2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 京都旅行2009秋 №15 昼食 | トップページ | 京都旅行2009秋 №17 馳走いなせや »

2009年12月 9日 (水)

京都旅行2009秋 №16 寂光院

1

寂光院」(じゃっこういん)

ガイドブックによると、平清盛の娘・建礼門院が晩年を過ごした、

「平家物語」の舞台としても知られる天台宗の尼寺

山号は清香山、寺号を玉泉寺という。

創建は聖徳太子で、父の菩提を弔うために建立したということ。

IMG_0976

厳かな美しい石段を登ると、山門が見えてくる。

IMG_0627

本尊は聖徳太子作と伝えられる六万体地蔵尊であるが、平成十二年

五月九日発生の火災により損傷したため、収蔵庫に安置することとし、

現在本堂には復元された本尊が安置されている。

また、収蔵庫に安置されている六万体地蔵尊は現在も重要文化財に

指定されている。

なんとも尼寺らしく、楚々とした佇まいの本堂なのだろう。 

IMG_0629

初代住職は聖徳太子の御乳人であった玉照姫で、以後、貴族の姫らが

法燈を守り続け、文治元(1185)年9月、平清盛の息女で高倉天皇の皇后、

安徳天皇の御母である建礼門院がお入りになり、源平の戦に破れて遠く

壇ノ浦で滅亡した平家一門と我が子安徳天皇の菩提を弔いつつ、終生を

この地で過ごされた。

本堂前西側の庭園は、平家物語当時のままで、心字池、千年の姫小松、

苔むした石、汀の桜などがある。この樹齢千年の御神木の千年姫小松も、

本堂の火災によって痛みが激しくなり、遂に平成十六年夏に枯死した。

IMG_0631

IMG_0985

「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色

盛者必衰の理を顕す」写真上は、諸行無常の釣鐘。

IMG_0983

本堂手前右側には、太閤豊臣秀吉の寄進、桃山城にあった南蛮鉄の

雪見灯籠(写真上右)

IMG_0994

四方正面の池には、鯉がおりました。

3

「この庭園は幽翠で哀れに美しく、当時の余韻を残している。」と拝観の

際にいただいたしおりに記されていました。

こみあげるような物悲しさを感じました。

火災により復元された本堂、本尊、枯死した御神木。当時を偲ぶことは

できません。 しかし、静寂に包まれた境内には、いまもなおその姿で

脈々と生き続ける歴史を感じとることができるのです。

5

凛として、深い存在感のあるお寺でした。感慨無量です。

これこれっ!私が求めているのはこういう歴史をビンビン感じるお寺。

 

 

寂光院をあとに道なりに下ると、お土産物屋さんが並びます。

6

サプライズ!足湯に入りながら、陶器の絵づけができるんですって。

お茶もいただけます。

さて、大原の土産と言ったら「しば漬け」ですよ。 忘れず購入。

それと、お味噌も購入しましたっ。

お味噌汁の試飲をさせていただいたら、すっごく香りが良いのです。

味噌庵の蔵出し味噌です。味噌鍋に使っても美味しいとのこと。

冬はお鍋が恋しいですからね、お味噌で温まりましょう。

« 京都旅行2009秋 №15 昼食 | トップページ | 京都旅行2009秋 №17 馳走いなせや »

d-1.旅行・京都」カテゴリの記事

コメント

素敵な京都旅行を楽しまれたようですね。
毎日の京都旅行の記事が楽しみです。
それにしても、良い時期に、行かれたようで、羨ましいです。
写真が、とても、綺麗です。
随分、たくさんの写真を写されたのでしょうね。
私は、やっと、体調も、そこそこ、回復しました。
約1週間、絶食、お粥、うどん、ウィダーインゼリーで、過ごしました。
なんともはやという感じです。

ヒーリングタイムさんclover
こんにちは~。
いつもありがとうございま~す(^人^)

写真はまだまだです~~。
ブロガーさんの紅葉のお写真をみると
素敵なものばかりで、お恥ずかしい限りです(ノ_-。)

京都で紅葉の写真を撮ろうとしたら
三脚をたてた方がここがいいポイントだよ
と教えてくれました。カシャっと写したら
絞りがあまいな・・・と言われました。
(*'ω'*)......ん?絞りってナニ~~?
私に一眼cameraは猫に小判のようです。

体調回復良かったですヽ(´▽`)/
私も熱で2日倒れていました。
うんうんうなりながらも旅行記が気がかりで・・・
自分で言うのも変ですが、変なとこ几帳面で
作業しました。
体調を崩すと健康のありがたみがわかりますよね。
風邪などは、味覚が変わってしまうから
食べ物も美味しくないweep
しっかり治して、お互いまた楽しく食べ歩き
しましょうネo(*^▽^*)o
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

寂光院maple、気に入っていただけてありがとうございますhappy01

散り紅葉shine 素敵ですね~

亡くなった祖父母が、寂光院が好きでよく話していましたが、私自身初めて訪れたのが諸行無常を感じた2年前でした。本当に静かにしみじみとさせてくれる良いお寺です。maple

この記事へのコメントは終了しました。

« 京都旅行2009秋 №15 昼食 | トップページ | 京都旅行2009秋 №17 馳走いなせや »