2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 京都旅行2010春 №19 昼食 | トップページ | 京都旅行2010春 №21 龍安寺駐車場にて。 »

2010年4月20日 (火)

京都旅行2010春 №20 龍安寺(りょうあんじ)

世界文化遺産、龍安寺は臨済宗妙心寺の寺院。

山号は大雲山。ご本尊は釈迦如来。 

IMG_4930

しおりによると、

徳大寺言えの別荘だったものを、宝徳2年(1450)管領細川勝元が譲り受けて寺地
とし、妙心寺の義天玄承を開山として創建されたものである。 

IMG_4936

応仁の乱に焼失して、明応8年(1499)、勝元の子、政元が再興したが、寛政9年
(1797)火災で方丈・仏殿・開山堂などを失った。
現在の方丈は、そのとき西源院の方丈を移築したものである。 

IMG_4937

山門を入り、鏡容池。

この池は徳大寺家によって築かれたもので、かつてはおしどりが群れ遊んだところ
からおしどり池と呼ばれていたそうです。

IMG_4942

あら~、水鳥がお尻を突き出しています。ほっこり~~。 

IMG_4947

IMG_4952

IMG_4953

IMG_4955

龍安寺といえば枯山水の方丈石庭です。

IMG_4963

方丈庭園(国の史跡及び特別名勝)は、室町時代末期の作と伝えられ、枯山水の
石庭として有名である。長方形の敷地の中に白砂を敷き、十五個の石を配し
一水一草も用いず象徴的に自然を映し出しており、枯山水庭園の極地を示した
ものといえる。あたかも渓流を虎が子を連れて渡っているようにも見えるため
「虎の子渡し」とも呼ばれる。

油土塀にかかる枝垂れ桜が満開であればもっと美しかったことでしょう。

IMG_4968

方丈の襖絵。公開されていました。

IMG_4976

IMG_4982

つくばい。

茶室に入る前に手や口を清めるための手水を張っておく石のこと。
一見“五、隹、疋、矢”の文字に読まれるが、中心の口を共有すれば
“吾唯足知”(われ ただ たるを しる)と成り、禅の格言を謎解きに図案化された
無言の悟道とのこと。

徳川光圀の寄進とのこと、一般公開されているものはレプリカだそうな。

IMG_6443

IMG_4989

侘助椿。

秀吉が賞讃したと伝えられる老樹。

この日は、苔のお手入れが行われていました。 

IMG_4995

嬉しい配慮です。

視覚障害の方にも、触ってイメージできるように石庭の模型(ミニ石庭)が

設けられていました。

IMG_5004

IMG_5011

龍安寺名物。西源院の七草湯どうふ。一客1500円也。

表のメニューには、麦酒@500もありました。

湯どうふのお値段もリーズナブルだし、お庭を眺めながらというのも素敵だわ。 

ここ、いいねっ。 覚えておきましょう。

IMG_5017

再び鏡容池を回り、次の目的地へと移動します。

IMG_5022

« 京都旅行2010春 №19 昼食 | トップページ | 京都旅行2010春 №21 龍安寺駐車場にて。 »

d-1.旅行・京都」カテゴリの記事

コメント

怒涛の更新ですね。
凄い。
ミニ石庭の配慮は、知りませんでした。
嬉しいですね。

満開の油土塀にかかる枝垂れ桜を毎回みたいと思っておりますが毎回果たせませんcoldsweats01

今年も4月8日に京都へ行きながら見逃してしまいましたsweat01(後で知ったのですが、ちょうど満開だったそうです。pout

ヒーリングタイムさんclover
こんにちは~。
いつもありがとうございま~す(^人^)

毎日、寺と桜でご退屈をさせていると
思います(u_u。)
この2日目の花見が終わると、あとは
ほとんど食べ物記事になります( ´艸`)

体力が続くかぎり更新したいのですが
少々バテ気味です・・・。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 京都旅行2010春 №19 昼食 | トップページ | 京都旅行2010春 №21 龍安寺駐車場にて。 »