2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 四国旅行秋 №1 ノブローより。 | トップページ | 四国旅行秋 №3 オリーブライン »

2010年11月30日 (火)

四国旅行秋 №2 栗林公園

四国、香川県の高松空港到着後、ツアーバスに乗り込みまず向かったのは

特別名勝「栗林公園」。栗林は「りつりん」と読みます。 

IMG_7437

バスガイドさんのお話によると、その昔は栗の木が植えられていたとのこと。 

ある日お殿様の頭の上に栗のイガが落ちてきたそうです。これに激怒したお殿様は

この栗の木を切り落とすようご命じになられたとのこと。 

家来が次は何を植えましょうとと尋ねると、「しばし、待つがよかろう」とのお答え。

ここから「待つ」が「松」になったとか。 苦笑。 

IMG_7445

いただいた「しおり」によると、 

「起こりは、元亀、天正の頃から当地の豪族であった佐藤氏によって、西南地区   
(小普陀付近)に築庭されたのに始まるといわれ、その後、寛永年間(1625年頃)   
讃岐領主 生駒高俊公によって、南湖一帯が造園され、寛永19年(1642年)入封   
した松平頼重公(水戸光圀公の兄君)に引き継がれた。

明治維新に至るまで松平11代228年間にわたり、下屋敷として使用された」もの   
であり「明治4年(1871年)高松藩が廃され、新政府の所有となったが、明治8年   
3月16日、県立公園として一般公開され、現在に至っている。」

IMG_7449

「国の特別名勝に指定されている庭園の中で、最大の広さをもつ栗林公園は、   
松の緑濃い紫雲山を背景に6つの池と13の築山を巧みに配し、江戸時代初期の    
回遊式大名庭園として、すぐれた地割り、石組みを有し、木石の雅趣に富んで   
います。」と記されています。

そしてミシュラングリーンガイドで最高の三ツ星を獲得(2009年3月)

しているようです。アッパレ!

開園日は年中無休。開園時間は日の出、日没の時間にあわせ毎月変わり、   

入園料は一般で大人400円、小人170円。

IMG_7453

東門から入り、広く手入れの行き届いた園内でまず目に留まるのは、 

やはり見事な松。約1400本あるそうです。

IMG_7462

純日本風建築の商工奨励館。 

IMG_7466

総面積は約75ヘクタール、東京ドーム16個分の広さのの栗林公園を 

限られた時間内で散策しなければなりません。

IMG_7467 IMG_7471

一行は東門からバスガイドさんのあとについて見どころの多い左側へ、

60分モデルコースでまわります。 

IMG_7481

鶴亀松(百石松)。 いきなり造形美。 

IMG_7478

110個の石を組み合わせ亀を形どった岩組の背中に鶴が舞う姿を 

した黒松を配したものだそうです。

IMG_7491

園内の松の枝ぶりには歴史を感じさせるものがあります。 

IMG_7497

途中にはこうしたお休み処もあり、甘酒やビール、軽食もあり、鯉のエサも 

販売されていますよ。

IMG_7504

梅林橋。 

IMG_7502

別名は「赤橋」 

IMG_7508

ぼたん石と見返り獅子。 

まったくの自然石であり、奥の石は、ぼたんの花、右手前の石は獅子が

振り返ったような姿に似ていることからこのように名付けられているとのこと。 

似ているかどうかはわかりませんが、趣きのある石ですな。

IMG_7531

涵翠池。 美しい紫雲山を背景にしています。 

IMG_7521

掬月亭西の池、涵翠池は、翠(みどり)を涵(ひた)すという意で石組みの 

素晴らしい中島の瑶島(ようとう)の木々だけでなく、背景となっている紫雲山の

自然を含めた意図で命名したもの。だそうです。 

IMG_7519 

掬月亭。 

IMG_7536

歴代藩主が大茶屋と呼び最も愛した数奇屋風の建物。 

IMG_7534

手入れが行き届いています。どこから見ても絵になるのです。 

IMG_7540

掬月亭では、抹茶や煎茶、または昼食を楽しむことが可能。(昼食は予約制)

私達が散策の間にも抹茶や煎茶を楽しまれていた方がいられました。

IMG_7552

根上がり五葉松。 スケール感があります。 

IMG_7544

天保4年(1833年)徳川11代将軍 家斉公より松平9代藩主が参勤交代の 

時に拝領した盆栽を地に下ろしたものが成長したといわれているそうです。

さすが、将軍 家斉公の盆栽!!見るものをうならせる力強さあり。 

IMG_7561

IMG_7564

古里兵衛九重塔。

初代藩主 松平頼重公の御庭焼として京都から招いた紀太兵衛重利が焼いた

塔とのこと。

IMG_7573

IMG_7581

ふふ・・・エサは持ってないよ。残念でした~。 

IMG_7594

ざっくりですがめぐったところで、バスに戻るまで残り時間が15分ほど、

再び東門近くに移動。遠くまでは足をのばせませんから・・・。

IMG_7622

鴨引堀と小覗。

北庭は、藩主が鴨猟をする場所だったそうです。

IMG_7627

この小さな穴から覗くのです。小覗は覗き小屋とも呼ばれ、鴨の様子をうかがう

ためのもので、この鴨場の施設は平成5年に復元。

IMG_7630

無料入園日は1月1日 元旦と3月16日 開園記念日とのことでした。

栗林公園、季節ごとの花も紹介されており、四季折々に楽しめそうです。

« 四国旅行秋 №1 ノブローより。 | トップページ | 四国旅行秋 №3 オリーブライン »

d-4.旅行・四国/九州」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに訪問したら、ブログのデザインが、変わりましたね。気分一新、良いかもしれませんね。
四国の香川県は、以前、母を連れて、1回だけ、行きました。
色々と回ったのですが、「栗林公園」には、母が疲れて、行けませんでした。
お写真を見ると、素敵。
行けなくて、残念という気持ちが、改めて、湧いてきました。
変わりに「中津万象園」という所に行った記憶があります。
楽しんできてくださいねって、もう、帰ってきていますね。

ヒーリングタイムさんclover
こんにちは~。
いつもありがとうございます(o^-^o)

気分転換を兼ねてテンプレートを変えてみました。
無料で使えるものをいくつか保存して
あるので、クリスマスリースにしようかな
とも思ったのですが、ずっとこの柄なので
訪問してくださる方も「みにの夢色探索」と
わかりやすいように色だけ変えてみました。

んーー、やっぱ赤の方が良いかcoldsweats01
と思いつつしばらくこれで様子をみます。

香川県、お母様と(*^-^)
そうですね、この栗林公園は広いので
お疲れのときはきついかな。

今回、団体行動なので抹茶をいただくことは
できませんでしたが、時間があれば掬月亭で
一服したいと思いました~japanesetea
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

みにさん こんにちはー

初めから素敵な写真満載で楽しませて頂いてます。
天気も好いようで楽しい旅行だったとお見受け致します。
これから美味しい物もUPされるのかな?引き続き楽しみにしています。
テンプレート、青もなかなか素敵ですよ。

ピンガさんclover
こんにちは~。
いつもありがとうございます(o^-^o)

バスガイドさんを見失なわないように
駆け足でめぐってしまいましたので
栗林公園、後半部分が詳しく記録できて
いなくてごめんなさいcoldsweats01
食事はポツポツ登場してきますよ。

ありがとうございます。
青のテンプレートで、しばらく頑張りますね(*^-^)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

四国って行った事ないんですよねっ!
こういうのって和みますよね☆熊本に行ったときもこんな感じで良かったんですよね☆☆

そういえば盗作問題は解決しそう(?)で良かったですね♪♪

cocoaさんclover
こんばんは~。
いつもありがとうございます(o^-^o)

旅はいいですね、いろんな新発見あります。
今回四国の上半分をざくっと回ったのですが
少し自分達の中に地図ができました。
いつか機会があったらうどん行脚で、
車で香川も旅したいのですが・・・coldsweats01

盗作問題はまた連絡待ちですweep
どうなることやら、まだ先の見えてこない
状態です。心配かけているね。
でも、気にかけてくれて嬉しい。
ありがとう(。-人-。)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

栗林公園、いい庭園ですよね。

ここは、松も素晴らしいですが、梅が、また綺麗なんです。wink

自分が行った時は、梅が綺麗に咲き誇っていて、岡山の後楽園より、いい感じに感じましたから・・。

高松の繁華街からも近いし、いい観光スポットですよね。happy01

この記事へのコメントは終了しました。

« 四国旅行秋 №1 ノブローより。 | トップページ | 四国旅行秋 №3 オリーブライン »