2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« ら旺 野毛 | トップページ | ロウホウトイ (老饕檯) 白金 »

2010年6月21日 (月)

二八庵 さらしん 自由が丘

某日のお母さんと一緒ランチは、自由が丘のおそば屋さん「 二八庵 さらしん

母が友人とよく利用しているお店へ同行しました。

IMG_0198

場所は自由が丘デパートと平行して並ぶ商店街のアーケードの中にあり駅近です。

IMG_0181

店内はテーブル席に小あがりの座敷席。

スペースがゆったりとしているので落ち着いて食事がとれる雰囲気ではあります。

今回は小あがりの座敷席利用。

IMG_0179

メニューの一部ですが、けっこういいお値段であります。

この日は蒸し暑かったので、冷たいおそばをいただこうということで・・・。

IMG_0183

               小海老せいろ@1500

おそばの量は気持ち少なめ。

白くて細いおそばは適度にコシもあり、滑りも悪くありません。

IMG_0193

軽い衣で一つ一つ揚げられた熱々の小海老に大根おろし。上には大葉の千切りが

散らされています。これにそばつゆを入れていただくのですが、やや甘め。 

そば湯も運ばれてきましたが、あっさりしていました。

IMG_0200

お買い物帰りの地元の奥様やご年配のご夫婦、お一人様でも気軽に立ち寄れる

空気感を持っています。

また、おつまみも置いてありますので、おそば屋さんで軽く一杯という使い方も

できるのでしょうが、私にはあまりに身近すぎてそうした利用をしたことはありませんし、

個人的な意見としては、ささっとおそばをいただいてひきあげるのによろしいかと

思っています。

同店はかなり昔からあるのですが、町のおそば屋さんの綺麗バージョンという感じで、

母をはじめ女性受けの良いお店だなあと見ております。

日本蕎麦満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

二八庵 さらしん

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-29-4

TEL      03-3717-1097

営業時間/火~金 11:00~15:00 火~金 17:00~21:00(L.O.20:40) 

        土・日・祝 11:00~21:00(L.O.20:40) 

定休日   月曜日

« ら旺 野毛 | トップページ | ロウホウトイ (老饕檯) 白金 »

03.蕎麦・うどん・寿司」カテゴリの記事

a-05.目黒区・世田谷区」カテゴリの記事

b-2.東京・神奈川ランチ」カテゴリの記事

コメント

「白いそば」って、見た所、「細うどん」みたいだね。
「白いそば」って、始めて見たけど、
「白いたい焼みたいなのかな?」と思って調べてみたら、
そばの「一番粉」ってのを使うみたいだね。

また、面白い食事処を見つけたよ。
烏丸御池を少し下がった所にある「新風館」の中にある
「京野菜ダイニング Tawawa 」で
ディナーバイキングが大人3000円で、
プラス1000円でアルコールの飲み放題だって。
http://www.kyo-tawawa.co.jp/restaurant/restaurant-shinpukan/dinner.html

専属カメラマンは「お昼なら行った事があるけど・・・」と
言っていたよ。
http://kyotoreport.seesaa.net/article/139871822.html

Pandaさんclover
こんにちは~。
いつもありがとうございま~す(^人^)

白いたい焼き(*゚v゚*)
Pandaさん、発想がユニーク( ´艸`)
おそばも美白がべっぴんさんなのかな。
私は地黒だから縁遠い・・・。

京野菜ダイニング見たよ~~。
しっかり飯ものもあるねっo(*^▽^*)o
和風を取り入れたダイニング、気になるな~♪
ということで、Pandaさんや専属カメラマンさん
情報をまとめて管理しておけるようMYパソコンに
フォルダを作ってしまったわ(≧∇≦)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« ら旺 野毛 | トップページ | ロウホウトイ (老饕檯) 白金 »