2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 日本橋 玉ゐ(たまい) | トップページ | 競馬の話 天皇賞G1 »

2009年10月31日 (土)

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

10月28日より2週間限定公開の「THIS IS IT」を観に行ってきました。

IMG_9468 IMG_9466

ロンドンで開催されるはずだったコンサートのリハーサルと舞台裏の映像を編集した

ものですが、リハーサルとは思えないほどの完成度の高さ。 

素晴らしいシンガーはいます。素晴らしいダンサーもいる。

でも、その両方をこれほどの高みで一身に兼ね備えたエンターテイナーが

他にいるでしょうか。そしてこの映画は、マイケルがパフォーマーとしてだけでなく、

ショーのほとんどすべてをコントロールすることのできる演出家/コンダクターで

あることも教えてくれます。

オーディションでふるいにかけられたバックダンサーをはじめ、コーラス、演奏、

舞台演出などの裏方さんたちに至るまで、世界で最高レベルのスタッフを結集させ、

その力を引き出すことができる、まさにカリスマ、KING OF POPだったのです。

リハーサルシーンを見ているだけでこれほど魂が震えるのですから、

本番はどれだけすごいステージになっていたことか。

この映画の感動が大きければ大きいほど、彼の死によって

それが実現されなかった喪失感もいっそう大きくなるのは悲しいことです。

DVDの映像でもいいから、完成したステージを見てみたかった……。

でも、ただ出来上がったライブを観ただけでは知ることのできない舞台裏も、

この映画では垣間見ることができます。

 

観客は未知の体験を求めている。未知の才能を見せてあげよう・・・。

何より私の印象に残ったのは、ライブに向けてスタッフをそう鼓舞する

マイケルの、ファンに対する愛情にあふれた言葉でした。

« 日本橋 玉ゐ(たまい) | トップページ | 競馬の話 天皇賞G1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おお、行かれたんですね。
私は、池袋の「シネマサンシャイン」で観ました。
良かったですよね。
最近のマイケル・ジャクソンの話題は、スキャンダルしか無かったけれど、この映画を観ると、改めて、彼の才能の凄さが、感じられました。
私も、お薦めの映画です。

ヒーリングタイムさんclover
こんにちは~。
いつもありがとうございま~す(^人^)

行ってきました~(*^-^)
マイケルですが
亡くなられてから、その真価に
気づかされた方も多いと思います。

素晴らしかったですね。下手な映画を観るより
はるかに見ごたえ合りましたshine

スリラーもロンドン公演にあわせた演出ですねhappy02

そういえば、先週水曜に白金で
マイケルの格好をした人がいてwobbly
びっくりしたのですが、
28日公開日だったのですね。

THIS IS IT・・・もう一度観たいくらいの映画でした(o^-^o)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

偉大なエンターテェイメントであったマイケル・ジャクソンshine

彼の死によって、一つの時代が終了しました。

その彼の姿を後世に伝える映画は非常に意義深いものだと思います。

是非観てみたい映画ですcd

この記事へのコメントは終了しました。

« 日本橋 玉ゐ(たまい) | トップページ | 競馬の話 天皇賞G1 »