2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 酒蕎庵 まろうど 神楽坂 | トップページ | 豚骨世界 大大 »

2008年10月23日 (木)

Bar Stone Pavement 神楽坂

神楽坂に来たときには、ここに顔出さないと、と思う店があります

DSC01214 DSC01215

神楽坂のBar 「Stone Pavement」です。 店内はカウンター7席だけの

隠れ家のようなBar。ここはマスターが、一人でお店をやっています。

バーテンダーでもあるマスターとは、このお店以前からの付き合い。

かれこれ10年はたったでしょうか・・・

私はマスターを『俊ちゃん』と呼んでいます。

バーテンダーさんの作るお酒は、そのバーテンダーさんの個性が

表れると思うのです。

俊ちゃんの作るカクテルはとても繊細で優しい。 季節のフルーツを絞り、

作るカクテルの味は格別。 

それもそのはず、彼自身とても繊細なハートの持ち主。 私の知るところ、

食や音楽でも独自のこだわりを持ち、時間をかけて感性を磨いています。

真面目なのです。 また、辛抱強く、とても努力家さん。 

DSC01209

俊ちゃんは、グラスにもこだわりを持っています。

ここに使用されてるグラスは、俊ちゃんが一つ一つ集めた上質なお酒の演出に 

ふさわしいものばかり。グラスは曇りひとつないように、美しく磨かれています。 

 

ここでの、お酒の注文ですが、もちろん好きなカクテルやスコッチの「名前」を

言うのもよし、「甘めでさっぱりした感じのカクテル」などといったオーダーの

仕方も可なのですが、

私は、俊ちゃんのこだわりのグラスの中から今宵のグラスを決め

このグラスに一番合うカクテルをお願いしています

まぁ、あとは、「さっぱりめで」ぐらいは申していますか・・・。 

DSC01211

そして、俊ちゃんは
チビーズとも長いお付き合い

DSC01212 DSC01210

チビーズはVIP待遇 ちょこんとカウンターに顔を出すと、

黙っていても俊ちゃんはお水をグラスに入れて出してくれます。

この目配り、お客様個人にむける心のある対応は、やはり凄い。

チビーズも俊ちゃんが大好きです。

もちろん、私もたまにしか顔を出せなくても変わらず、

「みに姉(ねえ)」と呼んでくれる俊ちゃんの大ファンです 


今回、俊ちゃんこと木村俊輔さんに「ブログに書いていいよ~。」と

承諾いただきましたが、彼の年齢は不詳ということになっております。

ちょっと、童顔のマスターはとても気さくで話しやすいよ。 

神楽坂にお越しのときは、「Stone Pavement」にもぜひ。 


私にとって「人におしえたいけど、おしえたくない」ような大切な場所です。

お店には、食べ物はお通しのナッツ盛り合わせのみです。

 

ウェイティングバーや、食事のあとに訪れるお店としてもお勧めできる

落ち着いた大人のBarです。 


ちなみに「Stone Pavement」とは「石畳」のこと。

神楽坂の石畳の小路にお店はあります。


Stone Pavement

〒162-0825  東京都新宿区神楽坂3-1

TEL      03-3267-7778

営業時間/ 月~金 18:00~1:00 (L.O)0:30

定休日    日・祝日

« 酒蕎庵 まろうど 神楽坂 | トップページ | 豚骨世界 大大 »

09.グルメバーガー・ダイニング」カテゴリの記事

a-03.新宿区・中野区・杉並区」カテゴリの記事

b-3.東京・神奈川ディナー」カテゴリの記事

コメント

私なんかよりずっと大人なんですね。
お供が3.5匹?もいるし。heart01

お洒落なお店ですね。貴方の大人の部分を見せて頂いたような
気がしています。
私がよく、バーに行ったのは、結婚前ですね。
職場の仲良しと、止まり木みたいな椅子にかけて、好みのカクテルを注文し、大人になった気分を味わったものです。
主人は、まるでバーの似合わない人で、息子に誘われて、山の
上ホテルの中の、ノンノンという、小さなバーに行ったきりです。私は、日本酒が苦手で、ワインかビールを少し飲みます。
又、雰囲気のあるバーに行ってみたくなりました。

Morさんへclover
そうですね~。桃太郎さんでさえお供は3匹
なのにcoldsweats01 私は0.5匹分お供が
多いのですdash やったhappy02

シャトーさんへclover
大人の部分wobbly
照れてしまいます~coldsweats01
いつまでも半人前以下の私ですsweat02

いい息子さんですね~。
Barにお母様を連れてってくれるなんて。
私も見習わなきゃsign01

お返事有難うございました。
今度は、メールを送らせて頂きますね。
こちらも、読ませて頂きにお邪魔します。
宜しくお願い致します。

この記事へのコメントは終了しました。

« 酒蕎庵 まろうど 神楽坂 | トップページ | 豚骨世界 大大 »