2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

森戸神社へ

朝食は海支度をしながら宿でテイクアウト。

IMG_3927

スタバの

アイス トール スターバックス ラテ@370

トマトとバジルのタルティーヌ@290 合計2点で660円なり~。

さてさて、午前中海で遊んだあとは昼食をとりに移動。

その前に、例年どおりみそぎ橋を渡って森戸神社にお参りします。

IMG_3935

IMG_3936

IMG_3940

また今年もお参りできたことに感謝(o^-^o) 

IMG_3943

森戸神社からは海水浴場のこうした光景を望むことができます。

2010年8月29日 (日)

蕎麦恵土 葉山町堀内

1年がかりで今年も「蕎麦 恵土」に向かっていますAicon339

IMG_3747

昨年同様、バス通りから裏の小道に入り六地蔵を奥の左手にみながら、

その手前の道を右折して直進、途中短い距離ですが両脇が墓地です。

IMG_3748

この通りにはお店への道案内もでています。

IMG_3755

到着しました。予約の時間は18時30分。

IMG_3759   

古民家の一軒家。引き戸を開けて入ります。

IMG_3761

夜はコース料理のみ。昨年は鴨料理の入った又は選べるコース料理があったの

ですが、今回、電話を入れたところ鴨料理はなくなり、4600円のコース料理

だけになったとのこと。 同店の鴨料理が美味しかったので残念でなりませんが

こちらのお店の雰囲気が好きなのでひるまず予約をしました。

IMG_3763 IMG_3768 

まずは、お酒を決めましょう。ハートランドビール中ビン@700

IMG_3774 

そばどうふ

夏野菜との土佐酢、冷たくて涼しげな一品。

蕎麦豆腐、モロヘイヤ、コーン、茗荷、大葉、烏賊。

IMG_3777

土佐酢はさっぱりとして品の良い甘さ。

昨年と比べると、こちらには烏賊はなくても良かったのでは・・・。

IMG_3782

かつおのそば寿し、万願寺とうがらしを炊いたもの、鯖、生姜甘酢、

かぼちゃようかん、オクラのお浸し、キュウリの浅漬け。

酒の肴になりそうなお料理がちょこちょこ盛られています。 

IMG_3801

やきみそ

くるみ、青じそ入り。焼き目が香ばしくて、日本酒がほしくなります。

IMG_3766

日本酒のリストは2つ。

IMG_3815

まずは、正雪@1050

IMG_3821

(ノブロー) ごっちゃんです。こりゃウマイだ。オラも日本酒飲みたいだ。 

IMG_3829

(しずか) これ、なあに?いい香りがするね。

(ノブロー) やきみそだ。しずかもやきみそデビューするだ。 

IMG_3836

だし巻き玉子

大根おろしには予め醤油がかかっていました。

私にはこのだし巻き玉子にぴりっとした味わいを感じたのですが、連れはそうでも

なかったようです。 

IMG_3844

(ノブロー) どれどれ、オラもいただくだ。 

IMG_3847

明鏡止水@900

(ノブロー) 日本酒はかたくちってやつで置かれるだ。

日本酒の好きなランちゃんにも飲ませてやりたいだな。 

IMG_3867

加茂茄子とそばがきの揚げだし

Okini02_3 変わらず濃厚な味わいです。ふわっとしたそばがきの食感も良し。

IMG_3868

(ノブロー) 写真の左に見えるのがそばがきだで。 

IMG_3878

天ぷら

かます、タマネギ、かぼちゃ、茗荷。

お塩が添えられてきます。天ぷらは昨年同様、特筆すべき点はなし。 

IMG_3887

(ノブロー) オラは野菜の天ぷらが好きだな。かぼちゃ好きだな。

IMG_3891 グラスワイン@530×2

IMG_3904

せいろ

手打ち感たっぷりのせいろ。喉越しもよく本日はとても美味しく感じました。

写し忘れましたが、そば湯もいただきました。 白濁していて甘みがあります。

IMG_3919

デザート

赤シソと青ウメのシャーベット。

昨年はデザートを選べたのですが今年は決まっているようです。

庭先の見える縁側の2人用の席に移動していただきました。

今年はこの庭先に猫を見かけませんでしたが、野趣あふれる白ユリが2本、

夜風に吹かれ、そっと咲いていました。

IMG_3923

2回目となるといろいろと目についてしまうものなのでしょうか、

昨年とあまり変わらず新発見のない内容に少し物足りなさを感じてしまいましたが

店主お一人で調理なさっていることを考えるとこれも贅沢な希望かもしれません。 

IMG_3924

接客は奥様がお一人で担当。

お忙しくてテーブルもすぐには整えられない状況です。

そんな中、今回も最後の客になってしまった私達。 しかし、追い立てられるわけ

でもなく縁側でゆっくりとデザートを楽しませていただきました。

IMG_3754

時が止まったような感覚をおぼえさせてくれる「蕎麦 恵土

清楚な奥様の笑顔に見送られ今年もお店をあとにしました。

 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒(日本酒お替りの杯数は控え忘れました)

合計12910円なり~。

去年は再訪の目安を記していませんでしたが、

私の中では、★★★★☆ とってもお気に入りでした。今回、鴨料理がなくなり

コース料理の内容に清新さを発見できなかったことが残念に思えたのですが

このお店の雰囲気はとても気に入っておりますし、個人的には年1度の海の帰りの

お楽しみなのです。

★一つ減少しますが

日本蕎麦満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。     

                                                                          

蕎麦 恵土(そば えど)

〒240-0112  神奈川県三浦郡葉山町堀内870-7

TEL   046-876-3625

営業時間/ 12:00~15:30(L.O.14:30) 18:00~19:30(L.O)(予約制)

定休日    木曜・第1第3金曜

http://www.sobaedo.com/

2010年8月28日 (土)

森戸海水浴場

本年、最後の森戸海水浴場になります。

今日は私が酒のつまみを作ってまいりました。

IMG_3715

沖縄豚のサラダ

生野菜の上に塩胡椒で焼いた沖縄豚をのせただけのしろもの。

先日淡路島で購入した、たまねぎドレッシングでいただきます。 

IMG_3725

ゴーヤチャンプルー

ゴーヤ、豚肉、卵、厚揚げ 。私は厚揚げで作るのが好きです。

 

そしてオラーズ3人衆は・・・・

2

(ノブロー) やっぱ、オラたちのホームグラウンドは葉山だべか?

(タクロー&スズロー) だな、馴染みの海の家があるっつーのはいいもんだ。

(ノブロー) ところで、今度こそアダルトな水着ギャルはいるだべか?

(タクロー&スズロー) 探すだ!探すだ!アダルトだ。

IMG_3741

(タクロー&スズロー) いただよ。でもカレシさんもいるだ。

(ノブロー) ・・・仲良さそうだでオラ達の出る幕はなさそうだ。

カップルさんを見守るだ。

(タクロー&スズロー) だな。ラブラブだ。

IMG_3743

(ノブロー&タクロー&スズロー)  ・・・夏も終わりに近いだ。海まで走るだべか・・・。

IMG_3744

お盆過ぎの森戸海水浴場のクラゲ情報を来年にむけて記録しておきます。

太陽光が水面に差し込むと足元の見える透明度。水温は高く、午前中は沖の方に

少ししか見られなかったクラゲは午後2時30分をまわったころから上げ潮を迎えると

徐々に浅瀬の方へもやってきます。

ここで遭遇したクラゲは毒性の強いアンドンクラゲヾ(.;.;゚Д゚)ノ。

無色透明ですので気がつくと近くにいることもしばしば。

日差しが強いのでついつい海に入りたくなりますが海水浴は早めにきりあげる

ほうが無難かもしれません。

午後4時くらいに一度様子見をしましたが、浅瀬にも多く見られました。

アンドンクラゲに囲まれてパニックなんてこともあり得るかも??

2010年8月27日 (金)

あぶらぼうず 白金高輪店

ランチは、白金高輪の魚介・海鮮居酒屋「あぶらぼうず

場所は、白金高輪駅からだと魚籃坂下方面の2番出口が近く、以前記事にした

「レミズダイニング」の並びになります。 

ランチタイムは魚介を使った丼ものや定食が置かれています。

丼ものは酢飯を使用したものと白飯を使用したものがあり、大盛り無料。

IMG_2641

地魚ユッケ丼@850

ピリ辛特製ダレと鮮魚のハーモニーとメニューに記されていた、こちらは白飯使用。

生野菜の小鉢、漬物、青さのりの味噌汁付き。

IMG_2642

千切りきゅうりにピリ辛特製ダレに漬けられたと思えるマグロ、中央には卵黄。 

このピリ辛特製ダレは甘め。ここに卵黄が加わることでさらに甘さを感じてしまう。

また、白飯の量は多めなのでお腹は一杯になるのですが、鮮魚の少なさに

全体としては物足りなく思えました。

なお、同僚は酢飯の「漁師豪快投げ込み丼」をいただいていましたが、こちらの

方がネタも多く、お味はなかなかだ。ということでした。

写真を撮り忘れましたが、食後にフルーツをいただけました。

ご馳走さまでした~。


あぶらぼうず 白金高輪店

〒108-0074  東京都港区高輪1-3-20

TEL      03-3280-0278

営業時間/ 11:30~15:00(L.O14:30)  18:00~24:00(L.O.23:00)

定休日    日曜日

2010年8月26日 (木)

松原庵 由比ガ浜

由比ガ浜での海水浴の帰り道、今年も「松原庵」に向かいましたAicon339 

IMG_2422

白地の暖簾をくぐり、敷地内のテラス席のむこうに見えたのは 

IMG_2427

「松原庵CAFE」です。

IMG_2428

昨年最後に訪問した際は工事中でしたが、緑に囲まれたカフェスペースが

左側に出来上がっています。 リラクゼーション効果がありそうですね。 

IMG_2433

しかし、今回も利用はこちら。 

IMG_2435

玄関で、靴を脱ぎ店内へあがらせていただきます。

予約したのは座敷席のほうです。 

IMG_2513

冷酒は高くつきそうなので一番リーズナブルなワインを注文。 

IMG_2462

テラス・ド・ギレム・ソーヴィニヨン・ブラン@3500 お値段据え置きです。

まだ明るい日差しが残っているうちから一杯飲るのは 至福の時になります。 

IMG_2453

つきだし

キュウリの醤油まめ。以前はつきだしあったかな??

醤油のもろみを使っているのでしょうか、塩辛さがキュウリによく合います。 

IMG_2468

彩り野菜のバーニャカウダ@1400

新鮮な彩り豊かな野菜を特製のアンチョビソースで。

去年いただいたときと使われている野菜が違います。

野菜本来の甘みとシャキシャキとした歯ごたえが心地よいのです。

IMG_2480

濃厚なアンチョビソースも変わっていません。

IMG_2491

(ノブロー) 今年はオラも一緒だべよ。モロコシ美味そうだな~~。 

IMG_2501

海鮮のあられ揚げ@1200

蛸、イカ、海老、三つ葉、大葉。

うーーん?どうだろう。去年と比べると今日のは少々衣がベタつき気味かな。

IMG_2519

(ミミ) 岩塩もいただいたよ。

IMG_2539

厚切り鴨ロース肉の炙り焼き@1400

変わらず味付けは塩・胡椒。

鴨ロース肉自体は良いのですが、今日は塩がきついような気がします。

IMG_2557

(ノブロー) どれどれ。オラも食べてみるだ。ごっちゃんです。

IMG_2573

焼酎は池の露(芋 熊本)@750

品の良い芋焼酎で飲みやすかったです。

IMG_2579

鴨煮そば@1800 

「長時間煮込んだ鴨の出汁と柔らかい鴨の煮込みは相性良し」とメニューに

記されていました。

鴨肉は良いのですが、つゆがすごくしょっぱくて喉が渇きます。

メニューには、鴨南そば@1800もあり、こちらは煮込みではなく

鴨ロース肉を焼きあげたものが入っている様子。

目先を変えて注文したつもりでしたが選択を誤ったかしら。。

IMG_2534

全体的に塩加減のきつさを感じてしまった今回の松原庵。

料理人の方が変わられたのか、単に私のコンディションによるものなのか

残念ながら今年はもう訪問のチャンスがないようなので、また来年確認したい

と思います。

 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒(追加は同ボトルワイン1、焼酎のお替りは

控え忘れましたがおそらく1杯だと思います)で合計15100円なり~。

去年は再訪の目安を記していませんでしたが、

私の中では★★★★ 積極的に好きでした。今回、味付けなどが以前の印象と

違っていたように感じましたが洗練された雰囲気とアラカルトでお料理を楽しめる点、

そして個人的には海の帰りのお楽しみとして気にいっています。 

☆一つ減少しますが

日本蕎麦満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。                    

松原庵

〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜4-10-3

TEL   0467-61-3838

営業時間/11:30-21:00(LO)

定休日/ 無休

2010年8月25日 (水)

芝蘭 (チーラン) 銀座

お一人ランチは、銀座の四川料理「芝蘭Aicon339 

1

場所は銀座四丁目の交差点から中央通りを新橋方面に進行し銀座七丁目の

交差点を右折。

1本裏の銀座すずらん通りを銀座四丁目のほうに戻る形で進むとお店の入っている

ビルが右手側に現れます。

このあたりは夜ともなると華やかなネオンが灯る銀座のクラブ街でもあり、

それと比較すると昼間の人通りは寂しく感じられます。

IMG_2203

ビルの前にはランチメニューが出されています。

銀座の一等地にしてこのランチのお値段は実にリーズナブル。 

 

エレベーターを8階で降りるとスタイリッシュな内装の店内が視界に入りました。

IMG_2210

お店で使用されている家具もシンプルなデザインで堅苦しさはなく、

赤のダウンライトを効果的に使うことにより、チャイニーズモダンのテイストを

もたせた空間が広がっています。

IMG_2208

開店まもなくだったためか、まだ私のほかにお客様はいらしてないようですが

店員さんもいない。どうしよう・・・と戸惑っていると奥からホールスタッフの方が

駆けつけてきてくださいました。

テーブル席にご案内いただき、メニューを渡してくださるとともに、時間が早かった

ため8食限定のあんかけ焼きそばをお薦めしてくださいました。

こちらのメニューはお客様の要望により入ったものらしく麺が違うようです。 

IMG_2199

でも・・・私は表に出ていた銀座芝蘭限定の冷やし汁なし担々麺がお目当て。

ご飯、漬物、デザートが食べ放題です。

IMG_2214

冷やし汁なし担々麺@1000

肉味噌、水菜、松の実など。麺の色が白いです。 

IMG_2232

かき混ぜると美白の面が健康的?に色ずきました。

一口いただいてみると、それはツーンキーン系の辛さではなく、じんわ~りと効いて

くる奥行きのある旨みの強い辛さ。 よく汁に絡む麺はもっちりつるん。

冷たさと辛さの喉越しが嬉しいこの冷やし汁なし担々麺は、お店の方のお話によると

期間限定銀座店オリジナルとのこと。 余韻の残る味わいでした。

IMG_2230 漬物はザーサイ

予め一皿持ってきていただけますが、おかわり可です。

IMG_2242

ご飯はおひつで置いていってくれました。

IMG_2246

冷やし汁なし担々麺の残った汁をご飯を投入して混ぜてます。

炭水化物の宝庫ランチ。 美味いっ!先ほど、麺をしっかり完食したにも

かかわらず、がっつりいけちゃいます。

IMG_2222

杏仁豆腐

店内に設けられたセルフのカウンターからとって来ました。

優しい甘さの杏仁豆腐、食べ放題は有難いな。

 

接客は親切、丁寧。笑顔たっぷりのホール係りさんは気さくな感じで

場所柄かこなれた感じで対応してくださいました。

このときお店のホームページが出来上がりました。とチラシをいただいたので

記録を書くにあたり銀座チーランスタッフブログを拝見したところ

「9月25日をもちまして銀座芝蘭は神楽坂に新しい業態で新規移転する

運びとなりました。」と記されていることに気がつきました。

今回、お薦めしてくださったあんかけ焼きそばをご辞退したので

帰りがけに「次回いただきにあがります。」とお話したのに残念です(´・ω・`)

銀座でリーズナブルにいただける四川料理のランチが無くなることは悲しい

のですが、神楽坂でのお店の新たなる飛躍を期待したいと思います。

IMG_2254

ちょっぴりセンチメンタルになりましたが・・・

ランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。 

 

芝蘭 (チーラン)

〒104-0061 東京都中央区銀座7-8-15 第二新橋会館 8F

TEL     03-3573-0301

営業時間/ 11:00~14:30(L.O)、17:00~22:00(L.O)

定休日    日曜

※追記 閉店になりました。

2010年8月24日 (火)

Tsunami Ebisu Tokyo Royal Palace (ツナミ) 恵比寿

某日、友人との2次会は「 Tsunami Ebisu Tokyo Royal Palace 」(ツナミ)

ハワイアンのダイニングバー。

場所は恵比寿南の交差点を恵比寿西1丁目の五叉路方面に進行した右手側に

位置し、近くには恵比寿公園があります。

週末ともあってお店は盛況。店員さんもハワイ全開のコスチューム。

見渡すとカップルと女性客が多く、店内はトロピカルなムードがむんむんです。 

IMG_1052 

カウンター席でしたらご案内できますということで、程よく?酒の入った女子2人が

お邪魔しております。 

生ビール@630(@661)とハワイアンスプモーニ@780(@819)

メニューはまず税抜の金額が大きく記され、税込みの金額が小さく書かれています。
個人的にこういう細かいことが気になるタイプです。

ハワイアンスプモーニ、お味のほうはまずまずのようですがこのグラスが

少し寂しく感じました。

IMG_1059

PEPPERカラマリ@580(@661)

衣にペッパーを効かせたカラマリ。 ところどころ油切れの悪さが気になりました。

IMG_1072

旬果実のフローズンダイキリ@1100(@1155)とチチ@1200(@1260)

やはり1000円代を超えないと納得のいくグラスではいただけないのかな。

チチには蘭の花、小さな傘のデコレーションと花火つき・・・。。


はるか昔のことですが、一時期、赤坂の「トレーダー・ヴィックス」へ通っていました。

その後、ニューオータニが改装され、お店のスペースも小さくなってから一度

訪れたことがあるのですが、当時の雰囲気はなくなってました。

以降、訪問はありませんが・・・

パチパチと音をたてあっという間に燃え尽きるグラスの上の線香花火に

一瞬ですが、当時の記憶が(花火はなかったはず?)よぎってしまいました。

・・・・関係のない話ですみません。年月の流れるのは早いものです。

1

お会計にしました。

Hand01写真のとおり2人で、上記、お料理とお酒で合計4745円なり~。

このお値段にしては・・・と思う点もありますが、窓を開け放たれ、夜風が店内

を通る開放的な雰囲気は素敵です(*^-^)

ロケーションもよく南国ムードのあるお店なのでデート使用に良いかもしれませんね。

 

Tsunami Ebisu Tokyo Royal Palace (ツナミ)

〒150-0021  東京都渋谷区恵比寿西1-12-12 ルネスEBIビル 2F

TEL            03-3770-0273

営業時間/  11:30~24:00(FoodL.O)25:00(DrinkL.O)

定休日      無休      

2010年8月23日 (月)

鶴見 白金高輪

ランチは、白金高輪の炭火焼 もつ処「鶴見Aicon339 再訪です。

今回は時間の関係で会社の同僚と駆け込みランチ。

IMG_2711

もつ飯@800

お昼のお品書きはもつ飯オンリー!ですので風体は変わってはいません。

炒めもやし、ぷりっぷりのもつ、たっぷりの刻みねぎ、卵黄、白すりゴマ。

スープも玉子と春雨、塩味ベース。漬物はキュウリとキャベツの浅漬け。

汗をかく夏場だったからでしょうか、味付けを濃くされたのか?

この前よりももつ飯がしょっぱく感じてしまいました。

同僚も塩分がキツイね。という感想でした。

しかし、ぷりっぷりのもつは魅力的。

残暑が過ぎた頃にまたいただきに寄りましょう。

ランチ満足度数は、しょっぱくても ★★★★ 積極的に好きです。

 

鶴 見

〒108-0072  東京都港区白金1-3-14 スリーエムコーポ 1F

TEL          03-6409-0016

営業時間/ 11:00~14:00(ランチは11:30より) 17:00~24:00(23:30L.O)

定休日    年末無休

2010年8月22日 (日)

神戸・淡路旅行 №15 曽根崎 串あれ 新神戸店

最終日、 午後3時まで海水浴を楽しんだ私達は洲本バスセンターから

高速バスに乗車して新神戸駅へ向かっています。

IMG_3238

昨晩のイタリアン「リゾレッタ」での雑談で、シェフからお聞きしたのですが

大浜海水浴場の海の家は来年取り壊しとなりクラブハウスとして統合される話が

出ていることを知りました。あのレトロで郷愁をさそう日本の海の家がなくなる・・・

どんどん変わっていく。 確かに荒れ果てたような建物もありましたが、そうしたものを

撤去するだけでなく、海の家までなくなるのは個人的に残念な思いです。

この日の朝、海の家のお兄さんに確認したところ、事実そうしたお話がでている

ようです。 海の家の小あがりから見る夏の海・・・そうしたものはだんだんと

贅沢なものになってしまうのでしょうか。

IMG_3243

美しい明石海峡大橋をわたると、東京に戻る時間が刻一刻と迫ってくるようで

楽しかった分とてもせつなくなります。 

IMG_3260

新神戸駅内には一杯飲りながら時間調整をする適当なお店がなかったので

直結する新神戸オリエンタルアベニューに移動。3階の串かつ専門店

「曽根崎 串あれ 新神戸店」で時間調整をすることにしました。

IMG_3256 IMG_3244

そういや、神戸に来てからアツアツの白い御飯を食べていないわ。。

IMG_3255

白飯が食べたい私と一杯飲みたい連れ。

そうした要望にもがっちりこたえてくれそうです。 

IMG_7282

とは言っても旅の〆です。私も生ビール飲むのだ。 .

ハッピーアワーで、最初の一杯が180円(×2)です。 

IMG_7329

お通しは生野菜(キャベツ、キュウリ、大根、人参)ともろみみそ@300

 

一緒に写してしまいましたが、青菜と油揚げのお浸しは花御膳の小鉢(突出)のよう。

IMG_7293

花御膳@1250

串かつ7本と御飯、赤出、漬物、突出、サラダ付。 

IMG_7310

串7本は、左からうずら玉子、蒟蒻、牛肉、海老、豚ヘレ、南京、サーモン。

卓上に置いてあるソースや塩などを、お好みで使えます。

細かい衣でさっくりからりと揚がっていますが、ネタが小さく小ぶり。

串かつとはこういうものなのかな。これでは腹にたまらん。。

IMG_7322   

サラダ、漬物、御飯、赤出。

久しぶりの白御飯、食べたいときが美味しい時です。

なんら不満はございません。

IMG_7342

単品で注文した連れの串かつです。2本からというシバリがあります。

左2本はピーマン肉詰@150×2、 右2本は短角和牛@300×2

1本300円の短角和牛も小ぶりかあ。

IMG_7386

左2本は(きす)マヨネーズに野菜の薬味のせ@150×2、

右2本はオクラチーズ@150×2

IMG_7347 

冷奴@350×2 

私の食事用と連れのつまみに各1個ずつ。

IMG_7397

牛すじ煮込み@350

想像していたものとは違っていました。甘い。

IMG_7351

お店はカウンター席とテーブル席。私達は荷物が多いのでテーブル席を

使わせていただいています。 

なにわの串かつ、おやつ感覚でサクサクいただけてしまいました。

お酒はこの他に黒伊佐錦(焼酎)@400×4と酎ハイレモン@450×2

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計6960円なり~。

 

曽根崎 串あれ 新神戸店

住所    兵庫県神戸市中央区新北野町1 新神戸オリエンタルアベニュー3F

TEL     078-222-9401

営業時間/  11:00~22:00

定休日/   無休

http://shinkobe.net/index.html

IMG_7401

東京ってどんなとこ?

今回、白熊二代目さんから頂戴したコアラちゃんです。

名前はハイカラなものを考えてみたのですが、雰囲気からして「しずか」に命名!!

しずかちゃんはヨンの良き相棒になってくれそうです。この子は女の子だね。

IMG_7412 IMG_7417

しずかちゃん、帰るよ。うちにはたくさんぬいさんのお友達がいるから寂しくないよ。

安心してね。

IMG_7422 新幹線がきたよ。

IMG_7423 

                    あっという間の神戸・淡路旅行。

IMG_7424 

  神戸に着いたときからの楽しい時間は思い出に変わろうとしています。 

     さよなら神戸。また来れるといいな。

 

旅の協力者 

関西在住の知人ご夫妻さん、白熊二代目さん、職員さん、お連れさん。

みに口上 

長々、神戸・淡路旅行に、お付き合いいだき、立ち寄ってくださった方々

及びコメントをいただけた皆様に感謝いたします。

神戸・淡路旅行記2010年は№15をもち、本日完結いたしました。

ありがとうございました。

2010年8月21日 (土)

神戸・淡路旅行 №14  L’ISOLETTA (リゾレッタ)

3日目のディナーは、洲本市内、大浜海水浴場前のイタリアン

L’ISOLETTA 」(リゾレッタ)。 

IMG_7144

のんびりゆったり海岸通りを歩くと、道沿いにポツンとハイセンスな外観の 

お店が現れました。 昼間、素朴でレトロな大浜海水浴場の海の家を利用した私

としては、へっ?こんなところに?といった不思議な思いにかられます。 

IMG_7151

店先にはボードに手書きでメニューが記されていました。 

「Mene Estate」  (メニュー エスターテ)

イタリア語で、夏のメニューということでしょうか?   

IMG_7154

この日は月曜日。

通常でしたらお店の定休日なのですが、お盆期間に入るので 休みがまちまちに

なるのでは?と、ダメもとで電話をかけてみたところ、勘が冴えていました。

お店は営業、このあたりのイタリアン人気店ですが運よく予約できました。

私達がご案内いただけたのは入り口に近い窓際のテーブル席。 

まだ新しい店内は白い壁にウッディなインテリア。

清潔感のあるシックな色合いの中に赤いテーブルクロスはアクセントカラーとなって

映えており、どことなくリゾート地のダイニングのような雰囲気です。

IMG_7184

メニューを拝見したところ
リーズナブルなセット料理がありましたのでこちらでお願いすることにしました。
このセットは、

2名様からの取り分けセット~(お二人様)@4800~

・小さな前菜8品、リゾレッタ・スタイルで・・・
・自家製パン
・本日の料理  より2皿お選びください。

 もう少しお食事をされたいお客様は、・・・一皿ごとに・・・プラス\800~

3名様の場合には、・・・前菜、自家製パン・・・プラス\1200

と記されていました。

なお、本日の料理の中には割増料金がかかるものもあります。

IMG_7157

小さな前菜8品 

シンプルで土の香りを感じさせるような温もりのある小皿たち。

その小皿にちょこちょこと盛られた前菜が卓上に彩りを添えます。

写真手前から、時計まわりに

  1. オクラ アイオリソース
  2. 地鶏の玉子のコンフェ 
  3. パプリカのマリネ
  4. 鳴門金時のエスプレッソ風
  5. パルマ風グラタン
  6. 鯵のマリネ
  7. 生ハムメロン
  8. キュウリのギリシャ風

シェフのご説明によると以上のようでしたが、詳細はメモしきれませんでした。

IMG_7166

特に気に入ったのは、写真手前左の鳴門金時のエスプレッソ風、ほんのり香る

エスプレッソの風味が鳴門金時の甘さを品良く仕上げています 

右はパルマ風グラタン。

この前菜だけは長めのお皿に2つが盛り付けられていました。

 

地鶏の玉子のコンフェは、玉子をかきまわさず、添えられている薄切りの

ハードタイプのパンにつけていただきます。濃厚!素材の美味さが際立っています。

 

.鯵のマリネも新鮮。みじん切りのキュウリ、セロリ、ニンジンが和えられていますから

食感も楽しめました。

IMG_7170

自家製パン 

クルミのパンとロールパン。ふんわりというよりしっかりとした手作り感。

IMG_7176

パンはバターかオリーブオイルを選べます。

オリーブオイルでお願いしたところ2種類持ってきていただけました。

  1. 純淡路島産 無添加なたね油
  2. エクストラバージン

シェフご推奨のいただき方は、クルミのパンにはなたね油、
ロールパンにはオリーブ油とのこと。

また、淡路島の藻塩も相性が良いのでと同時に置かれています。
とがったところがなく旨みのある味わいで確かに藻塩はマッチします。

IMG_3142

自家製パン、美味いだよ。 オラ、たっぷり食べただよ。 

IMG_3157

ノブローさんはお行儀が悪いよ。叱られちゃうよ。

ボクはちゃんと椅子に座っていただいているよ。 

IMG_7210

美味しいお食事につられてワインは白ワインから赤ワインへ(各2500円)。 

ボトルワインは2500円から置かれています。

今回、お料理を注文するのとと同時に白ワインからお願いしたのですが、その際、

店内に撮影禁止のマークをみつけました。慌ててシェフにうかがったところ混雑時の

撮影はご遠慮願いたいとのことでした。 それは以前お客様の撮られた写真に

他のお客様が写っていてトラブルになったそうです。 

私達の来店した日は本来はお店の定休日ということもあり貸切状態でして、撮影は

かまいませんとお許しをいただけました。

シェフがつきっきりで対応してくださるような日はまれにしかないようで、お話も

いろいろ伺えた代わりに、ワインの銘柄などを控えるのを失念してしまいました。

IMG_3118

本日の料理はメニューの中から選んでください。

と言うことなのでまずはお肉をチョイス。

IMG_7197

ゴールデンポークのロース肉の炙り焼き、サラダ仕立て(+800) 

シンプルな調理法が素材の美味さをひきたてています。

調味料は塩胡椒という感じですが、柔らかくて甘い肉質。

あっさりとしたゴールデンポークは、脂もしつこくないため新鮮な野菜と一緒に

量をいただけてしまいそうです。

IMG_3124

もう一品はパスタにしよう。

こうなると手打ちに目がいってしまいます。

IMG_7219

手打ちタリアッテッレ 、淡路牛のスジ肉入りミート・ソース

大き目のスジ肉がごろごろ入ったミートソースは旨味が濃厚。

IMG_7229

チーズをチーズグレーターでたっぷりおろしていただきました。

お口のまわりは、もう美味しいミートソースだらけ。

IMG_7241

私はもうすこしタリアッテッレにもっちり感がほしいところですが

連れはバランスが取れていると絶賛していました。

ここらへんは好みです。確かにそんじゃそこらではいただけないミートソース

しっかり完食させていただきました。

2名様からの取り分けセットは以上で終了になりますが、もっともっとシェフの

お料理がいただきたくなりました。

IMG_7273

ティラミス@600

マスカルポーネを使ったティラミス。ミントの葉をあしらっています。

口ざわりよくまろやかで驚くほど軽やかな味わいW04

お皿を飾ったミントのソースも涼しげでさっぱりいただけました。

こんなに自分の好みに合ったティラミスをいただいたのは何年ぶりだろう・・・。

写真を撮り忘れましたが、エスプレッソ@350も注文。

なお、このティラミスはお店で一番大人しいドルチェとのこと。

中には10年がかりで納得のいくものに仕上げたドルチェもあるのですよ

と、シェフは、一見コワモテ(☆_@;)☆ \(`-´メ) 

・・・というかとっつきにくい感じなのですが、お話を始めると楽しい方で、ときおり

見せていただける笑顔にほっとさせられました。

 

さて、シェフは14歳の時、某店のカルボナーラに衝撃を受けられたそうです。

人生の岐路はいつ訪れるかわかりませんね。

その後、イタリアに修行に渡りミシュラン2つ星の店で勤められていたとのこと。

現在シェフの提供してくださるお料理は、土台がしっかりしたイタリア料理をベースに

地元の素材を使ったこだわりのアレンジをしてくださっています。

 

チラシを見せていただいたのですが、1階奥のスペースはシャンデリアの入った

重厚感のある雰囲気で、既にレストランウエディングにも対応が可能なように改装

済みとのこと。しかし、シェフのプランはそこだけに留まってはいないようです。

2階部分に少しずつ手を入れられていているそうで

将来的には「オーベルジュ」(宿泊できるレストラン)を目指しています。とのこと。

常に先を先を見据え、プラス志向、チャレンジ精神も旺盛なのです。

IMG_7141

また、連れと徳島出身の青柳の小山裕久氏のことで話が弾んでいましたので

これは私の推測ですが、シェフの目標の方なのかもしれませんね。

のちに連れに聞いたところ、小山裕久氏は地元 徳島のものにこだわり

東京へ進出、海外へフェアにも呼ばれるような料理人になった方だとか・・・。

イタリア語で小さい島という意味をもつ「L’ISOLETTA」(リゾレッタ)

豊かな自然環境に恵まれたこの島からどんな発信をなされるのか、

先々の楽しみなお店です。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計11550円なり~。

外へ出るとに弱いにわか雨がポツリ。お見送りを受け宿へ戻りました。

 

軽く食事をとりたいときにお手軽な取り分けセットからじっくり食事を堪能できる

コース料理もあり、利用者のニーズに対応できる選択肢の広さは魅力。

なによりもシェフの篤いこだわりをお料理に感じます。

イタリア料理満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。

 

L’ISOLETTA (リゾレッタ)         

〒656-0024 兵庫県洲本市山手1-882-6

TEL 0799-25-5260 

営業時間/ 火~土 11:30~15:00 17:30~21:00 

           日 11:30~15:00 

定休日/ 月曜日

2010年8月20日 (金)

神戸・淡路旅行 №13 大浜海水浴場にて

洲本の市街地に隣接し、島内外から多くの遊泳客が訪れる大浜海水浴場。

遠浅で波も穏やかなこの浜はファミリーにも人気が高く、 

全長は南北におよそ750mほど。

白砂青松が美しく環境省が選定した快水浴場百選にも選ばれています。 

無料シャワーや無料脱衣所などの施設も整備されていますが、

海の家も数軒立ち並んでいますので、私達は荷物を管理していただくため 

お世話になることにしました。利用料は1日一人1000円です。

IMG_3105

(ノブロー) やっと、海水浴に出れただなぁ。   

(タクロー&スズロー) 出れた、出れただ。

オラ達もずっと一緒に旅してるっつーのに、出番が少なすぎるだ。 

海水浴サマサマだな。

IMG_3165

(ノブロー) 日本の浜って感じがしてええだな、のどかで落ち着くだ。   

2

(ノブロー) ところで、水着ギャルはいるだべか? 

(タクロー&スズロー) 探すだ!探すだ!わくわくだ。 

IMG_3167

(タクロー&スズロー) いただよ!!とびきりのギャル達だ! 

