2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 京都旅行2009秋 №19 三千院 | トップページ | 京都旅行2009秋 №21 実光院 »

2009年12月12日 (土)

京都旅行2009秋 №20 宝泉院

IMG_1308

三千院を出たあとは「宝泉院」まで小走りです。

IMG_1309

宝泉院へ向かう道も、色とりどりの紅葉が折り重なるように、鮮やかに

目に映ります。

IMG_1318

拝観料(茶菓付)は、大人800円。

IMG_1320

ガイドブックによると、宝泉院は長和2年に建てられた勝林院の塔頭。

1

現在の書院は1502年(文亀2)に再建されたもの。

見どころは、「鶴亀庭園」と柱と柱の空間を額縁に見立てた「額縁庭園」の

五葉松。観光客の大半は、まずこれがお目当てのことと思います。

IMG_0834

書院に入り、すぐ見えてくるのが鶴亀庭園

江戸中期の作。部屋の格子越しに観賞するようになっています。

IMG_1332

池の形が亀、築山が亀、山茶花の古木を蓬莱山とみるそうです(*゚パ)

次に参りましょう。

IMG_1333

額縁庭園

樹齢700年を超える五葉松。 ぎゃぁぁぁーー素晴らしい。

京都市指定天然記念物だそうな。

IMG_1356

IMG_1341 

適当に空いている場所に座ってみました。  茶菓が配られます。

和菓子は若狭屋のオリジナルまんじゅう。

これまた、けっこうなものを(^人^)

IMG_1362

二連式の水琴窟。癒しの音色を聞く事ができます。

IMG_0867

この額縁庭園を愛でるには、これぐらいのポイントから見るのが

良いんですって。 あまりの美しさに立ち去りがたいという意味から

盤桓園」(ばんかんえん)と呼ばれているお庭です。

IMG_1345  IMG_1350

ささっ、チビーズもお食べなさい。 雅よ~~。

IMG_1376

先ほどの、鶴亀庭園を回って書院を出ました。

もう一つの庭園に参りましょう。

IMG_0873

宝楽園

平成17年3月に作庭。 拝観の際にいただいたしおりによると

仏神岩組雲海流水花庭を趣向し、地球太古の創出に遡り、その原始の

海を想像した庭園。

IMG_1378

IMG_1379

IMG_1381

新旧の優美が融合した庭園でした。

« 京都旅行2009秋 №19 三千院 | トップページ | 京都旅行2009秋 №21 実光院 »

d-1.旅行・京都」カテゴリの記事

コメント

宝泉院shine

ここもゆったりと落ち着けるお寺です~heart04

二代目隊長はこのお寺で、額縁庭園を眺めながら「大原問答」をするのが好きなようですsweat01

白熊二代目さんclover
こんにちは~。
いつもありがとうございま~す(^人^)

額縁庭園素敵でした~~。
時間がなくて、駆け足でしたが、五葉松の
素晴らしさには、私も立ち去りがたい思いで
いっぱいでしたheart02

二代目ちゃんの「大原問答」(o^-^o)
聞いてみたいぞぉ~。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

まだつづくのか~
どうなっとるんじゃ~、体壊すぞ~。
しかし、なかなかにいい寺じゃな。大原のここは行った事がないなぁー。

この記事へのコメントは終了しました。

« 京都旅行2009秋 №19 三千院 | トップページ | 京都旅行2009秋 №21 実光院 »