2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

競馬の話 天皇賞G1

10月31日(日)は、東京競馬場で天皇賞G1が開催されるのです。

予想は・・・

◎ 12  アーネストリー
○   2  ブエナビスタ
▲   4  エイシンアポロン
△   7   ペルーサ、10 シンゲン、16、キャプテントゥーレ、18 アリゼオ

3連複、BOXを買いたいな。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

天皇賞・G1、結果は・・・

1着 ○   2  ブエナビスタ
2着 △   7   ペルーサ
3着 ◎ 12  アーネストリー

配当は3連複1680円、3連単7480円でした。

当ててますが凹んでいます。 じりじり競馬預金が・・・。

2010年10月29日 (金)

インディゴ(10月)№3 学芸大学

学芸大学、カリフォルニア料理「インディゴ 」(INDIGO)Aicon339

10月のレポートです。

IMG_6776

予約の電話を入れたところ、支配人さんが2回目に訪問した際の希望を覚えて

くださったようで明るい喫煙席側のテーブル席をご用意してくださっていました。

IMG_6785

COURSE A@1800((前菜、パスタ各1品のプリフィクス形式
COURSE B@2000(前菜、メイン各1品のプリフィクス形式
にフリードリンク+2000円をつけてお願いすることにしました。

まずは、しゅわわ~なスパークリングで乾杯。

いつもいつもすみません。いただきすぎないよう気をつけて飲みますね。
こう見えても、一応、私達も遠慮はあるのだ。

いえいえ、フリードリンクプランですから。

との物腰ソフトな対応の支配人が嬉しい。

IMG_6803

マフィンはグリュイエールチーズとニンジン。各種1つずつ選びました。

IMG_6809

(ノブロー) みに!オラ、おむつデビューしただよっ。 

IMG_6804

何やってるの(◎_◎;) ノブローさん! 

IMG_6807 IMG_6808

(ノブロー) ニジローの浮き輪姿にファンが多いみたいだで、オラが超せくすぃーな

おむつ姿を披露して食のアイドルの座を死守するだ。

後ろ姿のせくすぃーポーズで悩殺だで。

・・・食のアイドルって大変なのね(-ω-;) 見ててつらいわ。

IMG_6874

(白ワイン) 糖度のある感じ。フルーティーである意味ヤバイ!

飲みが進みそう。

IMG_6778

前菜のメニューです。定番を除き少しずつ変わります。

IMG_6828

(前菜) 宮古産、生ガキ(3ピース)
           甘酸っぱい奈良産柿のヴィネグレットソース        

生ガキ、イクラ、パクチー、柿、オリーブオイル、ビネガー少々という味付けの印象。

ソースが爽やかな甘酸っぱさを引き立てています。

あっさりといただける生ガキ、ワインのお供にベストマッチです。

IMG_6835

(前菜) 三浦、オーガニックロメインレタスのシーザスサラダ
                    アボカドと紅ズワイ蟹を乗せて
  

支配人が手もとで粗挽き胡椒をかけてくださいます。
ストップ! こんな感じかしら?

IMG_6850

トーストされたバゲットのスライスを自分で砕いて混ぜ合わせます。

薄く削られたチーズは予め散らされていました。

IMG_6853

胡椒のぴりりが効いています。ドレッシングは濃い目なのですが主張しすぎず

蟹の風味と旨みが生きています。 また、野菜もシャキシャキでアボカドの

コクが小リッチ、温泉玉子がここにないのがかえって嬉しい。

レストランでこのシーンに登場しがちな温泉玉子、私的にはありがち感のない

ところが好みです。

IMG_6858

(ノブロー) 生ガキだで。ピカピカした宝石のようだ。

ニジ!食ってみろ。精がつくだよ。

IMG_6936

(ニジロー) ノブロー、ありがとだ。

でも、いまオラには生ガキより嬉しいことがあるだよ。

ハチローにまた会えただ。

(ハチロー) オラ、ハチローだ。よろしくだ。

 

実はハチローさん、ニジローさんと同じ日に中華街で購入したのですが

ニジローさんは手術のため、しばらくオラーズには参加できず一人で

頑張っていました。

しかし、ニジローさんもバンダナと浮き輪で無事、ハチロー達兄弟と合流。

同期としてハチローさんもニジローさんの帰りを待っていたに違いありません。

IMG_6942

ハチローさんは他のオラーズと比べると足が短い?

ちょっぴり瞳の間隔の離れたハチローさんはとっても愛嬌のある子で

オラーズの仲間うちではお笑い担当&食いしんぼうキャラとして人気者です。

IMG_6868

(ハチロー) パン、うまいだ。むしゃむしゃっ。

(ノブロー) こらっ、ハチ!オラのポジションを狙っておるだかっ?

食のアイドルはオラだで・・・って、おめぇ、ほっぺにパンくずついてるだよ。

世話のやけるやつだで。

ほんわり温かくて皮がさくっとしていて、やわらかい小麦の香りが鼻を

くすぐります。 ハチローさん、なかなかの食ツウかな? ノブロー危うし!

IMG_6781

パスタとメインからは・・。 

IMG_6881

(メイン) 大山黒牛100%インディゴバーガー 

ハラペーニョを選びました。

焼き方は注文時に聞いてくださるので今回はウェルダン。

中まで火が通るようお願いしたのですが、いただいてみたあとの感想としては

火がとおり過ぎないほうがやはり美味しい。

焼きすぎは肉が硬直する感じで、せっかくの粗挽きパティの旨みがもったいない。

ハラペーニョもぴりっとして美味しいのですが、やはりチーズに1票。

しかし、いついただいても肉の旨みを感じさせてくれる。バーガー店のそれとは違う

しっかりとしたレストランのハンバーガーです。美味しいW04

IMG_6913

(パスタ) 鴨川より届いた鹿とキノコの赤ワイン煮込み 
                       栗のニョッキとご一緒に   

ニョッキは柔らかめですがもっちもち、栗の甘みとキノコの独特な風味が

出まくっています。 鹿肉のトロトロ感と濃厚なソース、シェアしないと食べきれない

ようなメインにも匹敵する充実感のあるものです。

IMG_6916

連れの感想として、ニョッキ小麦粉控え目。ジビエとキノコの香りが本格的で

同店にこれとハンバーガーがメニューとして存在するのがスゴイ。と一言。   

IMG_6930  IMG_6932

(赤ワイン) DUCK POND カベルネ・ソーヴィニヨン

私的には、腰が座っているけど暑苦しくないワイン。
連れ的には、カベルネとはおもえないほどの香り高さと力強さ。

やはりワインは嗜好品、飲み手により感じ方が違うところがまた面白いですね。 

前2回、フリードリンクの赤ワインは、PAINTER BRIDGE でした。 

しかし今回はあるイベントのお話があり、はじめはペインターブリッジでしたが

特別にダックポンドも開けていただけたようです。

IMG_6945

カウンター席もカジュアルな感じで素敵です。

今回で3回目になりますが、連れと私の名前を支配人さんが覚えてくださって

いたのが嬉しい。 ワインをサーブしてくださる場面で「みにさんは?」と自然に

名前を呼ばれたときにはびっくりでした。

すっかり常連気分になっちゃいますが

位置的にはフリードリンク荒しとしてブラックリスト??(;・∀・)

面倒なことは考えないようにしよう・・・・。

IMG_6946

さて、別件になりますがこの日

支配人さんより、学芸大学駅近くの「ワインバー・インディゴ」のワインフェア
(ダックポンド フェア)をお誘いいただき予約したのです。

先ほど、フリードリンクの赤ワインにダックポンドをだしていただけたのは

ワインフェアの絡みで味のご紹介を兼ねたものだったのではないかと思います。

支配人さんのお心遣いに感謝いたします。

しかしこの数日前、身内の不幸によりキャンセルいたしました。

17時より開始、立食4000円だったと思います。

ワイナリー、アメリカからご主人が来日、通訳つきで質疑応答あり、

と聞いていました。

ワイン好きな方には「ワインバー・インディゴ」も注目です。

IMG_6946

今回はデザートまでたどりけませんでした。満腹。

カリフォルニア料理満足度数は、★★★★★ やっぱり特別です。

また来よう(*^・^)ノ

 

インディゴ (INDIGO)

〒152-0001  東京都目黒区中央町1-12-6

TEL       03-3710-3399

営業時間/ ランチ (火~金) : 11:30~15:30 (L.O.14:30)

                   ブランチ (土・日・祝日):  11:30~16:30 (L.O. 15:30)

                   ディナータイム :火~木・日/ 17:30~24:00 (L.O. 22:30)

                   金・土・祝前日 / 17:30~25:00 (L.O. 24:00)

定休日    月曜日(祝日は営業)

http://www.restaurant-indigo.co.jp/       

2010年10月28日 (木)

シノワ 渋谷店

渋谷のフレンチ・ワインバー「シノワ」にお邪魔しましたAicon339

IMG_6382 

渋谷駅から向かうとファッションビル「109」で道が右手と左手に分かれますが、

右手側、東急百貨店本店方面に進行します。

私にとって渋谷は苦手な街なのですが懐かしくもあります。

小さいころはこの渋谷が最も身近な街。小学生のころの遊び場はもっぱら

この東急百貨店本店の屋上にある遊園地?だったのですが、ここに行くにも

駅から送迎バスが出ていたのです。まだあるのかな~。

しかし歩きにくい、いつから渋谷はこんな街になったんだろう。 ストレス倍増。

ちょっとカチカチしながら歩くとビルの前にはメニューがでていました。

IMG_6383

一応、撮っておくか。今日はテンションがあがらないわ。ここまではそんな心境でした。

 

エレベーターに乗り8階で降りると、いきなりシックな造りの内装に落ち着いた

雰囲気の店内。

渋谷にしては・・・いや油断ならないわ。まだまだ安心できない。

ヒトゴミを歩いてきたせいか、精神的にぴりぴりとしていました。

 

私達に気がつくとスタッフの方が急いで駆け寄ってきてくださいました。

予約の旨を伝えると、入り口から進んで右側のテーブル席かカウンター席、

どちらを利用でもかまいませんとのこと。テーブル席の配置が隣にお客様が

いらした場合、少々窮屈になるのではないかと感じたためカウンター席でゆっくり

やらせていただくことにしました。なお、後からお聞きしたのですがテラス席のある

左側が喫煙席になっているとのことで分煙されています。

本日のお目当てはこちらのシャンパンブランチ。3980円。

(グラスシャンパンに前菜・主菜・デザート・パン・コーヒーがつきます。)

前菜・主菜・デザートはメニューより選ぶプリフィクス形式です。

さらにここにグラスワインのフリードリンク1900円をつけて、一人5880円の予算です。 

IMG_6392

カウンター席の一番奥に座りました。下には荷物をかけるフックがついています。

シャンパンブランチなので最初の一杯だけはグラスシャンパンをいただけます。 

IMG_6417

(アミューズ) フレッシュグリーンオリーブ

写真奥はパン用のオリーブオイルと塩。

IMG_6421

こちらは本日のグラスワインのリスト。

私達はたくさん飲むのでフリードリンクをつけていますが、別にグラスワインを

試してみたい場合はこちらから選ぶことも可能です。

赤・白ともに840円から置かれていました。

 

さて、カウンター席ではカウンター内のソムリエールが私達の担当という感じで、

お料理の内容や進行具合をみてワインをサーブしてくださいましたYahho01

ひょっとしたらなのですが、いつも目の届く位置にいらしていただけるので

テーブル席より特別感があるかも( ´艸`) カウンター席バンザイ!!

ワインのフリードリンクは赤・白ともにまず3種類ご紹介していただいて、

そのあとはその中から気に入ったものを選んでお願いするというシステムだそうです。

IMG_6427

(白・1杯目) SILENI ソーヴィニヨン・ブラン  ニュージーランド

ソムリエールのご説明によると、清涼感のあるワイン。

私的には、シャパシャパ飲めちゃう口あたりの良いワイン。
連れ的には、フルーティだが、すっきりしていやらしさのないワイン という印象。

IMG_6437

(前菜) 山形産三元豚の田舎風パテ 

ピクルス、粒マスタード、パテの上には粗挽き黒胡椒とオイルがかかっています。

このオイルが何かは不明。

パテはしっかりとした食感で、三元豚の旨みが濃縮されたようなリッチなお味 

IMG_6455

(前菜) 戻りガツオのグリル アボカドのタルタル添え バルサミコソース

戻りガツオは人気なんですよ。とソムリエール。

アボカド、玉子のサラダ、カツオ、茗荷、紫蘇の実、バルサミコ酢、粗挽き黒胡椒。

グリルされたカツオが香ばしい。激烈ウマしW04 大事にいただこーっと。

IMG_6460

(白・2杯目) VINUS シャルドネ 南仏ラングドック地方 

カツオにいかがでしょう。
白ワインの2杯目はこちらをおすすめしてくださいました。

ソムリエールのご説明は、
ナッツ、バターのフレーヴァー、口あたり滑らかでグリルした焼き目をやわらげ
アボカドにも合うと思います。

私的には、2杯目のこの白ワインのほうが好き。
連れ的には、しっかりとして料理に負けていない(それなりに濃厚) という印象。

(赤・1杯目) Cuvee des Galets(キュヴェ・デ・ガレ) グルナッシュ主体
        南仏ラングドック地方

三元豚にはこちらはいかがでしょう。

ソムリエールのご説明は、
黒胡椒のようなスパイシーさとほんのりとした甘さのワイン。

私的には、あまりタイプではない。重たい。
連れ的には、パテにめちゃめちゃ合う、もっとガブガブ飲みたくなる という印象。

IMG_6479

(ノブロー) シェアして、ワインをグイグイやっとるな。オラも参加するで。

ワインが並ぶってのも贅沢な気持ちになるだな。 

IMG_6467

(パン)

塩はなかなか良いものではないかな。

パンはごく普通。前菜が素晴らしかったせいかパンは見劣り気味。

料理との釣り合いから考えると残念に思えてしまいます。

IMG_6501

(チビーズ) でも、ボク達はパンが一番すき。 意地悪言わないでほしいよ。

ごめん、ごめん。チビーズの好物はパンだったね。

IMG_6495

(赤・2杯目) OMRAH ピノノワール 西オーストラリア

カツオまだ残ってらっしゃいますか?カツオの2杯目として
赤ワインの2杯目はこちらをおすすめしてくださいました。

ソムリエールのご説明は、
ベリー系、果実もしっかり。
「カツオには赤」とおっしゃられる方もいらっしゃいますので。

私的には、喉越し香りとも違和感がなくすんなり飲めます。美味しかった。

IMG_6497

(ノブロー) たーんとグラスワインを楽しめるだな。 

それもこれもソムリエールの姉さんがきちんと勉強しているからだで。

感謝するだ。

IMG_6507

(白・3杯目) LA PASSION BLANC グルナッシュ・ブラン 南仏ルーション
        
料理に合わせるという形ではなく3杯目のワインとしてご紹介いただけました。

ソムリエールのご説明は、
バナナなどの果物の香り。酸味がしっかりしているのでドライ。

ポップなデザインが可愛い1本
私的には、「水」のようにいくらでも飲めそう。冷蔵庫に水代わりに入れて
日常使いしたくなる。
連れ的には、はじめて飲む味、くるみのような木の実の香り  という印象。

IMG_6517

(ノブロー) オラ、いい気持ちになってきただーー。 

あっ、ノブローさんも今までの全部飲んでいたのね。 

身体小さいんだからそれはキクわよっ。

IMG_6518

(主菜) ハンガリー産マンガリッツァ豚のロースト 粒マスタードソース 

お皿も温めてあります。さらりとした粒マスタードソース。

IMG_6524

ふっくらとした食感。赤身の部分も脂もナチュラルな肉の甘みを感じます。 

IMG_6566

(ノブロー) 豚のローストたって、どうしてどうしてリッチだで。 

ノブローさん、ろれつが回ってないの??大丈夫?

IMG_6548

(赤・3杯目) Recorba リベラ・デル・デュエロ テンプラリーニョ スペイン

ソムリエールのご説明は、
独特な香り、深み、地域によって違います。野性的でほどよく渋みもあり。

連れ的には、スケール感があって確かに男っぽい  という印象。        

IMG_6551

(主菜) マスカルポーネの入った比内地鶏のメンチカツ 枯木柚子風味 

あらっ、ふっくら丸くて可愛らしいメンチカツ。

IMG_6554

ナイフを入れるととろーりマスカルポーネ。鶏ミンチの中には柚子なども

入っていて和を感じさせる上品なお味。

こちらには、柑橘系同士ということで2杯目でいただいたシャルドネを出して

くださいました。

メンチカツも良かったのですが、豚のローストをいただくと直球感覚で美味しかった。

鴨も牛ステーキも美味かったに違いないと、変化球を選んでしまったことが

個人の観点で少々悔やまれました。

IMG_6572

(ノブロー) 彼女はええソムリエールだ。仕事に一生懸命だで。働く姿は美しいだ。

笑顔が可愛いし、オラの好みの彼女だなあ。

またですかっ。ノブローさん。 いつものように叶わぬ恋が多いわ。

お仕事の邪魔にならないようにね。

憧れのソムリエールはワイングラスをやかんの湯気で拭いてらっしゃるのよ。

IMG_6580

(ノブロー) 寝太郎、何を見てるだ? オラにもう一杯ワイン飲ませてくれだ。

(寝太郎) おいおい、ノブロー飲みすぎだぞっ。 

IMG_6586

(デザート) フランス産山栗のパフェ 

私のチョイス!パフェ最高~~Yahho01 

久しぶりです、パフェと呼べるものをいただくのは。

チョコレートのムース、蜂蜜と練乳のアイスクリーム。

オレオクッキーのようなものも入ってますから混ぜ混ぜしていただきました。

この食感がたまらない。間違いなく美味しかった お替りしたいぐらいでした。

IMG_6598

(デザート) フレッシュいちぢくのタルトレット 

連れチョイス!

フィナンシェを半分けをして生クリーム、いちぢく、ミント。

アイスクリームはパフェと同様、蜂蜜と練乳。

いちぢくの爽やかさとフィナンシェの軽さがエレガントなデザート。

IMG_6603

コーヒーではなくエスプレッソでお願いしたと思うのですが、
この写真は?・・・失念。

IMG_6605

ノブローさんも飲んで。酔っ払ってたら置いてくわよっ。

(ノブロー) ソムリエールの彼女と別れは寂しいだな・・・。 また顔見にきたいだよ。

わかった、わかった。ひとまず撤収するわよ。

IMG_6611

笑顔の綺麗なソムリエールの接客は素晴らしかった。

さりげなくお料理の内容や進行具合を見て、ワインをコントロール、そのタイミングも

ばっちりでした。 しかも邪魔にならず流れるような自然体。

彼女にまかせよう、ゆだねたくなる様なサービスは、「MAXIVIN」以来はじめて

かもしれません。

 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計11760円なり~。

このお値段にしてマリアージュを考えたお料理に合うワインの提供。

心弾む、なかみの伴った時間をいただけました。

今回利用したシャンパンブランチ&ワインに限りますが

満足度数は、★★★★★ 特別です。   要再訪(*^・^)ノ

私にとって苦手な渋谷の街も、このお店目当てにまた訪れてみたい街に

変わるような気がします。

 

大事な記録を・・・

ワイン、最終的には私も連れもOMRAHを一番よくいただいたようでした。

帰宅後、早々と爆睡です。

 

シノワ 渋谷店

〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町28-4 A2ビル 8F

TEL       03-5457-2412

営業時間/  月~土 18:00~02:00 日・祝 18:00~翌0:00        

        ランチ 土・日・祝 12:00~16:30

定休日     無休

http://chinois.jp

2010年10月25日 (月)

桃花源 銀座

お一人ランチは銀座の四川料理「 桃花源Aicon339   

IMG_5998

お店は新橋駅からほど近いホテルコムズ銀座の2階です。

IMG_6009

高級感漂うすっきりとした店内。天井も高く大きな窓が目に付きます。

14時近い利用、一段落している様子で私の他にお客様は3組ほど。

IMG_6015

担担麺( ゴマ味噌辛しそば)@1200

お目当ては美味しいと定評の高いタンタンメーン( ´艸`)!

きっちりとした制服に身を包んだ年配の男性スタッフの方が接客、対応。

グレードの高さをうかがわせます。

IMG_6028

肉そぼろ、刻みネギ、ほうれん草。

中華麺は柔らかめですが、とても滑らかな舌触り。

IMG_6034

スープもウマイ。

ツンと辛みばかりが前面にでてくるものではなく、ぴりりっとしながらコクが深い。

一口ずつ飲み進めていくと辛さから花開く甘みがあり、そのコクが複雑な奥行きを

広めているので、どんどん飲めてしまうのです。

個人の印象ですが、最初に薬膳系のような香りを感じましたが、このスープを

飲むと身体の中からぽかぽか温まってきました。 美味いなあW04

IMG_6044

テーブルに置かれていた食事用のナフキンにはボタン穴が開いていました。

細部まで配慮がなされています。

IMG_5999

お料理には大満足でお会計をしたのですが、

担担麺1200円にはサービス料が10%(120円)と消費税(66円)が加算され
合計は1386円となりました。

ランチにもサービス料がかかるのか~。のか~。

IMG_6047

ホテルコムズ銀座(旧三井アーバンホテル)は銀座国際ホテルの並びでもあります。 

それでもランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

また機会があったら訪問してみたいと思っています。

 

桃花源

〒104-0061  東京都中央区銀座8-6-15 ホテルコムズ銀座 2F

TEL      03-3569-2471 

営業時間/ 平日 11:30~15:00、17:00~22:00

                  土曜日 11:30~21:30 日曜・祝日 11:30~21:00

定休日     年中無休

2010年10月24日 (日)

競馬の話 菊花賞G1

10月24日(日)は、京都競馬場で菊花賞G1が開催されるのです。

予想は・・・

◎ 10   ローズキングダム
○  15  トウカイメロディ
▲   2  レーヴドリアン
△   1    ヒルノダムール、3 クォークスター、17 アロマカフェ、

ローズに賭けます!! 3連単の軸1頭の流しでいきます。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

菊花賞・G1、結果は・・・

1着      6  ビックウィーク(単7人気)
2着 ◎ 10  ローズキングダム(単1人気)
3着     12 ビートブラック(単13人気)

配当は3連複46410円、3連単338840円でした。

さんざんです。 大撃沈。 それにしても、ビートブラックは買えないわ~~。

2010年10月23日 (土)

表邸(HYOTEI) 西麻布

西麻布、和食ともつ鍋の「表邸」(HYOTEI) 

IMG_5282

場所は西麻布 「オッジ ダルマット」にも近い住宅街のなかの一軒家。

六本木ヒルズから靴擦れの足を引きずり歩くこと7~8分。

実際は道を間違えましたので10分は歩いたと思います。

 

今回は記事をねかせすぎて皆様のお役に立たない部分が多々あります。

訪問したのは9月上旬。

この時期、同店は飲み放題付き(2h)のコース料理を提供してくださっていたのです。

さらにぐるなびクーポンには飲み放題1時間延長という特典があって、

これを使い3時間の飲み放題コース料理を楽しみました。 

鍋物で飲み放題付きコース料理となると一般に4名様以上というような人数で

2名から可能なお店は少ないかと思うのですが、まだ残暑の残る9月はじめ

同店では2名からでも可能でした。

 

お店に入り予約の旨を伝えると2階個室にご案内いただけました。

靴を脱いであがり、掘りごたつ式テーブル席は足を下ろせる状態だったので

この時の私には幸いでした。 

IMG_5292 IMG_5298

その時のメニューになります。右がフリードリンクのメニュー。

現在、ぐるなびもお店のHPも10月へと変わられたようで詳細は不明ですが

手もとの記録によると3000円のコース料理に飲み放題をつけて1人4000円だった

と思います。 このお値段で個室を用意していただけるのも夏季対応だったのかも

しれません。

IMG_5307

(先付け) 酢もつ

たっぷりの万能ネギとゴマ、もみじおろし。

もつは臭みはまったくなくポン酢もマイルド、食感もソフトで酢もつが苦手な

女子にもイケそうな感じです。

IMG_5331

(ノブロー) しずか、酢もつ食ってみろ。女子でもイケるそうだで。

(しずか) あっ・・はい。

IMG_5314

フリードリンクメニューから芋焼酎を選びました。ロック、一応グラス交換制です。 

先ほどの「TAPEO」でがっつり飲むわけにはいかなかったのは、こちらの

フリードリンクが念頭にあったのです。

IMG_5324

(前菜) 日替わり三種

ナムル、枝豆、チャンジャ。 

酢もつが美味しかったのでちょっとトーンダウンした感じですが、

チャンジャは酒のおつまみとしてチョビチョビやらしていただきました。

IMG_5336

(もつ鍋) 元祖塩

もつ鍋の味を最初に選べましたので、お部屋担当のスタッフさんにオススメを

お聞きしたところ「塩」とのことでした。 従います。

IMG_5361

薬味は唐辛子、柚子胡椒は青と赤。

はじめは唐辛子のみでしたので、スタッフの方に柚子胡椒はありませんか?

と聞いたところ持って来ていただけました。しかしあとでわかったのですが

これは有料かもしれません。

赤の柚子胡椒は種入り、少しツンとした風味がありました。 

IMG_5375

ゴボウ、キャベツ、ネギ、豆腐、もつ。

あら~、ニラはどうしたの?ニラがなくてゴボウなの? 

IMG_5377   

もつに臭みはないのですが、ぷるるんっとした脂肪が少ないっ。 これは残念。

IMG_5388  IMG_5389

ニラ忘れたのかしら?またまたスタッフの方にお聞きしたところ、

もつ鍋の塩のみ匂いがきつくならない様にニラが入っていないそうです。

ニンニクも少ない。

このへんが西麻布的?!

ここで発見です!メニューを見ると柚子胡椒が100円と記されていることに

気がつきました。

IMG_5392

でもニラ食べたいっ!ので追加別料金で野菜セット@550を

お願いしました。 

IMG_5406

ニラ投入。

スープが薄味というか、化学調味料の味は若干感じるのですがマイルドなので

確かにニラはなくても良いかもしれません。

IMG_5414

(〆) ちゃんぽん・ぞうすい

選んだのはちゃんぽん。太い。先ほどの野菜が残ってしまっていますが投入。

IMG_5421

(ノブロー) 煮えてくるまで待つだよ。しかし、何か足らねえ気がするだ。

ノブローさんもそう思う?コクが薄いし。私、万能ネギとか欲しいんだけどーー。

IMG_5428

コメントしづらいのですが、私の知るちゃんぽん麺とは食感が違っており、

味わいも別もののように思えます。 

IMG_5442

(デザート) 柚子のシャーベット

最後に温かいお茶も持って来ていただけました。

IMG_5285

今回、夏季のお得なプランでリーズナブルにいただけましたが、これから鍋の

シーズンをむかえます。 お店の雰囲気は良いのでデート使用にはオススメです。

 

Hand01お会計は、領収書を確認するところ2人で、

上記お料理とお酒で合計8715円なり~。 

(おそらく4000円×2、追加の野菜セット550円と柚子胡椒100円の合計には

10%のサービス料を加算され715円の計算だと思います)

もつ料理満足度数は★★★ 日常的なら満足です。 

 

飲み放題でガンガンいただけて得したわ~ヽ(´▽`)/と思いきや、一歩

お店の外に出ると靴擦れの激痛がはしり、もう足が靴を履くことを拒否しています。

・・・結局、自宅までタクシーで帰りました。出費。

なんのための飲み放題コースプランだったのじゃ・・・(u_u。)

教訓!お出かけには楽な靴を選びましょう。

 

表邸(HYOTEI)

〒106-0031 東京都港区西麻布1-5-18

TEL      03-6406-0506

営業時間/  月~土 18:00~24:00  日 17:00-19:30 19:45-22:00 2部制

定休日    無休

http://www.hyo-tei.jp

2010年10月22日 (金)

TAPEO 六本木

某日、六本木。

六本木でディナーをということで珍しくハイヒールを履いたら、たちまち

靴擦れを起こしてしまいました。 

美術館に寄ろうと思っていたのですが、痛くて歩けないっ。

ディナーの予約時間まであと一時間ほど。

しかめっ面の私を見るにみかねてお店に入ろうと連れが提案してくれました。

IMG_5279 

でも、がっつり飲むわけにはいかないし、ちょっと飲みのウェイティングバーで

利用させていただいたのは六本木ヒルズ内のスペインバル「TAPEO

メトロハットハリウッドプラザの地下2階になります。

IMG_5275

ずずっと広い店内。時間は17時少し前でしたが先客は奥のテーブル席に2組ほど。

IMG_5249

こうした理由で時間調整を兼ねアルコールの置いてあるお店をヒルズ内で探した

のですがなかなかいいお値段。しかし、同店のサッポロ生ビールは370円。

地獄に仏とはこのことだわ。ありがたいです。

IMG_5254

チョリソーとガルバンゾ豆煮込み@380

ピリ辛の冷たいタパス。

作りおきのものだと思いますがトマトの甘みも濃厚でいいおつまみになりました。

IMG_5259

(ノブロー) 足と歯が痛えのは我慢ならねえだからな。

これに懲りて履きなれねえもん履くでねえだ。

(スズロー) ノブロー、連れてきてもらってるのに説教してるだ。

(チビッチ) でも予定狂っちゃったもん。一理あるね。

IMG_5272

天井も高いし、混雑時にはどんななんだろう。 来店なさる客層は?

などと想像をめぐらしているところでタイムアウト。

予約のお店へ移動の時間です。

 

同店はリーズナブルなタパスもありますので、使い方によってはソコソコお手軽に

楽しめるのではないでしょうか。

個人的にはがっしり腰を据えて飲むタイプのお店というより、ささっと軽く飲みが

オススメのような気もいたします。

今回は諸事情による立ち寄り、お料理もタパス1品しかいただいておりませんし

満足度数は見送ることにいたします。

 

TAPEO

〒106-6108 東京都港区六本木6-4-1 六本木ヒルズメトロハットハリウッドプラザB2

TEL     03-5412-2125          

営業時間/ 11:00~23:00

定休日    無休 

2010年10月21日 (木)

和可奈 麻布十番

お一人ランチは麻布十番の居酒屋「和可奈Aicon339

IMG_6721

場所は麻布十番、雑式通り「EDOYA」の脇の道を綱代通りのほうに曲がった

道沿いになります。 表にはランチのメニューが出ています。 

急な階段をのぼり2階の店内に入ると、すっきりとしてモダンな内装。

IMG_6733

入り口正面のカウンター席は2席。

他はテーブル席になっていましたが小ぢんまりとした印象。

こちらは以前お一人ランチで記事にした「和可奈鮨」の息子さんのお店とのこと。

カウンター席の前には、いろいろな種類の焼酎が並んでいます。

IMG_6727

ランチメニューになります。

全メニュー、ごはん・みそ汁・厚焼たまご・おつけもの付き。

定食以外にも一品料理として納豆や生玉子があるのも嬉しいです。

ランチビールの300円もいいですね~。

IMG_6741

天丼@800

600円というリーズナブルなランチ限定のしゅうまい定食にもすごく心惹かれた

のですが、お目当ては天丼。

この付近には、ランチにお魚を食べさせてくれるお店は多いのですが、

天丼となると限られてしまうため、この選択になりました。

みそ汁の具は、豆腐、油揚げ、もやし、三つ葉。

IMG_6744

厚焼たまごは甘さ控えめでしっかり焼かれいます。

いわゆるお寿司屋さんのたまご焼きに近い味わいです。

和可奈鮨さんのたまご焼きをいただいたことはないのですが、ひょっとしたら直伝?

IMG_6748

丼の器は大きくはありませんが、ぷりっぷりの海老が3本鎮座しておられます!

IMG_6754

海老の下には、さつまいもの天ぷらと小さめの野菜のかき揚も入っています。

丼タレは甘すぎず、くどさはなし。 

ご飯の量が少なめに感じましたので、たくさん召し上がりたい方や男性には

少々物足りなさはあるかもしれませんが、副菜もついているのでトータルで

考えると納得できるものではないかと思います。

IMG_6723

BGMがランダムで流れていましたので有線かな?

また、ランチタイム、男性のスタッフお2人で切り盛りなさってらっしゃいました。

立地的には目立たない場所になりますので、隠れ家的な要素もあり、

現時点ではお一人ランチの穴場かもしれません。

ランチメニューのコンプリートを目指してみたいと思います。

ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

和可奈

〒106-0045 東京都港区麻布十番2-12-8 TAKEDA BLDG 2F

TEL   03-5443-1339

営業時間/ 月~土11:30~14:00 18:00~25:00

定休日    日曜日

2010年10月20日 (水)

インディゴ(再訪)№2 学芸大学

学芸大学、カリフォルニア料理「インディゴ 」(INDIGO)Aicon339

再訪のレポートです。友人と2人で予約したのですが前日、飲んべえの連れも

時間の都合がついたので急遽参加の意向、幸い席が取れたので合流しました。

IMG_5527

今回は私の希望で窓際、喫煙席。 私達は煙草は吸わないのですが

喫煙席の方が明るいことと、ご家族連れの方は禁煙席側に入られることが

多いので、そういったシーンを想定してこちらをお願いしていました。

IMG_5458

スパークリングにマフィン。

今回はグリュイエールチーズとトマトとバジル。連れと私は各種1つずつ選びました。 

コクのあるグリュイエールチーズ

IMG_5462

生のトマトの効いたトマトとバジルのマフィンは塩加減が絶妙でした。

さて、前回はパスタをいただいていないので、
COURSE A@1800((前菜、パスタ各1品のプリフィクス形式
COURSE B@2000×2(前菜、メイン各1品のプリフィクス形式)でチョイスする
ことにしました。

もちろんフリードリンク+2000円をつけています。

IMG_5443

メニューを拝見すると少し変わっていました。

友人からオススメを聞かれましたので、前菜では好みだった穴子を推奨。

でも3人でシェアするんですけどね。 

IMG_5467

(前菜) 千葉、鴨川から届いた鹿モモ肉のタタキ ビーツと柚子胡椒のソース

臭みなどはまったく無く、しっとりとした肉質はあっさりとしながら旨みがたっぷり。

頼んで正解の前菜でしたW04

IMG_5487

(前菜) 三浦野菜たっぷりの田園サラダ 柚子京味噌ドレッシング

ナス、アボカド、レッドオニオン、プチトマト、キュウリ、カブ、赤カブ、レタス、
オクラ、ミニ大根、レンコンチップス、茹で玉子など。

ともかく野菜が新鮮でウマイ。歯ざわりをしっかり感じられて、自然の恵みをバリバリ

いけちゃいます。これも大正解ですW04

IMG_5090

(前菜) 江戸前穴子と焼き茄子のモザイク仕立て 
                  バルサミコヴィネグレットソース  

相変わらずビューテホーW04 もちろん変わらずナイスなお味。 

IMG_5492

自家製パン

ほんわり温かいパン、手作りだけあって前回のものと違っています。

IMG_5446

今回はパスタも試してみますね。 

IMG_5521

(パスタ) 生ハムと季節のきのこの軽いクリームソース 
                     モチモチパスタのキターラ

連れチョイス。

文字どおりもっちりとしたパスタ。きのこの旨みがぐわっとクリームソースに

でているので、私には少々くどさを感じましたが、力強いパスタでした。

IMG_5447    

さてメインのお料理になります。友人にオススメを聞かれましたので

経験値の少ない私は前回を振り返りハンバーガーを推奨しましたが・・・。

IMG_5149

(メイン) 大山黒牛100%インディゴバーガー 

友人チョイス。

やはりチーズでハンバーガーをいただいてみたいそうです。

中が赤いのはちょっと苦手ということなのでウェルダンでお願いしていました。

先週いただいているのにもかかわらず、ごくり。う・・・うまそう。

しかしこれをシェアするのは難しいので友人担当食。

IMG_5505

(メイン) 築地、黒瀬さんのお勧め、本日のお魚のポワレ
                 奈良産柿の
ヴィネグレットソース    

お魚はスズキ。奈良産柿のソースがナチュラルな感じでとても美味しい。

素材の美味しさを損なわず、軽さがあります。

IMG_5526

このインゲンがへこたれたような野菜は四角豆だそうです。

もとは沖縄が原産だそうですが、こちらのものは三浦産。

先ほどの前菜にもみられましたが、野菜は三浦野菜にこだわりをもって

使用なされている様子。

 

さて、パスタ・メインのお料理ともに終わりましたのでフリードリンクはこれにて終了。

今回いただいたスパークリングは前回と同じCook's。

白ワインは、レッドウッドクリーク シャルドネ。

赤ワインも前回と同じペインターブリッジでした。

IMG_5533

最後は別料金になりますがデザートとハーブティーのセット@500で。

IMG_5536

フランボワーズ

甘さ控えめですが華やかな酸味のフランボワーズ。

この色、女子好みだわ~~。

IMG_5539

ニューヨークチーズケーキ

ソフトでしっとり柔らかく心癒される味わいでした。

同店はデザートもちゃんとしているという印象です。

IMG_5550  IMG_5555

ハーブティーはセルフィーユとミント。

 

最後になりますがノブローさん達もこっそり参加していたのです。

友人のあの子たちも出してあげればという温かい言葉にデザートをご一緒

させていただきました。

(ノブロー) 今回は出番が少なかっただーー。でも友人さんに感謝だで。

 

今回また、違うお料理をいただいてまたまた再訪の目安が変わりました。

単にブランチ&フリードリンクに着目ということばかりでなく

こちらのシェフのセンスの良さと扱われている素材に対する始末の良さに

たいへん感心いたしました 

あくまでも個人的使用の目安で、さらに☆加算をさせていただきたい。

カリフォルニア料理満足度数は、★★★★★ 特別です。

 

インディゴ (INDIGO)

〒152-0001  東京都目黒区中央町1-12-6

TEL       03-3710-3399

営業時間/ ランチ (火~金) : 11:30~15:30 (L.O.14:30)

                   ブランチ (土・日・祝日):  11:30~16:30 (L.O. 15:30)

                   ディナータイム :火~木・日/ 17:30~24:00 (L.O. 22:30)

                   金・土・祝前日 / 17:30~25:00 (L.O. 24:00)

定休日    月曜日(祝日は営業)

http://www.restaurant-indigo.co.jp/       

2010年10月19日 (火)

インディゴ (INDIGO)№1 学芸大学

学芸大学、カリフォルニア料理「インディゴ 」(INDIGO)Aicon339

最近このお店に恋をしています(*^-^)

IMG_5068

場所は東急東横線、学芸大学駅の改札を出て右手の東口の商店街を進行、

まっすぐ進むと目黒通りにぶつかるのですが、その手前の道沿い左側になります。

IMG_5081

はじめての訪問時は連れの名前で禁煙席を予約。

手前の窓際が喫煙席、奥が禁煙席になります。

厨房前のカウンター席とテーブル席、店内はさほど広くはありませんが、

かしこまらずに過ごせる居心地の良さがあります。

IMG_5074

同店を選んだのには理由があります。

休日ランチにハンバーガーが食べたかった私。 連れはそれならサイドメニューが

豊富なところがいいとの希望。ワインを飲みながらゆっくりできるお店はないかしら?

と探していたところ、こちらのホームページに注目!

お目当てのハンバーガーだけでなく

「ブランチタイムにワインのフリードリンク」「スパークリング、白、赤、お好みの
ものをお食事のお供にご用意いたします。(¥2000)」とのこと。

つまりはこちらはスパークリング、ワイン、両方をフリードリンクで提供して

くださるのです しかも時間制ではありません。

他店になりますが、今までスパークリングは最初の1杯のみであとはワイン、

もしくはスパークリングだけのフリードリンクはありましたが、こういうシステムは

はじめてです。 ブランチメニューはアラカルトでお願いすることも可能ですが、

この日はCOURSE B@2000×2にすることにしました。

(前菜、メイン各1品のプリフィクス形式

もちろん+2000円のフリードリンクもつけています。

IMG_5131

スパークリングワインのキャップで造られた椅子には名前が書かれたカードが

ついていました。 おもてなしの特別感が嬉しいサービスです。

(ノブロー) こりゃええだ!オラの椅子にぴったりだで。気がきくな。

ノブローさん、それは違うと思うな~。

IMG_5077

スパークリングワインに合いますのでと最初に運ばれてきたのはマフィン。

連れはリンゴとシナモン、私は人参とレーズンを選びました。

軽い口どけのマフィンがしゅわしゅわ~のスパークリングにマッチします。

この時のスパークリングワインはカリフォルニア「 Cook’s

来店なさっている他のお客様が写ってしまうので、写真は撮れなかったのですが

スパークリングは最初だけでという決まりごとはなく、ワインをいただいてから

またスパークリングに変えることも可能。連れも私もスパークリングワインを

2杯いただいてから白ワインに変えました。

IMG_5118

白ワインはペドロンチェリ ソーヴィニヨンブラン。

デキャンタではなく直接ボトルからサーブしてくださるのが嬉しい。

ワイングラスもちゃんと白・赤ともに型の違うもので出してくださいます。

こうでなくっちゃ!

IMG_5093

(前菜) 江戸前穴子と焼き茄子のモザイク仕立て 
                  バルサミコヴィネグレットソース

季節を感じさせる茄子とのモザイク仕立て。

ワインにも使われるデラウェア?の甘みと酸味も爽やかです。

IMG_5124

香ばしく焼きあげられた穴子の身はしっかりしており、充実感のある前菜

になっていました。

IMG_5096

(前菜) 築地直送、お魚のカルパッチョ 古代米のサラダ 
           本ワサビを入れた
岩海苔ヴィネグレットソース  

IMG_5103

岩海苔を使ったソースが新鮮、そして白身魚のカルパッチョにマッチします。

上に散らされたイクラはプチプチとした食感、古代米のサラダには細かく刻まれた

キュウリが入っていますのでシャキシャキとした食感。

さまざまな食材の変化も美味しく楽しめるのです。

IMG_5110

自家製パン

ほんわり温かくて手作り感のある可愛らしいパン。

IMG_5135

(ノブロー) 椅子座って食事だな。オラ、これ気にいっただ。

IMG_5151

(メイン) 大山黒牛100%インディゴバーガー

アボカド、チーズ、照り焼き、フライドエッグ、ハラペーニョより1つを選べますので

チーズでお願いしました。

また、焼き方は注文時に聞いてくださるので今回はミディアム。

ビーツ、ピクルスがソースで絡められています。

厚切りトマト、チーズ、パティ、レタス。

IMG_5175

(ノブロー) 美味しそうだな~。遠目から見てもべっぴんさんだで。

IMG_5179

超粗挽きのミンチ! 肉々しいワイルドな食感 

グリエされているので香ばしく、噛み締めるとじゅわっと広がるジューシーさ。

肉の旨みががっちり伝わってきます。 激烈ウマしW04

こう言っては失礼になるかもしれませんが、想像以上の出来に感動しました。

今回注文してわかったのですが、ミディアムだと中は赤い状態なので、

苦手な方はしっかりと火を通すようお願いしたほうがよいかもしれません。

IMG_5159

(メイン) フランス、シャラン鴨モモ肉のロースト 
            ゴルゴンゾーラを入れたポルト酒のソース 

IMG_5172

骨付きの周りが少々赤いのですが、 皮はパリッと香ばしく、コクのある鴨肉が

これまた味わい深いゴルゴンゾーラ入りのソースと合う。

IMG_5184

さて、この間に赤ワインも、とことん堪能した私達。

なんせ飲んべえが2人がかりとなると・・・こりゃ、お店が赤字?? 

多少は良心がとがめます。

デザートは別料金になりますが、私がいただいてみることにしました。 

IMG_5186

チョコとクルミのタルトを選びました。 

ちなみに、フリードリンクはメインのお料理を食べ終わるまでなのです。

(デザートにスパークリングと思っていましたが・・・さすがにダメでした)

IMG_5191

デザートは単品でも注文可能ですが、お茶とセットのものでお願いしました。

濃厚なチョコの風味も豊かでなかなかのものです。

IMG_5193 IMG_5197

ミントの効いたハーブティー、このセットで500円です(1人分)。驚きだわ!

お口の中もすっきりさっぱりです。 

 

途中、ご近所のお子様連れの3組が来店なさり奥の禁煙席が少々賑やかに

なりましたが、私は来週の友人とのブランチを予約していました。

スパークリングとワインのフリードリンク付きのブランチW04

お料理もハンバーガーのみではなくアラカルトが充実しているのです。

個人の希望で選べるとあっては提案しやすい。これは要再訪(*^・^)ノ

 

お店の椅子などに老朽化は目立ちましたが、接客を担当してくださった

支配人さんのソフトな口調と目配りの届いた対応もすごく好感がもてました。

たっぷり飲ませていただいたお礼に友人を紹介しなくちゃ。

友人は私より飲みませんから~。と言ってさっさと私の名前で予約。

この続きはまた後日レポートします( ̄▽ ̄)

 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計8925円なり~。

ずば抜けたCPの高さに感動しました。

 

このブランチプランは私達にとって理想的。

また個人的にですが、比較的近距離な点を考えると利用しやすい。

これらを考慮すると☆加算になります。

カリフォルニア料理満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。

天国のようなお店だわ。いりびたりまする・・・・。

 

インディゴ (INDIGO)

〒152-0001  東京都目黒区中央町1-12-6

TEL       03-3710-3399

営業時間/ ランチ (火~金) : 11:30~15:30 (L.O.14:30)

                   ブランチ (土・日・祝日):  11:30~16:30 (L.O. 15:30)

                   ディナータイム :火~木・日/ 17:30~24:00 (L.O. 22:30)

                   金・土・祝前日 / 17:30~25:00 (L.O. 24:00)

定休日    月曜日(祝日は営業)

http://www.restaurant-indigo.co.jp/          

2010年10月18日 (月)

五香路 目黒

休日の遅いランチに目黒の中華料理「五香路」にお邪魔しました。

IMG_5064

場所は目黒のアトレ2の1階。 東急目黒線、東京メトロ南北線、都営三田線側の

目黒駅の上に位置する駅ビルになります。

IMG_5057

庶民的な雰囲気をもつ店内。

こちらに訪問したのはアイドルタイムがなくお料理もアラカルトで注文できるため、

中華で軽く一杯飲もうという目的によるものでした。


通常なら中華街あたりまで出ているのですが、同日は移動の時間がとれません。

こういうときに駅ビル内のレストランはお手軽です。

IMG_4981

生ビールでとりあえずのセット@680

グラス生ビールと小菜2品がセットされています。(内容は時季により変わります)

そこに生ビールジョッキ(530ml)@570を追加。

グラス生ビール(360ml)は通常@390になりますので、このセットはまずまずお得。 

IMG_4983

小菜は冷ぶたしゃぶと海老のフリットのような揚げ物。 

IMG_4999

辛子もやし@400

ラーメンや焼きそばの上にトッピングしても良いアクセントになりそう。

こうした400円台の小皿料理が取り揃えられているので、軽いおつまみを

選ぶのに便利です。

IMG_5008

ナスと鶏のピリ辛炒め@750

マイルドな味付けで家庭的に仕上がってるように思えました。

IMG_5013

(ノブロー) ご飯にもあう感じだべか?

ノブローさん、目黒の中華屋さんにも積極的に前にでてきましたね~。

IMG_5024

本格甕出し紹興酒(古越龍山)デキャンタ(600ml)@2200

グラスは@500、デキャンタ(400ml)@1500。

あれ~?なんだか紹興酒の量が少なく感じて割高に思えてしまう。。

IMG_5026

しかし、リーズナブルな点心があります。 

IMG_5042

名物 わんたん 5ヶ@400

ゆでワンタンと揚げワンタンを選べましたので、ゆでワンタンを。

IMG_5035

皮はツルツルもっちり。このお値段でいただけるなら嬉しいな。

(ノブロー) 上出来だで、ようやった。

ノブローさん、偉そうーーー。

目黒駅ビル内「五香路」、中華をつまみにちょっと飲みもできるお店でした。

 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒のほか追加で生ビールジョッキ1杯

@670で合計5570円なり~。

 

五香路

〒141-0021 東京都品川区上大崎3-1-1 アトレ目黒1F

TEL            03-5487-6167 

営業時間/ 11:00~23:00(L.O.22:30)

定休日    無休

※追記 閉店になりました。

2010年10月17日 (日)

競馬の話 秋華賞G1

10月17日(日)本日は、京都競馬場で秋華賞・G1が開催されるのです。

予想は・・・ 

◎ 15 アパパネ
○ 4 アプリコットフィズ
▲ 8 オウケンサクラ
△ 5 サンテミリオン、10 アニメイトバイオ、17 ワイルドラズベリー
  

人気馬ばかりです。 預金残高があれば3連複BOXで購入したいなぁ。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

秋華賞・G1、結果は・・・

1着 ◎  15 アパパネ(単1人気)
2着 △  10 アニメイトバイオ(単6人気)
3着 ○  4 アプリコットフィズ(単2人気)

配当は3連複3250円、3連単12550円でした。

とりあえず、G1ゲットしましたが、前回の運試しの凹みがあるのでまだまだです。

菊花賞も頑張りま~す。

2010年10月16日 (土)

Le bard (ル バード) 四ツ谷

某日、四ツ谷までの所用があり軽く一杯立ち寄ったのはワインダイニング

Le bard」(ル バード)

IMG_4785

最寄駅は四ツ谷、新宿通りに面したビルの3階になります。

IMG_4788

平日、時間は20時近くになっていたと思いますが、私達の他にお客様はまだ

いらしていない様子。 遅い時間帯のほうが混んでくるのかしら?

カジュアルな店内にはカウンター席とテーブル席があり、今回は窓際の

テーブル席を利用させていただくことにしました。

まずはキリンハートランド生ビール@500

IMG_4799

ワインはドメーヌ ジャンブスケ マルベック@2800 (アルゼンチン)

ボトルワインは2800円から置かれています。

いつものように一番リーズナブルなお値段のものを選んでいます。

IMG_4803

田舎風テリーヌ@480

手作りのテリーヌはしっかりとした味わいでボリューム感あり。 

IMG_4786

ボードには本日のおすすめが書かれています。

IMG_4818

生ハムとブラックオリーブの冷製カッペリーニ@980

オリーブの風味が効いてます。

やや塩気が強いのですが、おつまみには良いかもしれません。

IMG_4828   

鶏ハラミのガーリックペッパーソテー@550

こちらもワインにあいます。

お酒のおつまみになる500円~600円台というお手頃な一皿がありますので、

いろいろ試してみるのも面白そうです。

また、食材はこだわられているようで全て国産品を使用なさってる様子。

 

今回は曜日が合わず、通常のお値段でボトルワインをいただいてしまいましたが

注目はワインの3種飲み比べセットやボトルの半額DAY。 

ワインのお好きな方には嬉しい、カジュアルに普段使いのできるダイニングでした。


Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒のほか追加で同じボトルワインを

1本@2800で合計8110円なり~。

ワインダイニング満足度数は★★★ 日常的なら満足です。 

 

Le bard (ル バード)

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-9-6 中央統合ビル3F

TEL            03-6380-6998   

営業時間/  月~金 11:30~14:00  18:00~24:00(L.O.23:30)
        土・日・祝 18:00~24:00

定休日     不定休

2010年10月15日 (金)

きすけ本店 溜池山王

お一人ランチは溜池山王の親子丼、地鶏料理の「きすけAicon339 

IMG_6050

仕事で六本木まで来たのですが、時間調整が必要な状況。

千載一遇のチャンスとばかりに駆けつけました。

私の行き方ですと、場所は溜池山王駅12出口を出て、六本木通りを溜池の

交差点に向かいます。

六本木通り沿いには都営バス01系統、「溜池」バス停があり、この斜め前に

神戸らんぷ亭があるのですが、手前の路地を入ったところになります。

IMG_6048

表には雑誌に親子丼26店として取り上げられたページがでていました。

この界隈では親子丼の美味しいお店として定評も高いのです。

IMG_6052

しかし、やっているかな~。時計を見ると11時27分。

某グルメサイトの情報だと営業時間は11時30分からと記されていましたが・・・。

よく見ると営業中の札が下がっているわ!らっきーです。

よろしいですか?と声掛けをしてお店に入ると店内は間口の狭い細長い造りで、

入り口近くには細長い数人掛けのテーブル席が一つと奥の厨房前には

カウンター席が6席。

お店のおかみさんの、こちらにどうぞ!との案内に従いカウンター席へ向かうと

すでにお1人様の先客が親子丼を召し上がっているではありませんか。

11時からなのかな?詳しいことはお聞きしませんでしたが、早めに戻らねば

ならないのでいずれにしても営業されていて良かった、混んでなくて助かりました。

IMG_6058

親子丼(普通盛り)@950

メニューは親子丼のみ。大盛りは@1000。

厨房では、コンロに親子鍋が並び、割りしたをはってスタンバイ状態。

注文を通すと鶏肉が投入されました。

みそ汁、サラダ、漬物付き。 サラダのドレッシングは和風。

IMG_6059

鶏肉と玉子のみになります。

秋田比内地鶏のぷりっぷり、むっちむちのしっかりした肉質

噛み締めるたびに旨みがじゅわ~と広がります。

とろっとろの半熟玉子もウマイ。美味しい卵って白身の部分に嫌味がなくて

スルーといけてしまいますね。品の良いあまさを放つ感じでした。

IMG_6069

黄身の色が濃厚 ご飯の余熱で次第に固まってきてます。

また、汁だく状態も嬉しい。

私にはやや割りしたが甘めにも感じましたが、べたつくような後味の

悪さはまったくなく、さらりといただけてしまうまるみを持ったお味でした。 

IMG_6075

みそ汁の具は麩とネギ。

味噌に麹が多いのかな? ぬくもりを感じる好きな味。

IMG_6079

個人的には比内地鶏を炙った香ばしさのある親子丼として日本橋の

「日乃本 比内や」さんのファンでしたが、炙っていないこちらもなかなかでした。

何と言ってもこれだけの親子丼が1000円以下でいただけるのはあっぱれです。

 

お店は店主とおかみさんのお二人で切り盛りなさっておられました。

美味しいものはすぐになくなってしまいます。

食べ終えて「ご馳走さまでした」と席で会計を済ませ、お店を出ようとすると、

いままでカウンター内でトントンと音をたて包丁を使っていらした(鶏肉の準備を

なさっていたのでしょうか?)店主も手を止め「どうもね~」「ありがとう」と声を

かけてくださいました。

小ぢんまりとしていましたが、気さくで温かい人柄を感じさせる対応で

近くでしたら頻繁に美味しい親子丼とご夫妻のお顔を見に立ち寄りたくなる

ようなお店でした。

ランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

きすけ本店

〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-16 赤坂スクエアビル 1F

TEL      03-5570-2810 

営業時間/ 月~金 11:30~14:00 

定休日    土曜・日曜・祝日

2010年10月14日 (木)

イタリア食堂 カルネヴァーレ 川崎

休日のランチは川崎「イタリア食堂 カルネヴァーレ

IMG_4634

お店は川崎駅東口、川崎ルフロンの2階になります。 

IMG_4699   

カジュアルな店内席と開放的なテラス席。

訪問したのは9月はじめ、まだ残暑厳しい折でしたので店内のほうでお食事を

とらせていただくことにしました。

IMG_4639

1900円というリーズナブルなお値段でボトルワインが置かれています。   

IMG_4647

1900と記されたボルゴ サンレオ ビアンコ、ズバリこの数字はお値段ですね。

すっきりとした辛口なのでスイスイ飲めてしまいます。

ワインクーラーも出していただけました。

IMG_4643

さて、ランチタイムはランチメニューのみでアンティパストなどはまだ準備の段階

なのでご用意できないとのこと。(ただし、オリーブなどは可能)

う~ん、そうかぁ。アラカルトでお願いして、ちょこちょこ飲ろうかと思っていたけど

こうなったら前菜3種盛り合わせのあるランチコースに変更するしかないね。

まず一つは・・・UNO(ウノ)@1600

IMG_4654

本日の前菜3種盛り合わせ

特筆すべき点はなし。 

IMG_4663

バケット

IMG_4678

パスタはペペロンチーノを選びました。

メモを取るのを失念してしまいましたが、キャベツとサルシッチャだったと思います。

このパスタはイマひとつかなぁ。

 

ほか、スペシャルランチと記されたおすすめランチがありましたので

もう一つはこちらにしました。

セットにも出来るようでしたが単品でお願いしています。

IMG_4675

低温で仕上げたローストポーク  温野菜添え(単品)@900

ライス付き。おつまみにしたかったのでライスは遠慮させていただきましたが、

お店の方はあとで召し上がられるようでしたらお声をかけて下さい

と言ってくださいました。

こちらのほうはなかなかです。お肉も柔らかくてワインにも合いますし

白ごはんにも合うしっかりとした味付けでした。

IMG_4703

(ノブロー) パンって、ええ匂いするし、ほんわりあったかくて気持ちいいだ。 

また勝手なことしてるわね。パンはお布団じゃないのよっ。

IMG_4693

グラナ・パダーノ

一般にはパルミジャーノのお手頃版として知られているようですが

まだワインが残ってらっしゃるようなのでとお店の方からの嬉しいサービス。

ディナーの際に使われていらっしゃるようです。

味わいとしてはパルミジャーノに似ているかもしれません。

IMG_4707

(ノブロー) オラもチーズもらっただ。

いい笑顔だわね。なんだか、ノブローさんがネズミさんに見えてくるわ。 

IMG_4724

本日のデザート2種盛り 

ローストピスタチオとパンナコッタのキャラメルソース。

IMG_4736

コーヒー 

IMG_4737

17時まではランチタイムメニューということなので、残念ですがいただける

お料理の選択肢が少ないという印象を持ってしまいました。 

ランチにはあまり力を入れてらっしゃらないのかもしれませんが、私としては

ボトルワインもリーズナブルですし、ディナーまでの間をつなげる軽いお料理の

品数をもう少し、そろえてくだされば、なお使い勝手がよいのですが。

ランチタイム、厨房にいらっしゃったのはバイトさんだったのでしょうか?

スタッフの数が足りないのかもしれませんね。

接客を担当してくださった店長さんと思われる男性の自然体な対応には

とても好感が持てました。

 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒のほか追加でボトルワイン1本@1900で

合計6300円
なり~。

イタリア料理満足度数は★★★ 日常的なら満足です。 

 

イタリア食堂 カルネヴァーレ

〒210-0024 神奈川県川崎市川崎区日進町1-11 川崎ルフロン2F

TEL            044-223-7761    

営業時間/  ランチ 11:00~16:00  ティー 16:00~17:00
         ディナー 17:00~23:00

定休日     不定休

http://www.aki-nai.com

2010年10月13日 (水)

野菜料理と煮込料理&ワインバー ヤミツキ 川崎

某日の夕刻前、ちょっと飲みに利用したのは川崎 DICE 6Fのワインバー「ヤミツキ

IMG_4757

野菜を中心としたカジュアルなイタリアンを楽しめるお店です。

鎌倉野菜と煮込み料理に力を入れられているようですが・・・

IMG_4740

すみません。ちょっと飲みなのでおつまみ程度で。

IMG_4753

海老とイカとアボカドのフリット@680

ソースはぽってりとしたアンチョビマヨネーズ。

フリットはからりと揚げってはおりましたが、少々量が少なく感じました。

IMG_4744

ボトルワインは2000円から置かれていますが、2500円のものが多いようです。

IMG_4760

お店はアイドルタイムがないので、中途半端な時間帯でも食事やお酒をいただく

ことが可能なのですが、商業施設の中に入っておりますので、人の出入りも

多く落ち着かない感じです。

客層も小さいお子様連れのご家族からご年配のご夫妻と様々。

明るい店内、早い時間帯からも飲み放題プランが受け付けられ、使い勝手はよい

のだろうと思いますが。。

 

野菜料理と煮込料理&ワインバー ヤミツキ

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町8 ダイスビル6F

TEL            044-223-1490      

営業時間/  11:00~23:00(L.O22:30) 

定休日     無休

http://www.accomplice.co.jp/

2010年10月12日 (火)

Zoot 蒲田

某日も酒の〆のお二人ラーメンはまたも蒲田の「Zoot

IMG_4469 

つけめん700+味付玉子100

お気に入りのつけめんをすすりながらビール@300をごくり。

IMG_4476

お味の方は変わりませんね~。美味しいです♪

IMG_4455

ラーメン満足度数は、変わらず★★★☆ 消極的に好きです。      

次回は塩らーめんを試してみたいと思っています(*^-^) 要再訪!

 

Zoot

〒144-0051  大田区西蒲田7-42-7

TEL       03-3730-1777

営業時間/AM11:30~PM15:00   

         PM17:00~PM21:00 日・祝は~PM20:00

定休日   火曜

ニジロー登場!

「こんちは。オラ、ニジローって言うだ。」

IMG_6762

先日、横浜中華街でまたオラーズが増殖しました。

IMG_6765

購入時、透明の袋に入ってきたのですが気がつきませんでした。

ニジローのおでこには青いスジのような糸が入っていました。

血管が浮きでているようで痛々しい感じがしたので、手術を試みましたが

糸はとれませんでした。

IMG_6766

そこで、手もとにあるハンカチをニジローのバンダナにしようとお裁縫をしました。

ニジローさん、かぶってみなさい。

(ニジロー) バンダナで頭おもたくなって、オラすっ転んじまうだ。

IMG_6769

そこで、浮輪がわりにお尻に髪をまとめるゴムバンドをつけてあげました。 

IMG_6773

ニジローさんどう?

(ニジロー) オラ、ひとり立ちできただ。

これでオラーズの兄弟と遊びに出かけられるだ。うれしいだ。

オラーズはこつこつ増殖中。 皆様ナマ温かく見守っていただければ幸いです。

2010年10月11日 (月)

目黒 大圓寺

IMG_4437

目黒「キャス・クルート」の帰りに行人坂の大圓寺に立ち寄りました。

IMG_4444

大圓寺は通称「大黒寺」 天台宗の寺院です。

山号は松林山。ご本尊は「釈迦如来」。

IMG_4426

明和9年(1772)大圓寺からあがった火は、白金、神田、浅草、千住まで
燃え広がり江戸の街の約三分の一を焼き尽くし振袖火事、車町火事と並ぶ
江戸三大大火のひとつ 行人坂火事となりました。

IMG_4429

五百羅漢の石像はこの大火犠牲者供養のために造られたものだとの事。
この火事により、大圓寺は以後76年間も再建を許されなかったそうです。

IMG_4431

「とろけ地蔵」

江戸時代、品川沖で漁師の網にかかって出現された地蔵尊。

最初は波の侵食により痛んではおられたのでしょうが、行人坂火事により、溶けて

そのお姿も変わられてしまいました。 これらの難をのりこえられたというお地蔵様は

庶民の悩み事をとろけさせてくれるお地蔵様として信仰があります。

IMG_4441

あら、ドラゴンが?

この龍の口の前に立つと水が出るしくみになっています。

 

大圓寺は目黒駅より徒歩5分ぐらい、目黒雅叙園へ続く行人坂途中にあります。

2010年10月10日 (日)

競馬の話 毎日王冠G2

10月10日(日)は、東京競馬場で毎日王冠G2が開催されるのです。

予想は・・・

◎  9    スマイルジャック
○   2   ペルーサ
▲   6   マイネルスターリー
△  10    アドマイヤメジャー

秋競馬!3連複の軸1頭のながしで、運試しをしてみようと思っています。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

毎日王冠G2、結果は・・・

1着     4  アリゼオ(単6人気)
2着    3   エイシンアポロン(単8人気)
3着      1   ネヴァブション(単9人気)

配当は3連複40990円でした。 やられたっ。 大撃沈!

またも残り少ないJRA様預金を減らしてしまいました~。

2010年10月 9日 (土)

キャス・クルート 目黒

休日のランチに目黒のフレンチ「キャスクルート」にお邪魔しました。

IMG_4298

目黒、権の助坂をくだり 歩道橋を目印にして左折、住宅街のような静かな立地。

道の右側にフランスの国旗が出ていました。

IMG_4306

こちらではリーズナブルなプリフィクス・ランチがいただけるというお話。

(ただし、日祝日は¥2,000からのご用意となります。とのこと。)

予約の時間は12時30分。

カジュアルな雰囲気の店内、奥のテーブル席にご案内いただけました。

席の間隔はさほど広くは感じませんでしたが、見回すとお客様で5割ぐらい

埋まっていたように思えます。

せっかくなので魚とお肉 両方楽しめる贅沢ランチ@2500×2で

お願いすることにしました。

IMG_4303

オードブルの中から 

IMG_4324

焼き立てキッシュ サラダ添え

しっとりとしたキッシュ。お願いした時点ですでに残り少ないようでした。

ローズマリーがかなり効いております。

IMG_4328

定番!豚肉のテリーヌ自家製シャルキュトリーの盛り合わせ

17年前からのレシピをそのままにと記されたシャルキュトリー、

豚肉・鶏肉ともにニンニクの加減がよく滑らかで、舌にまとわりつき浸透していく

豊潤な旨み、これはワインが進んでしまいます。

IMG_4335

(ノブロー) これをちびりちびり、バゲットに塗ってワインを飲るだ。

昼の酒は格別だで、しずかもいってみるか? 

IMG_4337

ワインはお店の方で管理してくださいます。 

IMG_4350

お魚料理は

真鯛のポワレ ブールブランソース

個人的には塩が薄く感じたのですが、接客対応してくださったホールスタッフの

お姉さんのお話によると、この後のお肉料理がしっかりとした濃い目の味付けに

なっているため控えめになさってらっしゃるとのこと。

IMG_4364

(ノブロー) 全体の料理構成のバランスを考えているだな。

IMG_4304

お肉料理は、仔羊の煮込みナヴァラン風をお願いしたかったのですが完売とのこと。

えっ、12時30分で売り切れ?!お店の開店は11時30分のはずですが、残念。

お昼の閉店真近ならまだしも開店後1時間ほどで、プリフィクス・ランチに完売や

残り少ないとのお答がかえってくると、正直テンションがあがらなくなってしまいます。

IMG_4373

豚肉のロースト プルーン・ソース

マッシュポテトを敷いています。付け合せはきのこのソテー。

プルーンをもう少し裏ごしをした滑らかなソースでいただきたかったのですが

プルーン・ソースがぽってりとして重たい感じがしました。 

IMG_4398

12時間かけて煮込んだ豚バラ肉のコンフェ

こちらも付け合せはマッシュポテトときのこのソテー。

低温の油で揚げた豚バラ肉をオーブンで表面をかりっと焼き上げて

いるものと思われます。

塩加減は良いのですが食べすすめるとあぶらっぽさを感じてしまいました。

IMG_4305

デザートは連れも私も焼き菓子アイスクリーム添えに。

焼き菓子を拝見しにショーケースまで移動。

IMG_4410

ミックスベリーのクラフティと塩キャラメルのアイスクリーム

いくつかある焼き菓子の中から私がチョイスしたのはミックスベリー。

まだホールのままだったのでカットをお願いするのに戸惑っていると、先ほどの

スタッフのお姉さんがにっこり微笑んで「いずれは切られる運命ですから」と

お答えくださいました。 ナチュラルな対応に好感度。

甘酸っぱいミックスベリーにやわらかいあまさの塩キャラメル、好みです。

IMG_4413

くるみのタルトと塩キャラメルのアイスクリーム

こちらはお連れさんチョイス。たっぷり入ったくるみの食感の良さ。

間違いのない味ですね、美味しい。

IMG_4420

紅茶とコーヒー 

IMG_4311 IMG_4313

さて、今回ワインを写すのを失念してしまいましたが、赤・白ともに3000円の

ものをいただいております。 

IMG_4302

カジュアルさが普段使いにも嬉しい「キャス・クルート」

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計11000円なり~。

フランス料理満足度数は★★★ 日常的なら満足です。 

 

キャス・クルート

〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-3-4 ベルグリーン目黒 B1

TEL            03-5487-3608          

営業時間/  11:30~15:00(L.O14:00) 18:00~22:30(L.O21:30)

定休日     月曜日

MASA’S KITCHEN47 (マサズキッチンヨンジュウナナ) 恵比寿

お一人ランチは恵比寿の中華料理「 MASA’S KITCHEN47

(マサズキッチンヨンジュウナナ)

IMG_4781

先日「Grillマッシュ」に飛び込みましたが、本来のお目当てのお店は

こちらでした。

IMG_4780

ん、 本日は営業しているようです。お店は地下1階、こちらの担々麺を

いただいてみたいと思っています。

一歩店内に足を踏み込むとスタイリッシュな空間が広がっていました。

一人である旨を伝えると、厨房を囲むL字型の大理石のカウンター席に

どうぞとのこと。 開店間もなく入ったつもりですが、カウンター席にはお一人様の

先客が3人。 他にテーブル席にも数組お客様がいらしておりました。

人気店なんだなぁ・・・。


カウンター内には数人お料理担当なさるスタッフの方々がお忙しそうに作業を

なさっており活気に満ちています。

迷ったあげくに担々麺は、「冷やし担々麺」@1600を選びました。

前菜と小籠包がセットされています。

まずは温かい中国茶をいただけました。

IMG_4764

前菜2種盛り合わせ

鶏のレモン蒸しと揚げ茄子の胡麻和え。

しっとりとした鶏肉にさっぱりとしたレモンの風味、揚げ茄子のほうはコクを

もたせた胡麻和え。双方とも品の良い味わいでした。

IMG_4769

小龍包3個

肉汁たっぷりの小籠包。針生姜付き。

何も申すことはありません。美味しいです。

IMG_4776

冷やし担々麺

中央に肉のそぼろ、白髪ねぎ、まわりにはラー油が散らされています。

ラー油からの辛さはありますが、全体的にはゴマの風味の強いもので

私にはややマイルドに感じました。上品に出来上がっていると思います。

IMG_4771

しかし、ちょっと物足りなさは残るかなぁ・・・と思いつつ食事をすすめていると

カウンター席まん前のスープ鍋からスープを(シェフなのでしょうか?)

お玉のまま味見なさってそのままそのお玉を鍋に戻されました。

げっ!!Σ( ̄ロ ̄lll)

スープ付きはランチセットを注文の方々のだわ。

 

お店のお料理の印象はモダンチャイニーズ。こうした場面を目の当たりに

しなければすっきりとお店を出れたのですが、少々残念な思いでした。

ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きと申し上げたかったのですが、

ごめんなさい。見送ります・・・。

 

MASA’S KITCHEN47

〒150-0013  東京都渋谷区恵比寿1-21-13 コンフォリア恵比寿 B1F

TEL            03-3444-1555                

営業時間/  11:30~14:00(L.O) 18:00~22:30(L.O)

定休日     月曜日

http://www.masas-kitchen.com/

2010年10月 7日 (木)

赤坂 松葉屋

赤坂、松茸飛騨牛専門の和食店「赤坂 松葉屋Aicon339 

IMG_6081 

場所は溜池山王駅、赤坂見附駅ともに徒歩5分、千代田線赤坂駅からは徒歩1分 

ということですが、私は赤坂見附から、みすじ通りを溜池山王方面に進みました。

この行き方だとお店はみすじ通りの左側に面しています。 

同店には最近訪問しました。 松茸のシーズンは9~10月なのですね。

個人的に夏が長いもので、9月に入って松茸がいただけるというのに頭が切り 

かわらずここ数年、松茸御飯を食べ損ねています。

実に悔しいものです。 本年もMorさんのブログを拝見して慌てました。 

他店になりますが、松茸御飯を含むランチが9月末で終了とのこと。

連れと大騒ぎをして探したのがこちら、「赤坂 松葉屋」さん。 

松茸は季節ものですので、急いでお伝えしようと思います。

IMG_6083

こちらでは、松茸づくしのお料理が比較的リーズナブルなお値段で 

いただけるのです。

松葉屋さんのHPを拝見すると、メニューについては 

ぐるなび 松葉屋赤坂店 をご覧ください。」となっていました。

松茸ランチの「昼小懐石 松(要予約)」@5250と 

土日祭日夜限定の「土日祭日 松茸づくしコース」@5250

料金も内容もほとんど同じなのですが、私の訪問した日は土曜日の昼。 

この場合、松茸づくしの昼ご飯はどちらになるのかしら?

ランチが優先?それとも土日祭日が優先? 

結論から申し上げると、「土日祭日 松茸づくしコース」@5250でした。 

しかも夜の場合は別途サービス料10%かかるのに対し、昼はかかりません。

IMG_6087

お店は1階が、ご贈答品の販売コーナーで、階段を上った2階がお食事のフロアに 

なっています。2階にて靴を預け正面左側のテーブル席にご案内いただけました。

窓の外にはみすじ通りが見下ろせます。 

IMG_6085

結論を先に申し上げましたが、予約の電話を入れた際に、昼はサービス料が 

かからないとのことでしたので、てっきり「昼小懐石 松(要予約)」の方だと

思っていました。違うのではなかろうかとわかったのはこうして記事を書くに 

あたり写真を見てからです。

「土日祭日 松茸づくしコース」の内容は   

1.松茸の食前酒   
2.酒菜   
3. 松茸土瓶蒸し   
4.松茸 炭火踊り焼き   
5.松茸 飛騨牛すき焼   
6. お食事(松茸ごはん・香の物・お椀)   
7. デザート   
※グラス生ビール・麦焼酎・ソフトドリンクからワンドリンクサービス

IMG_6104

テーブルに置かれていたサービスドリンクメニューから選んだのはグラス生ビール。   

アサヒプレミアムを選びました。   

IMG_6097

1.松茸の食前酒 と 2.酒菜   

小鉢のちりめん山椒は、はじめからテーブルに用意されていました。

味つけはしっかりとしていますが品の良さがあります。 

細長いお皿の左からは、秋刀魚の甘露煮、青菜のお浸し、銀杏と小さいイモ、

イチジクのゴマ和え。 季節感のある酒菜です。 

IMG_6160

(ノブロー) 松茸の食前酒ってやつだが、口当たりが甘くて松茸の香りが 

プンプンするだ。こりゃあ、クラっと効きそうだで、気ぃつけるだ。 

IMG_6132

お浸しの中にも松茸が入っています。   

IMG_6134

(ノブロー) 食前酒で松茸の香りは覚えただ。 次は松茸を味わうだな。 

IMG_6116

3.松茸土瓶蒸し 

大き目にスライスされた松茸が3枚、ハモ、銀杏、三つ葉。

お猪口には、すだちが用意されていました。 

香りと旨みのたっぷり出たお出汁をいただくと広がる豊かな風味。

秋到来、なんとも贅沢な気持ちにさせてくれます。 

IMG_6121

(ノブロー) こりゃ、たまらんだ。 ここ来てよかっただ。 

IMG_6165

吉乃川樽酒@1000×2 

別注文で日本酒です。やはりこの場面では日本酒いっておかないと!!

お酒のメニューを拝見しましたが、日本酒、焼酎、ワインなどバラエティに富んで 

取り揃えられていました。

IMG_6155 IMG_6154

IMG_6151 IMG_6148

しかし、酒単価はお高め。日本酒の中で一番リーズナブルな吉乃川樽酒を注文。 

やや甘口、樽酒とあってか、木の香りがしました。 

IMG_6168

(ノブロー) 日本酒だ。ランちゃんに報告せにゃならんだが 

オラ、酒がまわってきただ。腰にきたぞっ。

やだ、ノブローさん。またですか?顔が赤くなってきたけど、

ひっくり返らないでね。 

IMG_6128

4.松茸 炭火踊り焼き   

木枠に入った炭火のコンロ、この網の上にスライスされた松茸をのせて焼きます。

松茸の数は7~8切れ。 

IMG_6140

ワンダフル!! 焼きすぎないよう注意です。   

香りとともに松茸のシャキシャキとした食感を楽しめますね。

IMG_6157

(ノブロー) 松茸がでたでた、皿にでたあ~のホイホイ。 

炭坑節?ついにノブローさん、鼻歌がでちゃったわね。 そんな失態をすると

食のアイドル降格かもよ。 

IMG_6170

(ノブロー) 食レポするだ。薬味の皿だ、すだち、塩、生姜醤油。 

塩はパウダー状の塩だで雪塩かもしれんだ。 

IMG_6177

(しずか) アタシ、お塩でいただくのが気にいっちゃった。   

IMG_6174

(ノブロー) 土瓶蒸しのつゆ、ぜーんぶたいらげたでオラ復活だ。 

ごっちゃんでしただ。美味かっただぁ。

IMG_6183

5.松茸 飛騨牛すき焼 

先ほどの松茸 炭火踊り焼きは2人で一つの炭火コンロでしたが、すき焼きは

1人ずつ卓上カセットコンロを用意してくださいました。 

贅沢させていただいてますね。

予め、肉や野菜、割りしたは鍋にセットされている状態で運ばれてきます。    

IMG_6189

牛肉、水菜、白菜、焼き豆腐、ネギ、こんにゃく、松茸、飾りばかりに人参は1枚。   

この牛肉は飛騨牛、艶々として見るからに旨そう

ナマでもいけるんじゃないっと思ったぐらいです。 

割りしたは煮詰まってきてもベタつかずくどさがありません。 

IMG_6195 IMG_6231

生玉子につけていただきます。 

一口いただいただけで感動!柔らかくて甘みがあって、サシの入り方もよいので

しつこさがなく和牛の持つ繊細な力強さが伝わってきました。   

このすき焼きウマしW04

あとでお店の方にお聞きしたところ、飛騨牛4等級のものだそうです。   

IMG_6217

6. お食事(松茸ごはん・香の物・お椀) 

すき焼きと一緒に松茸ごはんがいただきたいのでお願いしました。 

お椀は吸い物でカブ、葉もの、食用菊、焼き米、梅、吸い口は柚子。 

塩味で整え、程よい餡でまとめられた味わいは滑らかで上品。

香の物は大根、人参、もう一種類は大根の葉を使った漬物です。 

IMG_6225

おひつで置いていってくださるので抱え込み状態です。 

松茸、油揚げを細かく刻んだもの、三つ葉、それと少量の鶏挽肉が入っている

ように思えました。   

松茸は予めしっかり下味をつけて炊かれたものを炊飯の際に使用なさっている

ように感じましたが、このお値段での松茸づくしコース料理です、 

〆の松茸ごはんに、何ら不足を感じませんでしたし、おひつで置いていって

くださるので気兼ねなくお替りができ、お腹も満ちました。 

IMG_6236

(ノブロー) 松茸ごはんとすき焼き、最高だで~。秋ってええだな~。 

(オラーズ) うぉぉぉーー!もう我慢ならねーだ。 控えてらんねぇー。

オラ達もごっちゃんになりてぇだーー。   

(しずか) あれ?オラーズ、人数増えてなぁい??

IMG_6239

7. デザート 

デザート時におしぼりとお茶を差し替えてくださいました。

入店時のお茶は、ほうじ茶でしたが緑茶になります。 

デザートは豆腐プリン。カラメルではなくパッションフルーツのような酸味と甘みを

もったソースがかかっています。 

ババロアのような舌触り、バランス的に甘さも程よく美味しくいただけました。

IMG_6254

(ノブロー) 紹介するだ。先月、中華街で兄弟が増えただ、新入りは 

モモローって言うだよ。

(モモロー) オラ、モモローだ。宜しくだ。 

(しずか) オラーズはどんどん増殖してるね。 

また養育費が増えるのね・・・。 わかったわ。仲良くしようね。

IMG_6259

土曜の昼過ぎ、場所柄のせいかみすじ通りの人出はまばらですが、お子様連れの 

ご家族も来店なさっています。

建物の構造上、声が響きやすいのは難点かもしれませんが、お客様の波が 

ひけた頃には、ふと耳を澄ますと洋楽のBGMが流れているのに気がつきました。

同店の立地などからして、夜は接待に使われることも多いと思いますが、 

私達の訪れた日は隣のテーブル席は空いておりましたし、ゆっくりとお食事が

できる、週末ランチの穴場ではなかろうかと思いました。    

IMG_6263

さらに、このコースにはお土産が付きます:sh 

この場で開封した包みの中には松葉屋オリジナルの海老しんじょうゆば巻き、

もう一つは自宅で開封しましたが、なかみは紅鮭昆布巻でした。 

お会計後は、1階の販売コーナーにて、一合用の炊き込みご飯の素を購入。

後日、油揚げなどを加え炊き上げたところかなりお店の味に近く出来上がりました。 

IMG_6267

お店の方に伺ったところ、松茸のコースは11月半ばまでの予定ですが、 

いまある松茸がなくなり次第終了、おそらく10月末か11月はじめで終わって

しまうのではなかろうかとのことでした。 

 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計12500円なり~。

松茸に関してはすべて国産であるかどうかは不明ですが、松茸づくしのお料理と 

飛騨牛すき焼きのコラボは素晴らしかった。

このコースのCPの高さにも着目して 

松茸・すき焼き満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。 

 

ご利用はサービス料10%のかからない土日祭日ランチの松茸づくしを

オススメします。 なお、その場合は要予約、また仕入れの関係上、

当日キャンセルは100%のキャンセル料がかかりますのでご留意くださいませ。 

また、お店本来の定休日は日・祝なのですが、秋の松茸の時期は不定休と

なりますので事前にお店の方に確認をなさったほうが良いと思います。 

 

赤坂 松葉屋

〒107-0052 東京都港区赤坂3-12-18 第8荒井ビル1・2F 

TEL   03-3583-9595

営業時間/11:30~14:00   17:30~22:30(L.O.22:00) 

定休日 日、祝

http://www.matsubaya.co.jp/

2010年10月 6日 (水)

さくら井 日本橋

お一人ランチは日本橋、寿司割烹「さくら井Aicon339 

IMG_5967

場所は地下鉄日本橋駅 B11出口より徒歩1分ほど。

老舗中国料理「小洞天」のお隣になります。

IMG_5973

清潔感のある凛とした店内。L字型のカウンター席を利用。

少々緊張しながらもカウンター内の職人さんに、お目当ての丼をお願いしました。 

IMG_5980

ずわい蟹中落ち丼@1200

酢飯の上に刻み海苔、大葉。そこにたっぷりのずわい蟹の身をほぐしたものと

マグロの中落ち、イクラの醤油漬けがのっています。

小鉢はオクラのお浸し、お椀はワカメ、エノキダケ、お麩。

ガリは小皿で供されています。

IMG_5985

そして、雲丹醤油。

この「雲丹醤油を少しずつかけてお召し上がり下さい。」とのこと。

IMG_5987

中落ちの方にはワサビと万能ネギを刻んだものがのっていますから

雲丹醤油はもっぱらずわい蟹の方でいいのかな。

雲丹醤油のコクのある旨みと塩気が淡白で甘みのあるずわい蟹によくマッチします。 

IMG_5990

ウマイーーW04!!

こうなるとイクラも中落ちも混ぜてしまいたくなるわ。

このあとは一心不乱のお食事タイムに突入しました。もう無言・・・。

IMG_5992

ランチには丼ものの他に、ばらちらし寿司、にぎり寿司もあり、季節ものの

オススメも出ていました。「深川丼定食」にもすごく心を動かされたのですが

今回は初志貫徹ということで「 ずわい蟹中落ち丼」をいただきました。

IMG_5994

また日本橋に来る楽しみが増えました。

ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

さくら井

〒103-0027 東京都中央区日本橋1-2-16  BLUE MARK83 1F

TEL      03-3270-1139 

営業時間/ 月~金 11:00~14:30 17:00~22:00

定休日    土曜・日曜・祝日

http://www.nihonbashi-sakurai.com

2010年10月 5日 (火)

ミ・レイ 蒲田

蒲田、ベトナム料理「ミ・レイ」 予約は半月待ちで予約が取れました。

IMG_3308

地元のお連れさんも、都内屈指の美味しさを誇ると噂に高い「ミ・レイ」 

にははじめての訪問とのこと。

まぁ、近いとだいたいそういうものなのかもしれません。 

駅からは近いのですが、あまり環境の良い立地とは言えません。

蒲田駅東口徒歩3分、某ラブホテルの前になります。 

IMG_3312

雑居ビルの2階、小じんまりした店内になります。 

まずは、飲み物を・・・とメニューを拝見するとお酒はコロナとギネスが650円、

生ビール、333、VODKA,、焼酎(芋・麦)、泡盛、梅酒もグラス売りで単価は 

600円となかなか良いお値段。これは酒飲みには厳しい。

ワインのボトルでもあれば会計を抑えられるのですが、調子にのってうっかり 

お酒を注文しすぎるとお財布に響きそうです。

まずは、手前がベトナムビール333と奥が生ビール各@600×2。 

このサイズのものが600円です。

IMG_3321

海老の生春巻き@650   

海老、豚肉、ニラ、レタス、パクチー、ハルサメorビーフン。

Okini02_3 しっとりとした質感のあるライスペーパーではんなり巻かれています。

素材もギュウギュウに詰め込まれている感がなく、酢飯でいうところ 

ほお張るとはらりとする、きちんとしながらデリケートな巻き具合、

作り手の熟練さが伺えるように思えます。 

出会いたくてもなかなかこの絶妙な食感に会えません。

IMG_3331

透き通ったライスペーパーから覗く海老の色彩の鮮やかなこと。   

ドキッとするぐらいのべっぴんさんです。

IMG_3328

ピーナッツ入りの味噌ダレのようなソース。 

生春巻きをつけていただくのですが、これウマし。

ピーナッツの食感もさることながら深みのある味わいのソースです。 

IMG_3335

取り皿に箸。 

シンプルですが好感度。

想像になりますが、ベトナムのカフェのような雰囲気が伝わってまいります。 

IMG_3357

(しずか&ヨンクマ) これ、なんだろー。 シッポが飛び出ているよ。 

しずかちゃんもヨンも海老の生春巻きに興味津々ね。

兵庫のお父さんもエスニックがお好きだから、ベトナム料理の生春巻きも 

召し上がるかもしれないわ。 キミ達も食べてみて感想を教えてほしいな~。 

IMG_3343

青パパイヤのサラダ@1050   

タイ料理のソムタムとはまた違っています。香草の風味も効いており、

甘酸っぱい中にピーナッツの食感はアクセント。繊細な味わいです。 

IMG_3368

海老のトマトソース炒め@1250   

トマトソースにはタマネギが入っています。出汁がきいているのか?

トマトケチャップ味だけではなく丸みをもった深いコクを感じられます。 

IMG_3376

(ノブロー) オラ、ララ・メイをエスコートするだよ。 

(ララ・メイ) あら、なんか美的センスのある海老ね。 

IMG_3381

牛肉のフォー@950   

牛からの出汁は丁寧にアクが取られ、濃厚なスープとなっています。

時おり、ぴりりっと辛さを感じてたので確認すると唐辛子入り。 

IMG_3392 IMG_3395

さらに追加の後のせ野菜は別皿に、もやし、レッドオニオン、香草、 

そしてお好みで搾るレモン。写真右上は辛みそのようなソース。

牛肉のフォーもこちらの看板メニューの一つ。 

最初はすんなりいただけていたのですが、次第に濃厚な出汁のスープに

脂っこさを感じてしまいました。

こういうときこそレモンをお手元で搾って自己調整。

お口をさっぱりとさせて美味しいスープを飲み干しましょう

IMG_3363

ベトナム料理は私も馴染みがありませんので、自分の基準ができあがっても 

いずに意見を述べることは大変恐縮なのですが、いただいたお料理はどれも

間違いなく美味しかったです。 

あれ?ベトナム料理ってもっとバタくさいものなのではないのかという勝手な

思い込みはすぐに打ち砕かれました。   

とても繊細。 同店の評判が高いのも納得です。

しかし、酒飲みには厳しい。 

途中連れは芋焼酎@600をロックで注文したのですが量が少ない。

コレだけの旨いお料理を酒を控え、水で流し込むのはいささか至難の業 

でありました。

ということでこのあとは、お酒が飲みたらないので近所の居酒屋に移動。 

IMG_3397

途中、飛び込みで入っていらっしゃるお客様もおりましたが、やはり予約で 

いっぱいの様子でお店の方が断られていたようです。

なお、こちらではメニューの撮影はご遠慮くださいとのこと。 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒のほかに追加で333@600×3、

生ビール@600で合計8200円なり~。   

お料理は美味しいのですが、お酒の単価が高く、個人的に酒飲みの外食として

そうそう足は運べないかもしれません。

しかしながら・・・

ベトナム料理満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。 

 

ミ・レイ

〒144-0052 東京都大田区蒲田5-1-4 関根ビル 2F

TEL   03-3732-3185 

営業時間/ 火~金 17:00~23:00 土・日・祝 17:00~22:00

定休日 月曜日

2010年10月 4日 (月)

均昌閣(きんしょうかく) 横浜中華街

某日の、横浜中華街Aicon339

リーズナブルな中華でもいただきながらのんびり1杯飲ろうといことになりました。 

IMG_4139

そんなときのご利用には中華街本通りにある中国広東料理の「均昌閣」本館。

2008年以来の訪問。当時は「選べるランチ」1800円に着目していたのですが

表には新メニュー「味わいセット」1400円が出ていました。

IMG_4272

今回のご案内も、1階中国庭園風フロアのお席。 

お昼のピーク時を過ぎていましたので、一段落している様子です。

IMG_4144 IMG_4158

さて、「選べるランチ」より、さらにリーズナブルなお値段の「味わいセット」1400円。

内容は

  1. 海老のチリソースとマヨネーズソースの二色炒め
  2. 色々野菜と若鶏のさっぱり炒め
  3. フカヒレ餃子と小籠包の二種点心
  4. 叉焼チャーハン又は特製ゴマ醤油冷麺
  5. フルーツ杏仁豆腐又はまろやかマンゴプリン

お酒は、ビール、焼酎、サワー、日本酒、果実酒、紹興酒、白酒・薬酒、ワイン

と幅広く置かれていますので、各人のお好みに対応できるかと思います。

私の注文は一番リーズナブルな紹興酒ボトル2300円。

IMG_4170

しかしその前に、生ビール小(300ml)@480と中(480ml)@680で乾杯。 

IMG_4173

1.海老のチリソースとマヨネーズソースの二色炒め

2人前を一緒盛りです。 プリプリとした海老の食感。

チリソースはケチャップを感じさせるような馴染みやすい味ですが

家庭的には仕上がっていません。

マヨネーズソースにはフルーツが使われていて優しい味わいでした。

ちょこっとした量がかえってお料理を飽きさせずに次のお皿に進めます。

IMG_4184

2.色々野菜と若鶏のさっぱり炒め 

鶏もパサパサではありません。しっとり柔らかくて、塩味にニンニクと生姜が

程よくきいています。

野菜も油通しがなされているので、しっかり味がしみ込んでいます。

IMG_4237

3.フカヒレ餃子と小籠包の二種点心

小籠包に針生姜もいただけました。

IMG_4226

左が小籠包、右がフカヒレ餃子。

味付けされた餡がみっしりとつまっています。小籠包には肉汁もじゅわっ。

一人1個ずつですが、このあともありますからこの量でも不足なし。

IMG_4245

紹興花彫酒(ボトル600ml)@2300 

ロックでお願いしました。

IMG_4248

氷のセットの他に連れがレモンを注文したのか不明ですが

干からびた甘い干し梅もついてきました。これ少々、合成的な甘さがして苦手。 

IMG_4203

4.叉焼チャーハン又は特製ゴマ醤油冷麺 

ここからは2人で違うものを頼んでいますよ~。そのほうが品数も増えるし

お味を試せますからね。 リーズナブルなお値段にもかかわらず、こうした自由が

きくところが同店の魅力なのです。

叉焼チャーハンは大ぶりのチャーシューがゴロゴロ入っています。

他にはシンプルに玉子とネギのみ。 油が全体にまわってさりげなくウマイ。 

だんぜん、おつまみにもなるチャーハン。

IMG_4240

(ノブロー) ほう、旨そうだで、チャーハンいい色しているだ。

シンプルっつーのは、こまっしゃくれたところがなくていいだよ。

IMG_4256

( しずか) チャーハンもおつまみになるから、全体的にちょこっとの量でも

満足できちゃうんだね。

(ノブロー) しずか、最近オラより食レポ、上手になってきたでねーか。

だがな、中華街はオラの故郷だで譲るわけにはいかねーだよ。

IMG_4263

(スズロー&タクロー) もめてねえで、中華街はオラ達の故郷でもあるだよ。

皆で記念撮影したいだ。

( ノブロー) たまにはそれもええだな。海老の皿囲むだーー!!

IMG_4268

(ヨンクマ) あのぉ。。。ボクも居るけど、中華街ひさしぶりだよ。

(しずか) ヨンちゃん、忘れられないよう定期的に顔ださないとマズイよ。

IMG_4213

4.叉焼チャーハン又は特製ゴマ醤油冷麺 

特製ゴマ醤油冷麺。チャーシュー、キュウリなど。

IMG_4219

ほんのりとした甘酸っぱさが後をひきます。 

IMG_4284

5.フルーツ杏仁豆腐又はまろやかマンゴプリン 

フルーツ杏仁豆腐。さくらんぼ、りんご、メロン、パイナップル。

チープな感じも微笑ましい爽やか杏仁豆腐。郷愁を誘います。

IMG_4279

5.フルーツ杏仁豆腐又はまろやかマンゴプリン 

口ざわり滑らかでマンゴとココナッツの風味が効いています。

IMG_4291

中央の柱のところが水槽になっていまして鯉が数匹泳いでおります。 

IMG_4297

お会計を済ませたあと、久しぶりに均昌閣の無料おみくじをひきました。

良い結果がでたときはお財布に入れておいてね。とお店の方のご指導あり。 

IMG_4165

さて、「選べるランチ」はどうなったかというと健在です(*^-^)

嬉しいお値段据え置き。もう少し量をいただきたいときはこちらの方がよいかも

しれませんね。

お料理については抜きん出ている点、特色の強いものなどはないかもしれません

が、安心感はあります。

アイドルタイムを考えず、中華料理を軽くつまみながら1杯飲るには有難いお店であり、

1400円でここまでいただければ、なんら不足を感じませんでした。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒のほかに追加で紹興花彫酒(二合360ml)

@1360で合計7780円なり~。 

横浜中華街満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

均昌閣

〒231-0023 横浜市中区山下町151

TEL           045-681-0701

営業時間/平日 11:30am~10:00pm(ラストオーダー9:00pm)

        土曜 11:30am~10:30pm(ラストオーダー9:30pm) 

       日・祭日 11:00am~10:00pm(ラストオーダー9:00pm)    

http://www.kinshokaku.co.jp/  

2010年10月 3日 (日)

松玄 麻布

お一人ランチに、麻布十番の「松玄」 久しぶりになりますが、再訪です。 

IMG_4133

1000円ランチは健在です。 他のランチメニューも気にはなるのですが

注文するものは、いつも 牛すじカレーライスと冷たいそばのセット@1000

IMG_4117

冷たいそば 

コシのある細めのそば。つゆも辛め。

カレーライスとのセットなのでこのぐらいの量で満足できます。

IMG_4123

牛すじカレーライス

和風仕立ての牛すじカレーライス。

ん~、本日はちょっと牛すじが少なくて、味わいにもうひとつパンチが欲しいわ。

そういう時は、卓上に黒七味がありますから勝手に調整しちゃいます。

IMG_4130

こちらのそば湯は好きです。程よいとろみに品の良い甘さ、

残った汁とわってまろやかな風味を楽しみます。

ときたま無性にこちらのおそばがいただきたくなるのは、このそば湯が

飲みたいからなのかもしれません。

 

前回は再訪の目安を記していませんでしたが、

★★★☆ 消極的に好きでした。 

今回も変わらず、ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

松玄 麻布十番

〒106-0045 東京都港区麻布十番3-11-12 仙台坂オークヒルズ1F

TEL      03-3457-5690

営業時間/ 月~金 11:30~14:30(L.O.14:00) 17:00~23:00(L.O.22:30) 

         土・日 11:30~23:00(L.O.22:30)

定休日     無休 

http://www.pewters.co.jp/

2010年10月 2日 (土)

草の家 麻布十番

お一人ランチは、麻布十番の「草の家」(クサノイエ)再訪、第4弾です。 

IMG_5206

前回の記事では、「何をいただこうかな(*^-^)」などもったいぶった発言を

記録していましたが、食べたいものは既に決まっておりました。

 

ズバリ申し上げます!!「ビビン麺」です( ̄▽ ̄)

しかし、このビビン麺はランチでもいただけるのですが、セットものには

なっていません。 普通サイズで1200円、小で900円です。

前回の「焼肉&冷麺」@980 美味しかったなぁ。

焼肉も諦めがたいし、あの冷麺をビビン麺でいただければ一番なのだけれど・・・。

ダメもとでお店の方にお願いしてみたところ、「焼肉&冷麺」の冷麺を割増料金

(+200円)でビビン麺にチェンジしていただけました。

女の一念 岩をも通すのだ!

IMG_5211

まずは、サラダ、キムチ、カルビ、ライス。

すっかりお馴染みになった焼肉のセットがテーブルに並びます。

IMG_5208

ホワイトアスパラガスと見まがうばかりのマカロニ入りサラダ。

このマカロニはマヨネーズで軽くあえている様子。

ドレッシングはゴマ風味のように思えましたが、前回よりこの加減が良くなり、

さらに美味しくいただけました。

IMG_5215

カルビは7枚。いい具合にサシが入っています。

IMG_5225

焼こう 焼こうW04 じゅじゅじゅー、お一人焼肉って気兼ねなくって楽しいわ。 

IMG_5228

ビビン麺

キュウリ、りんご、チャシュー、ゆで卵。

たっぷりの肉味噌がからまったコシの強い極細麺、味わいは濃厚で甘辛。

これは甘辛いコチュジャンダレがきいているのだろうと思います。

IMG_5239

旨みがたっぷりで、世間一般の冷やし汁なし担々麺同様、残りにご飯を投入

したくなっちゃう味です。

冷麺はさっぱりといただきたいときに、ビビン麺は甘辛くこってりとした味わいを

楽しみたいときに、そのときの体調や気分によって変えてみるのがいいですね。

いや~、「草の家」自分で言うのも照れくさいのですが、こちらが好きなんですね。

だって、ビビン麺だってすごいんです。

 

Hand01お会計は焼肉&ビビン麺で合計1180円なり~。

ランチ満足度数は、変わらず ★★★★ 積極的に好きです。

 

草の家(クサノイエ)

〒106-0045 東京都港区麻布十番4-6-8 麻布A&Kビル 8F

TEL  03-3455-8356

営業時間/ 11:30~翌3:00

定休日    月曜日             

http://www.kusanoie.net/

2010年10月 1日 (金)

OGGI DAL-MATTO (オッジ ダルマット) 西麻布

友人とのランチに西麻布のイタリアン「OGGI DAL-MATTO

(オッジ ダルマット)Aicon339 

前回は恵比寿の「DAL-MATTO」にお邪魔させていただきましたが、今回は

ランチのみにいただけるお得なフリードリンクを目当てに遠征してまいりました。

 

予約する際に料理の内容・料金説明を受け、苦手、アレルギーのある食材は

ないかを聞かれる点と、お料理はおませのコース料理のみもという点も同様。

しかし、今回ランチのフリードリンクはスプマンテ!しかも1000円 Yahho01 

私、飲んべえですがいいんでしょうか・・・・。

最近フリードリンクとなると燃えておりますが・・・。

ここは遠慮なく、( ̄▽ ̄) しゅわっとやらせていただきますよ~。

席に案内していただき、料金設定に違いのある3種類の中から

3500円のおまかせコースを選びました。

IMG_3261

・前菜1 

はじめのお皿は野菜が中心。

IMG_3273

・前菜2 

次のお皿は魚介が中心。 

IMG_3277

・フォカッチャ。

写真は2回目に出されたゴマ入りのものです。

3種類のオリーブオイルも運ばれてきています。

IMG_3278

・冷製パスタ

完熟した桃が表面を覆う、桃とトマトの冷製パスタ。

IMG_3282

福島産の桃と北海道産のトマトを使用なさっているとのこと。

トマトの爽やかな酸味と完熟桃の甘みに加え、かすかに感じられる塩の加減。

絶妙なバランス感のあるパスタになります。

IMG_3284

・ヴァンデ産鴨のロースト

柔らかい鴨肉は旨みがたっぷりで、付け合せのバナナピーマンは千葉の

契約農家からのものだそうです。

IMG_3290

・温かいパスタ

サンマルツァーノとサンマのパスタ。

恵比寿同様、先ほどの冷製パスタと比較して、少なめ、普通、多めと量を選べます。

メモを見ると多めで注文しているようですが、まだまだいけそうですね。

スパイスを使われてようでぴりっとしました。

IMG_3295

・デザート

ハチミツとクルミのジェラート。 

IMG_3301

恵比寿ではデザートは1階に移動していただきましたが、こちらは移動はなく

同じ席でいただくことになります。

まあるい甘みにほっと癒されました。 

IMG_3304

友人はコーヒー、私はエスプレッソで。

さて、恵比寿と西麻布、夜と昼、場所と時間帯は違えどダルマットに寄らせて

いただけたということで気が緩んでしまって、今回は肝心のスプマンテを撮り

忘れてしまっています。なんという失態(ノ_≦。)!!

ランチのスプマンテはなかなか美味しいもので、たくさんいただき、ほろ酔い

上機嫌で帰宅。夜まで爆睡してしまったことは言うまでもありませんね。

 

Hand01お会計は、2人で、上記おまかせコース料理@3500×2と

フリードリンク@1000×2で合計9000円なり~。

私の感想としては、夜の恵比寿店が追加のビールも含みますが一人当たり

8500円だったのに対し、昼の西麻布は4500円。 個人的には夜にさほど

CPの良さを感じなかったのですが、このランチなら納得です 

同行の女子も大満足のようでしたRose03

イタリアンランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

OGGI DAL-MATTO (オッジ ダルマット)

〒106-0031 東京都港区西麻布1-10-8 第2大晃ビル1F

TEL     03-6406-0771         

営業時間/水~日 11:30~13:30(L.O) 17:30~24:00(L.O22:00)                

          火  17:30~24:00(L.O22:00)

定休日    月曜日(火曜のランチは休み)

http://www.dal-matto.com/#top

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »