2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 京都旅行2009秋 №25 美齢(めいりん) | トップページ | 京都旅行2009秋 №27 京都御苑 »

2009年12月17日 (木)

京都旅行2009秋 №26 桃屋 高瀬川船入

京都最後の夜ですから、もう一軒行ってみましょう。

宿泊先のホテルフジタから近い「桃屋 高瀬川船入り」に寄り道ですAicon339 

IMG_1868

実は、「美齢」に行く前から宿の周辺で軽く飲れるお店のアテを

つけていました。こちらは縦に長い町屋造りのお店。

IMG_1769

予約なしの飛び込みで入ってみました。 お店には2階席もあります。

IMG_1774

私たちが案内されたのは、1階奥の窓際、半個室タイプの小あがりの鯉の間。

昔ながらの風情が残るお部屋です。

電気ストーブも置かれていますので、窓からの外気も心配することなく

くつろげそうです。

IMG_1135 IMG_1134

原了郭の黒七味をはじめとして、薬味が各種取り揃えられています。

お酒は、焼酎のデキャンタでお願いしたのですが、

うかつにも、このデキャンタのお値段を控え忘れました(*_ _)人ゴメンナサイ

IMG_1813 

「串揚げ おでん」とお店の暖簾に書かれていましたので、これを注文しましょう。

IMG_1809 

卓上カセットコンロを使います。カセットコンロもむき出しでなく木枠付き。

風情を大事にしてくださいます。 なお、有次の雪平鍋を使用とのこと。

IMG_1800

         おでん盛り合わせ おまかせ5種@1200

カセットコンロは、おでんを温かくいただくためのものです。

おでんの種は、菊菜以外はしっかり味がしみています。 

大根、玉子、こんにゃく、厚揚げ、菊菜。

IMG_1139  しかし、濃い色ですね~。

京都というとお出汁でおでんが炊かれているのかと思ったら醤油の色が

でています。これは関東炊きというものなのでしょうか~?

IMG_1817

               串揚げおまかせ膳@880

ごま麩、ひも肘帆立、海老、かぼちゃコロッケ、牛サーロイン。

さくっと揚がった串揚げは、好みでレモンを絞り、ポン酢、紅塩、ソースで

いただきます。キャベツ、大根、キュウリ、にんじんの野菜スティック付き。

IMG_1844   

メニューの一部ですが、一品料理の種類は豊富。

たい茶漬けにもクラッっと心動かされるのですが、2軒目なので、もうお腹に

入る余地がなさそうです。無念。

IMG_1843

窓越しに高瀬川を望むことができます。この抜群のロケーションもお店の

付加価値を高めている気がします。

私の利用させていただいたお部屋は、眼下に川を見下ろす位置になりますが、

桃屋は、元はお茶屋さんだったものを改装し、それぞれのお部屋に趣向を

凝らしておられ、1階半地下のお部屋は川床に面した造りになっていました。

IMG_1870

かつては運河だったという高瀬川。一之船入(いちのふないり)は船着場の

一つであり、現在は国の史跡に指定されているとのこと。

IMG_1875

帰り際、お店の方が出てこられて、外までお見送りしていただき、連れとお店の

造りについて歓談していた模様。一見さんにもとてもフレンドリー。

雰囲気のあるお店なので、デート使用にも良いかもしれません。

 

さて、お会計ですが、2人で、上記お料理とお酒で合計5680円なり~。

おそらくですが、デキャンタはお替りさせていただいたと思います。

IMG_1831 

 

桃屋 高瀬川船入(ももや たかせがわふないり)

〒604-0961 京都府京都市中京区木屋町二条下ル一之船入町537-52

TEL   075-252-3852

営業時間/ 17:30~23:30(L.O.)

定休日   無休

http://www.daniels.jp/

« 京都旅行2009秋 №25 美齢(めいりん) | トップページ | 京都旅行2009秋 №27 京都御苑 »

04.居酒屋・ラーメン」カテゴリの記事

d-1.旅行・京都」カテゴリの記事

コメント

ひゃあ~追いつくのがやっとです。京都シリーズ。

おでんは大阪でもコ~い色の大根が出てきますね。
関東炊きってのが、イコールおでんみたいですね。

Morさんclover
こんばんは~。
いつもありがとうございま~す(^人^)

あははっ゚。(*^▽^*)ゞ
長いのですよ~。私も一時はクリスマスまで
続くかと思いましたが、残すとこあと2話で
完結いたしますsign01・・・たぶん。
コツコツやれば終わるのじゃ(^Д^)

大阪でも、おでんは濃い色をしているんですかっwobbly
まだまだ知らないことが多いわ~sweat01
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

寒さが厳しくなり、おでんの恋しい季節になりましたね

家の方でもおでんのことを「関東だき」と言いますよ~happy01
最近はコンビニで売っているので、おでんと言うのが一般的になりましたが二昔前は「関東だき」としか言わなかったような・・・

メニューに書いてある「〆におでんだしでそうめん」が美味しそうheart04


ヨンクマちゃんもしっかりとディナーに参加していますねhappy01

白熊二代目さんclover
こんにちは~。
いつもありがとうございま~す(^人^)

やはり、関西方面ではおでんのこと、
関東炊きで通じるのですねっ。
やっぱり、色が濃いのかしら。。

みには、家でおでん、どさっと作ります。
仕事から帰って、温めればすぐ食べれて
心身ともに温まるし、思わず缶ビールをプシュッと(≧∇≦)
2日目以降の出汁のしみた玉子、大好きですpig

おでんだしのそうめんって温麺かなぁ~。
確かに気になります。

ヨン、健在です(o^-^o) 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ダンチュウに書いてあったと思うんですけど、
関東大震災の際に、被災者救済のために、大阪のおでん屋さんが複数出張していったのが、関東おでんの継起となるそうです。

なので、実は二つのおでんはもともとの味が一緒。

でも100年かけて、それぞれ独自進化したんですかね~
今の時代は各地に名物おでんがありますし。

ところで、この店のおでんの味はどんなものだったんでしょう?
感想がないような。

ごえも~んさんclover
こんばんは~。
いつもありがとうございま~す(^人^)

すると、関西の方が東京の方むけに
作ったのが、濃い味おでん??

私は、自分の家で作るおでんが
出汁と白醤油なので
ここまで濃い色おでんはびっくり。

ちょっと味も濃かったような気がしてるのですが
実は酒がまわって不覚にもうろ覚えです~~coldsweats01
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« 京都旅行2009秋 №25 美齢(めいりん) | トップページ | 京都旅行2009秋 №27 京都御苑 »