2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

とりかく 渋谷

某日、仕事帰りに友人とベリーダンスの体験教室「スタジオ エルサラーム」へ。

はじめてのチャレンジに興奮冷めやらず。 面白かったね~。

おしゃべりしたいね~。 一杯やって帰ろうかぁ~。  

と言うことで、渋谷駅に近い 宮益坂の「とりかく」に寄りました。

IMG_0639

つきだしは鶏肉を使った筑前煮

美味しい鶏肉の旨味と根菜の風味。こんにゃくもバッチリ味をすいこみ

鶏肉は、箸ではらりとほどけるくらいに、やわらかくなってます。

お酒は中ジョッキ@480からはじまり

生レモンサワー生グレープフルーツサワー 各@480で。

IMG_0642

    緑黄色野菜たっぷりのシーザーサラダ@530

トマト・胡瓜・ビーマン・パプリカ・かぼちゃ・ブロッコリー・人参・ほうれん草。

ボイルされたスライスかぼちゃとざくざくに切られた、みずみずしい緑黄色野菜は

赤、黄、緑と色鮮やかに盛られ、食感も豊かです。

IMG_0648

       柚子おろしポン酢つくね1本@240×2

ぷっくり焼きあがったつくねは、適度な弾力を持ち、と~~ってもジューシー。

大根おろしに柚子胡椒があえられてます。味が引き締まります。

IMG_0649ポン酢です。つくねに回しかけました。

柚子おろしポン酢は、お家で鶏ひき肉を使って、ハンバーグを作る

ときの和風タレにも真似できそう。

IMG_0650

         串焼きおまかせ3種盛@700

串焼きの平均単価は約240円くらい。高いのですが納得できる美味さ。

鶏皮も表面はパリッとしながら、スカスカではなく旨味の脂はチャント残ってました。

IMG_0655

          手羽先唐揚げ(中辛)@400

秘伝のタレと特製スパイスを使ったという手羽先唐揚げは、カラリと香ばしく

揚がってます。

ガブリとほうばると、中からあふれ出す、たっぷりの肉汁がまた美味い。

お酒がグイグイ進みそうです。 


お店は総席数136席ということですが、週末には入れないことがあるほど

大盛況なのです。 週末は2時間制になりますが、スムーズに入店するには

予約は必要ですね。


他に評判のよいお料理は、お店で手作りされているというレバーペースト。

また、目に留まったのが、いただいたことがないのですが

鶏塩ラーメン(ハーフサイズ)

〆のラーメンって、胃腸に負担をかけそうと思いつつも食べたくなる~。

そんなときのハーフサイズは嬉しいかも。次回はコレいってみよ~。

 

明日も、お仕事。今日はこれぐらいで解散しましょう~。

 

さて、お会計ですが2人で、

上記、お料理とお酒(中ジョッキ@480×2、各サワー@480×4 )で、

合計は5869円なり~。 

ちなみにお店は、カードでのお支払いも可です。 


とりかく 宮益坂店

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-13-7 千秋ビルB1

TEL  03-5774-1027

営業時間/ 月~木    17:00~23:30(L.O.23:00) 

        金・土・祝前 17:00~05:00

        日・祝     16:30~22:30(L.O.22:00)

定休日    年中無休

http://www.kisoji.co.jp/torikaku/

2009年4月29日 (水)

ZASSO 中目黒

某日の2次会に中目黒の「ZASSO」に寄り道しました。

中目黒の東急ストアの前に古くからあるお店です。久しぶりに寄ったら

メニューがだいぶ変わっていました。あれ~~(`・∞・´)?

IMG_0622 IMG_0621

店内はちょっとした異空間。 なんでもあり~のの雰囲気が若い方々には

ウケそうなお店です。

昔はエスニックを、強く前面に出していたお店のはずが。。

現在は炭火焼メインのお店になっています。 というか、フードメニューをみると

チーズフォンデュあり、バリ料理ありと、完全に無国籍料理ですね。

IMG_0619 IMG_0620

二次会なので生レモンサワー@500を注文。

炭火焼のメニューから、ALL@380の黒豚タンと黒豚トロを注文しました。

IMG_0635 

カセットコンロをテーブルに持ってきてくれます。

上にのせられたのは、桜島溶岩プレートとのこと。

IMG_0632 IMG_0637

お手軽な値段で楽しめるので、2次会使用にもいいですね。

また、お店の営業は17:30~05:00まで。駅からも近いので、朝まで飲んで食べて

始発で動くか?!というパワフル使いもできるお店です。

 

総席数30という店内ですが、やや小さめで、どこか屋台ふう。

あとから聞くところによると、焼肉のハラミ がお勧めということです。

 

さて、お会計ですが2人で・・・・

と、いきたいとこなのですが、ごちそうになったので詳しくはわかりませ~ん。

ちなみにお店は、カードでのお支払いも可とのことです。 


ZASSO(ザッソース)

〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-20-3 岩川ビル3F

TEL  03-3716-0469

営業時間/ 17:30~05:00

定休日    年中無休

2009年4月28日 (火)

山手西洋館~山手公園

食事のあとは、山手十番館庭内に併設された山手資料館

IMG_0757

明治42年に立てられた市内に唯一現存する木造西洋館です。

入館料大人200円。横浜開港当時の資料が展示されています。

IMG_0767 IMG_0766

山手本通り沿いに移動していきます。

チェリーサンドで評判の「えの木てい」には行列ができています。

こちらの建物もモダンな洋館です。

234_2

山手234番館は入館料無料。関東大震災後の外国人共同住宅として

建てられたものとのこと。 無料とあっては見なくちゃ。 

現在は改修が施されたため、共同住宅という面影はないですね~。

Photo

元町公園に附属するベーリックホールも無料公開されてます。

こちらは貿易商の個人邸だったもの。

なかなか立派な洋館で、見ごたえがあります。

今回、1階ではボランティアの方によってピアノの演奏がされていました。

室内には家具や調度品も復元。リネン室もあり。

往時の貿易商の裕福さをうかがうことができます。

子供部屋には、演出でぬいぐるみさんがいました。可愛らしいこと。 

また、このベーリックホールは貸切申し込みで、ウエディングパーティ-

可能です。そのためでしょう、キッチンには手が加えられていました。

Photo_2

山手公園まで歩いてきました。日本初の洋式公園です。

緑の深い公園ですが、桜もありますので、お花見スポットでもあります。

桜の花びらが歩道を彩っていました。。。

お散歩は終了。ここまで歩くと最寄の駅はJR石川町になります。

                                お散歩でした~。

 


2009年4月27日 (月)

山手十番館 山手

桜もはらはらと舞い散りはじめた4月第二週の土曜日、お天気に恵まれました。

みなとみらい線元町中華街駅から、お散歩がてらに、山手の坂道を上り、

外国人墓地前の「山手十番館」を目指しました。

こちらには、何度か行こうと思っていたのですが、タイミングが合わず延期に

なってました。 今回、予約時間は12時、窓際の席をお願いしてあります。

IMG_0685

ノスタルジーが漂う外観。ハイカラな洋館はこの通りでも人目をひきます。

1階はカフェ、2階がフレンチレストランとなっています。

予約の旨を伝え、がっしりと重みのある階段を上り2階へ向かいました。

着席した席からは、外国人墓地と、さまざまにグラデーションに富んだ緑を

のぞむことができます。

IMG_0749

日当たりのよい2階席。店内のテーブルや椅子、照明もアンティークに統一され

一輪挿しの赤いバラにも、趣きを感じさせます。

瞬きをすると、そこには洋装に身を包んだ明治の紳士淑女が現れてきそう?

IMG_0752 IMG_0699

ランチメニューからハイカラ@3800を注文することにしました。

メニュー構成は

・軽くスモークしたスズキのブランダードのカクテル コンソメジュレ添え
・本日のスープ
・真鯛のカダイフ包み 桜の花のブールブランソース
・牛ヒレ肉のステーキ 文明開化風
・白胡麻のブランマンジェにほうじ茶のアイスクリーム添え
・十番館自家製パン
・コーヒー                  となっています。

IMG_0720  IMG_0727

Meido02_5 まずは、お酒も決めましょう。

白ワインはグラスで、キュベ コネスール ブラン@630

赤ワインはフルボトルで、コート デュ ローヌ ルージュ@4500を注文。

IMG_0747 2007年ものです。

それでは、お食事のはじまり はじまり~ 

IMG_0708

軽くスモークしたスズキのブランダードのカクテル コンソメジュレ添え

スモークの香りとクリームチーズのような、なめらかでコクのある舌触り。

見た目も涼しげな、コンソメジュレの上には、トマト、ブロッコリー、ヤングコーン、

シブレット。 余韻の残る味です。

IMG_0709 王道と称賛したいカクテルです 

IMG_0711 IMG_0724

             十番館自家製パン 

お店の方の話によると、工房をもち毎朝パンは届いているとのこと。

温めてだしてくれます。 味自体は、抜きん出る感じがしませんでした。

バターはやや塩分が強めです。

IMG_0719

     トマトのスープ

酸味と甘みのバランスが取れたスープ。

使用されている器などには、ガス灯をイメージさせるマークが入っています。

横浜開港、そして文明開化。 

横浜のガス灯は、時代の変貌をあらわすものなのかもしれません

器に記されたマークには、こうしたメッセージがこめられているのでしょう。

IMG_0723

真鯛のカダイフ包み 桜の花のブールブランソース

付けあわせに面白みを感じさせません。蒸されただけのブロッコリーと菜もの。

しかしながら、淡白な真鯛がカダイフからの塩けで上品に仕上がっています。

季節を意識して、ソースには桜の花があしらわれています。

IMG_0721 盛り付けもシンプルです。

Piyo004_3 ここで、カダイフとはなんぞや。 

極細の麺状の食品。サクッとして繊細で軽い食感をもちます。

IMG_0730

       牛ヒレ肉のステーキ 文明開化風 

あらかじめ、焼き加減を聞いてくれます。こちらはミディアムでお願いしたステーキ。

厚めにスライスして、焼き目のついたジャガイモ、たまねぎとクレソン。

今回も付けあわせが、直球勝負です。

ソースは醤油を使った和風のソースなので、マッシュポテトでいただけたら

美味しいソースを、あますことなく吸わせることができるのだけど・・・

牛ヒレ肉は柔らかく、くさみもない上質のものでした。 

IMG_0733 連れはミディアムレアで。

美味しくいただきましたが、ワインがまだ少し残っているよ~。

IMG_0744

          チーズの盛り合わせ

チーズでもお持ちしましょうか?とのホールスタッフさんのお言葉に反応して

別注文しました。

チーズ3種 ロックフォール(ブルーチーズ)、ブリー(ソフト)、グルュイエール(ハード)、

乾燥いちじく、パン、クラッカー付き。

IMG_0754

白胡麻のブランマンジェにほうじ茶のアイスクリーム添

和スイーツです。ブランマンジェの上にはあずき。

ほうじ茶のアイスは香りと甘さが絶妙。 和の優しい甘さにリラックス。

こちらのスイーツは、評判がよいと聞いていたのですが、間違いはないようです。

IMG_0755

コーヒー 最後はコーヒーをいただきました。

 

お店は、お料理の盛り付けや、付け合せに関して、斬新さはありませんが、

雰囲気を含め、古きよき時代のフレンチをスタンダードに楽しめるもの

になっています。 これが山手十番館のウリでしょう。 

 

さて、お会計ですが2人で、

上記、お料理とお酒(グラスワイン白@630×4、ボトルワイン@4500)で、

合計は16574円なり~。 

ちなみにお店は、カードでのお支払いも可です。 

 
チビーズ、お天気がよくて気持ちいいね。

IMG_0715 バッグの移動ハウスでお出かけだね。

IMG_0737 IMG_0735

ご飯は積極的に食べるよ~。お肉ちょうだい~。やわらか~いっ。 

 

IMG_0701 まだ少し桜が残ってますね。 

このあとは、山手の街をのんびり、お散歩してみることにしましょう。

 

山手十番館

〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町247

TEL  045-621-4466

営業時間/ 11:00~21:00(L.O.20:30)  ランチ 11:00~15:00

定休日    無休

 

      http://www.yokohama-jyubankan.co.jp/    

2009年4月26日 (日)

競馬の話 フローラステークスG2・アンタレスステークスG3結果

ども、競馬下手なみにです。 結果が出てます。

フローラステークスG2、結果は・・・ 

1着 ○ 16 ディアジーナ(単2人気)
2着 ◎ 12 ワイドサファイア(単3人気)
3着    15 ハシッテホシーノ(単4人気)

  手堅く決まってますが、ほしのあきさん名づけ親のハシッテホシーノが

  入りましたでござる。 いやな予感がしたのですがマークしてません。 

  キルトクール現象ですかね?? 配当は3連複2320円。

アンタレスステークスG3、結果は・・・ 

1着 △  4  ウォータクティクス(単2人気)
2着 ◎  5  ワンダースピード(単1人気)
3着     1   ボランタス(単11人気) 

   1着・2着は人気馬ですが、3着・・・ボランタスーーー。

   ノーマーク、考えてもいなかった馬です。負けた・・・・o(;△;)o

   配当は3連複12420円。

ぶひいぃぃーー! いいんだも~ん。別に悔しくないも~~~~~~ん。 

 

来週の土曜は、天皇賞G1前日祭としてイメトレ強化にパソコン持って

東京さ 行って来るだすっ。      次がんばるぞぉ~。

競馬の話 フローラステークスG2・アンタレスステークスG3

4月26日(日)は、東京競馬場でフローラステークスG2・京都競馬場で
アンタレスステークスG3が開催されるのです。

フローラステークス 、G2予想は・・・ 

◎ 12 ワイドサファイア
○ 16 ディアジーナ
▲  2   リュシオル
△   6  ラークキャロル 、7 ミクロコスモス、13 ピースオブラック

    3連複、軸1頭のながしで。 

アンタレスステークス 、G3予想は・・・ 

◎  5 ワンダースピード
○ 16 メイショウトウコン
▲  3   スターシップ
△   4  ウォータクティクス 、10 サトノコクオー、11 アドマイヤダンク

    3連複、弱気のBOX。

昨日の雨で、重馬場かな~。 当たるといいなぁ~。

2009年4月25日 (土)

筑紫棲(つくしろう) 日本橋三越店

今日のお一人ランチは、日本橋三越本店 新館10階に入っている筑紫棲(つくしろう)。

とある方のお食事で、気になったものがあったので行ってみましたAicon339

IMG_0783

開店はAM11:00より。お一人ランチは早めか遅めが狙いです。

本日は開店前に到着して、時間にお店に入りました。

IMG_0784 IMG_0785 

禁煙席に案内されました。シックで落ち着いた店内。ゆったりとお食事ができそうです。

恵比寿店とは雰囲気が、また違います。

やっぱ、日本橋三越本店に入ってるから?

IMG_0786 IMG_0788

各テーブルには、醤油、酢、黒酢が用意されています。 

本日のご注文は~

IMG_0793

        ふかひれ煮込み焼きそば@2400 

いいお値段します。お許しくだされ、平日の昼から浮世を離れます・・・。

 

煮込みの餡といいますかタレ?がふんだんにかかっています。

麺は表面を軽く焼いてあります。 見た目はくどそうに見えますが、意外に

食べやすいですわ。

私は恵比寿店で、「ふかひれ入り煮込みつゆそば」を好んで食べますが、

こちらの「ふかひれ煮込み焼きそば」の方がしょっぱさを感じませんね~。

1.つゆそばと焼きそばの違いか?

2.店舗が違うからか?

3.単なる私の体調によるものか?

ツベコベ言わず、食べよ~~っと。 オイシイ。グレートな味ですっ。

湯通しをした青梗菜がまるっとのってるのは、いささか、噛み切りにくくて

面倒です。 フンガーーッツ!!歯のコンデションには気をつけましょう。

IMG_0795 よっこらしょっと 

濃厚なふかひれ餡(タレ)がからまり、喜びの重量感がでます。 

IMG_0800ポットのジャスミン茶でさっぱり~。

お会計時には、レジまでテーブルに置かれた札を持っていきましょう。

 

高級感のある店内に、フロアスタッフの丁寧な対応。

いつもは、ちょっぴり寂しいお一人さまも

一人って悪くないじゃーーーんっKaeru001 という幸せな気持ちにさせてくれます。

 

さあ、リッチな、お一人ランチのあとは、超ゲンジツに戻って、

お仕事に励むことにしましょ~。 

 

筑紫棲

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店 新館 10F

TEL・FAX  03-3242-2926

営業時間/ 11:00~22:00

定休日  不定休(三越に準ずる)

2009年4月24日 (金)

京都旅行2009春 №14 東寺(とうじ)

ランチのあとは、京都駅付近で最後に見たかったものを見て帰ります。

京都代表格 高さ55mの五重塔 現在の塔は徳川3代将軍家光より

江戸時代に再建された5代目とのこと。 

実は銀閣寺に向かうときのタクシーの運転手さんに教えていただきました。

IMG_0508

しだれ桜に五重塔の構図は実に、風格があり見事ですね。

 

残念ながら、時間の関係上、中には入ることができませんでした。

IMG_0514

やっぱ、綺麗だ。 京都に来てよかった。

さよなら(o・ω・)ノ)) また来るよ~。心の中でつぶやきます・・・。

IMG_0517ちょっと寂しくなったところで。

きぃぃぃーー!新幹線の入ってくるところを、またも撮りそこねましたぜぃ。

次こそは、ぜった~いっ「みっちゃん」してやる。

2泊3日の京都旅行はこうして終わったのでした~。

 
つーことで

旅の参考文献&協力者  るるぶ京都ベストセレクト:るるぶ京都09~10&

                              同行者のアイカタどん。

みに口上  長々、京都旅行に、お付き合いいだき、立ち寄ってくださった

方々及びコメントをいただけた皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

                            京都旅行おしまいH025_2

2009年4月23日 (木)

京都旅行2009春 №13 吉田山荘(よしださんそう)

最終日のランチは会席をいただきに「吉田山荘」を訪れました。

先ほどの、真如堂より徒歩5分くらいの場所にあります。

こちらは、昭和天皇の義理の弟君である東伏見宮家の元別邸

現在は、和と洋が融合された空間で、京料理を楽しむ料理旅館として

人々に称賛されているとのことです。

Photo

雅~であります。建物の入り口では、番頭さんとお呼びしてよいのか?

年配の男性の方がいらしゃって、誘導してくれます。

2

2階のステンドグラスのある「福の間」に案内されました。

残念ながら個室としての利用ではないので、他のお客さまと2組で、このお部屋を

使用させていただきました。(3月下旬~4月、11月~12月初旬までは相席のみ)

 

窓の外には、手入れの行き届いた庭園をのぞむことができます。

IMG_0462 IMG_0464

セットされたテーブルの上には、和歌が添えられています。

この和歌・・・連れと見比べたところ、それぞれに違う歌でした。

紙製のテーブルマットには、御皇室ゆかりの「裏菊紋」が

畏れ多くさえ感じますが・・・・

IMG_0468 IMG_0476 

ビビリながらも、酒は飲みます。

キリンラガービール(瓶)とおかみさんの名前(中村京古さん)からとった

オリジナルの伏見月桂冠「京古」を注文。

レトロなデキャンタグラスが雰囲気を出しています。

※ お酒を注文する際ですが、メニューはないのですっ。 お店の方に聞いて

あるものを出していただくだけです。

 

さて、予約時にお昼の「葉皿料理」をお願いしていますが、こちらにも

お品書きというものが出されません。

和歌もいいけど・・・お品書きが欲しいなぁ~~。 

ということで、今回も私の見聞きしたことから記事にしました。

IMG_0466

先付

よもぎ豆腐。 ほのかに香るよもぎの香、とろりとした舌触りに、

うにとわさびが、ほどよくマッチし上品です。

IMG_0469

造里

マグロ、鯛、かんぱち。 もっちりとした鯛の甘みが口の中に広がります。

IMG_0473

葉皿

メカブ明太子、穴子寿司、海老のあられ揚げ、牛蒡の八幡巻き、鴨ロース、

フキの生ハム巻き、あまごの甘露煮、サザエ、半熟たまご、桜餅、

チーズとサーモン、黄色の蝶はさつまいもで作られていました~。

これだけちょっこりだと何が何だか・・・。

IMG_0480

焚合

たけのこ饅頭。なかみは鳥のそぼろ。もっちもっち・・・。

少し味がくどいように感じました。 オクラ餡はぽってりしてます。

IMG_0481

焼物

さわらのなたね焼き。 玉子の部分が、とても甘いですね~~。

花わさび添えです。 わさびの香りとほのかな辛味が、甘いなたね焼きの

アクセントになっています。

IMG_0483 IMG_0485 

御飯 

十八種類の雑穀米。 

不足しがちな栄養素や食物繊維をとるには良いのですが、このシーンでは

白飯もしくは季節の炊き込みご飯でいただきたかった・・・な・・・。

私は、都びとにはなれないのかも。

香の物 だいこんと白菜。 

IMG_0491

吸物 

若布、アサリ、玉子豆腐、木の芽。

出汁の加減といい、玉子豆腐も上品。薄口にすっきり仕上がっています。

IMG_0494

水物 

苺、マンゴープリン。 

マンゴープリンはなめらかでジューシー。ソフトな感じです。

Img_0496_2

チビーズは水物が一番気にいったかな?

雅な雰囲気が一番気にいったよ~。

 

そっか~~。

感想としては・・・優美すぎて、ちょっと満ち足りない会席料理だね~。

会計の半分はお料理やお酒以外の付加価値に支払う感じ~。

メニューが手もとで見れないのも、庶民~としては不安。

おちおち酒も飲めないよ~。

3

お会計を済ませに1階まで。階段の赤い絨毯が、妙に緊張したりするのです。

お帳場の脇には、お土産が販売されていました。

 

さて、お会計ですが2人で、

葉皿料理@6000×2、キリンラガービール@800、京古@1000×2 

奉仕料10%@1480 小計16280 消費税@814 合計17094円なり~。

現金会計でお願いします~とのことでした。

4

タクシーを呼んでいただいてるので、時間まで庭園を見させていただきました。

庭園から大きいお部屋を見ることができましたが、法事のお席に

利用されているようでした。

 

吉田山荘(よしださんそう)

〒606-8314 京都府京都市左京区吉田下大路町59-1

TEL  075-771-6125 

営業時間/ ランチ 11:30~14:30(11:30と13:15の2交代制)

         ディナー 17:00~19:00

定休日    不定休

2009年4月22日 (水)

京都旅行2009春 №12 真如堂(しんにょどう)

桜に呼ばれて、お昼の前に、真如堂に立ち寄りました。

Photo_6

先に観光した場所よりも人が少ないので、少しほっとしました。

2_3

立派な菩提樹には目を見張りました。境内にはさまざまな木々や花々が

四季折々に彩を見せてくれるようです。

 

IMG_0446 IMG_0453

三重塔(法華塔)。私が京都に来て見たかった景色はこういうものです。

塔と桜のコラボ(*^-^) ようやく見ることが叶いました。 

2009年4月21日 (火)

京都旅行2009春 №11 銀閣寺~哲学の道

最終日、まずは銀閣寺に向かいました。

銀閣寺の参道の両側には土産物店などが並んでいます。

おっ、また見かけないものを発見。 冷やしきゅうりw(゚o゚)w

きゅうりの浅漬けですね。割り箸がさしてあります。

けっこう購入されている方が多く、かじりながらのんびり歩く光景が見られました。

Photo_2

すれ違ったお子さんが「抹茶愛す」@350 を飲んでいたので私も購入。

微糖と無糖があり、本日中に飲みきらないといけません。

手作り感たっぷりで、味はいたって素朴なものです。 

微糖を買いました。ずばりっ!抹茶に砂糖がはいってる飲料~。

他には「果実のささやき」も売られていました。

IMG_0436 Image_5

銀閣寺に着きました。なんと、修繕工事中とのこと、中に入らずこのまま引き返して

哲学の道を歩き、ランチの予約をした店へ向かうことにしました。

新幹線の時間があるので、急ぎ足の行動になります。

東山文化の象徴は、工事が完了してからのお楽しみにしましょうかね。

Photo_4

哲学の道とは、銀閣寺から南禅寺までをつなぐ2kmの道。

哲学者、西田幾太郎氏が物思いに耽って歩いたことから名前がついたということ。

なるほど~とても、いい道ですね。思いにふけりながら歩くにはぴったり。

向こう岸にも、もの思いに耽りながら、釣り糸をたらしている子達を見つけました。

可愛いくまちゃん達です。

自然豊かな哲学の道、初夏には蛍も見られるようです。

2009年4月20日 (月)

京都旅行2009春 №10 GARGANTUA(ガルガンチュア) 祇園

祇園で、素敵なお店に出会うことができましたAicon339

GARGANTUA」(ガルガンチュア) フレンチのお店です。

昼間、予約を取りにうかがったとき、笑顔の綺麗な奥様(マダム)が応対してくださり、

高台寺の拝観招待券をくださいました。 ちょっとしたことが嬉しいこの頃です。 

 

予約時間は17時。再度お店を訪れました。

店内は1階にカウンター席と奥にテーブル席。

2階もあるようですが、こちらは未確認です。私たちはカウンター右端の席に着席。

IMG_0428 IMG_0429

カウンター席からは、厨房の様子を少しだけ、うかがうことができます。

また、長いカウンターには京野菜や大皿に盛られたお料理が並んでいます。

IMG_0386 IMG_0385

まずは、シャンパーニュでジモネ・ゴネ・ブリュット・トラデション@1800と

キール@1200を注文。

空豆がつきだしでだされました。新鮮で茹で加減、塩の加減も良しです。

 

マダムのお話によると、祇園内のフレンチのお店は、コース主流でアラカルトを

受け付けてくれるお店が少ないとのでした。

こちらは、そのアラカルトでの注文が可能とのこと。

今回は、はじめてなので、アラカルトでお願いすることにしました。

IMG_0390

         新タマネギのキッシュ@400 

こんがりとあめ色に焼き色がついたキッシュの表面。食欲をそそります。

手作り感がたっぷりで、ほんわり優しく、品の良い味です。

仕上げには塩・胡椒、刻みパセリがかかっています。  

IMG_0393

           京都塚原産竹の子@900

ソテーで注文しました。木の芽のソースがぽってりとして竹の子にからみます。

竹の子はシャキシャキ、ほんのりシナモンの香りがしました。

盛り付けも綺麗ですね。竹やぶの中の物語を見ているよう。

シンプルなお皿に、竹の子がドラマティックに映えています。

 

お聞きしたところ、塚原産の竹の子は米ぬかいらず。あくがないとのことです。

確かに、この竹の子ただものではないぞーー。 

IMG_0403

          美山産焼きしいたけ@600

カウンターの大皿に置かれた肉厚で健康そうなしいたけが気になる~~。 

これくださいっ。

ガーリックオイルと、塩・胡椒、チーズのオーブン焼き。上には刻みパセリ。

素材の美味しさをいただけます。

噛み締めると、しいたけのうま味がじゅわ~~っと広がります。

 

美山というとかやぶきの里として有名ですね。

美しい自然の残る里には、こんな素敵な特産品があるのですわ~。

IMG_0402 IMG_0401 

フランスパン(2種類)@200に、シチリア島の良質で香りのよい

オリーブオイルが添えられています。

IMG_0392 IMG_0411

調子出てきました~~。 ワインいくよ~。

白ワイン トゥレーン@850 (2007 フランス/ロワール)
赤ワイン シャトー・ニコ @900 (2005 フランス/ボルドー)
コート・ド・ニュイ@1000 (2004 フランス/ブルゴーニュ)などグラスワインで

次々に飲んでいってます。少なくとも6~7杯は飲んでしまいました。

IMG_0410

マダムがボトルを見せてくれました。 カウンターに並んだ京野菜も

IMG_0406

          ホタルイカと菜の花のマリネ

コース料理のお客様がキャンセルになったとかで、サービスでいただきました。

どこのどなたがキャンセルなさったかは存じませんが、けっこうなものを。

すかさず合掌~(^人^)ありがたくいただきま~すっ。 ラッキーです。  

 

マリネに摩り下ろしりんご、生姜がはいってるのでしょうか?

さっぱりとして、春らしくさわやかな仕上がりになっています。

IMG_0396見惚れる美しさの器。

フランス産 仔鴨胸肉と葱のポワレバルサミコソース@2000

先ほどの、竹の子やしいたけのシンプルな器とは一変してゴージャスです。

シーンにあったお皿を使いわけているんですね。

金閣寺って近かったかな~~。このお皿を見てたら行ってみたくなったぞ。

IMG_0398

仔鴨が実に美味いっ。今年いただいた鴨では一番です 

独特の肉質のくさみもなく、ジューシーで脂の入り方かたも上品。

なおかつ後をひく香ばしさ。

鴨が葱を背負って来ると慣用句でありますが、このコンビネーションは

やはり最強でしょう。

IMG_0418 IMG_0419

    温かいパンプティングキャラメルアイス添え@1000

パンプティングにはフランスパンを使用しているとのこと。

透明なガラス平皿には、エレガントな彫刻がほどこされてます。

どの構図からも絵になります。

IMG_0421

キャラメルアイスが温かいパンプティングと私達の興奮で、とろ~りと溶けてきました。

ほんのり温かくやわらかいパンプティングは、カスタードの味がしみています。

口の中で温かいパンプティングとキャラメルアイスの冷たさが交じり合うと、

もう歓喜の声が沸きあがってきますっ。 リピートしたいデザートです 

IMG_0414

店内の奥にあるテーブル席を写させていただきました。

窓の外には小さいお庭。和と洋が融合された空間になっています。

IMG_0413 IMG_0416

このテーブル席の地下はワインセラーになっています。

もとは、防空壕としてあったものをお店を営業するにあたり、ワインセラーとして

利用をしているそうです。室温が適しているようですね。

見せる収納?足元の下にはお宝のヴィンテージもののワインがざくざく眠って

いるかと思うとわくわくです。 面白みがありまする。 

IMG_0422チビーズもうっとりしてます。

(チビーズ)ケーキは粉砂糖でお化粧してるね。いい香りスルよ~。

早く食べたいよ~~。

みに!写真撮ってないから書くの忘れたね。コーヒー@500×2も飲んだよ~。

 

Okini02_3 お店はシックな町屋づくり。

以前は他の場所で営業をされていたようですが、2年ほど前から祇園で

素材の美味しさを楽しめるお料理を提供してくれています。 

 

カウンター席でお話をうかがいましたが、桜と紅葉の時期には必ず京都に

来て、お店へ再訪される他都道府県からのお客様も多いとのこと。

この日もリピーターのお客様が数組いらっしゃっていました。

 

話しやすいマダムとシェフのお二人で切り盛りなさっています。

帰り際には、気持ちよく店先までお見送りをうけました。

おおきにありがとうございました~ヽ(´▽`)/ 

 

さて、お会計ですが2人で、合計18800円です。

今回はグラスワインで飲んでいたので割高、半分以上は酒代です。 

 

なお、メニューはランチタイムでAコース@3800、Bコース@5600

ディナーのコースは@10500、@13650、@16800(御予約のみ)となっています。

ディナーでアラカルトも受け付けていただけるのが嬉しいところですね。

ちなみにお店は、カードでのお支払いも可です。 

 

GARGANTUA(ガルガンチュア)

〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町南側570-6

TEL  075-551-8478 

営業時間/ ランチ 12:00~14:00  ディナー 18:00~22:00

定休日    水曜日

2009年4月19日 (日)

京都旅行2009春 №9 清水寺

お昼ご飯を食べて、午後から清水寺に来ました。生憎のお天気に

せっかくの景色も霧がかかったように見えます。

Picnik_3

だんだん雨が強くなってきています・・・が観光客はいっぱい。

せっかくですから、めげずに有料料金を支払い中にはいることにしましょう。

IMG_0379

人 ひと ヒト。。。 なるほど~~エゲツナイほどに混んでます。

皆さん、傘を持ちながら、写真を撮っています。

IMG_0380

ものすごく不愉快なことがありました。

みにも写真を撮っていたところ、2~3人組の関西弁のおばちゃんが

「おにーちゃん、どかしてー」

「どいてーー、邪魔やから、おねーちゃん」と

後方から何度も、大声をあびせかけられました。

(みには関西弁に詳しくはありませんがこうしたニュアンスの言葉です)

振り向くと「あんたっ!あんたっ!」呼ばわりの大合唱です。

どうやら、関西弁のおばちゃんの写そうとしている写真の構図に、私達が入る

からどけということなのです。

 

私も同じ有料料金を支払って、清水寺へ入場しているのです。

何の権利があって、公衆の面前で、どいて!と行動を規制されたり

あんた!呼ばわりされねばならないのでしょう。 

清水寺はおばちゃんの所有なのですかっ。 

 

だいたい、人にものを頼むのには言い方というものがあるでしょうに。。。

関西のおばちゃんの一方的な暴言激烈不愉快です。 

 

我慢。しかし、今日は、もう気分が悪くて、このあとの観光も夜桜も行く

気力がなくなりました。

 

一瞬にして、楽しいはずの旅の景色まで濁りますね。

嫌な思い出となって、正直、もう二度と清水寺に行く気になれません。

 

こうしたトラブルは多いらしいのですが、

まず、人にものを頼むには、相当の言葉を使って疎通をはかるべきなのでは

と思いました。言葉ひとつでもっと、普通になりえるはずです。

 

つまらない記事ですみません(u_u。)。 気にしないのが一番ですよね。

次は、いよいよこの京都旅行で一番のお気に入りとなったお店のご紹介 

楽しくて美味しそうな記事にしたいと考えています。 

競馬の話 皐月賞G1結果

皐月賞G1、結果は・・・ 

1着 ○ 16  アンライバルド
2着    4 トライアンフマーチ
3着 △ 15  セイウンワンダー

やられた・・・・ トライアンフマーチを買ってないことが問題ではなく

ロジユニと心中いたしました。  なむ~~(TωT)ノ~~~

さて、3連単は390930円ついてます。

無事、蘇生したら、また競馬がんばりま~す。

競馬の話 皐月賞G1

4月19日(日)は、中山競馬場で皐月賞G1が開催されるのです。

予想は・・・

◎  1 ロジユニヴァース
○ 16  アンライバルド
▲  7   ナカヤマフェスタ
△   2  リクエストソング、6 ベストメンバー、12   フィフスペトル
   15  セイウンワンダー、18  リーチザクラウン

ロジユニヴァース固定~。 フォーメーションでいこうと思ってます。
ロジユニ!頼みますよ~~。

当たるといいなぁ~。 

2009年4月18日 (土)

京都旅行2009春 №8 さだ吉 祇園

ディナーのお店を足で歩いてようやく確保。これで安心して行動できます。

と、その前に小雨の中をだいぶ歩いたので疲れたし、こ腹が空きました。

昼は軽く蕎麦ですませましょうか・・・。

ところが、蕎麦屋でも、つまみを置いていて一杯やれそうなお店が見当たりません。

おいおい・・・今度はランチのお店でさまようのかな。

完全に段取りが悪かった・・・旅の貴重な時間なのに~~。

そんなお困りの私達を救ってくださったのが、手打ちそば処「さだ吉

IMG_0359

              板わさ@480

飾り包丁が入っています。お洒落さんですぅ。

わさび醤油で。 濃い口醤油ですがやや甘めかな??

IMG_0361

              山菜天ぷら@650

衣は軽く、家庭的に揚がっていますね。

だいこんおろしを入れ、天つゆでいただきます。

IMG_0360 IMG_0362

つまみを並べたとあっては、飲まないわけにはいかないね~。

お酒は・・・日本酒上選(日の出盛)。お値段は一合@580

寒いのでお燗にしてもらいました。

他には、生ビール(小)@350(中)@580も、こちらは写真にはありませんが

はじめに「とりあえず~」で飲んでます~。

IMG_0365

              天ざる@1650→1950

2人で食べたいので、お店の方にお願いして蕎麦を大盛りにしてもらいました。

1950円は大盛りの割り増し分ですね。

天ぷらは、海老、ピーマン、かぼちゃ、茄子、大葉、海苔。

お蕎麦はやや太め。

 

お店はテーブル席のほか、小あがりの座敷もあります。総席数36席。

ちょっと、お蕎麦でも食べて帰ろうと気軽に寄れる街のお蕎麦屋さんです。

場所がら、観光ついでに入ってこられるお客様やお一人様もお見かけしました。

 

さて、お会計ですが2人で、

上記、お料理とお酒(生ビール@350、@580×2、日本酒@580×3)で、

合計は6330円なり~。 

現金会計でお願いします~。 

 

チビーズ達も疲れたでしょ。さっ、お蕎麦つるつるしようね。
(チビーズ)あーーー、チビッチが箸でつままれてるよ~~。

ちょっと座りが悪いもので・・・許せ チビッチ。
・・・・・。むぎゅ。

IMG_0368

みにーーー!! 

 

手打ちそば処 さだ吉

〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側279 本上ビル2F

TEL  075-531-6161

営業時間/11:30~20:00 ※シーズンオフの営業時間は11:30~17:00

定休日  月曜日 (祝日の場合は営業)

2009年4月17日 (金)

京都旅行2009春 №7 京都の街並み 祇園白川

食休みもしたし観光に出ましょう。なんか寒いねーー。 

小雨が降っています。 宿で傘を借りて鴨川沿いを歩き出しました。

IMG_0331 IMG_0332 

シブイ鳥を発見。 たたずまいが蓑を羽織ったおじいさんのようだ。

微動だにしません。いつまで鴨川の流れを見つめているのでしょう・・・。

クールなやつです。

IMG_0338 IMG_0339

鴨川沿いの桜の枝には小鳥も訪れています。

Picnik

いつの間にか、また祇園白川へ。 初日はタクシーで寄っただけなので

ちょっと、あたりを見て回りたくなりました。

というか・・・雨なので、遠出をして花見に行く元気がなくなった・・・

というのが正解かも。

Picnik

辰巳大明神  芸舞妓さんが芸事の上達を祈って訪れるというご利益のある

小さな神社。  風情のある白川にかかるのは巽橋。

 

調べたところ、昔このあたりには、たぬきが出て人を化かし、いたずらをして

いたそうな。  困った祇園の人々がこのたぬきを祀ったところ、いたずらが

収まったというお話です。 

初日に、この場所で舞妓さんに遭遇しましたが、TVドラマなど、撮影で

頻繁に使われる場所だそうです。

 

写真を写していると、川沿いに素敵なお店が並んでいることに気がつきました。

そうだ!今日は土曜日、私達のディナーはどうしよう~。

白川沿いの桜の見えるお店に、飛び込んであたってみると、すべて予約で

いっぱいでした。 中には1年前から予約しているお客様もいるとか。 

失礼しました。。。

 

場所を変えて、足で歩いて夜のお店を探そうっ。今夜は洋食がいいわっ。

花見がぐるめ探しな方向に進行しつつあります。

 

2009年4月16日 (木)

京都旅行2009春 №6 ホテルフジタ京都 朝食

朝がきたよ~。宿泊先はホテルフジタ京都

朝ご飯どうしよっか~。朝粥とかも食べてみたいよね。 

ここは、てっとり早くホテルのレストランにいってみましょうか。

地下の京料理 「水明」での朝食です。(朝食 7:00~10:00) 

ご飯はお粥と白飯を選ぶことができます。1つずつお願いしました。

お粥も白飯もお替りできます。

IMG_0324

              お粥バージョン

・冷奴、しらすおろし、ひじき、煮物、卵焼き・鮭・たらこ、漬物、赤出汁の味噌汁。

お粥用に醤油餡 (赤出汁の隣) がついています。

IMG_0328

              白飯バージョン

・冷奴、しらすおろし、ひじき、煮物、卵焼き・鮭・たらこ、漬物、赤出汁。

白飯には味付海苔です。

IMG_0326梅干、ちりめん山椒、きゃらぶき。

お粥、白飯、共通。ともに好みで使います。

こういうのをお粥にのっけて食べるのっていいね。 

おかずの卵焼きもふっくら、鮭も適度に脂がのっていてソフト。

煮物も繊細で上品に仕上がっています。 

おかずの、内容はごくごくスタンダードな感じですが、この品数の

そろえ方は理想の朝ごはんです。

よせばいいのに、お替りして食べてしまいました。

※お替りの際、お粥から白飯に変えても、白飯からお粥にかえてもOKです。

どれも安心して箸の進むものでした~。 美味いじゃん。 

 

たんと食べたわーー。  部屋へ戻って、食休みしてから観光に行こう。

連泊で宿をとっていると、こういうときにも便利なのでした~。

 

さて、お会計ですが2人で、合計は4620円なり~。

お支払いは~お部屋につけておいてね。 

2009年4月15日 (水)

京都旅行2009春 №5 木屋町 サンボア

せっかくの京都の夜

食後は、木屋町のBARに一杯だけ飲りに行ってみよう。

京都、四条の南座あたりを通って向かうことにしました。

IMG_0302 IMG_0309

到着したのは「木屋町サンボア老舗のBARです。通の喜びそうなお店かな。 

扉を開けると、カウンター席に先客が4名ほど。ちょっと躊躇しながら入りました。

というのも・・・・ものすご~~~く煙草臭い。

私は、煙草のにおいがダメということではないのですが、店内に染み付いた

においの上に、現在も進行形の煙草臭にはひるみました。 

換気が悪くて副流煙を吸い込むというより、店内の空気自体が煙草のかおり。

IMG_0313 IMG_0314

そんなことを言っていてはBARには行けないのかもね。

オールドパー スーペリオールのロックを1杯いただきました。・・・・。

チャームにはナッツ。

 

マスターの一見さんにも、オープンな接客のお陰で、大人のBARの楽しみ方を

教えていただいた気がします。

お店はカウンター9席とテーブルが1卓。ちょっとマスターの顔を見に寄って

いこうかなと立寄り心をくすぐる BARなのだろうと思います。

 

長っ尻はやめて、今日はもう帰ろうっと。旅の移動疲れも出始めました。

さて、お会計は、2人で約4800円なり~。

IMG_0316酔いさましは徒歩で宿まで。。

 

木屋町サンボア

京都府京都市中京区西木屋町通四条二筋上ル西側紙屋町 

TEL 075-222-2389 

営業時間/17:00~0:00、土日16:00~0:00

定休日   月曜日

2009年4月14日 (火)

京都旅行2009春 №4 京料理 花咲 祇園

3日(金曜日)、宿に到着時、ガイドブックを見て手配したお店へむかいます。

Picnik_6

祇園内の薄暗さに、しばらく歩くと、頭がクラクラしはじめました。

日常が、高い建物のひしめく都会の妙な明かりにどっぷり漬かってるみにには、

この夜の街は灯りは、静かでとても幻想的。

どこか次元のはざまに迷い込んでしまったような不思議な感覚。

・・・目が回る~、ちょっと歩行が右に左にちどり足状態。 危険。

ちょっと目が慣れるまで待ってね。 途中、喫茶店でお茶をして一息。

さあ、本日のお店は祇園 京料理のお店「花咲

Picnik_7

別館、1階個室でのお食事になります。

小さいながらも、中庭があります。

Picnik_8

夜の会席、夢コース@6825を注文することにしました。

なお、お店ではコースのお品書きは出されませんでした。

お料理を持ってきていただいたときに、説明があるだけです。

私が見聞きしたことから記事にしました。

IMG_0253 IMG_0256

先付 

柚子風味の豆乳豆腐。 手元で、後ろからくにゅ~と容器のなかみを押して、

豆乳豆腐を出します。 カイカン!

IMG_0257

だし鰹はやや甘め。ちょっとわさびがあったら、味がひきしまって良かったかも。

IMG_0259

前菜 

・ほたるいかとわけぎの酢味噌あえ・花わさびのおひたし・ソラマメ・煮貝

・白魚のみじん粉揚げ・ごま麩の田楽あえ

この中では、ごま麩の田楽あえが気に入りました。もっちりとしてるのですが

甘ったるさはないのです。

IMG_0260 IMG_0262

お造り 

マグロ、甘エビ、鯛。ホタテ、ホタテのひも。

筍の皮をキャンドルに仕立てて使ってます。

下は大根が皿代わり、演出がニクイね~~。

IMG_0263 IMG_0264

鯛が、もちもちとした食感で楽しめました。

IMG_0267 IMG_0254   

お酒は、ワイン シャブリ@4000と

日本酒 月桂冠京山水@650(一合)×2、グラスワイン@450

IMG_0270 IMG_0272

椀物

ホタテしんじょう、筍、若布、桜、木の芽。

ホタテしんじょうは、ハマグリの殻を利用して、形が整えられています。

出汁は昆布と鰹節にうすくち醤油。上品な味です。

IMG_0276 IMG_0277

焼物(炭火焼き)

鯛のふきみそ焼き、平貝の木の芽焼き、万願寺とうがらし。

万願寺とうがらしは春の京野菜ですね。季節感が入るのは嬉しいです。

IMG_0280

自分で焼けるのも楽しいですわ~。

IMG_0282 IMG_0284

煮物

うなぎと道明寺の桜蒸し。

綺麗ですね~~。でも、ごめんなさいっ。私、道明寺、超苦手ーーー。

餡の加減もよく仕上がってます。うなぎの小骨には気をつけましょう。

IMG_0285 

京都牛のステーキ

京都牛、たらの芽、こごみ、赤万願寺とうがらし。

京都牛は、はじめていただきましたが、柔らかくてくさみも無く、上質な和牛の

旨みがたっぷりです。 和風のソースでいただきます。

IMG_0290 IMG_0291

お寿司(左) 

イカ、海老、いくら、うに。

少し酢がきつく握り自体もかたい。口に含んで米がはらりと崩れるくらいが

よいのですが。。がっしがっしやぞっ。

鯛の赤出汁(右) 

鯛の旨みと脂が椀にでてます。美味しいのですが、握り寿司との

コンビネーションには、くどい感じがしました。

IMG_0297 IMG_0300

デザート(左) 

苺、バニラアイス、自家製わらびもち

きなこのかかった自家製わらびもちは、風味豊かでとろけるような口ざわり。

美味しい和スイーツです。

お茶(右)

以上で終了でした。ごめんなさい。私は夢コースを注文したつもりでしたが

お店のHPを見ると、京都牛のステーキが入っているので

花コース@8400かもしれません。

しかし、昼ならまだしも、夜の完全個室会席で、これだけのお料理。

東京では、万超えはしますわ。

 

利用させていただいた個室は掘りごたつ式に足を下ろせるようになっています。

足元には、床フロアのクッションカーペットが敷かれていました。

また、お店は舞妓さんも呼ぶことができるそうです(要確認・予約。)

 

感想としては、観光客向きのお店といった感じでしょうか。抜きん出るという

ものはなし。雰囲気はありますが、せわしないところもあります。

接客慣れをした女性の方と板前さんに、お見送りをしていただいてお店を

あとにしました。ありがと~。

 

さて、お会計ですが2人で、合計は25520円なり~。

現金会計でお支払いの場合のみ、お土産で「ちりめん山椒」がいただけます。

ちなみにお店は、カードでのお支払いも可です。 

 

チビーズはお店どうだった~?

(ぬいさん一同)ボク達は個室だからゆっくり楽しめたよ~。

お肉もデザートも美味しかったもん。

お店の女の人が頭なでてくれたよっ。いい人たちだよ~。

(ララ・メイ)私もついに、牛食べるようになったわ~。あっ、聞いてないわね。

IMG_0287 IMG_0298

 

花咲( はなさき)

〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町南側570-17

TEL     075-533-3050

営業時間/昼食 12:00~14:00(L.O.) 夕食 17:30~21:00(L.O.)

定休日   不定休

http://www.gion-hanasaki.com/

2009年4月13日 (月)

京都旅行2009春 №3 青蓮院~円山公園

京都、花見の名所、八坂神社の境内に続く円山公園の祇園枝垂桜

見に行こう。

平安神宮を出たあとは、地図を片手に徒歩で移動です。

IMG_0210 IMG_0211

途中、青蓮院門跡 (しょうれんいん もんぜき)

京都市天然記念物、クスノキ(右)がとても見事でした。

IMG_0212将軍塚のライトアップ。

興味があったのですが、行動予定に入ってません。断念。

IMG_0213

知恩院三門。 拝観時間は午前9時から午後4時。閉門が午後4時30分

ということで、入れませんでした。

IMG_0215 「ミッドナイト念仏 in 御忌

あ~~、こういうのスキだわーー。 木魚を叩いて一同に念仏をとなえる。

ちょっとしたトランス状態かも・・・。京都にいたら絶対ヤリタイ、イベントだわさ。

Img_0216jpg_2 Img_0225jpg_4

ミッドナイト念仏ぅぅぅーー。に心を残しながら

知恩院南門から円山公園へと移動です。赤い敷物がいいね。

でも、こうした出店の状態は、どこも変わりませんね~。人だらけ・・・。

IMG_0224かたい桜の蕾にほっとしたりします。

IMG_0226

円山公園の祇園枝垂桜 日暮れには少し早い時間でした。

とりあえず合唱~~(^人^)

IMG_0229 IMG_0233

八坂神社に移動し、舞殿(左)を写したあとは、西楼門(にしろうもん)から

祇園の街にくりだすぞぉ~~。  観光客パワー全開。 

2009年4月12日 (日)

競馬の話 桜花賞G1結果

桜花賞G1、結果は・・・ 

1着 ◎  9 ブエナビスタ
2着 △ 18  レッドディザイア
3着 △ 15 ジェルミナル

やったーー!きたぞーー、よーやくきたぞーー!

ブエナつよ~~。 最強じゃ。

さて、3連単は5680円ついてます。

・・・・ん、えーとブエナビスタ固定の3連単フォーメーションで5600円

で、5680円・・・・80円プラスですかっ。 なんと奥ゆかしいこと。。

勝ち癖をつけるってことで今回は満足しましょう。

ありがとう。お馬さん。

競馬の話 桜花賞G1

4月12日(日)は、阪神競馬場で桜花賞G1が開催されるのです。

予想は・・・

◎  9 ブエナビスタ
○  1 ダノンベルベール
▲ 13  カツヨトワイニング
△   5 アイアムカミノマゴ、6 ワンカラット、7   サクラミモザ
   14  ルージュバンブー、15 ジェルミナル、 18  レッドディザイア

ブエナビスタ固定~。 フォーメーションを狙おうと思ってまする。
G1だもの~。 

当たるといいなぁ~。 

2009年4月11日 (土)

京都旅行2009春 №2 祇園白川~平安神宮

京都に到着。タクシーで宿に向かう途中で祇園白川に寄り道しました。

IMG_0164 IMG_0163

ん?桜はちょろちょろかしら~~。

IMG_0166 IMG_0167

街並みが京都に来たーーーって感じですね。

Image_3 Image_4

たまたま、舞妓さんが撮影にいらっしゃいました。 おぉ!私も写させてね。

IMG_0172 IMG_0173

荷物を置いた後は、平安神宮からです。

IMG_0174 IMG_0175

有料の神苑に入りました。 

IMG_0176 IMG_0177

日本最古の電車。引退後は平安神宮の神苑にいたのですね~。

IMG_0179 IMG_0180

春の七草が植えられていました。

黄色が綺麗なので写しました。スズナです。

IMG_0185

池に映りこむ桜も風情があります。

IMG_0187 IMG_0189

遠くに見えるのは、東神苑(右)。なんと雅でございましょう。

IMG_0190

IMG_0192

IMG_0193

小さな鳥さんを発見。そっと写しましょう。あぁ一眼レフがほしいな~。

IMG_0196 IMG_0197

泰平閣(たいへいかく)を渡って周囲を見回して見ましょう。

IMG_0198

緑が深くて、落ち着けますね。

IMG_0199

どこを写しても絵になるとこが凄いですわ。

IMG_0201

ここだわ~。 よくTVに出てる夜桜ライトアップの名所。

残念だけど、まだ早い状態です。 

「紅しだれコンサート2009」 4/9(木)~12(日)に開催ということは,
あとから知りました。 無念。

IMG_0205神苑を出て、境内の左近の桜です。

こちらは見事に咲いていました。

2009年4月10日 (金)

京都旅行2009春 №1 品川での駅弁

4月3日から2泊3日で京都に旅行しました。 

今回の旅の目的は京都の桜が見たいよっです。

しばらく、「みにの夢色探索」は京都旅行の記事が続きます。  

新幹線のぞみで向かいますが、まずはお弁当を買わなくちゃっ。

品川駅からの乗車のほうが近いので、同駅の「ecute」で揃えることにしました。

1階には惣菜や弁当などを、販売しているお店が入っています。

Image_4 Image_5    

できたての熱々をテイクアウトできるお店もあります。

Image_6 Image_7 

目移りするところですが、今回はつばめグリル、なだ万厨房、てとて の3店から

少しずつ購入しました。

Image_8GIOオーガニックカフェ品川駅店 

無事に弁当類と、缶ビールは駅構内の売店で仕入れたあとは、新幹線乗り場前の

GIOオーガニックカフェで生ビール@550を一杯飲みながら時間調整です。

IMG_0141

新幹線、改札を入ったとこにありましたっ。「品川貝づくし」 

あ~~、コレ食べたかったんですよ。駅構内の駅弁屋さんを探しても無かった

から諦めてecuet で弁当を買ったのに~~。 新幹線の改札内かぁーー。

このお弁当はかつての品川宿にちなみ、東海道新幹線の停車駅になったことで

できた品川名物の駅弁。。悔しいから商品サンプルを写してしまえっ。

 

味がしみこんだ茶飯のうえに、刻み海苔と一面にちりばめられた貝。

おかずは煮物に卵焼きーー。 聞くところによると、冷めても美味しくて

ビールにあうんですってーーー。 品川イチオシの駅弁ですっ  

品川駅から新幹線ご乗車で食べてみようかなと思われる方は、

改札を入ってすぐの駅弁屋さんにあるので、チャレンジしてみてくださいね。

IMG_0142  IMG_0144 

品川貝づくしのショックをひきずりながらホームで待っていると・・・

のぞみが入ってきました~~~。 くうぅぅぅーー無念。 

私は、鉄道くんには、なれそうもないです。もたもたしちゃって入ってきた瞬間を

シャッターにおさめることができませんでした~~。

IMG_0135 やっぱ、私にはご飯ですね

さぁ、動き出すや否や、気をとり直して仕入れた弁当をひろげましょう。

列車の楽しみは、お弁当から始まります~~。

IMG_0136

          なだ万の惣菜@997

正式な名前を控えるのを忘れてしまいました(*_ _)人ゴメンナサイ

・筍と牛肉の煮物。 牛肉の旨みがまわり、やや濃い目の味付け。

・卵焼き、つみれ、さつまいも。

・小松菜、油揚げ、桜海老の煮びたし。

・煮豆、レッドピーマン、昆布、さつまあげ。 さつまあげは卵白の効果でしょうか?
ふっくら柔らか、玉葱が入っていて甘みがありました。

・がんもどき・海老・しし唐・蒟蒻の煮物。

・蓮根のはさみ揚げ、蒲鉾。蓮根に挟まれているのは蛸入りのすり身です。

全体的には上品に仕上がっていますが、それぞれに味の変化がついています。

間違いのない味ですね。

IMG_0148

   てとての鯛めし弁当@987 

「鯛の旨味がたっぷり詰まったスープで炊き込んだごはん。鯛のほぐし身入り。」

おかずは、サーモントラウト酒肴焼、煮物、揚げいかしゅうまい、玉子焼。

IMG_0150

鯛めしは冷めていても美味しくいただけるのですが、

脂ののったサーモンを一口、鯛めしを一口と交互にいただくとなおさら美味しい。

よく合いますね~。これは買って正解のお弁当ですYahho01  

しゅうまいは味つき。煮物はどんこの出汁がきいてます。

淡白な旨味をもつ鯛めしにあう、しっかりとした味付けのおかずで構成され

お弁当として、とてもバランスがとれています。

IMG_0151 IMG_0155   

ハンブルグステーキで有名な、

つばめグリルからは、帆立貝のクリームコロッケ@210

ぽってりとして美味しいね。お約束の味って感じ。ボリュームあります。

チビーズ、鯛めし弁当はいかがかな?

炊き込みごはん弁当は他に「桜えびと山菜ごはん弁当」

「あさりと竹の子ごはん弁当」があったよ~。おかずは同じなんだけど

鯛めしは、普段作る機会がないから選んだんだ。美味しいよ~。

IMG_0156

車窓からは見事な富士山が見えました。

ちょっくら、京都にいってきま~すヽ(´▽`)/

IMG_0157 Image_9

2009年4月 9日 (木)

目黒川の夜桜 中目黒

食事のあとは、夜桜見物ですヽ(´▽`)/ 見てください。別世界が広がってます。

IMG_0612

提灯の灯りが、桜を艶っぽく浮きあがらさせ、昼間の桜とはまた違った情景です。

幻想的な夜桜は見る者を魅了してやみません。

目黒川に反射した灯りも、別世界への誘導灯のようです。

IMG_0602

ため息のでるような美しさに、立ち止まり、時を忘れてしまいそう。

中目黒付近の目黒川の川幅は、桜の交差にちょうど良いのです。

IMG_0604 IMG_0606

中目黒駅周辺から大橋あたりまでは、桜の種類が同じなのでしょう。

足並みを揃えて咲き乱れるので、このような光景を見ることができます。

IMG_0614

ぜひ、一度、東京、中目黒の桜を見にいらしてくださいませね o(*^▽^*)o

2009年4月 8日 (水)

TI PICCHIO 中目黒

花見のあとはご飯ですよね~。歩き回ったからお腹空いたよ~。

でも、今回は予約してないんですよね。どこか入れるお店あるかな~。

平日ですが、川沿いのお店は難しいぞぉ~~??

当たって砕けろっで、飛び込みました。

TI PICCHIO」( ティ・ピッキオ)目黒川沿いのお店。イタリアンです。

以前書いた「情熱酒場 亀吉商店」と同じビルの3階です。

IMG_0563 IMG_0564

予約が20時30分から入っているらしく、20時15分までならばOKということでした。

総席数22席という店内はこぢんまりとしています。

私たちは思いがけず、窓際の席に着席できました。 

桜のシーズンはメニューが決まってしまうらしいのですが、アラカルトでも注文を

受け付けていただけました。 

IMG_0573

        新鮮ないわしのマリネ@880

まずは、前菜から新鮮ないわしのマリネを選びました。

オリーブオイルに鷹の爪が入ってます。少し漬かりすぎたのか超すっぱ 

でも、食べていくとこの酸味と辛さが癖になりそう。 食欲を刺激されました。

IMG_0570 IMG_0591 

お酒は、生ビール@700にハウスワイン(白)@3500を注文。

IMG_0574 IMG_0582

先ほどのすっぱ辛いマリネのオイルをパンにつけていただきました。

次はパスタを注文。手長エビのリングイネ(右)@1850 

アップで見てみましょう。

IMG_0587

魚介の旨みを凝縮したソースが、もちもちとした食感のリングイネに絡み

ばっちりソースを吸い上げ、想像以上の美味しさです 

パスタのアルデンテ状態もしっかり保たれています。

IMG_0595

       かじきまぐろのソテー@900×2

アラカルトで注文しようと思ったお料理が本日はないということでした。

お魚がどうしても食べたいとお願いしたところ、かじきまぐろなら出せますと

お答えをいただけました。

お値段を聞いたら1枚900円。 じゃぁ、2つくださ~い。

IMG_0597

厚みのあるかじきまぐろ。塩、胡椒がきいてます。

レモンを絞りながらいただきます。

ぴりっとした胡椒とゴマの香りにほのかな苦味のするルッコラは

ベストマッチです。 シンプルながら優秀作です~。

これは、よく冷えた白ワインにあいますよ。 

お店は桜の時期にぴったりのロケーション。店内を見渡すと、いつの間にか

席は埋まっていました。 

男性のシェフと女性が2人、計3人で忙しくお店を切り盛りなさっています。

さて、お会計ですが2人で、

上記、お料理とお酒のほか、ハウスワインのデキャンタ(白)@2850も注文。

合計は13430円なり~。

ちなみにお店は、カードでのお支払いも可です。 

IMG_0580 IMG_0581

窓の外をみると、日も暮れて桜並木がまた別の顔を見せ始めました。

IMG_0599

お店を出て階段正面の桜が手招きをしてくれてるようです。

さぁ、再び夜桜見物に参りましょう。

 

待って~。ボク達のページを忘れちゃやだよーー。

IMG_0577 IMG_0589

お店はナポリの伝統的な料理を大切にしてるんだって~。

シェフはナポリで修行をなさったんだって~。

でね、この日は月曜日だったけどお店は営業していたよ。

きっと、桜の時期だからだね~。

 

TI PICCHIO( ティ・ピッキオ)

〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-16-9 サクラガーデン3F

TEL 03-5458-2331

営業時間/11:50~15:00(L.O.14:30) 18:00~23:00(L.O.22:30)

定休日   月曜日

http://www.ti-picchio.com/ 

2009年4月 7日 (火)

目黒川の桜 中目黒

2009年、目黒川の桜~。満開ですヽ(´▽`)/ばんざ~いっ。

IMG_0538

日の落ちる前にやってこれました。どの桜を写しても、一つとして同じ桜に見えず

飽きることがありません。

IMG_0531 IMG_0526

奥行感が素晴らしいですね。桜のアーチの向こうには、この期間だけ現れる

不思議な世界があるかもしれません。

IMG_0527 IMG_0543

川に沿うように提灯が吊るされています。あかりが灯るのが楽しみです。

Picnik_5

真上の写真は中目黒駅に一番近い場所ですが、桜の花びらを追いながら

大橋方面まで川沿いを歩きました。

中目黒の桜は、おそらく今週で終わりになると思いますが

桜の花びらの舞う目黒川沿いを歩くのもまたオツなものです。

 

こちらへは、東急東横線「中目黒」駅下車。

改札は一つなので出て、正面の信号を渡ってくださいね~。

道一本奥に目黒川がありますが、すぐわかると思います。 

2009年4月 6日 (月)

永坂更科 布屋太兵衛 麻布十番

麻布十番商店街「永坂更科 布屋太兵衛」でお一人ランチにすることにしました。

時間は13時30分を過ぎたころ、そろそろお客様も少なくなってます。

IMG_0123 IMG_0127

空いていたので、4人掛けのテーブル席に座ることができました。

IMG_0109

春の店長お奨めメニューの天桜切り蕎麦、お蕎麦がほんのり桜色で気になるとこ

ですが、冷たいそば かき揚げ御前@1750を注文することにしました。

ここで、永坂更科のお蕎麦について

  • 御前そば そばの実の芯のみで打った純白のそば@860
  • 太兵衛ざる 石臼挽きのそば粉を八割使用 細打ちでのどごしの良いそば@860
  • 生粉打ちそば 石臼挽きのそば粉のみで作った香り豊かなそば@860
  • お茶切そば 抹茶を打ち込んだ香り豊かなそば@960 

私の注文はかき揚げ御前 なので純白のそばが出てくるハズです。

IMG_0108

まずは、そば汁が運ばれてきました。あま汁とから汁です。

吟味した鰹節に、味醂と醤油、砂糖で味をととのえたコクのあるそばつゆとのこと。

自然の調味料だけの伝統の味。

あま汁(甘口)とから汁(辛口)を好みでブレンドしていただきます。

薬味はネギとわさびです。

このあま汁はやったら甘い。そば汁は辛めが好きな私は、こちらのから汁も

甘く感じます。 ブレンドしたら甘ったるくて尻がむずがゆくなっちまう。 

IMG_0112

お~~っと、そろっちゃいましたよ。かき揚げ御前@1750 

IMG_0115

天ぷらは注文を受けてから、揚げてくれています。あっつあっつ。

ボリュームのあるかき揚げからは、香ばしいごま油の香りがします。

また、温かいそばでも、揚げたてのさくさく感を楽しんでいただくために天ぷらは

別皿に盛られてくるとのこと。 ようは後のせ、さっくさっくってやつですね。

IMG_0120 IMG_0119

中も見てくださいっ。立派なぷりっぷりの海老がごろごろ入ってくれてます。

そして、このわさび。 からっーーーい。こういうのを待ってましたヨ。

IMG_0116

おぉ、純白じゃ~~。 しばらく合掌~(^人^)

さて、いただくとするかな。

んーーー、少々べたつき、茹で加減も微妙。
コシがあるのかないのか、中途半端です。。そばのもつ甘みもなし。

噂では、味が下降線をまっしぐらとも聞き及んでますが・・・。

私のテンションも下降線をまっしぐら

ん十年前、はじめて永坂更科のそばを食べたときの感動はもはやありません。

時の流れって残酷だわ~。

IMG_0125 そば湯はさっぱりしすぎ。

もう少しコクを感じたかったなぁ~。

これでは、みにの顔は洗えません・・・。  

 

本日は御三家そば(砂場・藪・更科)の更科。

永坂更科 布屋太兵衛に寄ってみましたが、麻布周辺には更科が3店ありますので、

次回はそちらで、お蕎麦をいただいてみましょう。 

 

永坂更科 布屋太兵衛 (ながさかさらしな ぬのやたへい)

〒106-0045  東京都港区麻布十番1-8-7

TEL   03-3585-1676

営業時間/ 11:00~21:30

定休日    年中無休

http://www.nagasakasarasina.co.jp/

2009年4月 5日 (日)

競馬の話 産経大阪杯G2結果

ども、相変わらず競馬の神様から見放されているみにです。 
結果が出てます。

産経大阪杯G2、結果は・・・ 

1着 ◎   8 ドリームジャーニー
2着 △   11  ディープスカイ
3着 ○   2 カワカミプリンセス

かる~~く予想で購入していないときは、クルのですね。 
小当たりです。3連複は1540円ついてます。

買っておけばよかった~~。 次週、桜花賞G1はがっちり購入します~。


競馬の話 産経大阪杯G2

4月5日(日)は、阪神競馬場で産経大阪杯G2が開催されるのです。

予想は・・・

◎  8 ドリームジャーニー
○  2 カワカミプリンセス
▲  3  サンライズマックス
△  11  ディープスカイ、5、ヴィクトリー

かる~~く予想してみました。  イメトレ中です。

2009年4月 4日 (土)

揚州商人 目黒

目黒でお一人ランチです。 センチメンタルジャーニーKaeru002第3弾かっ。 

お店は「揚州商人」目黒本店です。 店内はカウンター席のみ。

お昼の混雑時は後ろの壁にへばりつく様に起立。

先駆者へ熱視線ビームを放ちながら順番待ちをするのです。

IMG_0005

実は、ランチのメニューも変わって当時を偲ぶことはできないものに

なっています。昔は日本人のスタッフがほとんどでしたが、今は中国の方で

占められています。

みには、ラーメンに高菜ご飯をつけたセットが大好きだったのですが

今はもうありません。  現在のお店イチオシメニューは

IMG_0010

             スーラータンメン@880

ということなので単品で注文してみました。麺は注文時に刀切麺(とうせつめん)か

柳麺(りゅうめん)かを選びます。 刀切麺(とうせつめん)は中国伝統極太麺とのこと

ですが、一般的な馴染み深さを考えて、柳麺(りゅうめん)でお願いしました。

具は、椎茸、ザーサイ、たけのこの千切りと豚こま、白髪ネギ少々に溶き卵です。

IMG_0013柳麺(りゅうめん) ストレート麺。

見るからにラー油が勝ってるよう。むせるような酢の香りも弱い。

すっぱ辛いのも好きなので、他店でもいただくことがありますが、

コクのある酸っぱさ辛さが他とは違うというフレーズのわりには、ごくごく普通すぎ。

 

周囲をみると人気のスーラータンメン(柳麺で)ご注文のお客様もいらっしゃいますが、

個人的には、揚州商人のさっぱりしたスープの味が好きなので、醤油ラーメン、

ワンタン麺の塩が、やはりお気に入りです。 

こちらのワンタンのつるっ、ぷるんとした食感はとってもやさしくて安心できます。

 

流行や時代によって、メニューも変わっていくのは仕方ないのですが、

スタンダードなものもいつまでも残していってほしいな~と思うのでした~。 

IMG_0014現在は、各種麺にランチの炒飯や

杏仁豆腐をセットするメニューがカウンター席に置かれていました。

店内内装はほぼ変わってませんでしたが、厨房内やスタッフ、ランチメニューも

変わり、ちょいとセンチメンタル不十分な~お一人目黒でした。

 

揚州商人 目黒本店

〒153-0063 東京都目黒区目黒1-6-16 ミョンドンビル 1F

TEL   03-3494-0166

営業時間/11:00~翌4:00

定休日    年中無休

http://www.whistle-miyoshi.co.jp/yousyuu/

2009年4月 3日 (金)

鉄板焼 東洋 三越前

また、三越前だ~。

今日のお一人ランチは「東洋

東洋は三越前に、鉄板焼・洋食・和食と店舗があるのですが、本日は

鉄板焼のお店へむかいました。

 

場所は日本橋三越の前、鰹節の大和屋さんを曲がった通りになります。

店内は鉄板を囲んだカウンターとテーブルは4卓ほど。こじんまりしています。

鉄板の前にはシェフがお2人。奥には髪を三角巾でまとめ、一生懸命にご飯と

お味噌汁を用意するおばちゃんの姿が印象的です。ホールスタッフもおばちゃん2人。

今回は、お一人さまですが、2人用のテーブル席に案内されました。

 

ランチメニューの中から豚肉の生姜焼き定食@1050を注文。

IMG_0018

ランチにはサラダ、おしんこ(たくわん、しば漬)、味噌汁つきです。

サラダはレタス、キャベツ、人参。ドレッシングはやや甘めです。

IMG_0021

もやし、キャベツ、人参の野菜炒めの上に豚肉の生姜焼きがカットされて

運ばれてきます。この生姜焼きはこってりと甘めですね~。

(あっ、ちょっと写真が失敗、ブレ気味です)

IMG_0024

あつあつの野菜炒めをご飯にのっけて~。 合間に生姜焼きをパクパク。

自由人スタイルでいただきましたKaeru001 

お味噌汁の具は若布と豆腐。

 

ランチで比較的よく出ていたのは、じゅうじゅう焼きと和牛ハンバーグ。

この豚肉の生姜焼は、ホールのおばちゃん達に「とんしょう」と略されて

オーダーが通されていました。 

 

お昼の時間に、あっつあつのものがいただけるのは嬉しいですね~。

鉄板で焼ける過程を見ながら、じゅーーという音を聞いてると、実に食欲が

わいてきます。 おばちゃんが盛ってくれた温かいご飯を噛みしめながら午後も

がんばろ~と思うのでした。

 

※みにの独り言

レストラン室町東洋はよくランチでお世話になったお店。

みにはこれをきっかけに、グルメブログをはじめたのです~。

 

鉄板焼 東洋

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-5-2 東洋ビル 1F 

TEL     03-3241-0003

営業時間/月~金   11:00~15:00  17:00~23:00
       日・祝    11:00~16:00  17:00~21:30
       第2第4日曜はランチのみ

定休日    土曜日

http://www.m-toyo.jp/

2009年4月 2日 (木)

ブラッスリー イール 中目黒

28日の二次会の写真もありました。

道路を渡り中心よりの目黒川沿いのお店。

どこも、花見のお客さんでいっぱいと思いきや、タイミングよく入れたのが

BRASSERIE ILE」(ブラッスリー イール) 白い扉が印象的。

小さな可愛らしい、カジュアルフレンチのお店です。

IMG_0096 IMG_0097

手ごろにグラスワインが600円でいただけます。

IMG_0102

豚肉のリエット@1200  

お腹は先ほどのお店で満ちているので、軽くいただきました。

IMG_0103あらあら、チビーズ出てきたね。 

ご飯食べたかったんだもん。 邪魔してごめんなさ~い。

 

感じのよいマダム?が接客をしてくれました。正直、1次会でさんざん飲み食いして

いたので、お料理をじっくり味わうどころではなかったのが申し訳なかったです。

あとから調べたところ、ランチメニューセットが1200円でいただけるとのこと。

一度、友人を誘って、ゆっくり再訪してみようかと思っています。


さて、お会計ですが、もう一杯やろうと残った2人で、

上記フード@1200、ドリンク@600×3、合計は3000円なり~。

ちなみにお店は、カードでのお支払いも可とのことです。 

 

BRASSERIE ILE(ブラッスリー イール)

〒153-0051  東京都目黒区上目黒1-5-13

TEL   03-5721-8070

営業時間/11:30~14:00(L.O.14:00)  18:00~23:00(L.O.23:00)

定休日    不定休

http://gourmet.yahoo.co.jp/0007741590/0011519596/

2009年4月 1日 (水)

あきら 中目黒

中目黒・・・3月28日の写真です。。。。ってこれは去年の桜ですわっ。

DSC00329

8分咲きといったとこでしょうか、きれいです。

みには小さいころは中目黒に住んでいましたので、この川沿いは

おつかいコースでした。  この桜のアーチの先には何があるのでしょう。

ひょっとしたら、このアーチをくぐっていけば小さい頃の自分と若かった頃の母が

そこにはいるのではないか・・・毎年思うことです。

タイムスリップ? 不思議な気持ちにさせてくれます。

DSC00345

夜は提灯の灯りがまた、桜を妖艶に映し出してくれます。

ところが・・・下の写真は、今年同じ3月28日の中目黒です。開花宣言が出されてから

冷えこみがきびしかったので、桜どころではありません。

IMG_0107

去年の桜の状況で28日なら、まわりの桜も見ごろと早々とお店を予約。

お花見の集まりを企画してたんですよね~~。

今年の桜の写真はまたの機会で、とっとと中目黒のお店へ向かいましょう。

本日のお店は中目黒駅から徒歩5分の「あきら」 

中心の目黒川から少し離れた場所。道路を渡った先の目黒川沿いになります。

こちらのエリアのほうが落ち着いていていい感じです。

IMG_0064

お店の前の桜は八重桜でして・・・まったく咲いてませんよ。

それがどーしたっ。酒も入ればじっくり桜を愛でる間もなかろう。

IMG_0065 IMG_0066

お店はカウンター、テーブル、座敷席と総席数42席。

私達は早々の予約効果バッチリで座敷席 窓際の角。 

桜のを見ながら一杯やりましょう。

古民家風の造りが、温かみを感じさせてくれて、居心地のよい空間ができあがってます。

IMG_0070 IMG_0075

今回はコースを予約していないので、てきとーに注文です。

まずは、生ビール@590で乾杯。このグラスがお店の雰囲気にあってますね。

七輪焼をお願いしたので、早速テーブルに炭が運ばれてきました。

この七輪で何をするかって? 自分達で焼き鶏を焼く のです。

窓際は冷えるから炭の熱がありがたいわ~。

IMG_0077

              砂肝刺@630

新鮮な砂肝ならではの刺身ですね。ごま油と塩またはにんにく醤油。

お好みでいただきます。こりっこりっとした歯ごたえはたまりませんね。

卓上にはすりおろしニンニク、すりおろしショウガ、柚子胡椒あり。

IMG_0079

                              あきらの白菜サラダ@600

白菜に塩昆布がベストマッチ。生の白菜が塩けでちょうど良いシャキシャキ状態に。

少量のマヨネーズが入っているところが、またポイントです。

これ、お家で真似してみたいサラダです。 もちろんあきらの人気メニューです。

IMG_0083

            鶏山かけ@600

新鮮な霜降りささ身は、表面を軽くあぶられて入っています。

もっちり、ねっちりコシの強い山芋。手もとで醤油をかけ、わさびも混ぜ混ぜ

していただきます。

私はとり刺しは苦手なほうなんですが、これは抵抗なくいただけました。

びっくりするぐらい美味しいですよ~。

IMG_0084

ワイン頼んでます~。シャンドン グリーン ポイント シャルドネ(白)@4500

こちらのお店は焼酎、日本酒はショット売りで、ボトルはありません。

ワインはボトルでお願いできましたが、ラインナップはお高めかもしれません。

あっ、ワインと一緒に写っているのは、つきだしの生キャベツ、甘辛い味噌つきです。

IMG_0089

          焼き物盛り合わせ@1800

左上から右へ→鶏カルビ、せせり、三角軟骨、

左下から右へ→つくね、砂肝、砂肝の皮、ぼんじり、こころ 

あらかじめ塩、胡椒が軽くふられていました。

卓上の薬味はレモン塩、塩、七味とうがらし。他には甘だれ、辛だれがあります。

鶏カルビのジューシーさも三角軟骨のコリコリとした食感も良いですが

私のお気に入りはこころ 

柔らかくはつらつとしたこころはぷりっぷり、噛みしめるとあっさりとした脂が

じゅわ~~とひろがります。だんぜん塩ですよ~~。

追加注文をしたのは言うまでもありませんっ。

IMG_0088 IMG_0091 

つみれはシソで包まれています。片面ずつ焼いて7-8分ぷっくりと膨らんで

肉汁がこぼれでるくらいになったら、タレの入った温泉卵にからませていただきます。

この温泉卵も濃厚な味です。ゲキウマー 

 

Okini02_3 お店の雰囲気もよし、鮮度のよい鶏も美味しい。

かなり満足を得られるお店です。

 

今日のお料理のご紹介はここまでです(*_ _)人ゴメンナサイ

このあと仕事の関係で遅れて参加の友人も加わりさらに本格的に料理を追加し、

飲めや食えや時間の限りの花見?の宴となりました~。

花見の時期は完全2時間制となっております~。

 

さて、お会計ですが、一人あたり5000円ぐらいでしょうか。

ちなみにお店は、カードでのお支払いも可です。 

IMG_0095チビーズごめんね~。

テーブル小さいし、出番がないねっ。

くんくん、今日は大人さんの集まりだからね。みにのコートの上で

いい子にしてるよ~。楽しめてよかったね~。また連れてきてね~。

 

あ き ら

〒153-0061 東京都目黒区中目黒1-10-23 リバーサイドテラス106号

TEL        03-3793-0051

営業時間/17:00~03:00(L.O.02:00)  

定休日    無休

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »