2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 京都旅行2010春 №10 高瀬川一之船入 | トップページ | 京都旅行2010春 №12 朝食は志津屋! »

2010年4月15日 (木)

京都旅行2010春 №11 割烹 露瑚(かっぽう ろこ)

初日のディナーには「割烹 露瑚」(かっぽう ろこ)Aicon339

IMG_6259

IMG_4360 

高瀬川一之船入からも近いこちらのお店は、木屋町通から細い路地を入った

突き当たりになります。 

IMG_4364

築100年の歴史のある宿を改装されているというだけあって風情が感じられます。

予約時間は19時。案内されたお部屋は奥の2名用の個室。

2名での利用で最も評判の良いお部屋とのこと。

IMG_4365

お部屋の入り口から向かって正面の窓を開けてみると、鴨川に向かって川床が

できていました。

京都の川床は5月からとのことですが、もう準備はできているのですね。

なるほど、この眺めは絶景だわ。評判のよいお部屋という理由が納得できました。

IMG_6256

お料理は夜のコースで7350円と10500円があります。

予約時に、7350円のコース料理で申し込んでおきました。

ちなみにお店では、お品書きは出されませんでした。

やはり京都ではお品書きは出ないのが一般的なのかしら?

しかし、今回はお店の前に7350円のコース料理メニューが出されていましたので、

参考までに撮影させていただきました。

IMG_4378

まずは、桜湯(さくら湯)を。

IMG_6238

ドリンクのお品書きはありました。

IMG_4390

ビール。生ビール(サッポロ黒ラベル)@700(中)と@500(小)

IMG_4387   

先付

表のメニューには、鯛 桜蒸しとなっていましたが、献立は日々変更とのこと。

本日は甘海老。下にはもち米を蒸したものに桜の葉、海老の味噌餡。

上には海老の殻を4日ほど干したものがふりかけられていました。

細やかな仕事がなされている先付です。

IMG_6240

からすみしんじょう。

芳醇な鰹出汁が香り、上品でふくよかな味わいです。

IMG_6244 

しんじょうの中にはからすみが細かく刻まれて入っていました。

IMG_4444

天然物 二種。 鯛、白甘鯛、とり貝。

白甘鯛はしっとりとした身の食感。噛み締めると甘みを放ち次第にとろけて

いくようです。これに比べると、鯛は白甘鯛よりも淡白に感じてしまいますが

噛むほどにしっかりとした甘みと旨みが広がります。

とり貝も鮮度良し。貝独特の嫌なにおいはなく、歯応えはシコシコもちもち。

刺身のツマにはミョウガ入り、醤油も甘くありません。

IMG_4446

日本酒。立山@800×2と伏見@1000を注文。

IMG_4457 

八寸

左から、鯛の子煮凍り、白魚と木の芽油、一寸豆、鯛このわた和え、飯蛸。

上品できめ細やかな煮凍り、軽い塩味の白魚と木の芽油、茹で加減も塩の

加減も申し分のない一寸豆、鯛のこのわたはくさみもなく、飯蛸は素材の

持ち味を生かしつつはんなりとした味付け。

食感と味の変化をつけながら、春という統一感を八寸で表現しているかのようです。

IMG_4481

そんなことを言いながら食事をしていると背中が寒いぞっ。

と思って障子を開けてみると!あっ川床に出れるのかしら。

IMG_4486

灯篭がところどころに灯り、趣がありますW03 

IMG_4494 

この川床の景色が先ほどの正面の窓から見たところまで続いているのです。

IMG_4497   

さすがにこの時期、まだ冷えます。見学に外には出ませんでしたが、

川床(準備段階?)というものをはじめて見た私にとっては、雰囲気を味わえた

ようでちょっぴり得をした気分でした。

IMG_4510 

桜鱒幽庵焼き。添えられた菜の花の上にからすみを粉状にしたものがふりかけ

られています。 桜の葉の香りがほんのり香り、桜鱒はしっとりふっくらです。

IMG_4548

箸休

新もずく、雲丹。 きめの細かいもずくで、とろとろです。酢加減も上品。

IMG_4557

若筍とホタルイカ。 オーソドックスなものでも間違いのない安定感があります。

少し辛味を感じたのですが、詳しくは不明。

IMG_4609    

口直し

セロリシャーベット。 

セロリの苦手な方にはわかられると思いますが・・・と出されたのですが

まったくわかりませんでした。 

爽やかな甘さがあって、美味しい。お替りしたいくらいです。

IMG_4608   

香の物。 好物のちりめん山椒だっ。

IMG_4621   

時雨御飯と湯葉の赤出汁。

時雨御飯は魚の中落ちを入れて炊かれたものだそうです

うまい うまいっ。 お腹が一杯になってもコレは残せません!

湯葉の赤出汁も、とんがったところはなくとてもまろやかで、京風とはこういうもの

なのかと大満足です。

IMG_4640

水物

選べるデザートは4種類ありました。

  1. 黒蜜のアイスクリーム
  2. 黒豆のアイスクリーム
  3. 柚子のシャーベット
  4. 梅酒のゼリー 

この他にブラッドオレンジソースの上にクリームとすだちシャーベットが
のせられたもの(写真上左)がセットになります。

選んだデザートは黒蜜のアイスクリーム(写真上右) 

黒蜜の香りと甘さがと~ても優しいW04

IMG_4636

水物

こちらは黒豆のアイスクリーム(右)を選びました。 

黒豆の香ばしさが残るアイスクリーム、うん!美味しいW04

 

ブラッドオレンジソースの上にクリームとすだちシャーベットは、かき混ぜて

いただくとリキュールがはいっているのか?濃厚な大人のデザート。

甘さ、酸味、香り、コクが絶妙なバランス。しかも最終的には和を感じさせる

奥行きのあるデザートでしたYahho01

IMG_4522 IMG_4627

チビーズ達も大満足。どれから食べようか迷っちゃうね。

時計を見るとかれこれ3時間、ゆっくりお食事をさせていただけました。

 

Hand01 お会計ですが、2人で、上記お料理とお酒で合計18700円なり~。

お会計時に満足度が決まると思います。

お値段以上のものを提供していただけたように思えました。

IMG_4350

御食事の合間の雑談で「昨年秋に予約をとろうとしたところいっぱいで入れなかった

のですよ。」と接客の方に申し上げたところ、お店を出るにあたり板前さんも

玄関先までご挨拶に出ていらっしゃって丁寧なご挨拶をいただけました。

最後までおもてなしの心を大切になさってくださり、好印象です。

さんくす(*^・^)ノ

旅先ですが、割烹満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

割烹 露瑚

〒604-0961 京都府京都市中京区木屋町二条下ル押小路東露地奥

TEL      075-212-0297

営業時間/ 11:30~14:00(L.O.12:30) 17:30~22:00(L.O.20:00)  

定休日    月曜日

« 京都旅行2010春 №10 高瀬川一之船入 | トップページ | 京都旅行2010春 №12 朝食は志津屋! »

02.和食全般」カテゴリの記事

d-1.旅行・京都」カテゴリの記事

コメント

こちらのような雰囲気のお店、好きです。
お料理も上品で、美味しそう。
私は、東京生まれ、東京育ちですが、関西風の味付けが、比較的好きです。
なかなか、行く機会が、なさそうなので、みにさんのブログで、楽しませていただきます。
チビーズ達も、一緒に旅行に行ったんですね。
羨ましい。

ヒーリングタイムさんclover
こんにちは~。
いつもありがとうございま~す(^人^)

こちらのお店は比較的リーズナブルで
割烹の夜のコース料理がいただけるのです。
鴨川を眺められて、雰囲気もいいし
私もチビーズも楽しめました。

チビーズ、小さいから旅行も一緒です。
なかなか贅沢なわんこdog達でしょ( ´艸`)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

京都らしい手の込んだ日本料理。季節感たっぷりですね。cherryblossom

お店の雰囲気もとても良さそう。夏になったら川床で、涼みながら、美味しい料理を楽しめそうですね。lovely

京都で、このお値段なら、満足でしょうね。happy01

もうすぐ川床の季節ですねshine

川風に吹かれながらのお食事もまた格別です。お天気が少々心配ですが・・・

鴨川踊り・・・太田神社の杜若・・・・藤・・・・紫陽花・・・・・そして川床shine 

初夏の京都も捨てがたいです・・・・・ お出かけ隊が活躍しますhappy01

tokuchanさんclover
こんばんは~。
いつもありがとうございま~す(^人^)

目が飛び出るぐらい(@Д@;
いいお値段のお店も多いですからね。
(私には縁がないですが・・・coldsweats01

良心的なお値段で楽しめて接客も
感じがよかったです(o^-^o)♪
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

白熊二代目さんclover
こんばんは~。
いつもありがとうございま~す(^人^)

初夏の京都、楽しみにしています♪
またいろいろご紹介くださいね~~o(*^▽^*)o
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 京都旅行2010春 №10 高瀬川一之船入 | トップページ | 京都旅行2010春 №12 朝食は志津屋! »