2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 四国旅行秋 №8 オリーブライン | トップページ | 四国旅行秋 №10 金刀比羅宮・2 »

2010年12月 6日 (月)

四国旅行秋 №9 金刀比羅宮・1

四国旅行2日目、まずは「金刀比羅宮

IMG_8022

初日に2日目は金刀比羅宮で昼食になりますからとバスのお立寄りどころで

昼食を申し込みするか否かを聞かれたのですが、セットメニューのため申し込み

しませんでした。1食くらいは自分の足で選んだお店に入りたかったのです。

バスを降り、お立ち寄りどころのおじさんの案内で金刀比羅宮を目指します。 

2

階段が多いので杖を貸してくださるとのことでしたが、私は大きなカメラバックに

振り回されており、写真も撮りたいので杖まではとうてい無理。

健脚を生かして登ることにしました。

IMG_8030

こんぴら表参道から大門まで両脇にはおみやげ物屋さんが立ち並んでいます。

IMG_8031

IMG_8033

あらーー、あなた木目にアジがあるわね。それは棍棒? 

IMG_8041

写真に収め忘れましたが、「一之坂鳥居」から先の大門までを一ノ坂と呼び

この途中には重要有形民俗文化財「灯明堂」、と釣灯籠があります。

IMG_8048

琴陵宥常の銅像近くの脇道に入ると見事な紅葉が楽しめました。 

IMG_8050

一行に遅れをとらないよう一ノ坂に戻ります。

IMG_8055

大門。 

IMG_8060 

大門を入ると飴売りのお店。ちょっと風情があります。

金刀比羅宮のHPを見ると宮域での商いを許された5軒、五人百姓と言うそう

ですがこのとき出ていたお店は4軒でした。 1軒はお休みかな?

IMG_8063

桜馬場を通り 

IMG_8066

IMG_8073

次に目にとまったのは「神馬」(しんめ)

「神馬にさわらないでください 神馬に食べ物を直接与えないで下さい」 

との注意書きの札あり。神馬とは神様がお乗りになるための馬とのこと。

目が優しい。

3

近くにはアフリカ象の像。

こんぴらさんが象頭山の中腹にあることと関係しているのかな。

IMG_8086

ちょっと一息いれましょう。 

IMG_8090

金刀比羅宮・2に続きます。

« 四国旅行秋 №8 オリーブライン | トップページ | 四国旅行秋 №10 金刀比羅宮・2 »

d-4.旅行・四国/九州」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
紅葉が素晴らしいですね!!!
妹が夏、香川へ旅行にいった時に金刀比羅宮で御守りを買ってきてくれました。『幸福の黄色いお守り』というそうです。黄金に輝いてます。
お金持ちになれそうな気がします(笑)
みにさんのブログは、グルメ日記にしても旅日記にしても、読んだ後に気持ちがほっこりあたたかくなります(^^)このブログに出逢って良かったです。
先日の旅館にはパンダさん達も沢山いてビックリしました。可愛すぎです。

マリモさんclover
こんばんは~。
いつもありがとうございます(o^-^o)

「しあわせさん、こんぴらさん」だから
『幸福の黄色いお守り』きっとしあわせを
たくさん運んできてくれますよ(*^-^)
妹さんからの素敵なお守り、嬉しいですねheart01

気持ちがほっこりヽ(´▽`)/
私にとって何よりも嬉しいお言葉です。
ありがとうございます。
ブログ書いていて良かった~weepうるる。

パンダさんは時に私の気持ちを代弁して
くれてるときもあります(o^-^o)

たまにブログに訪問してくださる方の名前を
覚えておしゃべりしたりと生意気な
ぬいぐるみ衆ですが、ナマ温かく見守って
いただければと願っております(*^-^)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

金毘羅さん、綺麗に紅葉していますね~。maple

みにさんの写真、とても、綺麗に撮影されていますよ~。happy01good

それと、写真だと伝わりづらいかと思いますが、あのスクリューは、結構、デカかったでしょ。smile

それから、本殿へつづく階段、ここからが、結構、ツラかったんじゃないでしょうか・・?

この記事へのコメントは終了しました。

« 四国旅行秋 №8 オリーブライン | トップページ | 四国旅行秋 №10 金刀比羅宮・2 »