2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 四国旅行秋 №2 栗林公園 | トップページ | 四国旅行秋 №4 小豆島オリーブ園 »

2010年11月30日 (火)

四国旅行秋 №3 オリーブライン

IMG_7725

「栗林公園」をあとにツアーバスは高松港へ向かいます。

IMG_7649

そして高松港から小豆島の土庄港までフェリーで移動です。

IMG_7654

バスに乗ったままフェリーに入りました。こうした利用は初めてなので軽く緊張。

高松港~土庄港まではおよそ1時間ほどの航海。

バスを降り、土庄港が近くになると船内にアナウンスが流れるということなので

それまで自由行動、この時間帯に一行はランチタイムをむかえます。 

ツアーの皆さんは各自、羽田空港でお弁当を仕入れたり用意なさっていたよう

ですが、私達は売店で軽食をいただくことにしました。

IMG_7664

売店ではうどんが販売されていたので、購入。

天ぷらうどん。400円だったと思います。出汁が、いりこかな。

うどん自体は特筆すべき点はありませんが、それでも十分に満足。

船内は両方の窓際がテーブル付きの椅子席、真ん中は椅子席のみ。

また、座敷席もありました。乗船後、すぐにお昼をとられる方が多いため、

あっという間にテーブル付きの椅子席は埋まり、私達は売店前のテーブルにて

立ち食いです。 食後はデッキに出てみよう。

IMG_7686

このフェリーは、第二しょうどしま丸(オリーブライン)。

まわりを見渡すと私達のような観光客ばかりではなく、地域の交通の手段として

ご利用の方々も多く見られました。

IMG_7691

瀬戸内は穏やかな海です。 

IMG_7682

どんどん高松港から離れていきますね。

デッキには椅子がいくつかありまして、座ってしばらく海を見ている

ことにしました。

IMG_7696

(ノブロー) オラ、フェリーって乗りもんも初めてだ。旅してるって感じだで。

ちょいと風が冷たいだが、やっぱ海って気持ちええだな。

ノブローさん、飛ばされないようにね。心配だわ。

IMG_7676 

(ノブロー) あっちこっちに船が見えるだ。

IMG_7701

(ノブロー) あの山、プウしてるみてえだ。 ガスたまってるだな。

やめて、ノブローさん。 自由な発言が多すぎるわ。

IMG_7705

(ノブロー) どれ、そろそろ到着するってアナウンスが流れるんでねえか?

船内に入るだで。

物わかりいいとこもあるわね。 

アナウンス後、再び、バスに乗り込み初日の予定を消化すべく動きます。

« 四国旅行秋 №2 栗林公園 | トップページ | 四国旅行秋 №4 小豆島オリーブ園 »

d-4.旅行・四国/九州」カテゴリの記事

コメント

小豆島に渡りましたか!

この季節なら、「寒霞渓」あたりの観光がメインになるのかな・・?maple

自分も、昨年、行ってきましたが、色とりどりの紅葉でなかなかの絶景でしたよ~。happy01

みにさんが、どちらに行かれたか、気になるなぁ・・。

続きを楽しみにしております。wink

tokuchanさんclover
こんばんは~。
いつもありがとうございます(o^-^o)

行っちゃいました。小豆島にぬいさん達と上陸。
初日は小豆島オリーブ温泉ですspa
「寒霞渓」( ´艸`)
さすが、tokuchanさんはお詳しいわ。
しかし、目的地に着くまでの道のりは
なかなかシビアでありました。。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

みにさん こんにちはー

私も四国旅行、数年前に一度だけあります。自転車で!
(東京からこいで行ったのではありませんよ)
小豆島もぐるりと一周走りました。

フェリーって気持ち好いですよね、それに自転車旅行の人にとって、電車と違ってそのまま(輪行しないで)乗れるのが嬉しいのです。

この記事へのコメントは終了しました。

« 四国旅行秋 №2 栗林公園 | トップページ | 四国旅行秋 №4 小豆島オリーブ園 »