2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 四国旅行秋 №12 大危歩峡 | トップページ | 四国旅行秋 №14 鯛釜飯 »

2010年12月10日 (金)

四国旅行秋 №13 蔓橋

IMG_8315

ツアーバスは「蔓橋」に移動しました。

IMG_8299

バスガイドさんより蔓橋の由来をお聞きしました。

抜粋すると、この橋は平家の落人が追っ手から逃れられるよう安易に切れる橋?

しかも足元は大きく底が見え揺れるということです。

バスの中で皆さん、「大丈夫ですか?渡れないというかたはいらっしゃいますか」

との問いもちろん高々と手をあげました。

実は私は高所恐怖症、渡れないのです。

今までかつてこの手の橋に幾度挑戦して腰を抜かしSOSを発信したことか。

新しいところでは大分県の「九重夢大吊橋」びびりました。
びびりすぎて記事にできなかったと思います。

この九重夢大吊橋、挑戦して数歩のところあぶら汗がびっしょりで
しゃがみこみでどうにも腰が動かないのです。
目には悔し涙。連れに両脇をかかえられ戻りました。

思い起こせば学生時代の女子の旅行でもそうだった。
伊豆の吊り橋が渡れず大変な思いをしました。。。怖い。

バスの中で手をあげたのは私だけだったのかしら。周囲のお兄様、お姉様は

パワフルです。えっ!いっちゃうんですかーーの私を尻目に皆さんご参加?!

私達は「いやけいおおはし」でこのツアー最初の団体写真に参加。

蔓橋と平行に立っているしっかりとした橋ですがやはりちょっと怖い。

というか、私は歩道橋でさえ苦手なんですわ。

橋の真ん中に立っているだけでクラクラしますーー。

IMG_8306

蔓橋。

どうぞ、皆様ご無事で。 

IMG_8311

記念の団体写真を撮ったあとは、

IMG_8316

私に付き合い蔓橋をパスする?

という連れとともに一行の蔓橋の渡り終える出口?付近に移動したのですが

ここには団体写真を撮られていたカメラマンさんが皆様の雄姿を写そうと

待機なさっています。個人的にはこの無防備な状態はアンビリーバブルですよ。

IMG_8314 

もう、直視できないので私達は心の安静を求め「びわの滝」に移動。

IMG_8319 

歩いて数分、まったく負担にならない距離にあります。

IMG_8329 

小ぢんまりとした可愛らしい滝。

IMG_8333 

早々に引き上げました。蔓橋、びわの滝に向かう途中のお休み処で

ちょっぴり羽をのばします。

IMG_8338   

鮎の塩焼き( ´艸`) 

写真に収め忘れましたが日本酒ワンカップをぬる燗でいただきました。

やっぱ、私にはこっちのほうがいい。束の間の自由時間に喜び。

IMG_8298

蔓(かずら)橋渡り口にはみやげ物屋さんの入っている館内を通って向かいます。

« 四国旅行秋 №12 大危歩峡 | トップページ | 四国旅行秋 №14 鯛釜飯 »

d-4.旅行・四国/九州」カテゴリの記事

コメント

充実した内容の旅行ですね。
私は、高所恐怖症ではないのですが、このつり橋は、渡れるかな?
何といっても、安易に切れる橋ですからね。

ヒーリングタイムさんclover
こんにちは~。
いつもありがとうございます(o^-^o)

平家の落人伝説のある地です。
なんせ足元の丸太の間隔があいてますから
下の谷底が丸見えですbearing

渡る際には落ちやすいものは持たないで
くださいと添乗員さんからも説明ありました。

粗く編んだ原始的なこの橋を
ツアー一行(40人くらい)がこぞって渡ったら
・・・きゃぁぁぁぁsweat02
背筋が凍りつきますshock

ツアーの先輩方はすごい。
つくづく脱帽です。。

きっと私は前世のいつかの時点かでこのような
足元の間隔のあいた揺れる橋から落ちて
亡くなったんだと思います。
思い出しても記憶が遠のく感じがするのです。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

みにさん こんにちはー

なんと!みにさん主人と一緒です。
この橋は主人も絶対に×2渡れませんー
私は猿並に行けちゃいます(どちらかと言うと楽しそう!渡りたい!)寝太郎さん優しいです、私だったら主人を置いて一人で行っちゃいますよ。

ピンガさんclover
こんばんは~。
いつもありがとうございます(o^-^o)

えっ!ピンガさんのご主人さまもhappy01
私はジェットコースターとか飛行機、
高いエスカレーターなどは大丈夫なのですが
揺れる吊り橋系はまったくダメですshock

ピンガさんのご主人さまも前世のいつかの時点で
この手の吊り橋に怖い思いをしたのですよーsweat01
いま思い出すだけでもアノ橋は恐怖ですsweat01sweat01ぶるるっ。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

みにさん すみません2回目のコメントです。

私は逆に飛行機、エレベーター(エスカレーターは可)トンネル等が苦手です。つまり主人は高所、私は閉所恐怖症ですね。
海外旅行へは行きたいのですが飛行機がNGで行けません~

ピンガさんclover
うちの寝太郎さん、自己申告によると
プチ閉所恐怖症です(*^m^)
ピンガさんとこと逆だねっ。

大丈夫wink海外へは船旅で行けばよいのだー。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

祖谷の蔓橋、ここも行ってみたいスポットです。

自分も高所恐怖症なんですが、度を超えちゃうと、返ってテンションが上がって、飛びたくなっちゃったりするんですよね・・・。happy02

それにしてもこのツアー、四国を思いっきり、満喫できそうなツアーですね・・。happy01

この記事へのコメントは終了しました。

« 四国旅行秋 №12 大危歩峡 | トップページ | 四国旅行秋 №14 鯛釜飯 »