事が      
正式に確認できずにおりますので、      
ご指摘の箇所を即時的に削除する事ができません。      
そのため現時点では以下の対応が可能となりますがいかがでしょうか。      
ご検討いただいた上、ご指示ください。

1.弊社に削除依頼が届いた旨をブログ管理者に通知する。      
(但し、強制的に該当箇所を削除することはできません)      
2.著作権者からの削除依頼であることを確認するため、プロバイダ
責任制限法      に基づく書簡による削除手続きをちょうだいする

このメールをいただいたのはちょうど四国旅行の最中で、パソコンが使えなかった

ので、携帯を通じて、返信へのお礼と、旅行から帰ったらすぐこちらから

あらためてご回答を申し上げる旨、メールしました。

 

<2>それに対して了解の旨をいただいたのが、アメーバさん側からの2通目

のメールです。

 

旅行から戻った私は、まずは上のメールの「1.」盗用ブログ管理者への

削除依頼をお願いし、さらに「2.」の内容について詳しく教えていただくよう

お訊ねしました。このメールを送ったのが、11月28日。

 

<3>11月29日、アメーバさん側から3通目のメールをいただきました。   

それでは、ブログ管理者に対し    
24記事について確認通知を実施させていただきます。      
このような場合、メール確認、修正手続き期間として      
7日間の期限を設けております。      
期間終了後、結果についてご案内させていただきます。

さらに、「プロバイダ責任制限法に基づく削除請求」について詳しく記載されて

いるページへのご案内がありました。 

削除請求(送信防止措置の申出)について

http://helps.ameba.jp/faq/others/delete_info/post_533.html

 

これによりますと、削除請求をするにあたっては、「侵害情報の通知書
送信防止措置依頼書」のフォーマットをダウンロードして必要事項を記入し、
アメーバさんに郵送する、となっています。 

それはいいのですが、その下を読んで目が点になりました。

ご郵送いただく際には、申請書に、以下の書類を添付してください   

【個人の方】      

  1. 押印と同じ印影の3ヶ月以内の印鑑登録証明書
  2. 住民票、パスポート、運転免許証、保険証等の、ご本人様であることを証明できる公的書類の写し

免許証やパスポートなどの写しに加えて、印鑑登録証明書まで添付しないと

削除請求をすることはできない……。

個人情報をバリバリに開示しろという話ですね。こちらが被害者なのに……。

 

その後、1週間を過ぎてもご連絡がなかったので、12月10日にその後の進展を

お訊ねするメールを送りました(盗用サイトの記事はもちろんまだ削除されて

いませんでした)。   

アメーバカスタマーサービスご担当者様      
こんにちは。      
盗用サイトへの確認通知手続きのご手配、ありがとうございました。      
前回メールをいただいてから11日が経過しましたが、
その後の進展はどのようになっておりますでしょうか?      
もし当該サイトの運営者から応答がないようでしたら、24記事について
削除をお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。      
「プロバイダ責任制限法に基づく削除請求」の要件、拝読しました。      
被害者であるにもかかわらず、個人情報を明らかにし
――さらに印鑑登録証明書を発行するなどの費用と時間をかけ
――なくては削除していただけないというのは理不尽に思えて
しまいます。      
御社の誠実なご対応を望みます。

私としては、「ブログぱくりにあっています。」や「ブログの盗用問題について・1

などの記事を読んでいただければ、盗用の事実は明らかだし、削除請求をして

いる人間が『みにの夢色探索』の管理人であることもおわかりいただけるはず、

と思っていたので、個人情報を開示することに納得がいかなかったのです。

 

<4>しかし、12月13日にいただいた4通目のメールでは、   

アメーバカスタマーサービスです。      
ご案内遅くなりまして大変申し訳ございません。      
ご指摘のブログ管理者に対し、確認を行いましたが      
期日までに管理者側での対処がなされませんでした。      
つきましては、ご案内しておりました      
プロバイダ責任制限法に基づく削除要請手続きをお願いする運びとなります。

とあって、削除要請にはあくまで上に書かれていたような書類が必要とのこと。 

やはり、プロバイダ責任制限法の壁は厚いのか……。

 

しかし、私としてはまだ望みはあると思っていました。というのは、今回の

盗用問題に気づいた時点で、他にも同じようなケースがあるかもしれないと

調べたところ、同様にアメーバブログに盗用に遭われたブログ運営者の方の

記事を拝読し、その方が結局、上にあるような「削除請求」の手続きをすることなく、

アメーバさん側に盗用記事を削除してもらうのに成功した例があったからです。

そこで、アメーバさんに、その方と同じように対処していただくようお願いする

メールを差し上げました(12月14日)。

 

<5>翌12月15日、アメーバさんから5通目のメールをいただきました。

アメーバカスタマーサービスです。   
お知らせ頂戴しております記事は、    
2006年当時のものであり、現在、著作権侵害については    
プロバイダ責任制限法が要求する手続きを遵守しての    
対応とさせていただいております。    
書面での請求以外にご用意可能なお手続きといたしましては、    
再度、ブログ管理者に利用許諾の確認通知を行う事が可能ですが、    
ブログ管理者側で対処がなされない場合には    
引き続き強制的に削除を行うことはできません。    
何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

うーん、プロバイダ責任制限法は2002年から施行されている法律なのですが、

アメーバさんとしては、2006年時点と現在とでは対応が異なると。

 

つまり、アメーバブログに記事を盗用された場合、盗用された被害者は、

個人情報を開示し、印鑑登録証明書の発行費などを負担しなければ、

記事を削除してもらえず泣き寝入りをするしかない、ということになります。

 

これがアメーバさんだけの対応なのか、他のプロバイダでも同じなのかどうかは

わかりません。が、正直、納得いきません。

 

くだんの盗用ブログについては、記事の削除もサイトの閉鎖もされないまま、

「ネット上の残念な現実」を物語るひとつの象徴、モニュメントととして

この先もずっとアメーバブログ上に放置され続けるのか……。

 

なお、アメーバさんからのメールの内容、および同じような問題への対応

についてですが。

1通目にいただいたメールに   

※本メールに掲載されている内容の無断転載・転用を禁止します。

とありましたので、12月14日にこちらからお送りしたメールの最後に、   

なお、弊ブログを応援してくださる皆様へのご報告と、      
同じように盗用の被害に遭われている方の参考のために、      
また弊ブログの真実性・信用性を保守するためにも、      
御社からいただいたメールは弊ブログ上で公開させていただきます。

とお断りをしました。

これは、放置されたままの悪質な盗用サイトに対して私に唯一残された抵抗手段

でもあり、不本意ながらもモニュメントとしてアメーバブログ上にさらされている

私の記事たちへのいってみれば親心の発露でもあります。

すると、12月15日にいただいたアメーバさんからの最後のメールで、   

なお、お困りの点についてそれぞれ      
ご案内可能なお手続きが異なってまいりますため      
アメーバからのご案内メール掲載は、ご遠慮くださいますと      
幸いでございます。

とのご返事が。

えっ、同じようなケースなら、同じように対応するんじゃないの??

うがった見方をすれば、場合によっては「プロバイダ責任制限法が要求する

手続きを遵守」しないこともあったりするってこと??

それっていわゆるダブルスタンダードってやつじゃあ……???

なんて邪推も湧いてきてしまいます。

 

ということなので、アメーバブログから同じような被害に遭われた方のご参考

にはならないかもしれませんが、弊ブログの真実性・信用性のために

メールは一部引用および要約して紹介させていただきます。

2010年12月20日 (月)

カーディナス・ギンザ (CARDENAS GINZA) 銀座

IMG_0913

銀座中央通りに面しているアメリカ料理・イタリアンの「カーディナス・ギンザ」   

IMG_0798

場所は銀座4丁目交差点からだと同通りを新橋方面に進み、右手側。

かねまつビルの7Fになります。

某日の女子会で利用しました。ホットペッパークーポンによる

「~選べるLady's Prefix とろける絶品フォアグラ付き3時間Free drinkコース5000円」

が本日のお目当て。(2名より利用可)

予約の旨を伝えると店内中央のカーディナスレッドを基調とした内装の

テーブル席に案内されました。

コース料理は前菜・パスタ・メインを選ぶプレフィックススタイル。

ここにレディースプランとして絶品フォアグラのソテーが追加されており、

さらにデザートと食後のコーヒーなどがつきます。

IMG_0810

予め席にはグラスが用意されており、お店の方がスパークリングからでよろしい

ですかと確認をしたうえでグラスに注ぎこんでくれます。

その間に前菜・パスタ・メインを選びオーダーを通しました。

まずは、パン。

IMG_0813

ズワイガニ 帆立 冬野菜のサラダ ハーブオニオンドレッシング

ボリューム感の嬉しいサラダ。ほぐしズワイガニの身にハーブオニオン

ドレッシングがきいて爽やかにいただけます。

IMG_0825

本日鮮魚のカルパッチョ(ホウボウ) 

程よく脂がのったホウボウは噛み締めるとむっちりとした甘さを放つ。

これは正解だねと友人と顔を見合わせました。

IMG_0829

あっ、こんな感じでしゅわしゅわをいただいています。

店内では支配人さんなのかしら?片手にワインのボトルを数本提げたスタッフの方

がホールを巡回していて耐えずお客様のグラスに気をくばっていらっしゃるのです。

IMG_0852

フォアグラのソテー

女子の特権よねー( ´艸`)と私達を喜ばせてくれたフォアグラ。

気がつくと両隣はずずーっと女子だけ。

香ばしさとフォアグラのねっとりとした濃厚な味わいが広がる。

少量ですが、かえってに飽きることなくいただけるためこれで十分。

IMG_0853

となるとワイン。というかグラスが並んでしまいました。 

IMG_0859

いわい鶏の軽いスモークとちぢみほうれん草のアーリオ・オーリオ

スタッフの方いわく、お酒を召し上がられる方にはおすすめとのこと。

IMG_0874

塩がややきつくも感じました。 

IMG_0866

生ウニのクリームソーススパゲティーニ 

まったり甘みをもつ生ウニのクリームソース。

IMG_0878 

双方に感じたのですが、茹で加減がしっくりこない。

パスタに関してはいまひとつな印象。

IMG_0896

真鯛のポワレ 柚子の香るヴァンブランソース

皮目は香ばしく中はしっとり、ですが他に特筆すべき点はなし。

IMG_0891 

ビーフランプロースト グレイビーレフォールソース 

肉の独特なくさみもなく、食感は歯応えもありつつ柔らか。

つまみになる味わい。

付け合せは魚も肉もあまり変わらずブロッコリー、マッシュポテトなど。

このあたりが贅沢をいわせていただくと寂しいところ。

IMG_0906

デザート盛り合わせ 

複合的なバランスを持って楽しめるデザート。

個人的には抹茶シフォン好きです。

IMG_0910

コーヒー

友人とシェアしていただきましたが、ボリュームはしっかりありました。

お店の雰囲気もたまに女子会で使用するにはまずまずというところですが

個人の好みとしてはお料理にもうひとつ、ぬくもり感というか、

伝わるものが欲しかったかな。

IMG_0801

このプランのCPの良さに着目し、感謝しつつですが・・・

満足度数、★★★☆ 消極的に好きです。 

 

カーディナス・ギンザ (CARDENAS GINZA)

〒104-0061 東京路中央区銀座6-9-9 銀座かねまつビル 7F

TEL       03-5537-5011         

営業時間/ Lunch 11:30~15:00(L.O. 14:30) Dinner   18:00~23:00(L.O. 22:00)

定休日    12/31、1/1

IMG_0915

銀座中央通りです。さあ、お家に帰りましょう。

2010年12月19日 (日)

THE BUND 山下町

休日のランチに横浜山下町のイタリアン「THE BUND」 

IMG_8225

場所は山下公園前の「横浜マリンタワー」1階。

IMG_8173

横浜マリンタワー、リニューアル後は混んでいたのですが、いまは落ち着きを

取り戻しているようです。

天井が高く全面ガラス張りの店内は開放的で明るく 、テラス席では山下公園の

緑の他に横浜港からの心地よい風を体感することができます。

IMG_8166

WEEKEND LUNCH MENU。ミモザサラダとパン(ライス)がつきます。

IMG_8177

ラリナム・シャルドネ@2800

嬉しいことに同店のワインは2800円均一。   

メニューの説明にはボリューム感のある重厚な味わいと記されていましたが、

比較的ライトにいただけて軽いランチにむいているように思えました。

IMG_8184

ミモザサラダ。

IMG_8195

(ハチロー) パンだで!ええ匂いだ。オラ、パンが一番好きだよ。

ほぉ、オリーブオイルもかかってるで。

(ノブロー) ハチ、すっかりパン大臣になっちまっただな。

まぁ、オラーズん中で役割があるってのはいいことだで。 励むだ。

IMG_8202

自家製スモークサーモンとマッシュルームのクリームソーススパゲッティ @1200

ソースのバランス感あり。 見た目どおり、大はずしはなく普通にいただけます。

IMG_8215

豚肩ロースのグリル トマトジェノヴェーゼソース@1550 

柔らかい肉質。しっかりと塩・胡椒されています。

ソースは野菜の旨みが凝縮されていてけっこう濃厚。なかなか美味し。

これはパンだけでなくライスにもあいますね。

IMG_8220

豚肩ロースのグリルには温野菜付きです。根菜も豊富。

 

利用したところがっちりイタリアンというよりカジュアルに使えるカフェという

傾向もあるかと思いました。

なお、テラス席はペット可。ブランケットも貸し出してもらえます。

 

Hand01お会計は、2人で、上記、お料理とお酒で合計5550円なり〜。

今回はイタリアンと言うより
ランチ満足度数で、★★★ 日常的なら満足です。

 

余談ですが、利用した日は横浜でAPEC首脳会議があった日でして、

山下公園付近にも全国から集まった警察官のかたが多く見られ、

しばしウォッチングしてしまいました。

 

THE BUND

〒231-0013 神奈川県横浜市中区山下町15 横浜マリンタワー1F

TEL       045-263-8115

営業時間/ 11:00〜23:00

定休日    無休

2010年12月18日 (土)

銀座天一 自由が丘

お一人ランチは自由が丘「銀座 天一

IMG_8156

場所は自由が丘駅北口を出て右手側。すぐに2階建ての同店が見えます。

自由が丘の老舗居酒屋「金田」や「ほさか」はこの「天一」の左側の道を入った通り。

この「天一」も古くからこの地で営業なさっています。外観も変わりません。

店の入り口にはテイクアウト用の天ぷらや丼たれが販売されており、昔ちょっと

贅沢な内ご飯をしたいときに購入。フンパツをして自宅で天丼を作ったものです。

そのフンパツの言葉とおりテイクアウト天ぷらもけっこういいお値段なのです。

 

当時は(当時も?)余裕がありませんでしたから、自宅天丼がたまの楽しみで、

お店でいただくのは今回がはじめて。 軽く緊張します。

自由が丘「天一」もう十数年いただいていませんが、記憶の底にある同店の

天ぷらはそれはそれは美味しいものでした。

IMG_8125

店内に入って右手にレジ。ここでコース料理か丼ものかを聞かれます。

コース料理は1階カウンター席へのご案内。

私はお財布の関係上、丼がやっとですから2階のテーブル席に向かうことに

なりました。 ゴマ油の香り漂う店内、メニューを開き、同店ではリーズナブルな

お値段になる季節の野菜天丼を注文。

IMG_8154

卓上には塩。お茶はほうじ茶。

お客様は地元の方と思われる老夫妻や旦那衆、外人さんを交えた男女の

グループ客。 おそらくご一緒の日本人のかたが日本食のご案内ということで

老舗のこちらに訪れているのでしょう。

IMG_8131

おっ!周囲の人間観察を済ませた頃合いで天丼が運ばれてきました。

風格のある器です。いいねぇ、ソソルよ。 赤だし、お新香付きです。

IMG_8134

季節の野菜天丼@1680

蓋をオープンしたところ、まず目に付いたのは丼タレの飛び散り。少し気になる。

大き目のしじみを使った赤だし、お新香はキュウリ、大根、キャベツの浅漬けと梅干。

野菜の天ぷら7品は、さつまいも、アスパラ×2、ししとう×2、エリンギ、ナス、
レンコン、野菜の小さなかき揚。

IMG_8147

個人的な偏好によるものかもしれませんが、丼タレが濃すぎます。

天ぷらもさっくりというかウェット な感じでくどさが残りがち。

ベタつき感を卓上の塩を使って微調整。

赤だしやお新香は品の良い味わいで、丼ものとのバランスは良好です。

IMG_8157

当時の私の憧れのだった「天一」の天丼を店内で実食。

残念ながら記憶を書き換えることになりそうです。

しかしランチ満足度数は・・・
個人的なセンチメンタル指数を加えて、★★★ で記録したいと思います。

 

銀座 天一 自由が丘店

〒152-0035  東京都目黒区自由が丘1-12-7

TEL       03-3718-0123

営業時間/ 11:30~21:30

定休日    年末・年始

2010年12月17日 (金)

四国旅行秋 №21 尾道ラーメン

IMG_9051

広島空港、添乗員さんに搭乗券を発券していただいたあとは自由行動。

羽田空港でも各々帰路に着くので実質的にはここで解散という感じです。

30

時間まで3階レストランで、軽く一杯飲ろう。

なんせバスにはお手洗いがないので、ビールは控えていました。

喉が渇いた。ジョッキで生が飲みたいね。

IMG_9066

フードコート内で選んだお店は「尾道ラーメンひろ

IMG_9062

店内のカウンター席に連れと横並びに座り、まずはこいつをグイッと飲るのだ。

生ビールセット(小)はギョーザと生ビール小のセット@630

それに生ビール(中)@525を追加。

IMG_9070 

尾道ラーメン@630

写真は普通盛り、大盛りはプラス105円。

チャーシュー、メンマ、たっぷりの万能ネギ。

色は濃く感じましたが、さっぱり目の醤油ベースで少量の背脂入り。

IMG_9076

麺は細麺、ストレート。 

物足りなさはありますが、旅の終わりに尾道ラーメンたるものを食せたことに

達成感をもちましょう。

IMG_9078 

(ノブロー) 短いようで長い旅が終わったな。 

旅の〆にオラも尾道ラーメン、ごっちゃんになりてえだが、ええか?

IMG_9089 

セットのギョーザは6ヶ。 スレンダーなボディであります。

IMG_9096 

(ノブロー) まぁ、 単品で頼むとギョーザ420円だで、小生1杯は367円。

ちくとお得だでええでねえか。

ところで、ブログ友達のtokuchanさんとこはここから近いだべか?

千光寺でも接近遭遇だったみてえだし、オラ、会ってみたかっただなー。

そうだね。あとtokuchanさんは尾道ラーメンをたくさん食べ歩いてご紹介して

いらっしゃるからご興味のある方にはお訪ねいただきたいね。

IMG_9107   

すじポン@420 

茹でたもやしの上にすじ肉、ポン酢。その名の通りでござる。

IMG_9118 

そうこう言ってる間にいつの間にやらジョッキが並んじゃったね。 

 

帰りの飛行機は日本航空1616便。JAL737-800型。

小型で3人掛けのシートが多いのですが私達は最後部で2人掛けのシートでした。

IMG_9128

まだ飲み足りないらしく缶ハイボールを・・・。 

IMG_9149

無事、羽田空港に着きました。 四国旅行記も№21にて終了です。

 

昨年の紅葉狩りは京都、ブログ友達の白熊二代目さんにたいへんお世話に

なりました。今回、各地の紅葉を見ようとツアーに参加しまして、あらためて

白熊二代目さんのきめ細やかなご配慮を痛感いたしました(-人-)

しかし個人旅行では行き届かない面もツアーでは補ってくださるので

はじめての地を訪問するにあたってはこうした利用もありではないかという感想です。

 

みに口上 

長々、四国旅行に、お付き合いいだき、立ち寄ってくださった方々

及びコメントをいただけた皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

                              四国旅行おしまいH025

   

2010年12月16日 (木)

四国旅行秋 №20 千光寺公園

広島空港に向かう前、ツアーバスは「千光寺公園」に立ち寄りました。

IMG_8917

千光寺山の山頂から中腹にかけて広がる公園内には「展望台・文学のこみち」

「尾道市立美術館」などがあります。

この園内の桜は日本さくら名所100選にも選定されているとのこと。
(見頃は3月下旬から4月中旬頃)

IMG_8918

私達は「展望台・文学のこみち」を通って「千光寺」にお参りすることにしました。

まずは、頂上展望台からの眺め。

IMG_8920

しまなみ海道の新尾道大橋が見えています。

IMG_8929

連なる山々の景色も美しい。

IMG_8934 

文学のこみち。

山頂の千光寺公園から千光寺敷地内を通る遊歩道。

IMG_8935

道沿いには自然石に尾道ゆかりの作家や詩人の詩が刻まれているのです。 

20

正岡子規。 

21

物外。 

22 

十返舎一九。 

23

金田一京助。 

24 

江見水蔭。

IMG_8959

文学碑はすぐにわかる道沿いにある場合もあれば、目の高さより上や見落として

しまう場所にも点在しています。 なんだかスタンプラリーのような気持ちがわいて

きて、文学碑探し、これがけっこう楽しい。

かなりの枚数を撮ることができましたが、ご紹介は一部にとどめておきます。

IMG_8975

千光寺山御案内には、寺領を尾道市に寄付をし、公園補足地として寺領の

一部(約一万坪)の管理運用を市当局に委嘱していることが記されています。 

IMG_8976

境内に入りました。 

IMG_8996

千光寺本堂。

中国観音霊場第十番札所、千光寺は真言宗系の単立寺院。
山号は大宝山。

御本尊は先手観音菩薩。33年に一度開帳の秘仏。

IMG_8989

鐘楼。 

朱色の本堂とともに鐘楼も景観に映えます。

IMG_8991

千光寺山の山麓(長江口)~山頂間をロープウェイが運行しています。

千光寺上を通過、けっこうお客様が乗っているわ。

IMG_8990

頂上展望台で見た、しまなみ海道の新尾道大橋はこちらからも望めます。 

25

梵字岩。

円型の中に光明真言、大日如来真言の梵字が刻まれています。 

IMG_9003

三重岩。

さらに本堂横に階段がありましたので登ってみました。

IMG_9006 

石鎚山鎖修行。鎖がかかっています。これで登れということかな?

私には無理、あっさり諦め。

IMG_9007

夫婦岩。 寄り添うような岩だから? 

IMG_9020

鼓岩。 

この先の平たい岩の上を石で打つとポンポンという音がするんですって。

不思議な巨岩奇岩があちこちに見られます。 

IMG_9025 

岩割の松。

根が岩を割り砕き立ち上がっているような様からこの名がついたのでしょうか。

26

頼山陽。

この岩割の松の右手側に刻まれています。

しっかり見ていないと見落とす可能性もありでしょ。

こうした自然石にきざまれた文学碑の総数は25とのことでした。

2010年12月15日 (水)

四国旅行秋 №19 瀬戸内しまなみ海道

IMG_8784

そろそろ、お昼の時間帯になります。初日に最終日のお昼はバスの中に

なるということを添乗員さんからお聞きしていたのでこの場面ではお弁当を

注文しておきました。 

IMG_8812

鈴木弁当店の醤油めし@850

あとから知ったところ駅弁のようですが、幾分か割高。

醤油めしの上には錦糸たまご、山菜、鶏の照り焼き、おかずは切干大根、

うずらの卵、漬物など。想像通りの素朴な味わい。

IMG_8789

同店のマドンナ弁当@1000

IMG_8793 

2段重ね。こちらはお連れチョイス。

おかずはちょこちょこ、フルーツ付き。

IMG_8801 

ご飯は酢飯。少しですがシソの実とかが入っていたかな。

IMG_8827 

東京に戻るため愛媛を離れます。しまなみ海道を利用して広島県、尾道へ。

写真は来島海峡大橋。

IMG_8837 

しかし、なんとおだやかな瀬戸内の海。

IMG_8844

お手洗い休憩。 来島海峡サービスエリア

IMG_8841

ここにも鯛めしやたこめしがっ!!やはり鯛とたこは四国の注目フードかも(*^-^)

IMG_8869

車中から写しています。 

IMG_8874

どんどん離れていきます。 

IMG_8886  IMG_8889  IMG_8898 

しまなみ海道は愛媛県の今治から広島県の尾道間、6つの島

(大島、伯方島、大三島、生口島、因島、向島)を9つの橋で繋ぐ海の道。

IMG_9041

来島海峡大橋は3つの吊り橋がつながっており、第一、第二、第三と名前が

ついています。これをカウントすると橋の総数が9つとなるのです。

他の場所で写しましたがご紹介。

愛媛県、今治からむかってまず通るのが、来島海峡大橋第1・第・2・第3.

