2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« イル・バーカロ 新宿 | トップページ | つるとんたん 六本木 »

2008年12月26日 (金)

Cucina Amano 曙橋

23日、クリスマスイブのお食事に変えて、イタリアンの「Cucina Amano」に

予約を取っていました。

お店は、曙橋から靖国通りを新宿方面に歩いた通りに面しています。

店内は、カウンター4席とテーブル席合わせて16席ほど。

厨房は大き目のオープンキッチンになっており、男性のシェフと

ホールの女性が二人でお店をきりもりなさっています。

DSC01890 DSC01894

手書きのメニューはとても素朴。今回はPranzo C @3570のコースを注文。

利用は2名です。

               DSC01896

前菜 本日の前菜盛り合わせ

            ちょっとズームアップしてみましょう。

DSC01898 DSC01897

左の写真から順に、ハム類と葉もの、焼きかぼちゃと茄子・いわしのマリネ、
スモークチキン・パプリカ・モッツァレラチーズ、タコ・大根のマスタードドレッシング、

右の写真にうつりまして、ホタテのスモーク、ボイル海老にドレッシング、
サーモン・トマト・魚のスモーク?、白身魚の揚げたものにタマネギと人参の
オイル漬け、ほうれん草のキッシュ、ツナとタマネギにフランスパン

(お料理の説明がなかったので、あくまでも見た目と味から判断したものです)

・・・と、長いお皿に充実の前菜がずらりと並び、こんな具合に盛りだくさんです。 

目にも楽しく、食べても味良しです。

しかし、残念なことに取分けは禁止ということなのです。 

なので、半分食べて、お皿を交換しながらお料理をいただくことにしました。

       DSC01899   

前菜 カリフラワーのパンナコッタ 生うに添え えんどう豆のソース

    口さわりの良いパンナコッタに、えんどう豆のソースがからまり
    最高に美味しい前菜です

DSC01900 DSC01901

パンです。 パンと言えばチビーズ。 

くんくん、今日はイタリアご飯だね~~。

DSC01904 DSC01903

パスタ(左)

有機野菜とアンチョビのスパゲッティ カラスミ添え

    ブロッコリー、アスパラ、ズッキーニ、キャベツにカラスミが
    刻んでかかっています。麺はやや太めのスパゲッティーニ。

    オリーブオイルの乳化の具合、ガーリック、カラスミを含めて塩加減も
    良く家庭的でもありながらも、プロの味が完成されていました。

パスタ(右)

バベッティーネ 魚介のラグーソース サフラン風味

    バベッティ-ネは、バベッティを細くしたもので、スパゲッティを押し
    つぶしたような断面が楕円形をした平たいパスタであり
    リングイネとも呼ばれます。
    オイルベースや魚介のソース、クリーム系の濃厚なソースとも
    良く合います。

    このバベッティ-ネにホタテ貝柱、トマト、イカ、アサリ、ムール貝
    などをあますことなく使ってます。

    魚介との絶妙な味のバランスが取れていました。   

      DSC01911  

主菜 真鯛と帆立のポアレ カポナータ添え

   野菜使いが実に美味く、カポナータが真鯛と帆立のポアレに
   マッチし、双方の素材の旨みが出ています。

       DSC01908    

主菜 和牛 ホホ肉の赤ワイン煮 パプリカ風味 “グーラッシュ”

   ホホ肉は、すでにとろとろ、タマネギの甘みの出たソースは逃す
   ことなくいただきたい主菜です。

DSC01912 Dsc01895

ワインもボトルでいただいていますよ~。

白ワイン、赤ワインとも3000円台からリストにありました。

各テーブルには、お花も添えられてます。こういうのっていいですね。

DSC01914 DSC01915 

デザート(左)

カラメルのババレーゼ 当家風

    コーヒーリキュールのきいたババレーゼ(ババロア)バナナがまた
    アクセントになって美味しい。

デザート(右)
オレンジとグレープフルーツのテリーヌ ブラッドオレンジのソルベ添え

    さっぱりとフルーツの酸味の美味しい一皿。癖になりそうです。

       DSC01918    

エスプレッソ又は紅茶

    エスプレッソにしました。このエスプレッソもなかなかのもの。

お料理はフレンチのテイストが入ったイタリアンとも感じられました。

最後まで、納得のいくコースがいただけました。お勧めしたいです。              

お店のお料理は文句なし。 お皿もシンプルながらお店の雰囲気にあって

素敵なのですが、一つ述べさせていただけるとしたら人件費カットでしょうか?

二人でまわしていますので、ホールの方の無愛想さには、

とても寂しくなってしまいますね。

ちなみに、似た名前の「CUCINA DA AMANO」さんとは違うお店であります。

 

さて、お会計ですが上記3570円のコースにワイン赤・白フルボトル

グラスワインを合わせて15330円です。 酒飲みは高くつきますね~。

 

久しぶりのチビーズのページです 。

DSC01902 DSC01905

いいにおいがスルよ~。

DSC01916 DSC01917

シェフはとても優しいハートのあるお料理を作ってくれま~す。

Cucina Amano (クチーナ アマノ)

〒162-0067  東京都新宿区富久町8-27 ニューライフ新宿東ビル 1F

TEL   03-3355-0044

営業時間/ 12:00~14:00  18:00~22:00

定休日    月曜日

« イル・バーカロ 新宿 | トップページ | つるとんたん 六本木 »

05.イタリアン」カテゴリの記事

a-03.新宿区・中野区・杉並区」カテゴリの記事

コメント

私の実家の目と鼻の先なんですが
このお店は知りませんでした。
最近できたのかなぁ?

一度、実家に寄ったときに
行ってみたいです。sign01

家庭的な感じがしますね(*^-^*)
しかし曙橋とはまたブイシ~なw。

ググってみたら、
御苑の近くにはCUCINA ダ AMANOという店があるんですね。
こっちはなんだか気取った感じのようでした。

いやはや新宿区はまだまだ未開なもんで、
勉強させてもらってますです~♪

Morさんclover
オープンして3年くらいらしいです。
お店はカジュアルなイタリアンですが、
味は確かです。
シェフはとても繊細な
感性を持ってらっしゃる方だと
思いますよ~wink

お近くなんですか~。
羨ましい。ぜひ、行ってみてください。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この記事へのコメントは終了しました。

« イル・バーカロ 新宿 | トップページ | つるとんたん 六本木 »