(ノブロー) ・・・・。

IMG_3115

(ノブロー) お前らには付き合ってられんだ。   

IMG_3114   

ノブローさん達と海水浴の間、2日間お世話になった海の家の小あがりです。 

温水シャワー(シャンプー、ボディーシャンプーは混雑緩和のため使用禁止)と

更衣室あり。 荷物は籠に入れて預ける仕組みになっています。 

IMG_3162

簡素な造りにレトロさが味わい深く、郷愁をそそります。   

大浜海水浴場、1日目は潮の関係でしょうか?多くの水クラゲが漂って

いたのですが2日目はほとんどいなくなっていました。

透明度もあり、シュノーケリングをしたところ多くの魚を見ることができました。

IMG_3164

ランチタイム、神奈川あたりの海の家ではお食事を出すところも多いのですが 

こちらでは分業制。海の家の後ろ側に食事処があります。 

IMG_3172 IMG_3179

キツネうどんにたこ焼は私達には珍しい海の家のメニュー。 

IMG_3174 IMG_3176

この看板もレトロじゃ、ありませんか。大事に使ってらっしゃるんだわ。 

嬉しくなります。さて、この看板ちょっと?不思議だぞ。よーく見てね。   

答えは最後に記します(*^m^)   

IMG_3181

お店のテーブルにメニューが置かれています。   

IMG_3184

気さくなお兄さんに注文をお願いすると席まで持ってきていただけました。 

IMG_3186

たこ焼@400  ほわっほわでソースはぽってりと甘かったです。 

IMG_3195

生ビールセット@800は中生1とからあげ、ポテト付き。 これはお得感ありです。

写真は中生@600を追加しています。   

IMG_3200

キツネうどん@600   

いつもは海でラーメンをいただきますが、せっかくメニューにあるのだから

食べてみないとね。 揚げは甘めでじゅわじゅわ出汁にしみでてきます。

IMG_3204

フランクフルト@250   

IMG_3214

ねえ、ねえ、ハチがいるよっ。   

1

ほんとだ。お兄さんに伺ったところこの地面を掘るハチは人を刺さないとのこと。

でも、ちょっぴりコワいよね。 

IMG_3175 

さて、さっきの看板の答えです。

「コーヒ」は「コーヒー」じゃないの??淡路方面ではコーヒなのかな?

哀愁のある看板にふとした疑問を感じた海でのランチタイムでした(*^-^)

2010年8月19日 (木)

神戸・淡路旅行 №12 福一

2日目の夕食は、洲本市内の割烹寿司「福一

IMG_7038

大事なゲストをお迎えするにあたり、僭越ながら私が東京から予約をいれて

おきました。選んだポイントとしては、座敷、個室があることになりますrock

IMG_7040   

電話予約の際、コース料理の注文も当日でかまわないとのことでしたので、

相談してから決めようと思い個室席だけの予約です。

IMG_7045

入り口を入って右手にあたる座敷の個室が本日のお部屋。

お店のホームページを確認したところ、「竹の間」のようです。

けっこう広めの造りになっています。 

IMG_7063

素敵なゲストは二代目ちゃん、ご先代ちゃんをはじめとする先鋭のお出かけ隊 の

みんなと、白熊二代目さん、職員さん。 

お出かけ隊のみんなは、おめかしをしてきてくれました( ´艸`)

今日はファンキーな装いかな。ぬいさんのプチオフ会に突入します。

お料理は相談の上、彩コース@3670を2人前と他はアラカルトで注文する

ことにしました。

IMG_7066

突き出し 

蛸を使った煮物。あっさり炊けています。

IMG_7074

お刺身 

彩コースにお刺身もつくのかな??量が少なめですが、鮮度良し。

IMG_7077

あら煮 

じっくりしっとり味がしみて美味しく炊けています。あら煮がいただきたかったので

彩コースにしたといっても過言ではありません。

IMG_7085

酢の物 

蛸、海老、穴子、キュウリ。甘酸っぱさも程よく感じました。

IMG_7103

白熊二代目さん宅のコドモちゃんです(*^-^) 

ありがとう。お料理の紹介をしてくれるのかな?

IMG_7106

(ノブロー) 食のアイドルはオラだど。

いいじゃないの、ノブローさん(~ヘ~;) 仲良く2人で紹介してくださいな。

IMG_7112

これは「お店のホームページを見た」っと告げるとサービスで出される一品。

茶碗蒸しをいただけました。 ダシがたっぷりきいています。

IMG_7125

寿司 

んーー、見た目的にもちょっと物足りなさを感じてしまいます。

IMG_7121

別注文のマグロのほっぺのたたき@1050×2 

お店のオリジナルメニューということで注文してみました。

マグロのほっぺはまわりを軽く炙ってあり、身がしっかりしているため、お肉を

いただいているような食感。

上にはさらしタマネギ、福一秘伝のちり酢がかけられています。

IMG_7130

別注文の淡路島近海産 大粒赤ウニ

由良の赤ウニだそうです。お聞きしたところ2900円ということでしたが、

メモをとっていないので正確なところは忘れてしまいました。

水っぽくなくて上品な甘みをもっています。海苔で巻き、わさびはお好みで使います。

IMG_7135

再び彩りコースに戻りますが、季節のフルーツ      

夏はスイカのさっぱりとした甘みに癒されます。       

さて、お酒ですがビール酎杯麦焼酎(いいちこ)をハーフボトル@2940。

ほか運転の職員さんはソフトドリンク

1

ヨンも兄弟クマちゃんに会えて良かったね。いっぱいお話をしたかな?

離れていてもみんなが応援しているから寂しくないよね?

IMG_7060

座敷席でワイワイ。みんなすっかり仲良しになったようです。今度はいつ会えるかな?

 

お料理を運んできてくださったお店のお母さんはにこやかで感じの良い方でした。

ぬいさんの大集合にもひるまず、温かい対応をしてくださったことは感謝です。

しかし、個室代がかかったのか、赤ウニがもう少しお高かかったのか、氷代ほかに

お値段がかかったのか、・・・リーズナブルなお値段で利用可能ということで

同店を選んだつもりでもありましたが、いま振り返ると事前に考えていたより

1人あたりの金額はかかってしました。

明細を見せてもらえばよかったのですが、お酒が入っていたためこれを怠った

ことは幹事としての失態です。 白熊二代目さん達にご負担をかけてしまった

ことが悔やまれます(u_u。) 申し訳ありませんでしたm(_ _;)m

 

そして、お休みなのにもかかわらず、快く淡路島まで足を運んでくださった

白熊二代目さん、職員さんにはお礼も言わなくてはなりません。

楽しい時間をありがとうございました(^人^)

 

福 一

〒656-0025 兵庫県洲本市本町1-4-18 

TEL     0799-22-0515

営業時間/  11:00~22:00

定休日/   月曜日

http://www.freedom.ne.jp/fukuichi/

2010年8月18日 (水)

神戸・淡路旅行 №11 大浜海水浴場

車は大浜海水浴場までやってきました。

ご厚意にしてくださったご夫妻とはここでお別れになりますBye03

せっかく神戸まできたのですから、残りの2泊は少し足をのばして連れと淡路島

での海水浴を楽しみます。 

近くの宿にチェックインを済ませ、浜の下見をしに出てきました。

IMG_7023

するといきなり目についたのは、この年代ものの看板!!

「文句なしに面白い・・・」ってアナタ( ´艸`) 

この字体もスゴスギル。昭和だわ、裕次郎だわ。

もう、いきなりハートわしづかみ。

IMG_7027

ぎゃぁぁぁ・・・。 アヒルさんのペダルボートもあるっ。

IMG_7025

この愛すべき浜の海の家は、すごく素朴(*^-^) いい感じです。   

IMG_7029

遠浅で白い砂浜の広がる大浜海水浴場。日本の浜に松はよく似合います。

IMG_7031

海水浴の記事は後半にまとめてアップすることにしました。

2010年8月17日 (火)

神戸・淡路旅行 №10 グローブガーデン・ナーノ 淡路夢舞台店 (globe garden nano)

ランチは淡路夢舞台内のリストランテ「グローブガーデン・ナーノ 淡路夢舞台店

(globe garden nano)

IMG_3065

明るく開放的な店内は、テーブル席とテラス席が用意されています。

(また、はっきりと覚えてはいないのですが、カウンター席もあったと思います)

今回こちらを予約する際に、お店の方にテラス席を聞いてみたのですが

「この時期、外は暑いかと思いますし、お食事もあたたまってしまうのでは」とのお話。 

私達は店内の窓際テーブル席でお食事をいただくことにしました。 

IMG_3066

グランドメニューの他におすすめメニューがボードに書かれています。 

IMG_3073

このおすすめはランチタイムでも注文可能。アラカルトでお願いすることにしました。 

IMG_3043

(ノブロー) おはよーさんだ。テラスのむこうの緑がまぶしいだね。

おはよう、ノブローさん、昨晩のフレンチはもうこなれたの? 

IMG_3038

ローストした淡路玉ネギと鴨肉のサラダ添え@1575

軽くローストされた玉ネギは自然の甘みがたっぷり。鴨肉もしっかりとしています。

IMG_3042

(ノブロー)オラ、腹ペコペコだ。イタリアンも好きだで、みんなと一緒にランチするだ。

でっかい玉ネギは半透明で美味そうだ。

シャキシャキとした歯ざわりも残っているだね。

IMG_3046

明石蛸のジェノベーゼ 冷製カッペリーニ@1680

明石蛸の他にトマトも入ったひんやりさっぱりジェノベーゼ 

4人ともに大好評です。 これは白ワインが欲しくなります!!

またもや奥様にハンドルキープをお願いして3人はワインをいただくことに・・・。

奥様に感謝(。-人-。)

うっかりワインを写し忘れてしまいましたが、リーズナブルなもので2000円台から
置かれており、私達の注文したものは、

ソアーヴェ クラッシコ(ヴェネト州)@2730×2

「イタリアを代表する爽やかでスッキリとした辛口ワインフルーティーでバランスの
取れた味わい」と記されていました。

IMG_3048

生ウニのペペロンチーノ@1680

生ウニというとクリームソース系を想像しがちなので、オイル系のペペロンチーノは

どうなのかしらと思っていましたが、しっかりとニンニクと鷹のツメがきいて

生ウニともマッチしていますRose03

IMG_3053    

パスタもやや平べったい。 新鮮な生ウニは臭みもなくて美味しいです。

IMG_3055

取り皿でシェアするだよ。ごっちゃんです。 

IMG_3035

窯焼ピッツァはグランドメニューからご夫妻に選んでいただきます。 

IMG_3057

淡路玉ネギのピッツァ@1260

シンプルですが美味い。ピザ生地は表面が香ばしく中はもっちり。

淡路玉ネギの豊かな甘みを堪能できます。

なお、チリオイルや自家製のタバスコも置かれています。

写し忘れが残念でなりませんが、この自家製のタバスコがピリピリ辛くて美味し

かったのです。

IMG_3060

仔牛と水牛のモッツァレラとナスのオーブン焼き@2520 

お肉は柔らかくてそのものの旨味を噛み締めることができます。

IMG_3064

店内にはグループで来店なさるお客様も多く、天井の高い店内の構造上、声が

響いて多少気になるところはありましたが、地物の素材を使ったお料理を、自然を

望みながらいただけますのでリゾート気分を満喫できます。

なお、複合施設ですので化粧室などはいったんお店の外に出ての利用になります。

 

Hand014人で利用しましたが、お会計は、

上記、お料理とお酒の他、ノンアルコールのドリンクなどを含め15000円ほど。

2名分が約7500円なり~。

今回利用のロケーションの良さを考慮して☆加算で

イタリアンランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

                                                          

グローブガーデン・ナーノ 淡路夢舞台店 (globe garden nano)

〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台2

TEL     0799-75-2388

営業時間/  11:30~15:00 17:30~22:00(L.O.21:00)

定休日/   水曜日

http://www.nano-italy.co.jp   

2010年8月16日 (月)

神戸・淡路旅行 №9 淡路島へ

8月8日、淡路島に向かうため明石海峡大橋を渡っています。

この明石海峡大橋からの眺めは絶景。

IMG_3031

途中、大観覧車のある淡路サービスエリアあたりに多少の混雑はみられたのですが、

スムーズに車は流れることができました。

IMG_3089

「淡路夢舞台」の展望テラス(円形フォーラム・楕円フォーラム)に立ち寄っています。 

IMG_3090

IMG_3085

IMG_3082

百段苑

山の斜面には階段状に並んだ100個の花壇があるのですが、ここからでは

確認をすることは難しいです。時間があまりないため、上ることは断念。

IMG_3080

写真右にはウェスティンホテル淡路が写っています。 

同ホテルにご宿泊されたことのあるご夫妻のお話によると、シーズンオフの期間

だったのでしょうか、以前「ドンペリ2時間飲み放題の宿泊プラン」を催されていた

とのこと。 興味深いプランであります( ̄▽ ̄) 

ホテル利用のときはこうしたプランがないかをチェックしてから決めるのも面白いなぁ

と思いました。

IMG_3078

展望テラスから下りてきます。 

IMG_3075

貝の浜と噴水

「手作業で敷き詰められた100万枚の帆立貝の貝殻はリサイクル。」とのこと。

水しぶきがキラキラと眩しく光って綺麗でした。

あとで知ったのですが、「淡路夢舞台」は建築家安藤忠雄氏の代表作の一つ。

複合リゾート施設として美しく整備されていました。

神戸・淡路旅行 №8 ラウンジ&ダイニング「ピア」

神戸メリケンパークオリエンタルホテル。

花火のあとのお楽しみは、ラウンジ&ダイニング「ピア」でフレンチのエッセンスを

効かせたヨーロピアンフュージョン料理の会食です。

IMG_2951

ご案内していただけたのは窓際のテーブル席。

窓の外にはモザイクガーデンの観覧車のイルミネーションや水面に映りこむキラキラ

とした夜景が鮮やかでした。

IMG_2955

スパークリングワインから、ガゼラ(ポルトガル) 4人ですのでボトルで注文。 

IMG_2957

食前のお楽しみ

鶏肉を使った小さい前菜 グリーンマスタードソース

正式名は失念してしまいました。しっかりとした歯ざわりの鶏肉は淡白な旨味に

溢れています。

IMG_2963

~前菜~

明石鯛のカルパッチョ 淡路産由良雲丹とキャビア カラスミを添えて
ベビーリーフと香草のサラダ仕立て

IMG_2968

もっちりとした身の明石鯛、由良の雲丹、地物を使ったなんとも贅沢な前菜です。

IMG_2964

(ノブロー) 美味そうだなぁ。綺麗だなぁ。

また出てきたわね。ノブローさんも花火楽しめたかしら?

IMG_2972 IMG_2966

パンは3種類出していただけました。

ノブローさん、ご夫妻さんのご好意に甘えて、すっかり旅のお食事メンバー入り

させてもらっているわね。

(ノブロー) みにはオラのこと忘れかけるが、ご夫妻さんはオラの飯を気にかけて

くれるだ。 良い人だ。みにも見習ってほしいだ。

IMG_2981

~前菜~

オマール海老のプリンにタラバ蟹とセロリ菜のサラダ
生クリームのヨーグルトにトマトゼリー 木の芽の香り

口の中にしっとりと滑らかに広がるオマール海老の風味にコクとマイルドな酸味の

かけ合わさったソースがベストマッチ。見た目も涼やかで美味しい前菜です。 

IMG_2977

これも美味しそうだなぁ。彩りも鮮やかで、オラこれを今日の一等賞にするだ。 

IMG_2983

~魚料理~

舌平目に伊勢海老のフリカッセを詰めたポーピエットのパイ包み焼き
青葱のクーリーソースに粒マスタード風味の仔牛のジューソース

2種類のソースで楽しめます。ボリュームたっぷりの魚料理で肉料理をいただいて

いるような充実感がありました。

IMG_2987

魚はパイの中にかくれんぼしているだ。

IMG_2992   

~お口直しのグラニテ~

赤しそとミックスベリーのグラニテ。 さっぱりと大人味です。

IMG_2998

~メインディッシュ~

黒毛和牛ロース肉のローストにフォアグラのソテー
ローズマリー風味の黒胡椒ソース

柔らかくてジューシーな黒毛和牛は噛み締めるほどに上質な旨味が広がり、

濃厚なフォアグラのソテーが味に一段と深みを持たせてくれます。

IMG_3002

(ノブロー)こりゃ、すごいだ。オラ、こんなの食べたことないだ。

いいのかな、ごっちゃんです!するだよ。

・・・私も普段食べつけてないから、けっこうヘビーになってきたわよ。

IMG_3005

みんなでワインも飲んだな。

白ワインはオブセッション(アメリカ)、赤ワインはグラディウム(スペイン)だ。

IMG_3011

~デザート~

無花果のコンポートにシナモン風味の赤ワインジュレ
バニラのシブストにライムのグラニテを添えて

無花果の甘さが優しいひんやりデザート。

表面にナッツがかけられているので食感も楽しかったです。

IMG_3022

コーヒーとプティフールはプラリネ。

満腹です・・・(´・`)。

予約は20:30でしたが、テラスからの移動時間もあるので、おそらく40分頃から

コース料理をいただいたと思うのですが、周りを見回すと私達が最後の客になって

いました。花火イベント期間中ということもあり通常営業時間より過ぎていたのでは

ないでしょうか。

IMG_3025

Hand014人で利用、お会計は、

といきたいところなのですが、実はご馳走になっているので金額がわかりません。

フルボトルのワインなどは6000円台であったと記憶しています。

花火鑑賞あとの楽しい会食。満足度数は100!(*^-^)

ご馳走にもなっております。他の評価は見送ることにいたします。 

 

メリケンパークに溢れていた花火客もすっかりひけて、帰りはタクシーであっと

いう間に神戸ポートピアホテルに到着できました。実に快適( ̄▽ ̄)!

 

ラウンジ&ダイニング「ピア」

〒650-0022    兵庫県神戸市中央区波止場町5-6 神戸メリケンパーク
         オリエンタルホテル 3F

TEL      0120-86-9222

営業時間/  8:00~22:00(L.O.21:30)

定休日/   無休

http://www.kobe-orientalhotel.co.jp/

2010年8月15日 (日)

神戸・淡路旅行 №7 みなとこうべ海上花火大会

いい時間になってきました。

宿は神戸ポートピアホテルなのですが、再び戻ってまいりました。

IMG_6680

というのも今回神戸に来た目的の一つは第40回みなとこうべ海上花火大会を

知人ご夫妻と一緒に鑑賞しようということにあります。 

1

花火大会なので、交通規制となります。宿に車を置き、ポートライナーと地下鉄を

乗り継ぎ、花火観賞用におさえてある神戸メリケンパークオリエンタルホテル

目指しています。

2

上の写真、左が神戸メリケンパークオリエンタルホテルなのですが、ここへは

私達の行き方だとメリケンパーク(臨海公園)を抜けていかなくてはならない状態。

花火客でごった返す中を突き進みます。

屋台もたくさん出店しており、かねてから興味深いホルモンうどんは長蛇の列でした。

IMG_6695

ものすごい人出です。

通常の倍以上の時間をかけて神戸メリケンパークオリエンタルホテルに到着。

この日、同ホテルは宿泊客もしくはレストランの予約者以外は入れないように

規制されています。私達はラウンジ&ダイニングを予約しており、花火鑑賞のあとに

食事をいただきます。

 

実はこの予定は当初のものではありませんでした。

神戸を一望できる老舗フレンチレストラン「トゥールドール」を知人ご夫妻が予約して

くださっており、お食事をいただきながら花火を鑑賞することになっていました。

しかし、6月26日の大雨の影響により、お店の横で土砂崩れがおきてしまったのです。

そのためドライブウェイが通行禁止となりお店も臨時休業、楽しみにしていた花火も

諦めかけていたのですが、ご夫妻のご尽力で、神戸メリケンパークオリエンタル

ホテルのラウンジ&ダイニング「ピア」をとることができたのです。

とてもありがたいことです(。-人-。)

 

さて、神戸メリケンパークオリエンタルホテルでの花火鑑賞の話に戻りますが

花火の間はホテルのテラスに椅子が出されており、この椅子には予め番号が

記されているので席が決まっている状況でした。

ホテル内で各自1本缶ビールを仕入れ夏の夜空に開く花火を鑑賞します(*^-^)

IMG_6697

花火は神戸港(新港突堤~メリケンパーク沖) から打ち上げられます。

時間は19時30分~20時20分(雨天決行、荒天中止)。打上数は1万発です。

IMG_6817

昼間の天気だと雲が多く、打ち上げられた花火が雲の中に入ってしまうのでは

ないかと心配していたのですが大丈夫でした。

IMG_6754

風向きもちょうど良かったかと思います。

IMG_6822

去年、神奈川新聞花火大会を見たときに、三脚と一眼レフ+望遠レンズが

欲しいとつぶやいていましたが、今回、望遠レンズと三脚はないのですが

一眼レフで写しています。

IMG_6850 

しかし・・・結果、カメラがあっても腕が悪いことが判明しました。

IMG_6878

もっと色々な色の花火が打ち上げられ綺麗でしたよ~~。

しかし整理するとかなり手ブレを起こしておりツカイモノになるのはこれぐらいです。

IMG_6918

クライマックスになります。ホテルが燃えそうだーー(~ヘ~;)sweat01

IMG_6949

神戸メリケンパークオリエンタルホテルは、打ち上げ場所より近いため花火観賞の

臨場感を味わえました。

なお、奥様はデジカメのビデオモードで撮影なさっていたのですが、あとで拝見させて

いただいたところこれが綺麗なんです。音も入っているため花火大会がよりリアル。

私のようにカメラの腕前のないものが下手に一瞬に写真で収めようとするより、

ビデオを使うのも一つの手段かもしれないと学習になりました。

来年はビデオモードで花火にトライしてみようかな(o^-^o)

2010年8月14日 (土)

神戸・淡路旅行 №6 南京町~元町商店街

6

「老祥記」の豚饅頭をいただいたあとは南京町のメイン通りをまっすぐに進行。

西安門を出て、南京町メイン通りに平行する元町商店街を抜けて宿に向かう

ことにしました。

IMG_6666

元町商店街は   開閉式のアーケードになっていました。

IMG_6671

勝手に想像していたものとは異なり、地域に根付く商店街といった感じです。

IMG_6675

アーケードをでたあとは南京町の長安門を横目に見て車に戻ります。

宿に向かい、夕方まで軽くブレイクタイムをとります。

神戸・淡路旅行 №5 老祥記 南京町

南京町、次の目的は豚饅頭で名高い「老祥記Aicon339

IMG_6604

南京町メイン通りの中央あたりに広場があり、お店はこの広場に面しています。

3

知人のお話によると、いつも行列が出来ているとのことですが、見てみるとタイミング

がよかったのか、さほど待たずに購入できそう。

「いま空いてるよ」と表に整理にでていたお店のおじさんの言葉に後押しされて

並ぶことにしました。

4

創業大正四年という歴史ある「老祥記」の豚饅頭は1個90円で3個から購入する

ことができます。店内にテーブル席もあるので、こちらでいただくことも可能なので

すが卓数がありませんので、ほとんどの方がテイクアウトで持ち帰られます。

IMG_6624 

蒸篭に入った豚饅頭、このビジュアル美しいですっ。 たまらんなぁ。

オープンキッチンと表現してよいのでしょうか?中ではスタッフの方が黙々と仕事を

なさってらっしゃいます。

IMG_2929

覗き込むと、おぉ!2段になっているわ。下にも豚饅頭が見えますっ!!

蒸篭ごと持ち帰りたいーーー。

5

広場でいただくことにしました。お連れさんの手のひらを拝借してパチリ。 

聞くところによると同店は「ぶたまん」という呼び名の発祥のお店だそうな。

ご覧のように小ぶりなぶたまんです。

餡は豚バラ肉のミンチとネギ、シンプルですが、醤油で味付けがされており溢れ出す

肉汁がもっちりとした皮にぐぐっと浸透し、旨い脂がこの皮全体にまわっています。

熱々のぶたまんを一口頬張ると驚くほどにジューシーで甘みがあり、醤油などを

つかわなくてもこのままでいただけてしまいました。

これは美味しいわーー 小腹満たしにもちょうど良いサイズでした。

IMG_6642

テイクアウトのぶたまんは紙袋に入れてくださるのですが、お店の入り口脇には、

専用のゴミ箱がちゃんと置かれています。ポイ捨ては厳禁です。

IMG_6631

元祖豚饅頭を実食。噂に違わぬ美味しさでありましたYahho01

5

(ノブロー)オラ、横浜中華街の出身だけど、南京町もやるじゃねえかっ。

    「老祥記」の豚饅頭かぁ、覚えたぞっ。

・・・あら、老舗の看板に乗っかって。ノブローさんも大胆ね。

IMG_6637

いらっしゃ~い。と今にもおしゃべりをしそうなチャイナドレスを着た陽気な豚さん。

お店の隣は、老祥記雑貨の「月龍」((MOON DRAGON)です。

IMG_6627

パンダさんのてんこ盛り状態に癒されたりもするのです。

それはさておき・・・

南京町、ぶたまん満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

老祥記(ろうしょうき)

〒650-0022   兵庫県神戸市中央区元町通2-1-14 

TEL      078-331-7714

営業時間/  10:00~18:30(売り切れ次第閉店)

定休日/   月曜日

http://www.roushouki.com/

2010年8月13日 (金)

神戸・淡路旅行 №4 南京町

IMG_6576   

神戸・南京町。観光を兼ねて周辺を歩いてみることにしました。

IMG_6601

横浜中華街と違うと思うのは、店先でのテイクアウトの品数の多さです。

2

リーズナブルなお値段のものも多いので小腹満たしにも良さそうです。

4

お店に入っていただかなくても、気軽に購入していただけるのは楽しいですね。

IMG_6597

串に刺さったフルーツも販売されています。暑いこの時期、これは美味しそう!

IMG_2920

横浜中華街では、そこかしこに「栗どうですかー」といった路上の栗販売が目だち、

通行を阻まれる思いをすることがあるのですが、南京町ではそうした場面に遭遇

することはなく次の目的地まで移動できました(*^-^)♪

神戸・淡路旅行 №3 小小心縁(シャオシャオシンエン) 南京町

初日のランチは神戸・南京町

IMG_6572

この南京町は地名ではなく、神戸のチャイナタウンに付けられた呼び名とのこと。

私達は車でやってまいりましたが、電車だとJR東海道線、阪神電車「元町駅」

と市営地下鉄海岸線「旧居留地・大丸前駅」が最寄のようです。

IMG_6573 

「長安門」をくぐり右手すぐのお店「楽園酒家」を目指していましたが

車中にて電話をいれたところランチタイムの予約は受け付けていないとのこと。

また相席で注文できるお料理も限られてしまうというお話だったのでお店を変更。

IMG_6586

メイン通りから脇道に入った福建料理の「小小心縁」(シャオシャオシンエン)

急遽、神戸案内のガイドブックを見て電話をいれたところ、予約可とのことなので

こちらで、少しゆっくりやらせていただくことにしました。

IMG_6589

店先にはリーズナブルなランチメニューが出されています。 

IMG_2881

予約の旨を告げると通されたのは、店内奥のテーブル席。

アラカルトで注文をすることにしました。

IMG_2886

鶏肉とカシューナッツの炒め@1260 

福建料理とあって鶏肉とカシューナッツの炒めもあっさりと塩味ベース。

あらー、ノブローさん、さっそく登場したのね。

  いきなりだから、同行の知人ご夫妻もびっくりしていらっしゃるわよ。

IMG_2889

(ノブロー)中華は、すっこんでられねーだ。ご夫妻さんにオラのこと紹介してくれだ。

・・・仕方ないなぁ。わかったわ、お行儀よくしてね。

IMG_2892

芙蓉蟹(かに玉)

メニューには記されていなかったのですが、かに玉できますか?とお願いしたところ

作っていただけました。 金額は1200円ぐらいではなかったかと思いますが詳しくは不明。

表面はこんがりしているのですが、ふっくらというより薄くスレンダー。

かに足が、どーーんっと入っており、味付けはしっかりしていますが、他には

特筆すべき点はなし。

IMG_2895

ショウロンポウ(小籠包)3ヶ @480×2

肉餡はしっかり下味がついており、肉の旨味もたっぷり。

皮の中にはアツアツのスープが入っていますが、箸で持ち上げると破れやすかった

ので注意です。 なお、こちらでは針生姜は出されませんでしたが、このままで

いただいても十分に楽しめました。

IMG_2897

好みで酢醤油なんかも作ってみるといいだよ。

あっ、オラの分のショウロンポウも残しておいてほしいだーーー。

IMG_2899

豚肉とキャベツの味噌からし炒め@1050

ご夫妻さんに頂戴しただ。ごっちゃんです。

 

この他に、エビ蒸し餃子3ヶ@480×2もいただいたのですが、うっかり写真を撮り

忘れてしまいました。プリップリのエビの入った餡はショウロンポウ同様、

下味がしっかりして、半透明のもちっとした皮も美味しかったです。

2

お酒は生ビール@525を6杯ほど。

ハンドルをキープしてくださる奥様はバクラーとソフトドリンク。 

IMG_2902

それだけでないだよ。すっかり運転をお任せしたもんで3人で安心して

陳年カメ出し(二合)@1050も飲んでいただよ。ロックだな。

IMG_2906

照明は暗めなのですが、カジュアルに利用できる雰囲気をもった店内には

お子様連れのファミリーも多く来店なさっています。

やや、店員さんに素っ気無さはありますが、横浜でも中華街でこうした対応は

見かけます。 中華街ならではのものとして消化すれば気になるほどでは

ありませんでした。

IMG_2907

Hand014人で利用しましたが、お会計は、

上記、お料理とお酒で2名分が約5000円なり~。

神戸南京町満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。 

1

横浜の中華街比べると規模は小さいものですが、メイン通りには両脇にびっしりと

お店が軒を並べています。 

 

小小心縁(シャオシャオシンエン)

〒650-0023  兵庫県神戸市中央区栄町通1-2-26 

TEL      078-321-3434

営業時間/  11:30~15:00(LO) 17:00~22:00(LO)

定休日/   水曜日

2010年8月12日 (木)

神戸・淡路旅行 №2

新大阪に到着しました。 

IMG_6526

1階に車を寄せていただき知人に、  ピックアップしていただく予定に

なっています。

IMG_6528

まずは、観光を兼ねて芦屋の豪邸付近を車で流し・・・ 

IMG_6531

途中、展望台より阪神競馬場を望むことができました。

個人的には一度は訪れてみたいスポットですが、今回の旅の企画には含まれて

いません。残念。

 

お昼にはまだ時間がありましたので、六甲山にある自然体感展望台

「六甲枝垂れ」 に立ち寄りました。入場券はおとな300円です。

IMG_6538 

山の上に現れた大きな枝垂れをイメージさせる「六甲枝垂れ」の

グランドオープンは2010年7月13日とのこと。

「六甲枝垂れ」内には

  1. 木洩れ日の展望所(スロープ)
  2. 海の展望所(テラス)
  3. 山道の展望所(山道) 水面(みなも)の展望所(氷棚)
  4. 陽だまりの展望所(陽室)
  5. 山の展望所(風穴)
  6. 風と空の展望所(風室)       

  があり、それぞれに六甲の豊かな自然を体感できるようになっています。

IMG_6539

まだ新しい展望台は吉野の森で厳選された檜だけを使っているそうです。

檜の香を吸い込むようにぐるりとスロープを回ると360度のパノラマを視界に収める

ことができ、心地よく自然を体感できました。

IMG_6549

「六甲枝垂れ」内、「風と空の展望所」(風室)

しおりによると、
六甲山に吹く風の速さやその力を利用して空気を取り込み、「幹」上部から
排出するという自然換気が行われます。

ひんやりとした風室は見上げると丸く穴が開いていました。

IMG_6555

同じく「山の展望所」(風穴)では六甲山北側に連なる景色が見られます。

IMG_6540

枝葉(フレーム)越しに望む景色。向こうに見えるのは何だろう。。

IMG_6557

ということで、六甲ガーデンテラスに移動。「六甲枝垂れ」からも見えた

「見晴らしの塔」へ。

IMG_6566

階段を上り塔の上からは明石海峡から大阪平野までを望むことが出来る

といことで、こちらも絶景です。 もう少し雲が晴れていてくれたらなぁ。

IMG_6567

グラニットカフェではお食事もいただけるようなのですが、ランチタイムは

別の場所へと移動します

神戸・淡路旅行 №1

8月7日より3泊4日で神戸・淡路に行ってまいりました。

しばらく、「みにの夢色探索」は神戸・淡路旅行の記事が中心となります。

IMG_6466

新幹線、品川駅からの乗車。のぞみ3号、N700系車両、6:23発になります。 

IMG_2850

今回品川駅に着いたのが6時前と言うこともあって駅構内のお弁当屋さんは

新幹線の改札内の売店などを除き、まだ、オープン前。

新幹線乗り場前の GIOオーガニックカフェも同様でして、どうやら6時になると

開くようです。

IMG_2862

(ノブロー) オラ達、関西方面に進出するだ。ワクワクだ。

(タクロー&スズロー) するだ、するだ!関西だ。

(ララ・メイ) 浮かれていないでキミ達、ちゃんと旅の準備はできているのかしら? 

        私はランドセルを持ったわよ。

IMG_2868

(ララ・メイ) いい?キミ達あまり調子にのらないの。今回はヨンがお里帰りするん

        だからヨンが中心なのよっ。

(ノブロー) クマっ子、ヨンは兄弟に会うだべか・・・。そりゃメデタイだ。

        オラ達、邪魔しないようにするだ。

旅の半分を同行してくださる知人が車でお迎えに来てくださるということもあり

新幹線は新大阪で下車します。

2010年8月11日 (水)

満天 逗子

逗子。海の帰りに魚介・海鮮料理の満天」に立ち寄りました。

逗子駅からも近いこちらは「哉吉」とも至近距離。

店内は入って左側に厨房を囲むようにカウンター席と右側にテーブル席。

IMG_2141

焼酎はお店の方のお薦めの、農家の嫁(紫芋)@3500 四合瓶を注文。

ロックでいただきます。美味かったなぁ。

IMG_2144

お通しは、青とうがらしがピリリときいたゴボウのきんぴら。 

IMG_2163

7月18日のメニューの一部です。

IMG_2151

いわしたたき@610

脂もノリノリの新鮮いわし。酒が進みます。

IMG_2157

アジフライ@350

肉厚のアジフライ、油っこくなくさっくり軽く揚がってます。御飯が欲しいっ。

IMG_2168

さつま揚げ@580

ふっくら柔らかな食感のさつま揚げ。これも良いつまみになりました。

IMG_2161

〆は好みの魚と定食セットという手も使えそうですが・・・。

IMG_2179

旬のどんぶり@1300→@650

やはり丼が食べてみたい。お店の方のこの日イチオシ!旬の丼はカツオ。

しかもハーフサイズで提供してくださるとのこと。

酒の〆にもちょうど良い量で、お値段も嬉しい半額。

まわりを炙った厚切りのカツオが7切れとしっかりボリュームあり。 

酢飯、刻み海苔、大葉、たくわん。 味噌汁付き。

カツオは独特の臭みもなく美味いの一言!

お得感ありっ。これは私も人にお薦めしたいですW04 

IMG_2171

店内には地元の方と思われるお客様で賑わっていました。

夏も残り少なくなってきましたが、逗子で御食事ものの楽しみなお店に出会えました。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計6370円なり~。

魚介・海鮮料理満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

満 天

〒249-0006  神奈川県逗子市逗子7-1-51

TEL      046-871-3102

2010年8月10日 (火)

KKR鎌倉わかみや 朝食

朝食は館内のレストラン「有磯」でclock7時30分から。

もうちょっと早くから開いてくれるといいのにな。

今朝もまだか、まだかと時計とにらめっこです。 

時間きっかりに部屋名の書かれた札のテーブル席に着席すると

スタッフの方が次々にお茶と御飯と味噌汁などを運んできてくださいます。

IMG_2403

鯵ーー!Yahho01 鯵の干物は固形燃料で温めます。

脂がノリノリで身もふっくら、塩加減もばっちり。

IMG_2416

失礼しました。朝食は鯵だけではありませんよ~。

ちょこちょこと品数も豊富なのです。

IMG_2406

今朝は茶そばに温玉のっけです。 つるつる~^^

IMG_2408

ひじきのサラダ。

ゴマドレッシングを使っています。

IMG_2410

納豆、切干大根、油揚げと菜もののお浸し、松前漬け。

これだけおかずがあるとご飯が1杯では足りなくなっちゃいます。

IMG_2413

着席後に持ってきてくださった小鉢は、キノコの入った練り物を湯葉で包み、

餡をまわしかけています。

お味噌汁はしじみ、デザートはフルーツヨーグルト。

御飯とお味噌汁はお替わり自由です。

実は「わかみや」に宿泊するのは、この朝食が楽しみなことも大きな理由です。

さて、お名残惜しいのですが、今年はこれにて、

夏のわかみやとお別れとなりますBye01

毎年変わらぬ記事で申し訳ないのですが、また、来年元気でこちらに伺える

ことを願っています(o^-^o)

2010年8月 9日 (月)

KKR鎌倉わかみや

今年も「わかみや」に宿泊しておりますAicon339 

由比ガ浜からも近いこちらのお宿は、夏のこの時期だけの利用ですが

毎年恒例のプチ贅沢になっています。

宿泊プランも予約の際に選べますが、私達はゆったりお部屋食プランがお気に入り。

海で使用した水着などを軽く洗いまとめ、ひと風呂浴びてさっぱりとしてから

和室のお部屋で浴衣に着替え、お食事をいただきます。

また、宿の夕食には、名入り御品書を置いていただけます。

今回の夕食は・・・・。

IMG_2319

食前酒、先付、季菜、造り 

自家製果実酒と明記された食前酒は梅酒でした。

IMG_2328 先付  

ピーナッツ豆腐 蚕豆 長芋 水前寺海苔 真砂子あん

でました「餡」もの。ここの料理長さんはこうした「餡」ものがお得意です。

なめらかなピーナッツ豆腐。若干、餡の味が薄いため塩か醤油が欲しいところ。 

IMG_2330  季菜 

鬼灯サーモン 稚鮎田楽 海老棒寿し 枝豆 南部丸十 蜀黍竹輪 椎茸つくね

鬼灯は「ホオズキ」、蜀黍は「モロコシ」と読みます。難しいですね~。

御品書きを拝見するたびに漢字の読み方の勉強になっています。

この鬼灯サーモンですが、カボチャをマッシュしたものをサーモンで包み鬼灯に

みたてています。 海老棒寿しは酢飯ではなく、ねりものでして、やや甘め。

モロコシを使い季節感を出されるあたりの手法も変わりません。

IMG_2326 造り

勘八重ね 鮪 地蛸湯引き あしらい

鮮度良し、もう少し量が欲しくなります。

IMG_2334

色とりどりで、綺麗に作ってあるだ。オラ、感心するだ。 

・・・ あら、ノブローさん。意外に繊細なことをおっしゃる。

でも、目のつけどころが良いわ~。丁寧に作ってくれているよね。

IMG_2338 

温物

賀茂茄子揚煮 豆腐 牛そぼろ 白髪葱

やはり味付けは甘め。 

IMG_2355

強肴

地鶏冷製 トマト チーズ 玉葱 陸蓮根 八丁ソース

写真をご覧になるとすぐにわかると思いますが、陸蓮根は「オクラ」と読みます。

チーズはモッツァレラ。個々の素材は良いものを使われているのですが

八丁味噌をベースとしたソースはあまり馴染まない気がします。

IMG_2359

ごっちゃんです! オクラはオラの好物だで、オラはかまわんよ。

IMG_2364

揚物

三崎鮪の東寺揚げ ズッキーニ 胡椒塩

下に敷かれているものが三崎鮪の東寺揚げ。鮪はミンチ状で揚げられています。

もうちょっと量が欲しいっヽ(*≧ε≦*)φ

IMG_2372

酢物

青林檎霙和え 帆立 海老 カリフラワー 海月 胡瓜

IMG_2384

食事

十五穀御飯 赤出し 香の物

写真は白飯です。御品書きには十五穀御飯と書いてありましたので、

私達のお部屋担当のスーパー接客係りさんに、もしできるようでしたら「白飯」で

食事を出していただけないかをお願いしたところ快く替えてくださいました。

らっきー♪ やっぱり私は白い御飯が好きなのです。

IMG_2391 

甘味

黒すぐりヨーグルトムース 桃香蜜煮

酸味と甘みのバランスの良いデザートでした。 

IMG_2402

Panda006 (タクロー&スズロー) オラ達もちょこっと出たいだーー。

(ノブロー) 仕方ねえな。よっしゃ、みんな揃って、「わかみや」デビューだで

甘味をごっちゃんになるだ。

(タクロー&スズロー) なるだ、なるだ。ごっちゃんですだ!

 

なお、写真を写し忘れてしまいましたが、お食事を出していただく際、飲み物を

聞かれましたので冷酒300ml(松竹梅生酒)@980を注文しました。

料理長は 角屋 敏夫 様。 前年同様、変わっておりません。 

 

偶然でしょうか、お部屋の担当は去年と同じスーパー接客係りさんでした。

この時期にしか宿泊しないの私達を覚えてくださっていた様子。有難いことです。

お料理については、何度も訪問していますので一番はじめにいただいた当時の

感動と比べ、新鮮さがなくなってきた感じは否めませんが、

ここは海へのアクセスが抜群という海水浴目的に即した使い勝手の良さと

宿自体も小奇麗で夏の企画の一つとして満足感が持てるので気に入っています。

 

2010年8月 8日 (日)

松の樹 川崎

某日のディナーは川崎の四川料理「松の樹Aicon339 

といってもちょっと飲みに利用している感じですが・・・。再訪です。

IMG_1752

生ビール(中グラス)@495×2

本日は2階席に通されました。気負わないざっくばらんな店内です。

IMG_1756

鶏とカシューナッツの炒め@945

鶏肉のふっくらした柔らかさとナッツの香ばしさと歯ざわりが楽しい。

私達のおつまみの定番でして、1000円以下で注文できるということもあってお願い

しましたが、味付けはいたってマイルド。量も心持ち少なめ。

無難にまとまっているという印象です。

IMG_1768

(ノブロー)今日は中華だな。 オラ、マイルドも好きだ。

IMG_1773

(タクロー&スズロー) オラ達も食べたいだーー。

(ノブロー) わかっただ。みんなでごっちゃんです!するだ。

IMG_1776

オラーズ3兄弟はいっつも賑やかだね~。 

IMG_1803

紹興酒(古越龍山 4年 640ml)@2100

同じ紹興酒、古越龍山8年(640ml)は3150円、また女児紅(カメ 500ml)

2100円で置いてありました。

IMG_1767

ちょっと、お料理にパンチが欲しくなりましたので・・・。 

IMG_1790

生青赤唐辛子の醤油漬け@157

こいつを鶏とカシューナッツの炒めにあえたらどうかな?と思って注文しましたが

すっぱ辛さはあるのですが、思ったほどには辛さ自体は強くありません。

IMG_1777

正宗担々麺(四川式汁無し担々麺)@840 

やはり松の樹に来たからには、コレをいただいてシビレないと!

Okini02_3 むせるような酸味の中に花椒の香りが強烈~~。こうでなくっちゃ。

さすが、看板メニューなだけはあります。定期的にいただきたくなる味だわ。

IMG_1800

四川麻椒と四川花椒、さらに黒酢もいただきました。

もっと、もっと、というツワモノさんには、こちらをお使いになって心ゆくまで、

正宗式担々麺をお楽しみください。

IMG_1792

あら?ノブローさんも興味があるのかしら。でも残念!背が届かないわね。 

IMG_1793

(ノブロー)オラ、めげないぞっ。これもごっちゃんです!するだー。

・・・また、そんなとこに乗っちゃって、ノブローさん、ガッツあるのね。

 

Hand01お会計は、2人で、上記、お料理とお酒の合計額が5000円以上になりました

ので、ぐるなび10%OFFを使えました。

5032円より532円引きで合計4529円なり~。

このナイスな5000円超えは、無意識に頼んだのですが生青赤唐辛子の醤油漬けが

きいていたようです( ̄▽ ̄)ヤッタ!

正宗式担々麺の美味しさに着目して

四川料理満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。 

 

松の樹(まつのき)

〒210-0005 神奈川県川崎市川崎区東田町9-2

TEL      044-221-9939

営業時間/ 11:00~15:00(L.O.14:30) 17:00~21:30(L.O.21:00)  

定休日/  不定休

2010年8月 7日 (土)

イサミ鮓 三田

お一人ランチは、三田の「イサミ鮓

急に雨に降られまして、飛び込みになります。

IMG_1832

場所は田町と白金高輪の間ぐらいでしょうか。桜田通りを白金高輪方面に進行。   

桜田通りをはさみケーヨーデイツー三田店の斜め前あたりでしょうか。

イタリア料理の「トラットリアセレーナ」とも近くです。

改装なさったのだろうと思われるこざっぱりとした店内は入り口から見て、

右手側がカウンター席、左側がテーブル席。

1 サービスランチは全品小鉢、お椀付。

ちらし、丼もの、定食、ご飯大盛無料。お椀のおかわりも可です。

IMG_1819

マグロ丼(1人前)@800

「酢飯で作ります 白飯はお申し付けください」とのこと。

酢飯でいただきましたが少々ムラがありました。

小鉢は冷奴、お椀はもやしと豆腐の味噌汁。 

残念、お寿司屋さんのお味噌汁は魚貝系でいただきたいものです。

IMG_1823

酢飯、刻み海苔、マグロ、大葉、ガリ、わさび。

マグロは軽く潜らしたぐらいのづけになっており、なかなか美味しい赤身。

 

ご飯をいただきながら考えていたのですが、1人前と1.5人前の差はネタの量の差

なのでしょうな。。でないと、ご飯大盛は?? あ・・・わからなくなりそう。

さて、雨もあがったようなので退散しよう。

IMG_1829

お寿司のランチが800円というお値段はありがたいと思います。

お近くに勤めていらっしゃる方々に重宝しそうなお店でした(o^-^o)

ランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

イサミ鮓(いさみすし) 

〒108-0073 東京都港区三田5-6-8

TEL      03-3451-3218

2010年8月 6日 (金)

越後屋 長兵衛(えちごや ちょうべえ) 蒲田

某土曜日のランチは蒲田の居酒屋「越後屋 長兵衛」(えちごや ちょうべえ)   

IMG_1538

場所は蒲田駅西口徒歩1分。 以前記事にした「知喜多」と隣接するビルの

地下1階になります。

IMG_1544

何にしよ~かな。表に出ているメニューであてをつけておいて・・・。 

というか、ブログに記録してはおりませんがこちらのランチは2回目なのです。

前回いただいて記憶にのこっているランチを再び注文します。

IMG_1518

まぐろ生姜焼きと串揚げ定食@1000 

鮪生姜焼き、串揚げ3本、キャベツ、小鉢、御飯、みそ汁、香の物。

御飯のお替りも可です。

IMG_1527

生姜焼きのソースが甘めで御飯のおかずに合う合う( ´艸`)

脇のマヨネーズも大いに役立っています。どことなく懐かしい味がしてこれ好き。

IMG_1533

鮭、豚肉、そしてもう1本はたまねぎ・・・だったかな?

卓上のソースをお好みでつかいます。

綺麗に揚がっているのですが、正直なところ今回ネタがいまひとつでした。

ちょこちょこあるおかずが楽しい居酒屋さんのランチについつい御飯も進んで、

お腹いっぱいになってしまいます。

IMG_1548

今回テーブル席の利用でしたが、カウンター席と他に奥には個室も用意されて

いる様子。また、私自身の夜の使用はないのですが、こちらに夜一杯飲りに来た

ことがある連れの話では、ややお値段はお高めとのこと。

私は、ちょこちょこおかずの楽しいランチ使用で満足させていただくことにします。

ランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

越後屋 長兵衛

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-66-10

TEL  03-3735-0002

営業時間/ 月~水 11:30~14:30(L.O.14:00) 17:00~23:00(L.O.22:30)
         金・土 11:30~14:30(L.O.14:00) 17:00~23:30(L.O.23:00)
         日・祝 11:30~14:30(L.O.14:00) 17:00~22:30(L.O.22:30)

定休日    無 休

2010年8月 5日 (木)

Hummingbirds’hill (ハミングバーズヒル) 恵比寿

お一人ランチは、恵比寿のアメリカンレストラン・バー「Hummingbirds’hill

(ハミングバーズヒル)Aicon339

IMG_1869

恵比寿南の交差点を左折、 途中右手に松坂屋ストア、カルピス本社、

さらに道なりに進行すると左手に一際目立つ色彩の建物が見えてまいります。

こちらが「Hummingbirds’hill 」 、先日の映像ダイニングバー「icratt」の手前と言った

位置関係になります。

IMG_1839

店内に入ると、スタッフの方が喫煙か禁煙かを聞いてこられます。

禁煙でお願いすると入り口に近いテーブル席に案内されました。

ぐるりと見渡すと内装は明るくアメリカンカントリー調。

テラス席、テーブル席、カウンター席と総席数はかなりあるように思いますが

それにも増して高い天井がより広さを印象づけています。

このテラス席はわんこ可。また灰皿が置かれていますので喫煙席としても

使用なさっているのかと思いました。

1

お目当てはベーコンチーズバーガー@1150

ランチメニューにはドリンクがセットされます。

IMG_1842

アイスコーヒー

セットのドリンクを選ぶと、食前、食後、いつお出ししましょうか?と

聞いてくださいます。問答無用でないところに愛を感じるこの頃です。

IMG_1848

ベーコンチーズバーガー

ベーコン、チェダーチーズ、パティ、ピクルス、オニオン、トマト、レタス。

ともかく炭火焼きの香りが芳ばしい。

トマトも厚切りで、野菜がシャキシャキしています。

IMG_1855

付け合せはコールスローとフライドポテト。

コールスローの味付けが弱く感じたため卓上に置かれている塩で微調整。

フライドポテトは見た目コツゴツとしていて、メガクランチ(塩味付けポテト)かな?

サクサクカリカリとした食感でジャンクフードとしての醍醐味あり。

ついつい食べ過ぎる感があるので、個人的に危険Yahho01

IMG_1862

バンズはややソフトに感じましたが、バランスを損なうほどではなく、全体的には

パティ、チェダーチーズ、野菜とうまくまとまっているかと思います。

個人的には、力強いワイルドさを求めてしまいがちですので、平均値でおさまる

バーガーに物足りなさを感じましたが、しっかりボリュームはありました。完食(^人^)

グルメバーガーランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

なお、この日は7月13日でした。お店の1周年記念として来店されたお客様にと

お会計時にエコバックを頂戴いたしました。

7月13日はHummingbirds’hill のお誕生日。2周年記念も楽しみだ( ̄▽ ̄)

 

Hummingbirds’hill (ハミングバーズヒル)

〒150-0022  東京都渋谷区恵比寿南1-16-11 ABC・WACOビル 1F

TEL     03-6412-8989

営業時間/ 11:30~15:30 18:00~23:30

定休日    日曜日

http://hummingbirdshill.com/ 

2010年8月 4日 (水)

森戸海水浴場

早起きをして、森戸海水浴場に行ってきました。

IMG_2717

海はいいだなぁ~~。やっぱり落ち着くだ。

2

(タクロー&スズロー) ノブロー、オラ達も海にデビューするだ。

(ノブロー) お前らあんまり前に出でくるなだ。オラの希少価値がなくなるだ。   
               後ろにいるわんこは海の家のレオン君だな。

IMG_2727

カルビ焼@500

朝が早かったのでお弁当はなし。到着後、海の家「末広」で注文。 

IMG_2721

生ビールが美味いだな~。 

IMG_2741

今日はピオーネを凍らしてきたから、ピオーネでスパークリングワインを飲るよ。 

さぁ、ノブローさん達も我が家に集結しなさいね。

IMG_2746    

お昼は例年どおり「旭屋牛肉店」でコロッケ類を購入。 

IMG_2750

左から、豚ヒレ肉一口カツ、特製葉山コロッケ、メンチカツ。

これも夏の時期にこちらに来たときにしか味わえないものです。 

IMG_2753

「きらく」さんで涼を取らせていただきながら、ラーメンとレモンサワーを注文。 

IMG_2756

度量の大きいお店の方々に持ち込みも、お許していただいております(^人^)感謝♪

Panda006 みに!浜辺で人がぶっ倒れているだよっ。 

やだ、ノブローさん、あまり、騒がないの。日焼けをしようとしているのよ・・・。たぶん・・・。

2010年8月 3日 (火)

雲龍(うんりゅう) 横浜中華街

某休日のランチは、横浜中華街、市場通りはずれの中華料理「雲龍Aicon339 

IMG_1377

以前記事にした「萬来亭」とも至近距離であり、正面には梅蘭焼そばで有名な

「梅蘭」があります。

IMG_1408

小ぢんまりした店内は入って左側にカウンター席と右側にテーブル席が2卓ほど。

元町中華街にありますが、観光客の集まる他店とは異なり、地元密着型、

町の大衆的な中華屋さんといった雰囲気です。

この日は入店時にまだ他のお客様がいないためお店の方が奥のテーブル席で

新聞を読まれていました。

IMG_1380

生ビールは置いていないとのことで瓶ビール(キリン中瓶)@550×2

IMG_1385

ビールのお通しでしょうか、ザーサイが運ばれてきております。

私としては塩の抜き加減が良いと思ったのですが、連れはイマイチの様子。

こういったものは好みによりますね。

2

Panda006 みに、オラの兄弟が参加しただよっ。紹介するだ。

げっ!ノブローさん、その子達どぉーしたのっ!

(ノブロー) 中華街はオラの故郷だ。こいつらも今日からファミリー入りするだよ。
        養育費たのむだよ。

(タクロー) オラ、タクローだ。
(スズロー) オラ、スズローだ。

・・・・もう名前まであるのね・・・。 
わかった!キミ達はチビーズにならって3匹でオラーズだわね。

IMG_1398

牛ばら麺@850     

醤油ベースのスープにたっぷりのバラ肉が惜しげもなく使われおり、

牛バラの旨みがすっきりとしたスープにコクを増していきます。

IMG_1441

このバラ肉はとろっとろで強い調味料の主張が感じられないため、意外にも

あっさりといただけ後味も良好。 

IMG_1410

排骨麺(パイコーメン)@750

厨房で揚げたてのジューシーなパイコーが丼の上でパチパチと音をたてています。

IMG_1422

麺は牛バラ麺もですが、細麺ストレート。 

IMG_1427

香ばしく揚がったパイコーは衣にカレー粉が使われおり、最初はさくっとした表面が

次第にスープに馴染んでしんなりしてくると共にスープに深みが加わってきます。

この味わいの変化の過程も美味いっ。

ジューシーなパイコーは骨までしゃぶりつくす勢いでいただきました。

IMG_1394

(ノブロー) いいか、オラがチームリーダーだからな。
        お前らはオラの控えのポジションだべよ。
        オラ、食のアイドル目指してるだからスキャンダルは厳禁だで
        足ひっぱるでないだよ。    

(タクロー&スズロー) わかっただよ。だから頭のてっぺんのピコピコとってほしいだー。

 

はいはい、そこまで。お食事レポート続けるよーー。

牛バラ麺・排骨麺とも、あっさりしっかり、嫌味を感じさせない出来上がりで

満足感は高い。お店の雰囲気からしても決してお洒落とはいい難いものですが

これらを目的にさくっといただいて帰るという使い方にお薦めできるかと思います。

また、お店には観光客をターゲットにしたようなお二人様2980円etcからという

セットものもありません。個人的にますます嬉しい。好印象のお店でした。

Hand01お会計は、2人で、上記、お料理とお酒で合計2700円なり~。

横浜中華街満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。 

 

雲龍(うんりゅう)

〒231-0023  神奈川県横浜市中区山下町132

TEL            045-641-9055

営業時間/  火・水・金・土 11:30~14:00 17:00~20:30

                    日祝 11:30~20:30

定休日      月・木

2010年8月 2日 (月)

川崎MORE'Sビヤ・ガーデン

平日、仕事帰りに川崎モアーズの屋上ビヤ・ガーデンに立ち寄りました。

CACJ7LPK 

バイキング形式の2時間飲み放題・食べ放題。

予約もできるので、予め電話予約にて席をキープ。

一段高く組み立てられたウッドデッキのスペースが予約席になります。

1

男性3300円、女性3000円。
基本、料理もドリンクもセルフでとって来ます。

お料理はどちらかというと中華系のものが多いのですが、
点心、サラダ各種、唐揚げ、ポップコーンなどおつまみになるものから
焼きそば、焼飯、ラーメンとお腹にたまるものも置いてありました。

ドリンクは、ビール、ワイン、サワー、ハイボールなど。ソフトドリンクもあり。
ジョッキやグラスが冷やされているのが嬉しいです。

CAVL6R5I

(ノブロー) 今日はララ・メイとデートだ。オラ、エスコートするだ。

CAZA321O

(ノブロー)ララ、これがシューマイってやつだよ。オラ中華にはうるさいだよ。

(ララ・メイ)お料理は食べ残しをしないように食べれる分だけとって来るのよ。

CAURWE3T

正直なところ、お手頃なお値段なのでお料理について特筆すべき点はないのですが

周囲の灯りがともる頃になると、活気に満ちた屋上ビヤ・ガーデンはワクワクする

ような夜市の色合いが一層濃くなります。

夜風に吹かれながら開放的にいただく生ビール。

日本の夏の風物詩として、シーズンに一度は体験したいと思っていましたので

希望が叶ってよかったです(*^-^)

2010年8月 1日 (日)

あぶらぼうず 蒲田

某日のちょっと飲みは蒲田の漁師居酒屋「あぶらぼうず

場所は蒲田駅西口徒歩2分の路地裏のビル内。

以前記事にした「博多屋台市場」と姉妹店であり、同じビルに入っています。

HPを拝見したところ、こちらのお店は、「その日に獲れた新鮮な魚を、市場から
ではなく漁師さんから直接仕入れています。」とのこと。

このため美味しいお魚をリーズナブルな価格で提供してくださるのです。

IMG_0277

海女さんハイボール(ウイスキー+梅酒)@480

エレベーターを降りるとそこはもう活気溢れる明るい店内。水槽が置かれ、U字型の

カウンター席と小あがり席、よく確認できなかったのですがテーブル席もあるようです。

今回の私達はカウンター席に横並びで利用させていただきました。

IMG_0298

お通し@380

キュウリのゴマ油あえ。ちょっと寂しい。

IMG_0294

(ノブロー)そんなこと言うでねえだ。カウンターの中の板さんにサービスで

焼きたてのほっかほかの玉子焼きもらっただよ。

おおっ!そうだったね。注文したお料理が出るまでの間、こちらでもどうぞと

お気遣いくださったんだよね。優しい甘さがしたよ。

IMG_0306

鮪のほっぺネギ塩焼@600

この日は「鮪祭り」をやっていらしたので1品頼んでみました。

卓上でじゅわじゅわと焼く楽しみがあるのですが、旨み調味料のような味付けが

少し気になりました。

IMG_0314

トロトロチーズの揚げ春巻き@580

魚をいただきにきてもこうしたおつまみが欲しくなってしまいます。

パリパリとろりんの揚げ春巻。

魚以外にもつまめるお料理があるのは嬉しいです。

IMG_0327

千葉県産 金目鯛の煮付け@800 

このお値段だと切り身状態になっちゃいますね。お味のほうは甘めです。

水菜が添えられて小奇麗に盛りつけられていますが、個人的には、こうしたお化粧

などはなく、もっと見た目にもがっつり魚を盛ったぞっという荒々しさが欲しいところです。

IMG_0353

鮪のにぎりニ貫@400

「鮪祭り」より注文。シャリは小さめ。 されど、なかなか美味しい。

IMG_0285 鮪祭りに感謝(^人^)感謝♪

IMG_0359

接客はハキハキとしてとても歯切れの良い対応でした。 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒(他にホッピー黒@380×2、ホッピーなか

@150×4)に、ぐるなびクーポン20%OFFを使い合計3984円なり~。

 

沼津漁港直送 あぶらぼうず×漁師村

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-5-6 FDI蒲田西口駅前ビル5F

TEL  03-5713-0411

営業時間/ 月~金18:00~24:00(L.O.23:30)

         土・日・祝18:00~24:00(L.O.23:30)   

定休日    無 休

http://www.moyashi.co.jp/

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »