2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

上弦の月 蒲田

オヤジ飲みの〆にラーメンが食べたくなりました。 

久しぶりに「上弦の月」 再訪になります。

IMG_0005

相変わらず狭い店内 大盛況です。テーブル席を相席で利用。

券売機を見ると、おぉ!値上がりしてるやん。

ラーメン(普通)が550円から650円になっていました。

いいよ、いいよ。厳選素材にこだわりをもって作ってくれているんだもんね。

ギリギリOKだよ~。

IMG_0006

具はチャーシュー、ほうれん草、ネギ、大きいのり。

豚骨魚介醤油味。桜えびが入っているのが特徴。

麺「硬め」、タレと脂は「普通」で注文。

しっかりとした肉質のチャーシューはなかなか美味い。

 

しかし、今日のスープはイマひとつに感じてしまった。

完全にスープの上と下では違ってしまっている。

丼底に鰹節と思われるものが、どろっと沈殿しているではないか。

もたもたしていると最後は太麺がスープを吸い込んでくる。

そのせいか、ボリュームはたっぷりだが後味が良くない。

どうしたんだ!上弦ちゃん。 以前の感動を再び起こさせてくれ~。

 

店主の女性は相変わらずハイテンション。

このお店にくるとしばらく「お足元のお悪い中ありがとうございましたぁ~」と

いった高音の声が頭から離れないのだ。 LOVE。

 

上弦の月

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-63-9

TEL 03-5710-5667

2010年1月30日 (土)

新橋やきとん 蒲田

某日は、オヤジ飲みをしました。

IMG_9961

蒲田ガード下の「「新橋 やきとん」 蒲田店です。

IMG_9971 IMG_9968

IMG_9972 IMG_9974

メニューはこんな感じ。 安いよ~~。

IMG_9987   

黒ホッピー@300を注文です~。カッキンコッキンに冷えてるジョッキが嬉しい。

はじめの乾杯をすると、お店のスタッフの方が「お疲れ様でした~」と声を

あわせてくれます。

さらに、中焼酎はお替りのたびに量が増えていくのだ。 サービスね。

IMG_9978   

焼きとんからネギマ(バラ肉とネギ)@120とハラミ(横隔膜)@100。

レバー(肝臓)各@100を塩で。どれも1本から注文が可能です。

しっかり塩胡椒がきいていますが、辛子もついてきます。

IMG_9983

こちらは焼きとりから@120。かりんこりんに香ばしく焼いてきてくれます。

私はとり皮が好きなのでこのあと追加をしています。

IMG_9992

                    もつ煮込み@380

スープはシャパシャパで、さらっと飲めちゃうタイプ。

もつの量がもうちょっとあると嬉しいのですが。好みで卓上の七味を使いましょう。

IMG_9997   

                フライドポテト@300

フライドポテトもほっくりして好きなメニュー。やはり女子?は芋がスキなのだ。

IMG_9965

チビーズ達の好物は赤ウインナー揚げ@120

これもしっかり塩胡椒され、トマトケチャップ付き。

赤ウインナーを見ると、小さい頃のMYお弁当を思い出します。郷愁をそそる。

こいつが入っているだけで一日がhappyになったものです。

 

営業時間は16時から、17時45分までにお店に入れば、ドリンク1杯サービス

それ以降の営業時間に入ると、お一人様約2千円台ほどで大いに食べて飲んで、

しっかり酔っ払いになれます。 

 

新橋 やきとん 蒲田店

〒150-0011  東京都大田区西蒲田7丁目70-1

TEL     03-5711-1171 

営業時間/ 16:00~24:00

定休日    年中無休

2010年1月29日 (金)

草の家(クサノイエ) 麻布十番

お一人ランチは、麻布十番の「草の家」(クサノイエ)Aicon339 再訪、第2弾です。

IMG_1842

前回はカルビランチをいただいたので、今日は別のものにしよう。

IMG_1818

                  石焼き牛丼@950

ワカメスープも運ばれてきました。

小皿はコチュジャンベースのタレかしら?辛みが抑えられています。

IMG_1803

キムチ、サラダ付。 前回と変わらず。

サラダ・・・ワカメが入ったサラダ。爽やかな酸味のきいた醤油風味。

キムチ・・・旨みたっぷりのピリっとしたカクテキと白菜キムチのミックス。

IMG_1826   

下味のついたお肉が野菜と共にいためられて石焼鍋の中に入っています。

つまりは、これ石焼プルコギ丼といったところかな?

IMG_1832

下には嬉しいおコゲができてます。はふはふっ。 香ばし~い

かなり味が濃いので、二口食べたらスープを一口といったペース配分でいただきました。

IMG_1838

好みによるかもしれませんが、私はカルビランチの方がスキかも。

しっかりした味付けなので、けっこう喉が渇きます。

次回こそは焼肉&冷麺のランチと決意を固め、ロッテフラボノガムをいただいて

お店をあとにしたのでした~。

 

草の家(クサノイエ)

〒106-0045 東京都港区麻布十番4-6-8 麻布A&Kビル 8F

TEL  03-3455-8356

営業時間/ 11:30~翌3:00

定休日    無休             

http://www.kusanoie.net/

2010年1月28日 (木)

楼蘭(ろうらん) 銀座

2009年12月某日のお一人ランチは、「楼蘭」(ろうらん)銀座コア店Aicon339

IMG_1697

コアビル10階。入り口からも高級感が漂ってきます。

IMG_1664 

ホールスタッフの方に、一人である旨を伝えると奥のテーブル席に案内されました。

まずは、ポットのジャスミン茶。

IMG_1656

おそばが食べたいわ。 滅多に来る機会もないので・・・。

IMG_1680

           楼蘭特製蟹肉入りつゆそば@2200

大フンパツしました。澄んだスープは見るからに品が良く、鶏をベースに

出汁をとっているようで、とてもあっさりして丸味のある味わい。

IMG_1686

中華麺の艶やかで滑らかなこと。美しいです。

蟹肉入りの上品なスープ美味しい麺の2つを堪能できます

どちらかが、まあいいかっ、というシロモノではなく双方ともレベルが高い。

お好みでどうぞと胡椒を出されましたが、せっかくの上質なスープがもったいないわ。

私には不要。 このままで一滴も残すことなく飲み干してしまいました。

 

他のお料理をいただいていないので推測になりますが、おそらく品が良く

綺麗にまとまった中国料理がいただけるのではないかと思います。

ホールスタッフの接客・応対も、ソフトで丁寧かつスムーズ。

贅沢をさせていただきました~。 ご馳走さまでした~(o^-^o)

 

楼蘭(ろうらん)銀座コア店

〒104-0061 東京都中央区銀座5-8-20 銀座コア10階

TEL      03-3575-0787

営業時間/ 11:00~22:00

定休日    銀座コアに順ずる

http://www.rolan.cc/

2010年1月27日 (水)

PIZZA SALVATORE CUOMO 白金店

お一人ランチは、

PIZZA SALVATORE CUOMO(ピッツア サルヴァトーレ クオモ)白金店Aicon339

IMG_2059

白金高輪駅近くには、「サルバトーレ クオモ 白金店」がありますが

今回利用したのは、白金高輪駅から徒歩5分ほどの古川橋交差点手前の

ピッツア サルヴァトーレ クオモ 白金店」です。

なんだかごちゃごちゃしてきましたね~~。

お店にはテラス席もありますが、この季節寒がりの私はそそくさと店内へ。

IMG_2036

ガラス張りで明るく開放的な店内。お一人様に嬉しいカウンター席に着席です。

このカウンター席からはピッツアを焼き上げる窯をみることができます。

IMG_2024

本日のおすすめパスタにサラダとドリンクをつけよう。計1200円。

200円でサラダとドリンクなら、まずまず嬉しいセット料金。

IMG_2021 IMG_2026

本日のパスタを選びます。わぁ、どちらも美味しそう。

ハーフ&ハーフで食べれるといいのになぁ。 ドリンクも選べます。

IMG_2055

コルク栓を使ったマスコット??カウンター前にちょこんと居たので記念撮影。

なんだか素朴さが可愛らしい。

IMG_2032

セットのサラダ。 もう少しトマトなどの彩りがあると嬉しいのですが。

IMG_2042

   豚バラとパプリカのトマトソースパスタ リコッタチーズ添え

香ばしくてもっちりとした絶品フォカッチャ付き。

IMG_2046   

豚バラ肉からの旨み、トマトソースの程よい酸味、まろやかでミルキーな

リコッタチーズのコク。すべてがバランスよくまとまってパスタへの絡み具合も良し。

美味しいとしか、言えませんね~。

IMG_2030

セットのコーヒー

ご馳走さまでした~(o^-^o) 本日のランチは晴天なり。満足しました。

IMG_2044

内装は木目を基調としていて、シンプルながらも落ち着ける造りでした。

 

PIZZA SALVATORE CUOMO(ピッツア サルヴァトーレ クオモ)白金店

〒108-0073  東京都 港区 三田5-1-21 三田DUPLEX C’s 1F

TEL  03-3769-0365

営業時間/ ランチ  11:30~15:00(L.O.14:30) 

        ディナー 17:00~23:00(L.O.22:30) 土日祝は通し営業

定休日    無休

http://www.salvatore.jp/index.html

2010年1月26日 (火)

BLACOWS(ブラッカウズ) 恵比寿

2009年11月某日のお一人ランチは、恵比寿の「BLACOWSAicon339

ミート矢澤のハンバーガー店です。

場所は恵比寿西1丁目の五叉路近くと聞いていました。 

IMG_0066

くんくん、何やら良いにおいがするぞっ。

と、鼻をきかせてゆるやかな坂をのぼるとお店は通りに面していました。

けしからんな~。 

まだ11時を回ったばかりなのに、こんな芳しい香りを辺りに漂わすとは 

寄ってしまえっ。

IMG_0013 明るくお洒落な店内。

11時を回ったばかりなのに、もうお客様は数組いらしています。

平日ランチメニューからアボカドバーガーにアイスコーヒーをセットして

注文しました。

全てのハンバーガーに、

北海道産フライドポテト・ピクルス・ミニサラダがつきます。

IMG_0016

                   ミニサラダ

シャキシャキと新鮮な歯ざわりが嬉しいミニサラダ。

IMG_0022

                   アイスコーヒー@200

今日はアイスコーヒーを先に出していただいてます。

IMG_0053

                アボカドバーガー@1300

黒毛和牛100%のパテは表面はこんがり、中はミディアムレア。

甘みがあって肉汁たっぷりのパテは、意外にも、しつこくならず淡白かも。

 

特徴としては、スライストマトやレタスなどの野菜は入っていません。

その代わり?小さく角切りにしたオニオンをハーブ&スパイス、オイルでさっぱりと

マリネしたものが入っており、また、フレッシュ野菜を使ったトマトベースの

自家製BBQソースもはさみこまれています。

あれっ?なんだかこのオニオンの感じ、どこかで食べたような。

個人的な思いですが、モスバーガーのあのタルッとシャキッっとした食感に

似たものを覚えてしまいました。 もちろん味自体は違いますが。

IMG_0040 IMG_0047

北海道産フライドポテトとまるっとピクルス。

皮付きのフライドポテトは、ホクホク感があり、スパイスがきいていて美味しかった。

IMG_0048 

でで~んっとアボカド。けっこう厚めにスライスされている。

自家製タルタルソースも入っています。

パテの旨みにアボカドがコクを増して濃厚、ボリューム感も味わえます。

 

バンズはメゾンカイザーとのコラボレーションによるオリジナルバンズとのこと。

お店のHPを拝見すると、メゾンカイザーと日清製粉が共同開発したパン用粉、

「メゾンカイザー・トラディショナル」を100%使用。

これがスゴイっ。風味豊かなバンズはほんのり甘さがあって、表面はカリっと焼かれ、

中はふわんわりと柔らか。それでいてしっかりしている。

肉汁やソースでぐだぐだになることもなく実に秀逸なのだ

個人的にですが、パテよりこのバンズに惚れてしまった 

IMG_0060 

いただき方は自由ですが、ハンバーガー用の包み紙が立ててあるので、

こちらを使ってハンバーガーを食べたほうがよいかも。 

IMG_0031

正直なところ、お店のパテと自家製ソースは私の求めるものとは若干違いは

ありましたが、このバンズ目当てにまたふらりと立ち寄るかもしれません。

 

BLACOWS(ブラッカウズ)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-11-9 東光ホワイトビル 1F

TEL   03-3477-2914

営業時間/ 11:00~23:00

定休日     年中無休

http://www.kuroge-wagyu.com/bc/

2010年1月25日 (月)

ハゲ天 恵比寿

お一人ランチは、アトレ恵比寿内のてんぷら「銀座 ハゲ天

IMG_2069 

開店 間もなく入りましたので、すんなりテーブル席に案内していただけました。

IMG_2061

ランチのメニューになりますが、特製天丼の大海老2本のうち1本をアナゴに換えて

もらうことができます。大海老1本、アナゴ1本で特製天丼をお願いしました。

IMG_2078

さて、特製天丼が出来上がるまで手持ち無沙汰。 

壁に貼ってあった『天つゆと塩、どう使いわけるか』に注目。

好みでOKとのことですが、つまりは素材のおいしさを大事に考えいただきましょう。

ということかな? まぁ、私の今日のオーダーは天丼だけど・・・・。

IMG_2082

                   特製天丼@980

ご飯、赤だし、漬け物付き。

大海老、アナゴ、海老詰、かぼちゃ、えのきだけ、と魚介はイカだったと思います。

全体的に想像していたものより小振りですが、からりと揚がっています。

この油は、ハゲ天特製のゴマ油を主体とした植物油とのこと。

丼汁も甘からず、濃さも適度かな。 

IMG_2092

海老詰は大葉に包まれていました。

 

なお、天ぷらで注文のお客様には、職人さんが揚げ場から揚げ立てを

一つ一つテーブルまで 運んでくれます。

揚げ油が良かったので、食後のもたれもなく熱々でライトな天丼をいただけました。 

IMG_2066

ハゲ天の由来・・・・ ご先代様、思い切りました。

 

さて、駅ビルですから、夜にじっくりというのには落ち着かない感じがしますが、

ランチ使用にはありかも。という感想をもったのもつかの間、銀座ハゲ天のHPを

拝見たところ、諸般の事情で、このアトレ恵比寿店は1月末で閉店ということに

なったそうです。

http://www.hageten.com/

残念ですが、閉店前にいただけて良かったです。

2010年1月24日 (日)

イタリー亭 銀座

ル テアトル銀座を出た後は、ディナーの時間なり。 

特別に予約はしていなかったのですが「イタリー亭」に寄ってみることにしました。

IMG_2714

イタリー亭は銀座の老舗イタリアン。創業は1953(昭和28)年です。

と、いってもかしこまる感じではなく赤と白のクロスが似合うカジュアルな食堂の

イメージかもしれません。 お店は1階と地下1階がありそれぞれ入り口は別です。

今回は1階のほうを利用させていただきました。

IMG_2667 IMG_2669

まずは、白ワイン。3000円台から置いてありましたが、私たちが注文したのは

最もリーズナブルな エスト!エスト!エスト!(伊・ラツィオ州)@3570

IMG_2671

       イタリー亭アンティパスト盛合わせ(3品)@1575

左からロースハム、牛タンのコンソメ煮込み、サーモンとマスカルポーネのムース。

どれもワインとの相性はばっちり。ロースハムはしっとりと上質。

牛タンのコンソメ煮込みも噛み締めるほどに味わい深い。

もちろんサーモンとマスカルポーネの組み合わせも鉄板!といった感じ。

IMG_2689

                 リゾット(パルミジャーノ)@1575

他にリゾットの種類は同じお値段でイカ墨、木の子がありました。

今日の気分はパルミジャーノ。 

イタリア米のカルナローリを使用しているのでしょうか?

一粒一粒しっかりと形を残し芯のあるアルデンテな仕上がり。

香り豊かなパルミジャーノの濃厚な旨みがよく馴染んで、冷めたって美味いっ。

これが酒のつまみにもよいんだな。

IMG_2722

                      ピッツア@1575

芝海老、ミラノサラミ、オニオン、ピーマンのミックスピッツア。

これに追加トッピングとして

A. トマト、アンチョビ、マッシュルーム、オニオン、ピーマン (各)\105

B. 芝海老、ミラノサラミ、生ハム、ベーコン、ルッコラ (各)\210

ができますが、

写真のピッツアは基本のミックスピッツアになります。

これこれ、小さい頃、外食ではじめて親に食べさせてもらったピッツアも見た目が

こんな感じだったわ。ゴツゴツとどこかいびつでチーズの焦げ目も目立つ感じ。

生地は、ほんわり甘みがあり優しくてぬくもりを感じさせる。

トッピングもこまっしゃくれたものがないのがまた良い。

 

最近は手がこみすぎて、ピザみみにチーズやソーセージが入った宅配ピザもある

(それはそれなりに魅力だけど)、また洒落たイタリアンレストランでは

目を見張るほどに美しく洗練されたピッツアもいただける。

だけど、このピッツアには

ピッツアってこれでいいんだよなっと思わせる美味しさがあるように思う。

IMG_2693

卓上には、イタリー亭特製のタバスコと酢が置かれています。

IMG_2704

次は赤ワイン。こちらも3000円台から置いてありましたが、私たちが注文したのは

最もリーズナブルな 

モンテプルチアーノ  ダブルッツォ(伊・アブルッツォ州)@3570

2本目に突入してご機嫌で写真を撮っていると、お店の方がこれもどうぞっ♪

と、イタリー亭のシンボルならぬ 可愛らしいシェフのワインホルダーを持ってきて

くださいました。

IMG_2710

常連さんに差し上げたり、破損してしまって、いまやこのワインホルダーの残りも

少なくなってしまったとのこと。 卓上に置かれたときはダンスを踊る陽気なシェフ?

と思ったのですが、彼には大事なお仕事があったようです。

愛すべきシェフは、今までどれくらいワインを支えてきたのかしらね(*^-^)

IMG_2694

お料理をいただいた感想としては、昔ながらのイタリアンといった感想。

取り立てて斬新なものはありませんが、この素朴さがお店の魅力かもしれません。

個人的には好きですね。

1 

2 

さて、お会計ですが、2人で、合計13051円なり~。

ワインのお値段がひびいて、お会計は庶民的になりませんでした。


 

2010年1月23日 (土)

美しき華 ル テアトル銀座

IMG_2650

先々週のことですが、ル テアトル銀座に早乙女太一くんの新春特別公演

美しき華」を観に行ってきました。 15:30開場、16:00開演。

IMG_2641

「男」と「女」の二部構成の舞踊ショー。休憩は30分。

一部は、男の姿での早乙女太一くん。タップダンスや大剣舞などを披露。

二部は、女形の早乙女太一くん。妖艶な華の舞を魅せてくれるのですが 

IMG_2635 その前に一息いれましょう。

IMG_2637

売店でグラスワインと生ビール。600円くらいだったかな。

IMG_2643

劇場ロビーには華道家の假屋崎省吾さんの作品も飾られています。

IMG_2648

太一くんが着るのかしらと思って、最初に写真を撮っておいたのですが

舞台終了後に、女形の太一くんがこの前に立ってお客様をお見送りしてくれたのです。

もちろん、「立ちどまらないでくださ~い」と警備?のかたのお声もかかるのですが。

太一くんは18歳なんですって。もう、ひきこまれるぐらいに綺麗よ~~~。

ファン層は女性が多いのかなと思っていたのですが意外に??、

男性のお客様も多くいらしていました。

 

一部の合間に太一くんからのお年玉としてチケットの半券をくじにして

ツーショット写真のプレゼントもあったのですが・・・・。もちろん当たりません。

まぁ、ここで運を使い果たしても・・・と思いましょう。

 

男の姿の太一くんは新境地を切り開こうとしているのかな。

果敢にチャレンジして、新しい魅力を魅せてくれました。

でも、はじめて太一くんの舞台を観に行った私としては『100年に一人の天才女形』と

賞賛される女形の二部に満足感を覚えたのでした~。

2010年1月22日 (金)

華都飯店(シャートーハンテン) 三田

2009年、12月のお一人ランチは、三田の老舗中華料理店「華都飯店Aicon339

(シャートーハンテン) 再訪です。

IMG_1734

マンションの地下1階へ。

IMG_1732

入り口から調度品が並びます。

IMG_1703 

今回はレジにお店の方がいらしたので、すんなり案内していただけました。

IMG_1736

今日は、単品セットメニューから注文してみよう。

IMG_1710

                      華丼@945

華都飯店の一文字を取った華都風牛肉の醤油煮込みどんぶり。

ハーフの煮玉子とチンゲン菜付き。 この煮玉子は大事なポイントね。

この日のスープは、ワカメ、タケノコ、タマネギの入った玉子スープ。

IMG_1722   

なんだか見た目もいい感じ。 平らに敷いたライスの脇にたっぷりの

牛肉の醤油煮込み。箸でほぐれるくらいにトロトロの部分もあれば

しっかり歯ごたえを残している部分もあります。口の中でとろ~りとろける

ゼラチン質がまた美味い。

IMG_1725   

ライス全体にまわると印象としては、ビーフシチューのような感じ。

食べやすくてはじめは良いのですが、ボリュームがあるため、途中で

単調な味わいに飽きがくるかもしれません。

ここに麻辣醤などがあればちょっと変わってくるのだろうけど。

IMG_1720 

さて、この日は夜の時間帯に忘年会が入ってらっしゃるのか、いつものテーブル席

ではなく個室の方に案内されました。  円卓で贅沢にお一人ランチです。

IMG_1730

シャンデリアが映りこんでいるのがおわかりになりますでしょうか?

IMG_1707   

ベストに蝶ネクタイの男性のホール係りさん。いかにもウエイトレスさんといった

制服姿の女性スタッフ。 

レトロな雰囲気を漂わせる店内は、静かにゆっくりと時が流れているように感じます。

・・・私たちが急がしすぎるのかな。

不思議と心安まるものがあります。

IMG_1700

しかし、今回もお腹いっぱいです。

お店を出て表で、ふと目についたのが「ランチセットにサラダがつきます。」

という文字。次回はコレかしら? 

 

華都飯店(シャトーハンテン)

〒108-0073 東京都港区三田2-7-1 シャトー三田 B1F

TEL        03-3453-0893

営業時間/ 11:30~14:30(L.O14:00) 17:00~21:30(L.O20:30)

定休日   土曜日 

2010年1月21日 (木)

デリー 銀座

寝太郎が起きましたっヽ(*^^*)ノ 

皆さんの温かい見守りのお陰で、ようやく記事を書こうという気になったようです。

 

約5ヶ月ぶりの登場になりますが、
2009年11月行ったカレーの記事Curry01を寝太郎よりお伝えしたいと思います~。

なお、みにも同行しているので写真は私が写しています。

それでは、寝太郎筆でご紹介しますAicon339

 

デリー

京都で老舗を名乗るには、100年以上の歴史がないといけないらしい。

が、東京ではそこまでうるさいことは言わないし、ましてインドカレーの店と

いうことになれば、半世紀も営業していれば充分に老舗と言えるだろう。

 

すぐに思いつくのは、新宿の中村屋、銀座のナイルレストラン、麹町のアジャンタ、

そして上野に本店があるデリーだ。

 

じつはこのなかで、デリーにだけは行ったことがなかった。

去年の夏にふとカレー熱が訪れて以来、それでカレー好きを自称するのは

おこがましいという忸怩たる思いが私のなかにはずっと居座っていた。

が、仕事も忙しく、なかなか足を運ぶ機会がなかった。

 

カレーは、じっくり酒を飲もうという欲求とは必ずしも相性のいい料理とは

いえないという認識が私とみにの間に共通しているので、酒飲みであるわれわれが

インドカレー店に2人で行くこともめったにない。

 

11月のなかば、一眼レフの小物を見るのを付き合ってほしいというみにと銀座へ

赴いたさい、彼女がカレーを食べようと提案してくれたのは、僥倖のように思われた。

銀座には、「デリー」の支店がある。

IMG_0304

IMG_0329

ランチには少し遅い時間だったので、店内は空いており、一抹の不安がよぎったが、 

まったくの杞憂だった。

IMG_0328

結論を先に言ってしまうと、ここの料理を食さずしてカレー好きを自称しようとして

いたなんて、俺ってば本当にどんだけ馬鹿だったの! というほど感動し、

店を出るさいにはショックのあまりに足がふらついていた。

 

われわれ2人が注文したのは、

ランチセットのB(LUNCH”B”)とオードブル4種盛合わせ、それに追加2品。

もちろん酒も。 

IMG_0326

生ビール(@680)。 

ベリンジャー・ストーンセラーズ・カベルネ・ソーヴィニョン(@2520)。

さて ”LUNCH B"(@2,100)の構成は以下のとおり。 

・サモサまたはラサム。

・タンドーリチキン 

・サラダ

・お好みのカレーとライス 

・お好みのソフトドリンク

IMG_0333

サモサとラサムからわれわれが選んだのは、

メニューに「南インド風スープやや辛口」と説明のある、ラサム。

 

トマトとタマリンドの酸味と甘みに加えて、ヒングというクセの強いスパイス

(硫黄化合物が含まれているそうで、独特の臭みがある)が入っているので

好き嫌いは分かれそうだが、日本の料理にはないヒングの臭みが、

やみつき系のコクに感じられ、われわれ2人はともに好むところだ。

IMG_0354

タンドーリチキン。 

これを食べて、みにと私は思わず互いの顔を見合わせた。

おいおい、なんだよこれ、めちゃめちゃ旨いじゃんか……!! 

タンドーリチキンは、インド料理店ではもちろんメジャーなメニューだが、

他の店では食べたことのない味だった。

 

特徴的なところは、2点。

1.肉がふっくらとジューシーで柔らかく 

2.ソースがかかっている

 

手元に銀座アショカのタンドーリチキンのレシピがあるが、「マサラ」と呼ばれる

ヨーグルトとスパイスを混ぜたものに漬け込んだ鶏をタンドール窯で焼いたあとは、

キャベツ、レモン、玉ネギのアチャールを添えて皿に盛るだけだ。

ソースなんて、どこにも書いてない(『カレーのすべて』柴田書店)。

 

デリーの公式サイトを見ても、ソースがかかっているのは特徴であるらしい。

ソースは肉をマリネしたマサラを利用したものだろうか。

タンドーリにソースをかけるのが、インドでも地方によっては一般的なのか、

あるいはデリーのオリジナルなのかは知らない。が、これを食べてしまうと、

これまで自分がタンドーリチキンとして食べていたものが、少しばかり物足りなく

感じられてくる。それほどにインパクトがあった。

IMG_0365

サラダ。 

ルッコラかな。あまり覚えていない。 

IMG_0379

お好みのカレーでは、デリーの看板メニューであるカシミールカレーを選択。 

これも絶品だった。

食べているうちにじんわり、ひりひり、じんじんと辛くなってくるが、いつまでも

食べていたくなるような恍惚感のある旨さ。

辛さだけでなく旨みとコクも深い。このカレーの旨さを表現する描写力はないが、

過去の自分に向かって「なんでもっと早く食っておかなかったんだよ!」と

一喝したくなった。

カレーが好きなら一度は食べておかなくてはいけない味という感じ。

ライスに合うカレーというのも、日本人のツボにはまるポイントだろうか。

IMG_0384

お好みのソフトドリンクは、ラッシー。 

――と、以上が”LUNCH B”の内容。

これで2,100円は、素晴らしい。 

IMG_0341

オードブル4種盛合わせ(@1,050)。 

困ったことに、このとき取ったメモをなくしており、詳細は定かではない。

が、たしか、左から、スペアリブ、サモサ、右奥がパパドで右手前が

キーマ・ドサだと思う。 

小ぶりのスペアリブは辛口で、ビールにはぴったり……だったと思う。

IMG_0344

サモサの断面。具沢山で、ほどよくスパイシー。これもつまみになる。 

IMG_0348

キーマ・ドサの断面。 

「南インド風 ライスのクレープ ラム挽肉のフィリング」とメニューにある。

初めて食べた。 なるほど、たしかにクレープだ。

タイ料理なんかのライスクレープよりも欧風のクレープに近く、みに風に言えば

「家庭料理っぽい」ような。でも味はよかった……ような。

IMG_0342

オードブルのセットには、ソースもついてくる。 

薬味好きのわれわれとしては非常にうれしい。

……が、残念ながら、詳細は覚えていない。

辛いのとそうでないのがあった。右のやつが辛くて旨かった……気がする。

IMG_0352

単品で頼んだバルワベイガン(@840)。 

「とろけるような柔らかい揚茄子のライムクリームソース添え」だそうだ。

 

店の公式サイトを見ていて、鮮やかなヴィジュアルが印象に残っており、頼んだ。

米茄子だろう、大ぶりの茄子を揚げたものに濃厚なソースがからめてある。 

旨い……のだが、ボリュームがすごい。

茄子と油の相性はよいし、こってりしていること自体が、この料理の

チャームポイントなのは充分にわかる。

 

われわれが組み立てを誤ったのだ。

他のメニューもしっかり油が効いており、澱粉質もそれなりにあって、

だんだんお腹が満ちてきていたところだったので、少々フォークが重くなって

きてしまった。 もっと空腹のときに食べていたら、もっと堪能できたと思う。 

IMG_0349

これは、たぶんアチャール(漬物)。

バルワベイガンについてきた……のかな。忘れてしまった。

IMG_0372

そうそう、ナン(@520)もオーダーしていた。 

見てわかるとおり、インドのナンというより、西洋のパンに近い印象を受ける。

食感もそう。タンドール窯にぺったんと張りつけて焼いているという感じはしない。

生地ももっちり腰があるというより、ふわふわしていた。

 

いい意味で料理にボリュームがあるので、お腹がきつくなってきたのは、

われわれの誤算である。

 

以上、2名で7,710円。この値段でこの味。サービスだって普通にちゃんとしている。

満足度は非常に高かった。

 

死ぬまでにもう一度は行っておきたい店だ。

 

デリー 銀座店

〒104-0061 東京都中央区銀座6-3-11 西銀座ビル 3F

TEL  03-3571-7895

営業時間/月~金 11:30~21:30(L.O)  土・日・祝 11:50~21:30(L.O)

定休日   年中無休

http://www.delhi.co.jp/

2010年1月20日 (水)

ル・シャポン 自由が丘

2009年11月。

友人とボジョレー・ヌーヴォーでも飲みに行こうかと自由が丘の

フレンチ プロヴァンス料理「ル・シャポン」に向かいました。

場所は 「銀座キャンドル自由が丘店」や「てつたろう」、「魁山」にも近く、

奥沢六丁目の交差点を目指してくださいませ。

途中を自由が丘駅を背にすると右折、住宅街の中にあります。

お店の外装は鮮やかなブルーなのですぐにわかると思います。

IMG_1541

薄暗い店内、今回はあまり写真がよく撮れていません。

IMG_1549 IMG_1553

            ニース風サラダ@1680

運ばれてくると、目の前でお店の方が混ぜ混ぜしてくださいます。

あーーー、これじゃぁ写真撮っても美しくないわ。

IMG_1556 IMG_1561

         鴨のフォアグラとセップ茸のオムレツ@2400

濃厚。クセの強さがでているかも。好き嫌いが分かれそうです。

IMG_1567

モン・サン・ミッシェル産ムール貝 プロヴァンススタイル@2100

かなりボリュームあり。ニンニクがきいていてワインのおつまみにぴったり。

個人的に気に入りました。 いただいているとお店のオーナーの方が

フォークを使わず空の貝を使ってはさむようにして召し上がってね。

と、食べ方のご指導付き。

IMG_1543

他のお店ではパンが有料なんだって?! うちは無料だからね。

と、お喋り上手なオーナーさんは、かなりフレンドリー

 

さて、ボジョレー・ヌーヴォーですが、フルボトルはいいお値段になるので

それほど召し上がらないようでしたらグラスはどうでしょう。とのお店の方のご提案に

グラスワインでいただいたのですが、うっかり写真を撮り忘れています。

IMG_1572

こちらは、隣の席の方が召し上がっていたので私たちも注文。

なんとカラフェワインは500mlで900円なのです。安っ。

IMG_1563

リーズナブルに仲間でわいわいワインを飲るにはカラフェがオススメかも。

ワインのお値段はこんな感じです。

IMG_1538

ボジョレ・ヌーボメニューも用意されていました。

メニューを見ると個々のお値段は2000円台が中心かも?

IMG_1573

白と青を基調にしてまとめられた店内。

堅苦しさはなく、アットホームな接客で地元の常連さんに支持されているようです。

 

ル・シャポン

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢6-21-11

TEL 03-5758-8671

営業時間/ 平日11:30~14:30(L.O.) 17:30~21:30(L.O)

                 日祭 11:30~15:00(L.O.) 17:30~21:00(L.O.)

定休日    第2・4月曜日

http://www.le-chapon.com/

2010年1月19日 (火)

平田牧場 日本橋

お一人ランチは、日本橋のとんかつと豚肉料理「平田牧場Aicon339

IMG_1846

店舗は「維新號 甬江」(いしんごう  よんじゃん)も入っているコレド日本橋の

4Fになります。

IMG_1848

お昼のメニューなり。 本日の私はとんかつと言うよりもメンチかつな気分。

IMG_1854

店内は窓に面したカウンター席と中央に細長いテーブル席、半個室タイプのテーブル席。

お客様の人数によってふりわけてご案内されます。圧倒的に男性客が多い。

IMG_1857

私は窓に面したカウンター席に。注文を通すと、運ばれてきたのは

山形の漬物2種と庄内浜の塩、すり小鉢に入った白ごま。

自分ですりすりしてすりごまを作るのです。

IMG_1859

卓上のドレッシングはごまドレッシングと和風すりたまねぎドレッシング。

白い容器は甘口のタレ、茶色の容器は辛みそガーリックソースのタレ。

店員さんは、配膳時に、とても親切丁寧にお客様ごとに

当店のタレはおわかりですか?と

お声をかけてくださいます。どのテーブルでも繰り返されているので

覚えちゃいました。

IMG_1867

         三元豚手ごねメンチかつ膳@1200

ご飯、味噌汁、キャベツお替り可。目前に運ばれてきたとき美味しそうなお肉の

甘い香りがほんわり漂いました。 あっ、素敵 このメンチかつに恋しちゃう。

IMG_1863

繊細な三元豚の挽肉とソテーしたタマネギの甘みと旨みが、ふんわり軽い衣を

まとってサクッと揚がっています。箸で押さえるだけでも肉汁がじゅわわ~~っ。

このメンチかつを庄内浜の塩でいただくのが最高に美味しかった

品のよい中に、しっかりとしたコクと旨みがある、あと味も綺麗なメンチかつ。

他に私はすりごまに辛みそガーリックソースでもいただきましたが、これだけの

質の高いメンチかつは、やはりシンプルに塩でいただくのが一番美味しさが

ひきたつかなぁと思いました。

キャベツは和風すりたまねぎドレッシングを使いました。これは好みね。

 

さて、これだけ美味しいのですから欲をいわせていただくなら、もっとメンチかつの

厚みも欲しくなりました~。 バランス壊してしまうかしら?

ご飯も美味しかったです(o^-^o) ご馳走さまでした~。

 

平田牧場 COREDO日本橋店

〒103-0027 東京都中央区日本橋1-4-1 コレド日本橋4F

TEL   03-6214-3129

営業時間/ 月~土 11:00~15:00(L.O.14:30)  17:00~23:00(L.O.22:00)   

         日・祝 11:00~15:00 17:00~22:00(L.O.21:00) 

定休日    不定休(コレド日本橋に準ずる)

http://www.hiraboku.com/

2010年1月18日 (月)

匠(たくみ)中目黒本店 中目黒

去年の忘年会のことであ~る。私が幹事となってお店を予約Aicon339 

中目黒、越後へぎそばと地酒の店 「匠 中目黒本店」です。

IMG_1897

中目黒駅から歩く歩く。 

以前ご紹介した「BAR EXILES」同様に山手通りを大鳥神社方面へ。

IMG_1896 IMG_1898

通り沿いに面しているので、表の酒林(さかばやし)を目印にしてね。

IMG_1939

仲良し大人6人での集まりです。

忘年会シーズンということもあり1月前からお店を予約。

1週間前に予約を再確認するため、お店へ連絡をいれさせていただきました。

お店の方の説明によるとテーブル席もございますが、6名様なら座敷席のほうが

ゆったりできるかと思います。しかし、掘りごたつ式ではありませんから、いかが

いたしましょうかという丁寧なご説明付き。 

幸い私達、中高年と言えどまだ足は大丈夫。 座敷席を使わせていただくことに

しました。 この奥のスペースですが12名ほどで貸切にできるようです。

IMG_1902

確認時にコース料理と飲み放題プランについても細かく説明していただけました。

飲み放題には「スタンダード飲み放題」と、このスタンダードより日本酒や焼酎の

種類が多い「地酒・焼酎飲み放題」プランがあります。

ただし、地酒・焼酎飲み放題プランの場合は酒の種類を揃えるため事前に

お願いしておくことが必要のようです。

〆張鶴、高千代辛口、久保田百寿の日本酒が飲み放題なだけで十分と幹事の

私が判断して「スタンダード飲み放題」をつけました。@1500で120分。

IMG_1904まずは、ビールで乾杯。

これもちゃんとした生ビール(YEBISU)であります。発泡酒ではござらぬ。

 

コース料理ですが、寒ブリしゃぶしゃぶ雪コース@3500を。

忘年会シーズンなので、予約時点ではお席は2時間30分ということでした。

IMG_1913

           季節の小鉢(左)と新潟ののっぺ(右)

のっぺ、ってはじめていただきました。

出汁の中に素材の味がしっかり引き出され薄味で優しい風味。

強いクセがないのでおそらく万人に好まれそうな家庭的な味でした。

IMG_1922

                    サラダ

揚げそばのパリパリッとした食感が楽しい。 まぜまぜしようね。

IMG_1900 IMG_1899

長葱、水菜、エリンギ、大根、人参、ゆば。卓上でカセットコンロを使います。

IMG_1920

                  寒鰤しゃぶしゃぶ

このままでいただけちゃうほど鮮度の良い寒鰤を、先ほどの出汁のはったお鍋で

しゃ~ぶしゃ~ぶします。美味いのなんのって。

IMG_1930 かんずりポン酢。

かんずりは越後の名産品です。

Piyo004_3 ここで、かんずりとはなんぞや。

唐辛子を雪の上にさらしたあと、麹、塩、柚子などを熟成・発酵させた調味料。

IMG_1949

お替りもケチくさくないのだ。ガツンと器で置いていってくれます。

IMG_1932 出た!日本酒。

私は、久保田百寿から。なみなみついでくださいます。

IMG_1957

              銀だらの柚庵焼き

風味豊かな柚庵焼き。しっとりとした身に脂をたくわえています。日本酒にあうなぁ。

IMG_1963

              栃尾のジャンボ油揚げ

ネギがた~っぷり。 ふんわりとして軽いのです。これまた日本酒だぞぃ。

IMG_1988

さんざん日本酒を飲んでいるのですが、ここでお店の方から利き酒サービス。

私が写真を撮っていたら、これも写してくださいと一升瓶をもってきてくださいました。

麒麟山はスタンダード飲み放題にはない日本酒です。

辛口ですっきりとした飲み口です。

IMG_1992

越乃景虎、超辛口。 うんまいっ。 口当たりもよく、キレも良い。

なんだか日本酒がだんだん好きになってきたぞぉー。

IMG_1941

座敷席の壁には、人気メニューランキングが貼り出されていました。

IMG_1942

酒林についても説明があります。

一昔前まで・・・年末に新酒が出来上がると『今年も美味しい新酒が出来上がりました』

という酒蔵から近所の人へのお知らせの合図として軒下に下げられていたものです。

とのこと。素敵なお知らせなのですね。

こちらの”酒林”は日本名門酒会から頂いたものだそうです。

IMG_1998

                     へぎそば

つなぎに布海苔を使ったへぎそばは、ほんのり緑がかった色合い。

コシはさほど感じなかったのですが、布海苔の香りとつるつると滑りおちていく

喉越しが最高に良いわ。

IMG_2006

                     舞茸の天ぷら

抹茶塩がつきます。ちょっと衣が残念です。

IMG_2009 そば湯もつきます。

IMG_2017   

                   デザート

アイスクリーム。日本酒のあとのアイス、イケるわ。

IMG_1947 

チビーズも参加していました。大喜びです。

 

さて、お店のかたには、大変良くしていただきました。

①確認の電話時に「早くから予約をいただいてますから、飲み放題をつけて

いただければコース料金を割引」してくださるとご提案をしていただけました。

②本来は2時間30分のお席の予約だったのですが、当日、お店の方が混雑具合を

判断なさって時間制限はなくてかまわないとお話を受けました。

③お酒の時間制限はありますが、利き酒サービスもいただいき

何よりも幹事の私は予約時に女子はそんなに日本酒をいただきません

から・・・と言っておきながら120分の間に皆で一升瓶以上は空けています。

結果として、本当に飲むほどではないのは男女2人だけで・・・

おそろしや~~~Hiyoko005

私としては、飲まなくても+500円で飲み放題30分延長をつけてさしあげたかった

のですが。 お店は赤字ではなかろうか。 

幹事としての采配とは別に、さすがの私も心が痛むというか気がかりです。

近いうちに感謝の気持ちで再訪したいと思っています。

「博多いずみ田 中目黒店」も宴会時のCPの高さに感服しましたが

こちらもスゴイっ。唯一の難は駅から遠いだけではなかろうか。

 

さて、お会計は

といきたいところですが、お店が心配なので

3500円のコース+スタンダード飲み放題1500円で一人あたり5000円になりますが、

この金額以下であったとだけ記します。

匠さんで日本酒の美味しさに目覚めた私と連れ。

今年は数年ぶりに日本酒大利き酒会に参加しようかと思っていますW04

 

匠 中目黒本店

〒153-0061 東京都目黒区中目黒3-5-5 ベルデ中目黒1F

TEL        03-3760-0466 

営業時間/月~土 17:30~02:00(L.O.01:30) 

定休日   日・祝

http://www.takumi-hegisoba.net

2010年1月17日 (日)

JRAラウンジ招待席

2009年12月12日土曜日。

JRA東京競馬場ラウンジペアシート無料ご招待が当たりましたので行ってきました。

日本中央競馬会(JRA)にはG1シーズンに、私も少ないお小遣いを寄付しております。

こうした日頃の貢献をお認めださったのでしょうかOnegai03t さんくす。

IMG_2458

当日フジビュースタンド2階、西来賓受付(総合インフォメーション右隣)にて

受付を済ませ、奥のエレベーターにて7階まで上がります。

IMG_2452

招待枠により使用できるスペースが決められているようですが、席は自由です。

IMG_2483

今日は我が家の秘蔵っ子、アイラブ もとやを連れて来てあげています。

もとさんはお馬さんが大好き。本日は競馬は中山開催ですので東京の混雑は

ないであろうとカートに入ってきました。

東京競馬場のラウンジシートは、はじめてだもんね。よかったね。

IMG_2459

もとさんの目にはこうした競馬場の芝が映っていることでしょう。

ううん、きっとたくさんのサラブレッドも観えているね。

IMG_1751

ラウンジシート、開催日にはベランダに出れるようですが、本日は閉まっています。

場所としてはA指定席の上あたりに位置するのかな。

IMG_1749

パドックには距離がありますから、ラウンジシートのテレビモニターで。

IMG_2482

ラウンジシートが空いているので、もとさんも失礼してモニターの前に。

予想がんばれ。

IMG_2463

馬券は自動発売機も窓口もありました。通路の奥には売店もあるのですが

この日は開催日ではないので閉まっています。

IMG_2461

さて、この奥は通行禁止エリア?さらに階下にはサロン室もレストランエリアも

あるようですが、気になるわ~。

IMG_2467

馬主・関係者エリアなんですって。むぅぅぅぅぅ・・・・。

しかし、馬主・関係者エリアはほとんど人がいません。やはり自分の馬を見に

開催されている中山競馬場などに行っているのかな。

 

さて、競馬が開催されていないので入場料も無料。指定席も格安で購入できますが

飲食店も閉まっているところがポツポツあります。

せっかくのラウンジシートなので、テイクアウトをしてここでお昼にすることにしました。

IMG_2489

東京競馬場、フジビュースタンド3階の「ペッパーランチ」のステーキ重@1000です。

ペッパーランチはお昼時ともなれば行列のできるお店なのです。

お肉は輸入牛肉でしょう。はっきり言って柔らかくはありません。

がっちり噛み応えのある肉なのですが、お肉のタレが美味い。たっぷりきいた

荒挽き胡椒とガーリックチップ。ライスに合うのですわ~~。

コーンもご飯に混ぜるように食べるとタレの味とあわさってイケます。

気取らずいただけるステーキ重でした~。

IMG_2494

ついでに連れが煮込みも購入してきてくれました。どこのお店のものかは不明。

 

メインレースを終えたあとは、ターフィーショップでお土産を購入。

混雑を避けるようにもとさんと移動をして、ラウンジシート見学を終えました。

次回の日本中央競馬会からのプレゼントは何かなぁ。

そろそろ、ひと当たりほしいところなのですが。。

2010年1月16日 (土)

麻布永坂 更科本店 麻布十番

2009年暮れ、某日のランチは麻布十番の「麻布永坂 更科本店」で済ませました。 

IMG_1892

忙しい年の暮れ、11時から開店の同店はお早めランチに使い勝手が良いのです。

IMG_1891

前回は、平日のお昼のみの限定、そば付きカレーごはんでしたので

今日はそば膳を注文してみようかな。

IMG_1889

今回も1階奥のテーブル席。客足もまだであります。

IMG_1869 

本日は木曜日なので、帆立ごはんかぁ。 

おそばは、冷たいものと温かいものを選べます。温かいおそばでお願いしました。

IMG_1879

              十二月 そば膳@1260

細長いお皿には、鰤の塩焼き、出汁のきいた卵焼き、椎茸ともみじ麩の煮物など。

香の物はしば漬けと大根の浅漬け。

IMG_1882

刻みネギを入れました。柚子の香が香る品の良い仕上げになっていますが

ちょっと、おそばがくっついています。茹でおきしていたのかしら?

IMG_1885

帆立ごはんは帆立、えのきだけ、刻んだ人参。薄味ですが、素材の旨みが

しっかりご飯にもまわり美味しい炊き込みごはんです。もうちょっと量が欲しいわ。

IMG_1894

さぁ、会社に戻るだべ~~。

 

麻布永坂 更科本店 (あざぶながさか さらしなほんてん)

〒106-0045  東京都港区麻布十番1-2-7

TEL   03-3584-9410

営業時間/ 11:00~21:00

定休日    毎週月曜日

2010年1月15日 (金)

くいもの屋わん 川崎

記録がさかのぼりますが、元旦ランチを横浜中華街の「福満園」別館でとったあとは

川崎の109シネマズへ。 IMAX3D 「アバター」を観ました。

入場時にIMAXの3Dメガネを配られるのですが、スクリーンから飛び出してくるかの

ような臨場感あふれた映像と迫力のサウンドに圧倒されました。

アバター ともかく良いっ。美しい。 

ゲームが好きな私としては、どこかFFをイメージさせるような世界観もありました。

オススメでありますWink01

 

さて、元旦、映画を観たあとアバターの感想で盛り上がろうとするも営業している

お店は限られてきます。ラゾーナ川崎のお店は混んでいる様子なので、東口の

くいもの屋 わん」へ。チェーン店ですが、店内は比較的落ち着ける和の空間に

なっています。

IMG_2228

お通しとしてサラダが出てきました。ドリンクは黒ホッピーセット@430

ホッピーの外は@290、中は@140です。

IMG_2248 

1人前から注文できる鍋が嬉しい。東京醤油または旨塩を選べます。

IMG_2232 

          手ごねつくね付き ちゃんこ鍋(塩味)@780

お店の方にうかがったところ、醤油は少し甘めになるので、コクのある鶏ベース

のほうがオススメとのこと。ちゃんと卓上カセットコンロを使ってくれます。

海鮮や鶏肉の他に、ササガキゴボウや里芋が入っているのがポイントかも。

IMG_2234

手ごねつくねは、自分で様子を見ながら。

IMG_2245

                    豚肉しそ巻き

豚肉がかりっと焼かれています。お酒のつまみにえーーなぁ。

IMG_2254

                鶏はらみ@370

塩でお願いしてありますが、少々脂ギッシュ。 翌朝、顔がテカリそうです。

IMG_2262

                 明太子チーズ揚げ

おぁーー!これも油ギッシュなり。  

IMG_2264

                          ゴボウのサクサク揚げ@480

カレー風味なり。 パリポリ 食感がよいので、つい手がのびるのですが、

やはり油ギッシュなり。 指先がテカテカしてきますわん。

ところどころ金額を控え忘れております(*_ _)人ゴメンナサイ

さて、元旦の営業は24時までとのことでした~。

 

くいもの屋 わん 東口店

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-1 川崎イーストワンビル3F

TEL  044-221-0118 

営業時間/17:00~翌03:00(L.O.02:30)

http://www.oizumifoods.co.jp/index.html

2010年1月14日 (木)

浅草ビューホテル

IMG_3409   

最後に、今回お誕生日と浅草寺初詣を兼ねて利用させていただいた

浅草ビューホテルの宿泊プランなどについて記録しますφ(゚-゚=)

IMG_2284 IMG_2462   

まず、ホテルロビーには、浅草寺本堂落慶五十周年記念「助六由縁江戸桜」

大羽子板と宮本卯之助商店 御神輿師「宮本重義」、三社祭の神輿、が

展示されていました。

2 3

この他、ロビーの一角では江戸伝統工芸もでていました。

IMG_2281 

ミニサイズの家紋提灯。1000円なり。 可愛らしいなぁ。

ちなみに私の家紋は丸に橘です。

IMG_3222

さて、今回浅草ビューホテルのプランはじゃらんから探しました。

「夜景を満喫!カップルプラン♪誕生日月特典あり♪」です。

この特典は

・1泊朝食付き
・ケーキセットをルームサービスいたします。
・最上階の28Fメンバーズバーのビジターフィー(通常お一人様\1,500)をサービス
・レストラン・バーご利用時10%OFF、

さらに、宿泊日の月の誕生日の方がいらっしゃるお客様にお部屋を
1ランクアップグレード

私は宿泊日当日がまさに誕生日。と言うことでスーペリアダブルを

デラックスダブル(37㎡)浅草側にグレードアップしてもらっています。 

なおかつ、お会計は、じゃらんのポイント割引を使っての宿泊でした。

IMG_3219

ホテル自体も1985年開業。今年25年を迎えますので、ところどころ古さは

否めませんが、東京スカイツリーを望める絶好の場所になることでしょう。

和とモダンの融合する、また訪れたい宿です。

 

浅草ビューホテル

〒111-8765 東京都台東区西浅草3-17-1

TEL 03-3847-1111

http://www.viewhotels.co.jp/asakusa/

2010年1月13日 (水)

山本屋総本家 浅草

酒の〆にもう一軒。「山本屋総本家」浅草雷門店です。

IMG_2618

実は私、味噌煮込うどんが大好物。

知人が名古屋にいるので、よく本家に食べに連れて行ってもらっていました。

IMG_2617

東京には、山本屋総本家の店舗が、神田和泉店・浅草雷門店・人形町店と3店舗

あります。 せっかく近くに来ているのですから、この機会にいただいて帰りましょう。

IMG_2608

店内は盛況で、1階テーブル席を利用。 そろそろ、瓶ビールだわ~。

味噌煮込うどんにビールが合うのです。

IMG_2611

                   普通煮込@980 

年季の入った鍋であります。

薬味入れは、長いすす竹製のものではありません。 ああっ・・・風情が。

運ばれてくると、まず「お召し上がり方わかりますか?当店のうどんは堅い・・・」との

ご説明があります。

IMG_2616

蓋を取り皿にします。

うーーんっ。

名古屋のものとは、うどんの堅さというか強いコシと歯応えが違います。

出汁自体もコクと独特の深みがありません。 悔しいわ~~。

名古屋のものと比較すると、残念な感想を持ってしまいます。

量もこころもち少ないような気がします。

IMG_3509

いまは、オンラインショッピングでも生煮込うどんが入手可能ですからね。

久しぶりに注文してみたくなりました。けっこうコレが美味いっ。

私は油あげを入れていただくのが好きです。

 

山本家総本家 浅草雷門店

〒111-0034  東京都台東区雷門1-15-9

TEL   03-5806-0880

営業時間/11:30~15:00 17:30~21:30 (L.O.21:00)

定休日   月曜日(祝日の月曜日は営業)

※追記 閉店になりました。

2010年1月12日 (火)

穂里(ほり) 浅草

のん兵衛の浅草探索は続きます。

アレだ。せっかく浅草に来たからお好み焼きも食べようよっ。

IMG_3502

と、言ってもアテはなし。どこも混んでいて数軒目に行き当たったのが「穂里」(ほり)。

店先には、dancyuに取り上げられたらしく広告が出されていました。

IMG_2589

小ちんまりとした店内。先客は一組のみ。

IMG_2603

もんじゃが初めてのお客様にはレクチャーしてくださるようです。

IMG_2583

すっかり酔いの回っている私達。勝手にはじめています。

IMG_2587

                     もんじゃ

おそらく明太子もんじゃです。 

IMG_2592      

こちらのもんじゃは、土手を作らずいただきます。

IMG_2595

                    お好み焼き

艶々ぷるるんとした卵黄に胸キュン。

IMG_2596

いい具合にまとまって、ふっくら焼きあがりました~。

IMG_2598

美味しいです。 はふっはふっ、焼きたてをいただきます。

重たくなくてペロッっと食べれてしまう感じ。下町の味を満喫させていただきました。

 

お店にはオヤジさんがいらして、いろいろご指導付き・・・らしいのですが

酔っ払いカップルだったからでしょうか、けっこう自由にやらせていただきました~。

 

穂里(ほり)

〒111-0032  東京都台東区浅草1-13-3

TEL   03-3844-3365

営業時間/月~土 14:00~22:00  日・祝 12:00~22:00

定休日   不定休

2010年1月11日 (月)

ニュー浅草 浅草

宿をチェックアウト後、荷物も多いため寄席は延期して、のんびりお土産を

見てまわることにしました。

まずは、お煎餅。 お目当て、浅草の老舗入山煎餅へ向かいました。

昔ながらのお煎餅屋さんという店構えが素敵。

(=^・^=)これ、地方発送お願いできますか? 

とお聞きしたところ・・・発送は受け付けていないとのことです。 

やむを得ない。足で探そう。 

 

なんとか地方発送していただけるお店で手続きもすませ、自分の小物も

買い終わったころには、お昼近く。 喉渇いたね~~。 

仲見世通りで最後の買い物を終え、山門近くで昼からやっているお店を探すと

目についたのが、「ニュー浅草本店」大衆居酒屋であ~る。

IMG_2545

着席したのは、2階テーブル席。

IMG_2538

まずは、久保田@670とハイサワー@400

IMG_2569

本年も、どうぞ宜しく御贔屓に。と書かれたメニュー。

IMG_2543

                      しめさば@450

仲見世で購入したトラ猫ちゃんと一緒に記念撮影。

しめさば、悪くはないですよ。そりゃぁ、「シンスケ」あたりと比べられてはひとたまりも

ありませんが、お値段なりに納得できるものがありました。

IMG_2550

                    肉じゃが@420

じゃがいももほっくり。味付けも濃すぎず薄すぎず良い塩梅です。

IMG_2556

                菊水(300ml)@770

先ほどの久保田と比べると、やや口に残るなぁ。

ということで、このあとは、また久保田の冷やに戻りました。

IMG_2559 

                  メンチカツ@450

レモンとからし添え。卓上のソースをかけて。

IMG_2565

業務用でしょうか?しかし、どこか懐かしさの香る味。

私はそのままでも十分食べれる味わいかなぁと・・・。

IMG_2576

本日の焼き魚。ホッケ。 うかつにもお値段を控え忘れました(*_ _)人ゴメンナサイ。

4日仕事始めのサラリーマンもいらして、昼過ぎころにはお店も大盛況でした。

 

さて、チビーズは、お隣の席のペンギンさんをずーっと意識していました。

ペンギンさん……???

そう、じつは、みにと連れの隣の席のテーブルの上に、さっきからペンギンさんの

ぬいさんが……!チビーズ同様、ちょこんと座っていたのです。

当然、私も気づいていました。でも、お声をかけていいのやら悪いのやら……。

なんて考えているうちに、いつの間にやら、お隣さんとお話をさせていただいてました。

ペンギンさんのお名前はピンガちゃん。

お父さんとお母さんと一緒に浅草居酒屋探索中。

(=^・^=) きゃっ、可愛い子。愛されオーラがでているわ~~。 

ついにはチビーズとも仲良しに。

IMG_2579

ピンガちゃん、お友達になってね。お友達の匂い覚えるよ~~。

いいよっ。あっ、ちょっとくすぐったいかも。

IMG_2580

ママとパパが呼んでいる。行かなくちゃ。

もうちょっと、遊びたいよ~~。とうせんぼーー。

帰り際に、ピンガちゃんはお母さんのバッグに入って手をふってくれました。

そのなんとも愛らしいこと。 

浅草で思いがけずシュミの合う方に巡りあうことができました。

楽しかったなぁ~~。やはり、下町には何かがアルなぁ。

 

その後も、私たちはニュー浅草に居残り、しこたま久保田を飲み、お店の方の

嬉しい日本酒サービスに上機嫌となり、次のお店へとさすらいの旅に

でかけましたとさ。 

お会計は2人で、6270円。お隣さんに教えていただきましたが、メニューは

お正月料金の設定になっているようでした~。

 

ニュー浅草 本店

〒111-0032 東京都台東区浅草1-35-3

TEL  03-3841-1272 

営業時間/11:30~21:30

定休日   月曜日

2010年1月10日 (日)

歌留多(かるた) 浅草

宿泊プランは朝食付きです。

館内のカフェ・ド・カピタンと歌留多から「歌留多」を選びました。

IMG_2524

なぜか窓の外には庭園が・・・。 いったいどういう造りになっているのかしら。

落ち着ける和の癒しの空間。朝食は白飯かお粥からお願いできます。

IMG_2529

私は白飯  ちょこちょこあるおかずが嬉しい。焼き海苔もついています。

納豆、タラコ、昆布の佃煮、梅干、焼き魚。サラダ。茶碗蒸し。がんもどきとフキの煮物。

香の物はタクアンとしば漬け。味噌汁は海草と豆腐の赤出汁。デザート。

IMG_2532

お連れさんはお粥 お粥用の餡とえびすめ付き。

おかずの内容は変わりません。

お味噌汁、白飯、お粥はお替り可です。

IMG_2526 ディスペンパックのドレッシング。

サウザンアイランド、青じそ、フレンチ、マヨネーズなど、お好みで使えます。

 

お腹いっぱいだわ~。 本日は初笑いに寄席(*^m^)を企画していたのですが、

年末からのお疲れも少し・・・。 お部屋に戻ってから検討しよう。

お誕生日ケーキ

今回の宿泊プランには、ルームサービスでのケーキセットがついてきます。

私はチョコレート、連れはモンブランをお願いしました。

IMG_3473

お誕生日ということで小さなキャンドル付き。

ルームサービスの係りの方から、みに様お誕生日おめでとうございます。

という、ちょっと照れくさいようなお言葉をいただけました。

IMG_3490

さしてやりました。 

この小さなキャンドル1本に何年分がつまっているのかしら。

それはともかく、ギリギリですが、

誕生日当日中にケーキを食べることができたわ。 感謝。

2010年1月 9日 (土)

じゃん腹 浅草

困りました。 

変な時間に酒の〆のラーメンが食べたくなることはありませんか?

浅草をとことん楽しみたくてお宿をとったのですから、思う存分やっちゃいましょう。

とは言え、この付近のラーメン屋さん情報はリサーチしていません。

寒いし、宿の並びのラーメン「じゃん腹」に行ってみることにしました。

IMG_2495IMG_2496

小ぢんまりとした店内。テーブルには紅しょうがなどが置かれています。

IMG_2502

メニューの一部ですが、けっこう種類が豊富なのです。

一人前を2人で注文が可能でした。 

酒の〆だからね~~。あっさり醤油が良いかしらね。

IMG_2506 

         醤油とんこつラーメン あっさり醤油@650

・・・・・。麺がのびてるような気が、酔っ払っていてもコレだけは記憶に残っています。

IMG_2518

              おすすめ絶品 焼き餃子@380

1人前のラーメンだけでは、申し訳ない気がして焼き餃子も注文。

・・・・・・・。コメントはやめておきます。

 

宿から近いし、特別なものを求めているわけではありませんから

〆のラーメンと考えれば、まぁいいかな。。

 

じゃん腹

〒111-0035 東京都台東区西浅草3-16-9

TEL   03-3843-7220

営業時間/ 11:30~翌02:00

定休日    第2・4月曜

セントクリスティーナ 浅草

浅草ビューホテル、メンバーズバー「セントクリスティーナ」です。

今回の宿泊プランで、最上階の28Fメンバーズバーのビジターフィー

(通常お一人様\1,500)がサービスされています。

かつ、バーご利用時10%OFF。

東京スカイツリーができあがれば、スカイツリーを眺めながらお酒をいただく

とても素敵な場所になりそうです。

IMG_3443

私は、ウォッカトニック、連れはスコッチをロックで。

ミックスナッツも注文しています。

1

メンバーズバーということで、ちょっと特別な感じがします。

ライトアップされた五重塔が幻想的に目に映りました。

お会計は、お部屋につけていますので、チェックアウト時に知りましたが2806円でした。

2010年1月 8日 (金)

浅草寺(せんそうじ)

「駒形どぜう」をあとに、またフラフラ仲見世を通って浅草寺に戻ってきました。

浅草寺は山号を金龍山。ご本尊は聖観世音菩薩。

聖観世音宗の総本山、東京都内で最古の寺院とのこと。

IMG_3288

宝蔵門(旧称 仁王門)

雷門(総門)から仲見世を通り抜けて浅草寺本堂に向かう手前に、見える門が

浅草寺の山門にあたる宝蔵門です。

数度の火災により炎上するも、その都度再建されています。

「小舟町」と記された大提灯は日本橋小舟町の人々による寄進とのこと。

IMG_2397IMG_2393

仁王尊像

山門には、阿形像(左)吽形像(右)が安置されています。

IMG_3317 

五重塔

宝蔵門の西側に建つ。 東京大空襲で焼失し、現在のものは昭和48年に再建。

IMG_3345 

現在、本堂大営繕修復工事で、本堂周囲を工事壁で覆られています。

この外観に彩を添えるべく、川端龍子画の「龍之図」   をモデルとした巨大な

金龍の絵が山本寛斎氏のプロデュースによって本堂正面に掲げられています。

IMG_2405 

夜でも並んでいますわ~。

IMG_3381

ライトアップは日没から午後11時頃。

IMG_3386

お正月ですので営業されている露天もありますが、場所によっては20時過ぎで

閉まっているところもありました。

2010年1月 7日 (木)

駒形どぜう 浅草

冬の夕暮れは早いです。3日、お誕生日のディナーは浅草の老舗「駒形どぜうAicon339 

IMG_3260

お正月3日まではお休みというお店が多い中、営業してくださっているとはありがたい。

IMG_3276

お店はアイドルタイムはありませんが、夕飯時ともなれば混みあってくるようです。

店内で名前と人数を告げ、外で順番待ちになります。

このときの待ち時間は、約20分ほどでした。

IMG_2376

火鉢があるから大丈夫だよ~~ん。 お江戸の匂いがするでやんす。

IMG_3264

お店の人気席は1階の桟敷(さじき)席。 

1階を希望でお待ちのお客もいらっしゃいました。

IMG_2310

私たちも呼ばれました~。

IMG_2327

残念ながら、ご案内は地下1階のテーブル席。まっ、いっか。

店内に入るなり、ネギの香りがしました。

IMG_2323 IMG_2324

見ると卓上には山盛りのみずみずしいネギが。 なるほど香るはずです。

薬味は山椒と七味唐辛子。

IMG_2363

お正月です。日本酒、枡酒いきましょうか。

IMG_2328

              たれ口(ふり袖しぼりたて原酒)@800

最近、日本酒の美味しさに目覚めてしまっています。

IMG_2317

連れはどぜうデビューなので、頭と骨を取ってひらいてある、どぜうさきなべを注文。 

ここで、ささがきごぼうと生玉子をつけるか悩みます。

ささがきごぼうと生玉子って・・・柳川なべに近くなってしまうんじゃないのぉ?

お店のお姉さんにうかがったところ、どぜうなべの生玉子は、すき焼きのように

つけてお召し上がりいただきますということでした。

IMG_2334   

                   どぜうさきなべ@1700

この木枠に入ったイデタチが素敵。 炭火の上に薄くて平たい鉄鍋

ひらいてあるどぜうが並びます。

IMG_2339 

ネギをたっぷりのせていただきます。ネギのお替りは自由。

なくなりそうな頃合いをみて、お姉さんがもってきてくれます。

炭火でグツグツ。

鉄鍋のたれが無くなりそうになったら、自分達でこまめに割り下を差していきます。

たれですが、煮詰まっても辛くならないところがまたすごいっ。

IMG_2356 IMG_2359

生玉子(千年の卵)@150 

Okini02_3 ネギが少ししんなりしてきたとこで山椒をつけて。

もちろん、どぜうに臭みなどはまったくありません。ふわっふわっの食感。

スルスル食べれてしまいます 

いいね~~。日本酒が進むわ~。

IMG_2367

この玉子も美味しい玉子だわ~。ほんわり甘みとコクがあります。

IMG_2316

くじらも食べてみよう。

IMG_2353 

               くじら立田揚げ@1050

悪くはないですが、ボリュームを期待していたので、ちょっと小さくて・・・ 

くじらベーコンにしておけば良かったかしら?

IMG_2319 

一月のおすすめ品もアルよ。

IMG_2344 

                     鴨ロース@850

しっかりとした肉質。

噛み締めると甘みもあって、やや甘めのタレとからしもよくマッチします。

このあとに、どぜうさきなべの追加をして日本酒もたくさんいただきました。

IMG_2364 

お客様の中には、ご飯やお新香を注文し、〆になさっている方々も多いです。 

お隣の席の品の良さそうな老夫妻さんが、お帰りになる際、私達に

「お先に失礼します。」と、さりげなくお声をかけてくださりました。なんだか素敵。

こうして隣同士のお席で食事をしたのも何かの縁ですものね。

下町の人情が感じられる。お江戸っていいな。

IMG_2372

すっかり、どぜうなべが気に入ったお連れさん。

次回はひらいたものではなく、丸のどぜうなべを食べようねW04

さて、お会計ですが、2人で、合計10480円なり~。

ガンガン枡酒をいただき、他にビールも合い間に飲んでおります。

支払った対価より、満足感の大きいお店でした~。

お会計をすませると、お店から開運干支根つけ(寅)をいただきました。

駒形どぜう

〒111-0043 東京都台東区駒形1-7-12

TEL   03-3842-4001

営業時間/11:00~21:00

定休日   大晦日、元旦

2010年1月 6日 (水)

浅草寺

こんばんは~。みにです。5日からお仕事でした。

つい、1~2日前なのですが、

お正月のお休みは、なぜか遠い昔の時間のように思えます。

さて、浅草は大好きです。お誕生日イベントも含めて行ってまいりまいた。

1

ますは、宿の窓から見た景色。丸印のあるあたりは露天が並んでいる模様。

IMG_3233

ちょいと脇道プラプラしながら、浅草寺目指しています。

IMG_3236 

通年、3日近くになると混雑も一段落と思いきや、今年はけっこう混んでいました。

IMG_3237

去年はこのあたりで除夜の鐘を聞きました。

IMG_3240

無事お参りを終え、お約束の露天へ・・・・。

IMG_3243

なんだか、以前より露天の規模が個々に小さくなったように思えます。

これも浅草寺、本堂大営繕修復工事が関係しているのかしら?

IMG_3245

煮込みとビールを注文。深夜だと足元から冷えてくるのでいろんな意味で注意です。

今回は、この後も予定していますから軽くね。

IMG_3254

境内を出ても居酒屋さんは盛況。 楽しいですよ~o(*^▽^*)o

2010年1月 5日 (火)

福満園(ふくまんえん) 横浜中華街

元旦のランチは四川・湖南料理の「福満園」別館Aicon339

IMG_2222

場所は、四川料理の「景徳鎮」と同じ市場通りになります。

IMG_2187

狭い入り口に、これでもかと貼る!貼る!貼る!

中の様子をうかがい知ることはかなり難しいわ。

IMG_2224

秋元さんも安住アナも召し上がったのですか~。

IMG_3196

まずは、生ビール(中ジョッキ)@550×2でんな。 

予め取り皿が、各テーブルに用意されています。

IMG_2193

注文はもちろん海の幸入り陳マーボー豆腐@1890

歯応えの良い海鮮入りって楽しみです。

ちなみにマーボー豆腐はこれだけですか?とお店の方にお聞きしたところ

他にもありますが、うちの一番のオススメはこれです!

と、きっぱりおっしゃっていらっしゃいました。 

IMG_2195

          海の幸入り陳マーボー豆腐@1890

おっ!いい感じだわ。 一口いただくとまさに辛ウマっ。

次第に額にじんわり汗が・・・・。

海鮮は貝柱などが細かく入っています。この海鮮からの出汁も加わり

旨みを増しているようです。

どちらかと言うと、辣(ラー)の辛さが前面に出ているように思います。

比較は申し訳ないのですが、個人的に好きな「景徳鎮」の本場四川風

マーボー豆腐(激辛)と比べるとコクもやや浅めで、海鮮が入っているから

なのか?全体的にマイルドに感じる。

しかしながら、唐辛子と花椒のたっぷりきいた海の幸入り陳マーボー豆腐は

十分辛くて、酒飲みのつまみにもなって・・・・

IMG_2203 

ライス@210もらっちゃってます。

ご飯もガンガン進みますW04  この辛ウマが冷めても美味しい。

IMG_2212

ちょっと、辛くなったお口の中を休めましょうか。

IMG_2210

            芝海老の卵白仕立て@1680

ぷりっぷりの海老に卵白の塩加減も良くてまとまっています。 福満園さん、

四川・湖南料理だけでなくお料理がちゃんとしている様子。

これなら、辛いものばかりでは、というお友達も誘いやすい。

IMG_2213 IMG_2214

紹興酒の他にもワインがあります。

紹興酒が苦手という方も、お酒の種類が豊富ですから選択の余地があります。

IMG_2219

私たちが利用させていただいたのは1階席ですが、お店には2階に個室

もあるようです。

男性スタッフの接客対応も気持ちよく、紹興酒のチェイサーにお水を

お願いすると氷をつけてもってきてくださいました。

IMG_2216 ヨンクマもこっそり参加中。

 

お店の看板メニューには、黒チャーハンもあります。

私は、単品でチャーハンを頼むことが少ないのですが、こちらのお店には、

再訪して四川よりも辛いといわれる湖南料理をじっくり味わってみたいと

思いますから、その時に注文してみよう。 

 

さて、お会計ですが、2人で、

上記お料理とお酒(他、紹興酒2合@1050)合計5930円なり~。

ちなみにお店は、カードでのお支払いも可です。

横浜中華街満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。 

 

福満園 別館(ふくまんえんべっかん)

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町137

TEL   045-662-0003

営業時間/11:00~24:00(L.O.23:30) 

定休日   無休

http://www.fukumanen.jp

2010年1月 4日 (月)

山下公園 元旦

     1

新年早々、宿の樽酒をふるまっていただきました。う・・・美味い。

おっと、これからランチです~~。 飲みすぎは禁物。

1日は気持ちの良い晴天。 山下公園を少し歩くことにしました。    

IMG_3189

穏やかな元旦です。

IMG_3192

1日午前0時にライトアップされたみなとみらいの景色もいつもと変わらずだ(o^-^o)

あの光の中にすべてが消えてしまったのではと不安だったので確認しに来ました。

2010年が始まったことを実感してしまいます。

IMG_3194

中華街に向かいます。

横浜・中華街カウントダウン

カウントダウン・パーティーの会場から外に出ました。

目指すは山下公園。皆さん集まっています。

やっぱり室内にいるよりコレを見ないと横浜に来た意味がないわ~。

IMG_3171

1日午前0時に、横浜港では停泊中の船が汽笛を一斉に鳴らし、みなとみらいの

ホテルなどは、示し合わせたようにいっせいにライトアップされるのです。

おぉ!私のインターコンチが光っているよ~~。 

みなとみらいの遊園地「よこはまコスモワールド」からは花火もあがり、

山下公園でも爆竹が鳴らされました。

IMG_3175

写りが悪いのですが、マリンタワーも七色の特別ライトアップされます。

一段落すると、中華街に流れる方々も多いようで、私たちも向かいました。

IMG_3177

爆竹の嵐でやんす。  邪気や悪気を祓い財や福を呼び込む為、お店の方や

中国の方がガツンガツン箱ごと使っているかのような感じで爆竹投げ放題。

「パンッ!パンッ!パンッ!パパパパパパンッ!!!」

前に進めないわ~~。と前方を気にしていると、今度は終わったかと思った

後方にも爆竹が!「パパパパンッ!!!」

ひょぇぇぇぇぇーーーー。肝っ玉の小さい私は、きゃぁきゃぁ飛び跳ねてました。

コートが危ない。 意外にも火の粉?が飛んできます。かなりスリリング。

IMG_3179

終わると道路には爆竹の残骸が。写真上、赤い○印は爆竹の箱です。

道にはガンガンすごい勢いで落ちています。

後処理のお掃除はお店の方がなさっているようですが。

IMG_3180

なんとか、関帝廟までたどり着きましたが、すごい行列。

防寒対策ができていないので初詣は、またの機会にしました。

2010年1月 3日 (日)

スターライトバー 横浜

IMG_3114

スターホテル横浜 2FのBlue Light Bar です。

以前にもご紹介させていただきましたね。

私は、ウォッカトニック、連れはジンバック。

あっ、これは一口飲んでしまっています。連れは吸い込みが良いので

一口で半分ぐらいになってしまってますね。

バーテンダーさんによって、グラスに合うよう丁寧にカットされた氷が嬉しい。

IMG_2140

このBarのカウンター席が気に入っています。

カウントダウン・パーティーには、まだ時間があるのでゆっくり飲りましょうか。

北京飯店 横浜中華街

IMG_3125 

2009年、最後の夕飯は横浜中華街へ。

IMG_3128

お目当てのお店は「北京飯店」、言わずと知れた北京料理のお店ですAicon339

北京ダックを日本で広めたのもこの店という老舗。

場所は、中華街の朝陽門(東)に隣接。みなとみらい線の元町・中華街駅にも

近くとてもアクセスの良い立地になっています。

IMG_2153

某ぐるめサイトで評判の良い小籠湯包を注文しましょっ。

なんと8個入で@1570。 そんな・・・2人で小籠湯包(ショウロンポウ)ばかり

そんなに食べれないわ。  いろいろ試したいの。

・・・と思ったら3個以上の注文で受け付けてくださるとの説明。

1個@210とのことで、小籠湯包4個@840でお願いしました。

IMG_3134

まずは、連れが生ビール@630

私は、紹興酒・女兒紅(にょじこう)500ml@2310

中国では女の子の誕生の折に貯蔵した酒を、嫁ぐ日に嫁酒として持たせるという

習わしがあるそうです。縁起の良い紹興酒でありまする。 ロックでいただきます。

お通しでしょうか。

ザーサイの他に野菜の酢漬けされたものが小皿でついてきました。

また、小籠湯包を注文したので、針生姜入りの黒酢タレも同時に運ばれてきています。

IMG_3136 

                小籠湯包4個@840

先に連れが1個頬張り、続いて私が ・・・・・・・・・。

顔を見合わせ、あれ??確かに熱々の肉汁たっぷりなのですが、その肉自体の

持つ旨みがどうも感じ取れない。これは、物足りない。4個の注文でよかったわ。

IMG_2151 

気をとり直してペキンダック4枚@4200を注文しましょう。

IMG_3147

                 ペキンダック4枚@4200

ペキンダックは自分で包むかどうかを聞いてきます。

この際だからお店の方にお任せしました。

なかみは、ネギ、キュウリ、ペキンダック、甜麵醤(テンメンジャン)ベースのタレ。

これは、美味しいCrown04  ダックの皮も程よく脂をもちジューシー、なおかつパリッと

していますが、私が一番美味しいと思ったのはペキンダックを包む薄餅です。

しっかりとして甘みがあり、タレを十分に受けとめ完成度を高めているような

気がしました。さすが、北京ダックの老舗、この逸品には風格があります。

IMG_2176

これから、カウントダウン・パーティーがあるのでお腹を少し空けておきたいところ

ですが先ほどから、卓上メニューがチラチラ目についてます。

IMG_2177

                    担々麺@980

北京料理屋さんに来てまで、担々麺を食べずとも・・・

ですが、始めました宣言を見てしまうとつい。。それに、かくし味に干しエビ、

揚げニンニク、揚げネギ等々と書かれていると頭の中が妄想で~~。

IMG_2184 平べったい麺。

あの~。 一般にイメージ出来る担々麺とはベツモノです。

干しエビなどからのコクも加わり、美味しいのですが、辛さはほとんどありません。

ゴマ風味そばといった感じでしょうか。なかなか複雑な奥ゆきを持っています。

IMG_3154

お店は、深夜1:30までと遅くまで営業していますので使い勝手も良し。

 

さて、接客にいたっては愛想がありません。

まぁ、中華街ではこうした対応も多いです。気にするなかれなのですが

会計の際、テーブルに伝票もなければ番号札もなく、レジで奥の席ですが

と申し上げたところ、黙ってさっさかレジ打ちをなさっていたけど本当に

私達の伝票なのか不明確。ちょっと不信感が残りましたが。。

大晦日のお忙しいときなので、この会計の対応はたまたまだったのでしょうか。

さて、お会計ですが2人で、上記お料理とお酒で、合計は9270円。

ちなみにお店は、カードでのお支払いも可です。 

 

北京飯店(ぺきんはんてん) 

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町79-5

TEL          045-681-3535

営業時間/ 11:30~翌1:30(L.O) 

定休日    無休

2010年1月 2日 (土)

一茶庵(いっさあん) 元町

2009年の年越し蕎麦は、横浜元町の「一茶庵Aicon339

一茶庵は手打の名人、片倉康雄氏が、大正15年、東京新宿で創業。

現在は、孫の片倉英統さんの代になっておられるようです。

IMG_2100

場所は、「STARLIGHT GRILL」と道を挟んでほぼ前あたりに位置します。

このあたりには、美味しいお店が密集しているのかしら。

IMG_2101

本日は大晦日。メニューは限定されています。

IMG_3063

待ちのお客様は、14時頃で2組ほど。

IMG_3064

回転率も良く、ほどなく店内に入ることができました。

IMG_2105

IMG_2109

料理限定のため、お昼の膳などはなし。

軽く日本酒、つまみ、おそばで、さくっと仕上げましょう。

IMG_2112   

日本酒は澤屋まつもと@735と〆張鶴@735を注文。

揚げそばがついてきました。

IMG_2117   

              天ぷら盛り合わせ@1680

天つゆと抹茶塩がついてきます。

海老2本、しし唐、レンコン、かぼちゃ、サツマイモ、椎茸、茄子。

海老の右隣、キスかと思ったらヤングコーンです。

天つゆは出汁が香り品が良く、天ぷらもしっかり油切れがなされています。

ですが、衣がいまひとつ。

個人的には、この内容だと、お値段を高く感じてしまうものでした。

IMG_2123

                胡麻だれせいろ@945

そば自体には、香りを感じませんが、コシもありすべりも悪くない。

胡麻だれは美味い。 

そばとのからみ具合もよく、理屈抜きで箸がすすむものでした。

IMG_2135

                一茶庵せいろ@840

そばつゆは、やや甘め。

私は、胡麻だれせいろをオススメしたいわ。

IMG_3091   

                       そば湯

とてもあっさりしています。しゃぱしゃぱ系。

ぽってりと濃いのがお好みの方には物足りないかもしれません。

IMG_3090 IMG_3105

お店は、小奇麗で垢抜けた雰囲気。

奥には座敷席もありますから、ご家族連れやゆっくり落ち着いておそばとお酒を

いただくにも良さそうです。

 

お会計ですが、2人で、上記お料理とお酒で合計4935円なり~。

 

横浜元町 一茶庵(いっさあん)

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-40 2F

TEL   045-664-6651

営業時間/ 火~金   11:30~15:00 17:00~21:00(L.O.20:30) 

         土・日・祝 11:30~21:00(L.O.20:30) 

定休日    月・第2・4火曜日(定休日が祝日の場合は翌日)

http://www.issaan.co.jp

2010年1月 1日 (金)

謹賀新年☆

2010年、明けましておめでとうございます~Kadomatu01

IMG_3185

今年も、皆々様にとって良き年になりますようお祈りいたします。

みにの夢色探索も一層精進してまいりますので、なにとぞ宜しく

お願い申し上げますSyogatu4

さて、みにの去年の年越しイベントは浅草でした。

いやぁ、去年は寒かった・・・・・。

 

今年は、初詣は後回しに、年越しのイベントを横浜にいたしました。

横浜ってこんな感じ~~ってものを、ちょっと経過として数日に渡り記事に

していきま~す。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »