2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火)

内ご飯 均昌閣 肉まん

横浜中華街、均昌閣で買ったお土産の肉まんです。

小ぶりの肉まんで2個で500円です。1個250円ということになりますね。

DSC00644 DSC00645

レンジでチンしました。

具は椎茸、竹の子、ねぎ、たっぷりめの肉、生姜がきいています。

からし醤油をつけていただきました。

皮もほどよい厚さで、食べて変にお腹が重たくならず、2個ぐらいは

軽く食べれます。


さて、中華街では江戸清を始めお土産物の肉まんは多いのですが、

個人的には、「皇朝」の肉まんが、気にいってます。

皇朝」は中国料理世界チャンピオンの店として今や有名ですが、

大きくて、値段も高くて1個食べたら飽き飽きしてしまう肉まんが多い中、

皇朝の肉まんは一口サイズで1個90円、あんはネギと肉。

あらかじめ味付けがしっかりほどこされているので、そのままいただけます。

しかも皮はもっちりして、ほおばると肉汁がジュワーっとしみでます。

軽く3つはいけます!

ある意味、たこ焼きをつまむ感覚で食べれてしまうのです。

私は「皇朝」で肉まんをテイクアウトして、そのまま山下公園あたりで、

港を見ながら食べることも多いのですが、これも醤油いらずの味付けが

ほどこされているからこそなのです。

また、ミニサイズのちまきも売っていますが、これも味付けは濃いです。

個人的には豚角煮ちまきがお勧めです。


すっかり横道にそれてしまいましたが、「皇朝」の肉まんは、また次回

お土産で持ち帰った時にページを設けたいと思っています。

2008年4月28日 (月)

均昌閣(きんしょうかく) 横浜中華街

横浜中華街、中華街本通りにある中国広東料理の「均昌閣」本館に行ってきました。

ささっと食べたら退席しなければならない、中華街の一部の他店と違い、

ここは時間をかけて 料理とお酒を楽しむことができます。

Okini02_3 このお店のランチは、メイン通りである中華街本通りのお店に

しては、コストパフォーマンスが高いので、とても気にいっています。

また、16時までランチメニューを頼むことができるので、正午の混雑時間を避けても

お料理を注文することができます。 

均昌閣のお料理は全体を通して、平均点以上の味を提供してくれるものと思います。 

DSC00643

均昌閣の店内は、各フロアにより、中国庭園風、中国風個室、

セミVIPルーム、イス席個室、お座敷、貴賓室、宴会場などがあり

多目的に対応できるようになっております。

今回は、1階中国庭園風フロアのお席でしたが、このフロアの中央には

鯉が数匹泳いでおります。

本日、注文したのは、土日祝日ランチの「選べるランチ」1800円です。 

DSC00628 DSC00627

写真は見にくいのですが、選べるランチの内容は、

1. 椎茸・竹の子入りフカヒレスープ

2. 春 巻   

3.~4. 12品のメニューからの2品のチョイス

5. チャーシューチャーハン

6. フルーツ杏仁豆腐又はまろやかマンゴプリン

の構成になっています。

DSC00616 DSC00617 

まずは、椎茸・竹の子入りフカヒレスープ(左)

とろみが強くフカヒレの量は少ない ものの味付けがしっかりしています。

12品の中から選んだ イカと野菜のXO醤ソース炒め(右)

イカがやわらかく、 XO醤ソースがきいて美味しい。

DSC00620 DSC00622 

カシューナッツと鶏肉の炒め(左)

生姜もきいて、お酒のおつまみにもってこいです。 

鶏の唐揚げチョイピリ辛味噌炒め(右)

鶏肉もジューシーで、とろみのついた辛味噌が全体になじんで、ご飯に

つけたい味わいです。 

DSC00623 DSC00624 

カニ玉(左)

ほんわり広東風、安心できる味です。 

春巻(右)

ランチのおまけ感はなく、しっかりしています。

DSC00625 DSC00621 

お料理が決まったものでなく、選べるのもポイントなのですが、

なによりも嬉しいのは、たいがい中華街のこの手のランチは、

白飯になってしまうことが多いのですが、

均昌閣ではチャーシューチャーハン(左)で出してくれるのです。

もちろんチャーシューがごろごろ入っております。 

酒飲みの私にとっては、このチャーハンは十分つまみになってくれます。

中国紹興酒(右)2合は1200円。ボトルにしても2300円でおいてあります。

DSC00633

余談ですが、福の字です。「福」が落ちてくるように逆さに貼ります。 

これは、「福」の字を逆さに貼り、「到福(福が到る)」の意味を表すそうです。

我が家にも、中華街で買った「福」の字を逆さに貼っております。

DSC00630 DSC00631 

まろやかマンゴプリン(左)とフルーツ杏仁豆腐(右)です。

まろやかマンゴプリンはぽってりとした甘さがちょうど良く、フルーツ杏仁豆腐は

さっぱりとした甘さが口直しにちょうど良いです。 

このほか、帰り際に、お土産に海鮮肉まんじゅう(2個入り)を頼みました。

お土産は席まで持ってきてくれます。 

DSC00640 DSC00642 

さて、均昌閣では席での煙草はいけません。 喫煙コーナーを利用します。 

お店自体にも、煙草はおいてありませんので、愛煙家の方はあらかじめ購入して

からの来店がよろしいと思います。 

 

また、入り口付近にあるおみくじは無料ですので、やってみましょう。 

お好きな棒を引くだけでよいのです。

 

本日のお会計ですが、選べるランチ1800円×2、中国紹興酒1200円×2、

ジンジャエール350円、お土産の海鮮肉まんじゅう500円×2 で7350円です。

ちなみにカードでのお支払いも可です。   

 

横浜中華街満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

均昌閣

〒231-0023 横浜市中区山下町151

TEL 045-681-0701

営業時間/平日 11:30am~10:00pm(ラストオーダー9:00pm)

       土曜 11:30am~10:30pm(ラストオーダー9:30pm) 

       日・祭日 11:00am~10:00pm(ラストオーダー9:00pm)    

http://www.kinshokaku.co.jp/   

2008年4月27日 (日)

競馬の話 サンスポ賞フローラS結果

サンスポ賞フローラS、結果は・・・

1着 ◎ 8 レッドアゲート
2着 ▲ 4 カレイジャスミン
3着    14 キュートエンブレム

私は3連複、軸1頭 レッドアゲートからいったので撃沈。

3日は東京競馬場の指定が取れたので、乗り込んで勝負するど~。

お馬さんに会いにいくど~~。

競馬の話 サンスポ賞フローラS

4月27日(日)本日は、東京競馬場でサンケイスポーツ賞フローラステーク・G2が

開催されるのです。

購入せねば。

予想は・・・

 ◎  8  レッドアゲート
 ○ 17 シングライクバード 
 ▲  4 カレイジャスミン
 △ 13  ユキチャン、15 マイネウインク、16 カイゼリン

当たるといいなぁ~。

素人予想なのです。

2008年4月24日 (木)

香港ダイニング 龍’s食堂

今日のランチは恵比寿、アトレ6Fの「香港ダイニング 龍’s食堂」です。

店内は、オープンキッチンで女性客受けのいい内装、女性一人でも 

気楽に立ち寄ることができるお店です。

いつもは、日替わりランチを注文するのですが、目先を変えて。。

DSC00612

銀もやしと黄ニラの香港焼きそば @890を注文しました。

具は銀もやし、黄ニラの他にはピーマンとチャーシューで、

味はソース仕立てなのでしょうか??想像以上に甘いです。   

DSC00613

香港焼きそばとともに運ばれてきた甘辛い肉みそ?を 

からめて食べても、あまり味の変わりはない気がしました。

お料理により、あたりはずれがみうけられますが、

   

香港ダイニング 龍’s食堂は、この他に日替わりランチ(下)があります。

春雨を使った日替わりの時は要チェック。 ご飯にのせて食べるもよし

お勧めできます。日替わりランチにセットされているスープも美味しいです。   

DSC00662

豚挽肉と春雨の醤油煮込み(左上)、

 唐辛子が少量入ってますが、辛味は程よく醤油の味加減がよい。
 卵・トマト・菜もののスープ(右下)は鶏スープと塩加減がやさしいお味です。
 他にはザーサイ、ミニサラダ、杏仁豆腐。日替わりランチ980円。


 

香港ダイニング 龍’s食堂

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿6F 

TEL      03-5475-8427

営業時間/AM11:00~22:30   

定休日 1月1日、2月第二日曜、月曜日 (計3日)

2008年4月23日 (水)

つな八 目黒アトレ

目黒駅の駅ビル、アトレ目黒5F、「天ぷら つな八」のカウンター席で

ランチをとりました。

お店は、入って右手にカウンター席、左手がテーブル席になっていました。

季節のランチメニューは何点かあったのですが、今回は

桜えびの塩たれ丼 @1050を注文しました。

DSC00610

内容は、季節を感じさせる、桜えびと筍のかき揚げ・まいたけ・たらの芽の天ぷら。
生のりの味噌汁、香の物はしば漬けでした。

丸い小さな椀に塩たれが入っているのですが、このたれを天ぷらの

上にかけていただきます。

天ぷらのボリュームもあり、からっと揚がって美味しいのですが、

塩たれが少々薄いのか、途中からは天ぷらとご飯だけを食べて

いるような味わいになってしまいました。

でも、大丈夫です。 カウンター席には天汁が置かれているので、

塩たれの味に飽きた場合には、この天汁をかけて食べれば

一度で二度の美味しいをいただけます。

ちょっと、邪道でもありますが・・・。

生のりの味噌汁は濃い目の味で、この塩たれ丼によくマッチしていました。

天ぷら つな八

〒141-0021 東京都品川区上大崎2-16-9 目黒ステーションビル5F

TEL     03-3442-2784

営業時間/AM11:00~23:00 (LO 22:30)

定休日   年中無休

2008年4月22日 (火)

安芸路 酔心 新宿

今日は、新宿 伊勢丹会館B1の「安芸路 酔心」でのランチです。

伊勢丹会館の他店は11時30分から開店なのですが、安芸路 酔心は

11時からやっていました。

     DSC00605

日替わり定食もあるのですが、小いわし丼 @840にしました

     DSC00607

醤油ベースのたれに漬け込んだ小いわしが、そのたれとともに、

ご飯のうえにびっしり並べられています。

さらに、小いわしの上には万能ねぎがてんこもり。真ん中には千切り生姜。

お吸物は白身の練りものに若布と三つ葉。そして香の物付きです。


食べるにあたっては、ねぎを全体に混ぜ込んでいただきました。

美味しいのですが、何かあと一押し足りない感じがしました。

個人的な見解ですが、いわしを盛り付けるにあたって、お重ではなく器を

大ぶりのものに変えるとか、万能ねぎの量を調整してほかの葉物もつけるなりの

工夫をいただければ、目にも美しく女性客には喜ばれるのではないでしょうか。

お吸物は、だしや塩加減も練りものもマッチして理想的な椀でした。

しかし、840円でこれだけのランチがいただけるのです。

これは嬉しいことです。


安芸路 酔心

〒160-0022 東京都新宿区新宿3-15-17 伊勢丹会館B1  

TEL      03-3352-8721

営業時間/AM11:00~22:30 (LO 21:30)

定休日   年中無休

2008年4月21日 (月)

デリリウムカフェ レゼルブ 赤坂

赤坂ACTシアターのあとに、Akasaka Biz Tower1階、ベルギービールの

デリリウムカフェ レゼルブ」に寄りました。

17時からレストランブースのみ予約は可能とのことなので、 

あらかじめキープはしてあるのですが、少々到着が早かったです。

ここはカフェも楽しめるせいなのでしょうか?この時間帯、入り口は行列状態でした。   

DSC00577 DSC00575

予約時間の少し前でしたが、奥のレストランブースに通してもらえました。   

DSC00579 DSC00578

こちらは17時からとのことなので、まだお客様がいません。 

店内を撮らせていただきました。   

DSC00581 DSC00580

17時までは軽食のみということなので・・・

DSC00586 DSC00585

グロッテンビア(大)750ml(左)と軽食メニューの野菜のフリッツ(右)を

注文しました。

 

ベルギービールには、さまざまな種類があり、大きく分類すると5つの色にわかれます。

(ホワイト、ブロンド、アンバー、ガーネット、フルーツ)

メニューによるとグロッテンビアはマイケル・ジャクソンが曰く、「この10年の中で

最高のビールの一つだ。」と賞賛しているものだそうです。

また、グロッテンビアは 「洞窟のビール」ともいわれており、これは洞窟で

寝かせるところからきているようです。

色は褐色ですが、口あたりはスムースであり、どこか味わいは、ホワイトを

感じさせるところがありました。 

DSC00590 DSC00587

17時を過ぎフードメニューが出てきたので、お料理を注文しました。

お通しのオリーブ(左)、ヤリイカのイカスミ煮(右)です。

ヤリイカのイカスミ煮はややライトな感じで、コクがもう少しほしかったのですが

これは、イカの種類によって違うものなのかな?

DSC00588 DSC00592

次は、リーフマンス グーデンバンド(大)750ml(左) 、

本日メニューのまぐろのカルパッチョ(右)

グーデンバンドは、赤みがかった濃いブラウンで、フルーティーな酸味と苦味を

感じさせる複雑な味わいです。

ビールというより、ワイン?実に口の中で多様に変化するものでした。

 

ベルギービールには、銘柄ごとに専用のグラスが存在するので、

もちろん、専用グラスに変えていただけます。

専用グラスは、香り、味わい、泡立ちなど、そのビールを最もおいしく飲むことが

できるように造られているそうです。

まぐろのカルパッチョは、大ぶりに切られたまぐろに、わさびマヨネーズ風味が

よくマッチして美味しくいただけました。

DSC00593 DSC00601

イカスミをつけたいのでバケット(左)を頼みました 。

本日のベルギービールで煮込んだカルボナード(右)はどうしたことか?

ひどくパサパサ気味、ソースも少なくて残念でした。

DSC00602

最後にグーデンドラーグ350ml 色は濃い茶色、麦芽の苦味がたっぷりの

濃厚なボリュームのあるビールでした。


お会計は、グロッテンビア(大)2600円、リーフマンス グーデンバンド(大)

2550円、グーデンドラーグ350ml1250円、野菜のフリッツ630円、ヤリイカの

イカスミ煮680円、まぐろのカルパッチョ980円、ベルギービールで煮込んだ

カルボナード1780円、バケット@150×4で600円 チャージ料は@500×2で

1000円 12070円の会計でした。

ちなみにカードでのお支払いも可です。 


デリリウムカフェ レゼルブ

〒107-6301 東京都港区赤坂5丁目3番1号 赤坂Bizタワー1F

TEL 
03-5545-7730

営業時間/月~金  AM11:00~24:00 (LO フード22:30、ドリンク23:30)

       土・日・祝 AM11:00~23:00 (LO フード22:30、ドリンク23:00)

 http://reserve.deliriumcafe.jp/

2008年4月20日 (日)

競馬の話 皐月賞結果

皐月賞、結果は・・・

1着 ◎ 6 キャプテントゥーレ
2着   1  タケミカヅチ
3着 ▲ 9 マイネルチャールズ

うぇ~ん。1番タケミカヅチを買っていませんでした~。

撃沈。  競馬の神様は舞い降りてくれなんだ。。。 

しかし、26日から東京競馬場に帰ってくるぞ~。

お馬さんに会いにいくど~~。

競馬の話 皐月賞

4月20日(日)本日は、中山競馬場で皐月賞・G1が開催されるのです。

DSC00604

週なかには、このような雑誌を買い込み、ネットでもちょろちょろチェック。

I PAT購入です。

予想は・・・

◎ 2 スマイルジャック
◎ 6 キャプテントゥーレ
▲ 9 マイネルチャールズ
△ 10 ブラックシェル、17 フローテーション、18 ショウナンアルバ

当たるといいなぁ~。

競馬の神様よろしくお願いしますなのです☆

2008年4月19日 (土)

赤坂ACTシアター グランドオープニング『トゥーランドット』

4月19日、赤坂ACTシアターに、音楽劇『トゥーランドット』を見に行ってきました。

出演:アーメイ/岸谷五朗/早乙女太一/安倍なつみ/中村獅童ほか。 

演出:宮本亜門   音楽:久石譲   衣装:ワダエミ

脚本:鈴木勝秀   作詞:森雪之丞 

トゥーランドット』は赤坂ACTシアターのこけら落としの舞台でもあるようです。

DSC00571 DSC00572

赤坂ACTシアターへは、地下鉄赤坂駅より直結して行けるので大変便利です。 

DSC00573 DSC00574

12時30分開場、「ACTカフェ」ではソフトドリンクのほか、ビールやグラスワインも 

売っています。

席での飲食は禁止されているので、このカフェの周りや、飲食ブース(といっても 

ただの外)でいただきます。

私はあらかじめ、Akasaka Biz Tower地下1階の「KINOKUNIYA entrée」で

缶ワインを買い込んできたので、13時の開演に先駆け、飲食ブースで

一杯やりました。


しかし、ACTシアターは通路の幅も狭く、トイレの数も圧倒的に少ない。

20分の休憩時間には、トイレの行列がものすごいことになってしまいますので、

休憩に入ったら、まず一目散にトイレを目指したほうが賢明です。


劇場内の席は、いまどきのシネコンと比べると狭い。狭い。

もちろん、観劇にはオペラグラスや双眼鏡を持参することをお勧めします。


さて『トゥーランドット』ですが、フルオーケストラで音楽も良いし、衣装も楽しませて

くれるし、演出もなかなか目を見張るものがありました。

ストーリーは、わかりやすい内容であり

前半、休憩、後半と分かれ、個人的には、お話として前半の方が見せ場があり

面白かったです。


役者さんは、早乙女太一君狙いで行ったのですが、宦官のミンの役回りは

あまりオイシイ役ではなかった・・・。

以前から、ファンだったワン将軍役の、中村獅童さんには満足。素敵です。

がんばっているなぁと思ったのは、侍女のリュー役を演じた安倍なつみさん。

今は亡き、本田美奈子さんのような路線目指していくのかな?

モー娘。時代とは、また別の飛躍が感じられて、とてもよかったです。

主役のトゥーランドット、「アジアの歌姫」のアーメイさんの歌声を聴けるのも、

この劇の見どころ、聴きどころでした。

ともあれ、S席13500円の価値のある舞台は満喫できました(^-^)v


ちなみに特別協賛のLION様からは、開場時にソフランの柔軟仕上げ剤と

バストロジーのボディケア入浴液の試供品をいただきました。・・・余談です。



2008年4月18日 (金)

明日は赤坂

明日は赤坂ACTシアターにお芝居を見に行くのです。

今月始め、花見のあとに「赤坂サカス」も下見していたのですが。

DSC00390

これはブーランジェリー「ル ブーランジェ ドミニク・サブロン」 、

1Fで「コート・ド・ルージュ」と肩を並べています。

皆さんここのパンを買うのに並んでおるのです。 

DSC00396

Akasaka Biz Tower、SHOPS&DININGの中はどこも、人だらけ・・・。

人気店には、予約を入れて行ったほうがよさそうな感じですわ。

2008年4月14日 (月)

内ご飯 お好み焼きなナイト

某日の夕飯、お好み焼きなナイトです。

74c2 148d

サラダ(左)はトマトとブロッコリー、アスパラ。冷蔵庫の残り野菜に、

マヨネーズをかけていただくだけです。

残り野菜を救済しようとする、地球に優しいエコ精神なのです。

牡蠣、エリンギ、エノキのバター醤油焼き(右) 牡蠣は軽く粉をつけて

焼いてあります。適当に塩コショウもしました。

バター醤油で焼くのは定番な感じですが、はずせないですね~。

9f99 4b3b

いか焼き( 左) いかはちゃんと、まるまる生いかを買ってきて処理したのですが、

少しお好み焼きにも使ってしまったので、量は少なくなってしまいました。

味付けは生姜醤油です。 

やっぱり、いかは自分で処理したもののほうが美味しい。

お酒のつまみにもってこいなのです。もっと、いか買っておけばよかった~。

でなんとなく、キムチ(右)も買ってしまいました。りんごスライスが入っています。

98ff

メインのお好み焼き。 粉には山芋とかつぶし粉に牛乳を入れてあります。

具はキャベツに先ほどのいかの余り、豚肉、揚げ玉。ソースとマヨネーズ、

青海苔、おかかをかけて最後に紅しょうがです。

このおかかは専門店で購入したもので、血合抜きのためダイレクトに料理に

かけるのに適したかつおぶしです。

今回はフライパンで焼いています。

a611 90a0

わかめスープはわかめ、ねぎ、白ゴマ、スープは中華スープ仕立てです。

デザートは

また、お酒を写し忘れてしまいましたが、ビールと宝焼酎で割ったホッピー

でした。 

今度はそばをいれた広島焼き風のお好み焼きにもチャレンジしよう♪

2008年4月12日 (土)

まんてん 中目黒

今日は友人たちとの食事会で、炭火焼きホルモンの「まんてん」に行きました。

各月で集まるこの食事会は自称『美食会』という名目の飲み会でもあります。


参加のホルモン好きの友人の話によると、ここは新宿の有名なホルモン店

(い志井グループ)の方が独立されて始めたお店とのこと。 

私も新宿の某店には行ったことがあるので楽しみです。

繁盛店なので、予約は18時30分にいれておきました。 

土曜日だけに2時間制です。

DSC00550 DSC00554 

まずは、つきだしと「まんてん」のメニューを見て・・・   

DSC00553 DSC00556

鮮度が大事な刺身。  白センマイ(第三胃)(左)とればてき(右) 

白センマイの味付けは絶品。 もつとは思えない美味さ。

ればてきは、上にのった味つき刻みネギがまたいい感じ。

外は軽くあぶってあるのですが、中は生です。

DSC00555 DSC00568

飲み物はホッピー(左)です。  こぶくろの刺身(右) 

刺身は新鮮なだけでなく、下ごしらえの味つけがほどこされているので、

どんどん箸がすすみます。    

DSC00557 DSC00569

焼きものは、牛中心のホルモン5種盛り(左)と 

豚中心のホルモン5種盛り(右)を注文しました。

左の牛ホルモン盛り合わせは、真ん中の小皿が、リードボウ。 

やや右下から時計回りにセンマイ 、サンドミノ、ギャラ芯、コリコリ。

どれも美味しかったのですが、友人との意見の一致で、リードボウ(胸腺)が 

中でも一番の感じです。

独特の食感は、やみつきになりそうです。

豚のホルモン盛り合わせは・・・ごめんなさい。ホッピーを飲みすぎて 

メモを取るのを忘れてしまいましたが、どれも美味しくいただきました。

DSC00559 DSC00558   
   
炭火で焼きます。 おお!ファイヤーです。 

DSC00552 DSC00565

でもちゃんと、煙は吸いとれます。ヨカッタ、ヨカッタ。


友人の一人が仕事の関係で遅れて参加、残り時間がもう少ししかない。 

ピッチを上げて、〆のアンチョビおにぎり豆乳パンナコッタも注文。

アンチョビおにぎりも、こんな食べ方があったのかという、目からうろこ 

状態の感動。

豆乳パンナコッタは、まったりしながらも甘すぎず、人気があるのがわかります。 

(アンチョビおにぎりと豆乳パンナコッタは食に走って撮り忘れてしまいました。

食べないと時間が。。友人ともども食いしん坊の集まりなのです。 

積極的に食べないと。。。)

 

飲んで食べて満足感も得られて、お会計は一人あたり3500円ぐらいでした。

Okini02_3 これは良いお店です~。

 

ここで、友人に美味しかったベストをあげてもらいました。 

白センマイ、リードボウ、アンチョビおにぎり、豆乳パンナコッタとの集計

(順不同)です。 ホルモン好きな方にはぜひお勧めしたいお店です。


炭火焼きホルモン まんてん

〒153-0041 東京都目黒区上目黒3-1-4 グリーンプラザ3F

TEL     03-3760-4129

営業時間/PM17:00~01:00

定休日   月曜日

2008年4月11日 (金)

千疋屋総本店 日本橋本店

平日の「千疋屋総本店 日本橋本店」 2Fのフルーツパーラー&レストラン

でのランチです。

店内の内装は、ホテルのラウンジ並みで、ホールスタッフの接客も

お客様の動きをよく見てるのでしょう、きめ細やかです。

DSC00542 DSC00543

スパイシーココナッツカレーを注文しました。(左)

グリルチキンと半熟卵がのっかってます。付け合せはマンゴーのピューレと

ピクルスを刻んだものです。

ソースをかけると(右)こんな感じですが・・・。

味は好き嫌いが割れるとこかもしれない。

辛いとはいえタイカレーのそれではないし、欧風カレーでもない、

とても表現しにくい味です。

DSC00544

ミニデザート付きでした。(りんご、オレンジ、マスカット)こちらは文句なく

美味しいです。  お会計は1575円でした。


千疋屋総本店 日本橋本店 フルーツパーラー&レストラン          

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2-1-2 日本橋三井タワー内

TEL      03-3241-0877

営業時間/月~土 AM11:00~PM22:00(Last Order PM21:30)

              日・祝  AM11:00~PM21:00(Last Order PM20:30)

定休日   年中無休

2008年4月10日 (木)

内ご飯 スパゲッティ・ジェノベーゼ

本日はある日の内ご飯 ブランチです。

ワインは写し忘れてしまったのですが、シャルドネでした。

DSC00533

まずは、トマトとアスパラ、塩コショウしたモッツァレラチーズにオリーブオイルを

たらしました。カプレーゼ風サラダです。

DSC00531

スパゲッティ・ジェノベーゼはペーストを買ってきて、ちゃっちゃとあわせました。

今は便利だ!

DSC00529

ミラノ風カツレツ、豚肉をたたいて粉チーズをいれた衣で、ささっと揚げます。

フライパンにバターを溶かし、これを軽くソテーして出来上がり。

レモンをしぼっていただきます。

DSC00536

冷凍ピザ~!でもチーズもピーマンも増量させたのです。

DSC00539 DSC00540

最後に食後のコーヒー


食事を一緒にしてくれた可愛いぬいぐるみの、ブルドックさんと

みっきーさんも登場です。お疲れ様でした~。

2008年4月 8日 (火)

焼き鳥 文楽

DSC00524

花見のあとに、上野の「焼き鳥 文楽」に寄りました。 

ガード下の居酒屋さんです。雑踏する商店街の中にある屋台の

雰囲気が、いい感じです。

ここは煮込みが美味いと評判らしいのですが、今回はお腹が 

いっぱいだったので焼き鳥(みそにんにく)とレモンハイを注文。

軽く一杯やって帰るのです。

DSC00525

お肉もぷっくりとジューシーで、みそにんにくは、ご飯になすって

食べたくなる味でもあります。


しかし、ご油断めさるな。飲みすぎてお手洗いが近くなって

しまうと大変!夕方18時過ぎまでお手洗いは使用できないとの

店の方の話。  これ、ホントかな???


焼き鳥 文楽

〒110-0005 東京都台東区上野6-12-1

TEL      03-3832-0319

営業時間/平日PM14:00~PM23:00

              土曜PM12:00~PM21:30

定休日    日曜、年末・年始休 

2008年4月 7日 (月)

上野恩賜公園の桜

上野恩賜公園」の桜です。

このところ、毎年は来るのですが、他の都内の桜の見所と比べて、

上野の桜は全体的に早咲き、な感じがします。 

すでに、西郷隆盛 銅像付近の桜は葉桜でした。

DSC00497 DSC00499

ほとんどが葉桜に近くなっていたので、清水観音堂近くの   

しだれ桜が花見客の写真のターゲットになっています。

DSC00503 DSC00502

千手観世音菩薩。中は撮影禁止です。    少しだけ、散策。   

DSC00504 DSC00505

ひたすら散策。。   赤い鳥居をくぐり、花園稲荷神社、五條天神社。    

DSC00507 DSC00509

蓮の花で有名な、不忍池のあたりも出店が立ち並び、

不忍弁天堂も賑わっています。   

DSC00511 DSC00513 

DSC00515 DSC00516

上野東照宮に向かう道も桜はあるのですが、もうほとんど葉桜。    

DSC00517 DSC00518

DSC00519 DSC00520

私は上野東照宮に向かうあたりの桜道が、上野恩賜公園の花見ポイントの   

お気に入りです。満開時には、ここの出店の椅子に座ると、桜の花が

頭上を覆いつくすかのように見えます。

ひらひら舞う桜の花をめでながら、ここで一杯やるのがたまりませんな。

最近は韓国料理の出店もあって、トッポギ、チャプチェも購入できます。 

DSC00522 DSC00523

公園の中通りに戻って来ました。この付近がシートを敷いた花見客の

団体さんが集まる場所ですが、やはりまるまる残っている桜の木を

探すのは難しいです。

上野恩賜公園の桜は、開花宣言が出たら、早い時期に来たほうが

良いかもしれませんな。

本所吾妻橋 隅田川の桜

本所吾妻橋」で下車しました。

隅田川の桜です。 

DSC00485 DSC00488

桜は満開も過ぎ、葉もだいぶ目だってきていました。 

DSC00489 DSC00490

隅田川の桜は壮大でいいですね。屋形船が行きかう光景は実に

絵になります。 

DSC00495 DSC00493

隅田川の周りには出店もあります。

初めて来ましたが、満開のときの隅田川はもっと鮮やかに違いない!

来年は時期を見計らってきてみよう。

2008年4月 6日 (日)

もつ焼き 宇ち多"(うちだ)

かねてから行って見たいと思っていた東京都葛飾区立石の「宇ち多"」に

行ってきました。 場所は京成立石駅前の仲見世内。   

DSC00468

“宇ち入り”に遅れをとっては後世の名折れとばかり、土曜12時前には集結したの 

ですが  店ののれんの前には、なんともう行列です。入り口は2箇所ありました。

DSC00478

待つこと30分・・・。順番がきました。鍋の前です。ラッキー。

DSC00471 DSC00475 

まずはもつ煮込み(左)とタンナマ(右)を注文   

もつ煮込みは野菜や蒟蒻、しょうがなどは入っておらず、もつのみです。

絶品!煮込みが、みそだけでなく赤ワインでも入っているかのようなコク。   

しいて言うならシチューのような今までにない、もつ煮込みの味わいです。

タンナマは、開店直後でしか食べられないという人気のしろものです。 

ボイルしたタンに醤油風味のタレがかかっています。

DSC00472 DSC00476 

飲み物は焼酎のウメ割り チェイサーにサイダーです。

5杯までとおかわりには限度があります。しかしこのウメ割り油断すると効きます。
 

DSC00474 DSC00479 

レバ塩よく焼き(左)とナンコツ素焼き(右)   

もつ焼きの注文の仕方(具、 焼き方、 焼き具合、 酢を入れるかどうか?)は

決まりがあります。

詳しくは『宇ち入り倶楽部』を参照させていただきましょう。

今回は友人があらかじめ学習しておいてくれたのでなんとか? クリアできました。

レバーは大きく、もちろん臭みなどいっさいありません。 

ナンコツは人気メニューの一つであります。

DSC00481 DSC00480 

おしんこ(左)はきゅうりとだいこんに紅しょうが 醤油風味のうす味のタレは

今回   かけずで出してもらいましたが、これはかけてもいいかも。。。

アブラ塩よく焼き(右)はもうとろとろで、ほおばると口の中で

溶けてしまいます。   

DSC00482

食べ終わったお皿はどんどん重ねていきます。 店内は狭いのです。 

DSC00483

最後にカシラ素焼き酢入り 肉厚でジューシー☆下手なステーキなどは 

すっ飛んでしまう美味さです。

あらかじめ頼もうと思っていた予習メモ書きを見ながら、注文していたのですが 

常連さんは良い方ばかりで、酢入りも美味しいよ。とか指導してくださる

方々もいました。 

隣に座り合わせたお客さんどうしお話ができるのも、こうしたお店の良い

ところですね(^-^)v

 

すると、お店の方が常連さんを叱咤!教えちゃったら美味しいとこがなくなるだろ!

とのこと。 びっくりするのと同時に、ものすごく不快な思いをしました。

常連さんはご親切で 教えてくださったのに・・・なんで、常連さんが? 

たちまち、空気が凍りつきました。 常連さんも退席。

 

長居は出来ず、いろいろと決まりごとの多いお店なので万人にお勧めできるかは

わかりませんが、味は絶品で一度は並ぶ価値のあるお店でした。


ちなみに、2名利用で、もつ煮込み2つ、タンナマ、レバ塩よく焼き、ナンコツ素焼き、

おしんこ、アブラ塩よく焼き、カシラ素焼き酢入り、焼酎のウメ割り6杯、サイダー3本で

お会計は 3050円でした。

“宇ち入り”は心して向かいましょう。  私は個人的に、もうこりごりですが・・・。

 

宇ち多"

葛飾区立石1-18-8 仲見世商店街

TEL      03-3697-5738

営業時間/平日 PM14:00~PM19:00

       土曜 PM12:00~PM19:00 (売り切れ御免)

定休日   日・祝日  

2008年4月 5日 (土)

Beer Kitchen AOSHIMA

浜松町、世界貿易センタービルB1の「ビア・キッチン アオシマ」でランチです。

DSC00410 DSC00407

ランチメニューのじっくり煮込んだ神戸牛入りハンバーグと、単品で

フィッシュアンド チップスを注文しました。

ビアキッチンなだけにビールの種類は豊富、他にワインもあったので

コスタガイヤロッソ 2900円もいただきました。

DSC00412

『HANAKO』に載った当店自慢の一品のハンバーグ。 

お肉はまずまず、このソースがこってりしてご飯に合います。

DSC00413

フィッシュアンドチップスにはちゃんとビネガーがついてきました。 

お味は・・・。残念ながら物足りなさを感じます。

チップスの芋は種類のせいでしょうが、さつまいものように甘かった。


他にランチメニューでよく出ていたのはステーキ丼、名物じゅうじゅう焼きが

多かったです。

お店はビルの地下にあるので、化粧室などは、いったんお店を出て他の店舗と

共有です。ランチメニューはなかなかボリュームがあるのでランチ使用には

良いかもしれません。

お会計にはカードも使えます。


Beer Kitchen AOSHIMA

〒105-6190 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービルB1

TEL       03-3432-8147

営業時間/月~金AM11:00~PM23:00(L.O.22:00)

             土・日・祝AM11:00~PM22:00(L.O.21:30)

定休日   年中無休 

2008年4月 4日 (金)

キリンシティ

DSC00460

今日は時間がなかったので「キリンシティ」でさっさとランチです。

キーマカレーにミニサラダ付き。ランチ注文のお客様には100円でドリンクも

頼めるのでアイスコーヒーをつけました。これで940円。

キリンシティは各店舗によりキーマカレーがない店舗もあるようです。


こういう日もあるのです。。

2008年4月 3日 (木)

写楽 神楽坂

花見の帰りに友人と神楽坂「写楽」に寄りました。 

DSC00449

付き出しは2人違えて出してくれました。 店の内装とこの付き出しは

女性客も好みそうです。

DSC00450  DSC00452

まずは、生ビールもつみそ煮込み(左)、さつま揚げ(右)を注文。

もつみそ煮込みのみそはやや甘め、もつの臭みはまったくありません。

少々もつが少ない感じはしますが、野菜や蒟蒻が多く上品な味の仕上げで

もつの苦手な方でもいただけるものと思います。

さつま揚げにもふんだんに野菜が使われ歯ざわりが良いのですが、若干

もっちり感が弱く、つなぎの山芋などがもっと入っていればなあと思いました。

が、ボリュームはあります。

DSC00453

辛ホルモン こてっぱんには揚げたニンニクのスライスがかかっており、

甘辛いみそ味です。

DSC00454

ぺペロンうどん。 シンプルで一見すると寂しい見た目ですが、

これは美味しいですよ。

いわゆるスパゲッティペペロンチーノのうどんバージョンですが塩加減もよく

〆の一品にもってこいです。


実はビールのあとからは、ホッピー(1set)を注文していました。

写楽は白ホッピーしか置いていないとのこと。

これにはレモンが入っておりました。さっぱりします。


中焼酎をおかわりすると、氷をいれた小さいアルミのカップで中を持ってきてくれます。

いつも飲む立ち飲み屋のホッピーとは一味も二味も違う。なんでだ・・・??

お店の方とお話すると、ホッピーの中は2杯目から『キンミヤ焼酎』を

使っているとのこと。

曰く、『キンミヤ焼酎』はホッピーやサワーなどの割りものに最も合うと

されている焼酎だそうです。

これを置いてあるのは下町の古い居酒屋、もしくはこだわりのあるお店

と一説では聞いていたのですが。確かに美味しい。


中のおかわりをしすぎたのか?『キンミヤ焼酎』が切れたあとは

裏メニュー?で『源氏』に梅シロップをたして出してもらえました。

この飲み方も渋い!!


驚き喜び 飲んだ 飲んだ。 お会計は7960円になりましたが、ここで

キンミヤ焼酎』に出会えるとは思ってもいませんでした。

お酒と料理、総合判断して、とても良いお店でした。

翌日の朝、酒残りなし☆やはり『キンミヤ焼酎』はいい酒だぁ~。

ちなみにカードでのお支払いも可です。


神楽坂 写楽

〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2-21 木村ビル1F

TEL      03-3235-3340

営業時間/月~土 PM17:30~PM23:30

定休日   日・祝日     

2008年4月 2日 (水)

古家庵(こかあん) 赤坂見附

赤坂見附にやって来ました。本日は韓国家庭料理の「古家庵」です  

DSC00397 DSC00401

時間は18時少し回った頃。まだお客さんもまばらでした。

お店は座敷で、アンティーク?な韓国風の銘々膳(ちゃぶ台の様な各自の

テーブル)で女性客にはひざ掛けを貸してくれます。

DSC00403

まずは、評判の良い「韓国風海鮮ネギチヂミ」を注文。 1800円とお値段は

しますが、いか、海老、牡蠣などの海鮮と、ざくっと切ったネギがぎっしり

入ったチヂミは皮となる粉が薄く、具だくさんでパリッと焼かれていて軽い。

一般にチヂミを頼むと粉の皮がぶっくり厚くて、すぐにお腹にたまってしまいがち

ですが、ここのは軽いのでいくらでも食べれそうな感じです。

また、チヂミのたれがとんがっていず薬味たっぷりでまさに家庭的。

美味しさに、たれのおかわりをしてしまいました。

DSC00404 DSC00405

次は「豆腐チゲ」1500円です。 これはすごく美味しかった。

豆腐もとろっと舌触りがよいのですが、スープが何とも言えずあとをひきます。

アサリが入っていましたから、そのだしも効いているのかと思います。

スープの中には生玉子も入っていて、辛さもちょうど良い。

ご飯にかけて食べたくなる豆腐チゲです。

DSC00402 DSC00406

お酒は「韓国ドブロク」(まっこり)小1500円 茶碗にすくって飲みます。

〆には「石焼ビビンバップ」1200円 お店の方がしっかり混ぜてくれました。

お味は少々コチュジャンが足りない感がしました。

が、なんだかんだ言いながら完食してしまいました。

ほか、お土産のキムチも販売しています。


Okini02_3 それにしても「豆腐チゲ」絶品。 またたべたいな~(^-^)v

お会計は2人で6937円。 この満足感からしたら高いとは思えませんでした。

ちなみにカードでのお支払いも可です。


古家庵(こかあん)

〒107-0052 東京都港区赤坂3-20-8 臨水ビルB1

TEL     03-5570-2228

営業時間/PM17:00~PM24:00(L.O.23:30)

      ランチ 月~金 AM11:00~PM14:00(L.O.)

定休日   日曜日 

2008年4月 1日 (火)

駒込 六義園の・・・

DSC00447 DSC00448

4月1日「六義園」の有名な「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」を見よう 

と思ったら、もう21時までのライトアップは終わっているではありませんか。

仕事終えて電車に揺られ急いで駆けつけたのに無念。。 

入り口にはガードマン?が2人仁王立ち。。。

なんと今年は3月20日(木・祝)~30日(日)までだったそうです。

まだまだ桜は散っていないはずなのに・・・1日違いでこの差は。。

私以外にも知らずに来てる花見客もいます。

厚い扉のむこうにはしだれ桜がいるのに、、せめて看板を写してやれ。

来年は事前チェックをおこたらないようにしよう(´ヘ`;)

 

都立六義園

期 間  平成20年3月20日(木・祝)~30日(日)
      9時~21時(最終入園20時30分まで)
      ※通常は9時~17時(入園は16時30分まで)

場 所  六義園(文京区本駒込6-16-3 電話 03-3941-2222)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »