2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

競馬の話 ジャパンカップG1結果

ジャパンカップ・G1、結果は・・・ 

1着 ▲ 16  スクリーンヒーロー
2着 ○  9 ディープスカイ
3着 ◎  4 ウオッカ

やったーー! きたぞーー! さすがデムーロ。

3着のウオッカは写真判定で危なかった~。 
ウオッカを軸に3連複を買っていたから3着までにこないと
撃沈でした~。

配当は、3連複で6410円、小当たりですが我輩は満足です。 

ありがとう。 お馬さん。

競馬の話 ジャパンカップG1

11月30日(日)本日は、東京競馬場でジャパンカップ・G1が

開催されるのです。

予想は・・・ 

◎  4 ウオッカ
○  9 ディープスカイ
▲ 16  スクリーンヒーロー
△   1 オウケンブルースリ  、2 メイショウサムスン、13 マツリダゴッホ
   14 ペイパルブル

今回は、ウオッカを軸にオッズ次第ですが、3連複を

狙おうかと思っています。

当たるといいなぁ~。

くじら軒 新宿

新宿でのお一人ランチです。

お店は「くじら軒」、ルミネエストの7Fに入っています。

明るい内装に、カウンター席もあるので、女性ひとりでも気軽に

立ち寄ることができます。

         200808251124000

      注文したのは塩ラーメンにチャーシュー飯のセットです。

      透き通るようなスープに、麺は細麺のストレート。 

スープは 魚介類を中心に野菜と果物、更に豚骨鳥肉を加えているそうです。

あっさりしているのですが、コクも感じられ、細麺とよくバランスが

とれているように思います。 

具は、ほうれん草、支那竹、なると、チャーシュー、のり、刻みネギ。

チャーシュー飯は半ライスにチャーシュー、支那竹をのせ、タレがかかった

もので上に白髪葱がそえられています。

ラーメンを食べながらいただくと、すっごーく美味しいのです。 

他には、薄口しょう油で仕上げたらーめんも人気があるのとのことです。


本店は横浜方面ですが、新宿の「くじら軒」も満足できました~。


くじら軒 新宿

〒160-0022  東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿7F

TEL             03-5366-9266

営業時間/ 11:00~15:30 17:00~21:30

定休日    不定休(ルミネに準ずる)

2008年11月29日 (土)

中村屋本店2F ルパ 新宿

新宿でのお一人ランチです。 お店は「中村屋本店2Fルパ」。

店内は広めで、ホールスタッフの方の案内で席に着きました。

200809171128000 200809171136000

     インドカリーにサラダとドリンクをつけた セットで注文。

セットにしたサラダも、新鮮でボリューム感があり、 フレンチと和風の

ドレッシングから、フレンチを選んで いただきました。

シンプルなんだけど美味しい。 こういうサラダはとても安心します。

200809171137000 200809171138000

カリーには骨付き鶏肉とじゃがいもが入っており、 よく煮込まれているため、

骨はスプーンなどで容易に はずすことができました。

この骨を置けるように小皿もついています。

また、薬味と粉チーズは、頼めば追加で持ってきてくれます。

インドカリーの味はややマイルド。すごいボリューム感で、お腹は半分を

食べ終えたころにはいっぱいになってしまいました。

お昼の時間帯でもあり、周りを見ると次から次にお客様がいらっしゃって

インドカリーの老舗の味に、お店はにぎわっていました。


中村屋本店 2Fルパ

〒160-0022 東京都新宿区新宿3-26-13 新宿中村屋本店2F

TEL           03-3352-6161

営業時間/ 11:00~22:00(L.O.21:30) 

定休日    無 休

2008年11月28日 (金)

魚がし鮨 田町本店

写真を整理していたら、お一人ランチでアップし忘れたものがあったので

紹介しま~す。  お店は、田町の「魚がし鮨 田町本店」。 

毎度のことですが、ランチ難民になり、遅めの昼食で利用しました

        200809301422000

店内に入ると、お客さまはもうまばら・・・。 ランチ鉄火丼が限定と

書かれているので売り切れかなぁ? 

思いきってお店の方に聞いてみると、大丈夫とのお言葉ですっ。 

やったーー。 650円で食べれるのです。ヨカッタ~。

        200809301423000

             ランチ鉄火丼です。

かなり大きめの器に寿司飯が盛られ、 マグロ・ガリ・大葉・カマボコが

のっていました。 マグロはつやつやと輝き、鮮度のよさを感じさせます。

お値段以上のものをいただいたという満足感を得ることができました。

丼は100円増しで大盛りになるとのことですが、寿司飯はぎっしり盛られて

いるので普通で十分ボリュームがあります。

小鉢は温泉卵、味噌汁は若布とネギでした。 

お寿司屋さんの味噌汁らしく出汁は魚介から とっていると思われます。

とても深みのある味噌汁に仕上がっていて美味しかったです。

           200809301436000 

店内には、海鮮料理のメニューが所狭しと貼ってあり、夜にはこれらを

酒の肴に、一杯やりつつ、お寿司もつまめるので魚介の

好きな方には堪りませんね~。

店内の雰囲気からしても、ここは肩が凝らずに利用できそう。 

夜の活気のある賑わいが、目に浮ぶようなお店であります。


魚がし鮨 田町本店

〒108-0014 東京都港区芝5-24-10

TEL           03-5484-4414

営業時間/ 10:00~03:00

定休日    無 休

2008年11月27日 (木)

車屋 別館 新宿

久しぶりに、新宿の「車屋別館」に行きました。

夜はお値段がはりますが、ランチ時は比較的リーズナブルに

お食事を楽しめるので、お薦めです。

お昼の時間帯、1階は鉄板焼きを含めた洋食、2階は和食、と何を注文する

のかによって階を分けられて、案内されます。

私は、もっぱら鉄板焼きが気にいっているので1階のカウンター席を

利用しています。

接客も気持ちよく、注文が決まると、ホールスタッフの方が紙製のエプロンを

かけてくれます。

         200811211159000

          鉄板焼チキングリエセット@1100です。

目前の鉄板でジュウジュウと音をたて、調理される過程をみると、

実に食欲がわいてきます。

鉄板の上に置かれたプレートに、あらかじめ厨房で用意された

ポテト(左)とチキンと焼き野菜(右)が盛り付けられます。

    ポテトはジャーマンポテト風に味がしっかりしています。
    また、目前で焼かれるチキンと焼き野菜の仕上げには
    甘辛い味噌がからめられているので、ご飯がとてもすすみます。 

200811211153000 200811211158001

       サラダ、ライス、味噌汁、香の物付きです。

味噌汁の出汁がきいているので、香り高く美味しくいただけます。

この他ハンバーグ、フィレステーキの鉄板焼きもあり、ハンバーグは@980の

お値段でいただけるので人気があるようです。

200702141324000こちらは、同じく1階のカウンター席で注文できる

牡蠣フライセットです。プリプリに太った肉厚のジューシーな牡蠣です。

 

車屋 別館

〒160-0022 東京都新宿区新宿3-21-1 車屋別館ビル

TEL     03-3352-5566  

営業時間/月~土 11:30~23:00(L.O.22:00) 

       日・祝 11:30~22:30(L.O.21:30)

定休日   元 日

2008年11月23日 (日)

競馬の話 マイルチャンピオンシップG1結果

マイルチャンピオンシップG1、結果は・・・ 

1着 △  7 ブルーメンブラット
2着 ○ 17 スーパーホーネット
3着    2  ファイングレイン

おぉ!かろうじて、きているではありませんか。
今回は馬連のBOX買いをしていたので1着・2着で勝利しました~。 
式別の判断を誤らず正解。危ないとこでしたよ~~。

配当は、馬連990円・・・あれ?1000円買ったから10円の凹み。

でも勝ち癖をつけないと

ひとまず、ありがとう。 お馬さん。

競馬の話 マイルチャンピオンシップG1

11月23日(日)本日は、京都競馬場でマイルチャンピオンシップ・G1が

開催されるのです。

予想は・・・ 

◎  3 スズカフェニックス
○ 17 スーパーホーネット
▲ 16  カンパニー
△   1 ローレルゲレイロ  、7 ブルーメンブラット、

手堅く決まりそうですが・・・。 

暗闇坂 宮下 青山店

暗闇坂 宮下 青山店」で昼懐石をいただきました。

こちらは外苑前駅徒歩1分の立地ですが、店の入口へ向かう通路には

竹が植栽され、隠れ家風になっています。

また、建築家の隈研吾さんのデザインで開店されたという店内は和と洋が

うまく融合し、凛とした中に居心地のよい空間が保たれています。

お店は席数28、カウンター席以外は個室になっており、今回はテーブル席を

予約して利用しました。

DSC01674 DSC01676

昼懐石です。

先付(左) 栗豆腐  

       もっちりとして甘いのですが、とても上品で箸がすすみます。
       よくある胡麻豆腐系とは一味違って、お料理のセンスが
       うかがえます。

椀物(右) 目鯛と白菜のテリーヌ椀

       椀物の出汁加減が光る逸品。目鯛の美味さも繊細に出汁
       加わり、上の白髪ネギの食感もアクセントとなっています。 

DSC01678 DSC01679

造里(左) 造里盛り合わせ

        ブリ・ボタン海老・紋甲イカ

八寸(右) 秋の味覚箱 

        牡蠣山椒煮・豆キンキ・味噌玉・鮟鱇のともあえ・
        海老芋・やまくらげのきぬた巻き

        どれをとっても丁寧に仕事がなされています。
        名のとおり味覚を堪能できる八寸でした。

DSC01675 DSC01680

別注文の日本酒(左)は片くちで供されます。

いただいた日本酒の銘柄は・・・

黒龍いっちょうらい(純米吟醸)福井県
      辛口でさらっとしており、飲み口はなめらかで上品。
      お店のかたにうかがったところ、こちらでも評判の良い銘柄
      だそうです。

上喜元(純米吟醸)山形県
      辛口でさらっとしてるのですが、喉越しはしっかりと酒を
      感じさせてくれます。

また昼懐石のお料理に戻りましょう。

箸休(右) 梨のソルベ 

      口直しに最適なさわやかなシャーベットでした。

          DSC01681

強肴 和牛と賀茂茄子 

     和牛は霜降りの加減もよく、口の中でとろけ、飲み込むのが
     惜しいほどの美味しさです。    

     賀茂茄子はトマトとバルサミコソース、和牛からの上質な脂も加わり
     素材の美味さとソースで最高の完成度でした。

     この強肴にはアワビも入っていました。

DSC01683 DSC01684

食事(左) 旬魚の茶漬け・香の物

        カラスミの茶漬けです。はじめていただきました。
        ここで、カラスミの茶漬けをもってくるところが斬新。
        語るまでもなく素晴らしい食事でした。

甘味(右) メロン・二色ムース 

        朝届いたという富良野産のメロンとチーズとチョコのムース。

 

ここぞという時に使いたいお店です

この他に、お酒の種類は豊富で、私達はグラスシャンパン赤ワイン

いただいたのですが、どちらも満足度の高いものでした。

使用されている器もお料理のシーンに合ったもので出され、主役のお料理を

そこなうことなく、鮮やかに写しだしてくれています 

お水をいただいた時のグラスは、木村硝子店のうすはりシリーズでした。

手仕事で作られた薄いグラスは、飲み物の味をいっそう美味しくひきたて

てくれます。

Okini02_3 お料理ももちろんですが、器やグラスの細部にまで行き届いた

細やかな演出には目をみはり、マスコミ各誌に高く評価されているのも

納得しました。

 

帰り際に、お料理が美味しかったとお店の方に感想を述べたら、

料理長さんがご挨拶にみえてくれました。

とても感じのよい方で、この方がお料理を作ってくださったんだと

思ったら親近感までおぼえてしまいました。

とてもいい時間を過ごすことができました。 

ちなみにカードでのお支払いも可です。


暗闇坂 宮下

〒107-0062 東京都港区南青山2-24-8 BY-CUBE1F

TEL   03-5785-2431

営業時間/ ランチ  12:00~15:00(L.O.14:00) 

        ディナー 18:00~23:00(L.O.21:30)

定休日    日・祝

2008年11月22日 (土)

三和樓 横浜中華街

           横浜中華街の休日ランチです。

          DSC01268

今回のお店は、横浜中華街の関帝廟通りにある、こってり中華が苦手な

方にもおすすめできる、 Okini02_3 上海料理の老舗の「三和樓」です。

DSC01260 DSC01259

まずは、揚げ豆腐と豚肉の辛子煮込み紹興酒です。 

辛子煮込みとなってますが、辛さの具合はさほどでもありません。

お酒のおつまみにも良く合います。

DSC01261 DSC01263

             私のお気に入りの水餃子です。

スープの塩加減、水餃子の具とのバランスがよく、訪れた際には必ず

注文しています。 スープを飲み干せるやさしい仕上がりの水餃子 

お薦めです。

DSC01264  DSC01266

              これもお薦めの高菜そばです。

高菜そばの、スープは上品に塩味で仕上がっており、 お料理やお酒の

最後にいただくにも、 あっさりして美味しくいただけます。

水餃子も高菜そばも塩味がうまく加減されています 


他には、排骨も評判。また、上海炒麺も人気があります。

上海料理のお店ですので、もちろんシーズンには、上海蟹もお勧めです。


ちなみにカードでのお支払いも可です。 

 

横浜中華街満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。 

 

三 和 樓

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町190

TEL     045-681-2321 

営業時間/ 11:30~21:00(L.O.20:45)  ランチ 11:30~14:00

定休日    水曜日 

2008年11月21日 (金)

チャイナホワイト 銀座

先週日曜のランチは、マロニエゲート11Fの「チャイナホワイト」に行きました。

銀座でのショッピング帰りに、お粥を食べようと言う事で、某グルメレビューも

良い評価だったため、このお店を選んだのですが・・・。

私には納得のいかないお店でした。

お店の改善を願って、記録をとりました。

店内は白を基調とした清楚な空間。東京タワーを遠くに望むことができます。

200811161247000 200811161247001

ランチセットの海鮮お粥チャイナホワイト特製海鮮焼きそばを注文。

200811161252001 200811161251000

がっかりしたところ

海鮮お粥(左)・・・でんぷんのりのようにべったりとして、海鮮の旨味が感じられない。

海鮮焼きそば(右)・・・塩加減は薄く、あんはやや硬すぎる感じです。

200811161253000 200811161254000

がっかりしたところ

両セットについていた(左)点心、サラダ、杏仁豆腐、漬物?ですが

点心はまるで冷凍食品?旨みもジュージーさもなくパサパサで

杏仁豆腐はババロアのような舌触りで違和感を感じました。

良かったところ

セットサラダのドレッシングは美味しい。

席に着くと、お茶が透明のグラスで出されます。取っ手のついたグラスが

お店のイメージに合っています。

200811161313000 200811161406000

紹興酒のデキャンタをお燗で頼みました。

がっかりしたところ

このガラスのデキャンタグラスのままでは、熱くて持つことができない。 

 

自力でおしぼりを巻いて、やっと陶器のグラスに注ぎました。改善の余地大。

周囲をみると圧倒的に女性客が多かったのですが、チャイニーズデザート

を目当てにいらしてるように見えました。こちらのお味は食べてないので

コメントはできません。

 

食器を某メーカーでおさえており、こうしたところから銀座で低価格のランチを

提供できているのでしょうが、今回のランチ利用では、私には、チャイニーズの

ファミレスといった感じにしかとれなかったです。

それとも味が落ちたのか不明ですが、非常に残念でした。 

 

さて、お会計ですが、ランチセットの海鮮お粥とチャイナホワイト特製 海鮮焼きそば、

ランチビア、紹興酒デキャンタ×2で5550円。

ちなみにカードでのお支払いも可です。 


チャイナホワイト

〒104-0061 東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲート11F

TEL     03-5524-7611 

営業時間/ 11:00~23:00(L.O.22:00) 

定休日    不定休 (マロニエゲートに準ずる)

※追記 閉店になりました。

2008年11月20日 (木)

レッドクリフPart1

先週の土曜日、映画館でレッドクリフPart1 を見ました。

レッドクリフとは赤壁。 赤壁の戦いです。

(赤壁で孫権と劉備の連合軍が曹操の大軍を破った歴史的な戦い。

これより天下三分・三国鼎立の形勢が成立したのです。)


大好きな三国志、期待どおり、壮大なスケール感に圧倒されました。

迫力の映像は、観る側に迫り、映画館に行って見るべき価値ありです。


実は、私・・・昔ゲーマーでして(ゲームをする人。またはゲームで遊ぶことを

趣味にする人。)寝る間を惜しんで、ゲームをして、コントローラーを持ったまま

よく失神していたものです。 良い子の皆さんは真似しないようにしましょう。

その時によくやっていたのが、この「三国志」。 

血が騒ぎます。 大好きな三国志の武将も、八卦の陣も映像で観る

ことができ大興奮です。早く次回が観たい~。


また、関帝廟に行って、お参りもしたくなりました~。

2008年11月18日 (火)

北海道 サンプル天国と土産

北海道は、私的に不思議で魅力的、サンプルが愛されています。

DSC01323 DSC01428

食いしん坊の私は、いつもショーウインドウを見てたのですが

北海道の食品サンプルはスゴイっ。 楽しくて美味しそう。

DSC01638 DSC01640

列挙列挙!それも素晴らしい作品ばかり。 サンプル文化に目を見張ります。

           DSC01480 

私が、歓喜したのはウイングベイ小樽の「フレッシュネスバーガー」のサンプル

なんという素晴らしさ&可愛らしさ~。 まんま土産に家に持って帰りたいくらいです。
 

           DSC01643

で、新千歳空港にもこんなラーメンサンプル。 私はすっかり魅せれられて

しまいました。

北海道は、とっても素敵。 愛してやまない土地で~す。

 

で、お土産です

DSC01655 DSC01656

もちろん、「ルタオ」でお菓子。北海道ラーメンは手当たり次第。 

「一国堂」さんも「北の武蔵」さんも美味しかったです。 一国堂はトンコツ醤油、

北の武蔵さんは味噌味でニンニクがしっかりきいてます。

双方とも麺が美味しく、期待が裏切られることはなくて、食べ応えの

あるものでした~。

で、「干し貝柱松前」は会社のお姉さま達への土産です。

干し貝柱がしっかりとした原形をとどめつつ。私も食べましたが、酒のつまみ、ご飯の

お供に美味しくいただけるものと思います。

DSC01657 DSC01658

これは、ウイングベイ小樽で買った「利尻屋みのや」さんの「湯どうふ昆布」類。

お薦めです。

湯どうふ昆布は、すごく出汁はでるし、だしを出したあとも食べましょう。

というか食べる昆布なのです。(日本語がおかしいですが・・・)

「アラジンの魔法」は、これをスプーンで少し入れ、湯を注ぐだけで、昆布のねばりが

出ます。 私は、これを『剣客商売』←(いくつなんじゃ~。)のように根深汁でいただき

たいですね~。 ちょっと続けてます。 先ほどの湯どうふ昆布とともに食し、

お腹の調子がよくなりました~。

DSC01659 DSC01663

さて、「手まり筋子」。。暖かいご飯にのせて、・・・も、うまいのですが、

我が家伝来の邪道?な食べ方があります。 バタートーストの上に筋子を

のっけるのです。 まっ、そんな、食べ方を愛する母の土産になりました。

 

おまけで、「寿司猫ちゃん」のガラスの置物です。 どうやら握り寿司をかざして

おります。 実は私は、この手の小さい置き猫をコレクションしておりまして、

気に入った福猫ちゃん。招き猫ちゃんは家に飾っているのです。

DSC01662 DSC01661

数日後、小樽運河工芸館の吹きガラス製作体験私が作った作品が届きました。

出来は・・・ボコボコです。気泡??なんかボコボコ。

まっ、こんな、ことではへこたれず、空港で買った小樽の寿司猫ちゃんが

いま私を楽しませてくれています。

そして、本日届いた、極上タラバガニ、兄貴からです。

北海道は、心暖かくて美味しい大地でした。 

 

つーことで

旅の参考文献&協力者 るるぶ北海道:北海道の歩き方&アイカタどん

                                        北の最終兵器??剛田の兄貴~

みに口上  長々、北海道旅行に、お付き合いいだき、立ち寄ってくださった方々

及びコメントをいただけた皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

                                 北海道旅行おしまいH025

 

2008年11月16日 (日)

北海道旅行 空港にて

新千歳空港です。チケットを発券し、おみやげ物を買い込んだので、

これから時間まで空港で夕ご飯になります。

DSC01641 DSC01642

ユック」でほっけカニサラダをつまみに一杯。そういえば居酒屋さん

行ってなかったね。

運転から解放されたアイカタさんと生ビールです。 お疲れさまでした。



お店を変えて海鮮丼専門店「アーバン亭」。丼ものでご飯にすることにしました。

DSC01644 DSC01645

ここは小鉢丼があるので、ちょこちょこ丼を食べたい時や一口食べたい時に

使い勝手が良いかもしれません。

DSC01646 DSC01647

生うに・いくら丼の中丼(左)とねぎとろ小鉢丼(右)

お酒は黒糖焼酎があったので、再びかんぱ~い。

うん、ボリュームは別としても空港のいくらも美味しいよ。 北海道は

美味しいものが、いっぱいだったね~。 

  

チビーズもお疲れさま。

DSC01648 DSC01649

くんくん、このご飯食べたら帰らなくちゃいけないんだ~。

ボク達、寂しくなったよ~~。ご飯いらないよ~。もっと北海道に居たいよ~。

          200811062012000

北海道で食べたかった心残りのソフトクリーム も出発ロビーで買ったよ。

さっ帰ろっ。   

こうして、北海道旅行4泊5日は終わったのでありまする。

                                     

北海道旅行 雑記

北海道、初日に雨のため断念した社台スタリオンステーションに行こう。

場外市場をあとに、車を走らせました。

DSC01614 DSC01615

しかし、見学時間の14時に間に合わず、ディープインパクト

アグネスタキオンもいませんでした。 く・・・悔しすぎる。

DSC01613 DSC01616

それでも、放牧されてるお馬さんを少しだけ見ることができました。

ありがとうね~。 また、来るからね~。 元気でね~。

まだ、レンタカーを返すまで、少し時間があります。

        千歳アウトレットモールに寄りました。

DSC01627 DSC01628

・・・で何をするかと思ったら

DSC01636 DSC01637

最後の最後まで、食べたいぞう~。 千歳ラーメン博覧会でおやつです。 

ここには、味一番つばさ、らー麺たかきゅう、ラーメン櫻島、らーめんおおくら山、

らあめんがんてつ と5軒のラーメン店が軒を連ねています。

DSC01635 DSC01630

選んだのは、「らー麺たかきゅう」です。

DSC01631 DSC01632

ここのとりがら塩とあつあつ鉄鍋餃子を1人前注文して、アイカタさんと

チビーズで食べました。

塩加減は悪くはないのですが、つきぬけた味は感じられなかったのが残念です。 

ワンタンが入ってますが、ぐったりして、すぐに崩れてしまいます・・・。

DSC01633 DSC01634

それでも、お店の方は1人前にいやな顔ひとつせず、取分け用のお椀を

持ってきてくれました。

チビーズは安心してラーメンを食べれました。ありがとう。 

さあ、いよいよ、車を返して、空港に向かうよ。お土産買わなくちゃ。

2008年11月15日 (土)

北海道旅行 11/6 かにしゃぶ

11/6日、ついに今日の夜の便で、戻らなくてはなりません。

つい昨日、北海道旅行にウキウキして朝を迎えたばかりだったのに

楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまうものなんだな~。

北海道、最後のランチに選んだものは、市場でのご飯。

札幌市中央卸売 場外市場に向かいました。

DSC01593 DSC01609

ヤン衆料理 北の漁場」でかにしゃぶを食べることにしました。

魚屋直営店で、比較的お手ごろな値段で昼から、かにしゃぶを単品で注文できます。

DSC01594 DSC01607

             メニューを写しておきました。

           DSC01595

                  かにしゃぶです。

DSC01597 DSC01599

まずは、お野菜から入れて、かにをしゃーぶしゃーぶします。

DSC01601 DSC01602

昨日、兄貴と飲んだけど、私は元気だ~。 熱々のお鍋を前に

ビールを飲まずにいられませーん。 

アイカタさんは運転のためおあずけです。

        追加のズワイガニも注文しました。

           DSC01603

            〆の雑炊セットを1人前注文。

DSC01604 DSC01605

寄るな触るな!私の鍋だ!そうです 私は鍋奉行なのです

まずは、スープに、少しだけ蟹の身をほぐして残しておきました(左)

ご飯投入~(右) スープが適量になるよう調整しながら、ぬめりがでるよう

だったらすくって、塩で味を決めます~。

蟹から出たスープは甘いので、塩は何度かに分けて味見しながら

やりましょう。 最後に卵に万能ネギを混ぜて鍋に回しいれます~。

さっと、強火にしてすぐ蓋をします。赤子泣いても蓋とるなです。

           DSC01606

           蒸らしたら、蟹雑炊の出来上がり~。

器に盛ったら、ポンズを少量、雑炊にたらして食べるのが、蟹雑炊には合います。

DSC01600チビーズも蟹食べて待ってました。 

北海道の蟹に思うこと。 蟹をしゃぶしゃぶしたり、雑炊に入れるため蟹を割って

身を出したりしたのですが、手がひどく蟹臭くなりません。鮮度の良さのせいかな~。


さて、お会計ですが、2名で生ビール小2、コーラ、ズワイガニしゃぶしゃぶ2人前、

追加のズワイガニ棒肉、雑炊セット、

レンタカー屋さんの10%割引券使用で5292円。

現金会計でお願いします~。

 

食後には、場外市場のお土産ものを探して歩きました。 たこ足のでっかいこと。

DSC01611 DSC01610

 

ヤン衆料理 北の漁場

〒060-0011 北海道札幌市中央区北11条西21丁目

TEL     011-351-8811  

営業時間/ 7:00~21:00

定休日/ 年中無休

http://www.e-ichiba.jp

2008年11月14日 (金)

北海道旅行 すし屋のさい藤

11/5日、午後札幌市内に戻りました。

本日の宿は札幌プリンスホテルタワーです。ホテルの駐車場に車を入れ

待ち合わせの「すし屋のさい藤」に向かいました。


あっ、剛田の兄貴だぁ~~モロダシ兄貴は一発でわかりました。

先にいらしてて、カウンター席でビール飲っておられました。

はじめまして みにです。 ども、アイカタです。のご挨拶のあとは~~。


すし屋のさい藤」さんのおつまみ&お寿司です。

本日の寿司職人さんは、塚原さん。 とても、実直そうな方でした。

お店は接待に使えそうな高級感をもったお店です。

DSC01572  DSC01573

お造り左の写真(左)ヒラメ、ほっき貝 小鉢(右上)たらこ煮 小鉢(下)たちぽん

お造り右の写真   ヒラメ、しゃこ

            DSC01574

毛蟹の甲羅焼き(蟹の味噌をあえて焼かれています)蟹の身の甘いこと

やっと、念願の蟹をいただくことができました。

DSC01579 DSC01577

たらこの山葵漬け(左) ししゃもの刺身(右)

ししゃもの刺身は、はじめて食べました。北海道ならではのお刺身でしょう。

上品に脂がのっていて、おつまみとして絶品です。

            DSC01580

いちご煮です。これもはじめていただきました。ウニとあわびの旨味がだし汁と

なって、潮騒の香りが広がります。これにはもう夢中。  Okini02_3 一等賞です。

DSC01581 DSC01582

あん肝(左) 銀杏・むかご・紫芋チップとエゾバフンウニの軍艦巻き(右)

丁寧にひと手間かけられたお料理と、素材の美味さを生かしたお料理が

並びました。 

他にも、さい藤さんの一押しのマグロもご馳走になったのですが、

おしゃべりに夢中で、写真を撮り忘れてしまいました。不覚です。

酒はビールからはじまり、芋焼酎でガンガンやりました。

DSC01578 DSC01583

チビーズの一押しはししゃものお刺身です(左)

そして、右は亡くなった親父様の遺言?で寿司屋でつまみながら飲るときに、

必ず食べるお約束のかっぱ巻きです。これは私流の口直しがわりなのです。 


ザクッと2つくらいに切った胡瓜を巻く職人、細身の胡瓜を1本まんま入れて巻く職人。

いろいろですが、私は、さい藤さんのように胡瓜を細かく刻んで、ごまを入れてから

巻いてくれたものが好きです。(できれば、大葉もあればgoo)

チビーズも私と好みが同じなのか、かっぱ巻きを見つめています。 

 

さて、ここからはメルヘンの世界ですW03

上の階の美人ママさんのお店へ行きましたっ。

ママさんズは猛獣使いだそうです。猛獣って兄貴のこと~?

ママさんズは、カッコよいのです。 野獣も猛獣も怪獣もあやしてしまいます。

兄貴はというと、ちょっと目をはなしていると・・・

すっかりチビーズのとりこに・・・?? 

                DSC01591

こらこら、3匹もこちょこちょしちゃうぞぉ~。 と一人遊びをする兄貴。

シャイな兄貴は私達の視線に気がつくと、照れたりもします。

   きら~ん。  DSC01592   

あっ、いっちゃいました。。。何処ってメルヘンの別世界へ・・・。

放心状態の兄貴なのです。 なんという愛すべきオヤジ・・いや兄貴なのでしょう。

兄貴ぃーー明日には、こっちに帰ってきてよ~~~。 


ちなみに、兄貴にご馳走になってしまってお会計は不明です。 

兄貴、ご馳走様ですっ。 美味しくて楽しかった~。

                                         

すし屋のさい藤

〒064-0806 北海道札幌市中央区南6条西4 プラザ6.4ビル1F

TEL          011-513-2622  

営業時間/ 17:00~02:00

定休日/ 日・祝

2008年11月12日 (水)

北海道旅行 11/5 ラーメン

11/5日、定山渓温泉から札幌市内に戻ります。

運転役のアイカタさんはラーメンも好物。

運転ばかりさせているので、そろそろ、ラーメンを食べさせないと

ご機嫌が悪くなってしまいますね。

    DSC01565

  定山渓の雪景色をあとに、ドライブがてら移動します。

DSC01566  DSC01567   

アイカタさんがチョイスしたのは美園にオープンした「彩未

レンタカーのナビを駆使して、「彩未」のあるエリアに到着。

しかし辺りは住宅街ではありませんかっ!

駐車場にラーメンの旗はあるものの店はどこじゃ? 

周辺をぐるぐる回り、思いきってお店に電話をして発見。

すでに駐車場の空きはあと一つに・・・危ないとこでした。

店内に入って、まず材料の仕入れ伝票を発見。 こだわって作られて

いるようです。 

       DSC01568 

見回すと、何故か開店時間の11時前なのに、お客さんはいっぱいです。

もう食べている人もいれば、店内の待ち席にも・・・・。

11時前でもお店が開けば食べさせてくれるってことなのかいな。 

あとからあとから、お客さんがやってきて、もう店の前の道路は行列に

なってしまいました。


この待ちの時間に、お店の方が注文を聞いてくれます。

ここは、「すみれ」の流れをくんでいるとのこと。

じゃ、やっぱり注文は味噌ですね。 アイカタさんと意見は一致。

DSC01569 DSC01570

           注文したのは、味噌ラーメンです。

待つこと20分はたったころ、ようやくカウンター席に着席。

まわりを見ると皆さん、スープを飲み干してらっしゃるから時間かかったのかな~。 

我らにも味噌ラーメンがご到着ぅぅぅーー。 

うんまぁぁい あっさりしていながら、しっかりコクが出ており、

想像していたものよりスープが飲みやすくなっています。

すりおろし生姜は、あらかじめお店のほうで乗せられています。

これがアクセントになって Okini02_3 また美味しいのです。 


チャーシューもほどよい柔らかさと歯ごたえで、もやしもシャキっと歯ざわりが

残っています。角切り・挽肉も発見 こうした発見が嬉しいな~。 

麺は中太の中太縮れ麺(森住製麺) 

美味しいね~ 待ってよかったね~。 背中に待ち席のお客さまからの

熱視線をひしひしと浴びながら、最後まで食したのでした~。 

    DSC01571

      チビーズもこれは、食べとかないといかんよ~~。

もぐもぐ、アイカタさん、スープ全部飲んじゃったね~。

                                        

彩 未

〒062-0000 北海道札幌市豊平区美園十条5-3-3

TEL          011-820-6511  

営業時間/ 11:00~15:30 17:00~19:30

定休日/ 月曜日

2008年11月11日 (火)

北海道旅行 定山渓温泉

11/4日は定山渓温泉への移動日です。

藪半で遅い昼食を終えたあとは、少し寄り道をしたいな~っと思って向かったのは

比較的近い、小樽の貴賓館にしん御殿 旧青山別邸)

青山家は鰊漁で巨万の富を築いた鰊の大網元であり、ここは暮らしの場ではなく

客をもてなし自らも楽しむために建 てたられたものだそうです。

にしん御殿内の撮影は不可なので、入り口の写真だけです。

数々の美術品や当時の繁栄ぶりをしのばせる家屋内には、未だ主の強い思いが

深く息づいており、静かに来客者を迎え入れているように思えました。

           DSC01532

さあ、定山渓温泉に向かいましょう。

夕飯前には、さっぱりと温泉に入りたいのです。

車を走らせて行くと雪が。 雪道に慣れていないので安全運転で行かねば

なりません。 陽が落ちきる前に到着したいです~~。

           DSC01535 

やっと、着きました~~。 本日の宿「定山渓ホテルミリオーネ」のフロントです。

本日の夕飯は部屋出しでお願いしてたので、途中で連絡を入れてたものの間に

あうか心配でした~~。

DSC01536 DSC01537

お部屋は、和室。 今日は畳に布団を敷いて休めます~。

さて、風呂、風呂。 大浴場の広さはかなりのもので、露天風呂から見る山の景色も

まずまずでした。  極楽ぅ~。

            DSC01545

小樽の北一硝子 の地酒屋北一で購入しておいたお酒で、部屋食をいただきます。

この「雪中花」は運転のアイカタさんは試飲できないので、私が試飲して選んだ

ものです。
 
北一さんにしかおろしていない蔵元さんのお酒だそうです。

辛口で飲みやすく、とがったところのない上品なお酒でした。

DSC01543 DSC01541

      石狩鍋が用意されているのが、嬉しいですね。

DSC01546 DSC01548

                 帆立飯を食べて、フルーツムースで〆です。

今宵は外食疲れをとって、のんびりと部屋でくつろぎご飯が食べたかったのです。

DSC01542 DSC01549

チビーズ、お品書き読めるのかな。 やっぱり、甘いフルーツムースが

気に入ったようです。

DSC01550 DSC01551

さあ、チビッチも食べたら良い子は寝ましょう。 

                 明日の夜は、剛田の兄貴に会えるよ。

           DSC01556

翌朝のご飯は、レストランでビュッフェです。 また欲張ってとってきてます。 

うどんもありますが、こんなに食べれるのかしらね~~。

DSC01553 DSC01554

部屋の窓からの景色も、山が雪化粧してます。

例年より早く積もったそうです。                                    

2008年11月 9日 (日)

北海道旅行 11/4 藪半

11/4日のお昼はお蕎麦屋さんにしましょう。

向かったのは小樽駅に近い老舗蕎麦屋「藪半」です。

      DSC01518

たたずまいも素敵ですね~。美味しいお蕎麦とつまみに出会えるか楽しみです。

DSC01519 DSC01521 

席はいくつかのブースに分かれ(テーブル席や小あがりの席、蔵の中のお席)

ているのですが、どこも居心地のよい空間が出来上がっています。 

ほっと落ち着ける感じです。

DSC01525 DSC01524 

今日は、これから定山渓温泉まで運転があるのでアイカタさんの、ビールは

おあずけです。  代わりに私がエビスの生をぐいっと、写真を写す間もなく

飲み干してやりました。

さて、酒のつまみに茄子の揚げ浸しを注文。 いい具合に味が浸みてます。

茄子と、しし唐の素揚げ、棒天を加え、その旨味を引き出すように蕎麦つゆで

味を決めているとのことです。

      DSC01529

お酒は北の誉を注文。かたくちで持ってきてくれるのが嬉しいです。

DSC01526 DSC01527

              私は合鴨せいろを注文。

熱々のつけ汁には、鴨肉、長ネギ、三つ葉、麩、柚子が入っていています。

つけ汁は合鴨のうまい脂が汁に溶け出て濃厚です。

ここに冷たい蕎麦をつけてつるっつるっとやります。

Okini02_3 蕎麦との絡み具合もよく、こりゃぁ堪りませんね~。

      DSC01530

              アイカタさんの天ぷらそば。 

おお、シンプルですね~。

サックサクの海老の天ぷらに長ネギ、柚子。見た目は寂しいですが、

本来の天ぷらそばとはかくあるべきものなのかもしれません。 

 

お蕎麦は、注文の際に、「地物粉麺」か「並粉麺」かを聞かれます。

時期的に、今回は新蕎麦の粉が、あったので、こちらでお願いしました。

 

さて、お会計ですが、2名、上記お料理とお酒で3569円。 

現金会計でお願いします~。 

DSC01531 DSC01528

あっ、出てきたね。チビーズ。 組体操して合鴨そば食べようね~。

           もぐもぐ 組体操ってなにーーー?   

                                

藪 半

〒047-0027 北海道小樽市稲穂2-19-14

TEL     0134-33-1212  

営業時間/ 11:00~20:30

定休日/無 休

北海道旅行 11/4 小樽洋菓子舗 ルタオ

小樽11/4日、ホテルの窓から眺めたところ、どんよりと曇り空。

ヒルトン小樽は、なかなか快適です。 綺麗で、部屋の広さもあるし、ホテルの1・2

階から隣のショッピングモール(ウイングベイ小樽)に連絡通路があるので便利です。

小型犬を伴った宿泊プラン【ONLYわんチャンプラン】もやっています。

DSC01469 DSC01468

写真はロビーですが、2階の「テラスブラッセリー」で朝食のブッフェをとることができる

のです。 ここは、石狩湾と小樽港マリーナを望むカジュアルでモダンなシーサイド

レストランになっています。

           DSC01467

じゃ~ん!和食な朝です。・・・私は、どうもブッフェに慣れてないようで、盛り付けが

絵にならないのが、悲しいです。

食事をとり終えて、ホテル近くを散歩することにしました。

DSC01470 DSC01471

そこで、裕次郎記念館です。・・・・もちろん朝が早くてやっていません。

たまたまヒルトン小樽の近くなので外観だけ、写真を撮っておきました。

しかし・・・寒い。 少し歩いただけで寒さに泣きがはいりました。 


そうだ!ショッピングモール(ウイングベイ小樽)に入って、連絡通路からホテルに

帰ろうと思ったのですが、朝が早くてやっていません。

どこもかしくも・・・耳がもげそうな寒さを堪え、外を歩いて自力でホテルに帰りました。

今日は、「小樽運河工芸館」吹きガラス製作体験を予約してあるのです。


その前に、行っておきたいとこがあります。

DSC01482 DSC01489 

ルタオ」です。おー、昨晩のベリーベリーストロベリー のドルチェの無念を

はらすのじゃぁーーー。 いざまいるぞっ。 

DSC01486 DSC01485

ドゥーブルフロマージュ (左 ) と ショコラドゥーブル(右)

うんまぁぁぁ~い。 普段食べてないので、どう表現してよいのかわからないん

ですけど。 なめらかでリッチで、軽くて優しい、味~。 

なるほどーー 人気のあるのがわかりましたよ~~。 

           DSC01488

    あっ、という間に完食してしまった。コーヒーも飲んでやるーーー。 

 

小樽洋菓子舗 ルタオ

〒047-0027  北海道小樽市堺町7-16

TEL      0120-46-8825(フリーダイヤル)

営業時間/ 09:00~18:00(時期により異なる)

定休日/ 無 休

北海道旅行 11/3 ベリーベリーストロベリー

ツリーのイルミネーションに明りがともり、すっかり陽も暮れました。

小樽の観覧車に乗りたかったのですが、雷発生のため、一時営業中止の札が

出てたので断念しました。

DSC01448 DSC01453

小樽での、夕飯はイタリアンのお店「ベリーベリーストロベリー」です。

夜はワインを飲みたいので、ホテルからの移動はタクシーです。

DSC01454 DSC01456

カジュアルイタリアンの店なので、肩が凝らずにお食事が出来そうです。

お店の評判料理は、薪の釜で焼いたピッツアドルチェ各種

なかでも店名のついた「ベリーベリーストロベリー」にはファンも多く

スイーツ好きには、たまらないドルチェのようです。

DSC01457 DSC01458

ますは、ゴルゴンゾーラのペンネ(左)とグリーンサラダ(右)。

ペンネの茹で加減も良く、シンプルだけど美味しく仕上がっています。

北海道に来てから、野菜不足です。 さまざまなサラダはあったのですが

ここもシンプルに野菜だけのサラダにしました。

ドレッシングがふんだんにかかっており、新鮮な野菜を摂ることができました。

DSC01461 DSC01465

極上和牛のカルパッチョ(左)とチーズ各種(右)。

極上和牛は口の中でとろけます。これは絶品。

チーズを頼んだからには、ワインも進んでしまいます。

DSC01463 DSC01459

・・・って、いつの間にやら、2本並んでいるじゃあありませんかっ!

そして、自家製ガーリックトーストです。

優しくて、香ばしく、美味しい 嬉しくなってしまいました。 


しかし、昼の寿司ランチがきいたのか

評判のピッツアもベリーベリーストロベリーにもたどり着けず、遭えなく撃沈。

無念です。 腹も身のうち、次回の宿題を抱えて今日は退散することにしましょう。


ベリーベリーストロベリー」さんのお料理は家庭的で優しい味わいでした。

さて、お会計ですが、2名、上記お料理とお酒で13300円。 

ちなみに、予約もカード使用も可です。


大事なおまけ

DSC01466 DSC01460

お店のメニューだよ。どれを食べようかな~。

      チビッチ起きないと食べそこねちゃうよ~。

      うんうん、やっぱボク達には美味しいパンが一番だね。 

そして・・・

 今日も一日、楽しかったね。ホテルに無事到着。

               チビーズもおやすみなさ~い

DSC01439 DSC01442

                                        
ベリーベリーストロベリー

〒047-0021 北海道小樽市入船1-2-29

TEL  0134-23-0896

営業時間/月~金  11:30~15:00(L.O.) 月~金 17:00~23:00(L.O.22:00) 

      土・日・祝 11:30~23:00(L.O.22:00)

定休日/ 無 休

北海道旅行 小樽観光

11/3-4日、小樽は寒波で、雪もちらほら舞っていました。

北のウォール街から散策してみました。   

DSC01386  DSC01387

          旧三井銀行小樽支店です。

北のウォール街は、かつては北海道の金融市場の中心として栄えた場所です。

歴史を感じさせる重厚な石造りの建造物が建ち並んでいます。

DSC01401 DSC01402

     優れた洋風建築には、目を見張るものがあります。

DSC01393 DSC01403

     小樽の街並みを写してみました。どこも、趣きのある建物です。

 

DSC01392 DSC01396

小樽は寿司屋さんが多く並んでいます。握なか一さんは「全国寿司職人選手権

TVチャンピオン第1・第2回優勝」されているようです。

小樽は、お寿司屋さんが多く、店選びには困ってしまいますね。

DSC01404 DSC01406

出抜小路(でぬきこうじ)です。樽運河沿いに並ぶ石造り倉庫の裏手に

延びる小路を、俗にこう呼んでいるようです。

DSC01412 DSC01410

小さなお店が、入っており、やぐらの上は「絶景、運河のビューポイント!!

ご自由にご利用ください。」と書いてあるのですが・・・登りませんでした。

DSC01415 DSC01416

小樽運河あたりまで来ました。

DSC01417 DSC01418

どこか、ノスタルジックな雰囲気を漂わせており、この付近の景色は

とても居心地のよい時間を提供してくれるように思えます。

DSC01426 DSC01424

運河沿いをあるくのには、まだ時間が少し早かったかもしれません。

ガス燈に照らされた運河が、神秘的なのでしょう。

DSC01413 DSC01432

小樽運河食堂です。 ラーメン屋やビアホールなどが、入っているようです。

さて、陽もくれてきました。そろそろ予約を入れてあるレストランに

向かうことにしましょう。 

2008年11月 8日 (土)

北海道旅行 11/3 伊勢鮨

11/3日、札幌から小樽に移動しました。

           DSC01472

今日は、昼からお寿司がいただきたいので、車は本日の宿「ヒルトン小樽」の駐車場に

入れて日本酒も飲りたいと思います。

旅の供のアイカタさんも、お寿司が大好物なのです 

さぞや、お寿司で冷酒を楽しみにしていることでしょう。

目指すお店は、小樽の「伊勢鮨」、ホテル前からタクシーで乗りつけました。


お店は、カウンター席もありますが、ゆっくりくつろぎたかったので小あがりの席に

通していただきました。

DSC01330 DSC01329 

メニューです。右側は夜のみのメニューのため、好物の焼きたらばは注文

できませんでした。

DSC01331 DSC01332 

店内にもメニューが貼られています。 何を頼もうかな~。

DSC01334 DSC01333 

まずは、お通し。 @530×2

    マグロ皮のぬた(湯引きしたものに辛し味噌)
    岩海苔くらげ

 と、サッポロクラシックの瓶ビールです。  @630

DSC01336 DSC01339 

次は、生牡蠣たちぽんを注文。 各@840

とろりとクリーミー、美味いとしか言いようがありません。

 こうなると日本酒がいただきたくなります。   

DSC01335 DSC01381

はじめは、ひやおろしで頼んでいたのですが、3杯目で打ち止め。 @630×3

酒量が進むといかん 冷酒(小樽伊勢鮨ラベル)変えました~。 @840×3

DSC01350 DSC01363 

となると、つまみも追加 新物 ししゃもです(普通は2本。ちいさかったので1本

オマケしてもらえました) @630

DSC01366 DSC01369

牡蠣の塩辛 @740

珍味です レモンを軽く絞って、混ぜ合わせていただきました。

DSC01340 DSC01346 

道産握りを一人前注文。 あとはお好みで注文することにしました。 

御椀も付いています。 @3700 

お寿司は手前の左から右へ・・・。

  一列目 松皮カレイ、ます(軽く酢締めしたもの)、そい
  二列目 
氷下魚の子の醤油漬け、いくら、うに、ぼたん海老、水だこの頭
   三列目   ほっき貝、帆立、しゃこ、たらば蟹

御椀はサービスで2つ持ってきていただけました。 

DSC01356 DSC01348 

お好みで注文です。 1つから受け付けてもらえます。

手前の左から右へ・・・

   一列目 小肌、〆さば、そい  二列目 ほっき貝、煮牡蠣2つ、 

DSC01351 DSC01373 

巻物は3本からとなっていましたが、お店の方にお願いしたところ、1本からでも

出していただけました。 

    とろ鉄火巻き(一本) @850 
    磯かっぱ(あわびと胡瓜。一本)@850 

磯かっぱは、ひもではなくあわびで入ってますから食感が、また豊かに感じられます。

DSC01383 DSC01378 

お好みの追加注文です。

左の皿は 根かぶ、いか、 根かぶのねばりがたまりません。
右の皿は たらこ       軽く表面だけあぶったたらこは生臭さもなく鮮度の
                 良さが、うかがえます。

Okini02_3 伊勢鮨さんで、いただいたもので特に私が気にいったものを

        あげておきます。

                 DSC01359 

              ダントツは煮牡蠣の握りです。 

        その他では、ほっき貝、たちぽん、しゃこ(順不同)でした~。 

伊勢鮨さんは、握りのシャリが小さいので、いくらでもいただけてしまいました。

小樽でお勧めできるお寿司屋さんは、間違いなく「伊勢鮨」さんでしょう。

 

大事なおまけ

DSC01337 DSC01338 

チビーズもチビッチも忘れてませんよ~。

      小あがりの席なので、この子達もゆっくりご飯食べれます。

DSC01342 DSC01344 

道産握りだって食べちゃうのです。 

くんくん、どの握りから食べようかなぁ~。

DSC01357 DSC01358 

チビーズ達のお好みのお鮨はどれかな? 

煮牡蠣を食べてみたいよ~。

DSC01347 DSC01364 

御椀だって順番に飲めちゃいます。 ししゃももチビーズと同じ仲良く3匹だね。

DSC01353 DSC01354 

巻物だって、食べちゃうよ~。 チビッチはもう食べてるね。

DSC01377 DSC01380 

もぐもぐ、あっ!磯かっぱが1つ少ないよ~。

             たらこは2つしかないね~。どうしよっか~。 


さて、お会計ですが、2名、上記お料理とお酒で19500円。 

東京あたりで、いただいたらこの金額では収まらないと思います。

ちなみに、予約もカード使用も可です。
                               

                                                           

伊勢鮨

〒047-0032 北海道小樽市稲穂3-15-3

TEL  0134-23-1425

営業時間/昼:11時30分〜15時00分(14時30分:オーダーストップ)

      夜:17時00分〜22時00分(21時30分:ラストオーダー) 
    ※ 日曜・祝祭日は9時閉店。また、ネタがなくなり次第、終了。

定休日/水曜日
    ※ 祝日、祭日は営業

北海道旅行 11/2 じんぎすかん

本日のお宿は、『すすきの駅』 徒歩5分の札幌東武ホテルです。

朝が早かったので、夕飯の時間まで一休み

DSC01308 DSC01311

陽も暮れたころ、私らも観光客なので、ラーメン横丁を撮影してみました。

DSC01320 DSC01321

すすきの の街も、ネオンがともり、あちこちで客引きさんが出ています。


本日の夕飯は 昭和29年創業の老舗、成吉思汗「だるま」です。

お天気に恵まれたら、ランチはスープカリィではなく、ロケーションの良い

ツキサップじんぎすかんクラブ」を候補にあげていたのですが、気温も低く

希望する野外では厳しいので、予定を変更しています。 

(北海道に向かう前にツキサップじんぎすかんクラブに電話を入れたところ
シーズンオフとも言われてたのです)

だるま」のお店のネタもとも、我らが剛田の兄貴です。 

           DSC01319

本店・支店ともに行列の途絶えることのない人気店。

本店より少し広めの支店に並ぶこと30分、寒さが身にこたえました。 

DSC01313 DSC01314 

カウンター席に着席するや否や、問答無用でお店のおばちゃんが、七輪の炭火の

上にドーム型のジンギスカン鍋を置いて、野菜(玉ねぎと長ネギ)をドカンと

まいてくれます。

お肉を焼く脂も中央にドスンです。マトン肉を含めたこれが、セットになっています。

タレもテンポよく出してくれます。 

薬味はニンニクと一味、お好みで調整します。 このタレが実に美味い 


マトン肉はタレに付け込んでいないため、さっぱりしていており、箸が進みます。

かつ、柔らかすぎず、また硬くもなく、歯ごたえのよい肉です。

                           DSC01316

アイカタさんも、もう車はホテルの駐車場なので、ビールを飲ませてあげましょう。

だるまとロゴのはいったジョッキは、やる気おこさせてくれます。

お酒は他に、ハイボール、ワインも置いてありました。

また、お酒には、お漬物がついてきます(キムチ脇の小鉢)。

DSC01318 DSC01317 

私は、白ご飯も食べたいので、キムチも注文してしまいました。

じゅうじゅう焼いては、お肉も野菜も、ひたすら食べ続けてしまいました。

もちろん、じんぎすかんも、もうワンセットお替りしました。

野菜もマトン肉も、お腹にいくらでも入りそうな勢いです。


お店のおばちゃん達も、カウンター内でテキパキとよく働いています。

さすが、開拓者の子孫 力強いおばちゃん達がお店を盛り上げて

いると言ってもいいでしょう。 


さて、お会計ですが、2名でビール3杯、ハイボール2杯、じんぎすかん3セット、

白ご飯、キムチで5570円。

実に安い。  Okini02_3 このお店を目当てに飛行機に乗って通いたい

ぐらいのお店でした。

ちなみに、予約もカード使用も不可です。
                                    

成吉思汗「だるま」支店

〒064-0806 札幌市中央区南6条西4丁目仲通り 野口ビル1F

TEL      011-533-8929

営業時間/平・祝 17時30~翌5時、日 4時30~翌1時

定休日/年中無休

2008年11月 7日 (金)

北海道旅行 11/2 スープカリィ

市内に車を走らせると、雨は止んでくれました。

こちらで、ランチをとることにしました。

         DSC01660

こちらのお店のネタもとは、我らが剛田の兄貴です。

運よく待ち時間も少なく、席に案内してもらえました。 

DSC01299 DSC01300

STEP1  まずは、スープをあっさり系にするか濃厚系にするかを決めます 。(左上)

あっさり系は、毎日決まっているようですが、濃厚系は日替わりになっています。

STEP2 メインの具材を選びます。(左下)

STEP3 辛さを決めます。1から5、さらに圏外まであるようです。

STEP4 トッピングを決めます。 (右) 野菜、肉・海鮮、その他 となっています。

          DSC01298

スープカリィは初体験なので、ドキドキしながらOrionビールを飲みました。

旅の供の、アイカタさんは運転があるので、ビールはおあずけです。

          DSC01302

         まずは、私のオーダーしたスープカリィです。

スープはあっさり系、メインの具材はサクッとハーブチキン、辛さは3、トッピングは

チーズフォンデユ入りもちです。

チキンの皮はパリッっとしながら、お肉はジューシー、野菜はゴロゴロのじゃがいもと

薄切りにされた人参、大根、茄子、いんげん、かぼちゃ、アボカドなどが入っており、

野菜自体の旨味も重なって美味しい。うずらのたまごが入っていたのも注目でした

トッピングしたチーズフォンデユ入りもちがよいアクセントにもなり、かなりスパイスの

効いたスープなのにも関わらず、ものも言わず食べ進めてしまいました。

           DSC01305

        アイカタさんのオーダーしたスープカリィです。

スープは濃厚系、メインの具材はベーコンwithキャベツ、辛さは3、トッピングは

舞茸ハーフです。中に入っている基本の野菜はさほど変わりはありませんが

こちらには、牛蒡が入っていました。

アイカタさん曰く、ベーコンがすごく美味しいと言ってました。

           DSC01303

          こちらは黄色いターメリックライスです。

スープカリィについてきますので、これをスープに浸して食べます。

私は、辛さ3で十分だったのですが、アイカタさんは、どうも4くらいの辛さでもよかった

ようでした。チャレンジャーだなぁ。 

ちなみに、お店の方のお勧めによると、あっさり系にはチキンレッグ、濃厚系には肉で

Okini02_3スープカリィを構成していくとよいそうです。

本場、スープカリィに大満足しました~。

さて、お会計ですが、2名で2760円でした。

                                   

VOYAGE

〒001-0022 北海道札幌市北区北22条西5丁目第11松井ビル1F

TEL    011-758-2500

営業時間/11:30~23:00(22:30オーダーストップ)

定休日/年中無休

http://www.voyage1996.com/

2008年11月 6日 (木)

北海道旅行 11/2

11月2日より4泊5日で北海道旅行に行ってきました。 

今回の旅のエリアは「道央エリア」です.  

しばらく、「みにの夢色探索」は北海道旅行の記事が続きます。 


出発時間は羽田発、6時35分のJAL便。手荷物検査も終え出発ロビーで

待機することにしました。 出発ロビー内には噴水が・・・。このまわりにも椅子が

あるので、ここで一息いれることにしました。

          DSC01270

ロビーの売店には、さまざまなカツサンドが売られているのですが、グルメ番組にも

登場する「銀座梅林のカツサンド」を発見。 軽く一切れつまむことにしました。

DSC01271 DSC01272

ぷっくり厚みのあるカツにソースのみ。キャベツなどは入っていません。

少々パンがもさっとした感じはありますが、ジューシーなカツに満足感が得られます。 

DSC01274 DSC01276

飛行機の中から見た空です。朝焼けで綺麗です。

          新千歳空港までのフライト時間は約1時間30分

DSC01282 DSC01284

朝が早かったので、うつらうつらしているうちに新千歳空港に着きました。

さっそく、売れ筋の空弁をチェックです。

ガイドブックによると、石狩鮨三昧と生ハムにぎり鮨がお勧めのようです。


これから、道央の旅はレンタカーで移動します。

DSC01288 DSC01289

まずは、千歳近くの、ノーザンホースパーク に移動しました。

外は、生憎の雨石狩鮨のミニサイズ(スワイガニのむき身なし)があったので、

車内でちょっと試食です。@710 

やっぱり、北海道に来たからには、食しておかないといくらの生臭さはなく、

さけとのコンビネーションが良い。なるほどの味わいでした。

DSC01287 DSC01290

さて、チビーズはお出かけ用の赤いバックを持ってきたのに、雨にちょっとがっかり

しているようです。 寒いのでチビッチが赤いバックに入りました。

DSC01291 DSC01293

ノーザンホースパークも雨のため、野外のアトラクションはお休み

厩舎内でお馬さんを見学させてもらいました。  

社台スタリオンステーションも行こうと思っていたのですが、お馬さんは天候に左右

されやすく、外には出てないことが多いとの話なので、今日は断念しました。

お目当てのお馬さんがいたら、事前に見学できる馬と見学時間は、

テレホンサービス(0145-22-4600)で、事前確認したほうが良いのです。

DSC01295 DSC01294

広い園内を歩くと、雨のため足元が冷たくなってきました。

ガーデンレストラン「THE KITCHEN"K's Garden"」でお茶をすることにしました。

ここのパンは、全て園内で手作りとのこと。これは食べてみないと

DSC01296 DSC01297

くるみバケットサンド(ローストビーフ)を一つ注文。

なかなかパンが軽くて美味しい。 ローストビーフとソースの加減が優しくて

ぬくもりを感じさせるものでした。 


コーヒーもいただいて温まったとこで、スケジュールを立て直し、

市内へ向かうことにしました。                             

2008年11月 1日 (土)

笑の家 麻布十番

  お昼の時間も過ぎ、ランチ難民になりかかってしまいました。

            200810311354000

  麻布十番方面に来ていたので、そうだ「笑の家」さんに寄ってみよう。

  お店の場所は、麻布十番と白金高輪の中間あたりになります。

  ここは、横浜家系の、豚骨醤油ラーメンのお店です。

  まずは、入り口の自動販売機で食券を購入。ラーメンにしました。

  食券をカウンター席から渡すと、お好みは?と聞かれますので、

  スープや脂、麺の茹で加減を言いましょう。 

          200810311342000

  写真の写しかたが、悪かったのでほうれん草がのりに隠れてしまっていますが

  具はのり3枚、ほうれん草、チャーシュー。

  このチャーシューはもも肉、食べ応えがあり、かつジューシーでした。

          200810311343000

  カウンターに白ゴマ、おろしニンニク、おろしショウガ、などがあるので、

  好みで調整します。  まずは、白ゴマをいれてみました。
   

          200810311344000

         麺は太麺、スープはこってりのトンコツ醤油

  こってりに飽きてきたら、おろしショウガを入れて食べてみます。

   なかなか、トンコツ醤油におろしショウガは合います。

  私は、こってりも大丈夫なので「笑の家」のラーメンは好きです。 

  トッピングとしてキャベチャーというのが、ありました。

  生キャベツにチャーシューの短冊切り、醤油だれ、ごま油などのかかってる

  小鉢?ですが、男の方などはこれをラーメンに足してたべていました。

  ちょっと気になるトッピングでした。


笑の家

〒106-0047 東京都港区南麻布2-7-30

TEL             03-5439-5277

営業時間/ 火~土 11:00~翌3:00 

            日 11:00~23:00 

定休日    月曜

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »