2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

成就院 極楽寺~

6月最後の土曜日、お天気に恵まれました。

そういえば、紫陽花見てなかったね。見頃は過ぎてしまったようだけど

鎌倉で一箇所だけ行っておこうかな~。寄りたいところもあるし。

IMG_2930

成就院です。 JR鎌倉駅から江ノ電に乗り、極楽寺駅で下車。

鎌倉は、紫陽花見物ができる寺院が多く、時期には観光客でいっぱいになります。

有名どころでは、あじさい寺とも呼ばれる「明月院」。 こちらは、拝観料がかかります。

1

しかし、成就院無料で~す(≧∇≦)

成就院は、真言宗京都嵯峨御流大覚寺派の寺院。本尊は縁結び不動明王です。

2

みには、この参道に咲く紫陽花がお気に入り。

紫陽花の株の数は、般若心経の文字数と同じ、262株とのこと。

108段の階段を上ると、由比ガ浜の海岸を、視界におさめることができるのです。

3

紫陽花と海。なんとも清々しい景色です。

4

由比ガ浜まで、来てみました。由比ガ浜の海開きは、明日、6月28日から。

6

海の家は、まだできてないところが多かったです。。工事中。

しかし、私の定宿?は準備万全♪ 海開きを待つばかりの状態でした。

仕込みやサマーベットの手入れに来ていた海の家の、おかあさんと姉さんと、

軽くおしゃべり。  明日には、明けましておめでとうございます だね。

今年も、夏がこようとしています。

2009年6月29日 (月)

奇珍 山手

横浜、買い物がてら、山手に母と中華ソバを食べに行きました。

奇珍」、古くからある町の中華屋さんです。こちらへは、山手駅からの徒歩が

一番わかりやすいのかもしれません。

私達は、石川町駅で下車して、元町トンネルを抜けて向かいました。

IMG_2786

中華街から外れているのですが、人気店です。

扉を開けると、レトロな雰囲気が漂っています。ホールのおばちゃん達も

渡る世間は鬼ばかりばりに白衣を着用。

突然、タイムスリップしたような不思議な感覚に陥ります。

IMG_2758 IMG_2763

まずは、生ビールシュウマイ一皿@450を注文。

IMG_2764 

素朴なシュウマイです。昔懐かしさを感じさせる甘めのシュウマイ。

お皿にごろん。そっけなさが似合っています。

シュウマイは、お土産で持ち帰られるお客様も多いようです。

IMG_2768 IMG_2767

メニューの一部です。お店の人気の麺と、看板とも言える麺を注文しましょう。

IMG_2770

           海老ワンタンメン@1100

人気麺からは、海老ワンタンメン。ぷりっぷりの海老と肉ワンタンに具沢山の

野菜がふんだんに入っています。

IMG_2775  かなりのボリューム。

麺は、自家製麺。そうめん並みに細くストレートで、柔らかい。

醤油ベースなのですが、少し生姜がきいて甘めのスープです。 

IMG_2781

            竹ノ子ソバ@700

奇珍の看板!超極太のメンマ。甘く煮付けられています。

この超極太のメンマが、ごろごろ10本ぐらい入っているんです。

ざくざくと粗く切られたネギが、とても嬉しい。

IMG_2784 なかなか減らぬメンマ。

麺は同じです。インパクトはあるんですが、メンマは途中で飽きてギブアップ。

 

個人的な感想ですが、好みのスープではありませんでした。

甘すぎるメンマもしつこすぎて、こんなには食べれない。

スープは、化学調味料の味が感じられました。 べたつく。

先ほどの海老ワンタンメンは、野菜や海老の旨味もスープに入るので

いただきやすかったのですが、竹ノ子ソバは逃れようがない感じです。 

シュウマイも含めて考えると、全体を通して甘めの味付け。

 

ところが、母は大喜び。母の世代は味の素も全盛でしたから違和感がない様子。 

柔らかい麺も、味付けも、母にとって、懐かしさを覚える味なのでしょう。

オールディーズだね。おっかさん。 まぁ、それなら私も満足だわ。 

 

地元のお客様も多く来店されていて、食べきれなかったお料理は、お土産に

してもらっていました。 地球環境のためにも優しく賢いライフスタイルですね。

 

奇珍(きちん)

〒231-0849  神奈川県横浜市中区麦田町2-44

TEL       045-641-4994

営業時間/ 月~土 11:30~15:00  17:00~21:00

         日・祝  11:30~21:00

定休日    木曜日

2009年6月28日 (日)

競馬の話 宝塚記念G1結果

宝塚記念G1、結果は・・・

1着 ○   9   ドリームジャーニー  (単2人気)
2着 ◎  8    サクラメガワンダー(単3人気)   
3着 ◎ 11  ディープスカイ   (単1人気)    

いてっ!いててててっ。

私は、◎印を1着固定なので、具合悪い負け方をしてます。

サクラメガワンダーorディープスカイ 、どちらかが1着ならば・・・。

なんで、ドリームでしゃばるんだよぉぉ。 

つーことで、旅立ちの時がやってきたようです。。。 

配当は3連単10630円でした(TωT)ノ~~~ 

競馬の話 宝塚記念G1

6月28日(日)は、阪神競馬場で宝塚記念G1が開催されるのです。

予想は・・・

◎  8    サクラメガワンダー、11 ディープスカイ、
○   9   ドリームジャーニー
▲   3   スマートギア
△   7    アルナスライン、14 カンパニー、

ラスイチ、宝塚。 力技で参りますっ! 

    3連単 軸2頭のフォーメーション。 結果が楽しみなのです。  

当たるといいなぁ~。  当てようよ~(^▽^;)

Kasik(カシュク) 麻布十番

お一人ランチは、麻布十番「Kasik」。

お昼の時間帯、店の前を通りかかったんで入ってみました。

以前から店先に、ランチカレーの看板を出しているので来てみたかったのです。

IMG_2483 

店内は、こぢんまりとしてます。テーブル席もありますが、お一人様はカウンター席へ。

1種類のカレーだと@880ですが、せっかくだからフンパツしましょう。

2種類の具を選べるコンビネーションカレー@1100(サラダ、自家製ヨーグルト付)

を注文することにしました。

<メニュー>お好みの①~④をそれぞれお選びください。

① 具

 ・じっくり煮込んだビーフカレー ・ちょっぴりスパイシーベーコン
 ・とろけるゴーダチーズ  ・季節の野菜 ・ぷりっとした海老
 ・カリっと焼いたチキン

② トッピング

 ・ナッツ ・キャベツ ・チーズ ・オニオンチップ ・レーズン ・マッシュルーム
   (2つめ以降は各50円増し)

③ 辛さ

 ・甘口 ・ちょい甘 ・中辛 ・ちょい辛 ・辛口

④ ライスサイズ

 ・少なめ ・普通 ・大盛り

IMG_2466

              セットのサラダ

あらびき胡椒がきいた、美味しいドレッシングでサラダをいただきました。

ここまでは、心穏やかに平和であります。

IMG_2472

具をじっくり煮込んだビーフ(左側)ととろけるゴーダチーズ(右側)、

トッピングはオニオンチップ、辛さはちょい辛、ライスは普通でお願いしました。

 

え・・・・・想像していたものとちがう。

一口食べても、全然違う。さらっとしたカレーも好きなのですが、なんというか、

出汁はどうなってるの? カレーに旨みが感じられない。塩分だけが口に残ります。

米もイマイチなんだけど・・・。 眉間に縦ジワです。

 

メニューに書かれていた文章によると・・・。

「トルコ料理にカレーはありません。トルコ料理と欧風カレーをひとつにしてみたら

こんな風になりました。東地中海は色んなものが交じり合う地域。遊び心で

召し上がってみてください。」

ひょえ~~(~ヘ~;) ガチで食ってるんですけどーーっ。

 

頑張って全部食べましたが、個人的に望むカレーでありませんでした。

ちょい辛でも甘めです。のちに妙な○ップが(*゚~゚*) 

IMG_2477 自家製ヨーグルト

カスピ海ヨーグルトのような舌触り。フルーツジャムで甘さをプラスしています。

 

会計を支払うときに、1100円がものすごく高く感じてしまいました。 

 

並びには、釜で炊いた飯を食べさせてくれる和食屋さんがあったのですが

やってもうたーーー。 私は、カレーのひきが悪いようです。

 

しかしながら、某グルメサイトでは、まずまずの評価を受けてますので

我こそはという方がいれば、お試しになるのもありなのではと思います。

 

エフェス(トルコでメジャーなビール)もあり、夜にはケバブなども置いてあります。

 

Kasik(カシュク)

〒106-0045  東京都港区麻布十番1-9-9

TEL   03-3582-0557

営業時間/ 11:30-14:00  18:00-22:00

定休日    土曜日

2009年6月27日 (土)

橙家 赤坂

某日、赤坂で午後より講習会。 

お店を調べて楽しい赤坂ランチ~~の時間もなかったので

赤坂見附の駅ビル、ベルビー赤坂9Fの「橙家」でランチを済ませることにしました。

ん十年も前の話ですが、ここにはサントリー系列の美味しい和食屋さんが

入っており、海鮮鍋が絶品だったのですが、時は流れるものですね~。

IMG_1956 IMG_1988   

現在はお洒落なダイニング、総席数170席をほこりますから、かなりの広さ。

最大100名様までの個室や掘り炬燵個室も用意されているので多目的に使えます。

ジャズの流れる店内。通路の照明はかなり暗めです。

各テーブルの間隔もゆったりととられていますので、落ち着いて食事が取れそうです。

IMG_1963

ランチメニューから伊達地鶏の炭火焼き御膳@1400を注文しました。

かなりのボリュームです。 こんなに食べれるのか~~。

IMG_1976

            伊達地鶏の炭火焼き 

キャベツとつくね、柚子胡椒が添えられています。

まずまず、鶏は香ばしく焼きあがっています。柚子胡椒でぴりっといただくのは

大好きな食べ方です。

IMG_1977 IMG_1971

鶏チャーシュー?と味付もやし(左)温泉玉子(右)

鶏がパサつき気味です。鶏ではなくサラダにしていただけたら

膳のバランスが取れると思うのですが・・・。 

温泉玉子は、つくねに使うのもよし、ご飯にのせるもよしですね。

IMG_1981 IMG_1980

玉子豆腐と冷奴(左)小鉢とつぼ漬け(右)

右の小鉢の煮物?たぶん鶏なんですが少々香りがきつい。放棄。

IMG_1986 デザートに一口ミルクプリン。

あま~い。 甘さだけが前面にでたデザートですわっ。ぶるっ。 

これは、完全にオマケ感がしちゃうな~。

IMG_1962 

御膳又はコース注文のお客様に限り、珈琲と紅茶は200円で注文できる

というので追加しました。

アイスコーヒーです。 程よい苦味が食後に美味しい。 

 

お店のゆったりとしたスペースは良いのですが、やっぱり居酒屋ダイニングの

域から脱していないといった感じが強かったです。

 

御膳も、メインの伊達地鶏の炭火焼きが引き立つように、他は食材を変えて

いただいて、食材と味つけのメリハリがほしいな~というのが感想でした。

ランチメニューには、本日の一夜干し御膳@1500もありましたので

そちらに期待したいところですね。  

 

さて、お腹がいっぱいなので、講習会は睡魔との闘いになるでしょう~~。 

 

橙家(だいだいや)

〒107-0052 東京都港区赤坂3-1-6 ベルビー赤坂9F 901

TEL   03-3588-5087

営業時間/月~日 11:30~15:00(L.O.14:00) 月~金 17:00~24:00(L.O.23:00) 

       土・日・祝 17:00~23:00(L.O.22:00) 

定休日   年中無休

2009年6月26日 (金)

二丘 白金高輪

お一人ランチは、白金高輪の「二丘」 

魚藍坂交差点近く、有名な「メゾンカイザー」隣の雑居ビルに入っている

手打ちそばのお店です。

IMG_2464 IMG_2462

時間は遅い14時の入店。お客様もまばらで、奥の4人掛けのテーブル席に着席です。

IMG_2439 IMG_2441

メニューの一部です。 特別にランチのメニューはないようです??

 

冷たいそばから、ぶっかけそば(辛味大根おろし・山菜・海苔・揚玉をのせたそば)を

注文しましょう。 トッピングとして、温泉玉子1個100円たれ無し があります。

ぶっかけそば、温かいそばなどのトッピングにどうぞとの事ですが、今回は

トッピングなしで、お願いします。 なお、大盛りは300円増しになります。

IMG_2434 IMG_2442

注文を通すと、まずは、そば汁、薬味(わさび、ねぎ)が準備されます。

箸は、使い捨ての割り箸ではありません。 これもエコかしら~(*^m^)

IMG_2456

            ぶっかけそば@1000

そば汁をぶっかけました。 汁はどちらかというと、やや甘め。

揚玉はサクサクとした食感、カラッと揚がっています。

山菜煮の味付けもよく、辛味大根でぴりりとひきしまります。

そばは、細くコシがあり、喉越しの良さは感じられますが、薬味のわさびの風味は、

少し飛んでいるようでした。

IMG_2451 そば湯です。

残念ながら、とろみが少なく、香りも甘みも薄い。

個人的に好みのそば湯ではありません。何やら湯を飲んでいるかのように、

物足りなさを感じてしまいますね~。

 

ホールスタッフさんは、神経質なくらいに、お茶を一口飲むたびに

継ぎ足しにきてくれます。ちょっと過剰じゃないかしら~。落ち着かないよ。

 

食事を終えたあとの感想としては、悪くはないんですが、そばもそば汁も

秀でたものがないように思えてしまいます。

かゆい背中に、手が届きそうで届かない、妙な不完全燃焼にジレンマ状態。 

 

おつまみのメニューもあります。

IMG_2437

板わさ、玉子焼きなど、そば屋の一品メニューが、主流となっています。

ふと、気がつくと、こちらのお店も琴の音のBGMが流れていました。

 

二 丘

〒108-0074   東京都港区高輪1-4-21 高輪西台マンション2階

TEL  03-3441-1132

営業時間/ 月~金 昼の部11:30~15:00  夜の部17:30~21:00(L.O.20:30)

           土 昼の部11:30~15:00   夜の部17:30~20:00(L.O.19:30)

                  祝祭日は昼の部のみ営業

定休日   日曜日・第2土曜日

2009年6月25日 (木)

チェゴヤ 蒲田

チビーズを連れて、夕ご飯を食べに行こう。 

IMG_2428 

蒲田「チェゴヤ」韓国家庭料理のお店に行ってみました。

IMG_2370 IMG_2375

生ビール(中ジョッキ)@500 キリン生搾りです。

お通しは、湯通ししたもやしを、軽くゴマ油で味を整えたものです。

シャキシャキ。簡単な和え物ですが、単純に美味しい。

IMG_2381 IMG_2376

一般的に、韓国では箸とスプーンは金属製のものを使用。エコかな(*^m^) 

まずは、注文したチヂミのタレが運ばれてきました。

IMG_2390

          カキ焼き海鮮チヂミ@2400

これは、「どっちの料理ショー」で紹介されたチェゴヤの名物料理。

新鮮な牡蠣を使用した大判チヂミです。いいお値段はしますが、ボリュームも

たっぷりです。 生地にタマゴが使われているのでしょう。

テーブルに運ばれてきたときに、ものすごく良い香りがしました。

IMG_2393  ぷりっぷりのカキ。

他には、海老、イカ、あさり、ニラ、ネギ、人参、赤ピーマンなど。

ほんわり焼かれています。時期ではない、といえども、カキからはミルキーなエキスが

じゅわ~っと口の中に広がります。 先ほどのチヂミのタレがまた美味い。

ピリっと唐辛子もきいているのですが、深みのある味です。

IMG_2405

        スンドゥブチゲ(ライス付)@900

「チェゴヤで一番人気の絹ごし豆腐のチゲ。豆腐の食感が最高です。」

とメニューに書かれていました。

絹ごし豆腐の食感はもちろん、スープがとってもイケル。

一口飲むと、喉もとにきいて、胃にもきく。

しかし、コレだけの色をしていますが、タマネギ、あさり(殻つき)も入って、

ただ辛いだけではなく、まろやかで旨みがたっぷりなのです。奥深い。

IMG_2417 IMG_2412

絹ごし豆腐は、口当たり滑らかでプルルンとしています。

最後は、このスンドゥブチゲの中に、ライスを投入。そっと落とされた卵も

崩しちゃいましょう。くれぐれも卵が熱で完熟にならないうちに作業遂行です。

アツ辛ハフハフっ。

チビーズも召し上がれ。 あっ、組体操でスンドゥブチゲに挑んでるね。

気をつけて。落こっちゃったら、まっ赤々になっちゃうよーー。

IMG_2399 IMG_2426

(チビーズ)みに、お店のポスターによるとね。スンドゥブチゲは・・・。

「野菜、ニンニク、唐辛子ベースの薬味を加え豆腐と他の具材を一緒に入れた

煮込み鍋。あっさりしているのに深さのある味わいがあなたをとりこに。

高タンパク低カロリーで唐辛子のカプサイシンが脂肪を燃焼に効果的」(抜粋)

って書いてあるよ~。 ボク達も、とりこになっちゃった~。

(みに)なるほど~。スープのベースには動物系の出汁も入っているかと思って

いたんだけど、あさりがはいっているとこを見ると、海鮮ベースなのかもね。

(チビーズ)企業秘密デス。

 

さて、お会計ですが2人で、

上記、お料理とお酒(生ビール@500×3、レモンサワー@500×4)で、

合計は7300円なり~。 ほぼ半分は、酒代で~す。

 

チェゴヤ

〒144-0051 東京都大田区西蒲田8-1-10 宮内ビル1F

TEL   03-5711-0178

営業時間/ 11:00~23:30(L.O.23:00) 

定休日    年中無休

2009年6月24日 (水)

甬江(よんじゃん) 日本橋

お一人ランチです。ついに冷やし中華を食べるよ~Aicon339 

Morさんが召し上がっていた冷やし中華に一目惚れ。

やっと、自分にも、日本橋行きのチャンスが回ってきました~。 

 

お店は、「維新號 甬江」(いしんごう  よんじゃん)です。

こちらへは、日本橋駅C1出口から、コレド日本橋に入るのが一番便利。

店舗は4Fになります。

IMG_2672 IMG_2675 

開店は11時からになります。お一人ランチは、早めか遅めが狙い目。

開店と同時になだれこんでみました。 

もう、注文するものは、決まってます。冷やしそばくださいっ(゚▽゚*)

IMG_2674 

ソフトジャズの流れる高級感を漂わせる店内、垢抜けた感じです。

窓際の席に通していただけたので、リッチに景色を眺めながらのランチになります。

IMG_2677

           冷やしそば@1890 

「海鮮などの12種類の吟味した食材で仕上げました。2種類のたれで

お召し上がりください。」とメニューに記されています。

これが、ずーーっと食べたかった、トッピングが別皿の五目冷やしそば 

なのであります~。 ん~~。待ちかねたぞよ。ちこう寄れ。

IMG_2683

海老、蟹、ホタテ、チャーシュー、クラゲ、錦糸玉子、蒸し鶏、キュウリ、

しいたけ煮、ミョウガの酢漬け、大葉、海草、水菜。

?1種類多いような・・・まぁ、増えるぶんにはいいかな。

IMG_2686 麺もつやっぽい。

何気に、盛り付けも品の良さがうかがいしれます。

IMG_2687 IMG_2690

胡麻ダレ(左) 濃すぎずマイルドで上品な味わい。お酢も少しきいてます。

醤油ダレ(右) 酢をぐっとおさえ、これもまた上品。

お店の方の説明によると、まずは、お好きなほうで召し上がってみてください。

双方をブレンドしても美味しくいただけますよ、とのこと。

なるほど~。醤油ダレの酢のパンチが弱く感じられるのは、のちのブレンドを

考えているのかもしれませんわ。

IMG_2693

一応、2ブロックに分けて、ちまちま盛り付けてます。 

 

このゴージャスな食材、一つ一つ手間をかけられています。

ぷりっぷりの海老の身も甘く、クラゲのコリコリとした食感も嬉しい。

ホタテを箸で割きながらタレにあえ、麺にからませると、食材と麺との

相思相愛状態です。

見事に、食材が、冷やしそばにマッチし、涼を運んできてくれました。

 

私は、右に醤油ダレを、左に胡麻ダレをかけて一口。

普段は醤油ダレが好きなんですが、こちらのお店は胡麻ダレの方が美味しいです。

そして、ブレンドすると、これもまたウマシ。

 

街の中華屋さんの、酢醤油のきいたタレにカラシを混ぜて食べる冷やし中華も

大好きですが、食材を存分に味わう冷やし中華も素敵ですね~。

 

蒸し暑さを忘れることができる豊かなランチでありました~。

一目惚れの冷やししそばに、余は満足じゃった~のランチでした。

 

維新號 甬江(いしんごう  よんじゃん)

〒103-0027 東京都中央区日本橋1-4-1 コレド日本橋4F

TEL   03-3516-0161

営業時間/ 月~土 11:00~23:00(L.O.22:00) 

         日・祝 11:00~22:00(L.O.21:00) 

定休日    元旦

http://www.weishin.jp/

2009年6月23日 (火)

もん吉 西仲店 月島

もう一軒、月島で寄っていこうか~。

なかなかこっち方面に来る機会がないから、もんじゃ行ってみよう。

IMG_2596  IMG_2599

あてはないのですが、月島西仲通り商店街はもんじゃストリートと呼ばれるほどに

もんじゃのお店が沢山あります。 

せっかくなら風情のある裏路地のお店がいいなぁ~。

生憎、ピークの時間帯なのかコレと思ったお店はいっぱいです。

IMG_2600

少し待てば入れますよということで、足を止めたのが「もん吉 西仲店」でした。

IMG_2609

みには、正月に浅草でもんじゃを食べる以外、普段は馴染みがありません。

連れも、もんじゃはさっぱりわからないので、何を注文してよいやら迷ってしまいます。

明太もちがいいよ。 前、浅草で食べたとき美味しかったもん。

ここでも、トッピング人気もんじゃ第2位だよっ。 少ない、もんじゃ経験を

ふりしぼり、私の仕切りで注文が決まりました。 イエ~イ。

IMG_2602

             明太もちもんじゃ

戸惑っていたら、お店のおにいさんが、さっさか鉄板にもんじゃを作ってくれました。

白い角切り状のモノがもちでございます。 

鉄板の熱でもちがとろ~りととけて、もんじゃ生地の裏に焦げ目がついてきたとこで

はがし(もんじゃ専用のヘラ)を使って、ハフハフいただくのです。

飲み物はレモンサワー。

 

しかし、観光地価格ですね~。明太もちもんじゃが@1350でした。

もう深追いはや~めたって感じでしょうか。

 

軽くもんじゃの雰囲気を楽しんだあとは、酔いざましと夜景を見に、相生橋から

中の島公園まで夜のお散歩です。

1

水面に反射するあかりがドラマティック。 

残念ながら、少々酒がまわり夜景の美しさを撮れませんでした。

月島あたりは、いろんな表情を持つ街だね~。記憶に刻んでおこう。

 

もん吉 西仲店

〒104-0052   東京都中央区月島3-8-9

TEL   03-3531-2367

営業時間/ 14:00~24:00

定休日    月曜日

http://www.monja.gr.jp/monja/monkichi2/monkichi2.htm

2009年6月22日 (月)

岸田屋 月島

東京三大煮込みを求めて、月島の老舗居酒屋「岸田屋」へAicon339 

17時開店とのことで、30分前に到着しましたが、シャッターの閉まったお店の前には、

もうお客様が2組待ってらっしゃいました。

くーー、これ以上出遅れ?るわけにはいきませんっ。すかさず並びましょう。 

17時きっかりになると、お店のシャッターが開けられ入店できました。

IMG_2577 IMG_2582

一歩足を踏み入れるとそこは、古き良き時代へタイムスリップしたよう。

思わず、素晴らしい。 心の中でそう叫んでいました。

これぞ日本の誇れる居酒屋文化があります。

身震いがするほどの感動を覚えながら、順番にコの字型のカウンター席に着席。 

店内はコの字型のカウンター壁沿いに一列のみカウンターがありますが

開店と同時に、開店時間前に並んでいたお客さまでいっぱいになってしまいました。

IMG_2559   

               煮込み@450

これだよっ、連れさん。 もう直球ド真ん中がきたねっ。

煮込みのビジュアルは、コレでしょう。

ぷりっぷりの脂肪が残った美味しいモツ。この脂肪が舌の上でとろけていきます。

モツのエキスからは甘みがでており、実にまろやかで口当たりがよいのです。

加えて、後味のしつこさがないので、箸が進みますね~。 

Okini02_3激烈うますぎです。 

個人的に、今まで食べた煮込みの中で一番です 

IMG_2563 いろんな部位が入ってます。

辛みにネギと合わせていただくも良し、皿に残った美味いツユも一滴も残すことなく

いただきました。 懐かしさを覚えるような優しい煮込み、さすが三大煮込み 

奥深い美味さを確認することができました。

IMG_2547  IMG_2575

お酒は生ビール@560×2から冷酒生酒 菊正宗300cc@850へ。

IMG_2568 

              あじたたき@550

生姜、大葉、万能ネギがみじん切りになってますが・・・。

ニンニクも微量ですが、みじん切りになって入ってますよ。

丁寧に仕事をしてくださっています。

千葉旅行で食べた、鯵たたきを思い出しました。薬味はみじん切りにして

あえたほうが美味しいですね~。 

ミョウガも、付け合せていただいているのが嬉しいですわ。

IMG_2566 鮮度もよいのです。

これには、冷酒でしょうか~~。 

IMG_2571   

              キンメ煮付@600

お店が開店する前から、煮魚の甘い香りがしてました~。 

食欲を刺激され、入店したら絶対注文しようと思っていた煮魚。

よく煮付られてます。脇には煮付けに一緒に使ったと思われる生姜。

色のわりに醤油の風味も柔らかく、砂糖で甘すぎもせず、キンメからの旨みが上手に

合わさり、加減よく仕上がっています。

IMG_2588

               肉とうふ@600

これも「岸田屋」の看板メニューの一つ 肉とうふ。

大きいとうふの上に関東ネギ、牛スジ肉。和からしがそえてあります。

スジ肉は、しっかり煮込まれており、甘めの味付け。

とうふは、絹を使用しているようですが、煮崩れず滑らか。

牛スジ肉の旨味を吸い込んだ出汁で、周りがいい色になっています。

関東ネギは、直前にあわせて処理してくださるのでしょう。

シャキシャキとした歯ざわりが残っていました。

IMG_2589 すき焼きのような味。

和からしをつけていただくと、味がひきしまりますね~。

 

2番目に並ばれていたお客様と、席がお隣だったので、いつの間にやら

お話をさせていただいてました。 

隣り合ったお客様とも会話ができるのは、こうした居酒屋の魅力ですね。

 

「最初にご注文されていた冷奴、器に氷水がはられていて、見るからに

美味しそうでしたね~。」

「居酒屋に入ると、最初はコレなんだよ~。」

 

たわいないおしゃべりもほどほどに、2番目のお客様は、待ち合わせで先に

店を出られましたが、何故か「亀十のどら焼き」を一つ私達にくださいました。

ありがとうございます~~ヽ(´▽`)/

 

さて、まだ食べたいものがいっぱいなのですが、ここは次回のお楽しみと

いうことで、外でお待ちのお客様に席を空けましょう。

店内のレトロな掛け時計も「ボーンボーン」とキリのいい時間をゆったりと

告げてくれているようです。

老舗の居酒屋に長居は無粋 

IMG_2592

歴史を感じさせる暖簾に「」と一文字シブすぎる~~

岸田屋の暖簾に敬礼~。ご馳走さまでした~。

 

お会計ですが2人で、

上記、お料理とお酒(生ビール@560×2 菊正宗@850×2 レモンサワー×3)で、

合計は約6500円程~。 けっこうハイスピードで飲んでました。 

酒量を抑えれば、一人あたりの予算は2000~2500円くらいでいけるでしょう。

 

老舗「岸田屋」 近くにあったら、こちらも間違いなく足しげく通うお店です。

お店は、月島西仲通り商店街の中にあります。

 

岸田屋

〒104-0052   東京都中央区月島3-15-12

TEL      03-3531-1974

営業時間/ 17:00~21:30(L.O)  

定休日    日祝

2009年6月21日 (日)

競馬の話 マーメイドステークスG3結果

マーメイドステークスG3、結果は・・・

1着     1   コスモプラチナ  (単9人気)
2着 △ 10 ニシノブルームーン(単4人気)
3着 ◎ 16  リトルアマポーラ (単2人気)

配当は3連複18380円でした。 軽く予想だけのつもりが、ついつい買っています。

コスモプラチナ・・・そんなん、よみきれません。 撃沈。

宝塚は良いことが起きますよ~に。

競馬の話 マーメイドステークスG3

6月21日(日)は、阪神競馬場でマーメイドステークスG3が開催されるのです。

予想は・・・

◎ 16    リトルアマポーラ
○   3   ザレマ
▲   7   マイネレーツェル
△   4     レッドアゲート、5   ベッラレイア、10 ニシノブルームーン、

毎度お馴染みの~~。

3連複、軸1頭のながし、などはどうじゃろ~。

かる~~く予想してみました。

護衛艦しらゆき 体験航海

6月13日、知人のツテで、護衛艦「しらゆき」の体験航海に乗艦することができました。

IMG_2507

晴海埠頭からの出航となります。

まずは、乗艦券を引き換えて、手荷物検査をうけます。

IMG_2513  IMG_2520

レインボーブリッジを抜けたあと羽田空港の沖合いを目指していきます。

約2時間の体験航海。
 まずは、艦内を見学させていただいてます。

1 

後方のデッキでは、海上自衛隊の制服を着てみることができるというので

人々で賑わっていました。 どこに向かうにも人がいっぱいデス。

2

風呂場に洗濯場・・・。スペースの狭さにびっくり。

また、食堂ではカンパンと麦茶がサービスでいただけました。

自動販売機もありますので、艦内でも飲み物は購入可能。

 

ひととおり見学したあとは、デッキに借りた毛布を敷いて、のんびり航海を

楽しみましょう。  いやぁ~、薄曇りですが日焼けできそうです。

IMG_2524 IMG_2525

穏やかです。 ビール飲みたくなっちゃうね~~。 ってココにあるわけない。

この間にも、艦内では、さまざまなデモンストレーションが行われています。

3

あっ、ガンダムだぁーーー。 

お台場「潮風公園」にガンダム30周年記念で建てられたガンダム。

高さ18メートル、重さ35トンの原寸大ガンダムに歓喜の声。

海上から見ていても迫力があるわ~。 

夜にはライトアップも行われるそうなので、コレもまた見ごたえがありそうですね。

IMG_2532

お台場、フジテレビです。  そろそろ、退艦の時間になります。

IMG_2535 IMG_2536

艦を岸に寄せるお手伝いに現れたのは「ASAHI」と「AOMI」

おかげで無事に、体験航海を終えることができました(o・ω・)ノ))

 

さて、続きがあります。

IMG_2540

陸上自衛隊の車も見学ができました。

5

みにも、96式装輪装甲車(乗員10人)に乗せていただきましたが、

狭いですーー。  どれも迷彩柄なんですね。

2009年6月20日 (土)

大宝 目黒

目黒お一人ランチです。 センチメンタルジャーニーKaeru002第7弾~。

目黒のとんかつと言えば、「とんき」が有名ですが、今回は「大宝」です。

場所は、目黒駅から権之助坂商店街をくだり右手側。

ここは、ランチに来店、または、たまに会社でお弁当を用意するときに

利用していました。 お弁当より、断然お店でいただく方が美味しいよ~。

本日、お一人様はカウンター席です。 カウンター席の後ろはすぐ壁なので、

ひと一人が、すれすれ通行できるくらいのスペースしかありません。

カウンター内では、注文が入ると、男性の職人さん2人が、分担作業。 

ホールの接客には女性があたられていました。

ランチタイムメニューは、11:30~14:00 まで。(日、祭日を除く)

ロースかつ、ヒレかつ、チキンかつ、メンチかつ各@1050です。

IMG_2356

           ランチロースかつ@1050

粗めの衣は、ふわっと薄付き。ランチロースはお肉の量が少なく思えます。

しかし、柔らかくて、そこそこジューシー。 油だって悪くありません。 

IMG_2357 ちょっと火が入りすぎてしまったかな。

さくっと、かみ締めると甘みの出る肉の旨さ、小ぶりでも幸せ感があります。

このロースかつ、普通では単品で@1250 定食でお願いすると@1450になります。

定食は、お新香、サラダ、味噌汁、ご飯付でライスとキャベツはおかわり自由

となっています。

IMG_2347 

               セットのサラダ 

作り置き感はなく、シャッキリとみずみずしいサラダ。ぽてっと落とされた

マヨネーズも心憎い感じです。

IMG_2351 IMG_2349

この他に、卓上にはドレッシングが2種類あるので、好みで使えます。

お新香は、浅漬けの大根と野沢菜でした。

IMG_2359

味噌汁は、豆腐とねぎ。出汁もちゃ~んととれてます。 

今回カウンター席に、ご来店の男衆と並び、私が写真を写していたところ

「綺麗に撮れたかい?」

「うん、バッチシだよ~。ありがと~。」

カウンター内の職人さんからお声をいただきました。

ちょっと気さくなとんかつ屋さん。長く続いているのはいろんな要素があるから

なのかな~とも思うこの頃なのでした~。

大宝(たいほう)

〒153-0063  東京都目黒区目黒1-6-15

TEL   03-3491-9470

営業時間/ 11:30~15:00  17:00~23:00

定休日    木曜日

http://www.tonkatsu-taihou.jp

2009年6月19日 (金)

ドラゴンボートレース 山下港

ランチのあとは、山下公園へ。 

この日はドラゴンボートレースインターナショナル チャンピオンカップ

行われていました。 タイミングがあうのか、毎年見に来てます。

IMG_2332 IMG_2334

レースは、山下公園前海上で、大さん橋側からスタートして、ゴールである

氷川丸手前まで、3チームが260メートルの直線コースのスピードを競うのです。

IMG_2344

競技定員は1チーム20名編成(こぎ手18名・太鼓1名・舵取り1名)

ドラの音が響き、熱いレースが繰り広げられます。

1

ドラゴンボートは、古代中国で生まれた世界最古の手こぎ船舟の競漕。

龍の頭と尾を持った国際仕様艇が使用されます。

見ごたえ十分、迫力ありますよ~~。

さて、私の応援するチームは、毎年、横浜サーフベイザーズですが・・・。

1_2

山下公園内では、屋台も出ています。生ビールだって飲めますよ~。

 

レースには、関係なく、休日を山下公園の芝で楽しむ方々もたくさんいますが、

ドラゴンボートレースが、開催されているので、公園内はいつも以上に多くの人で

あふれていました。

IMG_2342

山下公園を見下ろすように、ホテルニューグランドとリニューアルされた

横浜マリンタワーが建っています。

2009年6月18日 (木)

ローマステーション 横浜山下町

お天気がいいので、山下町でお魚のグリルでも食べましょうか?

お目当ての店に電話したところ、最近はランチはやっていないとのこと。残念。

じゃ、イタリアンにしよう。

山下公園に近い1963年創業の「ローマステーション」に決定。

IMG_2325

12時入店。窓際の席で軽く白ワインを飲みながら、風を感じようね~。

IMG_2278 ガロ シャルドネ@2950

(カルフォルニア産 辛口)です。 冷やしていただきます。くぅぅ~。

IMG_2270

本日のおすすめメニューのボードになります。

う~ん、魚のグリルはクリームソースかぁ。 ちょっとコレではないわな。

IMG_2271  IMG_2275

普通のメニューの一部です。 サラダがあるっ。 食べようっと。

IMG_2286

本日の魚のカルパッチョ@1050(メジマグロor真鯛)は、メジマグロを選びました。

オリーブオイルとバルサミコソースがベース。良くも悪くも記憶に残りにくい味ですなぁ。

IMG_2301

           イタリアンサラダ@890

こういう、ダイナミックな切り口のサラダはものすごくタイプ。 

説明はあえていらないでしょうね~。

野菜のみずみずしさを、ダイレクトに味わうことが出来ます。

IMG_2296  ボイル海老も入ってます。

バリバリ。 コンビネーションサラダとの違いは、チーズとサラミが入っているか

否かによるものとのことです。50円の差ならとイタリアンにしています。

IMG_2314

   ハマグリのトマトクリームスパゲッティ@1360

ガーリックはきいてますが、トマトクリームソースの仕上げでマイルドになってます。

トマトの酸味を押さえ、まろやかさが引立っているので、多くの人に親しみやすい

優しい味わいのパスタだと思います。

IMG_2317 ガーリックトースト@310

ガーリックトーストには、まるごとフライのガーリックトーストというものもありました。

違いをお聞きしたところ、にんにくを丸ごと揚げているそうです。

それをつぶして自力でパンにぬるそうな。 いやぁ・・・普通でいいです。

 

今回は、本日のおすすめボードメニューから、主にお料理を選んでしまいましたが、

海賊グラタン(シーフード)@1260やオリジナルメニューのビーフシチュー丼

(ビーフシチュー+ナポリタン+ライス)@940 も気になったお料理でした~。

 

さて、お会計ですが2人で、

上記、お料理とお酒のほか、追加は、グラスワインサルトーリ ソアベ

(イタリア ベネト州産辛口)@520で、合計は7700円なり~。

こちらのお店はカード不可。現金会計になります。

 

チビーズ、中華ばっかりだと、生野菜取れないからね。シコタマお食べ。

IMG_2293  IMG_2316

もぐもぐ、バランスよく食べるよ~。美容にも気をつけなくちゃ。

IMG_2321でも、パン大好き~。

 

ローマステーション

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町26

TEL  045-681-1818

営業時間/  月~金 11:30~22:30(L.O.21:30) 土 12:00~22:30(L.O.21:30) 

        日・祝 12:00~22:00(L.O.21:00) 

定休日/ 無休

http://www.romastatione.com/

2009年6月17日 (水)

Blue Light Bar スターホテル横浜

スターホテル横浜 2FのBlue Light Bar に寄りました。

というより、今夜はここに宿を取っているので、ワンドリンクサービス券を

いただいてます。 これは、使わないと・・・ 

 

こちらは、サザンの「LOVE AFFAIR ~秘密のデート~」に登場するBar。

                             (注意!音がでます~)

「ボーリング場でカッコつけて ブルーライトバーで泣き濡れて
ハーバービューの部屋で抱きしめ また口づけた」  

IMG_2265

こぢんまりとしながら、歴史を感じさせるBarは、しっとりと大人の時間を

過ごせそうYahho01

 

ピアノライブが入ります。通常はミュージックチャージがかかるのですが

宿泊客は、ワンドリンクとこのミュージックチャージは無料

(宿泊プランによるものかもしれませんが・・・)

IMG_2267 IMG_2269

私達は、スコッチをロックで。う~~~ん、オトナ。

本日はピアノ&サックスのライブ。心地よくジャズを楽しむことができました。

IMG_2213

港側の部屋を取っています。部屋の窓からは、山下公園の氷川丸を正面に

望めました。

スターホテルの道を隔てた隣は「ホテルニューグランド」になります。

 

Blue Light Bar(ブルーライトバー)

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町11 スターホテル横浜2F

TEL     045-651-3111

営業時間/ 月~木・日 17:00~23:30  金・土 17:00~02:00

定休日/  無休

2009年6月16日 (火)

東光飯店 本店 横浜中華街

夕食を食べに、中華街に繰り出すことにしましたAicon339 

新しいお店も気になるのですが、野球チケットを手配してくれた、連れが

まだ行ってないお店にしようと思います。

IMG_2206

東光飯店」再び~ですが、前回は香港路の別館でしたが、 こちらは本館の

方になります。 中華街は全体的にみて、早めに終わってしまうお店が多い中、

東光飯店本館は、24時まで営業されているので、ゆっくり食事とお酒が

楽しめるのです。

IMG_2214 

さぁ!参るぞっ。 連れに、オススメのあんかけチャーハンを食べてもらおうっ。

IMG_2219 

まずは、キリン瓶ビール@525

1_3

メニューの一部を写しておきました。アラカルトで頼むから小でよいね。

IMG_2221  紹興酒 3年もの@2310 

IMG_2231

                   海老のチリソース@1890

ぷりっぷりの海老がゴロゴロ入っています。

チリソースは、ケチャップが用いられ、ほのかに甘いのですが、ザクザクねぎの

程よい辛みを加えることにより、バランスの良い味わいに仕上がっています。 

どこか家庭的で、安心できる優しい味です。

IMG_2237

                 餃子@735

余分な水分を飛ばして、焼き面の皮がカラッと仕上がってます。

そして、生地はもっちり、中はしっとり、具材の旨みがぎゅーっと出ています。

IMG_2244 具材たっぷり。

ニラ、肉、ネギ、海老。そういえば、昼も餃子を食べたんだけど。。。

ソレとは全然違うのです。ニンニクもキツクないので、1個のボリュームは

ありますが、妙な胸焼けがおこることはありません。(個人的な感想ですが・・・)

IMG_2247

             東光チャーハン@1050

東光飯店オリジナル。人気のあんかけチャーハン。

エビ、わけぎ、干しシイタケ、セロリ、人参、タケノコ、子柱、鶏肉と具沢山のあんかけ。

食感も豊かで、旨みも濃厚。 つまみにもなるし、連れも大満足でした~。

IMG_2253 

           空芯菜(くうしんさい)@1470

緑鮮やかな空芯菜。人によっては、多少、クセを感じるかもしれませんが、

シャキシャキとした歯ざわりが軽やかで、栄養価が高く、食物繊維もたっぷりです。

IMG_2256 

味付けもシンプルにニンニクと塩ベースで。ニンニクはみじん切りではなく

叩いて、使われています。

 

チビーズも食べてるね。どう?

IMG_2239 IMG_2245

(チビーズ)お店のおばちゃん。とっても感じいいね。さっきご挨拶しちゃったよ。

テーブルには、予め取り皿が重ねられてるけど、お皿どんどん補充してくれる

から、いつお料理がきても、安心だね~。

IMG_2251あんかけチャーハンだっ。

ん、たんと食べなされ。次回は、北京チャンポン(辛口そば)食べようね。

Img_2246_4

 

そうこうしている間に、中華街の夜も更けました。 

IMG_2215

さて、お会計ですが2人で、

上記お料理とお酒で、合計は7980円なり~。

お店は、カード不可、本館も別館同様、現金会計のみになっています。

横浜中華街満足度数は変わらず、★★★★ 積極的に好きです。 

 

東光飯店 本館

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町202

TEL           045-681-4617

営業時間/ 月~日 11:30~24:00(L.O.23:30) 

定休日/ 年中無休

2009年6月15日 (月)

揚州商人 横浜スタジアム前

野球観戦の前に、「揚州商人」横浜スタジアム前店でラーメン

を食べました。 目と鼻の先には中華街があるのに、揚州商人は果敢に

こちらにも店舗を展開しています。

IMG_2141 

外観の鮮やかな色彩は、やはり人目をひきます。

IMG_2144

店内は、独特なレトロな雰囲気。

中国の路地裏にある食堂のようにも感じられます。

1_2

メニューから注文する一部を写しました。

すぐにお出しできます、ってかっ。 ビールも一杯ぐらいは飲みたいし。

IMG_2152 

                餃子(6個)@350

つまみに注文しました。 ボリュームはたっぷりですが、

お味はというと・・・・皮はべとべと・・・350円なりのものです。

早い安い、ビールのお供。あえて、これ以上のコメントはありません。

IMG_2156 

     生ビールジョッキ@530×2 

うっめ~。これさえあれば今の私は、多少のことなどよいわ~。

IMG_2163

             醤油ワンタン麺@840

柳麺で注文。具は肉ワンタン、煮玉子、ほうれん草、メンマ、ネギ。

スープが少ないというか、のびきっているような感じ。。。

写真を写している間にではありません。これは運ばれてきた最初の状態です。

私は、揚州商人の昔懐かしい醤油ラーメンが大好きでした。

が、、、店舗が違うせいでしょうか?化学調味料が強く感じられる上に、

のびた麺が食べてる間にどんどんスープを吸い込みふくらんできます。

ワンタンが乾燥していくーーーー

IMG_2173 勘弁してくれや~。

煮玉子は、ちょうど良い味です。これが救いでしょうか。

IMG_2166

             揚州濃厚らーめん@840

手間暇かけた自信作 揚州商人の「濃厚塩スープ」とのこと。

挽肉は鶏?しいたけ、ねぎ、タケノコのみじん切り。

柳麺で注文。スープはたしかに濃厚で、かつ丸みがあって柔らかい味。

あの「うまかっちゃん」に似てる感じがしました。

IMG_2169 これならイケる。

さくさくっと食べて揚州商人を後にしました。

凝ったメニューがどんどん増えて、もうあの懐かしい澄んださっぱり醤油ラーメン

には出会うことができないだろうな~としみじみ思ってしまいました。

揚州商人から卒業の時期ですね。

 

揚州商人 横浜スタジアム前店

〒233-0000 横浜市中区山下町194 外丸ビルディング1F

TEL   045-212-0288

営業時間/11:00~翌4:00

定休日    年中無休

http://www.whistle-miyoshi.co.jp/yousyuu/

2009年6月14日 (日)

横浜スタジアム 横浜×西武

6月6日土曜日、横浜スタジアムのデーゲームを観戦しに行きました。

2009年日本生命セ・パ交流戦 横浜ベイスターズ×埼玉西武ライオンズ

前日は、雨のために、中止となったんですが、お天気の回復が遅れ、時たま

ポツリポツリと雨の降る中、デーゲームは行われましたぁ。

試合開始時間は14:00。

まずは、正しく盛り上がるために、応援グッズを買わないといけないね。 

1_2

私は、ご贔屓の球団はないのですが、ここは横浜スタジアム。 

にわかベイスターズファンになりましょう。

横目におつまみを見ながら、応援Vメガホンをご購入~。

1_3

席は、内野指定A1塁側(4000円)12通路の34段、46番のバックネット裏。

なかなか良い席だったのでチビーズも観戦です。

って、1回表、西武ライオンズの攻撃からガンガン打たれて4-0に。 

チビーズが悲鳴をあげていますっ。

1_4

交流戦とあって、レオ君と写真には写せませんでしたが、ライナちゃんも

来てました。 レオ君のバク転、すっげ~~。・・・目を奪われました。

 

生ビールを飲みながら観戦。

試合は8回裏に、横浜ベイスターズが4点を入れて8-7の一点差になるも

あっさり9回表に、西武ライオンズに4点がはいり12-7に・・・・。。。

ここで、反撃の芽を断たれたか9回裏の横浜ベイスターズは3人で攻撃終了。

試合の結果は12-7で西武ライオンズでした~~。  

 

んーーー、にわかベイスターズファンでは応援は届かなかったかぁ~。

でも、やっぱり球場でみる野球は、迫力があっていいですね~。

また機会を作って、スポーツ観戦はしたいなぁと思いました~。

 

競馬の話 エプソムカップG3結果

エプソムカップG3、結果は・・・

1着 ◎  8    シンゲン  (単2人気)
2着 ○  12  ヒカルオオゾラ (単1人気)
3着 △ 11 キャプテンベガ  (単3人気)

配当は3連複890円でした。  予想とおりクルにはキタか~。

しかし、890円~~。 オオモノを当てたいよね~。

競馬の話 エプソムカップG3

6月14日(日)は、東京競馬場でエプソムカップG3が開催されるのです。

予想は・・・

◎  8    シンゲン
○  12  ヒカルオオゾラ
▲   3   ライムキャンディ
△   2    マストビートゥルー、6   ニルヴァーナ、11 キャプテンベガ、

G3にも手を出すつもりかっ。 

3連複、軸1頭のながし、などはどうじゃろ~。

かる~~く予想してみました。 イメトレ中です。  

2009年6月13日 (土)

山利喜 森下

かねてから行きたかった森下の老舗居酒屋「山利喜Aicon339 

やっと、チャンスがまわってきました~。 念願の森下駅に到着。

IMG_1990   

山利喜新館へはA4出口を出たら左へ、交差点をまた左折直進。

お店は、この清澄通りに面しています。徒歩2分くらいでしょうか。

IMG_1998 IMG_1996

到着しました~。本館は新築工事中のため、新館(3階建て)で17時に予約を

入れてあります。(予約席は2階、3階。18時までに入店に限るとのこと)

10分ほど前に到着。まだお店は開いていません。

しかし、平日だというのに、お店の前には、もうお客様が1組待ってらっしゃいました。

予約だから並ばなくてもいいんでしょうが、そこは気がせくのか?

並んでしまうのよね~。

IMG_1999

予約の、私達は2階へ。なんだかいい感じの雰囲気がぷんぷんするわい。

IMG_2000 IMG_2008

壁には、メニューがそこかしこに貼られています。見ているだけでも、ワクワク。 

お通しは、いかなごのくぎ煮@250 ぴりりと山椒がきいています。

IMG_2002 まずは、生ビール

中ジョッキ@550×2    うめ~~~っ、待ちかねていたぞよっ。

 

連れが「山利喜」のおすすめを予習しておいてくれました。

最初のオーダーは予習メモに従ってお願いしていきます。

山利喜定番を、3連発します。

IMG_2015

          1 煮込み玉子入り@630

東京三大煮込みと称される山利喜の看板メニュー 

ぷりっぷりの脂肪が残ってます。これは良いモツですね~。

煮込みの過程で、八丁味噌、ワイン、ブーケガルニを使っているらしいのですが

濃厚でありながら、後味はくどくならずに、品の良さがでています。

シチューに近い感じですね。モツをほうばると、とろんとろ~ん。 

このままでも十分に美味しいのですが、

IMG_2011 卓上のウォッカとうがらし。

これを好みで煮込みにかけます。ぐっと味がひきしまっていただけます。

IMG_2018

     2 ガーリックトースト(煮込みにどうぞ)@300

さらに、このガーリックトーストに、のっけ~の、浸し~ので、手前勝手に

自由人して、食しま~すYahho01

IMG_2023

       3 軟骨たたき(1人前2本で)@300

常連さんの熱い支持を売うけ、売り切れ必至のシロモノ。

連れ曰く、開店と同時に入店、すぐ注文するべし!

全体が香ばしく焼けており、塩の加減と食感が素晴らしい。

食べれて良かったよぉぉぉぉーーーー。 おいぴいよぉぉぉーーー。

1_6 2_2

山利喜のメニューの一部です。次は何を注文しよう。 

 

私の古くからの友人、Fさんは、森下に勤務地があるので仕事の都合が

ついたら合流したいね。と言ってたのですが、タイミングが合わず断念。 

お店には、日本酒と焼酎もありますが、Fさん達が来ないようなら

今回は、ワインとワインにあう洋風のつまみで構成していこうか~。

Img_2025 ボトルワイン@3000

IMG_2033 

さりげなくワインも似合う居酒屋でごわす。 2本飲んじゃいました。

IMG_2041

         自家製 鶏レバテリーヌ@800

Okini02_3 びっくりしました。 この鶏レバテリーヌ、居酒屋で食べているとは

思えないほど本格的な美味しさ。 ニンニクと脂のバランスも絶妙。

3代目は、フレンチの修行をなさったということがよくわかります。

仕上げに中挽きの黒胡椒がふられていました。

付け合せは、酢漬けのレッドキャベツ、人参にパセリ。

IMG_2045  IMG_2051

バゲットもついてきます。鶏レバテリーヌをのせて・・・。

IMG_2055 

焼酎じゃありませ~ん。チェイサーをお願いしたらコレで出てきました。

このグラスキンミヤ焼酎のロゴ入りグラスじゃぁないかい?!

取り扱っているんだわ~~。 ステキ。

IMG_2067

  空豆とパルミジャーノレッジャーノのサラダ@700

バルサミコ?を使って胡椒と炒めているようですが、個人的には

ちょっと期待はずれ。シンプルに塩、胡椒だけでよかったような気もしました。

IMG_2077

            ポテトフライ@500

油ぎれも良く、カラリと揚がっています。オニオンも入り、ポテトフライというより

揚げポテト版のジャーマンポテトのような・・・。よろしいかと思いますが、

あの絶品 鶏レバテリーヌをいただいたあとだと、このおつまみでは物足りなく

感じてしまいました。 

 

やぁ!チビーズ移動ハウスから出てきたね~。

IMG_2058 IMG_2029

煮込みの玉子よくしみてるね~。

ガーリックトーストも、きつすぎないから、ボク達でも食べれちゃうよ~~。

IMG_2084 

お腹も一杯になったので、お店を出ました。先ほどとは違って、

趣のあるのれんがかかっています。

IMG_2085 IMG_2088

狸は山利喜のアイドルだそうな。

店先では魚が干されています。お店で出す自家製干物になるのです~。

 

さて、お会計ですが2人で、

上記、お料理とお酒で、合計は10830円なり~。

 

次回は、刺身とやきとんを中心に、焼酎を飲みたいなぁ。

老舗「山利喜」 近くにあったら、間違いなく足しげく通うお店です。

さて、帰りますか・・・。 本日は、実に有意義でありました~。

 

のちに、、軟骨、通はタレで食すということを知りました。次回リベンジじゃぁ~。

 

山利喜(やまりき)新館

〒135-0004  東京都江東区森下1-14-6

TEL      03-5625-6685

営業時間/  17:00~22:00

定休日/ 日曜・祝日

http://www.yamariki.com/

2009年6月12日 (金)

太鼓鰻 目黒

目黒お一人ランチです。 センチメンタルジャーニーKaeru002第6弾炸裂~。

太鼓鰻」です。ここは、当時の上司が、昼の時間帯にお客様が来ると連れ立って

行かれてた店でもあります。 みに達は、たま~に訪れていました。

今回は、目黒駅からの道案内を兼ねてみましょう。

ゆるやかな 権之助坂ルートでご案内します。

IMG_2136

まずは、目黒駅を権之助坂方面に降っていきます。

IMG_2140  IMG_2138 

右手に、「目黒雅叙園 アルコタワー ここ左折」の看板が見えたとこで、

さらに、左の坂道を降って行きましょう。突き当りが目黒雅叙園。

(目黒駅から行人坂を降っても同様の場所に到着します)

目黒雅叙園とアルコタワーは隣接しており、道を隔てて、ほぼ正面に

太鼓鰻」はあります。

IMG_2117 

開店時間の11時。 スタッフのおばちゃん達は、あまりに早い客の

来店にびっくりした様子でした。 おばちゃん、くつろいでるところにごめんよ~。

店内には万年、琴の音のBGM~~Kaeru001 これぞっThis is Japan

Happy New Year  いっつも正月気分。  変わらないね~~。

テーブル席と奥には、小あがりの席があります。

IMG_2120 統一感なく置かれてる植木鉢も

なぜか実家に帰ってきたような安心感で、見ることができます。

1_3

ランチタイムサービスのメニューもあります。

うな重@1050、天丼@800、天とじ@900、天定@1050、刺定@1050。

しかしです。ご油断めさるなっ。

うっかり、ランチタイムサービスにのっかってはいけません。

ランチのうな重は、ものすごーーーく鰻の量が少ないのです。 

鰻を食べるなら、フンパツしてでも、普通のメニューから選んだほうが

心残りが少ないと思います。

IMG_2125 というわけで、梅重@1575です。

ちなみに、ランチタイムサービスのうな重も、竹重、梅重も、お椀はサービス椀

肝吸いではありません。

IMG_2127 

注文すると、あっという間に出てくる、うな重。

鰻はやわらかすぎ~、ところどころパサつき気味。タレにいたっては旨みなし。

それが、どーしたっ。

IMG_2129 IMG_2131

お椀とお新香付き。

サービス椀の塩加減はバッチリ決まっていたけど、入っていた柚子の皮が

ひからびていたよ~。 

でも、どーってことないもん。 

ここは、このスタイルなのです。 いまさら驚くことでもありません。 

江戸時代から店をかまえ、伝統の味を守り続けて三百年。

目黒川の太鼓橋のたもとに、今も健在する老舗、蒲焼割烹。 

「江戸名所図会」の「江戸目黒太鼓橋」の絵にも描かれているとのこと。

現在は、店先でお弁当まで販売しているのです。

納得のうえであれば、居心地のよい街の鰻屋さん。

今も続いているのは、鰻以外にも人を惹きつける何かがお店にあるのでしょう。 

開店と同時に入店すると、お茶をもってきてくれてたホールのおばちゃんから

「早いね~。どっか出かけるの?」

「今日は健診で、採血したから栄養つけようと思って~。」

「あら、じゃあ、たっぷり栄養つけなさいな」

ものすごく愛想が良いというわけではないのですが、ちょっとしたコミュニケーション

に親近感を覚えるところもあります。 おばちゃん達は独特の味わいあり。

ごちそう様でした~。 随分ひさしぶりで、太鼓鰻に立ち寄ったよん。

周辺はだいぶ変わったけど、ここは、変わらなかったなぁ~。

センチメンタルもほどほどに、帰りは、急な行人坂を上り、ふくらはぎを

パンパンにはらせながら、目黒駅を目指しました~、とさ。

太鼓鰻(たいこうなぎ)

〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-7-9

TEL   03-3491-0933 03-3492-8755

営業時間/ 11:00~14:00  17:00~21:00(L.O.20:15)

定休日   日曜日

※追記 閉店になりました。

2009年6月11日 (木)

魚らん坂 白金高輪

某日のお一人ランチは、魚藍坂交差点の北海道らーめん「魚らん坂

IMG_1784

外観から見ても、洒落ていて小奇麗そう。女性一人でも入れそうな雰囲気。

よっしゃ、行っちゃってみましょーー。

IMG_1770  IMG_1774

まずは、店内に入ってすぐ左の食券自動販売機で食券を購入します。

店内はカウンター席のみです。

味噌オロチョン(辛口)@800にしました。

Piyo004_3 ここで、オロチョンとはなんぞや。 

アイヌ語では「勇敢な」という意味。

味噌ラーメンを唐辛子などで辛く味付けしたものを、オロチョンの火祭りに

ひっかけてつけたものとのこと。

IMG_1776

          味噌オロチョン(辛口)@800

ねぎ、ワカメ、しなちく、チャーシュー、スープと一緒に炒めたもやしとタマネギ。

スープは豚骨などの動物系をベースにしているようですが、こってりタイプ

ではありません。 れんげですくうとスープは、2層になってます。

卓上におろしニンニクがありますが、オロチョンは、はじめからニンニクが

きいてます。けっこう辛いです。 勇敢にチャレンジしますっ。

チャーシューは、柔らかなロース部分が入っていました。

IMG_1781 麺は、つなぎにたまごを使った

中太たまごちぢれ麺のようです。 もっちりとした食感は魅力ですが、

どこか大量生産のありきたり麺を思わせるところがありました。

 

お洒落なピアノジャズが流れる店内。スタッフの方々の気配りもよく

気持ちよく、らーめんは食べれたのですが、やはり味としてはインパクトに

欠けてしまうものでした。 

そんなときもあるのさ~~。 

なお、ランチタイム(11:00~14:00)は、禁煙になっています。

 

魚らん坂

〒108-0074  東京都港区高輪1-4-20

TEL      03-3442-4670

営業時間/  11:00~22:00

定休日/ 無休

2009年6月10日 (水)

松葉寿し テイクアウト

某日、時間の都合で、六本木1丁目駅から直結する泉ガーデン2Fで

お弁当をテイクアウトして、ランチにすることにしました。

IMG_2094

お寿司食べたいな~。江戸前寿司「松葉寿し」でお弁当を買おうっ。

IMG_2096

              あられ丼@900

寿司飯の上には刻み海苔。ざくざくと切った、まぐろ、いか、きゅうりと

とびっこ、カイワレ大根をピリ辛ソースで合えたものがのっています。 

他には、ガリ、たくわん。

IMG_2098 

黄色く見えるのが、いか、であります。 「いか」が入っていることにより

あられ丼の食感が、一層、豊かになっています。

このピリ辛ソースは・・・、少しマヨネースが入ってるような?

詳しくは不明ですが、癖になる味です。 あられ丼は、人気があります。

さらに、ランチャームの醤油をかけていただくと、ますますgoog。

IMG_2103

ランチ弁当メニューは、他にもありますよ~。 天然まぐろのみ使用

毎朝築地から仕入れているとの事ですが、とりわけ、まぐろには、力を入れてます。

IMG_2111

チラシを見ると、昼のテイクアウトは900円からですが、

夜のテイクアウトは、松葉にぎり(8貫と鉄火巻き1本)1890円からです。

 

また、隣には、同じく松葉の立ち食い寿司「又こい家」があります。

お茶、おしぼりはセルフサービス。ちょっとレトロな内装が、居心地のよい空間と

なり、お客様で賑わっています。

こちらでは、一貫が100円。 コストパフォーマンスも高いっ。

ランチに仕事帰りにと、ちょっとつまんでいくのに、おすすめなのです~。

 

松葉寿し

〒106-0032 東京都港区六本木1-6-1  泉ガーデン2F

TEL     03-3568-6653 

営業時間/ 平日 11:30~14:30 17:00~23:00(L.O. 22:30)

        土・日・祝 11:30~22:00(L.O. 21:30)

http://www.sumitomo-rd.co.jp/izumi_garden/

牛乳に相談だ!

5月31日、東京の有楽町駅周辺で「MILK EXPO@有楽町」が開催されてました。

牛乳離れを食い止めようと牛の出張です。

母牛1頭、子牛2頭の「搾乳・哺乳体験」や、この時間帯では子牛に触れる

ことができるとかで、多くの人々が集まっていました。

4

可愛い子牛に連れが 

デトロイトメタルシティ」のクラウザーさんのようにべぇべぇをしてしまいました。 

動物には好かれるお連れさん・・・。 子牛と馴染んだ様でした。。

子供たちもですが、牛さんと触れ合ったあとは手洗いをするようにソープと手洗い用の

水が用意されてます。

Img_1914 母ちゃんと牛乳飲めよな~。

わしらに、世話焼かせるなよ~モウぅぅぅぅ~~。

 

2009年6月 9日 (火)

日比谷オクトーバーフェスト2009

「松本楼」を出たあとは、日比谷公園で催されていた

「日比谷オクトーバーフェスト2009」を見学しました。

IMG_1907

この日は最終日、生憎のお天気で雨が降ったり止んだりでした。

1_3

各ビールブースでは、一杯目ご購入の際にグラス保証金(デポジット)として

グラス1につき¥1000を預けるようになっています。 

プラカップなどでななく、専用グラスで飲めるのは嬉しいですね。 喜び1

さらに、グラスが欲しい方は、デポジットと引き換えに持ち帰れるのです。

また、グラスがいらない方は、返却口まで持って来る事により返金されます。

Img_1901_3

ビールだけではなく、おつまみも販売されてます。喜び2

2

雨が止むとすぐに人が集まります。お天気だったらもっと気持ちよかったのに

残念だわ~。私も、食事のあとですが晴れてたら飲みたかったなぁ。

3

ドイツでドラえもんのように人気のある(・・・という説明でした)

Mausが販売されているコーナーもありました。オレンジ色に茶色の耳。

大きな目もどこかけだるそう。。

Elefantは目の覚めるような青色。

一同も、日比谷オクトーバーフェストのあとは仙台に向かうようです。

http://blog.maus.jp/

2009年6月 8日 (月)

松本楼 日比谷

休日のランチは、創業明治36年の日比谷「松本楼

日比谷公園のほぼ中央、大噴水西側に位置する同店までは、緑深い木立を

抜けて、森林浴をしながら向かいました。

IMG_1809

木々の中には、神秘的なオーラを放つものもいます。

IMG_1887

視界に、森のレストランと形容される洋館 「松本楼」が現れました。

IMG_1884 

1階は、グリル・ガーデンレストラン。

2階は、大小ご宴会場・ご披露宴会場として、3階は、仏蘭西料理 

「ボア・ド・ブローニュ」としての営業になっています。

今回は、1階のグリルを利用することにしました。

IMG_1880  IMG_1882

お昼時には、かなりの行列になります。

待ちの時間帯にお店の方が、テラスか店内のどちらを希望するを聞いてきます。

テラスのほうが、待ち時間がかかるようですが、どちらも回転がよいので、

順番が来るまで、さほどの待ち時間にはなりません。 

 

また、店の脇にはランチタイムにテイクアウトのお弁当類が数種並びますから

購入して、お気に召した場所でピクニックするのもよいかもしれませんね~。

 

ほどなく店内のテーブル席に案内されました。

ア・ラ・カルトから注文します。                                                                                          

IMG_1814 IMG_1818   

人気のオムレツライス(ミニサラダ付)のオムレツライスハヤシソース@1050

IMG_1819 

ふわっとろ系です~。 ハヤシソースには、スライスマッシュルーム。

洋食の老舗の味。斬新さはないものの、古きよき時代の懐かしさが、ソースの

中に凝縮されています。

IMG_1826

ケチャップライスには、しっかりチキンが入っていました。

ハヤシソースとの調和がとれています。

昨今、ランチ1000円ぐらいのお値段でも、納得のいかないものが多い中、

このオムレツライス(ミニサラダ付)は嬉しいものです。

IMG_1833 IMG_1835

ハンバーグステーキ森のレストラン風@1050 別注文のライス@320 

つけ合せは、じゃがいも、ブロッコリー、人参。

IMG_1834

たっぷり木の子のデミグラスソースです。こちらのデミグラスソースは

先ほどのハヤシソースと大差がありません。

合い挽き肉を使用してるようで、肉の弾むような弾力に欠ける気がします。

つなぎの多い食感が、弱さを感じさせ、物足りなさを残してしまいます。

これで、ライスやパンが別注文は寂しいなぁ。。

 

キリン一番搾り樽生ビール小@420と中@630を飲み干したあとは・・・。

Img_1844_2  ワインはカベルネソーヴィニヨン

(チリ)カラフェ@1420とグラス@470をいただきました。

食後は・・・

IMG_1850   ブレンド@420

IMG_1853

        モボとモガの珈琲ゼリー@420

メニューの説明によると・・・

「プリプリのコーヒーゼリーとふわふわのコーヒーゼリーをあわせ、ホイップ

クリームで飾ったお洒落なスイーツ。松本楼でカレーを食べてコーヒーを飲む

のがモボとモガのハイカラな習慣でした。」

ん?コーヒーゼリーの話ではないじゃん。

Piyo004_3 ここで、モボとモガとはなんぞや。 

モボは「モダン・ボーイ」、モガは「モダン・ガール」の略語。
大正末期から昭和初期頃の先端的な若い男女のことを、主に外見的な特徴を
指してこう呼んだ。(Wikipediaより抜粋)

 

モボとモガの珈琲ゼリーのなかみは3層。プリプリのコーヒーゼリーの苦味が

程よく、ふわふわのコーヒーゼリーはムースのような食感、ホイップクリームの

甘い口溶けが優しいスイーツでした。

IMG_1864

ホームメイドケーキからアメリカンチェリーのタルト@420

アメリカンチェリーの酸味が、しっとりタルトの甘さにマッチし、手作感に

ほっと癒されます。

 

  チビーズでてきたね~。チビーズ用にお皿に取り分けておいたよぉっ。

IMG_1849 IMG_1845

くんくん、ハンバーグは大好き~。

IMG_1870 でもケーキのほうがもっと好きだよ~。 IMG_1871

ボクはこっちのほうがいいよ~。好物のコーヒーだもん。 

私もコレは気にいったよ。美味しいね。

 

お店は10円カレーチャリティセールでも有名です。店内を見渡すと

お客様の注文は圧倒的に、オムレツライスハイカラビーフカレーでした。

また、テラス席ではわんこ連れのお客様も利用ができるようになっています。

 

ちょっと一言ですが、

お料理が少し残っているのにお皿をさげようとされます。早く食べろってこと?

ピークを過ぎて店内の空席も出てきたのに・・・・。

これって、どうなんでしょうか? 

こうした行為は、客都合ではなくホールスタッフ都合。それだけで接客としては

オワッテルんじゃないかなぁ~と思うこの頃です。  

 

さて、お会計ですが2人で、

上記、お料理とお酒で、合計は6620円なり~。

ちなみにお店は、カードでのお支払いも可です。 

 

日比谷 松本楼

〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-2

TEL  03-3503-1451

営業時間/  10:00~22:00(L.O.21:30) 

定休日/ 年中無休

http://www.matsumotoro.co.jp/

2009年6月 7日 (日)

競馬の話 安田記念G1結果

安田記念G1、結果は・・・

1着 ◎  3    ウオッカ   (単1人気)
2着 ○   6   ディープスカイ (単2人気)
3着      4   ファリダット (単10人気)

配当は3連複4100円でした。

んーーー、撃沈。 あと一つ読みが足らなかったぁ。。。

まだ、あとがあるだす。 これからだぁぁぁ。。。

ラスイチ、宝塚。 エースを狙え?

競馬の話 安田記念G1

6月7日(日)は、東京競馬場で安田記念G1が開催されるのです。

予想は・・・

◎  3    ウオッカ 
○   6   ディープスカイ
▲   1   スズカコーズウェイ
△   2   スマイルジャック、9 カンパニー、13  スーパーホーネット
   17  ローレルゲレイロ

 3連複、軸1頭のながし。

本日晴天、採算度外視。 勝ち星ほしい。 ウオッカでイキます~。 

2009年6月 6日 (土)

香妃園(こうひいえん) 六本木

お一人ランチは、六本木「香妃園

六本木で夜遊びをしていて、こちらの鶏煮込みそばを食べたという方は多いはず。

現在は「六本木瀬里奈」の近くに移動しましたが、昔は六本木アマンド、

麻布警察署の並びにあったはずですね。懐かしいわ~。

IMG_1954

小奇麗な店内。昼の時間帯も過ぎていたので、お客様は先客が3組ほどでした。

IMG_1916

席の間隔もまずまずなので、落ち着いてお食事できそうです。

IMG_1923   メニューを開いてみましょう。

IMG_1919

泣く子も黙る六本木老舗中華、香妃園の看板メニュー

特製とり煮込みそば」健在です。

IMG_1921 IMG_1922 

他のメニューも一部、写しておきました。

中華料理屋でカレー(右)?と思われるかたもいるでしょうが、こちらのカレーライスも

評判がいいんですよ。 おすすめは、ポークカレーライスのほうです。

私に、胃袋がもうひとつあればカレーも注文したいのですが・・・。

IMG_1928 IMG_1930

特製とり煮込みそばを注文。 やっぱ、コレを食べなくちゃ。

まずは、冷たいジャスミン茶と、麺を取り分ける小鉢が運ばれてきました。

IMG_1933 

           特製とり煮込みそば@1300(税込み@1365)

ぎゃぁ~~懐かしい~Yahho01

土鍋で出てくるんです。その昔、六本木の酒の〆に来店しては、シェアして

食べたことを思い出します。あの頃は若かったのぉ~~~。

IMG_1944

小鉢に入れてみました。

2種類の鶏がらスープをミックスさせたというのコラーゲンたっぷりの白湯スープ。

くだくだに粉砕されたとり肉、そして青菜。

このスープのために生まれたオリジナルの麺は、稲庭うどんのような太さと

食感をもち、煮崩れていません。

一見濃厚すぎるようなスープは、とろみがあるもののくどさは感じらず、

さらりと柔らかな麺にからみ、ツルっとした喉越しのよさが特徴。 

 

途中、味を変えたくなったときは、手元で豆板醤やラー油を入れて調整する

のもありです。

 

深夜の胃腸にも優しい・・・六本木深夜族の愛すべき特製とり煮込みそば 

つるつるっと、完食です 

これからも頑張れ香妃園。 次回はカレーを食べにくるよっ。

 

香妃園(こうひいえん)

〒106-0032 東京都港区六本木3-8-15 瀬里奈ビレッジ 2F

TEL     03-3405-9011 

営業時間/ 月~土 11:45~翌4:00   日・祝 17:00~24:00

定休日    無 休

2009年6月 5日 (金)

CHABOLA(チャボーラ) 石川町

本日のお目当てのお店は、石川町の「CHABOLAAicon339 

実は、かなり以前から通っています。 

お店は1階、2階と目的によって使い分けられています。

2階席では、スペイン家庭料理をゆっくり堪能したい方や、少人数や貸切

パーティー(18名まで)も受け付けているとのことです。

みには、2人で来店することが多いので、1階のカウンター席、テーブル席、

または、スタンディングで利用させていただいています。

IMG_1700

やった!2人用のテーブル席が空いてるみたいっ。

IMG_1702   

まずは、クルス・ガンボ(スペイン)@700

目黒の某スペイン料理店より、80円お安く提供してくださっています。 

ライトな喉越しです。

IMG_1710 ディエゴ デ アルマグロ レセルヴァ

@2900  ワインが2000円台から置いてあるのも嬉しいのです。

グラスで注文すると@650です。

私は、このお店が好きです。一番テンションがあがるんだよね~。

そのわけは・・・

IMG_1717

         本日のタパス3種盛り@600

こちらのタパスの種類の豊富さと味、そしてボリュームにあるのです。

タパスは、カウンター前のショーケースを見て選びます。

・イワシのマリネ・・・小さいイワシを上手にマリネにしてくれてます。

 ここに通い始めのころ、
 スペインバルは、イワシのマリネで、そこのお店の内容がわかってしまう
 ものなんですよ~と教えていただきました。力を入れています。

・カリフラワーのアンチョビ和え・・・アンチョビとオリーブを刻んだものを合えて
 味を整えています。塩気は強いのですが、カリフラワーの抜群の食感が
 心地よいタパスです。 

・野菜のトマト煮・・・ナス、セロリ、パプリカ(赤・黄)など。野菜の自然な甘みが
 美味しいタパスです。

IMG_1720 脂ののりと酢の加減もよい。

Piyo004_3 ここで、Tapas(タパス)とはなんぞや。 

お店のパンフレットによると・・・。

Tapas(タパス)とは、「ふた」の意。
ワイングラスの上にパンでふたをして、虫が入るのを防いでいました。
そのパンをかじりながら、ワインを飲んでいたところから「おつまみ」の意味に
用いられるようになりました。※Tapas(タパス)は複数形。

IMG_1726

          トゥリッパのトマト煮@700

野菜がよく煮込まれトマトの酸味がきいています。ヒヨコ豆もはいり、

上質なでんぷん質もトマト煮に一役かっているようです。

IMG_1727 注文時にパン@200はおつけしますか?

と聞かれます。 はい、お願いします。 と答えちゃうよね~。

IMG_1721

お店のメニューは、カウンター前のボードになります。

これは、メニューボードの一部です。 注目はパエジャ。

1人前の値段ではなく2人前のお値段です。 なかなか良心的。 

また、バルのスペースでパエジャがいただけるのも嬉しいですね。

IMG_1740

       いかすみのパエジャ@2600(2人前)

注文が入るとお店の奥に位置する厨房で、調理してくれます。

一番奥の席からは、その過程を、かいま見ることができるのですが、

実に鮮やかな手さばきです。

パエジャの調理法は、詳しくないのですが、最後にオーブンに入れて

仕上げられているようです。ここが特徴かもしれません。

米は日本のお米ではなく細長い米を使用。

ムール貝、イカ、あさり、パプリカなど。 シンプルですが、すご~く美味しい。

余計なもの物など無いよね~。チャゲ&飛鳥です。 SAY YES 状態です~。

IMG_1744 そうこうしてる間に日も暮れてます。。

店内はすっかり、賑わいを見せてスタンディングのお客様も多くなってきました。

 

さて、お会計ですが2人で、

上記、お料理とお酒(赤ワインボトルは@2900×2)で、合計は10600円なり~。

いただいたお料理とお酒のみのお値段。

お会計も余計なもの物など無いよね~。

こちらのお店はカード不可。現金会計になります。

 

CHABOLA(チャボーラ)

〒231-0868 神奈川県横浜市中区石川町1-14

TEL  045-663-0504

営業時間/  15:00~25:00

定休日/ 年中無休(元旦のみお休み)

2009年6月 4日 (木)

山下公園~元町

某休日、薄日が差していたので、山下公園で日向ぼっこをしました。

IMG_1686

さぁて、好物の皇朝の肉まんでも食べようか~。

公園に入る前に中華街で購入してきました。

1

毎度おなじみの~世界一の肉まんでござる。

1_2

今回は1個80円のチャンピオンコロッケも買ったよ。

肉まんは、左が「世界一自慢の旨さ!」

右が「ふわふわの甘い生地で、特製の肩ロースを直火で焼き上げた

チャーシューを包みの定番商品!」(?ちょっと文がおかしくない?)と

掲げられた、熱々各1個90円の肉まんとチャーシューまんです。

生地の違いは文字どおり、チャーシューまんのほうが甘めでした。

 

チャンピオンコロッケも下味がついてますから、このままいただけます。

けっこう油ギッシュなんですが、不思議と美味い。つまみになる味です。 

お連れさんは、ダイコンモチみたいじゃないかっ?と言ってました。

1_3

公園の芝で読書と転寝を楽しんだあとは、開港150周年にあわせてリニューアル

された横浜マリンタワーに行ったのですが、混雑のため今回はお土産のみを

購入して元町に向かいました。 

 

元町と言えば、キタムラなのでしょうか? 私には、縁がないので生活に

密着するunionを写してしまいました。2階のスペースにはカフェが入っています。

1_4

元町のメインストリートにはカリヨン時計。

Img_1696_5

脇道からは中華街へも向かえます。

今回は石川町でのお食事になるので、このままメインストリートを直進します。

さて、お目当ての店に入れるかしら~。

   

2009年6月 3日 (水)

Ristorante&Bar Prego(リストランテ アンド バー プレゴ) 麻布十番

麻布十番「Ristorante&Bar Prego」(リストランテ アンド バー プレゴ)での

お一人ランチです。本日はかなり遅いランチ。このままではランチ難民必至。 

先日からずーっと、冷やし中華が食べたい・・

つべごべ言ってる時間はないのです。ということでお世話になります。

今回はランチ使用なので、1階窓際の席を使わせていただきました。

IMG_1803 IMG_1794

LUNCH MENUのパスタセットから

揚げナスのトマトソースパスタセット
@950を注文しました。

セットには、サラダとコーヒーor紅茶、またはハーブティーがついてきます。

IMG_1786

             セットのサラダ

わりにドレッシング美味しかったのですが、もう少しキュウリやトマトの

彩りがあれば、さらに満足感がえられたのになぁ。

IMG_1795

        揚げナスのトマトソーススパゲティ

トマトの酸味と甘みも程よく、鷹の爪も入っていました。

ナスの上の少量のチーズがとろけて全体としてはまずまずの仕上がりです。

しかし、イタリアンレストランでいただくパスタとして考えた場合には

麺の茹で加減やソースの味にも、きわだったものが感じられないため

物足りなさを感じてしまいます。

IMG_1790

             セットのアイスコーヒー

ミニサイズでないことが嬉しいですね~。 冷たくてオイピイ。

ランチで使うぶんなら、まぁよいかなぁ~。

 

お店は新一の橋交差点(角には永坂更科本店)から都道319号線を

鳥居坂下方面にむかった右手に面しています。

 

店内を見渡すと、ランチではなくカフェ使用として来店の女性客や

比較的わかりやすい立地ですので、待ち合わせとしてご使用のお客様が

多く見受けられました。

 

また、深夜まで営業しているので、カフェまたはバーとして、使い勝手の

幅がある、気軽なイタリアンであると思います。

さぁて、明日は冷やし中華食べれるかなぁ~。

 

Ristorante&Bar Prego(リストランテ アンド バー プレゴ)

〒106-0045 東京都港区麻布十番1-3-7 ベルレイン麻布1・2F

TEL  03-3583-2001

営業時間/  月~土 11:30~05:00 日・祝 11:30~03:00

定休日/  年中無休

2009年6月 2日 (火)

17番 恵比寿

某日の2次会に恵比寿「17番

松玄の系列ということで、寄ってみました。

エネルギッシュな店内、来店なさっているお客さんの層もパワー溢れる

若い世代の方々が多くみられました。 

Image_2 Img_1564jpg_4

パワー不足の年代・・・というわけではなく、たまたまですが

私と連れは、入り口に近いカウンター席での利用となりました。

ワインはマルケス・デ・トゥーリア(スペイン)@2400

こちらは、ビールが安いということで定評がありますが、ワインのフルボトルも

お手ごろなお値段で提供してくれます。

2000円台のワインを置いてくれているのは、ありがたいのです~。

IMG_1568

          キム兄スペシャル8 inch @950   

マヨネーズ・小海老・MIXチーズ・アンチョビ。

キム兄こと木村祐一さんのオリジナルレシピだそうです。 

もっちもっちのねばりのあるピッツァ生地ですが、おやつ感覚で軽く

食べれてしまいます。

IMG_1569

      バッファローチキンウィング mini(6 ピース)@520

辛さがやみつきになります!というわりにはごく普通かな。

可もなく不可もなく、記憶に残るほどではありません。

 

お店は、サッポロ黒ラベルを290円というお値段でいただける点が最大のウリ。

こちらを利用するにあたっては、ビールを飲みましょう


リーズナブルなイタリアンとともに、普段使いのできるお店という印象を受けました。

 

さて、お会計ですが2人で、

といきたいとこですが、連れが支払ってくれたので詳しくはわかりません。

のちに、上記、お料理とお酒で約4000円強と聞きました~。

 

17番 恵比寿

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-3-13 山燃ビルB1F

TEL  03-3711-5080

営業時間/  17:30~4:00(月~木) 17:30~5:00(金・土)
        17:30~3:00(日)

定休日/ 無 休

http://www.17-ban.com/index.html

2009年6月 1日 (月)

全聚徳(ぜんしゅとく) 新宿

新宿でのお一人ランチは「全聚徳」です~。

こちらへは、地下鉄丸の内線がいちばん便利。新宿三丁目駅A1出口を

出て甲州街道方面に向かって歩くと右手にあります。徒歩1分以内。

全聚徳は、北京ダックの老舗として有名。

各メディアにも多数取り上げられているお店です。

IMG_1632 IMG_1610

店舗はT&Tビル8~9Fになります。

今回は11時30分の開店と同時になだれこんでみました。 

一人だけど、テーブル席確保。 

高級感漂う店内。次から次にお客様が入ってらっしゃいます。

IMG_1609 ランチメニューの一部です。

全聚徳に来たからには 、限定20食の北京ダック特選あんかけご飯

(~北京ダック、海鮮、野菜がたっぷりの贅沢な逸品です)かな。

・・・・といいつつ、フェイントをかまして、中国麺&北京ダックセットにしました。

今週のおすすめ中国麺
  お好きな麺をお選びください。

(A)フカヒレ入りつゆそば (B)家鴨入り全聚徳特製焼きそば

               ※(B)は毎週替わる麺のようです。

IMG_1612

フカヒレ入りつゆそば&北京ダックセット@1575で注文しました。

・・・単に、北京ダックよりフカヒレがスキなのです。

ちゃーんと、北京ダック1巻ついてることだし、よいよい。

 

それにね、フカヒレと言えば、個人的には、筑紫棲。 ここのふかひれ入り

煮込みつゆそばとの違いを味わってみたかったのです。 ご容赦くだされ。

IMG_1615

         フカヒレ入りつゆそば 

レタス、もやし、歯ざわりのある野菜が入ってますから、豊かな食感を楽しむ

ことができます。 フカヒレの存在もしっかり認められ、醤油ベースです。

しかし、スープの深みという点では、やや物足りなさを感じてしまいます。  

IMG_1622 麺は中細

あっさりフカヒレ入りつゆそば、上品な中国麺でした~。

IMG_1617 

             北京ダック

味はついていますのでそのままお召し上がりください。とのこと。

IMG_1624   薄餅から出て、ちょっとご挨拶してね。

なかみはネギ、キュウリ、北京ダック、甜麵醤(テンメンジャン)ベースのタレ

あんぐり~。 んーーーんーーーわかんないっ。

普段食べつけていないのですな。

・それでもわかったこと

北京ダックの香ばしい皮だけでなく、肉の部分もはいってます。

けっこう肉が入っていますから、そうそう沢山は食べれなさそうです。

・それでもしたいこと

次回は迷わず、北京ダック入り限定20食の特選あんかけご飯を食べよう。

ここは、やっぱり北京ダックの老舗なんだし~~。

IMG_1629 アイスコーヒー@450

この日は蒸し暑かったので、アイスコーヒーを別注文しました。

あらまっ。450円・・・ちょっと余分なものまで頼んじゃいましたね。

 

さて、お会計ですが、奉仕料10%がドリンクにかかりました。

この場合だと、450円に対してですから45円です。合計は2070円なり~。

つくづく、お店を出てからベローチェでも行けば良かったなぁ~と

思ったのでした~。

 

全聚徳(ぜんしゅとく)

〒160-0022 東京都新宿区新宿3-32-10 T&Tビル8~9F

TEL        0120-86-8826  03-3358-8885

営業時間/ 平日 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:00(L.O.22:00) 

        土・日・祝 11:30~23:00(L.O.22:00)

定休日   無 休 

http://www.zenshutoku.com/

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »