2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

姉妹ブログ

新ミラーブログ

検索窓

  • Loading

カテゴリー

トリップアドバイザー

管理人より

  • ※当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。 なお、コメントはスパム対策等のため承認制にいたしました。 管理人基準で不適切だと判断した内容に関しては反映いたしませんのでご了承下さい。

メールフォーム

レストラン予約

  • 一休レストラン
  • オズモール
無料ブログはココログ

« クレイドル 元町 | トップページ | そば処加賀上杉 (加賀 山代温泉) »

2007年9月25日 (火)

加賀 山代温泉 あらや滔々庵/加賀やましろ 亀寿司

2007年9月23日、 石川県山代温泉 にまいりました。

厳選の宿 「あらや滔々庵」 です。

露天風呂付客室『雷鳥の間』に宿泊させていただきました。



お部屋の広さは12.5畳の主室、書院、6畳の次の間には

セミダブルのベッドが置かれ、湯疲れしたときはいつでも横に

なれますが、就寝時は主室に布団を敷いていただけました。

部屋はゆとりの広さを感じさせます。


源泉掛け流しの半露天風呂から見る山庭の景色はまさにリラックスです。

別に源泉掛け流しの大浴場と露天風呂・特別浴室源泉のミストがおおう

『烏湯』も男女時間入れ替え制で楽しめます。こちらもお勧めです。

温泉からあがって待合の場所には、シャンパンがボトルで陶器の中に氷で

冷やされ用意されていたのにはびっくりしました。ゴージャスです



山代の湯は透明、すごく良いです。

お料理は「あらや滔々庵」ゆかりの 魯山人好み(その時期のメニューらしい)を

あらかじめお願いしておりました。

この器がまた
芸術家・北大路魯山人写しの器などを使用し、見た目にも

美しい料理構成でした。

ちなみに宿で使用されていた器はあらや滔々庵」 近くの「うつわ蔵」でも

見ることができます。


そしてここは 「有栖川山荘」 という大人の隠れ家があるのです。

山庭の渡り廊下を渡り、ほのかに灯される明かりの先に歴史を感じさせる

木造の離れの一軒家です。
ここが息づくのは夜の8時から11時までの

3時間だけ・・・

回廊の渡り廊下の先に現れる幻想的なBARなのでーす 。

席は各ブースでいろんな表情を見せており、空いていればどこの

シートに座ってもいいようです。

私は夕食後のデザートを 「有栖川山荘」に運んでいただき、ワインと

ともに時が止まったかのような時間を過ごしました。

だんぜんお勧めです。


あらや滔々庵

〒922-0242 石川県加賀市山代温泉湯の曲輪

TEL (0761)77-0010(代)

http://www.araya-totoan.com/index.html


Okini02_3 さて、ここは山代温泉の「亀寿司」です。

店は日当たりの良い畳の座敷もありましたが、カウンター席で

おまかせにぎり を中心にいただきました。

新鮮な魚に失礼のない丁寧な仕事、どれも繊細ですばらしい。

お店のご主人も女将さんの接客姿勢も気持ちのよいものでした。

こんなお店が東京にあったら・・・と思わせるお店でした。

今日の私の一押しはカワハギのきも添え でした。

ここもまた山代温泉に行った際には、ぜひとも立ち寄りたいお店です。


加賀・やましろ 亀寿司

〒922-0242  石川県加賀市山代温泉13区17-8-2
 
TEL    
0761-76-0556

営業時間/PM17:00~PM23:00
       
       昼は前日までに予約すれば営業

定休日  月曜 

http://kame-sushi.com/top.html

« クレイドル 元町 | トップページ | そば処加賀上杉 (加賀 山代温泉) »

03.蕎麦・うどん・寿司」カテゴリの記事

d-5.旅行・北陸/東北/北海道」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。