2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 熊野神社 自由が丘 | トップページ | ちょっと物足りなかったぞ。 »

2010年4月 5日 (月)

ほさか 自由が丘

いい時間になってきました。自由が丘の最後は居酒屋「ほさか」に寄っていこうAicon339

IMG_5334

場所は、自由が丘の老舗の居酒屋「金田」の並び。

こちらで軽く一杯飲ってから「金田」へ向かうお客様も多いとのこと。

店内はコの字形のカウンターが一つ。 立ち飲みではありません。

お昼はうな丼といったご飯ものもあるのですが、夜はうなぎの串で一杯飲める

お店になるのです。

IMG_5316

                                うなぎ からくり焼@300×2

日曜夜の営業は16時より。カウンター内のおばちゃんに注文を聞かれます。

卓上にはお品書きのような洒落たものはございません。

店内の壁に貼られたお品書きから焼酎@400を注文すると、キンミヤ焼酎を

グラスになみなみと受け皿に溢れるほどついでくださる。

飲み方はレモンと水でお願いすると氷の入ったジョッキとコップにはお水。

そしてカットレモンが出されました。

はじめてなので、戸惑っていると常連さん達(嬉しいことに正面とお隣の常連さん)

が親切に教えてくださいました。

こちらでは自分でやろうね!のスタイルなのだWink01

ウーロン茶割りなども出来ますが、このウーロン茶は缶。

発砲スチロールの箱に氷水をはった中で飲み物が冷やされています。

お通しはキャベツの浅漬け

うなぎ串は何から注文しようかと迷っていると、今度はお店のおばちゃん達が

はじめての私達をがっちりサポートしてくれます。

からくり焼どうかな?と連れと相談していると、

「食べやすいからオススメよ。」 とのこと。

IMG_5318

                うなぎ きも焼@300×2

次は、きも焼。ほろ苦さがたまらないね~。

てなことをモグモグさせて言っていると、いつの間にやらお一人でいらしていた

左隣の常連さんと会話がはずんいました。

こちらの常連さんは先々代から50年近く通ってらっしゃるという「ほさか」の大先輩。

初心者マークの私達にいろいろと教えてくださいました。

IMG_5321

             うなぎ ひれ焼@300

ひれ焼は以前、蒲田の「藍の家亭」でもいただいたことがあります。

かなり脂がのりのりです。

大先輩のお話によると、お店の年季の入ったコの字形のカウンターはときどき

カンナがけをなさるとのこと。

IMG_5325

                うなぎ 塩焼@300

わさび付きです。

右隣に若いカップルの方がうな丼を目当てにいらっしゃいました。

   ・うなぎ蒲焼 大1200円 小1000円
   ・うなぎ からくり焼 300円
   ・うなぎ きも焼 300円
   ・うなぎ ひれ焼 300円
   ・うなぎ かしら焼 250円
   ・うなぎ 塩焼 300円

他は、お新香150円とビール、清酒、焼酎 でランチタイムのようにうな丼は
ないのですが・・・。

うな丼は昼のみと知ると、カップルさんは思案顔。。

おばちゃんが、「そこの吉野家でご飯買ってくれば?」とご提案。

男子は困ったような顔をなさっていましたが、

「みんなやってるからいいわよ。」とのおばちゃんの言葉の後押しに

こういうときは女子のほうが決断が早い。

「私、食べたい!」 

ささーーっと、ひとっ走りご飯を買ってきたのです。

蒲焼を注文し、買ってきた吉野家の白飯を焼き場のおやじさんに渡すと、

おやじさんは何の問題もなく、その吉野家の発砲スチロール容器にはいった

白飯を受け取り、蒲焼をのせうな丼を完成させてくれたのです。 

おぉ!なんという風通しの良い店なんだ!W01

カップルさんは、お酒を召し上がらないので完食後は周囲に少しはにかむ様子で

すぐにお帰りになりました。

IMG_5327

               うなぎ かしら焼@250

ちょっとカリコリとした歯ざわり。

次の右隣は煙草を召し上がる方でした。やはりはじめてなのかしら?

灰皿はどこかとおばちゃんに尋ねると、

「床に捨てていいのよ。」という回答。 

右隣さんは戸惑いがちに床へ吸殻を・・・。

ポイ捨て厳禁!な今の時代に?と私もびっくりしていると、

大先輩は「テーブルに置くと邪魔だろ、どうせ最後は掃除するんだからいいんだよ。 

吸うなら遠慮しなくていいんだよ。」

なるほど、古くからある大衆居酒屋のスタイルだわ。

IMG_5329

こちらのお勘定は串の数で数えるそうです。大先輩曰く、かしら焼のみ串の長さが

違うということなので見てみると、 あっ、ほんとだ!長い!

帰り際、大先輩は、「またおいでよ。たいがいこの時間いるからさ。」ということなので

また訪問してみようかな(*^-^) 

一見に対してお店の方々も常連さんたちも、排他的ではないお店Onegai03t

昭和を感じさせる雰囲気も私達などには居心地のよさに繋がっているようだ。

お会計は2人で、上記、お料理とお酒(焼酎計3杯?)で、合計は3950円なり~。 

居酒屋満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

ほ さ か

〒152-0035  東京都目黒区自由が丘1-11-5

TEL       03-3717-6538

営業時間/ 11:30~14:00 16:30~21:00

« 熊野神社 自由が丘 | トップページ | ちょっと物足りなかったぞ。 »

04.居酒屋・ラーメン」カテゴリの記事

a-05.目黒区・世田谷区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

こちらは、また、素敵なお店ですね。
今時、こういった、風通しの良いお店があることが、嬉しいです。

昔ながらの大衆立ち飲み屋は、(この店は立ち飲みじゃないとのことですが・・・)メニュー名が独特で説明されないと絶対分からないですよね。
それがまた、地域によって呼び名が違うので、ぼくも大阪時代は先輩に連れられてちょくちょくそういう店に行ってましたけど、メニュー名は最後まで謎でしたよ。

なんやらノスタルジックな良い店のようですね。

ヒーリングタイムさんclover
こんにちは~。
いつもありがとうございま~す(^人^)

お料理もうなぎの串、昭和な雰囲気で
好き好きがでるお店かもしれませんが
私もこうしたお店が変わらず頑張ってくれて
いるのが嬉しいですshine
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ごえも~んさんclover
こんにちは~。
いつもありがとうございま~す(^人^)

カウンター内のおばちゃんも力強くて財産です。

たまに・・・排他的なお店に遭遇することが
ありますが、ここは違いました。
長く愛される理由がわかる気がしましたよ( ^ω^ )

ところで、ごえも~んさんは大阪時代が
あったのですねっo(*^▽^*)o ハツミミダヨー!
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

素晴らしいお店ですね~。懐が深いというか・・・。smile

昔ながらの居酒屋さんって感じで、粋ですね~。happy01

白焼きに、わさび。最高に、焼酎に合うでしょうね・・。lovely

この記事へのコメントは終了しました。

« 熊野神社 自由が丘 | トップページ | ちょっと物足りなかったぞ。 »