2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 京都旅行2010春 №26 朝食は志津屋!! | トップページ | 京都旅行2010春 №28 都をどり »

2010年4月24日 (土)

京都旅行2010春 №27 Ristorante 美郷

最終日のランチは、Ristorante「美郷」(みさと)Aicon339   

IMG_5378

前回同様ですが、町屋造りのお店でのお食事を意識して予約しました。   

IMG_5383

ランチにはリーズナブルなコース料理も用意されているのです。   

今回は、MENU B@2500のコースを注文します。

IMG_5389

予約は開店と同時の11時30分。   

IMG_5395

まずは、ドリンクメニューから・・・。   

IMG_5400

グラススパークリングワイン(シャルドネ)@1300×2   

IMG_5404 

コース料理の前菜の前にシェフからの一皿。

 菜の花で包まれたカマンベールチーズ。   

IMG_5417

Pane パン

パンは2種。運ばれてきたとき湯気がたっていました。

もっちりとした歯応えがあり香ばしいのです。うまっW04   

IMG_5427

Antipasto 前菜  

・イタリアのオムレツ
    チーズが濃厚、野菜もしっかり入っていてシャキシャキという
    歯ざわりがあります。

・桜の花びらの塩漬けを入れたブリュレ
    滑らかです。味覚のスイッチを切り替えるのにちょうど良い。

・イタリアの生サラミとグリッシーニ
    生サラミはしっとりとしてぴりっとした辛味。グリッシーニは堅焼き。

・安納芋(あんのういも)ときびなごのフリット
    甘みの強い安納芋。フリットはからっと揚がっており、ここに粒マスタード、
    ハーブ、バルサミコをベースとしたソースがけ。

・四種のチーズのムースOkini02_3
    ゴルゴンゾーラ、タレッチオ、クリームチーズ、パルミジャーノに蜂蜜。
    当店の定番とご説明を受けたこのチーズのムースはとても軽やかで
    滑らか。優しい甘みを感じます。 
    さすが自慢のオリジナル。絶品です

見た目も華やかで美しい前菜。食べ終えるのがもったいないくらいです。    

IMG_5441

Chardonnay シャルドネ @4100   

北イタリア。ミネラル感たっぷりの辛口。このお値段にしてはかなりgood!

IMG_5458

Pasta del giorno 本日のパスタより一品   

・タリアテッレ 鴨の赤ワイン煮込み

美郷オリジナル手打ち特選パスタ料理が割増料金+500円で注文できました。

煮込まれた鴨肉もゴロゴロ入っており適度に弾力を残す部分もあってマイルドで

繊細な味付けのソースに絡みます。

これは私の好みですが、タリアテッレにもう少し強いコシ(もっちり感)が欲しいかな。

IMG_5463

・海老とウルイのマリナーラ

トマトの甘みと酸味が効いて春らしく軽い。家庭的なようで、素材の持ち味を

十二分に生かし、繊細な味わいのバランスが光る

アルデンテのパスタに品良く絡み、プロにしか作り出せないであろう逸品。

これにはまいりましたW03 

こういうこってりソースでないものを美味く仕上げるのって難しいよね~。

と連れとお皿をかえながらいただいていると、お店の方がすかさず取り皿を

出してくれました。   

1

美味しいものをいただくとワインも進みます。

お値頃な赤ワインはないかと、お店の方にご相談すると・・・

やりましたっ!

こうしてワインを並べていただけるのは「 MAXIVIN」(マクシヴァン)以来です。

持ってきていただけたワインは5000円台を中心とするもののようでしたが

一つ一つ丁寧に説明してくださいます。

IMG_5479

Murgo ムルゴー @5500

私達が最終的に選んだのはシチリアのワイン。Murugoです。

エトナ火山の麓。ずっしりと味わい深い赤です。

2 1

エチケットをお持ちになりますか?と聞かれました。

記念にしたいと答えると、お店の方がワインラベルレコーダーで保存シートを

作成してきてくださいました。

お店に入ったときから、好感度の高い接客だと感じていましたが、

すごいサービスです。感激だわ~。

ホール接客に出ていらしたのは男性と女性各1名。

おそらくですが、お二人ともソムリエ?

(ソムリエナイフをギャルソンエプロンにはさんでらっしゃいました。)

IMG_5499

Secondo piatto 鮮魚料理又は肉料理

連れと違えて注文すると、お店の方から「取り分けてお出ししましょうか?」

との嬉しいご提案。きめ細やかな心遣いです。

・真鯛と生ハムの重ね焼き サルティンポッカ風

IMG_5496

下にはズッキーニ、パプリカのトマト煮を敷き、生ハムと真鯛の間にはセージ。

生ハムの塩気が効いて、鯛の淡白さを補うように焼かれていました。

すごい繊細さ、これも美味いっW04 

IMG_5507

・薩摩豚のロース肉のピッツァ職人風

一度ソテーした豚肉にケッパーとオニオンを合わせたトマトソースにチーズ。

オーブンで焼いたものと思われますが、先ほどの鯛と比べると、

やや物足りなさがあります。 

個人的な思いですが、ソースは美味しいのでマッシュポテトなりを添えたら

いいのになぁ~~。   

IMG_5517

パンはお替り無料。 しかし少々時間がかかります。

お店の方のお話によると、7割ほど焼いた状態 で冷凍したパンをお店の

オーブンで焼くそうなのです。

このパンは大阪からとのこと。シェフの知人の方が、もともと趣味で焼いていた

そうなのですが、その趣味がこうじて、いまや人気のパン屋さんになったとか。

IMG_5526

Dolce ドルチェ 

・パンナコッタ・・・ミネラルたっぷりの沖縄の本和香糖を使用。

・バニラとジャンドゥーヤのジェラート

・カントゥッチのプディーノ・・・ビスコッティのような堅い焼き菓子(カントゥッチ)の
                 プディング。

・ハーブルトン・・・おそらくリンツァートルテのようなもので玉子とプルーンを

使っていました。

少しずついろいろな美味しいドルチェが楽しめ、充実感がありました。

特に気にいったのは、柔らかい甘さの中に食感が残っている

カントゥッチのプディーノ(*^-^)

IMG_5545

Caffe お食後のお飲み物  

ホットコーヒーと美郷オリジナルハーブティ「サナーテ」(+100円)で。

美郷オリジナルハーブティ「サナーテ」はカモミールをベースに、レモングラス、
ガーベラなどを加えた優しい香りのハーブティ。

IMG_6584

化粧室を利用する際、中庭を拝見できます。   

IMG_5392

Hand01 お会計は2人で、上記お料理とお酒で合計17500円なり~。

車が一台通るのがやっとの小道にひっそりとたたずむ隠れ家のような店構え。

お洒落で雰囲気のいいお店で美味しい料理がいただけるとはかぎりませんが、

ここはまちがいありません。

完成度の高い料理と上質なサービスを肩肘はらずに堪能させてくれる

素敵なリストランテ。京都の懐の深さを感じました。

旅先ですが、Ristorante満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

Ristorante 美郷 

〒600-8079 京都府京都市下京区堺町通松原下ル鍛冶屋町246-2

TEL      075-351-0098

営業時間/ 11:30~14:00(LO) 17:30~22:00(LO)

定休日     木曜日

http://mrmd.co.jp/misato

« 京都旅行2010春 №26 朝食は志津屋!! | トップページ | 京都旅行2010春 №28 都をどり »

05.イタリアン」カテゴリの記事

d-1.旅行・京都」カテゴリの記事

コメント

なかなかなお店です。

真鯛と生ハムとは思い切った組み合わせですね。
どんなお味でしょうsign02 興味津々です。

パスタもおいしそう。トマトのおいしさが舌の脇に
湧き上がってきます。happy02

おー!!この内容で、\2500はお得ですね!!

必ずしも、盛りつけが美しい=美味いとは限りませんが、でも美味しい事の方が良いと思います。

恐らく、器のデザインと大きさ、色合い、食材の大きさと色合いが美しく、シェフは、計算して盛りつけたように見受けます。

鯛と生ハムの組み合わせは、見た事はありませんが、鯛をクレピーヌ(豚の網油)で包んで焼く料理はありますので、アイデアは、その辺かな?

Morさんclover
こんにちは~。
いつもありがとうございま~す(^人^)

本当は、個人の再訪の目安として
星4ツ半ぐらいでも良いお店だと思います。
今回たまたまお肉料理に物足りなさを
感じてしまったための満足度にすぎません( ^ω^ )

そうそう!どれも美味しかったのですが
私も、真鯛と生ハムの重ね焼き サルティンポッカ風と
海老とウルイのマリナーラと
四種のチーズのムースは
すごく気に入りました。
生ハムの塩気に合わさった鯛の身の
しっとり感・・・あぁ、表現力が及ばないわ~~。
近くだったら、ちょくちょく行きたいお店なのにcrying
遠すぎるーーー!
Morさん、京都に行かれる機会があったら
同店は食べ歩きの候補にオススメしたいお店です。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

魔神さんclover
こんにちは~。
いつもありがとうございま~す(^人^)

わぁhappy01こちらのお店は
魔神さんの目にもとまられましたかっ。

2500円でこれほどの料理。
また接客も素晴らしかったです。

なるほどーー。この美しさは計算されて
らっしゃるのかも。美的センスだわ~。
シェフはテクニシャンですね( ^ω^ )
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2500円でこれだけのイタリアンがいただけるなんて素晴らしいですね。

ワインのサービスも素晴らしいですね。confident

地元でも、きっと人気のお店でしょうね。happy01

tokuchanさんclover
こんにちは~。
いつもありがとうございま~す(^人^)

地元でも評判だと思いますよぉ。
お店の雰囲気も接客も取り繕った感じがなくて、
とても良いお店でした(o^-^o)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 京都旅行2010春 №26 朝食は志津屋!! | トップページ | 京都旅行2010春 №28 都をどり »