次が伯方・大島大橋→

IMG_9039 

大三島橋→

IMG_9030   

多々羅大橋→生口橋→ 

IMG_9032

因島大橋→新尾道大橋。 

旅の終わりも近づいてまいりました。

2010年12月14日 (火)

四国旅行秋 №18 内子の町並み

IMG_8677

次の観光は、木蝋と白壁の町「内子の町並み」。バスを町並み駐車場に停め

IMG_8679

八日市護国の伝統的建造物群保存地区を徒歩でめぐります。

IMG_8681 

内子町観光協会のHPによると「約600mの通りに約120棟の家々が連続して

立ち並び、このうち約90棟が伝統的な民家」とのこと。                                 

16

ツアーのお姉様方に人気の無人販売所。

あっと言う間に売り切れになっちゃいますが、帰り道に覗くと補給されています。

無人のようで無人ではないのかな?? 軒下にぶら下がっている玉蜀黍に

思わず頬がゆるみ心温まります。 

IMG_8696

13

伝統的な建物の多くは、江戸時代末期から明治時代に建てられたもので

白あるいは黄色味を帯びた漆喰の大壁造り。 

IMG_8704

IMG_8707 

この「町並み保存地区は、昭和57年(1982)に国の重要伝統的建造物群保存

地区に選定され、約3.5haあります。」 

IMG_8708

通りには御宿もあり。

IMG_8710

喫茶・軽食をいただけるお店も町並みに馴染み景観を損なっていません。

12 

本芳我家(ほんはがけ) 住宅。

重要文化財(平成二年九月十一日指定)。内子町木蝋の基礎を築いた家。

木蝋の生産と海外輸出により財をなした旧家。

IMG_8716

IMG_8720

お土産物屋さん。 

IMG_8723 

町家資料館。 

「江戸時代の町家の特徴である、蔀戸(しみど)や大戸(おおど)等を全面的に

開放できる造りの建物」。内部見学可能、入館料無料。

IMG_8727

ツアー一行が目指したのは「大森和蝋燭屋」 

IMG_8729

県下で唯一の手作りわろうそくの店だそうです。

「ハゼの実を細かくつぶして蒸して、それを圧搾して採取したものを「水蝋」といい
和蝋燭はこの水蝋で作ります。」 

14

見学させていただけます。

熱い蝋をとり、手の平を転がすようして、芯棒に幾重にも塗りつけてらっしゃいます。

六代目は大森太郎様。 

15

店内で購入できます。連れは和蝋燭を購入しました。 

IMG_8749

伝統製法にのっとった匠の技、職人技を拝見させていただけました。

IMG_8748 

このあと内子座まで行きたかったのですが、バスに戻る時間の関係で

ここで駐車場まで引き返すことになりました。 

IMG_8767

かざりや。 店頭で蒸しパンが販売されていました。

IMG_8771

IMG_8772 

心落ち着く町並みでした。

IMG_8775

17

IMG_8782

内の子屋。

駐車場に一番近い場所にあるお土産物、休憩処です。

2010年12月13日 (月)

四国旅行秋 №17 松山城

旅の最終日、はじめの日程表では道後温泉を出発したあとは「面河渓」

(愛媛県・久万高原町)四国最大の渓谷の紅葉美を鑑賞する予定だったのですが、

残念ながら私達の旅した日にはすでに見ごろも終わり落葉に近い状態とのこと。

IMG_8552

代替コースに変更となり「松山城」に向かいました。

IMG_8546

松山城本丸は標高132mの山頂に位置しているため、一行は山麓駅「東雲口」

(しののめぐち)よりロープウェイを利用し、山頂駅「長者ヶ平」(ちょうじゃがなる)

までやってまいりました。

IMG_8554

天候は薄曇。雲の間からのぞく日差しが綺麗です。

IMG_8562   IMG_8583 

「松山や秋より高き天守閣」 正岡子規の句になります。

松山城は約四百年前、戦国時代の勇将で、 賤ヶ岳の七本槍で有名な加藤嘉明

により築城。

IMG_8585

本丸広場には、その加藤嘉明公をモチーフにした「よしあき君」が

お出迎えです。なんとなく愛されキャラ。   

IMG_8587 

登城の折にいただいたチケットによると

天守閣や城門、櫓などは重要文化財に指定。

IMG_8588 

また、天守閣は欅、栂、樟材をもって築城せられ、三層建連立式平山城とのこと。

IMG_8590

松山城の高さは海抜132メートル、天守閣の一階251平方メートル、二階

168平方メートル、三階102平方メートル、天守の高さは21メートル。

6

松山城天守の開門は9時より。登城太鼓の音が響くと観光客の皆さんが

ゆっくりと門を押して入城します。

IMG_8599 

回り込むようにして天守に入っていきます。

11   

IMG_8609

靴を下駄箱に入れて内部に。

IMG_8614 

なるほど、絶景。

IMG_8620 

松山市内を見渡せます。 

IMG_8629 

さっき歩いてきた本丸広場。

IMG_8632 

大パノラマをおさらいします。

7 

南の眺め。

8   

東の眺め。

9 

北の眺め。

10

西の眺め。

IMG_8674

雄大な眺めを楽しんだあと、帰りはリフトでのんびりと山麓駅「東雲口」へ

戻ることにしました。 次の代替コースに移動します。

2010年12月12日 (日)

四国旅行秋 №16 道後ルナパーク(朝食)

ご紹介が遅れましたが道後温泉の宿泊先は「道後ルナパーク」

IMG_8528

昨晩の夜はこちらの出口より道後温泉本館に向かいました。

坊ちゃんの湯という素晴らしい温泉共同浴場があるためか、ホテル内の24時間

浴場は小さくてやや物足りなさを感じてしまいました。

IMG_8533

朝食は昨晩と同じ別館の会場にて和洋ビュッフェ。

炭水化物ダイエットの連れは、好きなものを選んでとって来れるので大喜び。

私も昨晩、ご飯4杯いただいたので、和食はちょっと遠慮したいところ。

こういうときにビッフェはありがたい。助かりました。

一応洋食のつもりで取ってきましたが、何故か魚と煮物、焼きそばまで

盛っていました。 今朝も残さず完食。ご馳走様です(*^-^)

競馬の話 阪神ジュベナイルフィリーズG1

12月12日(日)本日は、阪神競馬場で阪神ジュベナイルフィリーズ・G1

開催されるのです。

予想は・・・ 

◎ 11 レーヴディソール
○  1   アヴェンチュラ
▲  5   フォーエバーマーク
△   6  マイネイサベル  、9 マルモセーラ 、14  ダンスファンタジア

3連複、BOXで勝負です。 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

阪神ジュベナイルフィリーズG1、結果は・・・ 

1着 ◎ 11 レーヴディソール
2着      4  ホエールキャプチャ
3着    18 ライステラス

配当は3連複9200円、3連単24540円でした。 撃沈。

2010年12月11日 (土)

四国旅行秋 №15 道後温泉本館(坊ちゃんの湯)

IMG_8483

夕食のあとは、道後温泉の町並みを散策しに個人行動。「道後温泉本館」まで。 

IMG_8435

温泉街の中央に位置する道後温泉本館は明治27年建築された三層楼の

木造建築。 平成15年4月1日から全館禁煙。

IMG_8445 

バスガイドさんの説明によると、通称「坊ちゃんの湯」と呼ばれているとのこと。

夏目漱石の小説「坊ちゃん」の舞台ともなった道後温泉。

このエピソードによるもののようです。

IMG_8451

道後温泉本館(坊ちゃんの湯)は「国の重要文化財にも指定されているので、

いつ一般に利用できなくなるかわからないため、湯めぐりをなさる方はここだけは

おさえておいたほうがよいですよ。」 とのアドバイスを受けました。

IMG_8457 

1階に「神の湯」、2階に「霊の湯」(たまのゆ)があり、皇族専用の湯殿が

「又新殿」(ゆうしんでん)です。

入浴料金の違いによって、利用できる浴室・区分・休憩室での接待等に差が

出るようですが、長くても1時間20分とは休憩を入れて考えると大忙し。

そうそう、バスガイドさんがここでゆっくり身体を洗うことは考えず、湯につかる

だけで行動したほうが良いとおっしゃってましたっけ。

IMG_8491 

屋上にはこの温泉を発見した伝説の白鷲が飾られています。

ガイドマップによると、「昔は浴槽がこの本館だけにしかなく、温泉客は女中の

案内でこの湯につかりに来た」ということ。

5   

風情ありまくりです。

また、本館は宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」の「油屋」のモデルにもなった

と言うお話。確かに感じが似ているわ。

IMG_8512

残念ながら辺りは商店街や高層ホテルが立ち並んでいます。

その中でこの一角だけが特別な光を放っているように思えました。 

4

道後温泉駅前のカラクリ時計まで行こうかと思っていたのですが、

疲れてしまったので、向かいにあるみやげ物屋「一六本舗」にお立寄り。

IMG_8510

一六タルトを購入。ついでに1個だけ味見をかねて自分用にチョイス。

店内でいただきました。 

IMG_8431

こちらは皇族専用の湯殿「又新殿」(ゆうしんでん)です。

ちなみに道後温泉本館はミシュランガイドで星を獲得しているとも聞きました。

四国旅行秋 №14 鯛釜飯

蔓橋を見学したあとツアーバスは愛媛県の道後温泉に向かいました。

旅行期間中、この移動時間が一番長かったように思います。

IMG_8354

ホテルに到着したのは、19時近く。

食事の時間は19時30分からなのでお風呂は後回し。

荷物を部屋に置いて会場に向かいました。

IMG_8355

夕飯は郷土の食材を使用した「華会席」。席は特別決まっていないとのことでした。

お料理はある程度セットされ置かれています。

茶碗蒸し(鶏肉・銀杏・椎茸)、白和え(小松菜・こんにゃく)、お刺身(タイ・カンパチ)、

焼いた鶏肉にマスタードを効かせたオーロラソース・トマト添え、漬物。 

ビール(中瓶)は別注文750円。

IMG_8360

鍋。 豚肉、つくね、ブロッコリー、白味噌仕立てでクリーミー。

ふわっとした甘さがありました。

IMG_8366

うどんも入っています。これは嬉しい。

IMG_8368 

天ぷら。 海老、ナス、おくら・長芋・人参を海苔で巻いた変わり揚げ。

天つゆでいただきます。

IMG_8392   

初日の夕食の献立は「鯛づくし」と言うこともあり、お魚ばかりで一本調子に

感じたけど、今日はお肉もしっかりあるからバランスよく飽きずにいただけるわ。

こうなったら酒だ!冷酒 (雪雀 生貯蔵酒)300ml@1050×2

この他追加のお酒は、日本酒一合 (雪雀 上撰)@660

IMG_8394

(ノブロー) 今日は香川県、徳島県、愛媛県と動いただな。お疲れちゃんだ。

まぁ、時間の許す限り飲ってくれだ。

まぁ、優しいことを・・・。 

IMG_8373

鯛釜飯。 鯛の刺身、たまねぎ入り、卓上で固形燃料を使って炊き上げます。

固形燃料を使ってとなると、東京、中目黒の「裏おらい」を思い出します。

IMG_8385

「裏おらい」の学習を思い出しさっくりと軽くかき混ぜる。

・・・つもりでしたが、やっぱりムキになってかき回してしまったようです。 

IMG_8398

ご飯を茶碗によそった頃にお吸い物がでてきました。

お吸い物はタコつみれ、飾り麩、かいわれ菜、吸い口は柚子。

この鯛釜飯、出汁もきいていて絶品。つまみにもなる味わい。

1人分の釜飯はお茶碗によそると2杯強ぐらいの量があります。 

先頃、炭水化物を控えているお連れさんの釜飯。残すのはもったいないくらい

美味しかったので私がいただきました( ̄▽ ̄) ご飯4杯完食。満腹。

IMG_8405 

デザートはみかん。部屋に持って帰って食べようっと。 

IMG_8409

(ノブロー) たんまり食っただな。腹ごなしに夜の道後温泉でも散歩してみたらええだ。

2010年12月10日 (金)

四国旅行秋 №13 蔓橋

IMG_8315

ツアーバスは「蔓橋」に移動しました。

IMG_8299

バスガイドさんより蔓橋の由来をお聞きしました。

抜粋すると、この橋は平家の落人が追っ手から逃れられるよう安易に切れる橋?

しかも足元は大きく底が見え揺れるということです。

バスの中で皆さん、「大丈夫ですか?渡れないというかたはいらっしゃいますか」

との問いもちろん高々と手をあげました。

実は私は高所恐怖症、渡れないのです。

今までかつてこの手の橋に幾度挑戦して腰を抜かしSOSを発信したことか。

新しいところでは大分県の「九重夢大吊橋」びびりました。
びびりすぎて記事にできなかったと思います。

この九重夢大吊橋、挑戦して数歩のところあぶら汗がびっしょりで
しゃがみこみでどうにも腰が動かないのです。
目には悔し涙。連れに両脇をかかえられ戻りました。

思い起こせば学生時代の女子の旅行でもそうだった。
伊豆の吊り橋が渡れず大変な思いをしました。。。怖い。

バスの中で手をあげたのは私だけだったのかしら。周囲のお兄様、お姉様は

パワフルです。えっ!いっちゃうんですかーーの私を尻目に皆さんご参加?!

私達は「いやけいおおはし」でこのツアー最初の団体写真に参加。

蔓橋と平行に立っているしっかりとした橋ですがやはりちょっと怖い。

というか、私は歩道橋でさえ苦手なんですわ。

橋の真ん中に立っているだけでクラクラしますーー。

IMG_8306

蔓橋。

どうぞ、皆様ご無事で。 

IMG_8311

記念の団体写真を撮ったあとは、

IMG_8316

私に付き合い蔓橋をパスする?

という連れとともに一行の蔓橋の渡り終える出口?付近に移動したのですが

ここには団体写真を撮られていたカメラマンさんが皆様の雄姿を写そうと

待機なさっています。個人的にはこの無防備な状態はアンビリーバブルですよ。

IMG_8314 

もう、直視できないので私達は心の安静を求め「びわの滝」に移動。

IMG_8319 

歩いて数分、まったく負担にならない距離にあります。

IMG_8329 

小ぢんまりとした可愛らしい滝。

IMG_8333 

早々に引き上げました。蔓橋、びわの滝に向かう途中のお休み処で

ちょっぴり羽をのばします。

IMG_8338   

鮎の塩焼き( ´艸`) 

写真に収め忘れましたが日本酒ワンカップをぬる燗でいただきました。

やっぱ、私にはこっちのほうがいい。束の間の自由時間に喜び。

IMG_8298

蔓(かずら)橋渡り口にはみやげ物屋さんの入っている館内を通って向かいます。

2010年12月 9日 (木)

四国旅行秋 №12 大危歩峡

「金刀比羅宮」をあとにしたツアーバスは一路徳島県へ。 

IMG_8294

大歩危の舟下りで峡谷の紅葉を鑑賞するため 

「レストラン大歩危峡 まんなか」さんの駐車場に停まりました。

IMG_8209

旅行社のガイドマップによると 

四国山地を縦断し吉野川の源流に位置し、大歩危はその名の通り、

大またに歩くと危険な断崖の峡谷。 これに対して小歩危はやっぱり小またで 

歩いても危険と言うことからこの名前がついたとか。

IMG_8216

この写真は舟乗り場の建物から写したのですが、その危険な断崖にカモシカを 

見つけたんですよ。スルスルっと駆け上るように登って木々の奥に入って

しまいましたが、自然に生きる動物たちの力強さを目の当たりにしましたね。 

IMG_8197

眼下に見える遊覧船。あちらに乗船します。

IMG_8220

観光遊覧船の乗り場へは建物内の階段を下り外に出ます。 

ここはもう乗り場の近くです。

IMG_8221

大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)は吉野川沿いに約8km。 

しかし遊覧船は舟下りの所要時間は往復30分ほど。

V字型の峡谷の一部を遊覧するのです。   

IMG_8223

舟に乗り込み、靴を脱いで着席。 

船頭さんの指示に従い進行方向に身体を向かわせます。

IMG_8227

遊覧船のまわりには大きな魚も見られます。このお魚狙いなのかな。 

鴨が寄ってきていました。すごく健康そう。

東京の公園あたりで見かける鴨とは艶がちがう。ぴかぴか。 

IMG_8228 

やばいぞっ、食われる!!と思ったのかしら( ´艸`) いきなり立ち上がったわ。 

大丈夫。そんなにわたし危険人物じゃないわよ。

IMG_8240

そうこうしている間に舟がでました。吉野川、綺麗です。 

IMG_8243

獅子岩。 と、船頭さんのご説明を受けます。

IMG_8248

小歩危の方に下っています。川面は穏やか。   

IMG_8262 

「膨大な歳月をへて侵食された姿は西日本有数の名勝奇岩」とのこと。 

峡谷のあたり一面に見られます。

IMG_8267

先にでていた遊覧船が戻ってきました。

IMG_8269 

遊覧しながら楽しむ両岸の景観も圧巻。 

IMG_8275 

JR線が上を通るようになっています。実はツアープラン、この大歩危を観光するに

あたり舟下りにするかトロッコ電車にするか迷っていたのです。

もろもろありまして、結果、舟下りを選択しましたが 

トロッコを選んでいたらまた景観もひと味違っていたのでしょうね。

IMG_8277 

IMG_8288

ゆるゆると戻ってまいりました。

IMG_8290

大歩危の舟下り、素敵でした。今回の旅で一番のお気に入りかも。 

ところが、バスガイドさんのお話によると今年は紅葉が不作。

もっと鮮やかに色づく年もあるとのこと。またいつか来れるといいな。

2010年12月 8日 (水)

砂漠楼 恵比寿

お一人ランチは恵比寿の創作和食ダイニング「砂漠楼」 

IMG_8072

場所は恵比寿ビジネスタワーと道を隔てた横、「割烹R」の向かいになります。

表にはランチメニューが貼り出されています。

IMG_8121

お店は地下1階。階段を降り、入り口前にはいきなり亀のオブジェ。

けっこうお顔がリアル。なんだか、のっしのっしと歩き出しそうです。 

IMG_8124   

靴を脱ぎ、自分で鍵付き下駄箱に預け店内にあがります。 

IMG_8080 IMG_8079

薄暗い店内。カウンター席、堀りごたつ席、個室、ロフト席とタイプがわかれて

いるようですが案内されたのは半地下のようなロフト席下部分にあたる個室。

あらら、この席は完全にカップル向けだわ。店員2名といった感じでしょうか。

窓の外には先ほどの亀のオブジェが見えます。

背中に何者かをのせているようです。 カップルさんだったらここで話が

また盛り上がるのでしょうがお一人さんのリアクションはこんなもんです。

IMG_8088

石焼チーズハンバーグ定食@900

残念!女性限定ドリアが本日は黒豚のビール煮込みに変わっていました。

日替わりのメニューも島豚の香草パン粉焼。

いまひとつ豚の気分になれない本日。ハンバーグで急場を凌ぎましょう。

白飯、コーン入りサラダ、切り干し大根、浅漬け、キャベツともやしの味噌汁、

温泉玉子。

IMG_8089

熱された石焼の器。中のソースがぐつぐつと気泡をたてています。

野菜はじゃがいも、ブロッコリー、ニンジン。

IMG_8105

質のほうはいまひとつと思えますが、実に肉々しいハンバーグ。

静けさを取り戻したソースはちょっと苦味のかかった大人めデミグラス。

IMG_8112

温泉玉子もちょっと固まりすぎかな。黄身のとろ~り感が欲しいわ。

ソースを絡めたハンバーグとともにご飯にONしました。

IMG_8073

HPを拝見したところ砂漠に現れた蜃気楼というテーマでお店造りをなさって

いらっしゃる様子。 私としては神秘的なムードというより、面白みのある内装は

大人の遊び場という印象をもちました。 

カップルや合コンでの夜使用にむいているかと思います(*^-^)


砂漠楼 恵比寿本店(さばくろう)

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-15-4 メゾン115 B1

TEL      03-3441-5877

営業時間/ ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)

                 月~土 17:00~翌0:00 日 16:00~23:00 

定休日    無休

http://www.la-brea-dining.com/

2010年12月 7日 (火)

四国旅行秋 №11 さぬきうどん

こんぴら表参道に並ぶうどん屋さんの中から店頭で手打ち実演をしてくださって

いるお店「こんぴらうどん」 に入りました。

IMG_8144

ちくわ天ぶっかけ@650 

冷たいうどんにちくわ天、テンカス、ネギ、レモン。

IMG_9415

IMG_8153

レモンではなく、すだちだったらもっと良かった?などど観光客の勝手な独り言。 

つるっとしこっとなかなか美味し。

さて、入店したさいにお店の方に「釜玉うどん」ってたべれますか?   と 

お聞きしたのですが、そうしたものはおいてなくしょうゆうどんに別注文で

温泉玉子などを頼んでください。と言われました。 

うーん、四国でどこのお店でも「かまたま」なるものがメニューとして成立している

のではないかと思ったのは誤算でした。 

それでは、こちらの一般的な食べ方のうどんを教えてください!

IMG_9414

IMG_8161

しょうゆ天@650 (えび入りで正確にこのお値段だったかは失念)

お店の方ご推奨。小さく写っていますがサイズは変わりません。

温めたうどんにエビ天、花カツオ、ネギ、ぴりりと摩り下ろし生姜。 

特製のだししょう油をかけていただきます。

IMG_8151

花カツオがいい具合に踊ってくれます。   

よくかきまぜていただくのですが、これがさぬきに昔からある食べ方とのこと。

お値段的には観光客相手の価格かもしれませんが、白く透き通ったうどんには 

適度なコシもあり、もっちりとした食感も楽しめました。

若干甘みは感じるものの、嫌味のないだししょう油も好感度。 

個人的には冷たいぶっかけよりこのしょうゆうどんに心奪われました。

 

まずはさぬきデビューを果たし満足Udon

注文をしつつ、うどんが出来上がるまでの間、店内にあるお土産コーナーを

物色。自由時間は1分たりとも無駄にできません。

地方発送も受け付けてもらえましたのでお願いしました。

ここでは、宅急便の宛名を書く係り、写真を写す係りと分担作業。 

(バスツアーご一行の行動パターンだと、おみやげ物屋さんに立ち寄る時間が

ないため、決まったところで先に注文をするシステム。やはり、旅のみやげ物は 

自分の目で見て購入したいのです。)

本場さぬきうどんの地でのデビュー編、自分自身さぬきうどんに対して

あれこれと評価できるものさしがないので満足度数は差し控えたいと思います。

またいつか、さぬきうどんの食べ歩きで香川に再訪するまでのお楽しみですね。   

IMG_8188

こんぴら表参道の道沿いには「金陵」の蔵元、西野金陵があります。 

IMG_8181

金陵の郷にある資料館では試飲(有料)ができるというお話です。 

観覧料は大人310円。

IMG_8172

でっかい一升瓶のオブジェ。酒飲みにはたまりませんな。    

IMG_8178

しかし観覧料を支払って観光するほど時間もなし。   

金陵の郷内の「御神木の楠木」だけ拝見しました。

それはそれは力強い御神木、思わず合掌。 

IMG_8192 

こちらは、他の場所になりますが、たこのオブジェ。 

瀬戸内の豊かな海産物に恵まれていますからタコも美味しいことでしょう。

IMG_8193

商店街、この道の先の左にバスが待っていてくれるはずなので急ぎます。 

四国旅行秋 №10 金刀比羅宮・2

みごとなイチョウの木の隣は祓戸社。 

IMG_8093

正面が祓戸社、神道の真髄、罪穢を祓い清める神さま。

左側に小さくですが写っているのが火雷社です。

IMG_8095

火雷社は浄火又鎮火・消防の神さまで疫病を防ぎ止める神様。

IMG_8102

旭社。 

着いたーーヽ(´▽`)/! あまりに立派なので早合点して、ここが御本宮と

思ったら違いました。 おじさんのご案内は続きます。

IMG_8099

旭社のすぐ右側に階段がみえるのですがこちらは下向道(帰路)。

御本宮へは鳥居をくぐらなくてはなりません。 

IMG_8106

黄銅鳥居 

マイナスイオンたっぷりの闇峠を通り、途中石段を一つ下がります。

これは御本宮までの石段が実際は786段。「なやむ」に通じるところから縁起が

悪いとされ1段下がって785段と数えるようです。

さあ、あと少しで御本宮です。   

IMG_8116

御本宮。 到着!横から見たものです。

ご参拝なさっている方々のお邪魔にならぬよう、そそっと撮影。

もちろん、私達も参拝しました。「二拝二拍手一拝」で御参りします。

農業・殖産・医薬・海上守護の神さま。

IMG_8115

私達から見て、本宮の右手側からは讃岐平野や讃岐富士などの山並みを望む

ことができます。         

IMG_8117

南渡殿。 本宮の左手側、長い廊下が印象的でした。

IMG_8121

神楽殿。 

IMG_8123

帰路となる下向道をくだり、先ほど早合点をした旭社の脇に出ました。

ここから、一行は裏参道を通りお立ち寄りどころで昼食となりますが

私達は自力で昼食をとるお店を探さねばなりません。

(裏参道にはおみやげ物屋さんは、ない様子。

バスお立ち寄りどころのある商店街に着くとのこと )

裏参道は紅葉が見ごろとのことですが、別行動でバスに戻ります。

IMG_8125 

木馬舎。

さきほどは気がつかなかったのですが、カフェ&レストラン「神椿」の近くには

このような木馬が。憂いのある瞳をしています。御参りに来る方々をこうして

眺めているのかしら、なんだか不思議な力がやどっているような木馬です。

IMG_8133   

参道ではないのですが琴陵宥常の銅像近くの脇道でも紅葉が見れましたので

記念撮影。 

IMG_8138

奥に道が続いているようなのですが、 

IMG_8140

ゆっくりしている時間はありませんね。 

IMG_8142

行きのときにアテをつけていた、こんぴら表参道のうどん屋さんを目指します。

2010年12月 6日 (月)

四国旅行秋 №9 金刀比羅宮・1

四国旅行2日目、まずは「金刀比羅宮

IMG_8022

初日に2日目は金刀比羅宮で昼食になりますからとバスのお立寄りどころで

昼食を申し込みするか否かを聞かれたのですが、セットメニューのため申し込み

しませんでした。1食くらいは自分の足で選んだお店に入りたかったのです。

バスを降り、お立ち寄りどころのおじさんの案内で金刀比羅宮を目指します。 

2

階段が多いので杖を貸してくださるとのことでしたが、私は大きなカメラバックに

振り回されており、写真も撮りたいので杖まではとうてい無理。

健脚を生かして登ることにしました。

IMG_8030

こんぴら表参道から大門まで両脇にはおみやげ物屋さんが立ち並んでいます。

IMG_8031

IMG_8033

あらーー、あなた木目にアジがあるわね。それは棍棒? 

IMG_8041

写真に収め忘れましたが、「一之坂鳥居」から先の大門までを一ノ坂と呼び

この途中には重要有形民俗文化財「灯明堂」、と釣灯籠があります。

IMG_8048

琴陵宥常の銅像近くの脇道に入ると見事な紅葉が楽しめました。 

IMG_8050

一行に遅れをとらないよう一ノ坂に戻ります。

IMG_8055

大門。 

IMG_8060 

大門を入ると飴売りのお店。ちょっと風情があります。

金刀比羅宮のHPを見ると宮域での商いを許された5軒、五人百姓と言うそう

ですがこのとき出ていたお店は4軒でした。 1軒はお休みかな?

IMG_8063

桜馬場を通り 

IMG_8066

IMG_8073

次に目にとまったのは「神馬」(しんめ)

「神馬にさわらないでください 神馬に食べ物を直接与えないで下さい」 

との注意書きの札あり。神馬とは神様がお乗りになるための馬とのこと。

目が優しい。

3

近くにはアフリカ象の像。

こんぴらさんが象頭山の中腹にあることと関係しているのかな。

IMG_8086

ちょっと一息いれましょう。 

IMG_8090

金刀比羅宮・2に続きます。

四国旅行秋 №8 オリーブライン

IMG_7946

バス集合は8時15分。再び土庄港、フェリーで小豆島を離れます。

IMG_7951

フェリーに乗り込んだあとは高松港から来たときと同様、時間まで自由行動。

宿で朝食も済ませていますので、さっそくデッキにでました。

IMG_7950

こちらは別のフェリー。「フェリーてしま」 見た感じですが比較的、小さく思えます。

小豆島⇔豊島⇔宇野。宇野港は岡山県玉野市の港湾とのこと。

これに乗ればtokuchanさんとこにいけるのかな~catface

IMG_7965

こちらは「にゅう おりんぴあ」 新岡山港~土庄港、就航。なかなか立派です。

IMG_7970

おぉ!車がスタンバイしています。なんだかドキドキ。

こういう光景を見る機会がないので嬉しい。 

IMG_7976

しかし、この港。ゴマ油の匂いがする・・・と思ったら「かどや製油㈱」 が

近くにあるではありませんか。

IMG_7994

それはさておき、我ら「第二しょうどしま丸」(オリーブライン)も出航です。

IMG_8003

IMG_7981

IMG_7983 

IMG_8004 

IMG_8014

高松港に戻ると、2日目の観光が始まります。

2010年12月 5日 (日)

競馬の話 ジャパンカップダートG1

12月5日(日)は、阪神競馬場でジャパンカップダートG1が開催されるのです。

予想は・・・

◎  3  トランセンド
○   1 シルクメビウス
▲  11 クリールパッション
△   2  キンスエンブレム、5 ラヴェリータ、14 グロリアスノア 

3連複、BOXで勝負です。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

ジャパンカップダートG1、結果は・・・

1着 ◎  3   トランセンド(単1人気)
2着 △  14 グロリアスノア(単8人気) 
3着    12  アドマイヤスバル(単11人気)

配当は3連複20840円、でした。撃沈。

あっ、眠たい。もう寝る。。。。

2010年12月 4日 (土)

四国旅行秋 №7 鹿島荘 朝食

翌朝の朝食も2階広間「前日と同じお席にお願いします。」  とのこと。

ご飯には1番のりの私達。席に着くとご飯、味噌汁が運ばれ、卓上の固形燃料に

火をつけてもらえました。

IMG_7929

可愛らしいお魚はアジ。

イカそうめん、茶碗蒸し(中に梅が入っていました)、温泉玉子、味付け海苔
キャベツサラダ、漬物など。

冷奴はややグリーンがかっているんです。これはひょっとしたらオリーブ豆腐かしら?
味噌汁はワカメと刻んだ短いうどんが入っていました。

IMG_7944

(ノブロー) おはようさんだ。またちょんもりづつおかずがあるだな。

今日も一日観光で動き回るだ。しっかり飯食っておかねえといかんだよ。

だね、ノブローさんはどのおかずがいいかな?

私は温泉玉子がいいな。かかっているタレが少し甘めだけど美味しいね。

旅先の和朝食に食が進みご飯は2杯お替りをしました。

四国旅行秋 №6 鹿島荘 夕食

初日のお宿は小豆島、「ホテル鹿島荘

IMG_7862

お部屋は小ぢんまりとしていますが和室。バス・トイレ付き。

鹿島海水浴場が目の前ですので、夏のシーズンの利用も良いかも知れません。

お風呂は小豆島温泉。

大浴場と露天風呂があるので夕飯の前にひとっ風呂入りましょう。

IMG_7865

(ノブロー) みには風呂に行っちまっただか。オラ達は茶菓子でも食うべ。

(オラーズ) 食うべ、食うべ。ごっちゃんになるだ。 

IMG_7885 

食事は2階にて、館内は浴衣でOKということなので失礼しますcatface

夕飯は「鯛づくし御膳」。 部屋番号の記された場所に座りました。

お料理はある程度セットされ置かれています。

1

小皿は左が海老の塩茹で、牛蒡ゴマ和え、ミニ寿司 。

中央は魚の南蛮漬け。 右が鶏ササミ、ゴママヨ風味。

IMG_7875

漬物、煮魚、茶碗蒸し(穴子、銀杏)。 

IMG_7877

鯛のお造り。 身がもっちりして甘かった。 

IMG_7880

焼き魚。 照り焼きですがサワラかな? 醤油豆とレンコンの酢漬け付き。 

IMG_7883

天ぷら。 キス、海老、ナス、じゃがいも。 

IMG_7892

鍋。 白菜、厚揚げ、鶏団子、鯛、水菜。

ポン酢なし、このままでいただきました。  

IMG_7893

蒸し物。 鯛、レタス、人参。 

タレ付き。たまり醤油をベースにしたものかな?

濃い味のタレがせっかくの鯛とちょっとミスマッチにも思えました。

IMG_7900

(ノブロー) ちょこちょこだけど、品数あるでねえか。

IMG_7908

(しずか) 日本酒、頼んじゃったね。

(ノブロー) つまみになる料理いっぱいだで、こりゃあ日本酒だ。

ランちゃんにも飲ませてやりてえだなー。

IMG_7916

最後は鯛茶づけ。

配膳係りのおばちゃんに声をかけるともって来てくれます。

これは出汁が弱かった。 

しかし、この間に十分お料理をいただけたのでもう満腹。満足。眠たい。

お酒は別注文、瓶ビール1本735円、お酒640円×2で2015円なり~。

チェックアウト時に個人清算になります。

2010年12月 3日 (金)

四国旅行秋 №5 寒霞渓

IMG_7777

ツアーバスは「オリーブ園」をあとに、もう一軒お土産物屋さんに立ち寄り

本日のメイン、紅葉の名所「寒霞渓」にやってきました。 

IMG_7782

登山口の紅雲亭駅。ここからロープウェイに乗り、5分間の空中散歩で

切り立った深い渓谷の紅葉を鑑賞します。

IMG_7778

時間を調整してまいりましたが、やはりシーズンなのでしょう。

平日といえどロープウェイは40分待ち。

IMG_7786

その間に登山口付近の紅葉を写真に収めました。

IMG_7793

それでは行ってまいります。

IMG_7798

日本三大渓谷美の一つに称される寒霞渓。 

IMG_7806

火山活動と風雨の侵食によりできた荒々しい奇岩怪石 

IMG_7809

その岩肌を彩る赤や黄色の紅葉植物が見事です。 

IMG_7814

紅葉の見ごろは11月上旬から下旬にかけてとのこと。 

IMG_7822

本日は生憎、雲がでてしまっているので瀬戸内海がはっきり見えません。残念。

IMG_7832

IMG_7833

寒霞渓山頂駅到着。あっという間でした。 

IMG_7842

山頂駅には売店もあります。

また瀬戸内海を望める展望台もありますがやはりロープウェイからの

景色の方が圧巻でした。 

IMG_7853

IMG_7844

寒霞渓は、森林文化協会と朝日新聞社が選定した(1983年)

「21世紀に残したい日本の自然100選」 でもあります。

2010年12月 2日 (木)

筑紫棲(つくしろう) 広尾店

お一人ランチはフカヒレ料理で有名な「筑紫棲」(つくしろう)広尾店Aicon339 

IMG_8404

場所は、恵比寿、渋谷橋の交差点を駒沢通り沿いに直進右手側。

「九十九ラーメン」の先になります。

恵比寿プライムスクウェアプラザに2階建ての店舗を持つ広尾店。

HPによると個室6部屋、座席数176席という広さがあります。

座席数がこれだけあるってことは・・・お一人ランチもしやすいかなと

前々から気になっていました。

IMG_8408

お店の前に出されているランチセットを拝見すると、平日限定のセットが

あるじゃあありませんか。これよねーー。 といっても私は1500円のほうです。

一人の旨を伝えると案内されたのは、天井の高い店内1階、窓際に並ぶテーブル席。

IMG_8413

特製フカヒレセット@1500

注文は決まっていましたが、もったいぶってとりあえずメニューを開き、一呼吸

いれてからお店の方にオーダーを通しました。

最初、一度に出てきたのは、本日のスープと漬物とご飯。

そのあと日替わり小鉢、次に青梗菜のカニソース、エビのマヨネーズ和え。

と時間差で6品揃いました。 まだなのか、このセットの大御所は!

開店と同時に入りましたが、どんどんお客様が入っていらっしゃいます。

私の隣のテーブル席に座られたお一人様は同じく特製フカヒレセットを注文。

しかし、日替わり小鉢の段階でおひつからご飯をよそって、もくもくと

お召し上がりはじめているではありませんか。

「何してるの?キミ?」という静かな視線を感じつつも、私はご飯だけよそって

待ちます。

IMG_8423

筑紫棲特製フカヒレ煮込み登場! 

ちょっと、卓上の青梗菜くん、そこどいてどいて。

運ばれてきた際、店員さんに、「ご飯にかけてお召し上がりください。」との

ご指導を受けます。

①筑紫棲特製フカヒレ煮込み・・・かなり濃厚、やや塩分がきつめかもしれません。 

②エビのマヨネーズ和え・・・下にはレタス、上にはカシューナッツを刻んだもの。

 エビは衣をつけて揚げており、濃厚なマヨネースソースがこってりと絡み

 ついてます。一口いただくとくちびるのまわりにねっとりとソースが

 はりつくような感じ。 ふくよかな甘みがうまいっW04

③青梗菜のカニソース・・・カニ肉を卵白でとじています。塩味。

④日替わり小鉢・・・きゅうり、トマト、鶏肉、ナス、じゃがいも。彩りも豊か。

  調理法はわかりませんが和えているようです。

⑤本日のスープ・・・溶き卵のスープ 薄い塩味ベースでふわっとした卵の

  滑らかさがなんとも言えず美味。

⑥漬物・・・菜脯(ツァイ・フー) 大根の漬物です。

⑦ご飯・・・おひつででてきます。

  こちらのお茶碗だと軽くよそって2杯半ぐらいの量は入っています。

IMG_8427

さてさて、私もご飯にかけちゃうよー。 

IMG_8432

今回のセットで気にいってしまったのはこちら。エビのマヨネーズ和え。

フカヒレ煮込みでしょっぱくなったら、一口あまウマのこちらをもぐもぐ。

そして薄味のスープをごくり。味覚のバランスとれてきます。 

IMG_8437

⑧本日のデザート・・・アンニンムース。

杏仁の香りとぽってりとした口当たりが優しいデザートでした。

久しぶりの筑紫棲。日本橋三越店以来です。

 

今回は比較的リーズナブルにいただける特製フカヒレセットということもあってか

フカヒレ自体よりも全体を通してバランスよく楽しめたという印象になりました。

そして満足感はしっかりあります。

この点に着目してこの平日限定のセットですが

ランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。 また来よう。

 

筑紫棲  広尾店

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクウェアプラザ1F・2F

TEL・FAX  03-6419-2946 

営業時間/   11:30~22:00 (L.O.21:30)

定休日     年中無休

http://www.tsukushiro.co.jp/hiroo/page_01.cgi

2010年12月 1日 (水)

四国旅行秋 №4 小豆島オリーブ園

小豆島に到着後、まず立ち寄ったのが土庄港、小豆島を舞台にした小説

「二十四の瞳」のブロンズ像、「平和の群像」です。

IMG_7709

土庄港観光センターのおばちゃんが一行を案内してくださいます。

IMG_7712

「オリーブの歌」の歌碑もありました。

1

ブロンズ像のまわりは、私達よりちょっと年上のツアーのお兄様・お姉様方で

大混雑になりましたので、その隙に私達は、土庄港観光センターのおみやげ物屋

さんに先に入っていることにしました。

一行もセンターのおばちゃんに案内されているのでいずれこちらにやってくる

ことでしょう( ̄▽ ̄) 

IMG_7720

あった、あった。今夜の部屋飲みの日本酒を探していたのです。

おみやげもの屋さんのレジが混まないうちに先手必勝!

島の地酒、吟醸生貯蔵 酒翁@470

そそくさと購入してバスに先に乗り込み待機。

次は行程表によると別の観光ポイントだったのですが、添乗員さんのお話による

目的地混雑の緩和のため「オリーブ園」が繰り上げとなりました。 

団体行動、団体行動。

IMG_7751

しかし、ここもあまり観光の時間がとれないとのこと。 

IMG_7731

オリーブ公園の観光については、ブログ友達のサイズ君がレポートをして

くださっているので、興味のある方は、よろしかったらお訪ねくださいね。

IMG_7732

ショップ脇のCafeにて

IMG_7745

オリーブリーフソフトクリーム@300

ハート型のウェハース付き。

「上質なバニラをベースにオリーブリーフの粉末を配合しました。抹茶を連想
させる上品なリーフの風味と軽い口当たりはオリーブ園の自信作です。」

確かに抹茶を連想させる感じもありますが、きつくないです。マイルドで上品。

オリーブ園オリジナルの配合によるものとのことですが、これは美味い。

また、オリーブリーフ(葉)には、鉄分・カルシウム・ビタミンEなどが含まれ

健康食品としても注目を浴びているんですって。

IMG_7756

(スズロー) これ、おもしれえだ。   

あら、スズローさん、気にいっちゃったの。困ったわね。

それ、お店の方に返さなきゃいけないのよ。 でも似合うわ。

IMG_7765

ショップでお土産を購入。オリーブソースドレッシング@840 

ほか、数点お買い上げ~。 食欲のあとはまたしても物欲です。

IMG_7770

さて、園内の入り口付近をすこしだけ散策。

IMG_7772

バスガイドさんのお話によるとハート型のオリーブの葉を見つけると 

幸せになれるとのこと。

先ほどのオリーブリーフソフトクリームのウェハースがハート型だったのは

このことによるものなのです。      

IMG_7759

(ノブロー) あー、気持ちええだ。

瀬戸内の風に吹かれながらの日向ぼっこは最高だで。

・・・ノブローさんはハート型のオリーブの葉がなくても幸せそうね( ´艸`)

わたし、安心しちゃった。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »