2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 京都旅行2009秋 №6 山元麺蔵(やまもとめんぞう) | トップページ | 京都旅行2009秋 №8 SIZUYA(志津屋) »

2009年12月 5日 (土)

京都旅行2009秋 №7 ぎおん琢磨

初日のディナーには「ぎおん琢磨Aicon339 

旅行1週間前に電話をいれたところ、お目当ての他店は全て予約でいっぱい。

唯一受け付けてもらえたのが、こちらのお店です。

IMG_0677IMG_0682

「ぎおん琢磨」へ足を運んだのは、今日で2回目です。

春の花見の折に飛び込みできたところ、入れなかったお店なのです。

IMG_0777   

白川沿いという風情のある抜群のロケーション。

予約の旨を告げると窓際のカウンター席に案内されました。

IMG_0453IMG_0455 

夜会席の五千円のコース料理(税・サービス料別)でお願いしてあります。

ハウスワイン(白)@600、生ビールのお値段は控えるのを忘れて

しまいました(*_ _)人

なお、お品書きはだされませんでした。春の京都の「花咲」、「吉田山荘」も

コース料理でしたが、お品書きはなし。京都ではお品書きは出ないのが

一般的なのかしら?

今回も、お料理を持ってきていただいたときに、説明があるだけで

私が見聞きしたことから記事にしました。

まず、最初の皿(前菜)には、ブロッコリーのお浸し、むかごと銀杏、海老の

お寿司、わかさぎ煮、トウモロコシのかき揚げ、モミジ麩とイチョウ麩など。

IMG_0692 

お造り

ヨコワ(マグロの1年未満の幼魚。)

カンパチ、鯛。

メレンゲ状の泡醤油でいただきます。板前さんのお話によると舞妓さん

や芸奴さんのお着物を汚さないようにと考えられたようで、品良くまろやか。

しかし、無粋なオイラはキリっと液体状の刺身醤油で食べたかったな~。

IMG_0695

黒龍 吟醸(辛口)福井県@800

雑味がなくすっきりとした飲み口のお酒です。

IMG_0697 

椀物

蕪しんじょうとメバルのお吸い物。塩加減も絶妙。

IMG_0704

焼物

ししゃも(オス)の塩焼き。オスは卵がない分、身の旨みが濃いのです。

IMG_0721

煮物

カブ、かぼちゃ、モロッコ豆(京都 福知山産)の炊き合わせ。

表面に柚子の皮が散らされていました。

IMG_0723 鍋  あんこうの小鍋。 

卓上でのMY小鍋とは、嬉しいですね~。

IMG_0730

水菜、くずきり、ネギ、あんこうW04

IMG_0736 

つけダレは柑橘の風味がきいており、はんなりした甘さがありました。

IMG_0742 

酢の物

烏賊、帆立、蟹の酢の物と説明をいただきました。

摩り下ろした生姜がのせられているので、これをといて食べます。

IMG_0752

他には切干大根も入っています。

独特の風味を持ち歯ごたえのよい切り干し大根が加わり、盛りだくさん。

これはポイントかもしれません。

IMG_0756 

蒸し物

お芋の蒸し物。透明感のある綺麗な餡は出汁がよくきいていて、

落ち着いた大人の味わい。

IMG_0760 

胡麻の風味も きいて程よい餡のかたさと美味く絡み合い

ほっくりいただけます。 餡が甘くないからこれは好みっ。

IMG_0762    

御飯 黒豆と栗の御飯。

    塩気のきいた黒豆。もっちりとした味わいです。

香の物 きゅうりの浅漬け、大根の糠漬け、大根の葉。

味噌汁 なめこ、ワカメ、軽く炙った油揚げ、ネギ。

      しっかり出汁のきいた美味しい赤出汁。

      味噌が上質なものだと思います。   

IMG_0770 

デザート

抹茶アイスクリーム、柿、りんご、パイナップル。

 

この他に、写真を撮り忘れましたが京番茶をいただきました。

東京あたりでいただく「ほうじ茶」とは違うものなのですね。

色は似ていましたが、香りが超スモーキー。

飲みなれないためか、私には、薬くさくて飲めませんでした。

 

感想としては、お店のロケーションが良いので桜の時期に訪れたいお店。

お味としては、全体として不可もなく。

板前さんもお写真を撮りましょうか?とお声をかけてくださったり、サービス

精神があるようにも思えるのですが、ちょくちょく皿を覗き込み、さっさと

片付けたいというお気持ちが旺盛なようにも感じました。

観光客相手のお店というところでしょうか、なんとも微妙な印象になりました。

 

IMG_0733IMG_0734

さて、お会計ですが、2人で、上記お料理とお酒(ハウスワイン@600、

黒龍@800×2、 琢磨(当店オリジナル)滋賀県@600×2、

生ビールはおそらく@600)で合計16170円なり~。

こちらのお店はカード不可。現金会計でお願いしま~す。

 

ぎおん琢磨(たくま)

〒605-0933 京都府京都市東山区大和大路四条上ル二筋目

        東入ル末吉町78-3

TEL 075-525-8187

営業時間/12:00~13:00 17:00~23:00(L.O.21:00)

定休日   不定休          

http://www.kdd1.com/takuma.html

« 京都旅行2009秋 №6 山元麺蔵(やまもとめんぞう) | トップページ | 京都旅行2009秋 №8 SIZUYA(志津屋) »

02.和食全般」カテゴリの記事

d-1.旅行・京都」カテゴリの記事

コメント

白川沿いのお店で京会席は風情があり良いですね~

桜の時期もきっと素敵ですよ~cherryblossomcherryblossomcherryblossom

ヨンクマちゃんしっかりとお食事に参加していますねhappy01

白熊二代目さんclover
こんにちは~。
いつもありがとうございま~す(^人^)

こちらのお店、春のランチに飛び込みで来たとき
大きな窓から桜が舞っているのが見えて素敵でした。

こうした観光客受けのする場所がらか、
ちょっと作り置き感のするものもあるのですが、
美しい景色もご馳走の一つですね。

昼を食べて3時間ちょいしか時間は空いて
なかったのですが、しっかりいただきました( ^ω^ )
忙しくも楽しい初日でした。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

見た目は美しいです。さすが京料理。

でも、味は普通ですか~
あります。そういう店、京都に一杯。
(京都に限らないか。銀座でもどこでもあるな・・・)

事前の調査は欠かせないですけど、
ふらっと入った店が、超旨いってパターンもあるからなぁ。
上七軒のおかもと紅梅庵という店では、まさにそういう奇跡を味わいました・・・

この記事へのコメントは終了しました。

« 京都旅行2009秋 №6 山元麺蔵(やまもとめんぞう) | トップページ | 京都旅行2009秋 №8 SIZUYA(志津屋) »