2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月29日 (水)

龍天門 恵比寿

お昼時、広東料理「龍天門」の担々麺が食べたくなりました~

ならば、さっさと向かいましょう。 

ウェスティンホテル東京、2階に入っている Okini02_3 「龍天門」は週末のランチ

時には、混んで待たされることもあるのですが、幸い開店の11時30分に着くことが

できたため、すぐに席に案内してもらえました。

                                   200810281138000

担々麺はメニューには載っていないのですが、訪れた際には必ず注文する裏の逸品
メニューになくとも、臆することなく担々麺をくださいっ と言いましょう

200810281148000 200810281148001

                     フカヒレのせ海老蒸し餃子も注文。

下味がしっかりついているので、このままいただいてもよいのですが、好みで、豆板醤・

マスタードまたは酢・醤油で調整します。

私は、クリーミーなマスタードで一つ。酢と醤油で一つ。味を違えていただきました。

大きめの海老がプリプリ入っていて、食べ応えあります。

200810281154000 200810281154001 

               見た目も鮮やかな担々麺です。

ゴマと胡桃をたっぷり使ったクリーム色のコクのあるスープに、ニラとラー油が美しく

散らされています。

中央には白髪ねぎが飾られ、肉のそぼろがこのスープにとてもマッチしています。

ストレートの細麺が、スープにからみ、上品なまろやかさは、麺を啜り上げるたびに、

口の中に広がるのです。

                           200810281156000

辛さはさほどでもないため、手元で調整を・・・

一般的には、こうしたこともあるのでしょうが、この担々麺においては、

完成度が高いのでこのままいただくほうがベストだと思います 

食べ終わったあとは、しつこさを感じさせず、さっぱりとしています。

スープを飲んでも、喉の渇きが感じられないのは、絶妙の塩梅で味のバランスが

とられているからでしょう。 


あぁ、まだお仕事があるのに、ランチからこんな美味しいものを食べてしまうと

午後が辛い~といいつつ幸せをかみしめるのでした 

この他、飲茶のワゴンサービスは、お店の方の説明を受けながら、目前で選ぶという、

演出もリッチで素敵ですし、味の方もお勧めです。


さて、お会計ですが、

担々麺1620円、フカヒレのせ海老蒸し餃子580円で2200円。

嬉しいことに、ランチにはチャージ代がかかりません

ちなみにカードでのお支払いも可です。 


龍天門

〒153-8580 東京都目黒区三田1-4-1 ウェスティンホテル東京2F

       (恵比寿ガーデンプレイス内)

TEL     03-5423-7787

営業時間/ 月~金 11:30~15:00 17:30~22:00

        土・日・祝 11:30~16:30 17:30~22:00

定休日    無 休 

http://www.westin-tokyo.co.jp   

2008年10月28日 (火)

オスピス 自由が丘

友人とワインを飲みに立ち寄りました。

お店は「オスピス」、自由が丘の隠れ家的なワインバーです。

小さな店内の内装は、木彫りのアンティークで落ち着ける空間。

                   DSC01216
ボトルワインは好みと、価格帯を言って、お店の方に選んで もらいました。

お値段はかなりよいのものが多いのですが、お店のかたに相談すると、

価格の中におさまる適切なワインを提供してもらえます。

とても美味しいワインをいただくことができ、満足しました。

DSC01218 DSC01220
お料理は本日のサラダ(左)とキャベツとアンチョビのパスタ(右)を注文。

こちらは、家庭的であり、しっかりと味付けが ほどこされています。

メニューは少ないのですが、ワインの進む手製のお料理をいただけます。

また、お試しのグラスワインのセットも置かれあり、

ベルギービールも取り揃えてあります。


注文されてから焼く、という修道院パンは、評判が良いとききます。

美味しいパンでワインも素敵ですね。

カウンター席には、常連さんも多く集まるようです。

さて、お会計ですが、

ワインフルボトル、デキャンタ、本日のサラダ、

キャベツとアンチョビのパスタで9750円になります。いいお値段です。

ちなみにカードでのお支払いも可です。 


オスピス

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-14-19

TEL      03-5701-4151   

営業時間/ 18:00~24:00

定休日    不定休 

2008年10月26日 (日)

競馬の話 菊花賞G1結果

菊花賞G1、結果は・・・ 

1着 ◎ 14 オウケンブルースリ
2着      1  フローテーション
3着      5  ナムラクレセント

3連複取れませんでした~。撃沈。 

今回も3連複、高配当。 92720円ついてます~。 

競馬の話 菊花賞G1

10月26日(日)本日は、京都競馬場で菊花賞・G1が

開催されるのです。

予想は・・・ 

◎ 14 オウケンブルースリ
○  8 スマートギア
▲  9  マイネルチャールズ
△   6 ロードアリエス  、10 スマイルジャック、17  ダイシンプラン
     18 ダイワワイルドボア

14軸かボックスか検討中。 3連複です。

当たるといいなぁ~。

東京競馬場 10月25日

東京競馬場10月25日、S席禁煙(3000円)に行ってきました。

                    本日のメインは第11回富士S・GⅢです。

DSC01222 DSC01223

今回は、ゆっくりめに家を出たので到着したときには、もう2レースまで終わっていました。

DSC01224 DSC01225

        さっさと、指定を引き換えに移動しなくては!歩け歩け。

                   DSC01227

S席の引き換えは西門からは、遠いのです。 フジビュースタンドを越え、

親子馬像。この先のメモリアルスタンドまで向かわなくてはなりません。

S席はガラス張りになっているので、天候や気温に左右されず、楽しむことができる為、

陽が暮れて寒くなる、これからの時期にはよいかもしれません。

DSC01230 DSC01229

5階S席の一番前にしました。S席の一番前の感じはこんなふうです。

ゴール前からは遠いのですが、 レースの流れが速くなってくる4コーナーから

最後の直線入口付近を間近に見ることができます。

そして、ゴールはペア席に1台ずつ設置されているモニター、もしくは大画面で確認です。

                     DSC01228

      まずは、から揚げとビールを購入して、4レースから始めました。

DSC01232 DSC01234

4レース後から5レースの間は、時間があるのでお昼の時間にしました。

メモリアルスタンドにもお店はありますが、フジビュースタンドの方のレストランへ

向かいます。 外へ出なくても、館内には連絡通路があります。

DSC01237 DSC01238

フジビュースタンドの「神田川」の鰻特重(炭火焼)と冷奴を注文。

お昼時は混雑してますが、回転が良いので、意外に早く席に案内してくれます。

DSC01240 DSC01242

パドックです。今日は予報では晴れとなっていたのですが、天気は薄曇り。

                   DSC01243

               ふと見上げると、府中の森も紅葉していました。

DSC01245 DSC01246

              午後、レースに戻りました。ダートと芝の様子です。

勝敗は・・・。またもや、ちょっと書けません。

2008年10月24日 (金)

豚骨世界 大大

仕事帰りに、自由が丘の美容室に行きました。

夏が過ぎ、9月に20センチばかり切ったのですが、まだ中途半端なので

さらに10センチ。こんなに短くしたのは×年ぶりですね~~。

でも、ちょーっと切りすぎではないかい?! 

美容室の終わった21時には、もうお腹がペコペコ。

疲れたし、そうだ!ラーメンを食べて帰ろ~っと思い 

豚骨世界 大大」さんに、寄り道です。

場所は自由が丘駅、南口を降りて、無印商品の裏あたりになります。

あたりは静かな住宅街。

ここは美容室のお姉さんが、お昼に食べに来たことがあるというラーメン屋さん。

豚骨食べたいなら~ ということでお知えてもらいました~。

せたが屋グループのラーメン屋さんなのです。

http://www.setaga-ya.com/shop/t_daidai_j.html

         200810202114000

まずは、入り口にある自動販売機で食券を購入します。

なんだか、店の前の道路が豚骨のアブラのせいでしょうか?

ぬるっ、としてて滑りそうです。危ない危ない。

          200810202105000

            はじめてなので、らーめんを注文。

店内はカウンター席と左奥に隠れ部屋のようなテーブルの座敷1卓のみ。

お昼どきは行列ができたり混雑のようですが、この時間ともあって

すぐにカウンター席に座れました。

お水はセルフサービスです。

麺は細麺ストレート、スープは豚骨なんですが私的にはもの足りない味。。。

カウンターのテーブルにあった辛味野菜と紅生姜を入れてみましたが、

やっぱ、違うんだな~~。

それより、気になったのは、らーめんを食べながら目にした

そば屋のカレー」でした。  遅いぃぃ~~!! 


豚骨世界 大大

〒158-0083  東京都世田谷区奥沢5-26-4

TEL      03-5701-8801     

営業時間/ 平日 11:30~16:00  17:30~24:00

         土日 11:30~24:00

定休日    木曜日(祝日の場合は水曜日)

2008年10月23日 (木)

Bar Stone Pavement 神楽坂

神楽坂に来たときには、ここに顔出さないと、と思う店があります

DSC01214 DSC01215

神楽坂のBar 「Stone Pavement」です。 店内はカウンター7席だけの

隠れ家のようなBar。ここはマスターが、一人でお店をやっています。

バーテンダーでもあるマスターとは、このお店以前からの付き合い。

かれこれ10年はたったでしょうか・・・

私はマスターを『俊ちゃん』と呼んでいます。

バーテンダーさんの作るお酒は、そのバーテンダーさんの個性が

表れると思うのです。

俊ちゃんの作るカクテルはとても繊細で優しい。 季節のフルーツを絞り、

作るカクテルの味は格別。 

それもそのはず、彼自身とても繊細なハートの持ち主。 私の知るところ、

食や音楽でも独自のこだわりを持ち、時間をかけて感性を磨いています。

真面目なのです。 また、辛抱強く、とても努力家さん。 

DSC01209

俊ちゃんは、グラスにもこだわりを持っています。

ここに使用されてるグラスは、俊ちゃんが一つ一つ集めた上質なお酒の演出に 

ふさわしいものばかり。グラスは曇りひとつないように、美しく磨かれています。 

 

ここでの、お酒の注文ですが、もちろん好きなカクテルやスコッチの「名前」を

言うのもよし、「甘めでさっぱりした感じのカクテル」などといったオーダーの

仕方も可なのですが、

私は、俊ちゃんのこだわりのグラスの中から今宵のグラスを決め

このグラスに一番合うカクテルをお願いしています

まぁ、あとは、「さっぱりめで」ぐらいは申していますか・・・。 

DSC01211

そして、俊ちゃんは
チビーズとも長いお付き合い

DSC01212 DSC01210

チビーズはVIP待遇 ちょこんとカウンターに顔を出すと、

黙っていても俊ちゃんはお水をグラスに入れて出してくれます。

この目配り、お客様個人にむける心のある対応は、やはり凄い。

チビーズも俊ちゃんが大好きです。

もちろん、私もたまにしか顔を出せなくても変わらず、

「みに姉(ねえ)」と呼んでくれる俊ちゃんの大ファンです 


今回、俊ちゃんこと木村俊輔さんに「ブログに書いていいよ~。」と

承諾いただきましたが、彼の年齢は不詳ということになっております。

ちょっと、童顔のマスターはとても気さくで話しやすいよ。 

神楽坂にお越しのときは、「Stone Pavement」にもぜひ。 


私にとって「人におしえたいけど、おしえたくない」ような大切な場所です。

お店には、食べ物はお通しのナッツ盛り合わせのみです。

 

ウェイティングバーや、食事のあとに訪れるお店としてもお勧めできる

落ち着いた大人のBarです。 


ちなみに「Stone Pavement」とは「石畳」のこと。

神楽坂の石畳の小路にお店はあります。


Stone Pavement

〒162-0825  東京都新宿区神楽坂3-1

TEL      03-3267-7778

営業時間/ 月~金 18:00~1:00 (L.O)0:30

定休日    日・祝日

2008年10月20日 (月)

酒蕎庵 まろうど 神楽坂

お蕎麦屋さんで、一杯やりたくて酒蕎庵 「まろうど」に立ち寄りました

お店は、本多横丁の奥になります。

こちらは、山ごぼうの葉の繊維をつなぎにしたお蕎麦が特徴です。

DSC01187

まずは、生ビールでかんぱ~い。

DSC01188 DSC01191

酒の肴にポテトサラダ(左)、牛すじ煮込み(右) を注文。

ポテトサラダには卵が入っており、ボリュームも たっぷり。

牛すじ煮込みは甘く煮込まれており、 どちらも優しい家庭的な味付けでした。

DSC01196 DSC01207 

次は〆鯖(左)とかき揚げ(右)

〆鯖は、なかなか鮮度もよく、つまはおそらく自家製でしょう。

かき揚げの中には、薄くスライスした、さつまいもも入っていました。

このかき揚げは、あとひと頑張りを期待しま~す。

DSC01195 DSC01194

チビッチが芋焼酎 をバックにポーズしています。

写真を撮ってね、ということでしょうか?

後ろに見えるのは、お店のカウンター席です。打ち場が見えます。

芋焼酎を頼んでしまいましたが、そば湯割りが美味しかった。

トロッとした口当たりのまろやかさに、お酒がすすんでしまいました。

飲みきれなかったボトルはキープできるとのことです。

DSC01202 DSC01201

お蕎麦は、ざる蕎麦一人前「一斤」の小盛りにあたる「半斤」から注文出来るため、

飲みながら半斤、〆に半斤と2回に分けて楽しむことができました。

薬味には、ネギとわさびの他にとろろがついており、

細く薄い蕎麦はしこしことしています。

お酒の〆にいただいても、喉越しの良さに箸がすすむ、お蕎麦でした~。

酒蕎庵 「まろうど」さんは先日、目にした「大人の週末」に紹介されてました。

なので、十分、大人の私も行ってみたわけです~~。

 

さて、お会計ですが、2名で

ポテトサラダ、牛すじ煮込み、〆鯖、かき揚げ、ざる蕎麦半斤×2

ビール2杯、芋焼酎ボトルで9110円。 

ちなみにカードでのお支払いも可です。

 

大事なおまけ。

DSC01189 DSC01190

もぐもぐ、ポテトサラダおいちいよ~。

あっ、チビッチも食べに来たね~。

DSC01193 DSC01204

くんくん、牛すじ煮込み、半斤のざる蕎麦も食べなくちゃ。

DSC01205

チビッチも食べる~。 

 

酒蕎庵  まろうど

〒162-0821 東京都新宿区津久戸町3-20 イサミビル2F

TEL   03-3269-1106

営業時間/ 月~金 17:00~03:00(L.O.02:00) 
         土・祝 17:00~22:30(L.O.21:30)

定休日    日曜日

2008年10月19日 (日)

競馬の話 秋華賞G1結果

秋華賞G1、結果は・・・

1着     4 ブラックエンブレム
2着 ○   1 ムードインディゴ
3着     15 プロヴィナージュ

ノーマークです。取れない。 

これは高配当です。この3連複は1869680円ついてます~。 

府中牝馬ステークスG3、結果は・・・ 

1着 ○ 16 ブルーメンブラット
2着 ◎ 7 カワカミプリンセス
3着     2  ベッラレイア

きぃぃぃーー。 またも、ノーマークが3着にきました~。 

なかなか美味しいご飯とお酒はいただけそうにないです。

競馬の話 秋華賞G1

10月19日(日)本日は、京都競馬場で秋華賞・G1

が開催されるのです。

しばらく、放牧状態の競馬の話でしたが

予想は・・・ 

◎ 9 マイネレーツェル
○ 1 ムードインディゴ
▲ 6 レッドアゲート
△ 3 ソーマジック、11 トールポピー、17 レジネッタ
  18 オディール

府中牝馬ステークスG3も、ささっと予想。 

◎ 7 カワカミプリンセス
○ 16 ブルーメンブラット
▲ 10 アルコセニョーラ
△ 13 キストゥヘヴン、15アサヒライジング

当たるといいなぁ~。 

オッズ次第で軸を決めるか検討しますが、

それぞれ、3連複でいこうと思ってます~。 

当てて美味しいご飯とお酒をいただきたいものです。

2008年10月16日 (木)

BUNGO洋食 方寸 MURATA 銀座

銀座ベルビア館のショッピング帰りに8階に入っている

BUNGO洋食 方寸 MURATA」寄ってみました 

          200810121230000
こちらは、由布院にある有名旅館「山荘 無量塔(むらた)」が

プロデュースする高級洋食店とのこと。

予約を取ってなかったため、カウンター席への案内になりました。

200810121238000 200810121241000

注文したのは「週末のランチ」2800円コース。

メインのお料理は、割増料金でタンシチューを選びました。 

その前にまずは、生ビール

お食事はフォーク・スプーン・ナイフの他に箸も用意されています。

右は小さなポタージュ

ジャガ芋のポタージュにクルトン、ピンクペッパーがきいていました。

200810121245000 200810121302001 

オードブルの盛り合わせ(左)

ラタトゥイユとクスクス、ポテトサラダと自家製からすみオリーブオイルがけ、

まめあじのエスカベッシュ

彩り野菜の盛り合わせ(右)

ごぼうサラダ、ひじきとベーコンの煮物、サラダ

と、お店の方が、お皿が空くタイミングを はかって順々に出してくれました。

彩り野菜の盛り合わせは、それぞれにしっかり味付けが

ほどこされており、いただきやすかったです。

200810121325000  200810121326001

メインのタンシチューは、サラッとして、素材の旨味を

感じさせる上品なシチューでした。

お席は、窓側の景色も良く、また個室も落ち着けるようなので

ゆっくりお食事を楽しまれる際には予約されていたほうが

良いかもしれません。

 

さて、お会計ですが、2名で、

週末のランチ2800円コース+タンシチュー割増600円×2 

生ビール×2 グラスワイン白・赤 各×2   

12000円になりました。

ランチから、驚きのお値段です。
これは、グラスワインが900円というお値段だからです。

かなり良いワインを使っており、口当たりは最高でした。

ちなみに、カード使用は可。

昼もカードでお支払いができました。

 

BUNGO洋食 方寸 MURATA

〒104-0061 東京都中央区銀座2-4-6 銀座Velvia館8F

TEL   03-5524-6765

営業時間/月~金 11:00~15:00(L.O.14:00) 土・日・祝 11:00~16:00(L.O.15:00)

       月~土   17:00~23:30(L.O.22:30) 日・祝 17:00~22:00(L.O.21:00)

定休日   元日

 

大事なおまけ

200810121242000 200810121247000

チビーズ、どうしたの?  お料理はまず目で楽しんでからだよ~

200810121305000 200810121327000

お皿が大きいからサラダまで遠いよ~。
            シチューはご飯にのっけてほしいよ~。

さらなるおまけ
陽も暮れて、チビーズを連れてカラオケボックスに行きました

200810121851000 200810121851001

こらこら、マイクは殺菌してあるけどダメダメ。 

       ボクが先だよ~。 タンバリンもあるよ~。

            200810121900000

チビーズがマイク夢中になっているので、レモンサワーでも飲みながら

騒動が治まるのを待ちましょうかね。

2008年10月14日 (火)

情熱酒場 亀吉商店 中目黒

中目黒の「情熱酒場 亀吉商店」に行ってきました。

待ち合わせで、お店に到着したのは18時頃

早っ!そうです。本日は直帰なので・・・

店内はやや暗め、細長い造りをしています。

DSC01152 DSC01172

お店の営業は、月~土は16時からと、やる気まんまんですね~

あっ、私もでしょうか・・・

この時間でも、遅めのランチタイムメニューを置いてあります。

DSC01149 DSC01150

まずは、生ビールとお店のキラーコンテンツということで、イチ押しの

情熱肉団子」を注文。

DSC01161 DSC01171 

これが、情熱肉団子(左)です。

右は、チーズがあまりに美味しいので追加でお願いしたパン。

嬉しいことにチーズもつけてきてくれました。

香ばしい焼き目の入った肉団子は、箸で割ったとたんにあふれ出す

肉汁にびっくりです。

接客をしてくれた店長(名刺の肩書きは「カシラ」です)の

お話をによると・・・

鶏肉に、もう一種類の肉を混ぜ、さらに、一度ボイルしてから

ローストするという手間をかけることで、この弾力とジューシーな

食感を出す工夫をしているのだとか。

試行錯誤を繰り返し生まれた、まさしく、情熱の肉団子なのです。

小皿には、チーズをだしに溶いたソース。

和風だしと絶妙にマッチして、コクがあってクリーミィ、

でも、しつこくないという最高のソースになっています。

DSC01164 DSC01153

お勧めメニューから、するめいか白子のフリット

お塩をつけていただきます。白子は口の中でとろけていきます。

DSC01166 DSC01167

まぐろ赤身・中とろのお刺身(左)とみそ漬けチーズ(右)

「カシラ」の鮮魚へのこだわりから、お刺身もよいものが入ってます。

味噌漬けチーズも、私は気に入りました~。

DSC01155 DSC01178

お酒は芋焼酎(左)とグラス白ワイン

焼酎は基本、ショット売りなのですが、たまたまボトルで出して

いただけるものがあったので、いただきました。

芋の香はしっかりとあるのですが、飲みやすい「山乃神」でした。

 DSC01173

〆は白魚と大葉のペペロンチーノ

細めの麺を、美味く白魚とアレンジしたセンスと味には、

目を瞠らせるものがありました。 これ、いいわ~~。

帰り際に見送ってくれた「カシラ」さんとホールのお兄さん

とても魅力的な方々でした~~。

「カシラ」さんは接客上手でおしゃべりが楽しい。

お兄さんはちょっとシャイなとこがよい~~。

お店は4月にオープンしたばかりとのこと、これからが楽しみですね~


さて、お会計ですが、情熱肉団子850円、まぐろ赤身・中とろのお刺身850円、

するめいか白子のフリット500円 みそ漬けチーズ800円 

白魚と大葉のペペロンチーノ1200円 他。

スーパードライ生×2 グラスワイン×2 芋焼酎ボトル  

12800円になりました。

ちょっとお酒が高めかも。。いえいえ、これもこだわりのお酒だからです。

ちなみに、カードでもお支払いができました。 

大事なおまけ

さて、私のチビーズとチビッチはというと。。。

DSC01163 DSC01169

ピンポイントを押さえて、食べに出てますね~。 

そうだよ、積極的に食べないといかんよ~。

くんくん、この壷なんだろ~~。 チーズおいちいね~。

DSC01157 DSC01158 

オミソのチビッチは芋焼酎が気に入ったようです。思わずポーズ

           DSC01159

  ウィーック、酔いがまわってきたかな~~。足をとられ気味ですっ。

           DSC01175

        パスタは大好きだよ~。細い麺だね~。

              チビッチもパスタ食べようよ~。

 

情熱酒場 亀吉商店

〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-16-9 サクラガーデンB1

TEL   03-5428-4868

営業時間/ 月~土 16:00~04:00(L.O.03:00) (ドリンクL.O.03:30)        

         日・祝 15:00~24:00(L.O.23:00) (ドリンクL.O.23:30)   

定休日    不定休 (31日がある月は不定休で1日お休み)

2008年10月11日 (土)

内ご飯 海鮮鍋

連休の一日、自宅でDVDを見ながらお鍋をすることにしました。 

    DSC01181

まずは、年季のはいった鍋に水を入れ、昆布とはまぐりで出汁をとります。

次に蟹を入れてま~す。

DSC01179 DSC01180

鍋の具材は蟹・鮭・鱈・いわし団子・舞茸・椎茸・大根・白菜・豆腐。

水菜も入れたかったのですが、今回は冷蔵庫になかったので・・・。

別皿に鶏つみれです。スプーンで丸くすくいながら、鍋に落とします。

で、鍋の中に、これらが入ってる写真は撮り忘れてしまったので、

テキトーに想像してください。

さて、飲み食いした〆には雑炊です。

用意するものは、   

① 卵と万能ネギ 

   鍋の汁は煮詰まると、味の調整がいらないぐらいになってますが、

   味を見て、好みによっては塩を少々。

   卵と万能ネギを回しいれ、蓋をしてすぐ強火にして10をかぞえるくらいで

   火をとめて、あとは蒸らします。

DSC01182 DSC01183

   蓋をとったら、刻み海苔をふりかけてできあがり。

② 漬物(京みぶな)  これはお好みの漬物で。

   あと、小倉屋のえびすめを準備します。

雑炊をお茶碗にとって、この間にえびすめをはさみこむように入れて

えびすめをかえします。

雑炊に、えびすめ昆布がとろとろになって、かえると美味しいのです。 

寒くなってくると、いろんなお鍋が楽しみになりますね~。

2008年10月 8日 (水)

「日乃本 比内や」での平日ランチ 三越前

風邪が長引いてしまってます

仕事で三越前まで出るので、お昼は「日乃本 比内や」の

ランチを食べて精をつけようと思うのです。

ここのお店は以前にblogに書いてますが とろ~り卵を

身体が求めているので、すいませ~ん。

200810071139000

さて、ランチメニューは親子丼のみ

おっ、ちょっとこない間に、有機野菜のランチサラダがあるぞっ。

いまどきコンビニのサラダも200円ぐらいはするしー。

思い切ってこれもつけてしまえ。

ご飯は大盛りも無料なのですが、ここはつつましく「普通」で。

200810071142000

私の親子丼がやってきた~~。

これです

卵をたっぷりと使い、汁だく状態の親子丼
卵の色が黄金色に光り、神々しく見えます。

お一人様だとカウンター席に通されることが多いのです。

目の前の厨房では、お客様が入ってきたのを確認するや否や、

親子鍋に、割りした、炭火で軽くあぶって用意された鶏肉

を投入します。 お昼は親子丼のみだからですね。

そして最後に卵を投入すると、箸でかき回して半熟状態であっという間に

親子鍋を火からおろし、ご飯の盛った器に移して完成なのです。

Okini02_3 卵を2個使用し、炭火の香りが香ばしいプリプリ鶏肉の親子丼。

ここに少~し、祇園七味をかけて食べると、美味しさで思わずにんまり

してしまいます。

有機野菜のランチサラダは水菜・薄切りにした茄子・大根・

ボイルしたさつま芋などなど・・・。目にも美しい。

胡麻ドレッシングでいただきます。 

いろんな食感が楽しめて、身体にも優しいのです。

あっ、携帯で撮った写真がちょっとピンボケですね~~。

で、写真には写っていませんが、

他には小鉢で豆腐と菜もののおひたし・鶏スープ・とたくわんが

ついているのです。

平日の私にしては、贅沢なランチだったけど。

これで、しつこい風邪も治るかもしれないのだ。

いや、治すのだ。

2008年10月 6日 (月)

容疑者Xの献身 109シネマズ

さて、「容疑者Xの献身」のお時間で~す。

DSC01117 DSC01118 

東野圭吾さんの直木賞受賞作です。

私の感想なのですが、

この作品はすごい。トリックもそうですが、東野さんは

文章に魂を入れる力が並外れています。

「白夜行」のほうが、はるかに傑作という声もあるでしょうが、

この作品で、魅力的な犯人像を作ってくれました。

切なく悲しい・・・一気に読み上げてしまいました。

この原作が、どう映像化されるのか気になって、映画館に足を運びました。

犯人の堤真一さんも良かった~。 うまくお話がまとまっていました。

ガリレオシリーズは、容疑者Xの献身しか読んでないので、帰りに

文庫を買いました

東野圭吾さん、大好きな作家さんです。

大事なおまけ。

DSC01120

ちょっと、時間があったのでカフェで一息。チビーズもお水飲まないと。。。

ごくごくっ。ボク達も喉渇いていたよ~~。

DSC01119

映画館では飲みものとポテト。館内が暗くなる前に、チビーズにはあげました。

皮つきのポテトだよ~。

DSC01123

大好きなリラックマ。 

リラちゃん達をみると和みます~。

あっ、うちのチビーズにも、もちろん癒されていますが・・・。

2008年10月 5日 (日)

鉄板焼きS ラゾーナ川崎

ラゾーナ川崎の「109シネマズ」で映画を見ることにしました。
その前に、腹ごしらえです

ラゾーナ川崎4階に入っている「鉄板焼S」でランチです。

カウンター席だったので、お肉を焼いているところが見れました。

DSC01142

レディースランチ その名のとおり女性限定。

オーストラリア産ヒレ、鮮魚の鉄板焼き、デザート 2,000円。

DSC01140

鉄板焼きハンバーグ デミグラスソース 1,500円。

どちらも、グリーンサラダ・小鉢2種・味噌汁 ・香の物・

ご飯(お替わり自由)・コーヒー 又は 紅茶がつきます。

宮崎黒毛和牛を使用してます。 ヒレは柔らかくて美味しいね。

ハンバーグはしっかりと弾力があって、肉汁もじゅわ~です。

DSC01139

これはセットのグリーンサラダです。 胡麻ドレッシングでした。

ビールは別注文ですよ~。

DSC01143

チビーズ、レディースランチ食べていいよ~。

お肉も鮭もホタテ小さいよ~~。

ご飯も、お茶碗が小さいからお替りしよ~ね。

DSC01144 DSC01145 

デザートは木苺のムース。 

チビーズは、これが一番気に入ったようです。

コーヒーはアイスでも頼めました。

 

さて、お会計ですが、2名で

レディースランチ、鉄板焼きハンバーグ デミグラスソース、ビール2杯、

グラスの赤 ハウスワイン1杯で5850円。 

 

ちなみに、カード使用は可。

昼もカードでお支払いができました。

 

鉄板焼S

212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ 4F

TEL  
    044-520-8177

営業時間/11:00~22:00

2008年10月 4日 (土)

金田 自由が丘の老舗の居酒屋

土曜日、お祝いの会をかねて友達と自由が丘に集まりました。

 

幹事さんが、自由が丘の老舗の居酒屋金田」を予約してくれたので楽しみです。

      DSC01127

お店の方に、「3階ですよ~。」と言われて、ちょっと急な階段を上ると

そこは座敷席でした。

優しいお兄さんとお姉さんの集まる会なので、私のチビーズも参加

風邪気味の私に代わり、お料理のレポートです。

お店は5時からなのですが、予約の6時30分には、お料理の売り切れも

どんどんでてきてます。

早いもの勝ちよ~!のお店の方のアドバイスに

DSC01128 DSC01130

雲丹の煮こごり チビーズ、早く食べなさい。

これ、すごく美味しいよ~。

      DSC01129

お刺身盛り合わせ。優しいお姉さんが、チビーズを撮ってくれました。

ちょっと、お兄さんの股間が気になりますね~。

DSC01131 DSC01132

里芋煮(左)は、素材の色を損なわず、かつ上品な大人の味わい。

銀杏揚げ(右)は、一つ一つ皮に包んで揚げてあり、中には少量の

カレー粉も入っているようでした。仕事してますね~。

もぐもぐ・・・

      DSC01133

穴子の天麩羅天つゆには大根と生姜がすりおろされていました。

生姜のおかげで、さっぱりします。

 

他にも、ウナギきも焼きやら、いろいろ食べたのですが、うっかり写真を撮り

忘れてしまいました。

どれも美味しく酒飲みが泣いて喜ぶ逸品ばかりです。
 

私のお勧めは肉豆腐~、見た目は、醤油の色味が強くない

のですが、出汁がちゃんと効いていて、溶き卵でとじてました。

優しい味付けで、また食べたいよ~。 お店でも人気の品だそうです。

      DSC01134 

           〆にはお蕎麦

飲んでる途中で、お店の方が予約しとかないとなくなっちゃうよ~。

と、おしえてくれたので押さえておきました。  コレも美味しい~~~。

温かいお蕎麦には、鯛の身、三つ葉、万能ネギ、にわさびがのってます。

ほんのり柚子の香もして、押さえておって正解です~~。

つるつるつる~~これも、美味しいよ~~~

いつもオミソ(みっそかす)のチビッチも飛び入り参加です~。

DSC01135

お店のお酒はショット売りらしいのですが、焼酎は1種類だけボトル

出してもらえます。

 

そして、9時をむかえるころにはお客さんも減ってきます。

皆さん「金田」での飲み方をしってるのでしょうな~。 

 

1階はカウンター席なのですが、帰り際にお店の大将と思える方が

お声をかけてくれました。

Okini02_3 老舗ののれんに、あぐらをかいているわけでなく、腰の

低い丁寧な感じのよい対応でした。

チビーズ、今日は同席させてもらえてよかったね~


金 田

〒152-0035   東京都目黒区自由が丘1-11-4

TEL  
     03-3717-7352

営業時間/ 月~金  17:00~22:00(LO21:30)
         土    17:00~21:30(LO21:00)   

定休日    日祝

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »