2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

10月28日より2週間限定公開の「THIS IS IT」を観に行ってきました。

IMG_9468 IMG_9466

ロンドンで開催されるはずだったコンサートのリハーサルと舞台裏の映像を編集した

ものですが、リハーサルとは思えないほどの完成度の高さ。 

素晴らしいシンガーはいます。素晴らしいダンサーもいる。

でも、その両方をこれほどの高みで一身に兼ね備えたエンターテイナーが

他にいるでしょうか。そしてこの映画は、マイケルがパフォーマーとしてだけでなく、

ショーのほとんどすべてをコントロールすることのできる演出家/コンダクターで

あることも教えてくれます。

オーディションでふるいにかけられたバックダンサーをはじめ、コーラス、演奏、

舞台演出などの裏方さんたちに至るまで、世界で最高レベルのスタッフを結集させ、

その力を引き出すことができる、まさにカリスマ、KING OF POPだったのです。

リハーサルシーンを見ているだけでこれほど魂が震えるのですから、

本番はどれだけすごいステージになっていたことか。

この映画の感動が大きければ大きいほど、彼の死によって

それが実現されなかった喪失感もいっそう大きくなるのは悲しいことです。

DVDの映像でもいいから、完成したステージを見てみたかった……。

でも、ただ出来上がったライブを観ただけでは知ることのできない舞台裏も、

この映画では垣間見ることができます。

 

観客は未知の体験を求めている。未知の才能を見せてあげよう・・・。

何より私の印象に残ったのは、ライブに向けてスタッフをそう鼓舞する

マイケルの、ファンに対する愛情にあふれた言葉でした。

2009年10月30日 (金)

日本橋 玉ゐ(たまい)

お一人ランチは、日本橋、あなご専門店の「玉ゐ」 本店。

IMG_9416

場所は、日本橋高島屋の裏あたりの位置になります。

IMG_9417

木造二階建ての情趣に富む一軒家は、お店のHPによると「昭和二十八年

終戦を迎えてまもなく酒屋として建てられた日本家屋である。」とのこと。

ですが、同店のオープンは2005年。レトロな日本家屋を改装し、

老舗風を演出といった感じなのでしょうか。

IMG_9414

お昼どきは行列のできるお店として有名ですので、平日、11時開店と同時に

なだれ込みました。

IMG_9403

内装は茶を基調とした古民家風で、小ぢんまりしています。

入り口から、左側は壁に向かう形のカウンター席、右側はテーブル席。

奥に進み数段上がると、そこもテーブル席になっています。

先客は2名様のみ。一人ですので、カウンターいいですか?とうかがったところ

奥にどうぞとのことでした。写真は奥のテーブル席になります。

IMG_9380

予め、お品書きが置かれていました。 評判の良い、箱めしをいただきましょう。

使用されている穴子はすべて天然物とのこと。

小箱・・・穴子が1本
中箱・・・穴子が2本
大箱・・・穴子が3本と、ご飯の量は増えないらしいのですが、枚数に違い有り。

また、中箱、大箱は穴子の仕上げを煮上げと焼上げで合いのせすることが可能。

煮上げは、ふんわりとしたあなごの柔らかさを楽しみたい方へ。
焼上げは、香ばしい焼きあなごの風味を楽しみたい方へ。 おすすめのようです。

う~~ん。 小箱と中箱の差額は1200円かぁ。

ちょっと平日のランチには厳しい値段だなぁ。 後ろ髪をひかれながら小箱を注文。

ランチサービスでは、ご飯の量を無料で大盛りにできます。 せめてもの救いじゃ。

IMG_9396 

             小箱(香の物、お椀付)@1600

小箱だと、穴子の仕上げを、煮上げか焼上げのいずれか選ばなくてはいけません。

これって難問。 迷ったあげくにふんわりとした食感を求め煮上げにしました。

せっかくなので、穴子のお出し@200もつけていただいてます。

薬味は、葱・山葵・胡麻。卓上には山椒も用意されています。

この他、別皿の小さいおろし金には柚子の皮がすられてます。

ハケを使って柚子の香りをつけてください。という説明がありました。

香の物は、しば漬け、たまねぎの漬物。 お椀は生海苔の味噌汁。

IMG_9392 

穴子の肝の煮つけがのっています。

お店の方からも説明があったのですが、メニューにも美味しい召し上がり方が

載っていました。

IMG_9382

まずは、1.仕上げを選び~の、2.山葵をのせ~の

IMG_9383

3.薬味使い~の、4.お出しかけ~の

つまりは、ひつまぶしのように3種類の味を楽しめるようになっています。

このため、穴子のお出しも別料金でしたが、注文しました。

  IMG_9400

お茶碗に盛りましょう。

ご飯の上には刻み海苔と大葉、その上にふっく~ら穴子の煮上げがのっています。

ご飯と穴子に挟まれた海苔と大葉、心憎いわ~。

IMG_9404 手前勝手にやらせていただきます。

山椒、胡麻、葱で~。 煮上げはのタレは想像していたほど甘ったるさはなく

比較的あっさりとしています。ふっくら煮上げはデリケートな食感Yahho01

下手な鰻はすっ飛んでいきそうです。 

IMG_9408

薬味でガンガン食べていたのですが、思い出した。 お出汁!!

運ばれてきた段階では、急須の中に出汁は入ってないので頃合をみて

声をかけました。熱々のお出汁が、お店の方のポットから急須に移されます。

山葵をのせて、あなごの焼骨でとった特製出汁をかけたお茶漬けです。

出汁の塩加減はよく、穴子からの脂とタレともうまく馴染み、ふんわりとした

穴子の食感を楽しみながらサラリといただくことができました。

IMG_9411 急須の中には穴子の骨。

出汁が美味しかったので、ご飯を食べ終わったあとに、この出汁のみを

飲んでみたのですが、これだけだと少々癖があります。

やはり穴子の脂とタレと一つになって、はじめて開花するものなのかな。

接客は、多少雑な面もみられますが、これからに期待したいと思います。

ご馳走さまでした~。お会計は1800円なり。 

次回は、日本橋室町店で焼き上げを注文してみましょう。

日本橋 玉ゐ(たまい)

〒103-0027 東京都中央区日本橋2-9-9

TEL 03-3272-3227

営業時間/ 月~金 11:00~14:00 17:00~21:30(LO.21:00)

      土・日・祝 11:30~15:00 16:30~20:30(LO.20:00)

定休日/ 無休

http://anago-tamai.com/

2009年10月29日 (木)

快簇船(かいぞくせん) 白金高輪

お一人ランチは、白金高輪の洋食「快簇船

場所は、白金高輪駅を背にすると古川橋交差点の一つ手前の脇道を左折。

IMG_8522

お店の前には洒落たテラス席が作られています。

IMG_8527 IMG_8519

大通りには、「こだわり有機野菜と厳選素材の洋食の店」すべて自家製パンor

十穀米、コーヒー付おかわり自由と記されています。

入り口の前には野菜ソムリエ認定レストラン、フランス料理新人コンクール

準優勝シェフプロデュース!!TVにもとりあげられたとのこと。

以前からチラ見していたのですが、入ってみることにしました。

IMG_8517 IMG_8516 

テラス脇の扉を開きお店は地下1階になるようです。

IMG_8496

店内は、小ぢんまりしています。地下で窓もないことから少々圧迫感があります。

IMG_8489 本日のおすすめ料理のメニュー。

快簇船風ポークジンジャーがTVでとりあげられたようですが

肉汁たっぷりというメンチカツが気になって仕方ありません。

注文は、肉汁たっぷりメンチカツデミグラスソース@1000に決定。

IMG_8491 ポタージュスープ

日替わりランチは、有機野菜のサラダと本日おすすめ料理となっていましたが

サラダかスープを選ぶことができました。

ごぼうとじゃがいものポタージュ。すっきりした味わい。

IMG_8507   

          肉汁たっぷりメンチカツデミグラスソース

へっ、これだけ?ころりと球状のメンチカツが一つ。

デミグラスソースも中途半端な出来栄え。

IMG_8514 

なんだか真ん中が妙にナマのような気がするのですが・・・。

IMG_8501   自家製パン

自家製パンと 十穀米、ドリンクは、セルフです。

十穀米が食べたい時は、自分で炊飯器から皿へ盛らなくてはなりません。

ホテルの朝食バイキングならまだしも・・・1000円支払ってこれは

あまりにもわびしい。おかわり自由ってこういうことでしたか。

個人的にがっかりしました。 

セルフはサラダ、パン、ドリンクどまりにしていただきたい。

ということで、私はパンにしました。パンは人参、くるみ、ローズマリーと数種類。

オリーブオイル、バルサミコソースなどが置かれその場でかけるようなスタイルです。

完全にテンション下がりました。

古川橋の洋食屋さんは私にとって鬼門だわ。

ポットに入ったコーヒーもいただきましたが、もう写真を撮る気にはなれませんでした。

 

そそくさと、会計を済ませ立ち去ろうとすると、新しいサービスをはじめました。

と感じの良いお店の方がアイデアいっぱいの日替わりサービスのチラシを

渡してくださいました。が、ごめんなさい。もう来る気にはなれないのです

IMG_8525お店のマスコットかしら。

テラスに置かれている可愛らしいワンコの置物。

悲しそうな目で私を見ている気がしました~~。うぇーーん。

 

快簇船(かいぞくせん)

〒108-0072 東京都港区白金1-2-3 スカイコートクロス麻布B1F

TEL        03-3473-7230

営業時間/ 11:30~15:00(L.O.14:00)  17:30~23:00(L.O.22:00)

定休日         不定休

2009年10月28日 (水)

四川(シセン) 白金台

お一人ランチは、白金台、シェラトン都ホテル東京内の四川料理「四川

本日は、タイミングを見て、11時30分の開店と同時になだれ込みました。

IMG_9045

入り口を入ってすぐ左はレジのスペース。

すっきりと先の見通せる広々とした店内は席数116席とのこと。

IMG_9027 

ホールスタッフの方に、一人である旨を伝えると店内奥の右手側にあたる窓際の

4人がけテーブル席に案内していただけました。

洗練された内装にゆったりとした空間は実に優美。

隣との席の間隔が十分にとられているので、落ち着いて食事を楽しむことが

できそうです。

IMG_9030   

こちらの席からは大きなガラス越しに竹林を望む事ができます。

清々しい庭園の緑を眺めながら、いただくジャスミン茶にひと時の安らぎを

覚えることができました。

IMG_9037   

        胡麻味噌入り辛味汁そば(担担麺)@1732

先日、「華都飯店」でチャーシューのタンタン麺をいただいて、どうも不完全燃焼。

そぼろのタンタン麺が食べたくてやってきましたW04

四川の担担麺はランチメニューではありませんが、グランドメニューの単品から

注文することが可能です。

見た目はすっきりエレガント、ホテル中華だけにいいお値段しています

IMG_9043

胡麻がたっぷりきいたスープは、上品で奥行きのある深み。

私が辛いもの好きなせいか、色ほどには辛さを感じず、

中華麺に絡む複雑なスープの旨みのほうが強いように思えました。

そぼろも上質のもので肉自体の甘みがあります。

今回、少し麺が粉くさいかなとも感じましたが、食後の、あと味の良さは良好です。

 

ホールスタッフの接客・応対も、ソフトで丁寧かつスムーズ。

なんといっても、リラックスできる空間でお食事ができるのは魅力です。

四川は麻婆豆腐も人気があるので次回注文してみたいと思っています。

 

ここで個人的な好みを少し記録・・・。

もちろん四川も素晴らしいのですが、

やはり都内の坦坦麺では、「龍天門」と 「登龍」が好きです~。

 

四川(シセン)

〒108-0071 東京都港区白金台1-1-50 シェラトン都ホテル東京1F

TEL        0120-95-6662  

営業時間/ 06:30~10:00 11:30~14:00(L.O.) 17:00~22:00(L.O.21:30) 

定休日   無休 

http://www.miyakohotels.ne.jp/tokyo/restaurant/rest/02/1179824_4809.html

 

2009年10月27日 (火)

Gustoso(グストーソ)銀座

有楽町でウィンドウショッピンクのあと、連れが予約電話を入れてくれていた

銀座「Gustoso Ginza」  (グストーソ ギンザ)に訪問です。

IMG_8901IMG_8903

連れの話によると、電話応対をしてくれた女性は、丁寧でとても感じが良い方だった

とのこと。 間口の狭い入り口。階段を降りて地下1階へ向かいます。

入り口近くには、パスタやオリーブオイルなどがディスプレイされていました。

IMG_8908  IMG_8910

予約の旨を伝えると、奥のテーブル席へと案内されました。

ボードに書かれたメニューとともに、グランドメニューも持ってきたいただけました。

アラカルトで注文していきます。まずは、各500円と嬉しい価格設定のおつまみから

IMG_8918   

            サンマとケッパーのリエット@500

500円で、この量は嬉しい。薄くスライスされたパンは軽くトーストされていてます。

カリッと焼かれたパンにのせて。

IMG_8920    

旬のサンマを使ったリエットは、くさみもなく、ケッパーの酸味も程よく調和し

香りと脂がぽってりと膨らみ、おつまみとして最高に美味しい 

こんなに美味しいのですから・・・

IMG_8911 そりゃ酒飲むだろ。IMG_8917

             ヴェルメンティーノ@3000

銀座という場所柄にもかかわらず、3000円台からのフルボトルが用意されて

いるのが、また嬉しい。すっきりとした辛口で飲みやすい白。

ボトルはお店の方で氷水をいれたワインクラーで、他のお客様のボトルとともに

管理されます。ビールはアサヒ・スーパードライ@700

IMG_8937   

      イタリア産栗とゴルゴンゾーラチーズのリゾット@1500

Okini02_3 季節感のある栗を使ったリゾット。

栗とゴンゴンゾーラチーズって相性が良いのですね。

ホクホクとした栗の食感に、ゴルゴンゾーラチーズの豊かなコクのハーモニー。

口の中に広がるまったりとした深い味わいにワインも進みます。

IMG_8951

      牛ホホ肉とイタリア産ポルチーニのブラッサート@2800

ブラッサートですから、とろ火で煮込んだものでしょうか。存在感のある一品。

赤ワインをふんだんに使い、イチジクなどのフルーツ系の甘さが入っている

ようにも思えました。やや甘めの仕上がり。

牛ホホ肉は、フォークでほろりとほぐせるやわらかさ。これに対してポルチーニは

噛み締めるとしっかりとした弾力と広がる旨みのエキス。

徹底的に濃厚なので、ガツンとしたボリューム感に満たされます。

下にはカボチャのマッシュが敷かれていました。

IMG_8983

となると、赤ワインも飲むだろ~。

カラフェで頼むことにしました。選んだのは、グラスワインで@700の

モナステリオ デ サンタ アナ(500ml)@2200

カラフェは300mlと500mlがあり、グラスワインで出していただけるものの中から

選べます。お値段は、300mlは@1300~、500mlは@2000~からになっています。 

 

パスタを注文しようと思います。

ブラッサートの余韻から切り替えて、オイル系でさっぱりいただきたいのですが

とホールの女性にお聞きしたところ、パスタのサンプルを持ってきていただけました。

撮影OKとの許可をいただけたので、写させていただいてます。

IMG_8963

このほとんどが、自家製、手打ちのパスタということです。

IMG_8968IMG_8977    

例外はこの2つとのこと。

米粒のようなFregula(フレーグラ)とラッパのような形のLumaconi(ルマコーニ)

ルマコーニは大きいかたつむりの意味をもつようです。

由比ガ浜の 「リストランテ・チポリーノ」も同様にサンプルを持ってきていただけた

のですが、 あちらは撮影不可のお店ですのでご紹介できませんでした。

 

この他にもパスタの種類はあります。

今回はオイル系のパスタでさっぱりしたいという私の希望により、リングエッティーネの

アーリオオーリオペペロンチーノはいかがでしょう?とご提案をいただけました。

IMG_8993

     リングエッティーネのアーリオオーリオペペロンチーノ@1400

メニューには記されていませんでしたが、可能な限り希望にあうものを

というご配慮が嬉しいですね~。

一般にはペペロンチーノで親しまれているアーリオオーリオペペロンチーノ

アーリオはニンニク、オーリオは油、ペペロンチーノは唐辛子になります。

シンプルなものだけに極めるのは難しいのですが、さすがです。

オリーブオイルの乳化の具合もばっちり。

IMG_9000 

リングエッティーネは、断面が楕円形のリングイネを細くしたタイプ。

乾麺とのことですが、鷹の爪が、かなり効いていて刺激的でした。

IMG_9006 グランドメニューにはなかったのですが

ちゃーんと、ドルチェもあります。本日のおすすめ同様にボードを持ってきて

いただけました。 自家製になります。

基本、酒はがっつり飲みますがドルチェを単品注文する機会の少ない私達。 

でもちょっとだけ食べてみたい。 

2人で一つでもかまいませんよ、とのことなので選ばせていただきました。

IMG_9015

                松の実とリコッタチーズのタルト@700

しっとりとした質感をもちながらくどさがなく軽い。

甘すぎず、家庭的なぬくもりをもったドルチェでした。

IMG_9011  IMG_9024

ホールに出て接客をされているのは、男性と女性のお二人。

お料理の説明だけに留まらないきめ細やかな心使いと心ある接客

やわらかな笑顔はホスピタリティに溢れています。

内装はカジュアルになりますが、なかみのあるお店だと思いました。

 

さて、お会計ですが、2人で、上記お料理とお酒(この他に追加はグラスワイン赤

@600×2)で合計14000円なり~。  銀座のド真ん中でこのCPは高いです
ちなみにお店は、カードでのお支払いも可です。

 

Gustoso Ginza(グストーソ ギンザ)

〒104-0061 東京都中央区銀座5-6-14 銀座ビルディング B1F

TEL  03-6215-8815

営業時間/  月~金 ランチ11:30~14:30(L.O) ティータイム14:30~17:00
             ディナー18:00~21:00(L.O)

                  土日祝 ランチ11:00~15:00(L.O) ティータイム15:00~17:00
                          ディナー17:00~21:00(L.O)

定休日/ 年末・年始

http://ameblo.jp/gustoso-ginza/entry-10370011646.html

2009年10月26日 (月)

炭火焼肉 食道園 蒲田

お休みのランチ、焼肉を食べようということになりました。

しかし、お目当てのお店の前に行くと閉まっているではありませんか!

頭はしっかり焼肉モードなので他を考えることができませんっ。

ということで、急遽、炭火焼肉「食道園」蒲田西口店です。

IMG_6768

生ビールで乾杯ですよ。小@500×2、中@650×2

お店の前に出ていたメニューでは、休日のためかランチメニューがなかったので

アラカルトで注文していこうかと思います。

IMG_6807 Aセット@2300を1人前注文。

このお店ははじめてなので、まずは様子を見ながら。。

  IMG_6775   

ナムル。 ほうれん草、もやし、大根。

IMG_6778 IMG_6783

スープ、キムチ。 

キムチは「日本人の繊細な味覚に合わせて作られたオリジナル」とのこと。

いただきやすいキムチ、もちろんライスとの相性もばっちりです。

IMG_6773   

カルビ

いい感じでサシがはいっています。

IMG_6789 IMG_6788

チョルギ、韓国岩のり

ニンニク、唐辛子、ゴマなどの効いたドレッシングがたっぷりかかっています。

他には、ライス付でした。

IMG_6806 IMG_6810

単品メニューの一部です。半ライス@150も追加でもう一つ注文しましょう。

IMG_6796   

                ロース@1350

お肉を追加注文です。しっとりと艶やかなロース肉。肉質もなかなか良しです。

他にも、追加はカルビ@1350×1。

IMG_6804  お肉を焼いては

IMG_6800

のせ~の。食い~の。 また焼き~の。

炭火ならではの、お肉の香ばしさが食欲をそそります。

 

お店は大田区を中心に数店舗展開。今回、セットでいただいたお肉はなかなか

美味しかったのですが、2300円という価格設定からすると普通かもしれませんね。

機会があったら平日のランチを食べてお肉の具合をみてみたいのですが。 

 

さて、お会計ですが、2名で合計7450円なり~。 
ちなみにお店は、カードでのお支払いも可です。

 

炭火焼肉 食道園 蒲田西口店

〒144-0051東京都大田区西蒲田7-29-10

TEL   03-5710-1881

営業時間/ 11:30~翌4:00 ランチタイム11:30~14:00(日・祝除く)

定休日    

http://www.shokudoen.co.jp/

2009年10月25日 (日)

競馬の話 菊花賞G1結果

菊花賞G1、結果は・・・

1着      1    スリーロールス(単8人気)
2着     3   フォゲッタブル(単7人気)   
3着 △ 12  セイウンワンダー(単6人気)   

   配当は3連複46070円。 

・・・撃沈。 天皇賞に気持ちを切り替えましょう。

競馬の話 菊花賞G1

10月25日(日)は、京都競馬場で菊花賞G1が開催されるのです。

予想は・・・

◎ 14   イコピコ
○   9   リーチザクラウン
▲  11  セイクリッドバレー
△   5    アンライバルド、7 ヤマニンウイスカー、12 セイウンワンダー、
   16  ナカヤマフェスタ、17 アドマイヤメジャー、18 ブレイクランアウト 

難しい・・しぼれてません。 

買い目を少なく3連複軸2頭、イコピコ、リーチザクラウンでいこうかと思います。

当たるといいなぁ~。 

2009年10月24日 (土)

RA・KU・RA(ラクラ) 中目黒

某日、友人との二次会。中目黒のダイニングバー「RA・KU・RA」 に寄りました。

IMG_8876

場所は、目黒銀座商店街のTSUTAYA並びのコンビニを曲がり向かいます。

この付近にも最近はお店が多くなりました。

IMG_8882 

お酒の種類は、カクテル、WHISKY、BOURBON、焼酎などなど、驚くほど豊富です。

ワインも何万もする年代もののワインもありますが、ちょっとそこまで手が出ません。

4000円台のワインから選びました。

IMG_8889 

            コルネラー・シャルドネ(チリ)@4200

洒落たワイングラスで持ってきてくれました。

うす暗い店内に間接照明。この日、案内された席は階段下の半個室。

ムードたっぷりでカップルに向いているような席です。

まぁ、私達は女同士ですが。

IMG_8886 おつまみは~。

「豚肉をトマト煮込みにしてリエットに仕上げた一品です。メルバトーストとご一緒に。」 

IMG_8897 

          豚のトマト煮込みのリエット@880 

おっ!写真よりおめかししてますね。

IMG_8898

トマトの酸味が効いているので、強いクセを感じさせないペーストになっています。

私達に大好評。 他のメニューも試したくなったのですが、残念。お腹いっぱいで

ワイン以外は入りそうもないです。はじめからこっちに来れば良かった~。

 

お店は隠れ家的な庭園ダイニングバー。

盆栽が飾られ和洋折衷のモダンな空間には、独特の雰囲気があります。

スタッフの接客姿勢も気持ちの良いものですが、夜の時間帯は女同士というより

デートや合コン向けといった印象がありました。 

 

さて、お会計ですが、2名で合計6080円なり~。 
ちなみにお店は、カードでのお支払いも可です。

 

RA・KU・ RA (ラクラ)

〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-7-4 コートモデリア中目黒103

TEL   03-5879-7021

営業時間/ 11:00~17:00 18:00~24:00

定休日    日・祝

http://ra-ku-ra.com/

2009年10月22日 (木)

みろく 麻布十番

お一人ランチは、麻布十番の豚しゃぶ炭火焼き「みろく」 

IMG_8801

以前から前を通りかかると出ている看板の、ごはんおかわりOK 雨の日

ドリンクサービス
の文字が気になっていたのです。

さすが、豚しゃぶ炭火焼のお店。ランチも豚ブタこぶた~ですね。

 

お店は、雑居ビルの地下1階。細長い通路を進み階段を下りていきます。

通路脇には、和をイメージさせる灯りが置かれているので、中に入るまでは、

ちょっとお値段のはる洒落たお店なのかしら~と思ったのですが。

IMG_8795 

店内に入ると、ざっくばらんで気さくな雰囲気。

ちょっと見ると、居酒屋さんのような感じですね。 夜の顔はどんななのでしょう。

コの字形のカウンター席は中央に炭火焼きのスペースを囲み、奥が厨房に

なっています。テーブル席も一部ボックス席になっているのでプライバシーを

確保できそう。

 

さて、豚を食べようといきたいとこですが、先日、華都飯店で2人前をたいらげて

少々胃腸が重たい。 今日は軽く?日替り定食の松花堂弁当@1000を

いただきたいと思います。

IMG_8783

             松花堂弁当@1000

ちょこちょこいっぱい出てきました。これで1000円、ごはんおかわり可は嬉しい。

スタッフのお姉さんがカウンターに準備されている業務用の大きな炊飯器からごはんを

盛り付け、味噌汁を椀に入れて出してくれます。

IMG_8791 お刺身

マグロ、シメサバ。シメサバはやや酢に漬かりすぎているかなという

感じもありますが、美味しくいただけました。

IMG_8786 若鶏照焼

若鶏は炭火であぶったものを使っているのか?香ばしい。

照焼のタレがほんのり甘くて、おかずとしてうまくまとまっています。

IMG_8788 木の子天ぷら

エリンギ、マイタケ。衣に味がついている様子。

レモンを軽く搾ってさっぱりといただきます。

IMG_8790 筑前煮

里芋、人参、ゴボウ、タケノコ、コンニャク、レンコン、がんもどき、鶏肉。

大きめに切られた根菜はそれぞれの食感が楽しめ、味もほどよくしみています。

IMG_8792 フジッリマカロニのサラダ

お姉さんが手早くドレッシングをかけてくれました。

こうした一品は、箸休めにもよいのです。

IMG_8793 切干大根

ちょっと、ひなたくさすぎたかも。 でも、素朴な切干大根は好物なんですわ。

味噌汁は豆腐と若布。漬物付き。

 

正直、お店に入った瞬間、居酒屋の力が抜けた昼営業的に考えていたのですが、

個人的に平均点以上の味はしっかりキープ。

胃腸の重さもどこへやら~難なく完食。

やはり、和食は全体的にバランスもいいし、今のMY胃袋が望むランチは

こうした安心感があってやさしく、気持ちも満たされるものなのでしょう。

 

さて、この日は、雨ではなかったのでドリンクサービスはなかったのですが

ランチドリンクは、黒ウーロン茶、緑茶、ウコン茶、アイスコーヒー、アイスティー、

オレンジジュース、グレープフルーツジュースが150円でいただけます。

また、生ビールジョッキは680円、ランチ生ビールミニグラスは200円で提供して

いただけるようです。

IMG_8800 IMG_8798

夜メニューのイベルコ豚しゃぶしゃぶはさぞかし、とろける美味しさなのでしょうな。

店内には小さい水槽がありました。おそらく海ぶどうを飼育しているものと

思われます。 これらを目当てにというよりも、私はランチ使用で満足させて

いただくことにしましょう。できたら・・・雨の日狙いです。 

 

み ろ く

〒106-0045 東京都港区麻布十番3-7-4 麻布六堂B1

TEL        03-6809-3101

営業時間/ ランチ  月~金 11:30~14:00(L.O.) 

        ディナー       17:00~24:00(L.O.23:30) 
        ディナー 金     17:00~02:00(L.O.01:30)

定休日    無休

http://www.e-encourage.com/pc/

2009年10月21日 (水)

華都飯店(シャトーハンテン) 三田

お一人ランチは、三田の老舗中華料理店「華都飯店」(シャートーハンテン) 

オーナーは清朝貴族の末裔、馬(マー)家の家庭料理がいただけるということです。

IMG_8771

お店は、慶応義塾側を背に桜田通りを東京タワー方面に進行、三田一丁目の信号を

左折して緩やかな坂道を上ると、通りに鮮やかな看板が出ています。

IMG_8738

古めかしいマンションの地下1階へ降りる階段の前にはランチメニューが

出されていました。

IMG_8743 

エントランス部分はいきなりゴージャス。しかし、レジには誰もいない。

すみませ~~んっ。と声をあげると奥から、年代ものの紳士(店長?)が現れ

次いで、あわててホールのスタッフの方が登場。

窓際の席へと案内していただきました。

IMG_8746

黒と紺色を基調としたシックな店内。天井照明もどことなく懐かしい古さをかもし出し、

優美な重厚感が漂っています。

席の間隔もゆとりがあり、ガラス窓の向こうは植え込みの緑が望めるように

なっているので、思ったほどの圧迫感はありません。

IMG_8740

ランチセットや単品セットメニューもあるのですが、麺類などもできるようです。

IMG_8748 ポットのお茶はジャスミン。

IMG_8751   

                 タンタン麺@1050

肉は、そぼろではなく、煮込んだようにやわらかく八角の効いた厚切りの

チャーシューが1枚入っています。

他には、刻みネギ、チンゲン菜、ザーサイ。 

各マスコミにもとりあげられたというタンタン麺の印象としては、見た目は

洗練されているといった感じではなく家庭的。

IMG_8756  IMG_8763

太めの中華麺。スープは胡麻がきいて濃厚な深みがあり

はじめはそうでもなかったのですが、次第に辛味がきいてきます。

ザーサイの塩気も適度に抜けているので美味しいですが、個人的には

別皿で持ってきてほしかったな。

IMG_8741

単品セットメニューには、白飯・スープがついてくるのですが。

IMG_8758

                焼売(5個)@945

この日は、お腹が減っていたので、しゅうまいも頼んでしまってます。

IMG_8764

品良く、ほんわりと甘みのあるしゅうまいは肉汁を含みボリューム感もたっぷり。

これは、美味しい。 個人的にタンタン麺よりこちらの感動が大きい。

 

私よりあとからいらっしゃったお近くにお勤めの常連さんと思われるお客様は、

ランチメニューで注文されていたようです。

タンタン麺、悪くはないのですが、好みとしてはチャーシーよりそぼろなので

次回ランチ訪問の際は、別メニューでお願いしましょう。

 

桜田通りには「中国飯店」もありますが、個人的には華都飯店の味の方が

馴染めそうです。 ランチ使用でしたらCPも悪くありません。

 

お店は、丸テーブルが並び、クラシックの流れる高級中華料理店といった構え。

きめ細やかな接客に趣のあるインテリア。

夜は、接待やあらたまった会食向きのお店かもしれませんね。

 

華都飯店(シャトーハンテン)

〒108-0073 東京都港区三田2-7-1 シャトー三田 B1F

TEL        03-3453-0893

営業時間/ 11:30~14:30(L.O14:00) 17:00~21:30(L.O20:30)

定休日   土曜日 

2009年10月20日 (火)

El Ella(エルエラ) 元町

休日ランチは、元町のメインストリートを脇道に入ったカジュアルな

イタリアンレストラン「El Ella」(エルエラ) 

IMG_8356

こちらは天然酵母を使い、石釜で焼き上げたナポリスタイルのピッツァが

人気のお店です。

IMG_8350

表にランチメニューが出ています。

Amenuで@1380、Bmenuで@1890のプリフィクス(prix fixe)制

季節のコースは@2500。 リーズナブルなお値段が嬉しいです。

IMG_8351 Amenuでお願いしようと思います。

IMG_8394

1階は明るくカジュアルな雰囲気、2階はちょっと落ち着いてお食事をいただく

のにも良いエレガントな内装になっています。

IMG_8430 IMG_8431   

私達が利用させていただいたのは、2階になります。

ここでは壁をスクリーンにして、洋画が音声なしで映し出されていました。

生憎、周りがまだ明るいので、画像がはっきりしないのですが

夜もそうなのかしら?若い方のデートには盛り上がるかな。

IMG_8367

    モンテプルチアーノ ダブルッツォ(ITALY)@2680

ワインもお手頃なお値段のものから置いてくれています。

 

せっかくなので、前菜もメインのお料理も連れと違うものを選んでみます。

IMG_8369

            サツマイモの冷製ポタージュ

口当たりの良いサツマイモのポタージュ、香りづけでしょうか、オリーブオイルが

仕上げにかけられています。

IMG_8380

         新鮮!朝採れ三浦野菜のシーザーサラダ

チーズはテーブルに来てくださって、目の前ですりおろしてくださいました。

やる気がおきてきます~。 ほっくりとしたジャガイモが美味しかったです。

IMG_8386

                  自家製フォカッチャ

オリーブオイル添え。 

IMG_8396   

チリオイル

IMG_8358 IMG_8357

ピッツァとパスタの中から選ぼうと思いますが、写真の写りが悪いので書きます~。

ピッツァは

・マルゲリータ(真っ赤なトマトとモッツァレラチーズのピッツァ)
・カプリチョーザ(エルエラ ピッツァ職人の気まぐれピッツァ) 
・☆イベリコソフトサラミと夏野菜のピッツァ(最高級ベジョータ使用!)

                   ☆印:メニューAは+300円。    

IMG_8400 

 カプリチョーザ(エルエラ ピッツァ職人の気まぐれピッツァ)

アンチョビ、ルッコラ、トマト、チーズ。

表面はパリッと香ばしく、中はほんのり甘くもっちりとした食感。

アンチョビの塩気とマイルドなチーズの風味がマッチし、トマトとルッコラが

全体のバランスをとっています。

 

パスタは

・三浦野菜と芝エビのペペロンチーノ タイム風味
・自家製ベーコンと玉ネギのアマトリチャーナ
・ちりめんじゃこと水菜のフレッシュハーブのペペロンチーノ
・☆手長エビのトマトクリームソース
・☆愛媛産スズキとアサリ、フレッシュハーブのペペロンチーノ

                   ☆印:メニューAは+300円。 

IMG_8413

             手長エビのトマトクリームソース

割増+300円でこちらを選びました。

小海老とアサリも微量ですが入っていました。味に深みとボリュームが出た

ように思います。コクとふくらみのある優しい味わいです。

IMG_8362 ドリンクです。

種類もありますが、割増になるものはありません。

IMG_8428   

              コーヒーエスプレッソ

 

お店は気負わず、お食事を楽しめる雰囲気。特別な日というより日常的に

足を運べる美味しいお店といった感じでしょうか。

なお、姉妹店として「仏蘭西定食エルエラ」が敷地内にあります。

 

さて、お会計ですが、2人で、上記お料理とお酒(この他に追加はグラスワイン赤

@500)で合計6240円なり~。  CPは高いです。       

ちなみにお店は、カードを扱っていますが、ランチタイムのカード使用は不可

とのことです。

 

El Ella(エルエラ

〒231-0861  神奈川県横浜市中区元町3-132

TEL   045-661-1689

営業時間/ 月~金 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:30~22:30(L.O.21:00) 

       土・日・祝 11:30~15:00(L.O.14:30) 15:00~17:30(ティータイム)
              17:30~22:30(L.O.21:00)

定休日   無休                   

http://pizzeria-elella.com/index.htm

2009年10月19日 (月)

東京 土山人 池尻大橋

中目黒駅から目黒川沿いに池尻大橋方面へAicon339 

目黒川にかかる赤い橋「なかのはし」を過ぎるとお店はすぐそこ。

関西から進出してきた蕎麦屋「東京 土山人」に予約を入れてあります。

IMG_8608

本店は兵庫県芦屋。 東京にうってでましたか~。

蕎麦好きの私としては、どんなものなのか以前からずーっと興味があり

今回ようやく訪問することが出来て嬉しい限りです。

お店は階段を下りた地下1階になります。

IMG_8734

清楚な白地の暖簾をくぐると~

IMG_8609 招き猫がお出迎え。

IMG_8614

予約の旨を伝えると、奥の窓際ソファ席に案内されました。ゆったりとした席の

間隔は嬉しいのですが、このソファ、腰がずっぽり落ちて、テーブルの高さも低め。

食事に適しているものではないと思うのだけどーー。 ご飯食べるのに苦しいよぉ。

IMG_8615 IMG_8730

カウンター席と個室もあります。カウンター席は洒落たお寿司屋さんのよう。

どちらもモダンですね~。

IMG_8622 芋焼酎き六

「人気蔵黒木本店さんの芋の代表銘柄です。2年以上熟成させた完成度の

高い味わいです。」 4合瓶で@3500。

IMG_8638

              お通し

そば豆腐のイチジク餡かけ

そばの実を揚げたものがかかっています。かりっとした食感とそば豆腐の

もっちり、とろ~とした味わいが絶妙。

餡の加減も甘すぎず品良くバランスがよいのです。

IMG_8618

おつまみもたくさんあります。まずはだし巻き玉子を頼みましょう。

関西風と関東風があります。お聞きしたところ、だしが効いて甘さを抑えたものが

関西風。これに対して甘さが強いものが関東風ということでした。

IMG_8631 

          だし巻き玉子(関西風)@930

やっぱり、だし巻き玉子は甘くないほうが好みです。

ほんわり柔らかくしっとりと出汁のしみた美しいだし巻きの黄色。

たっぷりのったネギがだし巻きに合います。

関西風でもほのかに感じる質の良い甘さが箸を進めさせます。

IMG_8644

次は、鴨食べたい。

IMG_8671   

               鴨つくね鍋@1200

「国産鴨のつくね。出汁の旨味が後を引きます。」   

鴨つくね、白まいたけ、レンコン、ネギ。

鴨の脂の旨味がつくねと出汁にあふれ出ています 

じゅるじゅるですっ。ゲキウマーー。

IMG_8673 IMG_8681

薬味は、原了郭の黒七味と柚子胡椒。

これは素晴らしい。やるね~~関西の底力炸裂ヽ(´▽`)/

IMG_8623 IMG_8661

ここらで、そばをつまみにしようと思うのです。

メニューには産地も記され、安心感を得られます。

お蕎麦の種類は4種類。写真が見にくいので書きます。

 東京 土山人のお蕎麦

生粉打せいろ 殻をむいたそばの実を細かく挽いたのどごしのよい十割蕎麦です。
荒挽き田舎 殻付きのそばの実を昔ながらの荒挽きにした荒く風味のあるお蕎麦です。
変わり蕎麦 そばの実の芯の部分(更科粉)のみを使い季節の食材を打ち込んだ
        香りのよいお蕎麦です。
太切り 温かいおそば、温かいつけ汁そばに合う太めのお蕎麦です。 

IMG_8688

天ぷらも試してみたいので野菜天せいろを割増+160円を支払い荒挽き田舎

お願いしようと思います。

IMG_8694 そばつゆ、薬味、塩。

塩は2種類あります。

荒挽き田舎の香りを楽しむために一口目はつゆではなく塩で食べることを

推奨されました。そば用の塩は沖縄のもの。(木製の小さい皿)

IMG_8701

                    野菜天

天ぷら用の塩は青ヶ島のもの。(明るい茶の大きい皿)

カリフラワー、カブ、かぼちゃ、ゴボウ、ナス、人参、栗。

からっと揚がっています。

塩の使い分け、細部にまでこだわりをもっておられるところが嬉しい。

IMG_8695

                  荒挽き田舎蕎麦

強いそばの香りは感じられないものの、しっかりとしたコシは心地よい。

まずまず、美味しい蕎麦です。

IMG_8697   器がいいですね~。

つゆも、いやらしさがなくナチュラルな感じ。好感がもてます。

IMG_8708  IMG_8713

そば湯は、ポタージュという言葉がふさわしいほどにとろりとしてクリーミー。

美味しいW04 いくらでも飲めてしまいそうです 

IMG_8655

鴨つくねがあまりにおいしかったので、深追いすることにしました。

IMG_8717

               鴨汁せいろ@1470

先ほどは荒挽き田舎をいただいたので生粉打でお願いしました。

と言うより、蕎麦の希望がない限り鴨汁せいろは生粉打で出されるそうです。

荒挽き田舎より、さらにそばの風味がなく、コシはあるものの物足りなさを

感じてしまいます。

IMG_8723 ん?鴨肉はどこだ。

鴨つくねと薄くて小さい鴨肉が浮いています。

IMG_8724

物足りない。 決して出来が悪いというわけではないのですが、私の望む

鴨汁せいろとは奥行きが違います。また、鴨汁せいろの場合、荒挽き田舎蕎麦で

いただいたほうがマッチするかと思いました。

IMG_8729 IMG_8732

スタイリッシュな店内。窓の外には小さな中庭が望めます。

IMG_8650 IMG_8652

お土産に太巻き寿司を注文されているお客様もいらっしゃいました。

関東のお蕎麦屋さんでは見かけないお土産。

なお、芦屋以外にも関西に数店舗、展開されています。

 

今回鴨汁せいろは、私の好みではありませんでしたが全体的にいただいた

お料理にはとても満足できました。

のちに知ったのですが、「すだちの冷やかけそば」が評判とのこと。

私の訪問したときには終了していたようなので、機会をみてこちらをいただきに

再訪してみたいと思っています。 最後にそば茶をいただき終了。

美味しゅうございました~(^人^)感謝♪

 

さて、お会計ですが、2名で合計9820円なり~。 

 

東京 土山人(とうきょう どさんじん)

〒153-0042  東京都目黒区青葉台3-19-8

TEL   03-6427-7759

営業時間/ 11:30~14:30(L.O) 18:00~23:00(L.O.22:30)

定休日    水曜日(祝日の場合は翌日)                

http://www.geocities.jp/tokyodosanjin/

2009年10月18日 (日)

競馬の話 秋華賞G1結果

秋華賞G1、結果は・・・

1着 △   5    レッドディザイア(単2人気)
2着 ○  12  ブロードストリート(単3人気)   
3着 ◎  3    ブエナビスタ(単1人気)   

ようやく結果確定しました。

ブエナ三冠逃しました。 

しかもブエナはブロードストリートの走行を妨害したとして3着に降格した様子。

はぁぁーーーー。 これで確定まで時間がかかっていたの。

気になるブロードストリート!レッドディザイア!がきて配当としては
オイシクなくなりました。

   配当は3連複640円。

菊花賞に気持ちを切り替えましょう。

競馬の話 秋華賞G1

10月18日(日)は、京都競馬場で秋華賞G1が開催されるのです。

予想は・・・

◎  3    ブエナビスタ
○  12  ブロードストリート
▲  17  ワイドサファイア
△   5    レッドディザイア、8 ラインドリーム、14 ジェルミナル

ブエナビスタ、三冠牝馬目指して頑張れ。 

それでも気になるブロードストリート!レッドディザイア!etc。

こうなりゃ3連複、弱気のBOX。

当たるといいなぁ~。 

2009年10月17日 (土)

あじ釣り大会 えさ政釣船店

春風亭小朝さんの独演会に行ったときにいただいたチラシから、羽田近く

多摩川防波堤から出る船で釣りを体験できる企画があることを知りました。

初心者もOKの「あじ釣り大会と干物つくり」とのこと。

かねてより、釣りには興味があったので、さっそく申し込みです。

IMG_8530

京浜急行空港線、天空橋駅を下車、A2出口から海老取川に架かる天空橋を渡り

左折、道なりに進行し、弁天橋を越え徒歩6分ほどで、釣宿 えさ政釣船店

到着しました。

IMG_8531

集合は7時30分。

会費は男性7900円、女性6900円、小学生小人(小学生以下)4600円。

この会費には、乗船料+貸し竿代+仕掛け代+えさ代+氷代等あじ釣りに関して

必要な代金+保険代(クーラーボックスを除く)が入っています。

なお、クーラーボックスと飲み物、食べ物は持参です。

私達が乗る船は、写真の黄色の船。船内にはトイレもついています。

船に乗り込む前に、氷をいただきクラーボックスに収納。

竿の扱い方を教えていただきました。まわりを見ると、大会ということで

いかにも釣り歴が長そうな方々もいらっしゃってます。

服装からして違う~~。 

今日の私の服装は長袖のシャツにGパン、厚底のサンダル。 ダメじゃん。

1

竿とえさはあらかじめ船にセットされていました。

乗船後、船は40~50分ぐらい沖へと走らせます。

へっ、羽田沖でのんびりやるんじゃないんだ。 潮風が身に堪えます。

寒いよぉ。長袖のシャツしか着てこなかったのでブルブルです。

首にタオルを巻いて震えているとスタッフの方が見かねて、ヤッケを貸して

くださいました。海の男衆は親切だ。風を通さない服装がいいんだと学習です。

 

はじめはポツポツ雨まじりの空も時間とともに晴れてきました。

早起きして作ってきたおむすびをほおばりながら、ペットボトルのお茶で

流し込み一息いれます。

なんせ、立ちっぱなしの作業。思ったより釣りってハードだわ。

 

釣りのポイントを3回ほど変えて、まわりの方々はどんどん釣れてるようですが、

みにのバケツは空っぽ。 釣り針がちくちく手やサンダルにささります。

ホースからは、海水も出されるので足元は濡れてもよいものや換えの靴があると

いいかも。体験しながら、さらに学びます。

あと10分ほどでの声がかかったところ やったo(*^▽^*)o釣れた。

IMG_8547

魚がひいている感覚はなかったのですが、なにはともあれ1匹釣れました。

うん、なかなか美形、ハンサムかもしれない。

ここは、どのあたりですか~とスタッフの方に聞いたら木更津沖あたりとのこと。

キサラヅ君と命名です。 元気です。いまのところ・・・。

IMG_8555

風の塔です。 

「風の塔は、川崎市浮島の沖合約5kmに作られた直径約200m、深さ75mの
人工島である。風の塔の上には、高さ90mと75mの大小2つの塔がそびえている。
これらはトンネル内部の空気を排気したり、外から空気を送気したりするための
施設である。」

とのこと。

天空橋、風の塔と言い、どれもドラクエにでてきそうなネーミングですな。

2

空を見上げると、3分間隔で飛行機が見られます。すごいわ。 

写真におさめそこねても次から次です。

IMG_8565

羽田空港拡張工事は、真っ最中のようです。

 

船を降りると、釣宿では温かい日本茶とお煎餅が用意されていました。

このあとは、自己申告によるあじ釣り大会表彰式。全員に賞品がいきわたる

ようになっていました。いただいたのは、乾物干しかご

IMG_8567 

さて、キサラヅ君はというと・・・・

帰宅する途中に日本酒を買ってきました。酒の肴は初めて釣ったあじ。

お刺身にしてありがたくいただいた(-人-) のですが、

写真はここまでにしましょう。 美味でした~。

 

えさ政釣船店

〒144-0043 東京都大田区羽田6-12-4

TEL   03-3743-1585

http://www.esamasa.jp/index.html

2009年10月16日 (金)

キャラクターズ 元町

お休みの日、元町までお買い物。ちょっとマスターの顔を見に寄ろう。

寄り道は何回か記事にしている「キャラクターズ

IMG_8439

      キャデマル(キャデラックマルガリータ)@900

時間が早かったのでカウンター席が空いていました。

マスターと何ヶ月ぶりかでおしゃべりしました。

久しぶりにしか来ないのに、好みを覚えていてくれます。

IMG_8442

前回来た時に、新作の横浜バーガーをいただいたのですが、お酒がまわって

いたのか写真を失敗してしまって・・・ごめんね。マスター。 

IMG_8445

関内にまたもう1店舗オープンされるとのこと。

予約制、個室、新しいスタイルのお店とのことなので、一段落したら行って

みようかと思っています(o^-^o)

 

キャラクターズ

〒231-0868 神奈川県横浜市中区石川町1-19 キクヤビル1F

TEL  045-650-3080

営業時間/ 15:00~02:00(L.O.01:30) 

定休日    月曜日

http://www.players-jp.com

2009年10月15日 (木)

i sette mari(イ・セッテ・マーリ) 恵比寿

お一人ランチは、恵比寿のイタリア料理「i sette mari」(イ・セッテ・マーリ)

IMG_8488

実は「i sette mari」(イ・セッテ・マーリ)は当初の予定ではありませんでした。

お目当ての他のお店が閉まっていたのです。 

なんでだ。。最近こういうことが多いなぁ~。 途方にくれ渋谷川沿いあたりを

うろうろしていると、目についたのがこちらのお店でした。

IMG_8484

表に出ていたメニュー。 おぉ!中盛りスパゲッティ+0円とは嬉しい。

このメニューに心惹かれるものがあったので入ってみることにしました。

IMG_8483

階段を上って2階まで。この扉、家庭的な雰囲気が外まで伝わってきます。

IMG_8475

禁煙の旨を告げると、入り口から左手の窓際、テーブル席に案内されました。

ふふ(*^m^) やっぱりカジュアルな感じのお店だわ。

IMG_8448

表にも出ていましたが、ランチメニューの一部です。

ドリンクはコーヒー・アイスコーヒー・紅茶が割増なし。ミルクティ、エスプレッソ、

カフェラッテを選ぶと割増になるようです。

IMG_8447この他にもコース料理あり。

Aコース(パスタとデザート)@1700

Bコース(前菜、パスタとデザート)@2500 ということですが、お仕事中なので

そうそうコース料理までいただいてる時間はないのです。

IMG_8452 IMG_8469

             本日のパスタ(日替り)@1000

白イカのイカ墨ソース スパゲッティを注文。

イカ墨は大好物なので表のメニューで、すでに決めておりました。

というより、イカ墨なので飛び込んでみたのです。

サラダには、たっぷりドレッシング。自家製フォカッチャ付。

IMG_8467 

ちなみに中盛りではなく普通ですが、けっこう量がありますよ。

これに、フォカッチャがあればもう十分です。

イカ墨スパゲッティはマイルドなコクがうまくなじんで、とても美味しい。

食べ終えるのが惜しいくらいです。

IMG_8473 IMG_8481

ドリンクはアイスコーヒーでお願いしました。ミニサイズ。

なかなかCPも高いし、今回の飛び込みは成功です。 ぴーす。 

 

のちに、こちらのお店のコンセプトは「安心・安全・ヘルシー」ということを知りました。

厳選した素材に調味料と、こだわりを持つお店だそうです。

また、イ・セッテ・マーリ自慢のラザニア、限定8個!これも好評とのこと。

夜の時間帯のお料理も気になるのですが、まずは、ランチ使用にも良いお店、

次回はラザニアを食べてみたい~。 

 

i sette mari(イ・セッテ・マーリ)

〒150-0011 東京都渋谷区東3-17-14 クリスティエビス2F

TEL     03-3499-0987

営業時間/月~土 11:30~14:30(L.O.14:00) 月~土 17:30~22:30(L.O.22:00)

定休日   日曜日 

※ランチメニューにはランチ営業時間11:30~15:00と記されています。

この11:30~14:30(L.O.14:00)ぐるめサイトを参考にしております。

2009年10月14日 (水)

草木土 山下町

中華街のお店の営業時間はまちまち。 

早くに閉まるお店もあれば、遅くまで営業しているお店もあります。

しかし平日となると、客足次第では閉店準備をするお店もあるようです。

中華街を出た後は、山下公園近くのオーガニックレストラン「草木土」に向かいました。

IMG_8318

こちらのシェフとは、去年、「菜香新館」の個室で、北の兄貴とのプチオフ会を

催した際にお会いしたのですが、お元気でしょうか。

しょっちゅう、中華街には来るのに顔を出さないとは、私も薄情だなぁと気に

なっていたのです。 とってもシャイな方だった記憶があります。

お店はこの大根のようなオブジェ(*^m^) 脇の階段を上った2階になります。

IMG_8321

金曜日、時間は21時を少し過ぎたころでしょうか。お客様はテーブル席に1~2組。

広いオープンキッチンはとても開放的かつ機能的。

シェフのお仕事ぶりを拝見できるカウンター席も楽しそうです。

そのカウンター席後ろのテーブル席に案内されました。

IMG_8326

                  お通し@400×2

りんごの天然酵母でやいたライ麦パン。ハーブオイル付。

手作り感が伝わるような温かみのある素朴なパンでした。

ハーブオイルの塩加減も良し。

ちょっと、ここでシェフにご挨拶。チビーズを見て思い出してくれたようです。

すみませんっ。食事は済ませてきちゃったので、軽くでかまいませんかぁ~。

IMG_8323

              グラスワイン(白)@750×4

ERRAZURIZ(エラ スリス)チリ産。
「幅広く人気のあるシャルドネ種を使った白ワイン。お食事には最適」とのこと。

強い癖を感じさせない飲みやすいワインでした。

IMG_8339

              シイラのカルパッチョ@800

相模湾で釣ったシイラだそうです。ソースはディル。

鮮度抜群のもっちりとしたシイラの身の甘さに、魚と相性の良いディルを

ソースに仕立てたさわやかなカルパッチョ。 目にも鮮やかです。

IMG_8347

                しそのシャーベット

サービスでいただきました。

しそ、レモン、コアントローが入っているとのこと。

しそ独特の強い香りやは抑えられ、さっぱりとお口直しに最適なシャーベット。

甘すぎずバランスが整って、これは、美味しい。

IMG_8343

お店のお魚は、シェフ自ら釣ってきた天然もののみを扱い、野菜、調味料、ドリンクも

できる限りオーガニックにこだわるというナチュラル&ヘルシーのオーガニックレストラン。

以前は、ランチタイムも営業なさっていたとの事ですが、現在は夜のみ。

この日は、シェフと年配の女性のお二人でお店を切り盛りなさっていたので、

うかがうと、ホールをお手伝いなさっていたのはお母様とのこと。

にこやかな笑顔が印象的でした。

さて、お会計ですが、2人で、上記お料理とお酒で合計4600円なり~。

IMG_8329 

チビーズは素朴なパンが気に入ったようです。 

 

草木土(そうもくど)

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町25 ニューポートビル2F

TEL     045-641-3883

営業時間/ 18:00~23:00(L.O.22:00) 

定休日    月曜日

2009年10月13日 (火)

牡丹園 横浜中華街

夕刻、またも横浜中華街ですAicon339 

さあ、今日のお目当てのお店に参りましょう。場所は香港路。

IMG_8269

お店の看板の明かりばかりが、目立ちます。人通りはなし。

これ、金曜の夜です。中華街の平日は空いていますよ~。

IMG_8256

今日の中華ディナーは「牡丹園」です。昼間「愛群」のあとに中華街でお買い物

ついでにお店の外観だけ写真に収めておいたので、この写真は昼のものに

なっています。

IMG_8279

一見、暇そうに見えますが、2階席には予約が多数はいっています。

2階席はテーブルと座敷になっていますが、1階はすべてテーブル席。

何の予約もしていない私達は、1階の入り口に一番近い席に着席することが

出来ました。

IMG_8283 IMG_8280

店のそこかしこには、ベイスターズの選手や著名人のサインなどが飾られています。

お店の方は几帳面な性格なのか、綺麗にお名前がテプラ?シールで作成され

誰のものであるか一目瞭然になっていました。

IMG_8272

牡丹園」の名物料理といったら、中華風茶碗蒸しです。

IMG_8285

         生ウニの中華風茶碗蒸し(2人)@3675

ボリュームがあるので、2人ではりきって食べないと。 

IMG_8289 ウニ、イクラ。

しっかり出汁がきいています。 そこにウニ、イクラの塩分がプラスされ、

ほんわり仕上がった中華風茶碗蒸しのアクセントになっています。

この茶碗蒸し、口どけもするっと優しいタイプですが、2人でこれを食べると

かなり胃袋にこたえます。 数人で分け合うのが一番理想的。

IMG_8274

ショウコウ酒のお値段はまずます手頃。他には日本酒なども置いてありました。

IMG_8276

            ショウコウ酒(ボトル)@2100

切子グラスで出してくれるのは、嬉しいわ~。

けっこう、中華街はグラスに無頓着なお店も多いのです。

IMG_8300

中華風茶碗蒸しが胃におさまったところで、もう少しつまみ系を注文しよう。

IMG_8307

         鶏肉の唐揚げ酢醤油づけ@1785

油淋鶏です。 からっと揚がった熱々の鶏肉の唐揚げ。

少し甘めの酢醤油でさっぱりといただきます。

IMG_8309 酒のつまみになるのです。

IMG_8298 IMG_8294

コース料理には先ほどの、中華風茶碗蒸しがセットされています。

人数の集まるとき、一度は話のタネにいいかもしれませんね。

お店のおかみさん?の接客もにこやかでハートフル。

この日も常連さんや予約のお客様でけっこうな賑わいをみせていました。

 

なお、個人的にオススメしたいのは、平日の週替わりランチ。

600円・700円とリーズナブルなお値段で提供してくださってます。

こちらの牛バラも好評なのですよ。 

次回、平日に来れるときがあったらランチを食べに来よう。

 

さて、お会計ですが、2人で、上記お料理とお酒で合計7560円なり~。

横浜中華街満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

チビーズ、もう一軒行くよ~~(^-^*)/

 

IMG_8270

香港路から大通りまで出ます。このネオンな感じがいいね~。

2

昼間の景色とは一転してライトアップされています。

「横浜中華街文化フェアー燈籠會」、美しいランタンに照らし出された街は

幻想的に目に映りました(o^-^o)

 

牡丹園(ボタンエン)

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町147

TEL     045-651-9168

営業時間/ 11:30~14:30(L.O.14:00) 16:30~20:30(L.O)

        土・日・祝11:30~20:30(L.O)

定休日    月曜日                   

http://www.botanen.co.jp/

2009年10月12日 (月)

愛群(アイチュン) 横浜中華街

横浜中華街にやって来ましたAicon339 

中華好きの私としては定期的にパトロール?してマーキングです。

本日は広東家庭料理「愛群」(アイチュン)

言わずと知れた牛バラの美味しいお店です。

IMG_8251

有給消化、平日の13時過ぎです。 平日に中華街に来れることはないので

昼は酒を控え牛バラで満たされましょう。 今日は夜も中華の予定なのです。 

IMG_8255 

場所は、關帝廟通り。小さめなお店なので、見落としてしまいそうですが

店先には上のような看板が出てます。マスコミにも多々取り上げられております。

 

店内に入ると家族一同で仕込みの最中か、1階のテーブルには大きいボウルに

山盛りに入った牛バラ肉が出来上がっていました。 わぉ、食べたい。

お店のおばちゃんが、ボウルを片付けてくれて、「こちらにどうぞ」、と

1階テーブル席に着席です。先客は1組のみ。

IMG_8202 まずは、ドリンク。

じりじりとお値段が上がっているのでしょう。シールが貼られ、お値段が修正されて

いるものと思われます。

IMG_8206

                  生ビール@650×2

せっかくのお休みなんだから、ビール1杯ぐらいはいいよね。 

ちゃんと、ジョッキも冷やしてくれています。細かいとこに気がついてくれるお店って

ありがたいです。

IMG_8200 IMG_8201

ランチメニューは左です。

Aの牛腩会飯@750と、牛腩湯麺@900 牛バラづくしでいきましょうか。

IMG_8209 IMG_8213

まずは、Aのセット漬物とスープ。

連れと2人でしたので、お店の方が、漬物少し多くしておいたわよ。 とのこと。

いきなりですが、フレンドリーです。

スープの見た目は、町の中華屋さんで炒飯を頼むとついてくるもののようですが、

牛から出汁をとっているのか、醤油スープにとがったものを感じさせない

やわらかいまるみを持ち、ほんのり生姜もきいているようでした。

IMG_8218

              牛腩会飯(牛バラ丼)@750

青菜添え。ランチのせいか、量は思ったほど多くはありません。

IMG_8242 牛バラ丼と一緒におばちゃんが

持ってきてくれました。何ですか~と聞くと「さんしょとうがらし」とのお答え。

すこし食べてから、使うといいよ。との指導付き。 

つまりは麻辣醤(マーラージャン)。花椒唐辛子味噌、中国の辛味調味料です。

辛いものが好きな私はコレを白ご飯につけるだけでオカズになります。

IMG_8219

愛群さんの牛バラ、好みです。

肉の旨みを残しつつ、とろけてコラーゲンもたっぷり。

ありがちな八角ばかりが浮き立った味ではなく、家庭的で優しいふくらみを持つ味。

何口か食べると、味わいがやや甘めにかたむく牛バラ丼に、先ほどの麻辣醤を

つけていただくと、味がぴりりと引き締まる。 またご飯が進んでしまうわ~W04

IMG_8230

              牛腩湯麺(牛バラ肉そば)@900

ストレートの中華麺。するすると食べやすい。

スープの牛バラ丼のセットスープをベースに、牛バラを加えコクを深めたものと

いった印象。しつこさはなく、優しい味わいです。

IMG_8236 

牛バラ丼のバラ肉より、しっかりしているものが入っています~。

IMG_8243 IMG_8247

Aセットの杏仁豆腐。

1個サービスしてくれました。ありがとうございます~。

自家製の杏仁豆腐は牛乳の入っていないもので、ベージュがかった色合いも

舌触りも独特。 甘さも控えめなので、さっぱりいただけました。

個人的な感想としては、牛バラ肉そばより牛バラ丼に1票かな。

 

お店は、家庭的な雰囲気で、おばちゃん(女将さん?)はとてもにこやか。

家族力をあわせて、真面目に商いをしているという姿勢にとても好印象。

どちらかと言うと、気負わず行ける普段使いのお店かもしれません。

さて、お会計ですが、2人で、上記お料理とお酒で合計2950円なり~。 

横浜中華街満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

IMG_8259

お店を出た後は、大通りをふらり。小雨まじりの日ではありますが

この通りに、これだけ人が少ないのは平日ということも関係しているようです。

IMG_8262 なんだ、これは~~?? IMG_8263

華正楼本店前には「火鳳凰」。

これは、「横浜中華街文化フェアー燈籠會」 今年から始まったイベント。

「8月12日(水)から10月12日(月・祝)の2ヶ月にわたり、横濱中華街の随所と

横浜開港資料館で美しいランタンが展示され街をライトアップする」とのことです。

ぎりぎり間に合ったようです。夜が楽しみだわ。

 

愛群(アイチュン)

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町138

TEL     045-641-6245

営業時間/ 11:30~21:00(20:40L.O)

定休日    月曜日

2009年10月11日 (日)

競馬の話 毎日王冠G2・京都大賞典G2結果

ども、結果が出てます。
遅ればせながら記録を残しておきたいのでアップしま~す。

毎日王冠G2、結果は・・・ 

1着 ◎  4  カンパニー   (単4人気)
2着 ○ 6 ウオッカ     (単1人気)
3着     3  ハイアーゲーム(単10人気)

   配当は3連複56680円。

京都大賞典G2、結果は・・・ 

1着 △  2  オウケンブルースリ (単3人気)
2着 △  3  スマートギア     (単4人気)
3着     1   トーセンキャプテン (単7人気) 

   配当は3連複43670円。

今回も撃沈。あと一つ足りませんっ。 
次、頑張りましょ~~。 

競馬の話 毎日王冠G2・京都大賞典G2

10月11日(日)は、東京競馬場で毎日王冠G2が、京都競馬場で京都大賞典G2が
開催されるのです。

毎日王冠G2、予想は・・・ 

◎  4  カンパニー
○ 6 ウオッカ
△ 5  ヤマニンキングリー、7 スマイルジャック、10 サンライズマックス

ウオッカといきたいとこですが、1番人気の武さんが気になる。

カンパニーでも配当が悪い。予想のみかも。

3連複、軸1頭のながしで。

京都大賞典G2、予想は・・・ 

◎ 10  マイネルキッツ
○ 14  トーホウアラン
▲ 13  アルコセニョーラ
△   2  オウケンブルースリ 、3 スマートギア、8 ジャガーメイル 

3連複、弱気のBOX。

当たるといいなぁ~。 当たったら何買おうかな~。

2009年10月10日 (土)

宇田川 三越前

三越前、お目当てのお店がやっていない!さあ、困ったぞ。

ふと目に留まった、こちらの佇まいに惹かれて暖簾をくぐってみることにしました。 

と、言うことで、お一人ランチは、三越前の「宇田川」老舗のとんかつ屋です。 

IMG_8142

店内は厨房を囲みカウンター席。他にはテーブル2卓と小ぢんまりとしています。

先客のお客様はお一人様。少し離れて私もカウンター席に着席です。 

IMG_8125   

卓上に置かれたメニュー。 とんかつ定食くださいっ(*゚▽゚)ノ

IMG_8127 IMG_8141

卓上にキュウリのキューちゃん?のような漬物。

こちらは、セルフでいただけるお漬物です。

さて、厨房では、職人さんがお一人。注文が入ると、ががっと肉をつかみ

粉とパン粉をつけて、放り投げるように年季の入った揚げ鍋にぽいっ。

こわーーー。 ちょいと乱暴じゃぁありませんかっっ。

IMG_8129

                とんかつ定食@1200

とんかつの皿にはとキャベツの千切りとコールスローサラダが一緒盛り。

味噌汁はしじみ。白飯。

IMG_8132

しかし、これヤバイよ。 油きりが悪いなんてもんじゃない。

ぽいっと無造作に放り込み、ばさっと引きあげ、ろくに油きりがされてないから

とんかつの下には、サラダからの水分ととんかつからの油がしたたって

プール状態なんですわ。

IMG_8136 ブサイクやん。

衣だって剥がれてるよ~。助けておくれ~~。

肉質がどうのと言う前に、この衣、時間を置くとドンドン剥がれてきますっ。

お隣に座られた先客は、ロースカツ@2300を召し上がっていましたが、確かに

私のとは厚みは違う。もちろん肉のランクも違うのでしょうが、この衣では

百年の恋も冷めそうだ。

1 

この鍋の油かっ? ラード系の油かと思いますが、強烈。

客席から見える厨房には、味噌汁の鍋が火にかけられっぱなし。

ゆえに、煮つまりを計算してか出された味噌汁は、しじみの風味を生かすにしても

味噌の香りはなく、とても薄かった。

さらに、職人さんは手の空いたときに、厨房から離れ後ろでこっそり煙草をぷかすか。

なぜか、見てはいけない現実を2つ見てしまったよう。

老舗に敬意は表したいのですが、客としてロマンがなくなるのは寂しい限りです。

後に某ぐるめサイトより、カツサンドが名物であることを知りました。

マスコミにも取り上げられているとのことで、有名なんですね~。

お土産のカツサンドを取りに来たお客様もいらしてましたし、好評のようです。

また、ホールを担当している年配の女性も愛想がよく、この日も常連さんと

思われますが、お買い物帰りの女性グループ客を笑顔で接客なさっていました。

しかし、個人的には、どうにも納得のいかない残念なランチ。

一度は評判のカツサンドをとも思うのですが、現在は微妙な心境です(T∇T)ノ~~

宇田川

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-4-15

TEL   03-3241-4574

営業時間/ ランチ 月~土 11:00~14:00 ディナー 月~金 17:00~20:30

定休日    日・祝

2009年10月 9日 (金)

CHACO(チャコ) 六本木

お一人ランチは、六本木の「CHACO」老舗のステーキ屋です。

私にとって六本木の「CHACO」は「香妃園」、「シシリア」、「ニコラス」と並ぶくらい

懐かしいお店です。 場所は、六本木交差点から向かい飯倉片町交差点手前右折。

IMG_8199

現在は綺麗なビルになってしまったので見違えるようです。

以前は外装からして、煉瓦を使った古いアメリカンな佇まいのお店だった

記憶なのですが。

IMG_8194 

表には、ランチタイムサービスの看板が出ています。

IMG_8192

ビル内に一歩足を踏み入れると・・・さらに魅惑のメニューが。

和牛切り落とし丼も気になりますが、初志貫徹しましょう。

 

残念、1階は開いていません。ランチは2階へと案内がでています。

CHACOはステーキハウスですが、私が昔ランチに食べていたものは決まってます。

当時から人気のメニュー炭焼きハンバーグ@1100を注文します。

サラダ、パンorライス、コーヒーor紅茶orシャーベット付。

IMG_8150 IMG_8151

セットのサラダとワカメスープ。

サラダにはたっぷりドレッシングがかかってるので、食べやすい。

IMG_8155

ジュゥジュゥ音をたてあつーく熱せられた鋳物の皿に、愛しの炭焼きハンバーグが

乗せられ運ばれてきました。なにやら昨今は、100円で温泉玉子をトッピング

できるようですが、今回はなし。シンプルでいきました。

IMG_8162

ここに、ソースを手前勝手にかけていきます。

ものすごい蒸気が立ち上るとともに、はねますのでご注意ください。

さらにジュジュジュジュジューーと食欲を誘う効果音が素敵W03

IMG_8168

何回かに分けてたっぷりとソースをかけます。

コクのあるソースは赤ワインをたっぷり使って大人の味。

付け合せのじゃがいも。バターがたっぷりきいて余熱でじゃがいものお尻に

コゲができるんですよ~。

私にとって、アルミホイルに包まれたベイクドポテトを食べて、美味しいっと

思ったのは、このCHACOがはじめてでした。 これが食べたくて~大好きで~。

IMG_8173ジューシーな肉。

このハンバーグはふんわりというよりアメリカンで、しっかりとした肉の旨さを

かみ締めることができるタイプです。 コクのあるソースとの相性もバッチリ。

 

IMG_8182 IMG_8185 

シャーベットは柚子ということでしたので、コーヒーでお願いしました。

泡が薄く表面を覆っています。ミルクを少し・・・。

 

さて、ステーキハウスですから、炭焼きステーキについてふれますね。

CHACOでは、フロアの暖炉の炭火で熟練シェフが丹念にステーキを焼きあげて

くれます。これがこちらのお店のウリなんです。

で、肝心なお肉の味はと言うと、ダイナミックで、ざっくり言うと大味だった記憶が

あります。当時はハマ、和田門、コルザと、接客、雰囲気、味と特色があり繊細で

ステーキの美味しいお店は、六本木にたくさんありましたので、ここでステーキを

食べたということは1、2度くらいしかありません。 

その頃の私には、ボリューミーすぎたのかもしれませんね。

もっぱら、ランチのハンバーグ専門でした。

ランチはCHACO、深夜は香妃園、シシリアとあの頃は若かったのぉ~~~。

1

はじめて入ったこの2階は、随分と小ぢんまりしています。

それとも私が大きくなったのかしら? 

 

付近は大使館も多いので、私の隣のテーブル席には外人さんが6名で

ランチを取られていました。オーダーのほとんどは炭火焼ハンバーグ。

だって、これだけ充実したランチで@1100はなかなかCPが高いと思います。

 

これからも頑張れCHACO。 次回は1階でステーキの味を再確認したいな。

 

炭焼きステーキハウスCHACO(チャコ)

〒106-0032 東京都港区六本木5-18-22

TEL     03-3583-8101

営業時間/ 月~金 11:30~14:00  17:00~22:30

         土・祝 17:00~22:30

定休日    日曜日

2009年10月 8日 (木)

BBQ 白浜

IMG_8101

サウスコテージから長尾川を眺めると鴨の親子がいます。

白いガチョウ?のような鳥も、この鴨親子を見守るように同居?しています。

IMG_8099IMG_8096

サギが寄ってくると、ガーガー鳴くのです。さしずめ鴨の子の小父さんかしら。

IMG_8102IMG_8109

長尾川に沿って海のほうまで歩いていくと、途中、川に鯉がたくさん泳いでます。

IMG_8112

チビーズどうしたのかな?鴨を見てるの?

(チビーズ)違うよ。 これから合流するお友達はまだ来ないのかなと思って見てるんだよ。

 

IMG_8116

お昼はウッドデッキでBBQです。実は5月に来た時、雨でお流れになったBBQを

するために千葉に来たのです。

本日、東京から合流組の友人達が車で来る途中に買出しをしてきてきてくれました。

(写真は食材の一部です)

お料理の下ごしらえは、手際の良い男衆にお任せして・・・。

IMG_8118

バーベキューコンロや炭も「ル・ファーレ白浜」さんでセッティングしていただきました。

子供達もいるので、さっさか焼き始めましょう。これも男衆のお仕事。

友人やそのご家族、地元の方も2人参加して10人でBBQになりました~。

1 これはオーナーのお父様が

差し入れてくださいました。なんと鯨のタレ。ジャーキーです。

軽くあぶって食べるとお酒のつまみになります。

・・・このあとは、大宴会に突入。 写真撮るのを忘れてしまいました。

ブログの盛り上がりにかけてしまうわね。

 

天気が良かったので、ちょっぴり日焼けもしたようです。

IMG_8123

BBQも無事に終了。私達は帰りは館山駅からの高速バスで帰ることにしました。

やはり東京湾アクアラインの料金が800円になっていることが影響してか40分ほど

遅れて東京駅に到着しました。とさ(o^O^o)オワリ。 

2009年10月 7日 (水)

とがし 出張料理人 白浜

夕飯。今回は和食の出張デリバリーをお願いしてあります。

IMG_8048

刺身に合うはずと東京から持参した一升瓶「酔鯨」土佐端麗辛口です。

やる気マンマンです。

さて、今回は、お店の方で器を用意されてコテージにいらっしゃいました。

IMG_8052 IMG_8057

まずは、お漬物と煮物。

IMG_8059   

ドカドカと盛られた刺身。これ1人前なんですって~~。

IMG_8066 帆立、サーモン、マグロ。

IMG_8073 鯵、イカ。

IMG_8076 カンパチ。

IMG_8069 サザエ。

IMG_8070

白身、海老の背にはぷっちぷちのイクラ。サザエの肝。どれも艶々。

IMG_8084 IMG_8086

お刺身盛りかと思ったら、下には酢飯が! これ海鮮丼です。

頑張って食べないと1人では食べきれないよ~。

椀は渡り蟹の味噌汁なのですが、汁は別のポットに入れてきてくださっているので、

あとからいただくことにします。

「あっ!ウニを忘れた」と言うことで、お店の方が取りに戻られ出来た完成品は

11種類の海の幸てんこ盛りの海鮮丼になります~。(下の写真)

IMG_8093

ウニは大事ですよ~。でも出来たらウニでいただきたかったな。

お店の方は、おそらくですが、大将とおかみさん、でいらしてくださいました。

「出張イタリアン」とは違い、海鮮丼を仕上げるとお帰りになられます。

あとは、自分達のペースでいただけるわけですが、1点豪華すぎて途中で

飽きてしまう傾向もありますね。

正直な感想としては、2人で海鮮丼を一つと、小鉢や焼き魚もしくは煮魚があれば

理想的なのですが。

しかし、ネタの良さは抜群で、持参の日本酒も3/4ほど空けてしまいました。

 

この豪勢な海鮮丼は、白浜磯笛公園前の磯料理、天ぷら、仕出し「とがし

3000円にて出張デリバリーをお願いすることが出来ましたW04

 

とがし

〒295-0102 千葉県南房総市白浜町白浜2564

TEL   0470-38-2127

営業時間/ 11:00~14:00 15:00~20:00(L.O)

定休日/  水曜日

2009年10月 6日 (火)

ル・ファーレ白浜

白浜行きのバスに乗って、「ル・ファーレ白浜」にやって来ました。

母屋の池には、鯉がたくさん泳いでいます。

近寄ると、餌をもらえるのかと勘違いするのか、わさわさ寄って来ます。

IMG_8020

こんにちは~。お世話になります(^▽^)/

実は、ル・ファーレ白浜さんには今年二度目になります。

前回の利用は5月にメインコテージを使わせていただきました。

その時は、「東苑」と「出張イタリアン」を主に記事にして宿泊施設であるコテージに

ついては、まったく触れませんでしたが今回はご紹介させてくださいね。

今年出来たばかりのサウスコテージを利用、中の様子を撮影させていただきました。

IMG_8023

セカンドベットルームは1階部分にあります。

IMG_8024

室内にも、もちろんお風呂はありますが、

この露天のお風呂は、ウッドデッキから塀から配管まで、オーナーである

山口恵子さんのお父様の手作りだそうです!

開放感たっぷりで、ウッディな感じがリゾート気分を満喫させてくれますね。

IMG_8026

こちら2階のマスターベットルーム。

IMG_8027 「ル・ファーレノート」を発見。

ご利用になったお客様が感想を書き込めるようになっています。

IMG_8032

中2階部分がキッチン&リビングダイニング。

両面ともに窓が多いので自然光を存分に取り入れることができます。

 

我が家とは大違いの白いタイルの似合うすっきりしたキッチンです。

調理用家電も揃っていますので、簡単なお料理ぐらい楽しめそうです。

(コテージから徒歩圏内にはコンビニもあり)

IMG_8033

キッチンに横並びにテーブルが配置されています。

大人数で食事を楽しめる、長いテーブル。

現在、このリビングのために特注のソファを発注している、

と「ル・ファーレノート」のコメントとして山口恵子さんが書いてらっしゃいました。

IMG_8036

高い天井にシンプルにまとめられた家具。

ファミリーで、仲間で、くつろげる空間だと思います。

IMG_8040

リビングダイニングから続くウッドデッキです。

パラソルを貸していただいて、ここでBBQを楽しむことができます(事前申し込み必要)

サウスコテージは長尾川に沿うようにして建てられているので、眺望も抜群。

野鳥も観察することができます。私がうかがったときは、このポイントに居ついた

可愛らしい鴨の親子を見ることができました。

また、反対側はのどかな畑が広がっているのです。

さらに!夕刻すぎには、翌日の朝食にと天然酵母パンをオーナーさんのお子さんが

届けてくれました。

こちらは宿泊されるお客様へのサービスになっているとのことですYahho01

なお、メインコテージにはスタジオが設備されていますので、音楽を楽しみたい

方々にもお勧めです。

 

ル・ファーレ白浜

〒295-0103 千葉県南房総市白浜町滝口5792-2

TEL 0470-38-2320

http://www.awa.or.jp/home/le_phare/

城山公園 館山

いづ喜」でランチをとったあとは、並びの城山公園に来ました。

IMG_7982

腹ごなしに孔雀園と博物館分館を見て芝生広場へ向かおうと思います。

2

おっ、孔雀だ。 お腹をぺったりと地面につけてお休み中の孔雀もいる。

待てどもなかなか羽を広げてくれません。

このほかに、日本サルなど飼育されています。入場は無料。

IMG_7995

登り坂を上りきると、里見城跡と里見桜を見ることができます。

3

といっても、時期ではないので桜の枝っぷりを見るだけですが。。

IMG_8004

お城の形をしてますが、ここは「里見八犬伝」の博物館になっています。

4

せっかくなので、拝観料300円を支払い三層四階天守閣様式の博物館分館を見学。

南総里見八犬伝に関する歴史ある古い書物や人形劇になった人形などが

展示されています。 最上部、天守からの見晴らしは絶景でした。

館内の写真撮影は禁止なのですが、ここからの写真撮影は可になっています。

 

このあと、芝生広場の里見茶屋に立ち寄ったのですが、コンビニでみかける

包装の「からあげクン」の他に、同じような包装で鯨の竜田揚げ@300が

販売されていました~( ^ω^ )

2009年10月 5日 (月)

いづ喜 館山

館山に到着後、向かったのは城山公園に近い、うなぎ和処「いづ喜

創業50年と歴史のある老舗です。

館山駅からタクシーで、ワンメーターで来れます。

IMG_7891

地元の知人に聞くと以前は、うなぎ以外、ピンとくるお料理はなかったそうですが

城山公園ならびに店舗を移動し、新装してからは一品料理も力を入れ、

美味しくなったとのお話です。

IMG_7888

和モダンな外装。店先の白地の暖簾も清潔感があって素敵。

店内に足を踏み入れると、坪庭を目にすることが出来ます。

IMG_7896

広くゆったりとした店内。1階席はテーブルと小あがりの席になっています。

小あがり席は喫煙になっているようですが、靴を脱いでくつろぎたかったので

こちらを利用させていただくことにしました。

IMG_7902

グラスでは足りないと思うので越の初梅(300ml)@945×2を注文。

IMG_7914

んーー。グラスではなく洒落たガラスのお猪口で欲しかったわ。

・・・単なる個人の希望です。  越の初梅は飲みやすいお酒です。

IMG_7906 IMG_7912

メニューは一品料理とお食事の一部です。この中から選びました。

IMG_7920

                  鯨刺身@1050

前回、千葉の和田浦漁港の「さかな」に寄りましたが、和田浦と言えば「鯨の町」

なのだそうです。しかし私達は鯨料理をまだ存分に味わっていません。

食べなくちゃっ。 今回は刺身いきます。摩り下ろしたニンニクとショウガ付。

テーブルに運ばれてきたときは、まだ少し凍った状態です。

IMG_7946 頃合を見ていただきます。

鯨の刺身を食べ比べたことはないのですが、素材の良さを感じられます。

とろけるような味わい。鯨の刺身がお好きな方にはたまらない事でしょう。

IMG_7928

                  柳川鍋@1000

熱々です。これで日本酒を飲るのじゃ。 

出汁の加減も嫌味がなく、品良く仕上げられています。

IMG_7932

昔、どじょうを食べたとき泥臭さを感じたことがありますが、こちらのお店は

丁寧に処理されていると思われます。まったく泥臭さや生臭さはありませんでした。

IMG_7940 とじた卵もとろーり。

山椒でぴりりっとひきしめるとまた美味い。

あれ、なんだろう?魚の卵のようなものが入っていました。どじょうの??

詳しくは不明ですが、これも美味しくいただけました。

IMG_7953

                  やまかけ@600

山芋は、ふんわりもっちりとした弾力があります。

IMG_7975 マグロも良いものを使ってます。

IMG_7961

     うな重 きも吸(又はみそ汁)香の物付 @2360

2人で食べたいのですが、とお願いしたら快くお茶碗を持ってきてくれました。

もちろん、お椀はきも吸で。

IMG_7971 

鰻は蒸しと焼きの工程を経ているのか、ふっくらと焼きあがっています。

タレも甘すぎず、あっさりとしてるので、後味の良い仕上がり。

ご飯も美味しく炊けています。

IMG_7965 IMG_7964

香の物は奈良漬、しば漬け、キュウリ、大根の浅漬け。

きも吸は出汁の塩加減もよく、ナチュラルな味わい。

うまく表現できませんが、わざとらしさのない味で美味しいのです。

IMG_7978

あとから知人に聞いたところ、2階席も素敵なんだよ、というお話です。

お昼の時間帯ですが、地元のお客様も、途絶えることのない繁盛店。

ゆっくりお食事を楽しめて、ひと心地。なかなか良いお店でした。

これから城山公園を見物して、ゆるゆる宿へ移動しようと思っています(o^-^o)

さて、お会計ですが、2名で、上記お料理とお酒で6900円なり~。

おっ、明朗会計でござる。

ちなみにお店は、カードでのお支払いも可です。 

いづ喜

〒294-0036 千葉県館山市館山805

TEL         0470-22-1023

営業時間/ 11:00~14:00 17:00~21:00(L.O.20:00)

定休日/  木曜日

2009年10月 4日 (日)

競馬の話 スプリンターズステークスG1結果

スプリンターズステークスG1、結果は・・・

1着     13   ローレルゲレイロ (単6人気)
2着 ◎  9    ビービーガルダン(単2人気)   
3着 △ 12  カノヤザクラ   (単8人気)

ぶひぃぃぃーー! 

最後まで心配してたローレルゲレイロ様がきちゃったよ~。

しかし、まだまだ、秋はこれからだーー。 

倒れている暇はないっ!!

配当は3連複11660円でした。

 

 

競馬の話 スプリンターズステークスG1

千葉行きの途中ですが。

10月4日(日)は、中山競馬場でスプリンターズステークスG1が開催されるのです。

予想は・・・

◎  9    ビービーガルダン
○  10  ソルジャーズソング
▲   3   トレノジュビリー
△   2  アルティマトゥーレ、5   マルカフェニックス、12 カノヤザクラ、

ローレルゲレイロきりました。 ちょい心配。
3連複、BOX で勝負します。

当たるといいなぁ~。

2009年10月 3日 (土)

千葉へ。

千葉で友人達と集まりがあります(o^-^o)

東京駅から特急さざなみで向かいますが、相変わらずガラガラですね~。

東京湾アクアラインの料金が普通車ETC利用で3000円から800円に

(平成21年8月1日から平成23年3月31日まで(予定)実施します。)なったので

乗車客はさらに少なくなったような気がします。

1

東京駅構内で崎陽軒のシウマイ、おつまみのイカ、ビールを購入。

いつもは駅弁!駅弁!と騒ぐのですが、館山でランチを予定しているので

控えております。

IMG_7862 IMG_7870

ちょっとしたつまみに最適な崎陽軒のシウマイは・・・。

昭和三年の誕生。「おいしさの秘密は、良質の国産豚肉とオホーツク海の

帆立貝柱を塩、砂糖、胡椒の他は調味料を一切使わず、素材の旨みを

活かし大切に仕上げているところにあります。」とシウマイの箱に書いてありました~。

ほんのり甘くて優しいお味、辛子醤油がよく合います。

なお、特急さざなみでは、現在車内販売もなければ、自動販売機もないとのこと。

車内で、旅気分?を味わうには乗車する前のお買い物が必要かも。。

それでは、南房総までちょっくら行ってまいります~o(^◇^)/~

 

2009年10月 2日 (金)

興源(こうげん) 本牧

今日は、軽くランチネタです~。 中華料理「興源

場所は、「奇珍」の先の本牧町になります。このあたりにもポツポツ中華料理屋さんが

あるのですが、中華街と違ってアイドルタイムのあるお店がほとんどです。

IMG_7449

ふらりと立ち寄ってみました。お昼の時間帯を過ぎていたのでお客様は

お一人様だけ。

IMG_7424   紹興酒(一合)@630を注文。

なぜか、日本の徳利で出てくるとこがすでに・・・・

IMG_7441 IMG_7444

                 焼きギョウザ5個@470

さしあたって、可もなく不可もなく、特筆すべき点は見当たりません。 

これは幸いしているのかもしれません。

IMG_7420 IMG_7421 

壁に貼ってあるおすすめとランチメニューを注文しよう。

IMG_7442

             フカヒレ入りそば@945

麺はストレートで柔らかめ。特別フカヒレ~~といった感じはせず、

醤油らーめんの延長線のような感じです。するすると食べやすいわ。

IMG_7427

        A 豚肉のオイスターソース炒め@750 

スープ・ライス・お新香・アンニンドーフ付き。

けっこうしっかり味がついているので、ご飯が進みます。

IMG_7447 アンニンドーフ

日本人好みの味付けの町の中華屋さん。これと言った特色がないので

残念ながら記憶に残りそうもないですね。

なお、お店の営業時間は11:00~24:00となっているのですが、自由人ですKaeru002 

お客様がひけると、さっさと厨房の明かりを消して、お店はなぜかアイドルタイムに

突入するのでご用心くださいませ。 

やっぱり、本牧町あたりではアイドルタイムありなんだと再認識でした~。

 

興源(こうげん)

〒231-0806  神奈川県横浜市中区本牧町1-35

TEL   045-623-3638

営業時間/ 11:00~24:00

2009年10月 1日 (木)

RIGOLETTO SHORT HILLS (リゴレットショートヒルズ) 中目黒

IMG_7754

こんばんは。みにです

今日は、いきなりカウンター席から始まってしまいました。

中目黒のスパニッシュイタリアン「RIGOLETTO SHORT HILLS
(リゴレットショートヒルズ)です。

写真はカッチンカチンやぞっ。のハートランド・生ビール@500×2。

お店のRマークの入ったジョッキでいただいています。

IMG_7753

本日は家の近くの仲良しさんと定例会(^-^*)/ 

そのため、私が予約を入れ、中目黒駅からえっちらほっちらひたすらお店を目指して

歩いてきたのですが、到着後、予約の旨を伝えると、お店の方の不思議そうな顔。

そのうち予約表を持って、「私がお電話を承ったのですが、確認ミスだと思います。

申し訳ありません。みに様のご予約は明日になっております。」

( Д) ゚ ゚どひゃーーん。「そんなぁ・・・、今日はもういっぱいなんですかっ。

少し待ってもいいですから、何とかなりませんかぁっ(T△T)」 

友人と顔を見合わせ半べそ状態。 

なんせ、ここしか、行くアテをつけてないのですから大問題です。

「生憎いまのところ・・・」のお答えの他に、別のスタッフの方が

「カウンター席を空けますので、しばらくそちらでお待ちください。」とのこと。

先頃、恵比寿で久しぶりの友人と一杯飲るときも、はじめからミソがついたので

ここもかっ!と思いきや、きちんとした応対に一安心。

こうして、ビールを飲みながら一騒動によるドキドキを沈めておりました。

IMG_7811

間もなく「みに様、本日は大変失礼しました。お席のご用意ができましたので

こちらへどうぞ。」とテラス席に案内していただけました。

スタイリッシュで雰囲気もあるわ。友人と先ほどまでブウブウ言ってたのですが

とたんに、にんまり笑顔がこぼれました。

この時期まだ寒くないので、2人用のテーブル席ですがここで十分。

荷物はかごを持ってきてくださるので、そちらに入れて足元に置きました。

さあ、これで腰を据えて飲み食いできるわ。 

IMG_7794

テラス席の壁に「店舗周辺は住宅地になっております。近隣住民の方の

ご迷惑になりますので、テラスのご利用はお静かにお願いいたします。」

と紙が貼られていました。わかります。お酒が入るとつい声高で話が

はずんでしまいますものね。注意注意。

この付近は中目黒駅周辺の喧騒からも離れているのでとても静か。

大昔ですが、一時期、私は恵比寿南3丁目に住んでおりました。

少しだけ土地勘はあるのです。

お店へは、中目黒駅からだと駒沢通りを槍が崎の交差点に向かい上ります。

途中地下道がありますので、降りて右折すればすぐに一軒家の同店が

目につきます。(もちろん別の行き方もありますが・・・)

このテラス席には、ワンコ連れのお客様も入れるようになっています。

IMG_7757

明るい1階店内と比較すると、テラス席は暗めです。

まずは、バーニャカウダ。Lサイズもあるのですが、私達は2人なのでSで十分。

IMG_7764   

           農家直送!バーニャカウダ@850

イタリア北部、ピエモンテ州の伝統料理です。

盛りだくさんの野菜は健康そのもの。

バーニャカウダは専用のポットで出されました。

固形燃料などで温めながら、熱々のディップに浸していただきます。

スタッフの方にお聞きしたところチーズは「ブルサン」を使用しているとのこと。

クリーミーで滑らかな口当たり、アンチョビやニンニクは少なめ。

癖をおさえたライトなディップです。それゆえに、人によってはパンチが足りない

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

IMG_7772  IMG_7763

             ガーリックトースト@300

ダイナミックに出していただけます。

ガーリック抜き(バタートーストまたは、プレーンブレッド)も承ります。とのことですが

やはり一番注文が出るのはガーリックトーストだそうです。

IMG_7787 IMG_7790

        インフィニタス カベルネソーヴィニョン(SPAIN)@2500

「華やかなベリーの香り、程よい酸と渋みのバランスの良いしっかりとした味.。」

お店にはこのように2500円均一のワインリストがあります。

私のような酒飲みには嬉しいお店。 ヨロコビW01 その1

もちろん素晴らしいお値段のするワインも豊富にあり、価格の幅が広いのが魅力。

IMG_7760

さらに、500円均一のタパスも取り揃えられています。ヨロコビW01 その2

IMG_7759

友人はモツ系が苦手と言うことなので、無難なところで選びますか。

IMG_7783

         Ajillo of Shirimp 小海老のアヒージョ@500

「小海老を熱々のガーリックオイルで!シンプルな美味しさ」

辛ウマです。残ったガーリックオイルは先ほどのガーリックトーストに

ごっそりつけましょう。 もうちょっと小海老の量が多いと嬉しいのですが~~。

IMG_7780

テーブルが狭いので、これだけで満員御礼。 つめてつめてーー。

IMG_7802IMG_7808

      モンテプルチアーノ ダブルッツォ(ITALY)@2500

「やさしい酸と柔らかなタンニン、赤いフルーツの豊かな香り。」

やった~。おしゃべりに花が咲いて、2本目に突入です。

こちらは文字通りフルーティな味で飲みやすいものでした。

IMG_7828

                   Margherita マルゲリータ(6inch)@900

バジル・モッツァレラ・トマトソース。

ピッツァは6インチと10インチから選べ、10インチはハーフ&ハーフに出来ます。

こちらマルゲリータは10インチになると@1400になります。                                    

いまどきは宅配ピザも驚くほど高いのに、安いっ。。

薪窯で焼きあげたナポリピッツァは、本格的で焦げ目も香ばしくいただけました。

 

同店は中目黒以外にも銀座や六本木などにも店舗を展開しているそうです。

個人的な感想としては、お料理の味自体は特に秀でるものは感じないのですが

リーズナブルなお値段に、店の雰囲気と接客の良さを含め、総合的には

気軽に足を運べる使い勝手の良いお店ではないかと思います。

 

さて、お会計ですが、2人で、上記お料理とお酒で、合計8550円なり~。

お会計時に、良し悪しが決まるとも申します。

ワイン2本飲んでますからね~。CPは高いですな~。 好印象。

ちなみにお店は、カードでのお支払いも可です。 

 

RIGOLETTO SHORT HILLS (リゴレットショートヒルズ)

〒153-0061 東京都目黒区中目黒1-2-13

TEL  03-5773-1241

営業時間/  月~土 11:30~04:00(L.O.03:15)  日 11:30~23:00(L.O.22:15)

定休日/   無休 

http://www.rigoletto.jp/

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »